はまゐば
はまゐば
メニューへFileNo007


おすすめ度
サービス度
★について
http://raou.jp/shop/007.htm
バーコード読み取り機能付携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報をメールに転送する場合はこちら→をクリック
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→

スープの種類について白湯豚骨豚骨醤油塩味噌辛いラーメン他

名古屋市昭和区隼人町3-6 地図を表示
営業時間
(土日祝)
11:30〜14:00,18:00〜23:00(O.S.22:45)
11:30〜14:30,18:00〜23:00(O.S.22:45)
定 休 日 無休(12/31〜1/2除く)
アクセス 地下鉄鶴舞線杁中駅より約100m
客  席 カウンター:10,テーブル:10
駐 車 場 なし/直近に提携コイン
電話番号 052-835-2226 電話をかける際の注意
備  考 オープン:2002年1月8日
リニューアル:2006年8月 
※営業日・営業時間等の情報は 2008.12.26現在のもの

閉店(2008年5月31日)
名古屋市港区小賀須4-503 地図を表示
営業時間 11:30〜14:00,18:00〜23:00(O.S.22:45)
定 休 日 無休(12/31〜1/2除く)
電話番号 052-303-5514

名古屋市中区栄3-20-14 地図を表示
営業時間
(土曜日)
(日・祝)
11:30〜14:00,18:00〜24:00
11:30〜15:00,17:00〜24:00
11:00〜22:00
定 休 日 無休
アクセス 地下鉄名城線矢場町駅より約700m
客  席  
駐 車 場 なし/直近に提携コイン
電話番号 052-265-5652 電話をかける際の注意
備  考  
※営業日・営業時間等の情報は 2011.01.24現在のもの

名古屋市北区平安1-10-26 地図を表示
営業時間
(土曜日)
(日・祝)
11:30〜14:30,18:00〜24:00
11:30〜15:00,18:00〜24:00
11:00〜22:00
定 休 日 無休
アクセス 大曽根駅(名鉄瀬戸線)より約480m
大曽根駅(JR中央本線/地下鉄名城線)より約600m
客  席  
駐 車 場 あり(2台)
電話番号 052-508-9455 電話をかける際の注意
禁 煙 × 水・お茶 ファミリー
券売機 おしぼり カップル
無化調 - 新聞雑誌 - 車椅子 ×
自家製麺 - マンガ本 - 店舗詳細データについて
BGM - ランチセット
屋号をそのままに、2006年8月下旬に再オープン。この店は、中身が丸っと変わるのはこれで2回目だ。かつてのテーブル席全てが製麺室になっているところを見ると麺は自家製。おかげでカウンター席20席弱とこぢんまりとした店になっている。



つけ麺(魚介系醤油) 住吉店 
・・・
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ちストレート
具 チャーシュー、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、白髪ネギ、糸唐辛子など
2011/01/24 食す。 ★★★☆☆ 740円 評価について
つけ麺には、魚介系醤油とピリ辛味噌とが用意されているが、メニューに「店長おすすめ」印がなかったとしても、魚介からいただいたと思う。つけ汁には、背脂がただよい、透明な脂が表面を覆っている。つけ汁を口に含んでみれば、脂が目立つ割に重たさはなく、濃度もたいしたことはない。醤油自体は強くないが、妙に塩っ気が強いので細部がまるで見えてこない上に、魚介の風味も判るか判らないかといったレベル。ゆるやかなウエーブを見せる麺は平打ちのストレートで長さ40cmほど。つけ汁の強い味を受け止めるだけの噛み応えがあるのは勿論だが、平打ちならではの舌触りの面白さもある。チャーシューは、ラーメンに使うものを流用したか・・・白くかたまった冷たい脂の舌触りが面白くない。拍子切りのメンマは、歯応えコリコリ。煮玉子は黄身がトロットロで、こぼさず口まで運ぶのも大変だが、白身にもいい味がついている。ラーメンの方が良かったかな・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
くろはまラーメン
・・・
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 極細ストレート
具 チャーシュー×1、煮玉子1/2、ネギ、モヤシ、ノリ×1など
2008/12/04 食す。 ★★★★☆ 740円 評価について
かつて港店で提供されていたモノだが、今ではこの店でいただくことが出来る。スープから立ち上る香りから、黒い脂が麻油であることは想像に易い。それだけを口にすれば苦い程に香ばしいが、ニンニクの香りはそれほど強くはない。下のスープも魚介の風味は良く頑張っているが、やはり麻油に押され気味。おそらく白湯+魚介系の塩仕立てなのだろうが、麻油が馴染むに従い色が変わっていき、持ち味が後退していくことを考えると、麻油は別にしたいところ。しかし、麻油がスープの下ではなく上に使ってあるので、味わいようもある。麺は太縮れ。コシはしっかりしていて噛み応えは十分。チャーシューは厚みがあってやわらか。炙ってあるようで香ばしさがあるが、肉の旨味もちゃんと判る。煮玉子は黄身がトロリと半熟。白身には深い味がよく染みている。ヒゲ根のないモヤシはシャキシャキ。海苔は八切だろうか?味が付いているようなので韓国海苔かもしれない。麻油に押され気味ながら十分完食に値する一杯。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
あかはまラーメン
・・・
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 極細ストレート
具 チャーシュー×1、煮玉子1/2、ネギ、カイワレ、ノリ×1など
2008/05/02 食す。 ★★★★☆ 690円 評価について
背脂ただようスープを口にしてみれば、気持ち良い程に魚介の風味が効いている。濃厚が謳い文句の豚骨スープには豚臭さはないが、豚か魚か?といえば、軸足は魚介。ネギを和えているヤンニンジャン、オロチョン等の辛味がスープに馴染んでも、まだまだ魚介の風味は鮮烈で、豚の旨味は、魚介の風味と辛味をよく下支えしている。麺は中太のストレート。しっかりとした噛み応えが魚介の風味をよく受け止めている。チャーシューは、やわらかさの中にも適度に肉の弾力があり、肉の旨味もちゃんと残しているし、煮玉子は黄身がトロリと半熟。白身にも味がついているが、強いて言うなら出しゃばらない味。ヤンニンジャン、オロチョンなどを使うという辛味も、気が付けば額が汗ばんではいるものの、舌を貫くような攻撃性はなく、スープの味をピリリと引き締めてくれている。その反面、ネギ自体の辛味はよく判らない。ただ、カイワレは苦手だし、スープへの影響もあるので、真っ先にやっつけた。これで690円なら非の打ちようがない。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
ラーメン(細麺・赤)
・・・
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 極細ストレート
具 チャーシュー×1、煮玉子1/2、ネギ、ノリ×1など
2007/01/11 食す。 ★★★★☆ 540円 評価について
唐辛子を練り込んだという赤身を帯びた麺がスープから見え隠れしている。背脂漂うスープは何度口にしても安心できる味。動物系の旨味と脂のコク、そして魚介の風味が折り重なるように口の中に広がり、とても540円とは思えない厚みを見せつけてくれる。スープに辛味を加えるとスープの持ち味が後退してしまうものだが、麺を辛くしているものだから、辛さだけでなくスープを味わうことが出来るのがミソ。極細ストレート麺を口にすると、ほんのりと唐辛子の香りが口の中に広がり、麺が喉を駈け抜ける頃に、口の中に辛味の余韻が残っている。プツンと噛み切るような食感があるにはあるが、欲を言えば、もう少しかためが私の好みだ。具はどれも相変わらずだとは思うが、バランスよくまとまっている。白を頼んでおいて替玉で赤というのがオススメかな。そういう楽しみ方が出来るのもこの店ならではだが、ついついスープ飲み干してしまった。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
ラーメン(細麺・緑)
・・・
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー×1、煮玉子1/2、ネギ、ノリ×1など
2006/09/01 食す。 ★★★★☆ 540円 評価について
スープは先日のらーめんと同じか・・・冷静に味わってみれば、動物の旨味・濃さにはガツンと来る程の力強さはないが、脂も手伝ってまろやかさがあり、しっかりと厚みもある。魚介の風味などは私に心地よいばかり。1stはまゐばのスープの面影を残しつつ、力強いスープに仕上がっている。意外に厚みがあるチャーシューは、やわらかさと適度な噛み応えを兼ね備えており、味もスープと一体感がある。黄身がトロリと流れ出す煮玉子は相変わらずの出来映え。となると違うのは麺だけだ。緑色をした麺はワカメを練り込んだものと聞いている。細ストレートで加水が低めとくれば、博多豚骨を彷彿とさせる麺の噛み応え。ワカメの方は、特に味だの風味だの癖はないようだがが、この緑色をした麺がスープをよく持ち上げる。メンマがのっていなくても、これが540円なら、他店の600円を超えるラーメンがまるでボッタクリに思えるしまう。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
ラーメン(太麺)
・・・
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー×1、煮玉子1/2、ネギ、ノリ×1など
2006/08/19 食す。 ★★★★☆ 590円 評価について
お馴染みの器から立ち上る魚介の風味に、思わず期待が高まる。強いて言えば豚骨醤油なのだろうか?細かな背脂漂うスープを口に含んでみれば熱々。しっかりとした魚介の風味は、なめらかな旨味と脂の厚みに押し出された?かのようなイメージ。醤油辛い程でもないが、意外にカドが立っている。脂はやや多めだが、コッテリ感はなく、スープが太いと言うのか・・・力強さが感じられる。麺は自家製の太ストレート。。もっちりとした歯応えとツルリとした舌触り。意外にスープの持ち上げも良いが、箸が割箸でないので滑りやすいのが難。チャーシューは、やわらかさの中に肉の弾力を楽しむことが出来る。はまゐばと言えば煮玉子だ。黄身はトロリと絶妙な半熟具合。表面だけ色付く白身にも味がよく染みている。こっ、こんなラーメン・・・ダイエットの敵だ。スープを飲み干さずにいられなかった。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲

 
 
 〜オーナー交代前(2nd)〜
 
 
 

カレータンタンめん
・・・
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 やや細め・やや縮れ
具 挽肉、ネギ、モヤシ、半熟玉子×1、針トウガラシ、ノリ、胡麻など
2005/01/29 食す。 ★★★☆☆ 870円 評価について
カレーと担々の良いとこ取りかと期待していたが、裏切られたようだ。カレーの香りは悪くないが、カレーの味が充分に伝わってこない。胡麻もペースト状のものがスープに加えられているのだろうが、胡麻の風味・香ばしさが十分に活きていない。トロミも抑え気味で、辛さも強くなく・・・むしろ甘みさえ感じる程だ。中央に半熟玉子と針トウガラシ。玉子を囲むように斜め切りのネギとモヤシ、挽肉、胡麻などがあしらわれている。店員は、『玉子を崩してお召し上がり下さい』と言うが、あえて玉子だけを口にすれば、冷たいのが難だが食感はトロプル。ネギは量が多め。切り方の問題もあり、少しばかり歯に障る。挽肉も最初からスープに散らしてある為か味わうまでもない。870円と立派な値段だが、カレーとしても坦々としても中途半端で光るモノがない。新しいラーメンを探求する姿勢には頭が下がるが・・・次の限定メニューに期待したい。
▼MENUへ / TOPへ▲
きのこバター
・・・
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 やや縮れ
具 ベーコン×1、キノコ(シメジ、マイタケ、エリンギ)、ネギ、ノリ、半熟煮玉子1/2、バターなど
2004/09/01 食す。 ★★★★☆ 870円 評価について
9/1〜11/15までの期間限定。昼の営業開始直後ということもあり、文字通り『初食』となった。ベースは塩だろうか。ゴマが浮くスープからは魚介の風味が漂う。前回(約9ヶ月前)のことを思うと魚介の風味にまろやかさがある。北海道の無塩バターを使うとのことだが、バターが溶けた周りのスープには、コクと風味が感じられる。トッピングで目を引くのがベーコン。カリカリっぽい仕上がりだが、これは賛否が分れるかもしれない。トッピングの主役はキノコだろう。シメジ、マイタケ、エリンギの三種が使われているが、秋の味わいと言ったら良いのだろうか?私は好きだ。ネギは斜め切りにされており、辛みが少々出ている。煮玉子は相変わらずの出来。白身は程よく色付き黄身は半熟トロトロだ。スープが、かなり良くなってきている印象を受けた。魚介の風味が私の秘孔を突く・・・スープまで完食。言わせていただきます!ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
大あさりつけ麺
・・・
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、焼きネギ、大アサリなど
2004/07/12 食す。 ★★★☆☆ 870円 評価について
充分に『食べさせる力』を持ってはいるが、満足には至らなかった。長辺50cmの長方形の器の片隅に盛り付けられた大アサリの身の載った貝殻の下からは小さな炎。固形燃料によるもので、確かにインパクトはある。多くのスリ胡麻が浮く冷たいつけ汁には、和風ダシの風味を期待したが、塩が出しゃばっていてダシは感じられない。縮れ麺をつけて食してみたが、味にカドがあるように感じられた。麺自体はよく締めてあり、プリプリとした食感には好感が持てる。極太メンマの食感は良いが、焼きネギは冷したのが仇になったのか?甘味が活きていない。大アサリは、そこそこの『磯の旨味』だが、必要なの?という思いが先に立つ。貝の汁を、つけ汁に入れて味の変化を試みたが、思った程の変化は楽しめない。チャーシューは一度炙ってあるようで、芳ばしさが堪らない。そのチャーシューを、つけ汁につけて、つけ汁の風味の変化を試みたが・・・僅かな芳ばしさを感じるのみ。やはり、つけ汁の塩が強い。大アサリという食材の話題性と、炎という演出が先走った感が大きい。
▼MENUへ / TOPへ▲
とんこつらあめん
・・・
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、ネギ、半熟煮玉子1/2、ノリ・ゴマなど
2003/11/29 食す。 ★★★★☆ 680円 評価について
白湯スープのみで和風ダシは使っていないらしい。豚骨の臭みはなく、まろやか感のある豚骨スープで塩の塩梅も良いと思う。ただ、和風ダシがなくなったことで、脂の存在感が大きくなっている。私(1967年生まれ)には少しばかり脂がキツイので薬味のネギが欠かせない。博多系とは一味違い、豚骨のパンチを控えめにした飲み易いスープだ。麺は縮れ麺。相変わらずプリプリとした食感が良い。とても歯応えが良いメンマが二切れ。そのメンマを中心に少量のラー油?がかけられておりスープの色が部分的に赤く染まっている。チャーシューも相変わらず軟らかい。半熟煮玉子も相変わらず。白身の軟らかさ&黄身のトロトロさが私に大きな喜びを与えてくれる。カウンター席の一番右端に座ったが目の前には大きなタッパーに玉子が漬け込まれている。先日はメンマだった。出来れば材料の類は客の目に付くところに置いて欲しくないものだ。
▼MENUへ / TOPへ▲
あかはまらあめん
・・・
鶏ガラ・豚骨・魚介・野菜 
↑画像を
クリック
麺 縮れ
具 刻みチャーシュー、カイワレ、ネギ、半熟煮玉子1/2、ノリ・ゴマなど
2003/11/26 食す。 ★★★★☆ 730円 評価について
このラーメンのスープは、白湯スープと和風ダシを半々に調合して作るらしい。先日の塩に比べれば口当たりに滑らかさが感じられる。スープに浮く脂が多めなのか、器の縁の方から膜を形成しつつある。器の中央に豆板醤とヤンニンジャンで和えた長ネギ、カイワレ、チャーシューが盛られ、その上からネギと少量のゴマが添えられている。ヤンニンジャンという調味料の味が面白い。唐辛子とニンニクを使った調味料らしいがスープに程よい辛さを与えつつ、単調になりがちなネギの味をキリリと引き締めている。イメージとしては辛味噌?だろうか。麺はやや縮れ。半熟煮玉子の食感も相変わらずで美味しい。おそらくは『らあめん』と同じスープだと思われるが、そこに程よい辛さが加わりながら、和風ダシ=魚介の風味が辛さの奥から伝わってくる。思わずスープを飲み干した。そこには塩らあめん程ではないが粉と化した魚介が沈んでいた。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩らあめん
ややあっさり
鶏ガラ・豚骨・魚介・野菜 
↑画像を
クリック
麺 縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、ネギ、半熟煮玉子1/2、ノリ・ゴマなど
2003/11/25 食す。 ★★★★☆ 600円 評価について
味は再現されたのか?確かめるには塩を食すしかない。器も旧はまゐばと同じ為に舌で確かめるしかなかったが、ラーメンをひと目見てスープの色の違いに気が付いた。スープには胡麻と多めの脂がただよう。箸を付ける前から既に脂の一部が膜になりかけている。白湯が弱いのか。スープに滑らかさがなく魚介の粉がスープの舌触りを僅かにザラ付かせている。旧はまゐば時代にはスガキヤLIKEな風味さえ漂っていたが作り手が代わって魚介の風味が前面に出るようになったようだ。麺はプリプリとした縮れ麺で食感は良い。メンマも太く使われておりシャクシャクとした歯応えが良い。チャーシューは養老町産のもち豚を使用しているらしいが、バラ肉だろうか?控えめな味付けが嬉しい。煮玉子だけは旧はまゐば譲りと言って良いだろう。賞賛に値する煮玉子だ。まぁ旧はまゐばの塩らあめん程ではないが、そこそこ美味しい一杯だった。スープを飲み干すと器の底には魚介の粉が現れた。
▼MENUへ / TOPへ▲

 
 
 〜オーナー交代前〜
 
 
 

らあめん
麺 ほぼストレート ↑画像を
クリック
具 チャーシュー×1、メンマ×2、味付半熟煮卵×1/2、ノリ×1、ネギなど
2003/3/17 食す。 ★★★★☆ 600円 評価について
“らあめん“という響きから醤油味を期待していたが、私の思いこみだったようだ。スープの味は”塩“を薄くしたようなイメージで醤油ラーメンではない事は明らかだ。実際、他のどのラーメンのスープに比べても色が薄く明るい。これが、この店のベースになっているスープなのだろう。メニューを見ると、三河鶏のガラと白湯スープ、魚介系のダシを合わせたものらしい。それでいて魚サカナした味ではない。しかし先に”塩“を食して『絶品』と評しているだけに物足りなさを否めない。トロトロ・プルプルしている煮卵の黄身は絶品。他の具材はともかく煮卵はトッピングで追加することを強くオススメする。それも”らあめん“ではなく”塩らあめん“を食すことをオススメする。
▼MENUへ / TOPへ▲
とんこつらあめん
麺 ほぼストレート ↑画像を
クリック
具 チャーシュー×1、メンマ×2、味付半熟煮卵×1/2、ノリ×1、ネギなど
2003/02/20 食す。 ★★★★☆ 600円 評価について
このところ、なかなか美味しいトンコツに出会えなかったのだが、この日、久々に美味しいトンコツに巡り会った。ただ、あっさり系なので濃厚+臭いのが好きな方にはオススメできない。程よい口当たりの中にも、豚の存在が感じられる。トッピングは他のラーメンと同様、チャーシューが1枚とメンマが数本、煮玉子が1/2個にノリとネギ。仕上げに胡麻が散らしてある。麺もストレート麺でラーメン毎に変えている気配はない。あとはトッピングとスープの相性だが、トンコツはトンコツではチャーシューとの相性は良かったようである。あっさりトンコツが好きな方は是非食すことをオススメする。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩らあめん
麺 ほぼストレート ↑画像を
クリック
具 チャーシュー×1、メンマ×2、味付半熟煮卵×1/2、ノリ×1、ネギなど
2002/11/某日 食す。 ★★★★☆ 700円 評価について
この店で始めて食したラーメンだった。私は、メニューに塩の一文字を見つけると条件反射的に塩を頼んでしまう。動物系のスープと魚介系スープのバランスの問題だと思うが、スープはスガキヤの味に似ているので否定出来るハズもない。名古屋人に愛される味だ。ただ、店主が『塩ラーメン』だと言うのだから塩なのだろうが、私の中の塩ラーメンは、スープの透明度の高く、ある程度、塩の主張が効いているイメージだ。さてさて夢中になって食してしまいレポートどころではなかったが、ここのラーメンの売りは、味付半熟煮玉子だろう。黄身はトロ〜リと半熟で、白身にはスープに呑まれないだけの味がついていて絶品と言うことができる。財布が許す限り、トッピングで追加することをオススメしたい。
▼MENUへ / TOPへ▲

メニュー
調査日:2011年01月24日 メニューについて
太麺 つけ麺(魚介系醤油) 740円
とんこつ醤油らーめん 690円 つけ麺(ピリ辛味噌) 790円
塩らーめん 740円 大盛 100円
味噌らーめん 740円 特盛 200円
あかはまらーめん 740円
くろはまらーめん 740円 トッピング
細麺 チャーシュー 250円
とんこつらーめん 690円 メンマ 100円
塩らーめん 740円 味付半熟玉子 100円
あかはまらーめん 740円   九条ねぎ 100円
くろはまらーめん 740円   高菜 100円
  のり 100円
ピリ辛胡麻らーめん 790円    もやし 100円
特製(煮玉子1/2・チャーシュー3枚)  300円   
大盛り 100円    平日ランチタイム  
替玉(細麺) 150円     ご飯とキムチまたは漬物 無料

メニュー
調査日:2008年11月17日 メニューについて
ラーメン(太麺) 690円 特製 300円
味噌ラーメン(太麺) 740円 ※チャーシュープラス3枚・半熟煮玉子半個
塩ラーメン(太麺) 740円 チャーシュー丼 300円
あかはまラーメン(太麺) 740円 ギョーザ(6個入り) 300円
くろはまラーメン(太麺) 740円 キムチ 200円
大盛 100円 ご飯 100円

メニュー
調査日:2008年05月02日 メニューについて
ラーメン(太麺) 640円 ※特製:チャーシュー4枚、玉子1個
特製ラーメン(太麺) 940円  (通常:チャーシュー1枚、玉子1/2個)
みそラーメン(太麺) 690円 ごはん 100円
特製みそラーメン(太麺) 990円 ごはん大 150円
塩ラーメン(太麺) 690円 ギョーザ 300円
特製塩ラーメン(太麺) 990円 玉子 100円
あかはまラーメン 690円 ビール(中ビン) 500円
特製あかはまラーメン 990円 平日ランチタイム(ラーメンご注文の方のみ)
大盛 100円 ご飯、キムチ、漬物 無料

メニュー
調査日:2006年12月26日 メニューについて
醤油ラーメン 味噌ラーメン
 ラーメン(太麺) 590円  味噌ラーメン(太麺) 690円
 ラーメン細麺(白) 540円
 ラーメン細麺(赤) 540円 替玉
 ラーメン細麺(緑) 540円  細麺(白)・・・セモリナ粉 80円
あっさり塩ラーメン  細麺(赤)・・・・韓国産唐辛子 80円
 塩ラーメン(太麺) 690円  細麺(緑)・・・わかめ 80円
 塩ラーメン細麺(白) 640円
 塩ラーメン細麺(赤) 640円 大盛 100円増
 塩ラーメン細麺(緑) 640円 特製 300円増

メニュー
調査日:2003年03月17日 メニューについて
らあめん 600円 特製あかはまらあめん 950円
特製らあめん 850円 とんこつらあめん 600円
塩らあめん 700円 特製とんこつらあめん 850円
特製塩らあめん 950円 麺大盛り 100円
あかはまらあめん 700円 味付半熟煮卵 100円


HOMETOP