チャイナポート(ちゃいなぽーと)
メニューへFileNo030
▲焼山店   ▼三好店
おすすめ度
サービス度
★について
http://raou.jp/shop/030.htm
バーコード読み取り機舶t携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報をメールに転送する場合はこちら→をクリック
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→

醤油担々麺辛つけ麺

みよし市三好町青木91
営業時間 11:00〜22:00
定 休 日 無休
客  席 カウンター:あり,テーブル:あり
駐 車 場 あり
電話番号 0561-34-7600 
備  考  
※営業日・営業時間等の情報は 2007.05.31現在のもの

名古屋市天白区植田山4-201
営業時間
(日・祝)
11:30〜14:30,17:30〜22:00
11:30〜15:00,17:30〜22:00
定 休 日 第3月曜日
客  席 カウンター:あり
駐 車 場 あり
電話番号 052-831-5616
備  考  
※営業日・営業時間等の情報は 2009.02.13現在のもの
禁 煙 - 水・お茶 ファミリー
券売機 × おしぼり × カップル
無化調 - 新聞雑誌 × 車椅子 ×
自家製麺 × マンガ本 -
BGM × ランチセット ×
初めて焼山店を訪ねたのは2000年の頃だったと思う。ラーメンが出てくる早さはファストフード並。スープにアサリの旨味がよく出ていて、メンマが絶品の店だった。ラーメンとしては決して安くはないが、私の好きな店の一つで、毎週のようにいただいていたものだ。この店は、村長さん、娘娘飯店など娘娘グループの一角をなす。美味しい店だったのは2009年まで。2010年に入ってからは、材料や家賃などのコストばかりを考えるようになり、今ではオススメできる店ではない。

2010年以降のこの店の一部のラーメンは、私の期待に添うものではありませんでした。
このお店の一部のラーメンのレポートには、ネガティブな記述が多く含まれているため
パスワードにより公開を制限しております。

私たちは、1人1人が違う味覚・嗜好を持ち、また1人1人好き嫌いもあります。
これらを良く理解していただいた上で、当サイトのレポートをご覧になられても、
ご自分でそのラーメンを味わい、判断する事が出来る方は認証手続きにお進み下さい。


 パスワードを入力して認証してください

このページのパスワードは通常の一次変換とは違う設定となっております。数字3文字・・・これ以上のヒントを差し上げることは出来ませんが、判る方はご自由に閲覧して下さい。それでもパスワードの発行を希望される方は、フォーム・メールからお問い合わせ下さいますようお願いいたします。



手もみラーメン(焼山)
2010/11/03 食す。★★★☆☆ 700円
みよしのジャスコでいただいた一杯に、納得がいかなかったので焼山でいただいてみたが・・・
▼MENUへ / TOPへ▲
小盛りラーメン(三好)
2010/11/02 食す。★★★☆☆ 550円
手もみを頼むつもりだったが、隣のお客さんのスープの色が茶濁しているように見えた・・・
▼MENUへ / TOPへ▲
つけそば(三好)
2010/07/30 食す。★★★☆☆ 800円
何か冷たいのがあるだろうと思って店を訪ねたが、ないものはしょうがない。店を出て・・・
▼MENUへ / TOPへ▲
手もみ
2010/03/09 食す。★★★☆☆ 700円
ひと目スープを見て、こんな色をしていたのか?と我が目を疑った。まるで澄んで・・・
▼MENUへ / TOPへ▲
冷製あさり潮そば
あっさり・・・
魚貝・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 殻付きアサリ×5、メンマ、糸唐辛子、柚子の皮など
2009/08/10 食す。★★★★☆ 750円
この潮そばを初めていただいたのは2ヶ月前のこと。美味しい・・・だけど塩っ辛い。そう感じたのは、汗のかき方が足りなかったからだと思い、短期間に食べ直してみることにした。この日は午前中に作業をしたこともあって、水がたまらなく美味しい。スープを口にしてみれば、まずはアサリの旨味。冷たいスープなのにアサリが活き活きとしている。だけど塩はまだまだ強め。2ヶ月前より塩が少し遠慮しているように思えるのは、流した汗のお陰だと思いたいが、まだまだ汗を流す必要がありそうだ。そんなスープに少しだけ辛味を帯びた油が使われている。麺は中細のストレート。締めているのだろうが、この日は2ヶ月前ほどの歯応えはない。ほどよい食感にアサリの旨味と塩っ気が絡みついてくる。色白メンマはこの店の看板具材。極太なのに歯応えはザックリとしている。殻付きのアサリは、殻に残る貝柱が勿体ない。この日もスープを飲み干したが、つけ汁ではないのだから、もう少し塩を抑えて欲しいというのが正直なところ。それでも言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷製あさり潮そば
あっさり・・・
魚貝・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 殻付きアサリ×5、メンマ、糸唐辛子、柚子の皮など
2009/06/01 食す。★★★★☆ 750円
ここ最近、新しいラーメンがよく出るが、今回は冷たいラーメン。それもアサリを使っているというのだから、期待せずにはいられない。定番の手もみラーメンとは違って透明感のないスープには、植物性の油だろうか?大きめの水玉が広がっている。塩味がやや強めで、ほどよいアサリの香り・・・と言うのは簡単だが、冷たくすると香りは立ち難いものだ。ピリっと口に残る辛味もあるが、アサリの旨味も助ェなので、スッキリとしていながらコクもしっかりしたスープに仕上がっている。細く切った柚子の皮が幾つか添えられているが、風味が支配的になることはなく、さわやかな香りに清涼感を覚える程。麺は中細のストレート。冷たく締めたことによって食感としてはかため。比較的に味がハッキリしたスープとバランス的に垂オ分ない。アサリは殻付きとは言え、5つだけなのでガラ入れも不要か。色白メンマは相変わらずで、歯応えはザックリとしている。最後にスープをゴクゴクと飲んでみたが、スープだけを口にするには塩が強い。これからの季節、汗をかいた後にいただくと良さそうだ。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
つけそば(三好)
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太やや縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、タマネギ、ネギ、キザミノリなど
2009/02/21 食す。★★★★☆ 800円
つけ汁の器は、高台の部分が熱々だが、口縁の部分は持てなくもない。つけ汁ということで、そのまま飲むには味が強いが、手もみのスープをイメージすることが出来る。助ェな魚貝の旨味に動物系の旨味を足したか・・・もちろん魚介の風味もしっかり。麺は中太のやや縮れ。冷たく締めてあるので噛み応えはしっかり。つけ汁の力強い旨味と風味、そして強い味を受け止めるには助ェな歯応えがある。タマネギが大きめに刻んで使われているが、その大きさが災いしてか?麺と一緒に持ち上がりにくい。チャーシューは香ばしさほんのり。看板食材のメンマは相変わらずの色白極太。ザックリとした食感を楽しむことが出来る。キザミノリを麺と一緒につけ汁へ、そして口へと運べば風味は激変。ネギも同様に口にするのだが、シャリシャリとした食感と共に程よい辛味を楽しむことが出来る。ネギもタマネギも魚介の風味を殺しがちだが、このつけ汁はネギには負けないようだ。麺には結高ネボリュームがあったが、スルスルっと完食。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
鶏コクみそラーメン(三好)
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 やや縮れ太め
具 チャーシュー×2、メンマ、アスパラ、ネギ、胡麻、糸唐辛子など
2009/01/26 食す。★★★☆☆ 850円
八丁味噌を使ったブレンド味噌を鶏白湯に使うというのだから、味噌辛さと鶏の甘味・旨味のどちらが活きているのか興味があった。鶏白湯という割にスープにトロミはなく、濃度もたいしたことはない。脂もそこそこで口当たりに程よい重たさがあるが、コッテリという程でもない。味噌の方は、味噌辛さプラス唐辛子の辛さで、助ェ過ぎるほど味に締まりがあるが、おかげで鶏の甘味は判らず終い。鶏の旨味が隠し味でもないが、たしかにコクはある。時折、胡麻がパチパチと食感を添えてくれるが、辛さばかりが目立って、気が付けば額に汗が滲んでいる。やや縮れた太めの麺は、スープの持ち上げも良く、味噌の支配的な力強さを受け止めるだけの歯応えがある。具の中で目新しいのはアスパラ。ほのかな甘味が味噌辛さとは好対照。ウリのメンマも相変わらずで、太くやわらかく歯応えザックリ。チャーシューの味わい深さも、味噌に負けていない。鶏白湯の持ち味は助ェに活きていないが、味噌ラーメンとしては悪くない。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
手もみ(三好)
・・・
鶏ガラ・豚骨・魚貝・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ちやや縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ×5、ネギなど
2008/02/23 食す。★★★★☆ 800円
今思えば、このサイトを始めた頃の私にとって一番美味しいラーメンだった。それが今では★4程度・・・私も贅沢になったものだ。動物系の旨味でベースを作ったところに魚貝の旨味・・・といったところか。魚貝の風味はでしゃばらない程度。そして、アサリなど魚貝の旨味がじんわりと口の中に広がり、醤油もその旨味を引き立てる程度。あっさりしていながら奥行きがある。平打ちにも見える麺は太めのやや縮れ。ほどよい噛み応えに、スープの持ち上げもよく、スープとのバランスも垂オ分ない。肩ロースを使うというチャーシューには何処かしら燻した香りがあって、噛む度に口の中に香りが広がるが、味はやや強め。このチャーシューも、この5年の中で、あるいは店によって少しずつ変わってきている。ネギでさえも店のこだわりが見え隠れしていて、まるで切り立てのように水々しい食感と風味がある。この日もすべてに満足・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
担々麺
・・・
鶏ガラ・豚骨・魚貝・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ちやや縮れ
具 辛ミンチ、メンマ×3、ネギ、すり胡麻など
2007/11/27 食す。★★★☆☆ 800円
どうして担々麺なんだろう?この店の持ち味でもあるアサリの旨味やアッサリ感がまるで感じられない。スープを口にした瞬間に辛味が喉にくる。額が汗ばむ程度の辛さながら、唇がジンジンと疼く。やや強めの酸味が胡麻を抑え、その胡麻がスープの持ち味を殺している。黒胡麻のすり胡麻も舌触りがザラつく程でもなければ香る程でもない。ミンチの辛さは私にはたいしたことはないが、炒めたナッツを砕いたようなものが見られ、ミンチの食感には面白みがあるが、ニンニクが感じられるのは私の気のせいかもしれない。平打ちっぽい形状をした麺は、手もみラーメンでは何の違和感もなかったのに、このスープの中では弱く感じられる。それと同様に、太く使われているやわらかメンマの、ザックリとした歯応えまでもが、物足りなく感じてしまう。いろいろと書き立てたが悪くはない。ただ勿体ない・・・アサリの旨味は何処に行ったのだろう?
▼MENUへ / TOPへ▲
手もみ(天白)
あっさり・・・
鶏ガラ・豚骨・魚貝・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ちやや縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、ネギなど
2007/05/31 食す。★★★★☆ 700円
このサイトを始めた頃の私は、この店のラーメンが大好きだったし、周囲にもよく薦めたりしたものだ。今でも好きな味には変わりないが、1年ぶりにスープを口にしてみると、僅かにタレが強くなったように感じられた。それでもアサリなどの魚貝の旨味はしっかりしていて、厚みが感じられるし、多少の脂も見られるもののアッサリしている。麺は強いて言えば中太で、平打ちに見えなくもない。シコシコとした食感はスープとの相性も垂オ分ない。細かく小口切りにされたネギを中心に、チャーシューとメンマが盛り付けられている。チャーシューは脂身も少なくアッサリ。適度に噛み応えを残していて、ちゃんと肉の味がする。メンマはやわらかめだが、太さも手伝ってザックリとした歯応え・・・このサイトを始めた頃に、この店のメンマを基準に、メンマの歯応えを『シャクシャク』と言い浮オていたのが懐かしい。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
手もみ(岩崎台)
あっさり・・・
鶏ガラ・豚骨・魚貝・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ちやや縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、ネギなど
2005/04/14 食す。★★★★☆
チャイナポートが日進市にオープン・・・奄聞きつけ店を訪れてみた。3枚のチャーシューと5本のメンマ、やや縮れた平打ち麺にあっさりスープ・・・お馴染みのチャイナポートのラーメンだ。スープは相変わらずあっさり。それでいて深い味わいがある。強いて言えば醤油なのだろうが風味を損なわない程度。スープの繊細な風味は変わらないが、何かが違うと感じるのは私だけか。この日は、スープより麺が減っていくのが早かった。麺は平打ちの縮れ麺。食感、スープの絡みともに満足。チャーシューは叉焼というべきか。肩ロースらしいが、程よい噛み応えの中に芳ばしい風味がある。・・・が肉の旨味を堪狽ナきる作りではないようだ。メンマは、スープと並んでこの店のウリの一つ。やややわらかめだが、極太であるために小気味良い音とともに食感を楽しむことができる。好きな味だが、感動の味ではなくなってしまった。私も贅沢になったものだ。スープまで完食・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
手もみミックス
あっさり・・・
鶏ガラ・豚骨・魚貝・・・
↑画像を
クリック
麺 やや縮れ
具 チャーシュー×6、メンマ、ネギなど
2004/09/10 食す。★★★★☆
やはりチャーシューが多い分だけ、スープに影響を与える影響は大きいようで、動物系の旨味が気持ち巾を効かせている。当初感じたアサリの存在も、チャーシューの風味にかき消された感がある。スープも以前より少し濃いめに感じたが、それもチャーシューの影響だろう。ただ、スープがあっさりしている事だけは確かだ。麺は、平打ちっぽいやや縮れた麺。御無沙汰ということもあり、麺が変ったかのような錯覚を覚えた。メンマは太めに切られておりシャクシャクとした食感は相変わらず。チャーシューは、叉焼と阜サするのが妥当か。味わいと香ばしさは、以前より増した感がある。やわらかさの中に適度な噛み応えがあり、一噛み一噛み味わいと風味が口の中に広がる・・・が、ここ1年程の間にチャーシューの仕様が何回か変わったようだ。なんだかんだ言いながらスープまで残さず完食。言わねばなりますまい。ごちそうさまでした!
▼MENUへ / TOPへ▲
ポークラーメン
あっさり・・・
鶏ガラ・豚骨・魚貝・・・
↑画像を
クリック
麺 ストレート
具 チャーシュー×6、メンマ、ネギなど
2004/01/14 食す。★★★★☆
約束された満足感・・・私は昼休みに至福の時を過ごすことができた。ポークラーメンに載せられたチャーシューは6枚。手もみの倍だ。チャーシューで埋め尽くされて麺を見ることができない程。しばらく来ない内にチャーシューの仕様が変わったのだろうか?芳ばしい風味が漂う。ただ、芳ばしさが増しただけに枚数が多くなるとスープに影響を与えずにはいられないようだ。スープの味を少しだけ濃く感じられたが、それも最初の内だけ。スープは相変わらずの美味しさだ。メンマは味が控えめなながらシャクシャクとした歯触りが嬉しすぎる。私はこの店のメンマが大好きだ。麺は相変わらずのやや太め。やや縮れた感もある。スープのあっさり感も手伝って食が進む。2004年になって14食目。初めてスープまで完食。私は大きな満足感に包まれていた。ハードよりノーマル。ポークよりメンマがオススメ。胸を張って友人知人に紹介できる店だ。
▼MENUへ / TOPへ▲
ポークラーメン
あっさり・・・
鶏ガラ・豚骨・魚貝・・・
↑画像を
クリック
麺 ストレート
具 チャーシュー×3、メンマ、ネギ、豆板醤
2004/01/14 食す。★★★★☆
何を食すか迷いはなかった。ノーマルは何回もいただいているのでハードのメンマにしてみた。メンマはいったい何本か?・・・この日は11本。控えめな味ながら、やわらかさと太さからザクザクっとした歯応えが何とも嬉しい。メンマ増量は正解だったが、ハードの方は正解とは言い難い。スープに浮くのは唐辛子とラー油か?店員によると豆板醤とのこと。スープに適度な辛さが加わっており辛いラーメンとしては悪くないが、店の売りであるアサリダシのスープの風味が活きていない。悪くはないが期待していたスープの風味を存分に味わうことができず少しだけ物足りなさが残った。横で同僚が手もみハードを食していた。彼はここ2回ほどハードをチョイスしている。ノーマルより評価が高いようだ。彼は緑区:コーチン、天白区:新大連などのラーメンを好んで食す。私の味覚とかなり近い男だが、この店に関して言えば若干好みが違うようだ。
▼MENUへ / TOPへ▲
手もみ
あっさり・・・
鶏ガラ・豚骨・魚貝・・・
↑画像を
クリック
麺 ストレート
具 チャーシュー×3、メンマ、ネギなど
2003/03/15 食す。★★★★★
この店はオーダーを入れてからラーメンが出てくるまでの待ち時間が恐ろしく短い。かと行って味が悪いなどと言うことは決してない。透き通ったスープを一口すすると、魚貝の香りが口から鼻へと駆け抜ける。ここのスープはアサリ出汁でつくるそうだ。『スガキヤ』を彷彿とさせるところがある、これが堪らなく美味しい。麺はごく普通のストレート麺だが、スープとのバランスも垂オ分ない。トッピングには3枚のチャーシューとメンマが5本、そしてネギ。チャーシューは薄くスライスされていて物足りなさがあるが、特筆すべきはメンマだ。こんな美味しいメンマは他ではお目にかかることはない。よくメンマが変に味の主張をしてラーメン全体の味の調和を乱しているラーメンに出会うことがあるが、ここのラーメンは、スープ、麺、トッピングの全てが調和し安心して食すことのできる一杯となっている。
▼MENUへ / TOPへ▲
手もみ ハード
2003/03/15
横で後輩が食していた『手もみハード』
画像でわかりにくいかもしれないが、スープにトウガラシ?が入っている。
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー
調査日(三好):2007年11月27日
手もみラーメン 700円 ランチセットいろいろ
メンマラーメン 800円 ごはん 150円
ミックス 900円 めんまごはん 250円
ポーク 1000円 みそたまごごはん 300円
小もりラーメン 550円 ふんわり杏仁 250円
大盛り 200円 手作り餃子(6ヶ) 300円
ビール(タンブラー) 500円
※ノーマルとハード(辛口)からチョイス ビール(ハーフ) 300円


HOMETOP