しゅんらいてい
春雷亭
メニューへデータ転送FileNo093
おすすめ度 ★について
サービス度

スープの種類について醤油塩白湯豚骨味噌台湾つけ麺冷麺

閉店(2008年詳細不明)
長久手市五合池1413 
営業時間 11:30〜14:30,18:00〜22:30
定 休 日 不定休
アクセス リニモはなみずき通駅より約400m
駐 車 場 あり(5台)
カウンター -席
テーブル -席
座 敷 -席
電話番号 0561-61-3955 電話をかける際の注意
※営業日・営業時間等の情報は 2007.01.05現在のもの
禁 煙 × 水・お茶 ファミリー
券売機 × おしぼり カップル
無化調 × 新聞雑誌 車椅子 -
自家製麺 × マンガ本 店舗詳細データについて
BGM - ランチセット
以前この場所にはラーメン道場というラーメン屋があった。豚骨ラーメンの店だったが、気が付いたら春雷亭になっていた。しばらく店が開いていなかったようだが2004年1月9日にリニューアルオープンしたらしい。狭いながらも駐車場を備え、店内もカウンター席にテーブル席が合わせて20席ほど。テレビに灰皿、雑誌に新聞と一揃えアイテムは揃っている。2008年に店を閉め、東区に源屋としてオープン。この場所には同年12月まんまる堂がオープンしている。



居酒屋とフレンチ
2018/--/-- 評価について
居酒屋での経験が豊富な店主だったが、いつの頃からか?フレンチ出身の店員さんの方が目立つようになっていた。ラーメンの作り方にもフレンチの技法が用いられるようになって、他の店にはない面白みが見られるようになり、お店からフリークへのアプローチもあったようで、私のような男が多く食べに行くので、WEBへの露出度も上がっていったと思う。このフレンチ出身の店員さんが表に出てこなくなってからは、東区の源家瑞兆も春雷亭絡みと噂されるだけで、どの店も長くは続いていない。
▼MENUへ / TOPへ▲
蟹塩らーめん
麺 やや縮れ ↑画像を
クリック
具 チャーシュー×1、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、ノリなど
2004/12/13 食す。 ★★★★☆ 680円 評価について
スープ全体を蟹の風味が包み込んでいる。洋食を思わせる独特の風味を感じたのは最初の内だけ。塩にも尖りはなく、蟹の風味と味わいが全てをマイルドに包み込む。店の方の話によると、蟹香味油の他にも、フレンチの技法で作った蟹クリームを使うとのこと。生臭さはなく蟹の風味は濃厚だ。ミルフィユ仕立てと言われる厚切りチャーシューの出来も相変わらず。必要以上の味は付いておらず、やわらか。肉の風味と旨味を堪能したい。メンマも、シャクシャクと程よい食感が心地よい、深く色付く煮玉子も黄身はトロリと半熟で、味わい深いものがある。蟹の風味と旨味を全面に押し出した一杯。お客の反応を見ながら改良を重ねてきたらしいが、マイルドに・・・まろやかに仕上がっている。蟹丸ラーメンは、さらに蟹一杯がまるごと盛り付けられるというが、私は蟹塩でも充分。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩らーめん
ややあっさり・・・
豚骨・鶏ガラ・昆布・・・
↑画像を
クリック
麺 やや縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、半熟煮玉子×1、ネギ、ノリなど
2004/10/24 食す。 ★★★☆☆ 評価について
メニューに塩が加わったとの噂を聞きつけて、店を訪ねてみた。鶏や豚などでとった清湯スープ。さらに沖縄の塩と利尻昆布などをタレに使うとのこと。塩もカドがなく、強すぎず弱すぎずと言ったところだが、スープよりタレの方にウェイトと置いているように感じられた。麺は、わざわざ岐阜から取り寄せたという多加水のやや縮れ。スープとのバランスもよく、歯応えにも不満はない。この店の売りでもあるチャーシューは、ロースをバラ肉で巻いたモノ。某情報誌では『ミルフィユ仕立て』と紹介されているが、『ミルフィーユ』ではなくて『ミルフィユ』らしい。やわらかさの中にある食感を楽しみたい。煮玉子も黄身が深い橙色に色付いている。白身の色が示すように、タレがよく染みており、味はやや濃いめだ。平たく切られたメンマはゴマ油の風味を楽しみたい。20cmを少し上回る高台丼の中で、スープと麺と具の調和が取れているように感じられた。
▼MENUへ / TOPへ▲
台湾ラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 やや縮れ
具 モヤシ、ニラ、ニンニク、辛ミンチなど
2004/08/09 食す。 ★★★☆☆ 650円 評価について
一般的な台湾ラーメンのことを思えば、辛さは控えめで味わう部分を残している。店主の話によるとベースになっているのは支那そば。お客さんの好みに応じて辛さを調整するとのこと。ただ、辛さが加わったことによって支那そばのスープ自体の魚介の風味は、ほとんと感じられなかった。ほのかな甘さと節度ある辛さ、そしてニンニクの風味に食が進む。麺は細めの縮れ。私には少しだけゆるいが食感は面白い。トッピングで目を引くのがニラ。店員の話によると、切ってから1時間以上おき、更に加熱して使うことにより疲労回復に抜群の効果を引き出しているとのこと。暑いこの時期には嬉しい心配りだ。もちろんモヤシとニラのシャキシャキとした食感も心地よい。イタズラに辛いばかりが台湾ラーメンではない・・・と言いたいところだが、私も台湾ラーメンの食べ歩きが必要なのかもしれない。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷し担々麺
あっさり・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 やや縮れ
具 辛ミンチ、キュウリ、カイワレ、トマト、胡麻など
2004/07/15 食す。 ★★★☆☆ 評価について
つけ麺スタイルにするか、ぶっかけて一般的なスタイルにするかは好み次第らしい。この日は、ぶっかけスタイルにしてみた。スープからは豊かな胡麻の風味。自ら擂ったばかりの胡麻の風味が素晴らしい。スープ自体に辛味・酸味はなく、胡麻の風味が活き活き。辛いのがお好きな方は、辛ミンチを崩してスープに馴染ませれば、ほどよい辛さを楽しむことができる。辛ミンチにはニンニク、唐辛子などが含まれているようだ。麺の締め具合も程よく、縮れ麺にスープがよく絡むこともあって食が進む。キュウリの清涼感もまずまずだが、トマトとカイワレ・・・特にトマトはごめんなさい!私は好き嫌いが多すぎるようだ。味としてはオーソドックスだが、食すスタイルと辛さに選択肢が用意されているのが面白い。お店の方の話によると、胡麻の風味を引き立たせるのに苦労をしたとのこと。ならば、胡麻だけでもオーダー直後に出してもらえれば・・・気の済むまで胡麻を擂ることも出来たか・・・。創意工夫が見られ好感の持てる一杯。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲


豚骨ラーメン
ややあっさり・・・
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 極細ストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、ネギ、ノリ×1,、煮玉子1/2×1など
2004/05/21 食す。 ★★★☆☆ 550円 評価について
夕方近くに長久手町に急な仕事。私の頭の中で幾つかの店名が交錯した結果、晩御飯はこの店となった。ややあっさりとした豚骨・・・と言って良いだろう。豚骨の旨味を凝縮しパンチを効かせたタイプではない。豚骨の臭みを抑え、塩辛さもなく味わいとしてはややマイルド?な感がある。九州から取り寄せたという細麺は、人によって好き嫌い分かれるところだが、私は食感や噛み応えを重視しているので、細麺は好きだ。メンマは、ほのかに甘みが付いており、気持ちやわらかめながら適度な食感を残している。チャーシューもタレがよく染みており、口の中に芳ばしい風味が広がる。脂身トロトロのやわらかチャーシューだ。煮玉子は、白身が深く色付き黄身は半熟一歩手前。おとなしい味付けのやわらか煮玉子だ。スープもまずまず、麺も良し、トッピングもなかなか・・・バランスの取れた一杯だと思う。スープまで完食。ごちそうさまでした!
▼MENUへ / TOPへ▲
支那そば+わかめ
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 やや縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、ネギ、ワカメ、ノリ×1、煮玉子1/2など
2004/04/05 食す。 ★★★★☆ 評価について
見た目はオーソドックスな醤油ラーメン。一口スープを口に含んでみると、煮干しなど魚介の風味が口の中に広がる。濃い口を謳っている割に濃厚な感じはなく、口の中で味が膨らむというか?何か懐かしい感じさえ漂う。麺は多加水麺を使用するらしい。岐阜の製麺所から取り寄せたやや縮れ麺。私には少しゆるめだが、食感は面白い。チャーシューは脂身のトロトロ感が堪らない逸品。この日の煮玉子はやわらか。チャーシューも煮玉子もタレの染み具合が絶妙で、バランスの良い一杯に仕上がっている。メンマは、胡麻油だろうか?良い香りがついている。ワカメも充分な量が盛りつけられているのが嬉しい。ネギの小口切りには九条ネギを使うらしい。1.5倍以上も値が張る故に大きく切って歯応えを演出したいのだろうが・・・私の好むところではない。魚介のダシが効いた一杯。私は好きだが、欲を言えば、もう少し麺に力強さが欲しかった。
▼MENUへ / TOPへ▲
味噌ラーメン+煮玉子
麺 やや細目縮れ ↑画像を
クリック
具 チャーシュー×2、メンマ、ネギ、ノリ×1,、煮玉子1/2×3など
2004/04/01 食す。 ★★★★☆ 評価について
スープから立ち上る味噌の香りの良さに期待が高まる。一口スープを口に含むと、少し味噌辛いものの味噌のパンチ・力強さが私の心を打つ。八丁味噌を使っているらしい。もはやダシが香る域ではないが、キレが感じられるスープだ。麺は細めの縮れ麺。見た目以上の力強さ。しっかりした食感だ。チャーシューは、タレの味がよく染みておりとても軟らか。脂身の部分にはトロトロ感さえある。平たく切られたメンマは程よい歯応え。煮玉子は白身が茶色に色付くものの味は控えめ。やや硬めか?バサ付かない程度の食感だ。先日食したものと比べると少し硬めだ。麺の食感良し!スープの力強さ良し!チャーシュー良し!安心して食すことの出来る一杯だった。この店は4種類のラーメンにそれぞれ違う麺を用意しているそうだ。次の一杯への期待が高まる。美味しかった。ごちそうさまでした!
▼MENUへ / TOPへ▲
中華そば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細め・やや縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、ネギ、ノリ、煮玉子1/2など
2004/03/13 食す。 ★★★★☆ 評価について
中華そばと支那そばを、明確に区別している御仁もいるが、支那が中国の蔑称であること以外に、その定義の違いを私は知らない。さて、肝心のラーメンだが、期待していた以上の出来栄え。醤油ダレもそれほど強くなく、ややあっさりとした口当たり。鶏油でも使ったのか?ほのかな風味とコクを感じられる。麺はやや細めで少し縮れており、無難にスープを受け止めている。メンマは程々の歯応えながら風味が良い。ゴマ油でも使って味付けしたのだろうか。チャーシューはバラ肉かな。ほどよくタレの味が染みておりやわらかい。深く色付いた煮玉子も黄身はやわらかだ。程々にタレの味が染みている。唯一ミソを付けたのがネギか。九条ネギだからこそ大きく切るのだろうが、私の好むところではない。私の中では『懐かしい味』ではなかったが、丁寧な仕事ぶりが伺えるオーソドックスな一杯だ。これなら次のラーメンに期待を寄せることができる。期待以上の美味しさに・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
しょう油ラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 縮れ
具 チャーシュー×5、メンマ、ネギ、ノリ、煮玉子1/2など
2003/07/21 食す。 ★★★☆☆ 評価について
豚骨が主体の店で醤油を頼むと、得てして豚骨醤油が出てくるものだが、この店は違った。おそらくは豚骨でダシをとっているものと思われるが乳化し白濁したようなスープではない。それなりに透明度のあるスープは、控えめな醤油、ほのかな魚介の香り・・・この日の昼、ハシゴ二軒目だったが美味しくいただくことができた。トッピングはチャーシューが5,6切れ、やや甘い味のメンマと煮玉子1/2とネギ、それにノリが一枚。縮れ麺も食感が良い。この日の昼一軒目の麺に物足りなさがあっただけに余計に美味しく感じたのだろう。ラーメンが作られる過程を目で追っていたが冷蔵庫から出てきた肉塊の動きを見る限り、チャーシューも必要なだけ切って盛りつけるようだ。煮玉子はよく火が通っているようだが口の中で特にバサ付くようなことはなかった。醤油が控えめ、くどくない・・・これ位の味なら知人に紹介することも出来る。次は味噌を食してみたい・・・次につなぐことの出来る一杯だった。
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー
調査日:2004年12月13日 メニューについて
豚骨ラーメン 550円 チャーシュー 250円
支那そば 550円 煮玉子 100円
中華そば 550円 生卵 50円
味噌ラーメン 550円 メンマ 150円
台湾ラーメン 650円 のり 100円
つけ麺小(140g) 550円 ねぎ 100円
つけ麺中(280g) 650円 明太子 200円
つけ麺大(420g) 750円 高菜 100円
塩ラーメン
蟹塩ラーメン 680円
蟹丸ラーメン 900円 替玉 100円
冷し中華 700円 大盛 100円


HOMETOP