やまらんや
やまらんや

▲尾張旭店 / 名東店▼
おすすめ度 
サービス度 
閉店(詳細不明)
尾張旭市東山町1-1-10
名古屋市名東区文教台2-201
営業時間
(土・日)
11:00〜15:00,17:00〜23:00
11:00〜23:00
定 休 日 月曜日
駐 車 場 あり
電話番号 052-772-5533(尾張旭)
ポイント
※営業日・営業時間等の情報は、2003.03.11現在のもの
このラーメン屋のオーナーは、ある会社の社長だ。かつて仕事を通して付き合いがあったが、電話をかけてきても自ら名乗らないものだから、どこの誰か判っていても意地悪で名前を尋ねたものだった。それがいつの間にやらラーメン屋のオーナーである。しかもラーメン街道に店を開いている。気にはしていたが、この店のラーメンを食す日は、なかなか訪れなかった。



 こってりしょうゆらーめん
こってり
鶏ガラ・豚骨・野菜・・
概ねストレート
チャーシュー×2、メンマ×3、煮玉子1/2、ねぎ、もやし
2003/06/03 食す。
302号線の便が良くなったお陰で天白〜名東の移動時間は劇的に短くなった。天白区原から名東区引山まで車で15分。この日は昼に蔦亭まで脚を伸ばしたが不定休の怖さを思い知らされた。やむなく少し南に戻ることになった。前回の実食に同行した後輩から『昔ながら・・』の評価は聞いていたので敢て『こってりしょうゆ』を頼んだが、ただ単に背脂がのったラーメンだった。 麺や具がほとんど見えない程に背脂がスープに浮いている。ベースとなっているのは、おそらく『昔ながら・・』と思われる。背脂は程ほどにスープにコクを加えている。しつこさや変な風味はなかった。麺はやや細目の概ねストレート・・・人によっては若干縮れていると見る方もいるかもしれないが、やわらかいのが難だ。茹で加減の問題ではなく麺そのものの問題だと思われる。この時点で、このラーメンの再食はないと断定できる。トッピングにチャーシューが二つ、メンマ、もやし、ネギ、ノリなどが添えられている。チャーシューは角煮と言った方が良いだろう。程よく脂身を含みホロホロと崩れながらも程よい食感を残している。メンマも歯応えが程ほどだ。無難と言えばそれまでだが、このラーメンに限って言えば再食はないだろう。おそらく『昔ながら・・・』の方が美味しいだろうと思われる。

 みそらーめん
同行した後輩が食したもの。
食べる前までは『明日もこの店に来よう!』と言っていたのが食べ終わってみると『当分この店はいい』と翻っていた。緑区:あうん、同:コーチン、天白区:仲乃坊、同:チャイナポートなどを好み、天白区:破天荒、日進:鶴亀堂、名東区:高針めんや などを嫌う彼に言わせると『後味が悪い』とのこと。

 塩ラーメン
細縮れ麺
チャーシュー×2、メンマ×3、煮玉子1/2、かまぼこ×2、ねぎ、もやし
2003/03/11 食す。
スープは澄んでおり大きな期待が寄せられた。口に含んだスープは塩の主張をしつつ、カドのない優しい味がした。塩としては久々の当たりである。トッピングはチャーシューが二枚、メンマ3本、煮玉子1/2個、カマボコ二切れ、ねぎ、もやし。もやしが嬉しい。煮玉子の切り口が面白い。糸で切ったのだろう。そしてチャーシューもなかなか美味しい。麺はやや細目の縮れ麺。久々に塩としてバランスの取れた一杯に巡り会うことができた。

 昔ながら中華そば
塩ラーメンのもやしの代りにノリがのっている。
この日、四人で店を訪れ、この中華そばを食べた者が二人いたが、その二人とも不評だった。
その内の一人から後日電話があった。こってりしょうゆは美味しかったと言うのだ。この中華そばが、この店のババ=JOKERのようだ。

調査日:2003年6月3日
昔ながらの中華そば 650円 辛ねぎこってりしょうゆ 850円
こってりしょうゆらーめん 700円 焼ねぎこってりしょうゆ 850円
塩らーめん 650円 昔ながらの冷しらーめん 730円
味噌らーめん 750円 〃 こってり 780円
お子様らーめん 450円 大盛り 100円
とんこつラーメン 550円 辛ねぎ 150円
こてこてとんこつ 600円 焼ねぎ 150円


FileNo106