めんのぼうはれやか
麺の坊 晴れやか
メニューへFileNo1261
おすすめ度
サービス度
★について
http://raou.jp/shop/1261.htm
バーコード読み取り機能付携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報をメールに転送する場合はこちら→をクリック
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→

スープの種類について醤油塩つけ麺

刈谷市井ヶ谷町前田26-1 地図を表示
営業時間
(金・土)
11:30〜14:00,18:00〜22:00
11:30〜14:00,18:00〜24:00
定 休 日 月曜日
アクセス  
客  席 カウンター:約10
駐 車 場 あり(共同)
電話番号 0566-35-5656 電話をかける際の注意
備  考 オープン:2009年3月6日 
※営業日・営業時間等の情報は 2015.06.24現在のもの
禁 煙 - 水・お茶 ファミリー ×
券売機 おしぼり × カップル ×
無化調 × 新聞雑誌 - 車椅子 ×
自家製麺 × マンガ本 - 店舗詳細データについて
BGM - ランチセット ×
大府市で絶大な支持を受けている晴レルヤの2号店。
店に入ってすぐ左手に券売機が置かれていて、そのまま店内へ進むと、カウンター席と厨房。近くに駅もなく、車がないと厳しいが・・・



晴まぜそば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太・縮れ
具 チャーシュー、水菜、白髪ネギ、刻み海苔、魚粉、糸唐辛子、マヨネーズなど
2015/12/22 食す。 ★★★☆☆ 780円 評価について
30cmはあろうかという大きな黒い皿で提供される。お盆の煌びやかさも含めての演出なのだろう。さて、麺の下には色らしい色のないタレが、少しだけギラギラとしている。僅かに香ばしさを帯びたような塩味が比較的判りやすかったが、麺に絡めていただくと、意外に塩っ気が持ち上がってこなくて、油の香りが少しだけ重たく感じられる。極太の縮れ麺は長めで、適度な弾力と噛み応えがある。マヨネーズと魚粉が添えられていて、混ぜ合わせずにそれぞれ麺に絡ませていただいたが、期待した通りの変化。白髪ネギも水菜も、私には少しやかましく思える。豚バラチャーシューはスライスだが、一応味つき。鶏の方は、脂身のない部位が厚く使ってあって、胡椒が使われている他に味は付いてなくて淡白。海苔もこの太さで使う理由があるのだろうが、風味は期待したほどでもない。最後には全体を混ぜ合わせていただいたが、相乗効果が生まれることもなく食べ終わった。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
味噌らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太め・縮れ
具 チャーシュー×2、穂先メンマ、水菜、タマネギ、トマト、バターなど
2015/12/12 食す。 ★★★☆☆ 830円 評価について
大盛りサービスらしいが、私には関係のないことだ。結論から言うと、ある意味で身体にいいラーメンだと言える。スープの味噌辛さと塩辛さとで、飲み干す気になれない。後から喉が乾くのは目に見えている。口当たりはやや重ため。おそらく鶏白湯と同じスープを使っているだろうが、これだけ味が強ければ、下が鶏だろうが何だろうが伝わってこないだろう。太めの縮れ麺は、長さ20cmほど。少しプリっとしているが、スープを持ち上げて熱々。チャーシューは豚バラと鶏か。鶏の方は脂身がなく厚みがあるので、淡白な鶏の美味しさがあった・・・と思う。と言うのは、スープの味噌に塗り潰されていたからだ。このチャーシューを台代わりにバターが乗せられている。台がなくなればバターがスープに沈み、溶けはじめる。バターの塩気とコクが・・・と期待したが、スープの味の強さに成す術なし。つけ汁にしてもいい位の味の強さ。口に含んだコップの水で割ってちょうどいい位だった。
▼MENUへ / TOPへ▲
鶏白湯らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太め・ストレート
具 チャーシュー×1、穂先メンマ、水菜、タマネギ、トマト、食用花、スプラウトなど
2015/12/09 食す。 ★★★★☆ 780円 評価について
この7月1日からリニューアルをしたらしい。渋い銀色の盆に黒いいびつな丼ぶり。口縁は20cmほどだが、高台含め14cmほどの高さがある。食用の花が黄、スプラウトが紫、トマトが赤、水菜の緑・・・彩りも目で楽しむことが出来る。鶏を強く香ってないが、鶏の甘味と野菜の甘味が感じられ、全体としてはお上品。濃くはないが舌にはマイルドで、鶏の甘味を野菜の甘味で底上げしような印象も受ける。太めのストレート麺は、長さ20cmほど。ほどよく弾力があって、噛み応えも強くないが、このスープには合っている。チャーシューは鶏かな?厚みがあるが特に味はなく、淡白な肉の旨味を味わうことが出来る。穂先メンマも、これ位の太さだと存在感は希薄で、もったいないような気もする。黄色い花びらもスプラウトは見た目ほどのクセはなく、水菜は細かく刻んであって、少しばかりやかましい。その下によく火が通ったタマネギ。やさしい甘味がスープの旨味を増してくれる。何やら揚げたか焼いたものが添えてあるが、すぐに食感を失ってシナシナ。ビジュアルにこだわりすぎかな?女性的なラーメンだと思う。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太・縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、ネギ、ナルトなど
2015/06/24 食す。 ★★★★☆ 780円 評価について
どれくらい前だったかな?スープの仕様が変わるような張り紙も見たし、麺が変わるような張り紙も見た。オープン当初からすれば、かなり仕様が変わっているのだろう。同じ系列の店で何をいただいても、大府の味を連想することは少なくなった。軽く乳化したようなスープで、スープ自体たいして強くはなく、鶏なのか豚なのか?輪郭はハッキリしてない。味にしてもスープの色にしても、醤油でも塩でもどっちでもいいと思ってしまう。玉葱が刻んで使われている。甘味を感じる程度に火が通してあるが、噛み応えを残している。私の中では、あってもなくてもいいものだ。中太の縮れ麺は、やけにプリプリとしていて持続力がある。スープにたいして力を持て余しているようにも思える。ネギはパサパサなので、スープに沈めてからいただくのだが、このスープに対して薬味としては多すぎると思う。たまには大府まで食べに行くべきかな?ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
台湾味噌らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太
具 チャーシュー×1、辛ミンチ、メンマ、モヤシニラなど
2015/01/25 食す。 ★★★★☆ 880円 評価について
レンゲに流れ込むスープの動きの重たさから、スープの濃さが伺い知れる。案の定ヘビーなスープで、味噌辛いだけでなく調味料や香辛料の辛さも手伝って味が強い。台湾というからにはニンニクが使ってありそうなものだが、スープに香味野菜が使ってあるのだろうか?ジーンと口に残って、つけ汁にしてもいいくらいに味が強い。揚げネギみたいなものがスープに使ってあって、さりげない香ばしさがあるし、刻んだタマネギにはよく火が通っていて、ほんのりと甘味がある。少し縮れた中太麺は、ほどよい弾力と噛み応えがあって、スープの持ち上げがおそろしく良い。脂身少なめのチャーシューは、特に味もないのでスープに飲み込まれて食感のみ主張。モヤシが少々水っぽいが、このスープ相手なら許される。ミンチにはいろいろなスパイスが使われているのだろうが、山椒がかなり立っている。後からお腹に重たかったが、重たすぎることはない。濃くて味が強いので、仕上げ方がややジャンキーだけど、ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩台湾ラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 チャーシュー、ミンチ、ニラ、唐辛子など
2014/09/03 食す。 ★★★★☆ 830円 評価について
おそらく塩らーめんに手を加えたのだろうが、3年前にいただいたものとは仕様が違うようだ。辛ミンチや唐辛子のせいもあるが、スープが辛そうな色をしている。表層に広がる脂は厚いが、スープ自体は重くなく、それでいてコクはある。辛味に負けないだけの魚介の風味もあって好きな味だけど、脂が多すぎる。辛ミンチは、味噌は味噌でも奥行きのある辛さ。ここにニンニクが使われていたのだろう。食べている間は気にならないが、後から結構来る。このミンチをスープに溶くか、これだけをいただくかは食べる人次第。スープに溶くのなら、レンゲの中で溶かないとスープの素の味は失われてしまう。それさえも食べる人次第か?ニラは生のものが短く使われている。刻みタマネギは加熱してあってやわらか。中細のストレート麺は、長さ25cmほど。断面は長方形をしているが平打ちというほどではない。かたすぎず、シコシコとした食感。ちょっと割高感があるけど、ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
味噌ラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 チャーシュー×2、キクラゲ、モヤシ、ネギなど
2014/04/30 食す。 ★★★★☆ 800円 評価について
北海道と信州の味噌を使うらしいが、適度な濃度がありながらもコッテリというほどではなく、舌触りはなめらかでありながら、味にはメリハリがある。味噌辛さだけでなく舌にヒリヒリっと残るものもあって、スープそのものの旨味も味噌に負けずに伝わってくる。気が付けば汗がジワリジワリ・・・無意識の内にカウンターの下に手を伸ばしてティッシュを取っていた。モヤシやネギ、キクラゲの食感もいいものだが、麺をいただくのに少しばかり邪魔。特に短く刻んであるモヤシの扱いがよろしくない。チャーシューは軽く炙ってあるようだが、特に香ばしさがある訳でもなく、味の主張も強くはない。ゆるやかなウエーブを見せる太麺は、長さ30cmほど。もっちりとしたところがあって、かたすぎず、そしてスープとも合っている。やめておけばいいのにスープを飲み干してしまった。少しご飯があってもよかったかもしれない。久しぶりに美味しいを味噌ラーメンをいただいた。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
晴まぜそば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 チャーシュー、全卵、揚げ玉、ネギ、刻み海苔など
2014/01/28 食す。 ★★☆☆☆ 750円 評価について
まぜそば というより油そばに近い。麺の下には醤油を思わせる色をした液体。麺を引き上げてみれば極太の縮れ。麺がまとう味は、意外に醤油感が抑えめ。ムロアジ等を使うようなことが貼り出してあったが、それを知っていても、魚を見つけることが出来ない。ヌルヌルしてはいないが、脂の香りに食欲をそそるものがないだけでなく、少し重たさがある。麺自体は弾力に乏しく、かための噛み応え。長さ40cmほどだが、混ぜ方が悪かったのか?素直に持ち上がらない。揚げ玉がサクサクしているのは混ぜる前のこと。混ぜてしまえばシナシナになる。ネギはパサパサだが、混ぜてしまえばどうってことはない。全卵が落としてあるが、卵白が邪魔になって卵黄のコクや舌触りが活きていないし、チャーシューは片面を軽く炙ったものを棒切りにしたようだが、芯まで冷たい。食感を残す為に大きく切っているのだろうが、麺と混ざるものではない。後から胸焼けがして気分が悪い。とても晴レル屋直営店の味だとは思えなかった。
▼MENUへ / TOPへ▲
黒ゴマ味噌らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー×1、キャベツ、モヤシ、ヤングコーン、ネギ、唐辛子など
2012/01/29 食す。 ★★★★☆ 800円 評価について
スープに押し付けたレンゲに、ゆっくりとスープが流れ込んでくる。口にするまでもない・・・濃度があるのは一目瞭然だ。胡麻が勝っているのか?味噌が勝っているのか?と思いを巡らしながらスープを口にしてみれば、どちらも勝っていない。どちらも判るという絶妙なバランスの取り方だ。舌触りの重たさとは裏腹に、口当たりに重たさはない。キャベツの上に添えられた唐辛子がスープに馴染むまでもなく、ジーンと舌に残る辛味があり、スープ自体にもジンワリと奥行きが感じられる。麺は太麺と細麺から選ぶことが出来る。細ストレート麺は長さ30cmほど。ややかため。スープがスープなだけに、よく持ち上がってくる。軽く焼き色のついたチャーシューも、スープに呑まれながらも肉そのものの味がする。キャベツは生だったのかな?自然な甘味はよしとして、かたいところが宜しくない。ヤングコーンは食感を楽しむものか・・・クセのあるスープを相手にしても存在感がある。値段を気にしなければ・・・おもしろい一杯。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
つけ麺 しょうゆ
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太やや縮れ
具 チャーシュー、穂先メンマ、ナルト、ネギ、タネギ、唐辛子、海苔など
2012/01/22 食す。 ★★★★☆ 750円 評価について
初めての店でもないので、何もつけずに麺を一本だけ口にするという儀式は省略。つけ汁を口にしてみれば、まずは甘味。鶏が甘いというばかりでもないが、甘味が先行している。しかし、すぐにタレが前に出てきて、つけ汁らしく味は強め。尖っている訳ではないが、唐辛子の辛味もあってチクチクと舌に辛味が残る。魚介は強すぎない程度。鶏vs魚介という図式よりも甘味vs辛味の方が鮮明。以前よりも少し口当たりが軽くなったような気がする。極太の少し縮れた麺は長さ40cmほどと長め。冷やもりだと、コシが強すぎるのか?私が老いただけかもしれなが、あつもりにした方がよさそうだ。つけ汁の中にひと口サイズのチャーシューがいくつか。脂の甘味が目立つ。特筆すべきはメンマ。つけ汁の中には数本だが、麺の上には「これでもか!」と言わんばかりの穂先メンマ。適度に塩っ気を残していてメンマらしいシンプルな味。そして、穂先らしいザックリとした食感を楽しむことが出来る。この店だからハズレはない。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
お疲れつけ麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太やや縮れ
具 チャーシュー、キャベツ、ヤングコーン、刻みタマネギなど
2011/10/28 食す。 ★★★★☆ 750円 評価について
「お疲れつけ麺」のボタンを押してみれば、「おつカレーつけ麺」と書かれた食券が出てきた。鶏白湯の店だから、このカレーもきっと鶏白湯がベースになっているのだろう。トロミは強くないが、ご飯にかけるカレーとは少し趣が異なる。カレーがしっかり主張しているものの少し酸味があって、カレーに頼り切った味ではないところが憎い。気が付いたら、口の中で魚介を探していた。刻みタマネギが使われているが、辛味甘味は特に気にならない。極太の縮れ麺は40cm近い長さがあって、つけ汁の味の強さを受け止めるのには十分な噛み応えがある。麺をつけるのに邪魔になっているのは、長いまま使ってあるヤングコーン。食材の管理も大変だろうが、何かひとつ違うものが使ってあると妙に嬉しいものだ。他にも、大きく使われているキャベツや、ひと口サイズのチャーシューがゴロゴロ出てくる。麺は200gだったか・・・多いとは思わなかった。カレーというスパイスに頼りきってしまう店が多い中で・・・頑張っている方だと思う。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
台湾柚子まぜそば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太やや縮れ
具 ミンチ、卵黄、鷹の爪、レタス、刻みノリ、ネギ、胡麻、酢など
2011/09/30 食す。 ★★★☆☆ 850円 評価について
台湾にしても柚子にしても、期待した程に強い主張はなかった。麺には既に何やら和えてあるが、その下にはタレっぽいモノも少し見られる。私の中では甘辛い味噌のイメージがあって、ニンニクはジャンクと呼べる程には効いていない。口の中がチクチクする程の辛さがあるものの、額は少し汗ばむ程度。レタスもこの大きさだと混ぜるのに邪魔になるし、麺と一緒に口へ運ぶ訳にもいかないので、わざわざ別にいただくことになる。ミンチも思うように麺に絡まない。卵黄を割って麺に絡めていただけば、舌触りとコクを楽しむことが出来るが、刻みノリがかたまっていたのはたまたまだろうか?極太のストレート麺の断面は長方形をしていて長さ約40cm。お約束のように噛み応えがある。柚子の皮が大きく使ってあるが、意外にも他を塗りつぶすことはなかった。最後に酢を使いサッパリといただいたが、期待した程でもなかった。850円も払うのなら、もっと美味しいものがあるハズ。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩台湾つけめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太やや縮れ
具 ミンチ、花カツオ、ニラ、ネギ、タマネギ、胡麻、鷹の爪など
2011/03/09 食す。 ★★★★☆ 850円 評価について
少し前にいただいた塩台湾らーめんとは違い、唐辛子が別に出てくることはなく、つけ汁は最初から赤みを帯びている。おそらくは鶏白湯のハズだが、辛味のお陰で鶏が前に出てくることはない・・・と言っても味わえる程度の辛さだ。濃度もそこそこのもので、口当たりにも少し重たさがある。ニラは彩りのみだが、タマネギが大きく刻んで使ってあるので、食感として良いアクセントになっている。麺をつけて持ち上げると、胡麻やらミンチやらが一緒に持ち上がってくる。極太の少し縮れた麺は、かための歯応え。最初から何か和えてあるので、表面がなめらか。麺を持ち上げて下を覗いてみると、少し赤みを帯びたタレだか油だかが見られたが、つけ汁を口にした後では、正直言って味も香りもよく判らなかった。つけ汁には鷹の爪も使われているが、意を決して口にしたものの、期待した程の辛味はなかった。もっとニンニクが効いていると思ったのに、これなら昼から仕事にも行くことが出来る。この店はハズレがない。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩台湾らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 ミンチ、花カツオ、ネギ、タマネギなど
2010/11/05 食す。 ★★★★☆ 800円 評価について
ペースト状の唐辛子が別に出てきたので、お好みで辛味を調整することになる。まずはスープを口へ。舌触りに濃度を感じる程に動物系の旨味は十分。唐辛子とラー油を使うのか?攻撃的ではないが、気が付けば汗がジンワリ。それでも辛味より旨味の方が強いらしく、脂のコクを差し引いてもスープには重量感がある。中央の花カツオは、後付けながらも魚介の風味が口の中いっぱいに広がる。その下にはミンチ・・・挽きが細かくてジンワリ旨辛く、よく見てみるとニンニクの小片が使われているので、仕事の日の昼は要注意。ニラは生で使われていて、歯応えしっかり。タマネギを刻んだものも使ってあるが、こちらは少し歯に当たる。細めのストレート麺は、かための茹で加減だがクキクキとしない程度。スープも胡麻もよく持ち上げてくれる。ニンニクを避けるならミンチごと避けなければならないが、この日は食後のブレスケアが免罪符代わり。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太め・やや縮れ
具 チャーシュー、穂先メンマ、ナルト、水菜、タマネギ、バター、花カツオ、胡麻、海苔
2010/06/29 食す。 ★★★★☆ 750円 評価について
店主曰く、自信作ということだったので、遅ればせながらいただくことにした。少しは醤油を使ったような色をしたスープを口に含めば、ほどよい魚介の風味。ひと頃のような濃度はないが、動物系の旨味でコクもしっかりしている。一片のバターがスープに落としてあり、すぐに姿を消してしまうが、そこをわざわざ口にしない限りバターの存在を感じることもないか。塩か醤油か?判断に迷うものの、味にはカドがない。そこへ粒胡麻が食感を添え、胡椒がさりげなく・・・本当にさりげなく味を引き締めている。麺は長さ20cmから60cm超まで長さはバラバラ。いたずらにコシが強い麺ではないが、噛み応えはしっかりしている。スープに使ってあるタマネギに辛味はなく、食感がほどよく主張しているが、水菜が少しやかましかった。スープには他に花カツオも添えられている。さすが晴れやか!といったところ。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち・やや縮れ
具 チャーシュー×1、穂先メンマ、ナルト、水菜、タマネギ、糸唐辛子、海苔など
2010/06/03 食す。 ★★★★☆ 700円 評価について
店内をリニューアルしたらしく、テーブル席が増えていた。みよし市に晴天が出来たお陰か?ひと頃のような行列もない。スープを口に含んでみれば、しっかりとした魚介の風味と、鶏白湯の力強い旨味を醤油ダレの力でひとつに・・・といった感じ。ほどよく醤油が立っていて、口の中にヒリヒリと残る辛味もある。少し口当たりが重たいが、旨味が凝縮されていることの裏返しなので、安心感がある。ゆるやかなウェーブを描く麺は平打ちのやや縮れ。長さは50cm〜70cm?とバラツキがあるものの、総じて長め。スープを受け止めるのに十分な噛み応えがあり、素直に小麦の力が伝わってくる。チャーシューは厚さ5mmほどで、適度な噛み応え。メンマは穂先が使われている。タマネギの切り方が気持ち大きめだが、辛味はないので邪魔にはなっていない。スープが濃いのを忘れて飲み干していた。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩つけ(限定)
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太ストレート
具 チャーシュー、ジャガイモ、タマネギ、キザミノリ、花カツオ、バター、唐辛子、胡椒
2010/04/30 食す。 ★★★★☆ 800円 評価について
麺の上には花カツオと刻み海苔。つけ汁の表面には、胡椒に唐辛子に粒胡麻とバターと、ネギに白い脂身?などが見られる。つけ汁が先か?麺が先か?私の場合は常につけ汁を先に口にするが、鶏が甘いということもなく、期待したほど鶏トリしてもいないが、厚みは十分。塩は特別強いとは思わないが、胡椒や唐辛子の影響もあって、味にも締りがある。口の中に辛味の余韻が残るものの、汗が出ることはない。麺は極太ストレートで長さ40cmほど。欲張って麺をとると口の中がいっぱいになる。噛み応えのある強い麺だが、つけ汁とのバランスは申し分ないが、麺を一二度つければ唐辛子も胡椒もバターも散り散りになっていく。麺の下から、イモにタマネギ、チャーシューが姿を現すが、どれも1cm角。浮いている脂もチャーシューのものなのか。イモが意外に面白かったが、チャーシューは少し寂しい。しかし、相変わらず安心できる味。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
のりたまエッジつけ麺
ややこってり
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー、全卵、タマネギ、水菜、キザミノリなど
2009/05/17 食す。 ★★★★☆ 850円 評価について
この4月29日から13店で一斉に提供の始まったエッジ麺を使用したR.Q.P.(ラーメン・クオリティー・プロジェクト)。意地を張って全店回るつもりはないので近場で一杯だけ試してみることにしたが、断面がH型のようにくびれた太麺を使い、具を少しいじった他は変わりはないようだ。魚介の風味しっかりで動物系の旨味は力強く、醤油ダレでぶっとく味を調えて、唐辛子の辛味で味を引き締める。レンゲに流れ込むつけ汁の動きに濃度が見てとれるし、旨味を甘味として捉えることが出来る。ご自慢の太ストレート麺は長さ30cm程で、噛み応えには十分な力強さがあり、食べ応えがあるが、少しくびれている故にスープの持ち上げがよく、それによってスープと麺との一体感が向上するのと、舌触りに多少の面白みがある・・・と無理して分析したりもするが、知らずに口にすればただの太ストレート麺。つけ汁と麺の両方にタマネギが添えられているが、切り方が大きいのと、素材の甘味が活きているのが特徴。チャーシューは小さく切られ食べやすく、キザミノリは否応なく麺と一体となって、存分に風味を味わうことが出来る。全卵を麺に絡ませた時だけはマイルドな口当たりと卵黄のコクを堪能したかったので、つけ汁に麺を半分程しかつけずに口にするようにしたが、あとは気にすることなく上まで麺をつけて完食。嗚呼、言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
らーめん(全部入り)
ややこってり
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち・中太
具 チャーシュー×4〜5、穂先メンマ、煮玉子×1、ナルト、水菜、糸唐辛子、ノリ
2009/03/13 食す。★★★★☆1050円 評価について
開店して1週間だというのに、ピークを外しても店の前には長蛇の列。何度も行列に並びたくないという思いが、全部入りのボタンを押させた。ところ狭しと並べられた具のおかげで麺が見えない程。レンゲに流れ込むスープの動きにトロミが見て取れる。晴レルヤでは豚の旨味がメインだったものが、ここでは鶏の力強い旨味に魚介の風味を効かせて、醤油ダレで味で整えている。スープは軽くドロリとしていて濃度しっかり。当然のことながらコクもしっかりしている。ゆるやかなウエーブを見せている麺は平打ちの中太。麺を持ち上げてみると、スープがトロリトロリと下に伝っていく。スープの力強い旨味を受け止めるだけの噛み応えがある。穂先メンマは長く使われていて、ザックリとした独特の食感が面白い。チャーシューは厚さ1cm程。適度な噛み応えの中に肉そのものの旨味も十分。チャーシュー・メンマ共に全部入りともなると、なかなかのボリュームがある。煮玉子は丸のまま一個使われていて、箸で持っただけで黄身が半熟なのが判るが、割ってみれば黄身はトロトロ。水菜も結構な量があって正直やかましい位だが、その傍らの刻みタマネギは食感・辛味ともに存在感が薄かった。食後の唇のベタつき具合がスープの濃度を裏付けている。晴レルヤ・晴れやか・・・どちらも好きな味だが、どちらも行列が凄すぎる。スープを飲み干し、器をカウンターの上へ。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー
調査日:2015年1月25日 メニューについて
塩つけ(全部入り) 1180円 麺大盛 110円
塩つけ 830円
つけめん(全部入り) 1130円 チャーシュー多し 250円
つけめん 780円 メンマ多し 150円
塩台湾つけめん(全部入り) 1230円 味付け卵 110円
塩台湾つけめん 880円 細切れチャーシュー 100円
塩らーめん(全部入り) 1130円 のり多し 100円
塩らーめん 780円 ねぎ多し 100円
らーめん 1080円 台湾マヨ丼 350円
らーめん 730円 チャーシューマヨ丼 300円
塩台湾らーめん(全部入り) 1180円 ライス・ぞうすい 100円
塩台湾らーめん 830円 肉汁●餃子食べ放題 300円
晴まぜそば 780円 おつまみ炙り焼きチャーシュー 300円
台湾味噌らーめん 880円 アサヒスーパードライ 500円
味噌らーめん 830円

メニュー
調査日:2011年2月12日 メニューについて
塩つけ(全部入り) 1150円 麺大盛 100円
塩つけ 800円
つけめん(全部入り) 1100円 チャーシュー多し 250円
つけめん 750円 穂先メンマ多し 150円
赤つけ(全部入り) 1150円 半熟玉子 100円
赤つけ 800円 細切れチャーシュー 100円
塩台湾つけめん(全部入り) 1200円 のり多し 100円
塩台湾つけめん 850円 ねぎ多し 100円
究極の蟹つけ麺 950円
塩らーめん(全部入り) 1100円
塩らーめん 750円
らーめん(全部入り) 1050円 チャーシューマヨ丼 300円
らーめん 700円 ライス
塩台湾らーめん(全部入り) 1150円 おつまみ炙り焼きチャーシュー 300円
塩台湾らーめん 800円

メニュー
調査日:2009年3月13日 メニューについて
つけめん(全部入り) 1100円 チャーシュー 250円
つけめん 750円 メンマ 150円
らーめん(全部入り) 1050円 半熟味付玉子 100円
らーめん 700円 のり 100円
水菜 100円
各種麺大盛 100円
ライス 150円
半ライス 100円
ぞうすい 100円
ビール小 400円


HOMETOP