めんそうななや
麺創 なな家
メニューへFileNo1294
おすすめ度
サービス度
★について
http://raou.jp/shop/1294.htm
バーコード読み取り機能付携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報をメールに転送する場合はこちら→をクリック
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→

スープの種類について塩醤油担々麺味噌つけ麺冷麺

豊田市松ヶ枝町2-21-1 地図を表示
営業時間 11:30〜14:00,17:30〜22:30
定 休 日 月曜日
アクセス 名鉄三河線上挙母駅より約900m
客  席 カウンター:あり,テーブル:あり
駐 車 場 あり
電話番号 0565-42-2567 電話をかける際の注意
備  考 プレオープン:2009年4月29日
※営業日・営業時間等の情報は 2013.01.04現在のもの
禁 煙 水・お茶 ファミリー
券売機 × おしぼり カップル
無化調 - 新聞雑誌 車椅子 ×
自家製麺 × マンガ本 - 店舗詳細データについて
BGM ランチセット
ラーメン屋が退去したところに、またまたラーメン屋。相変わらず店内は広く、カウンターとテーブル席とでゆったりしている。ランチタイムにはご飯がついていて、コロッケも食べ放題?そんなことは問題ではない。彗星のように現れたこの店は、何をいただいても美味しい。



新・山六そば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太め・ストレート
具 チャーシュー×2、鶏肉団子、海老、メンマ、青菜など
2017/01/04 食す。 ★★★★☆ 850円 評価について
いつの間にかリニューアルして「新」の一文字を冠している。和出汁に鶏の旨味を合わせるようなことがメニューに書き添えられているので、必然的にそれに沿った味わい方をしてしまうが、活き活きとした魚介の風味に変わりはなく、スープの奥行きや厚みは格段に増した感はあるものの、以前のようなキレがない・・・と言うと、悪く書き立てているように思われるかもしれないが、この店は美味しいのが当たり前になっていることの裏返しみたいなもので、美味しいことに変わりはない。ただ、どちらが好きかは食べ手次第だ。太めのストレート麺は、長さ40cm程度。弾力があってやわらかめ。これでスープに合っていると思う。チャーシューには厚みがあって、適度な噛み応えがあり、肉そのものの旨味が素直。肉団子を揚げたようなものも、ほんのり生姜が感じられ、軟骨っぽいコリコリ感もさりげない。どう包丁を入れたものか?海老は螺旋状に反り返り、食感もかたすぎずプリプリとしている。お値段相応の満足感はあるが、イチオシとは言い難いか・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷しマタギそば 塩
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、煮玉子1/2、青菜、トマト、粒胡麻など
2016/08/27 食す。 ★★★★☆ 900円 評価について
本来は味噌仕立てだが、塩も出来ると知ってしまったら、考える余地は私にはない。スープをレンゲにとってみると、僅かにトロンとしているのが判る。口にしてみると、ところどころフルフルとした舌触りがあって、塩が判りやすいものの、植物性の油の香りもかなり頑張っている。スープにはジビエっぽい食材が使われているのだろうが、冷たいとそれが十分に伝わってこないのも事実。ただ、美味しいことは間違いない。中細のストレート麺は、適度に弾力を残していながら、噛み応えもかたすぎない程度。締めすぎる店が多いので、麺の食感にもありがたみがある。チャーシューは2枚。断面の表情が違うので二種類かな?イノシシはもちろん、鹿や鴨が使ってあってもおかしくないが、確かに肉の味は濃い。黄身がジュクジュクっと半熟状態の煮玉子には、スープの持ち味を損なわない程度の味がある。お値段に見合った美味しさがある。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷し中華そば「純朴」
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太ストレート
具 チャーシュー、メンマ、青菜など
2016/08/09 食す。 ★★★★☆ 780円 評価について
「純朴な少女の有様をラーメンで表象してみました」とメニューに書き添えてあったが、私の脳裏に少女が現れることはなかった。ただ、気が付けばスープを飲み干して完食・・・要は、美味しかったということだ。見るからに「醤油でございます」という色をしているが、味もその通りで、舌の上に気持よく醤油が立つ。そして、それに負けじと魚介もしっかり語りかけてくる。ほどよくヒンヤリとしたスープに広がる大きな水玉は、植物性の油なのだろう。コクを足してくれているのだろうが、口当たりは軽くスッキリとしている。中太のストレート麺は、長さ40cmほど。ほどよい弾力がありながら噛み応えもあって、喉越しもしなやか。チャーシューはまだほんのりピンク色を帯びているところもあって、肉そのものの味と香りが活きている。この上に添えてあるのは、牛蒡か何かを揚げたものだろうか?甘味と香ばしさがある。青菜は、ちょっとクセがあって正直言うと苦手。この青菜を除けば非の打ちどころなし。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
コーチン鶏そば 塩
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太ストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、鶏団子、青菜、ネギなど
2016/07/21 食す。 ★★★★☆ 750円 評価について
せめて醤油にしておけばいいのに、調べずに適当に頼むから被ってしまった。このラーメンには、白い丼ぶりがよく似合う。スープが美しく見える。澄んだスープは見た目通りにあっさりしている。私が鈍感なのかもしれないが、おぉ〜これが名古屋コーチンだよ!というほどのインパクトのある旨味はないが、和の余韻があって、スッキリとしている。塩は抑えめだが、その塩が意外に舌に残る。平打ちのストレート麺は、長さ40cmほどと長め。弾力があって、やわらかめ。しなやかな喉越しがあって、スープとの相性もいい。2枚のチャーシューは、スープを立てる為か?存在感は控えめ。静かに肉の旨味が伝わってくるのみ。鶏のつくねかな?細かな軟骨が入っているらしく、うるさくない程度に食感がある。丼ぶりからゴクゴクとスープを飲むと、胃にスーと染みていく。ガツガツといただくようなラーメンではない。お上品にいただく一杯。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
コーチン鶏そば 塩
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太ストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、鶏団子、青菜、ネギなど
2016/02/18 食す。 ★★★★☆ 750円 評価について
醤油と塩がある時、迷わず塩からいただくようにしている。スープの素顔がより判りやすいと思うからだ。黄色く澄んだスープは、白い丼ぶりがよく似合う。スープがより美しく見える。ふんわり鶏が香り、やさしい甘味がある。塩と鶏の甘味が拮抗しているのか?甘味を感じたり塩を感じたりするが、口に残る余韻は鶏のもの。脂の水玉が広がっているが、スープの口当たりは軽い。中太のストレート麺は、長さ40cmほど。見ようによっては平打ちに見える。しなやかでいて、適度の歯を押し返す力をもっていて、かたすぎることもない。チャーシューは脂身をほどほどに含み、さりげない香りが印象に残る。メンマはやわらかめ。クラシカルな味とでも言うのか?塩漬けメンマを店で戻しているのだろう。鶏肉の団子には細かな軟骨が入っているようだが、もう少し食感に主張があっても良かったと思う。奇をてらうことのない真面目な1杯。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
IEK
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、ほうれん草、海苔×2など
2015/10/17 食す。 ★★★★☆ 850円 評価について
この店で家系が食べられるとは思わなかった。しかも「IEK」を「いえけい」と読ませるのが面白い。「家系風」と書き添えてあるので、家系っぽく作っているのだろう。スープを口にしてみると、力強い動物系の旨味を鶏の甘味が牽引していて、鶏がビンビン伝わってくる。醤油ダレも強めで、マイルドさはなくて芯が通った硬派は印象る。そんなスープに無数の背脂が見られるが、中には箸でとれるほどの大きなものもある。太ストレート麺は、長さ23cm前後。ギュッと締まったような強めの噛み応えが、スープをしっかり受け止めている。チャーシューは厚みがあって、片面に焼色がついている。脂身はなく、ほどよい香ばしさがある。ほうれん草は軸の部分はなく葉の部分のみ。海苔が3枚でなくて2枚しかないが、店主にはどういう思惑があったのだろう?家系らしいドッシリ感があるのに重たくはなく、力任せになりがちな家系なのに、丁寧さが垣間見える。その分、中毒性は低いかもしれないけど、言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
参州マタギそば冷やし
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太ストレート
具 チャーシュー×3、メンマ、煮玉子1/2、青菜など
2015/08/02 食す。 ★★★★☆ 900円 評価について
IEKが気になるところだが、参州またぎそばの冷しを見てしまったからには、頼まない訳にはいかない。手作りっぽい歪な形状の丼ぶりに盛りつけられて登場。レンゲに流れ込むスープの動きに濃度が見て取れる。冷たいながらに十分な旨味がある。チャーシューが猪または鹿肉というからには、スープに使うガラも豚や鶏ではないハズ。スープの味が強くないだけに、スープの旨味にも独特の奥行きがあって、味わい深いものがある。中太のストレート麺は、長さ40cmほど。締めすぎることなくほどよい弾力があって、スープの持ち上げも良い。チャーシューと呼ぶのは申し訳ない・・・この日は猪だったか。香ばしさがありながら、それに負けない肉の旨味と風味があって、これはまさしくジビエ。メンマも脇役とは言え、スープに負けない、そしてスープを負かすことのないいい味が付いている。煮玉子は黄身がシットリ。メンマ同様に白身にもいい味が付いている。完食をもって店主に応えるしかない。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
煮干し油そば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×2、海老、キャベツ、モヤシ、水菜など
2015/03/25 食す。 ★★★★☆ 830円 評価について
想像していたよりも美しい。グリーンの濃淡に海老がよく映えている。麺の下にあるのが油ダレなのだろうが、レンゲになみなみと取れるほどの量がある。そのまま口にふくむと、ひと口目には苦味を覚えるほどに煮干が効いていて、言い方を変えればエグいほど。もちろん私はこういうの好きなので苦にならないが、少しだけ食べ手を選ぶと思う。油そばという割に油は多くない。まぜそばと呼ぶには具が大きいので、私の中では和えそば。味としては醤油。背脂が少し味のカドを落としているのだろうが、それでもまだ麺をつけていただくのに十分な味の強さがある。極太の縮れ麺は、長さ20cmほど。弾力は抑えめで、噛み応えは強め。少しゴワゴワした感がある。モヤシはいい匂いがして、キャベツにはやさしい甘味がある。2枚のチャーシューは、片面だけ焼き色が付いていて、味こそ強くないが、ほどよい香ばしさがある。途中で一度だけ鋭い辛味を感じたが、あれは何だったんだろう?油ダレ?がたくさん残ったのが気になるが、食べさせる力は十分。私には量が多かったようで、後からお腹が重たかった。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
山六
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×1、海老、煮玉子1/2、水菜など
2015/01/23 食す。 ★★★★★ 880円 評価について
初めていただいたのは5年以上前のことだが、当時700円だったものが今では880円。しかし、美味しいと判っているので躊躇はなかった。なんて言うんだろう?押し寄せる魚の群れ・・・口の中に広がる魚介の風味は活き活きとしており、とても力強い。日本人に生まれてきて良かったぁ〜と思う瞬間だ。申し訳程度に油がうっすらと広がっているが口当たりは軽く、スープはあっさりとしている。もっと味が強かった印象があるが、カツオが主役であることが判りやすい。中細のストレート麺は、長さ40cmほどとやや長め。麺だけを捉えると少々ゆるく感じてしまうところだが、スープと合せて捉えるとバランスが取れていることが判る。スープの味をよく持ち上げてくれる・・・そう主役はスープだ。チャーシューは味が控えめで、肉そのものの味を楽しむことが出来る。煮玉子は黄身がトロットロ。塩味が強めなので、少しばかりでしゃばっている。海老は火の通り方が絶妙。独特のプリプリとした食感が活きている。スープを飲み干さずにいられない。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
参州マタギそば・プレミアム
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細め・ストレート
具 チャーシュー×3、穂先メンマ、煮玉子1/2、水菜、ネギなど
2014/10/26 食す。 ★★★★☆ 900円 評価について
長い名前だが、参州の意味するところは三河・・・つまり豊田市で、マタギは狩猟を行う者。猪の骨をスープに使い、猪の肉をチャーシューに使うジビエラーメンとメニューに書き添えてあるので、おそらく豊田近隣で捕れた猪を使うのだろう。スープは白湯ではなくて清湯。期待したほどワイルドなイメージはなく、和の気配が見え隠れする繊細なスープ。口当たりも軽めで、塩と言われれば塩だし、醤油だと言われれば醤油。少しばかり、味わう姿勢を求められる。細ストレート麺は30cm半ば。しなやかさと歯切れの良さを合わせ持っている。低温で調理したという猪チャーシューには厚みははないが、かたいのではなくて噛み応えがある。味も控えめで肉の旨味はしっかりしている。しめじと水菜はさておき、穂先メンマには味が付いる。煮玉子は黄身がジュクジュクとしているが、白身に染みる味がおとなしい。野趣あふれる・・・とまではいかないが、ひと味違ったラーメン。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やし赤出し中華
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細め・ストレート
具 チャーシュー、メンマ、青菜、ネギなど
2014/08/26 食す。 ★★★★☆ 800円 評価について
今年で4年目ということは2010年から提供しているのだろうが、いただくのはこの日が初めてだった。見るからに赤味噌を使ったと思われるスープに、油の大きな水玉模様が広がっている。レンゲに吸い込まれるように油の水玉が流れこんでくるが、特に風味などの主張はない。味噌辛さは強すぎず、それでいて真っ直ぐ。一般的な味噌ラーメンとは違い引き算の必要がない位に、味噌を堪能することが出来る。七味かな?唐辛子が散らしてあるが、これがまた味噌とよく合う。ストレートの細麺は、長さ35cm前後。かたすぎず、ほどよい弾力があるところが憎い。最近は締めてなくても麺がかたいところが多過ぎる。チャーシュー・・・と呼んでいいものだろうか?厚めの肉に衣をつけて揚げたものが添えてある。肉の持ち味よりも衣から放たれる脂の風味とコクの方が前に出ているが、脂身もほとんどないのに驚くほどやわらかい。今更だけど、この店は他の店にないものを持っている。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
こってり鶏そば
ややこってり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細め・ストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、水菜、海苔など
2014/01/21 食す。 ★★★★☆ 800円 評価について
白い器の中は、予想通り鶏白湯。どこまでコッテリさせるのかは店主のセンス次第となるが、私の中ではややこってり。鶏の旨味・甘味は十分に感じられ、必要以上に重たくないながらも舌に適度な濃度が感じられる。ひと口スープを口にしただけで、敬意を払っていただくべき一杯であると理解した。はじめの内だけ味が強めに感じられたが、食べ進むとそれも気にならなくなり、鶏の旨味・甘味を堪能することができる。細めのストレート麺は、長さ30cmほど。食感としてはかためで、細麺ならではのスープの持ち上げの良さもある。ゆっくりいただく麺ではないようだが、180gと量が多いので私としては嬉しくない。ふた切れのチャーシューには5mmを超える厚みがありながら、おどろくほどにやわらか。メンマも、ザックリとした歯応えを楽しむことができる。水菜も、この使い方ならスープに散り散りになることはなく、スープの持ち味を損なうこともない。スープを飲み干すと後からお腹に重たそう・・・と判っていても、スープを飲み干したくなる。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
鶏そば あっさり塩味
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・ストレート
具 チャーシュー×1、肉団子、メンマ、青菜、ネギなど
2013/10/11 食す。 ★★★☆☆ 750円 評価について
うっすら脂が広がり、口当たりは軽め。名古屋コーチンを使うというだけあって、鶏がふんわり香っているが、鶏が甘いというほどでもない。塩は控えめで、研ぎ澄ました〜と言いたいところだが、味わうという姿勢が少し求められる。ネギも数えるほどしか見られない。薬味がスープの持ち味を殺しかねないのだろう。中細麺は、長さ30cm程度。ほどよい弾力と噛み応えがあるが、スープとの一体感は今ひとつ。味を調整したくなって卓上の辣油を使ってみたが、このラーメンには合わないようで辛味が目立った。チャーシューは、味が控えめなので肉そのものの味が活きている。その傍らに肉団子。使われているのは鶏肉か?少し軟骨が入っていて、やかましくない程度に食感がコリコリしている。丁寧に作られたラーメンであることは伝わってくるけれど、最近この店と合わなくなってきたのかな?判りにくくて好きにはなれない味だけど、ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷し山六そば
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太・縮れ
具 チャーシュー、海老、煮玉子1/2、青菜、ワサビなど
2013/07/07 食す。 ★★★★☆ 880円 評価について
この店には、ついつい期待してしまうが、たまには期待が先走ることもある。まずはスープ。冷たいながらに十分すぎるほどにカツオが効いていて、清々しさを覚えるほど。チャーシューの脂の他に脂は見られず、口当たりも軽い。中太のストレート麺は、長さ25cmほど。シコシコとはしていなくて、食感はかため。グキグキというのも大袈裟だが、スープの持ち上げがよくないので、あとからスープを口に含み直したくもなる。麺がやけに多く見えたのは気のせいだったのだろうか?スープと麺に一体感がないと、麺をいただくのがつらい。豚と鶏かな?二種類のチャーシューが使われていて、特筆すべきは鶏。脂身はなくきめこまかな肉質。味らしい味はなく、あっさりとしている。玉子は黄身がしっとり。味がついてはいるのだろうが、スープを味わう妨げになることはない。生魚を口にしない私にとって、ワサビは馴染みが薄い。レンゲにとったスープに、箸の先でちょっことだけ試してみたが、鼻でさりげなく気配を感じる程度ならいいと思う。他の冷しメニューに期待したい。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷し中華 黒鯛
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太・縮れ
具 チャーシュー、魚のほぐし身、海老、錦糸玉子、ワカメ、キュウリなど
2013/06/26 食す。 ★★★★☆ 900円 評価について
鉢状の器に、立体的に盛り付けられている。まず目を引くのが大量に使われている細くほぐしたようなもの。口にしてみると、魚介の独特な深みのある旨味が舌に広がる。続いて麺の下を覗いてみると、少量の醤油っぽい色をしたタレ。冷し中華にありがちなベシャベシャに甘酸っぱい醤油ダレではなくて、醤油も強くなければ酸味も抑えめ。甘味がないので、先ほどの黒鯛の身の旨味と風味が移って独特の味わい。極太の縮れ麺は、長さ30cmほど。何やら練りこんであって、もっちりとした中にも噛み応えがあるが、けっして強すぎることはない。ただ、噛み応えがあるので、ゆっくりいただきたいのだが、麺が多く見えるのは気のせいだろうか?チャーシューは、肉の旨味がしっかり。錦糸玉子も、気のせいか?玉子の味が濃く感じられた。酢橘かな?取り出して絞るというのがいただけないが、酸味が増して、さわやか&さっぱり。少しばかり値が張るが、他店にはない独創的な一杯。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
和風坦坦麺
ややこってり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細め・ストレート
具 ミンチ、カイワレなど
2013/02/08 食す。 ★★★★☆ 800円 評価について
スープから立ち上がるのは山椒の香り。辛味に期待しながらスープを口にしたが、舌にヒリヒリ残るものの山椒の辛さは判る程度。やわらかは胡麻のコクにほどよい辛味。どこに使ってあるのか柚子の香りがさりげない。脂が目に付くが、結構な量の練り胡麻が使ってあるようで、口当たりが少し重たい。中細のストレート麺は長さ30cm程度。麺だけを捉えればやわらかめだが、スープと合わせて捉えれば許容範囲内。細いなりにスープを持ち上げてくれるが、もっとスープを味わいたくて、麺を追いかけるようにレンゲでスープを口に含む。ミンチには強い辛味はないが、スープに負けないだけの深い味がついている。私の苦手食材カイワレも、このスープの中では独特の辛味が気になることはなかった。やめておけばいいのにスープを飲み干したら、後からお腹が重たかった。ラーメン屋の担々麺としては洗練されている。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
なな家そば 塩
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細め・ストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、海苔、カイワレ、ネギなど
2013/01/03 食す。 ★★★★☆ 700円 評価について
こういうスープには白い器がよく似合う。やさしく香る魚介の風味に期待を寄せて、小振りなレンゲを左手にもってスープを口へ。塩は判る程度だが魚介の風味も強くなく、スープの口当たりも軽め。全体としては、ふんわりとしたイメージがある。もっとダシを前に押し出してきているだろうという思っていただけに意外だった。麺は細めのストレートで、長さ30cm程度。気持ちかための歯応えだが、スープと一体になりきれてない・・・ような気がする。ネギとカイワレが添えてあるが、ネギは申し訳程度。ネギが多ければ、スープの風味が抑えこまれていたかもしれないが、カイワレの独特の辛味を好きでない人もいるハズ・・・私のように。チャーシューには、意外に噛み応えがあって、味が控えめということもあって肉そのものの味と風味が活きている。メンマには、和を思わせる味がついていて、さりげない仕事ぶりが伺える。悪くないけど、この店では後回しにしてもいいかな。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
ダシかけ冷し中華
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 豚肉、金糸玉子・・・というか玉子焼き、キュウリ、生姜、刻み海苔、トマトなど
2012/07/14 食す。 ★★★★☆ 840円 評価について
「山六そばの倍のダシ」、「玉子、キュウリ、ハムの三種の神器」、「柚子果汁に蜂蜜」、「低温調理の豚肉」、「ちらし寿司」など・・・いつものことながら、メニューに多くの言葉が添えられている。氷は見られず、ほどよくヒンヤリ。期待したほどにダシが活きていないが、スープ然としたものが麺の下に多めに見られる。柚子の酸味と風味は判る程度なので、すべてを塗り潰すことはなく、蜂蜜の甘味も強くはない。塩仕立てらしいが、味も強くない。麺は中細のストレートで、プリプリとかための食感。この麺に具が絡みついてこないのは、店主の計算なのだろう・・・混ぜても意味はないハズだ。金糸玉子は1.5cm角ほどの大きさに切られ、キュウリも輪切り。低温調理の豚肉も大きめに使われていて、ほんのりとピンク色をしている。やわらかさの中にも適度な弾力があるし、他店で目にすることはまずない。海苔と生姜が辛うじて麺に絡みついてくるが、生姜のさわやかな辛さが印象的だった。最後まで箸をつけずにおいたのは海老。直径3cmほどに丸まっているが、独特の食感が活きていた。とても上品な冷やし中華。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
味噌ラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、ネギ、海苔など
2012/02/09 食す。 ★★★★☆ 750円 評価について
まだ味噌をいただいていなかったなんて、自分でも信じられなかった。スープの表情を見る限り、清湯ではないのだろう。味噌そのものは強すぎることなく、唐辛子がさりげなく辛味を加えている。魚介も少しは使うのだろうか?脂も見られるものの口当たりに重たさはなく、味噌汁とは少し異なるけど、その延長線上で捉えたくもなるものも持っている。中細のストレート麺は長さ30cmほどで、食感はかため。たまたま持ち上げた一本が、チャーシューの下にあったようで、香ばしさを帯びている。チャーシューには1cmほどの厚みがあるが、脂身のお陰もあってやわらか。それでいて厚みからくる噛み応えもあるし、軽く焼き色がついていて香ばしさもある。メンマは相変わらずやわらか。青菜は茹でた水菜を絞ったものか?味らしい味はついていない。丁寧な仕事ぶりは伝わってくるけど、この店では他にもっと美味しいラーメンがある。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
魚貝ラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太ストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、ネギ、海苔など
2012/01/06 食す。 ★★★★☆ 800円 評価について
「かきとアジ 又はサワラ」とメニューに書き添えられている。魚貝ペーストという響きに、さぞかし濃厚な魚貝の旨味・・・あるいはクセがあるかと思いきや、普通にお魚のラーメン。軽い動物系のスープに魚貝が加わったというイメージで、味もスープを見たままのイメージ。特に濃いという訳でもなく、脂が見られるものの口当たりも軽め。この店のラーメンだから、美味しいに決まっているけどインパクトはない。中太のストレート麺は、断面が四角形をしている。かための噛み応えだが、スープを負かすことはない。軽く焼き色が付いたチャーシューは1cmとまではいかないが、結構な厚み。強い味はついていないので、ちゃんと肉の味が伝わってくる。海苔の辺りに唐辛子が使われているらしく、磯の香りと共に舌先がチクチクするようになる。さりげないひと手間に好感を持つことが出来る。美味しいけれど、私は山六そばの方が好きだ。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
超辛・ラー醤麺
ややこってり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・ストレート
具 チャーシュー×1、蝦、ほうれん草、モヤシなど
2011/08/05 食す。 ★★★☆☆ 800円 評価について
かけつけ3杯・・・レンゲでスープを口にしてみれば、油が目に付くこともあって口当たりは重め。とは言っても、しつこいような重たさはない。辛さは相当なもので、唇がジンジンと疼き、喉の奥がチクチクと痛み、すぐに汗が流れ落ちるようになるが、辛味の奥に甘味も感じられるので、攻撃的な辛さの割に味わうという部分を辛うじて残している。ゆるやかなウエーブを見せている中細麺は長さ30cm程。プリプリとした舌触りが特徴的で、スープが辛い割い麺はややかため。店内には三河屋製麺と書かれた麺箱を見ることがで着る。チャーシューには厚みがあって、スープの辛さに負けないだけの味がついている。クルンとまるまったエビは、独特の甘味と食感を楽しむことが出来る。モヤシにヒゲ根が目立つのが残念だが、この味のなさが舌を癒してくれる。唐辛子の種に混じって、ニンニクのみじん切りも見られるが、スープの底には何が沈んでいるのだろう。辛さのお陰で、この店らしさが失われているが、中途半端に辛いよりは良いか。デトックス効果抜群?後から大変なことが・・・
▼MENUへ / TOPへ▲
冷つけ麺 二種の汁(並盛)
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細め・ストレート
具 豚しゃぶ肉、大葉、昆布、胡麻、いわし梅、わさび海苔など
2011/07/08 食す。 ★★★★★ 800円 評価について
ひと口に言ってしまえば、他の店にない味。麺が220gでも300gでも値段が変わらないのなら、迷わず300gにすべきだ。全粒粉麺を使うらしく、小麦がほんのりと香っている。細めのストレート麺だが、締めすぎず、冷たすぎず、かたすぎることもなく、気のせいか?ほんのりと温かいところもと思ったら、まだ豚肉がほんのりと温かい。塩のつけ汁は、塩は判る程度ながらに昆布の甘味がよく効いていて、旨味も期待以上のもの。醤油の方も、ほどよく醤油が立っているところに昆布がしっかりと主張。塩にしても醤油にしても、麺がちゃんと味を持ち上げてくれるので、麺がみるみる減っていく。豚しゃぶ肉は湯通ししただけ。特に味はないが、あっさりしているし豚肉らしさも伝わってくる。そして、大葉が麺や豚肉と一緒に口の中に入ると、独特の清々しさが口の中に広がる。赤いものと緑色をしたものが薬味として添えてあるが、赤い方が鰯梅で、緑の方が山葵海苔とのこと。それぞれ独特の酸味・辛味に旨味が加わっているが、一度にたくさんは使わない方が良い。これは美味しかった。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
つけ麺 黒
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち・中太
具 チャーシュー、煮玉子1/2、ネギ、海苔など
2011/02/19 食す。 ★★★★☆ 750円 評価について
同じつけ麺でも、白は鶏白湯に芋ポタージュ+太麺で、黒は鶏清湯に甘汁返し+平打ち麺と、対極的な違いがある。鶏清湯とは言うものの、つけ汁が澄んでいる訳ではなく、タレの味と魚介の風味に抑えられて鶏は前に出てきていない。そのまま飲める程度の味の強さだが、どこかしら甘味があり、さりげない辛味で味を引き締めているところに、力強い魚介の風味。清湯というだけあって、口当たりに重たさはないが、平打ちの麺が味をよく持ち上げてくれる。巾5mmない位のストレート麺は、噛み応えに強さこそないものの、つけ汁を受け止めるのには十分。平打ちならではの舌触りの面白さがある。チャーシューは、つけ汁の中と麺の上にひとつずつ。味付けが控えめな為、脂の甘味がよく伝わってくる。玉子には何やら味が付いていたようだが、つけ汁に遠慮気味。黄身は芯だけトロリとしていた。バランス的には白より黒。周りがニンニク臭いのをどうにかして欲しいところだが、それを差し引いても十分に満足。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
つけ麺 白
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太・やや縮れ
具 チャーシュー、煮玉子1/2、海苔など
2011/02/12 食す。 ★★★★☆ 750円 評価について
鶏白湯+芋ポタージュ・・・みたいないことが、メニューに書き添えてある。つけ汁をレンゲにとって口に含んでみれば、鶏トリしている訳でもないがコクは十分。少し舌にまとわりつくようなところもあるが、ドロドロしてはいない。ふんわりと芋が香り、魚介の風味も出しゃばらない程度。味としては醤油なのだろうが、そのまま飲むには味がやや強めというレベル。極太の縮れ麺は、一度は何もつけずに口にしたい。ひやもりで提供され、強い噛み応えがあるのは良いが、つけ汁の味を期待したほど持ち上げてくれないところをみると、芋の持ち味や香りを殺さないようにとタレが遠慮したのだろうか。つけ汁の中にはひと口サイズのチャーシューやらネギやらに混じって、山芋の小片も無数に見られる。麺の上にのるチャーシューには1cm近い厚みがあり、さりげない香ばしさを帯びている。つけ汁が麺に絡むようにして欲しいところだが、他の店で見たことのない作りに感服。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
梅乃七二郎
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 唐揚げ×4、モヤシ、キャベツ、大葉、鰯の梅煮ペースト、キザミニンニクなど
2010/12/30 食す。 ★★★★☆ 880円 評価について
二郎のコンセプトに、魚介だ!梅だ!唐揚げだ!と、味も風味もボリュームもパワー全開。これ一杯で何kcalあるか知っていたら、食べなかったかもしれない。背脂ただようスープは、二郎+魚介の旨味と風味とで、風味もコクもしっかり。いわしの梅煮をペースト状にしたものが酸味と旨味を、刻みニンニクが辛味と風味とをスープに加え、食べ進むにつれてスープの味が深まっていく。特に酸味はハッキリしていて、二郎系であることを忘れてしまう程。いわしの梅煮ペーストは、スープに溶いても良いし、麺に絡めても良い。モヤシの食感はシャキシャキ。厨房には「伊吹モヤシ」と書かれたビニール袋が積みあげられている。唐揚げは4つ。わざわざ店で揚げているのだろうか?カリカリの食感も良いが、肉にも食べ応えがある。大葉の清々しい風味も二郎らしさを忘れさせてくれるひとつの要素だが、カロリーオーバーは必至だ。モヤシの山の一角をやっつけると、ストレートの太麺が姿を現す。240gという量と具のボリュームとで、最初の内は素直に持ち上がらないが、スープを受け止めるだけの力を持っている。悔しいけれど美味しいよ。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
七二郎
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー×2、モヤシ、キャベツ、キザミニンニクなど
2010/12/05 食す。 ★★★★☆ 880円 評価について
二郎のコンセプトを無化調でというのも凄いが、この店でこのワイルドさも予想外。レンゲで野菜をかき分けてスープを口へ。煮干しと魚醤を使ったイワシ尽くし・・・という謳い文句は伊達ではなく、魚介の風味には力強いものがあるが、えぐみを感じる人もいるだろうというレベル。魚醤を使うというからには醤油と思っていいのだろうが、下のスープも十分な力を持っていて、無化調とは思えないコクがある。そこへ大きな背脂がフルフルとした舌触りと甘味を添えている。ストレートの太麺は240g。イタズラに麺が強い店もあるが、この店では必要以上に強くはない。食べ進むにつれ麺が力を失うのはやむを得ないことだが、それでもバランスが大きく崩れることはない。ニンニクの量を確認されたので、少しだけと御願いしたが、かなりの量のキザミニンニクがモヤシの上に座っている。避けることも出来ず徐々にスープに馴染み、辛味と風味がスープ全体に行き渡っていく。150gという野菜も大半がモヤシ。ヒゲ根は見られないが、香り・食感ともに光るところはない。圧巻なのはチャーシュー。厚さは1cm程で、片面に焼き色が付いている。ほどよく香ばしく、味わい深いものがある。ニンニク抜きなら何回でも・・・と思う程の回帰性がある。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷おかはちそば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー、パイナップル、トマト、ししとう、モヤシなど
2010/08/31 食す。 ★★★☆☆ 880円 評価について
八丁味噌を使っていることと冷製であることがメニューから読み取れるが、つけ麺なのかラーメンなのか、和えそば、油そばなのかは判らなかった。運ばれてきた渋い色の器の中を覗いてみれば、パイナップルの黄色にトマトの赤色、ししとうの緑と彩りがある。麺が見えない程の具をかきわけて麺を持ち上げてみれば、なにか和えてある様子はない。底の方から何度も麺を持ち上げると味噌を思わせる色が持ち上がってくるようになるので、スタイルとしては和えそばだ。八丁味噌独特のえぐみはなく、甘味がありながらも辛味もある。太縮れ麺には噛み応えがあり、味噌の力強さを受け止めるのには十分。味噌の力強さを中和してくれるのがパイナップルの甘酸っぱさ。チャーシューはひと口サイズながらに肉の旨味もしっかり。ししとうは香りが今ひとつ・・・軽く焼き色を付けて欲しいところだ。モヤシを除けば、具はどれも麺との一体になることはないので、わざわざ口にしなければならない。もっと味噌ミソしていても良かったかな?これもあり!ということで、ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
青の辛味 冷し和えそば
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち・太麺・やや縮れ
具 チャーシュー×3、煮玉子1/2、、青海苔、水菜、モヤシ、紫蘇の実など
2010/08/25 食す。 ★★★★☆ 850円 評価について
浅めの器が皿に乗せられ運ばれてきた。数個の大きな油の水玉が広がるスープには透明感がある。レンゲにとって口にしてみれば、魚介の風味に続いて辛味がピリピリ・・・それがチクチクとした刺激に変わる。山葵が苦手な私でも楽しめる程度の刺激で、鼻に抜けるモノはない。青唐辛子も使うらしいが少し汗ばむ程度で、魚介の風味とスープの持ち味を損なうこともない。また、油も特に主張していないので、口当たりはアッサリしている。麺を持ち上げる青海苔がスープに広がる。生の青海苔が麺に和えてあるようだが、期待した程の風味はない。平打ちの太麺は少し縮れが入っていて、舌触りを楽しむことが出来るし、スープを受け止めるだけの噛み応えもある。具の中で異彩を放っているのが紫蘇の実。漬け物なのかな?実が弾ける際の食感が面白い。3枚のチャーシューは味が控えめということもあり、肉そのものの旨味が判りやすい。これだけスープがあれば、立派な冷たいラーメン。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
つけ麺・改
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太め・やや縮れ
具 チャーシュー、煮玉子1/2、海苔など
2010/08/15 食す。 ★★★★☆ 750円 評価について
メニューから引用させていただくと、「鶏白湯+里芋ペースト+柑橘オイルのつけ汁」ということで、以前のつけ麺とは仕様が違うらしい。まずはつけ汁だが、少しトロミがあるのも手伝って熱々。鶏はそれほど強いとは思わないが、先入観からか?里芋らしさが伺える。醤油ダレで味を調えているのだろうが、鶏と里芋のお陰で味にやさしさがある。唐辛子と魚粉が全体に馴染んでいくに従い、味が締まり風味も増す。辛味にしても魚介の風味にしても出しゃばってはいないが、柑橘オイルは、よく判らなかった。麺は太めのやや縮れで長さ30cm程。強すぎず、それでいてつけ汁を受け止めるのに十分な噛み応えがある。つけ汁の中に潜むチャーシューは熱々。麺にも添えられたチャーシューは、味控えめながら香ばしさが強め。煮玉子は黄身の中央だけがトロリ。白身にはやさしい味が付いている。力任せなつけ麺よりは好きだけど、この店では後回しにすべきかな。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷し中華そば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太縮れ
具 鶏肉×3、メンマ、煮玉子1/2、ほうれん草、海苔など
2010/07/27 食す。 ★★★★☆ 800円 評価について
ほんのり黄色みを帯びて見えるスープに、油の大きな水玉模様が広がる。まずはレンゲでスープを口へ。トロンとした舌触りと共に口の中に広がる魚介の風味。ひんやり冷たいながらも、魚介の風味に負けないだけの旨味があり、塩・・・とは言い切らないが、味はそれほど強くはない。メニューには、「軽いジュレ状のスープ」と書かれている。平打ちの太縮れ麺は長さ40cmほど。締めすぎず、それでいて十分な噛み応えがあり、言うまでもないがスープをよく持ち上げてくれる。大きな鶏肉が三切れ使われている。白いと言ってしまえばそれまでだが、ほんのりピンク色に見える程に絶妙な火の通り方・・・どうやら低温で調理をしたものらしい。脂身はなく味は控えめ。1cm近い厚みがあるが、とてもやわらかい。煮玉子は黄身の芯だけがトロリ。スープを引き立てる程度に味が付いている。ひと口目は感動の味だった。途中で味が欲しくなったが、言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
玉子と柚子の爽快!辛麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー、椎茸、海老、肉団子など
2010/02/07 食す。 ★★★★☆ 900円 評価について
見るからに辛そうだが、まずは柚子の香り。スープを口にしてみれば、まっすぐな辛味。柚子の香りも手伝って辛味も爽快だが、胡椒も使うらしく、口の中が熱さに敏感になっている。茶碗蒸し仕立て・・・と書き添えられているが、玉子がプルンプルンになっている訳ではなく、チリチリの状態。上から下まで均一感があるからには、十分な量の玉子を使ったことは間違いない。ふわりとした口当たりだが、私の中では茶碗蒸しぽくはない。椎茸、海老、肉団子、チャーシューなどが使われているが、椎茸と海老が茶碗蒸しっぽい。椎茸は味わい深く、海老はプリップリの歯応えと独特の甘味がある。肉団子も僅かに使われているナンコツの歯応えが良いアクセントになっている。その反面、チャーシューが茶碗蒸しっぽくない。厚みがあるのは良いが、炙るらしくて香ばしさがある。この香ばしさが少しばかり自己主張している。麺は細ストレート。思ったほど玉子を持ち上げてくれないが、歯応えとしてはかため。辛味がやや強めで、汗がジワリ・・・タラリ。しかし上品さがある。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
す・が・き・や
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細やや縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、ほうれん草、ネギなど
2009/12/27 食す。 ★★★★☆ 750円 評価について
まるでスガキヤ・・・と言われるのを嫌う店主の話は耳にするが、その逆は珍しい。和風豚骨と言われる魚介の風味が効いた軽いイメージのスープを、この店の食材で店主のイメージから再現したものがこの一杯。スープには一部に膜が張っているのも見られるが、オイルレス鶏白湯と言う割に口当たりに程よい重たさがある。山六ダシを使うというだけあって魚介の風味には力強さがあり、スープが胃に落ちた後の口の中に香りの余韻が残る。タレは醤油なのだろうが味にカドがあるハズもなく、少量の胡椒で味を引き締めている。中細のストレート麺は喉越ししなやか。茹で時間を調整したのか?たまたまか?麺が違うのか?バランスの問題なのか?今までの麺より少しやわらかく感じられる。チャーシューはやわらか。味も強くないので脂身の甘味が判りやすい。1cm角ほどの太さに切られたメンマは歯応えザクザク。ほうれん草には特に味は付いていない。スガキヤをどう捉えるかは人それぞれ。スープに厚みがあるのは良いことだが、それがスガキヤらしくない。でも好きな味だ。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
カキ焼味噌の汁そば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細やや縮れ
具 味噌、カキ、煮玉子1/2、三つ葉、白髪ネギ、アオサなど
2009/12/17 食す。 ★★★★☆ 880円 評価について
透明感のあるスープの中央に、味噌が配らわれている。味噌を溶いてからお召し上がり下さい・・・と店員から言われても、すぐに味噌を溶くはずもなく、まずは素のスープを口へ。塩らぁめんのイメージで、ほどよいコクに判る程度の魚介の風味。塩も強くはなく、口当たりも軽め。アオサ海苔の風味がよく合っている。どのタイミングで味噌を溶くかで味も強さが変わるのだろうが、半分ほどいただいてから味噌を溶いてみた。ふくよかでありながら味に締まりがあり、どこかしら香ばしさがある。メニューには仙台の味噌を使うと書き添えられている。麺は中細の縮れ。中細ながらに噛み応えがあり、加水の低さが伺える。味噌を溶く前であっても後であっても、スープとの相性は良いようだ。そして小振りながら三切れの牡蠣。あまり得意な食材ではないが、やわらかく、独特の旨味もたまには悪くはない。単に味噌を使っただけでないところに好感が持てる。言わせていただきす。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
台湾ラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 ミンチ、白髪ネギ、ニラなど
2009/11/15 食す。 ★★★☆☆ 750円 評価について
細かく刻んだ生ニラの中央にミンチ。さらに白髪ネギがあしらわれ、全くと言って良いほど麺が見えない。ニラをよけながらレンゲにスープをとって口へ。やさしい鶏の旨味に醤油そのものは強くないが、ニンニクがあまり威張っていない。この店のことだから、どこかに和風が見え隠れしているのだろうが、隠し味として甘味に化けたのか?奥行きを感じることが出来る。ミンチは肉味噌という程ではなく味わいミンチといったところで、特に辛味は感じられない。ニラも生とは言え、この切り方では食感は今ひとつだが風味は悪くない。中細のストレート麺は長さ30cm程。食感から察するに加水はやや低めだが、スープを受け止めるには歯応え十分。ニラの中に鷹の爪が紛れ込んでいて、口にすれば舌がピリピリとした刺激に包まれるが、まだまだ味わえる程度。やがて麺と一緒にニンニクのスライスが持ち上がるようになるが、台湾としてはおとなしい方で、ジャンクっぽさは抑えめ。少しは店の持ち味を残しているのかな?ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
辛味ごまらぁ麺(汁なし)
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太
具 肉味噌、メンマ、椎茸、ほうれん草、白髪ネギなど
2009/10/13 食す。 ★★★★☆ 880円 評価について
いきなりグルグルっと混ぜようとも思ったが、よく見てみればネギの上から粉山椒が使われており、凛(りん)と立ち上る香りが鼻をくすぐる。まずはメンマを一切れ。サイコロのように切られており、歯応えはコリコリ。練り胡麻とラー油の辛味が意外に強く、口の中がピリピリとし始め、額がムズムズとし始める。中太麺は長さ30cm弱。歯応えはほどほどと言ったところだが、正直に言ってしまえば普通過ぎる。他の麺も考えて欲しくもなる。この麺が当たり前のように練り胡麻を持ち上げてくれる。辛味がジワジワと舌を覆い、和ダシに通ずるような奥行きが感じられものの、辛味に遠慮したのか?惜しみなく使っているだろう胡麻が十分に伝わってこない。ミンチはおとなしめの肉味噌。ほうれん草に味はなく、やわらか。椎茸を煮付けたものが使われているが、旨味や味が主張し過ぎることはない。汁なしとは言うものの、最後にはレンゲでさらうだけの練り胡麻が残っているし、腹持ちも良い。この店のポテンシャルを思えば、今後のバージョンアップに期待したい。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
えび香油そば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 海老、白髪ネギ、大葉、柚子?、おこげ
2009/09/29 食す。★★★☆☆1000円 評価について
少しばかり待たされたが、浅めの器に盛り付けられて登場。エビが大中小と使い分けられているが、香りは今ひとつか。アメリカンソースの技法を取り入れているそうだが、スープを口に含んでみれば、ブイヤベースを思わせる旨味の重なり方。じんわりと味わい深いものがあるが、この店らしくない。エビを中心とした魚介の旨味は十分で、辛味も鷹の爪が見られる割りに強くはない。太ストレートの麺はほどほどの歯応えと言ったところだが、少しばかり麺の存在感が薄い。殻付きの海老には甘味があり、大きめのむき身には、プリプリとした食感と海老独特の旨味。小さな干し海老には、そこそこ風味がある。白髪ネギは、辛味はともかくとして食感が少し邪魔。大葉の香りは嫌いではないが、必要だったのだろうか?くし切りの果肉は柚子だろうか?後半に味を変化させることが出来る。おこげは、はじめカリっ、スープを吸ってシトっ、そしてモチっ。食感の変化が面白い。スープの旨味と海老のボリュームを値段と比べれば、納得したくもなる。
▼MENUへ / TOPへ▲
山六そば+あおさのり
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 太め・やや縮れ
具 海老の蒸し身×2、煮玉子1/2、湯葉、煮干し、花かつお、ほうれん草、あおさのり
2009/09/15 食す。 ★★★★☆ 880円 評価について
鰹節の仕入れの関係で、やむなく80円の値上げをしたようだが、三ヶ月ぶりに同じモノをいただくに当たりアオサで少し表情を変えてみた。カツオの風味には、ビシッとした力強さがあり、醤油も強すぎず弱すぎず。その香りと味を支える旨味もなかなかのものだ。麺は中細のストレートで長さ35cm程。断面は四角形をしている。コシが強い麺ではないが、しなやかさがあり、ほどよい噛み応えはスープとの相性も良い。麺を持ち上げる内にアオサがスープに散り散りになっていくのだが、スープにはスープの香りがあり、アオサにはアオサの香りがある。香り同士が喧嘩してはいないが、アオサを多めに口に含んで、香りを楽しみたい。前回少し注文をつけたほうれん草も、今回はやわらか。エビも身が大きめなので、甘味を堪能することが出来る。チャーシューを使わずエビを使ったのは、スープの風味を活かす為だったのだろう。嗚呼、言わせていだきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
つけとろ汁のざる中華
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 太め・やや縮れ
具 エビ等の天ぷら、イクラ、キザミノリ、胡麻、紫葉漬け?オクラ、椎茸、ネギ、山葵
2009/08/26 食す。 ★★★★☆ 850円 評価について
冷たいつけ麺というからには期間限定なのだろうが・・・つけ汁をひと目見た瞬間に好奇心が絶頂に達する。細かな泡を包み込んだフワフワのトロロはには十分な厚みがあり、自然には麺が沈もうとしない。その下のつけ汁は魚介の風味が効いた醤油仕立て。強引に麺をつける内に少しずつ色が馴染んでいく。麺は中太のやや縮れ。流水でほどよく締められているし、トロロを持ち上げて舌触りも面白ければ、プレーンな味ながらに旨味も増す。つけ汁の中には大きめに切られたオクラと味がよく染みた椎茸。オクラは好きだけど、ちょっと切り方が大きいか?もっとコリコリとした食感を楽しみたいものだ。トロロの上から散らされているのは紫葉漬けか?コリコリとした食感はトロロと好対照・・・ではなく、酸味があるので箸で避けたくもなる。麺の傍らには天ぷらが3つ。わざわざ揚げたのだろうか?温かいし、油が酸化した気配は微塵もない。海老の甘味も活き活きとしている。イクラは醤油漬けではないので旨味が素直だ。ラーメン店ではまず目にしない作りなので好感度大だが、今後に期待して少しだけ注文をつけたくもなる。それでも言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
七七八つけ麺
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 太め・やや縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、煮玉子1/2、ほうれん草、キザミノリ、ネギなど
2009/06/24 食す。 ★★★★☆ 750円 評価について
魚粉を見るまでもなく、魚介の風味は十分。それを動物系の旨味で支え、醤油でまとめているが、口当たりに重たさはない。つけ汁表面の一部に膜が張っているが、厨房でモミジを扱っている光景を見ることが出来る。おそらく鶏の旨味でつけ汁を支えているのだろう。醤油辛さとは別の辛味があって、適度に味も引き締まっているし、脂も控えめ。つけ汁には細く切ったネギも使われているが、辛味が良いアクセントになっている。太めの麺はやや縮れ。ツルリとした舌触りで、歯応えとしてはムニムニ。気持ちやわらかめだが、これが不思議と違和感がない。2枚のチャーシューは炙ってあるようで、ほんのり香ばしく、脂身の甘味と肉の旨味も十分伝わってくるし、やわらかい。細く使われているメンマは歯応えザクザク。ほうれん草は味らしい味もなく、食感を強いて言うならジャキジャキ。煮玉子は黄身がほっこり。くし切りで別皿にのっているモノは、スダチかカボス。さわやかで上品な酸味と香りで、つけ汁に変化をつけることが出来る。
▼MENUへ / TOPへ▲
山六そば
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 海老の蒸し身×2、煮玉子1/2、湯葉、煮干し、花かつお、ほうれん草など
2009/06/16 食す。 ★★★★☆ 700円 評価について
メニューに綴られた店主の意気込みに、ついつい期待してしまったが・・・その期待通りの一杯。スープ一口で、「うんうん」と口に出してうなずいてしまった。魚介出汁しか使わないそうだが、魚介の風味は活き活きとしていて、醤油も強くはない。脂も目立たず口当たりとしては軽め。それでいて十分なコクがある。麺は中細のやや縮れ。ややかための食感だが、スープとの相性は申し分ない。具に幾つか目新しいものが見られ、和食の経験値が垣間見られる。湯葉は結んで使われているが、特に味が主張することはない。海老の身を蒸したものは、プリプリとした歯応えが特徴的で、海老独特の甘味を伴った旨味を楽しむことが出来る。ひとつだけ添えられた煮干しは、苦味が良いアクセントになっていて、絞るようにして添えられた花かつおを口にすれば、風味がパワーアップ。ほうれん草の茎の部分が多いのが唯一の難か。迷わず完食。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
なな家らぁ麺 醤油
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、ほうれん草、白髪ネギ、揚げネギ、イカ?など
2009/04/28 食す。 ★★★★☆ 680円 評価について
醤油そのものの旨味もバカに出来ないようで、塩よりバランスが良く感じられる。魚介の風味もほどよく、脂も控えめで口当たりアッサリ。醤油も強くはなく味わいジンワリ。揚げネギだか焦がしネギも、でしゃばっていない。麺は一応中細だろうか・・・加水率からくるものもあるが、若干ボソボソっとしながらも、歯応えがスープを負かすことはない。塩と醤油とでは具を変えるようで、塩に見られた鞠麩と海老が見当たらない変わりに、細く薄く使われているやわらかなもの・・・イカだろうか?魚貝の旨味が感じられる。メンマの歯応えは一応ザクザクしているが、何故か存在感が薄い。ほうれん草は相変わらず味はなく、白髪ネギも不思議と魚介の風味を殺していない。スープへの影響を嫌ってか?チャーシューに脂身が見られないが、このチャーシューが意外に良い。スープを飲み干すと器の底に胡椒が少々。味を引き締めたようだが・・・さりげない。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
なな家らぁ麺 塩
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、ほうれん草、白髪ネギ、揚げネギ、エビ、毬麩など
2009/04/24 食す。 ★★★☆☆ 700円 評価について
黄色みを帯びながらも、うっすらと霞がかったようなスープからは、魚介の風味が立ち上っている。熱々のスープは、判る程度の塩に見たままに脂は控えめで口当たり軽め。鶏の旨味でスープを支えているのだろうが、魚介の風味もどこかお上品。焦がしネギが使われているが、風味は抑えめでスープの持ち味を損なうことはない。ゆるやかなウエーブを見せている麺は・・・中細だろうか。スープを受け止めるには十分な噛み応え。チャーシューは脂身が控えめで、ほんのりと燻したような香りがある。ほうれん草は茹でただけか・・・味らしい味はなく、茎も目立たずやわらか。魚介の風味を殺しがちな白髪ネギだが、小さな海老が上に添えられている。そしてスープの片隅で静かに存在感を放っているのは毬麩。味・食感共に思うところはないが、これも和の食材か。好感を持てる一杯で、和食からのアプローチを覗かせているが、もう一押しが欲しいところ。今後に期待ということで、ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲

メニュー
調査日:2015年10月17日 メニューについて
THEラーメンIEK 850円 まぜそば 830円
 麺量 150g  大盛 +120円
 大盛 220g +50円  特盛 +240円
 特盛 300g +150円  DX仕様 +300円
 超特 450g +250円 キッズラーメン 450円
 肉マシ +300円 ゆず玉 900円
 海苔マシ +100円
 味玉子 +100円 鶏唐揚げ 450円
 追い飯推奨!小ライス 120円 焼餃子5ケ 350円
IEK野菜盛 900円 おつまみジビエ 600円
IEK Niboshi 900円 猪くんフランクフルト 750円
IKE Ponzu Light 900円 茹キャベツサラダ 300円
IEKつけ麺 唐揚付 950円 つまみチャーシュー 550円
 麺量 250g おつまみメンマ 300円
 大盛 375g +120円
 特盛 500g +240円 中瓶ビール(サッポロ赤星) 600円
IEK汁なしガッツン 880円 黒ウーロン茶 380円
 麺量 300g
 小盛 220g -50円 白飯 大 360円
 大盛 450g +120円 白飯 中 240円
 特盛 600g +240円 白飯 小 120円
参州マタギそばプレミアム塩U 900円 炙り豚の塩丼 390円
参州マタギつけ麺あっさり醤油 950円 おかはち丼 480円
 麺大盛 +120円 タレカツ丼 320円
 肉マシ +400円 まぜ飯(炒飯風味) 320円
山六そば 880円
 麺大盛 +120円
 炭炙りチャーシュー +300円
 残りのスープで鯛茶漬け +300円
コーチン鶏そば 醤油・塩 750円
 味玉子 100円

メニュー
調査日:2014年1月24日 メニューについて
山六そば 850円 ご飯類
鶏そば あっさり塩味 750円 おかはち丼
こってり鶏そば 800円  小 480円
なな家そば 醤油 750円  並 780円
赤だし中華 800円  上 980円
中華そば とまと 840円  肉増(1枚) 200円
ゆず玉 爽快麺 900円 たれかつ丼 290円
和風 坦坦麺 850円 まぜ飯(炒飯風味) 290円
鶏唐揚丼 350円
残りのスープで鯛茶漬け 280円 厚切り炙り豚の塩丼 390円
炙りチャーシュー +250円 マヨタマ丼 280円
味玉子 +100円  ※各大盛 +200円
麺の量 普通盛180g 白飯 大 280円
並盛120g -50円 白飯 中 200円
大盛240g +100円 白飯 小 120円
 
まぜそば(200g) 800円
 まぜ用DX仕様 +300円 逸品料理
煮干し油そば(200g) 800円 特製焼餃子(5ヶ) 300円
白つけ麺(200g) 750円 ネギ塩つまみチャーシュー 500円
黒つけ麺(200g) 750円 えびマヨ ディップソース 320円
 つけ麺DX仕様 +250円 鶏唐揚げ 420円
七二郎(240g) 880円 おつまみメンマ 280円
 麺@マシ320g 無料 山六だし巻き玉子 600円
 麺Aマシ400g +100円 豚軟骨 500円
 麺Bマシ480g +200円
 以降80g毎に +100円
 野菜マシ +100円
 肉マシ(1枚) +150円
汁なし七二郎(300g) 840円
 大盛400g +100円
 特盛500g +200円 飲み物
キッズラーメン(しょうゆ味) 450円 サッポロビール赤星 中瓶 550円
焼酎 芋or麦,ロックまたは水割り 450円
DONABE RA-MEN 鴨 1280円 オレンジジュース 350円
 鴨マシ +300円 黒ウーロン茶 350円
 ねぎマシ +150円 ノンアルコールビール 380円
 小ライス 120円
とりとり得とくセット(夜のみ) 980円
 麺大盛可 +100円 デザート
 味玉子 +100円 五香バニラアイス 250円
 つくね団子マシ(3ヶ) +100円
 ご飯大盛り +120円

メニュー
調査日:2010年2月12日 メニューについて
淡麗系 すべて麺大盛り +120円
なな家そば 塩 700円
なな家そば 醤油 700円
なな家そば 味噌 750円
炙りチャーシュー麺 +250円 ご飯類
味付玉子 +100円 おかはち丼
残ったスープで〆茶漬け 180円  小 480円
山六そば 750円  並 780円
つけ麺 (基本麺量200g)  上 980円
つけ麺 白 750円  肉増 200円
つけ麺 黒 750円 たれかつ丼 290円
DX仕様 +250円 まぜ飯(炒飯風味) 290円
柑橘系 鶏唐揚丼 350円
ゆず玉爽快麺 900円 厚切り炙り豚の塩丼 390円
中華そば とまと 750円 マヨタマ丼 280円
辛い系 大盛り +200円
坦々麺 750円
塩台湾 750円
超辛・ラー醤麺 800円 デザート
ガッツリ系 とろ〜り杏仁豆腐 250円
無化調七二郎 880円
 麺増量80g毎 100円
 野菜マシ 100円 おつまみ
 肉マシ 150円 特製焼餃子 5ヶ 300円
 ニンニク 0円 ネギ塩つまみチャーシュー 500円
 おかかラー油 0円 えびマヨ ディップソース 320円
梅乃七二郎(基本麺量240g) 900円 鶏唐揚げ 420円
 麺増量80g毎 80円 揚げそば スパイシーカレー 300円
 野菜マシ 100円 スペアリブ マジックスパイス 1200円
 唐揚げ倍マシ 200円
 ニンニク 0円
 アブラ 0円 飲み物
 ※おかかラー油は付きません 琥珀エビス生ビール 600円
梅乃七二郎 姫サイズ 160g 780円 焼酎 芋or麦 450円
まぜそば 800円 黒ウーロン茶 350円
 DX仕様 +300円 WINEいろいろ 3000円〜

メニュー
調査日:2010年7月27日 メニューについて
なな家の中華そば お供の小丼いろいろ
 塩 700円 たれかつ丼 並 290円
 醤油 680円 厚切り炙り豚の塩丼 並 390円
 味噌 750円 まぜ飯(炒飯風味) 並 290円
 炭炙りチャーシュー麺 +250円 鶏唐揚丼 並 350円
山六そば 780円 マヨタマ丼(JUNK品) 並 280円
味卵 100円 おつまみ&もう一品
〆茶漬け 180円 焼餃子(5ヶ) 300円
「すがきや」 750円 えびマヨ ディップソース 320円
 〃 特製) +250円 鶏せせり肉の串かつ 320円
坦々麺・改 780円 つまみ煮干
超辛・四川ラー醤和え麺 750円 鶏唐揚 450円
つけ麺・改 750円 スペアリブのマジックスパイス 1200円
 〃 DX仕様 +250円 一生に一度は・・・ふかひれ姿煮 3800円
塩台湾 750円
まぜそばLight 800円 琥珀エビス生ビール 550円
 〃 DX仕様 +300円 黒ウーロン茶 350円
すべて麺大盛 +120円 焼酎 芋OR麦 450円
夏の涼味 ワインいろいろ 時価
冷し中華そば(瀬戸内いりこ編) 800円
うざく(累計80食限定) 950円 杏仁豆腐 250円
冷しまぜそば 台湾かつおトマト 850円
つけ麺・黒(温or冷) 750円
 〃 DX仕様 +250円

メニュー
調査日:2009年6月11日 メニューについて
なな家らぁ麺 塩 700円 御飯 大 280円
なな家らぁ麺 醤油 680円 御飯 中 200円
 炭炙りチャーシュー麺 +250円 御飯 小 120円
辛味ごまらぁ麺(坦々麺) 780円
七七八つけメン 750円 元気餃子 300円
山六そば 700円
麺大盛 120円 琥珀エビス 樽生 550円
具増し 各100円 黒ウーロン茶 300円
 味玉・あおさのり・太メンマ


HOMETOP