麺や 慶次(めんやけいじ)
メニューへFileNo1360
おすすめ度
サービス度
★について
http://raou.jp/shop/1360.htm
バーコード読み取り機能付携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報をメールに転送する場合はこちら→をクリック
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→

スープの種類について醤油塩辛つけ麺

閉店(2014年2月頃)
名古屋市緑区藤塚2-109 地図を表示
営業時間 11:30〜14:30,17:30〜22:00
定 休 日 火曜日
アクセス  
客  席 カウンター:14
駐 車 場 あり(12台)
電話番号 052-848-8099 電話をかける際の注意
備  考 オープン:2009年8月5日 
※営業日・営業時間等の情報は 2009.09.02現在のもの
禁 煙 - 水・お茶 ファミリー ×
券売機 おしぼり × カップル
無化調 × 新聞雑誌 - 車椅子 ×
自家製麺 × マンガ本 - 店舗詳細データについて
BGM ランチセット ×
こぢんまりとした店内は、赤に黒に金色とできらびやか。落ち着いた色をした木製カウンターに席は15ほど。



慶次つけ麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太・縮れ
具 チャーシュー、メンマ、ネギ、海苔など
2014/02/22 食す。 ★★★★☆ 750円 評価について
この店には残念ながら閉店の噂がある。全部のせにしたかったが、この日はお腹には余裕がなかった。つけ汁は、魚介の旨味と風味が効いた醤油豚骨。豚の旨味に力強さがあり、タレは尖ってないけど、麺を喰わせるのに十分な味の強さを持っている。舌にピリっと残る辛味が僅かにあって、魚介の旨味のお陰で奥行きが感じられる。もっと濃厚なイメージがあったが、この日は唇がベタベタすることはなかった。極太の縮れ麺には強い噛み応えがあり、何度も噛むことになるので、つけ汁をつい口に含みたくもなる。つけ汁の中にはひと口サイズのチャーシューがゴロゴロしている。当初はグツグツいっていた位だから、つけ汁は熱々。だからチャーシューも熱々だ。麺の上にネギの小口切りが添えてあるが、つけ汁が強いだけに薬味としては量が少なく感じられた。普通にいただくと、つけ汁が余るので、ご飯が少し欲しくなる。困ったものだ。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
とんこつ醤油ラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細め・ストレート
具 チャーシュー、煮玉子1/2、ネギ、海苔など
2014/01/26 食す。 ★★★☆☆ 680円 評価について
適当に押したボタンは豚骨醤油。この日は店内が少し香っていて、ついつい期待をしてしまった。スープのイメージをひと口で語るなら、魚介系の豚骨醤油。期待したほどに豚も魚介も強くはなかったが、コクとしては十分。以前よりも濃度を抑えたのか?とも思ったが、以前のレポートを読み返してみると、そうでもないことが判る。このラーメンを前回いただいたのは2009年のことだが、大きな仕様変更はしてないようだ。細めのストレート麺は、長さ30cm程度。加水が低めの麺を普通に茹で上げたような食感。2枚のチャーシューは、両面に焼き色がついていて、やかましくない程度に香ばしさがある。玉子はスープに完全に沈みきっていたが、切り口を見せて待っている。味がついていたかは定かではないが、黄身が流れ出さない程度に火が通っていて、白身もやわらかい。インパクトには欠けるが、この値段なら悪くはないか。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
甘辛れいめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細め・縮れ
具 チャーシュー×2、玉子1/2、水菜、大根?糸唐辛子など
2013/06/26 食す。 ★★★☆☆ 680円 評価について
韓国冷麺だかビビンネンミョンに甘酢でも使ったかのようなイメージ。厨房で麺を持ち上げ持ち上げ混ぜ混ぜしたところに、大きな氷と具を盛り付けてから私の手元へ。大根のものだろうか?漬物臭に麺に和えてある唐辛子の香りが加わるとキムチっぽくもなるが、キムチは見当たらない。やわらかい甘味に唐辛子の辛さが合わさると、味に深みが出て後を引く旨さがあるが、汗が出るほどの辛さでもない。麺は既に辛そうな色をしている。細めの縮れ麺には弾力があって、ビヨーンと伸びそうでいて切れてしまうが、適度な噛み応えを残している。チャーシューは丁寧に炙ってあり、香ばしさがあるし味も絶妙なので、2枚と言わず3枚4枚と欲しくなる。よろしくないのが水菜。苦味というか妙なえぐみがあるので、中国産でないか心配にもなる。白く薄いものは大根かな?漬けてあったようだが、漬物が苦手な私でもサクサクっといただくことが出来る。これで680円なら十分に満足。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
温玉らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太ストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、温玉、ネギなど
2013/06/16 食す。 ★★★☆☆ 680円 評価について
温玉が別の器で出てきたのが意外なら、酸っぱそうな香りも意外だったが、券売機の上に概要が張り出してあることに後から気がついた。黒甘酢がよく効いているが、むせるほどでもない。その酸味のせいか?熱々のスープがより熱く感じられる。鶏ガラでとったというスープは澄んではいないが、酸味を支えるのに十分な厚みを持っている。タレは醤油だったのかな?それが気にならないほどに酸味と甘味が効いている。中太の麺は長さ約25cm。プリプリ&シコシコとした舌触りと歯応えがある。2枚のチャーシューは、脂身と赤身とを重ねあわせたもので、5cm角ほどの大きさ。片面だけ焼き色がついていて、香ばしさがある。温玉を投入したのは、半分ほど食べ進んでから。白身はフルフル。黄身はネットリ&ドロリ。麺に絡めるようにしていただくと、舌触りと黄身のコクを楽しむことが出来る。なんとなくヘルシーな気がする一杯。女性を意識して作ってあるようにも思える。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
ピリ辛つけ麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太
具 チャーシュー、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、ナルト、海苔など
2013/02/09 食す。 ★★★★☆ 900円 評価について
適当に押したボタンは、ピリ辛つけ麺。この店の券売機は、高額紙幣も使うことが出来る。イカ臭さの中で待っていると、グツグツしながら運ばれてきた。醤油豚骨っぽい色をしたつけ汁の表面に、赤い脂が広がっている。たしかに辛味はあるが、少し汗ばむ程度。力強い動物系の旨味に魚介の旨味と風味。ありきたりの魚介の風味ではなくてスルメのもの。イカの旨味だけでなく、お日様の味も加わっているのだろうが、この店独特のものだ。極太の縮れ麺は、長さ25cmほど。ほどよい弾力と噛み応えに、つけ汁がよく持ち上げってくる。これなら、あつもりにする必要はない。よその麺がイタズラにコシがあるように思えてしまう。つけ汁の中には大きな肉片がゴロゴロ。チャーシューではなくて、煮豚と呼ぶべきかな。味もよく染みている。煮玉子も黄身がしっとりやわらか。メンマ、海苔、ネギと定番の具も相変わらずだ。この店には、堅実な美味しさがある。少し値が張るけど、ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細やや縮れ
具 海老、煮玉子1/2、メンマ、水菜、糸唐辛子、海苔など
2012/01/15 食す。 ★★★☆☆ 680円 評価について
食券を手にしてから思い出した。かなり前にいただいていたことを。仕様が大きく変わったとは聞いていない。店を出ることも考えたが、気が付いたら席に付いていた。白い器は口が19cmほどと小振りだが、10cmほどの高さがある。湯気も立たないスープは熱々。鶏の甘味を捉えることができるのは、最初のひと口ふた口が勝負か?確かに鶏の甘味は感じられたが、期待したほどに鶏トリしていない。脂のお陰もあって、口当たりは軽くないが、判る程度の塩で味を調えている。ゆるやかなウエーブを見せる中細麺は、歯応えシコシコ。かための食感も最初の内だけ。エビは直径2cmほどに丸まっているが、海老の甘味・旨味、食感を楽しむことが出来る。メンマには、ほどよく塩っ気が残っている。玉子は黄身がジュクジュクっと半熟。味が付いていないように見えて、味がついている。他に水菜と糸唐辛子が使われているが、特に思うところはなかった。ひと口で言うなら無難。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
カレーつけ麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 挽肉、煮玉子1/2、メンマ、ネギ、海苔など
2011/10/02 食す。 ★★★★☆ 800円 評価について
グツグツとカレーが煮立っており、見るからに熱々。カレーが香り立っていて、暑い日でも食欲が刺激されるのは間違いない。味の方は、カレー一色と言ってしまえばそれまでだが、辛味は強め。ご飯にかけてもよさそうな程のトロミがある。ベジポタらしいが、粒々感みたいなものはなく、全体的にトロミがある。底の方に挽肉が潜んでいて、徐々に麺と一緒に持ち上がってくる。極太麺は冷やもり。締めっぱなしなので噛み応えは強めだが、つけ汁を存分に受け止めているし、つけ汁が麺に熱を奪われて、熱辛さが少し抑えられる。具は変わり映えしないが、食材の管理を考えればやむをえないか?ネギの小口切りは、麺と一緒には持ち上がってこない。海苔をつけ汁に浸して口にするのも勇気がいるが、メンマは何もつけずに口にすれば、味が付いていることが判る。それは玉子も一緒。黄身には形があるが一応は半熟だ。カレー一色とはいえ食べさせる力は十分。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
醤油らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー、煮玉子1/2、メンマ、ネギ、海苔など
2011/08/03 食す。 ★★★☆☆ 750円 評価について
白い器は、口が18.5cm程と小振りながら、10.5cm程の高さがある。スープが澄んでいるので、この店の基本のスープである白湯豚骨でないのは一目瞭然。醤油がしっかり立っていて、魚介の風味もよく効いている。脂も見られるものの口当たりは軽め。細かな背脂がただよっているが、甘味として捉えることは出来ず、作り手もコクを足したかっただけなのだろう。麺は中細のストレートで長さ30cmほど。適度な弾力の中にも噛み応えを残している。しなやか・・・と言えば聞こえは良いが、強い麺でないので、あまり時間をかけたくはない。個人的には、この麺がベストだとは思いたくない。チャーシューはオーダー毎にハンドバーナーで片面だけ炙っったもの。脂が溶けかかり、ほどよい香ばしさを帯び、よい味がついている。煮玉子は黄身がジュクジュクっと半熟。でしゃばらない程度に味が付いている。メンマ、ネギ、ノリなど、特に思うところはない。わざわざスープをとっているのかが気がかりだが、嫌いな味ではない。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
慶次つけ麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太・やや縮れ
具 チャーシュー、メンマ、もやし、ナルト、ネギ、海苔など
2010/02/06 食す。 ★★★★☆ 750円 評価について
日によって当たりハズレでもあるのか?この日は店がイカ臭くなかった。麺と主立った具は赤い高台丼で、木製の盆にのせられて火にかけてあった黒い器でつけ汁が運ばれてくる。つけ汁の口当たりに少しトロミが感じられ、豚メインのコクにも力強さがあり、この店ならではの独特の厚み・・・奥行きも感じられる。つけ汁らしくタレは強めだが、そのまま飲もうと思えば飲める程度。唐辛子がチラチラと見られ、喉の奥にピリリと刺激が残る。氷水で締められた極太麺は、ツルリとした舌触りに力強い噛み応えがあり、つけ汁の持ち上げも悪くはないが、極太である為に何度も噛むので、途中でつけ汁を口に含み直したくもなる。ネギは薬味としてはボリューム不足。海苔を持ち上げると麺が数本ついてくるが、風味が活きていないので、代わりにネギが欲しいところ。1.5cm角ほどのチャーシューには特に味はない。雑炊を頼む人が多い中、つけ汁をゆっくり味わって席を立った。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
ピリ辛つけ麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太・やや縮れ
具 チャーシュー、メンマ、もやし、ナルト、ネギ、海苔など
2010/02/01 食す。 ★★★★☆ 900円 評価について
店に入ってすぐ気が付くのがイカ臭さ。それもすぐに慣れてしまい気にならなくなる。つけ汁はグツグツとした状態で出てくる。口当たりに少しトロミが感じられ、豚&鶏の旨味にスルメが奥行きを加えているのだろうが、イカ臭い訳ではない。醤油ダレも、つけ麺であることを考えると強くはないが、旨味の重なり方が独特なモノがある。チャーシューをほぐすと全体が辛くなる作りのようだが、既にチャーシューからは赤いものが滲み出ており、全体にチクチクとした辛味があるが、この2cm角程のチャーシューをそのまま口にすると、やはり舌の感度が大きく低下する。少し縮れた極太麺は噛み応えがしっかりしており、つけ汁を存分に受け止めている。店内には林製麺の麺箱を見ることが出来る。具の中で特筆すべきは豆モヤシ。頭の豆の部分が面白い。つけ汁が冷めやすいのが、つけ麺の弱点だが、この店は最後まで十分な温度を保っており、最後まで美味しくいただくことが出来た。もう少し辛味を抑えて欲しいけど、ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 エビ、メンマ、煮玉子1/2、水菜、ノリなど
2009/11/13 食す。 ★★★☆☆ 680円 評価について
つけ麺を作るのが先か?ラーメンが先か?は店次第だが、塩つけ麺のつけ汁をイメージしているところに、一応は澄んているスープがお目見え。明らかに塩つけ麺のつけ汁とは表情が違う。野菜を思わせる甘味を動物系っぽい旨味で支えたようなイメージ。多少の脂も見られるものの、あっさりでない程度の口当たり。塩にカドはないものの、さりげなく胡椒を使うようで味に締まりがある。麺は中細で概ねストレート。熟成を思わせる色をしているが、噛み応えとしてはかため。このスープに合わせるには麺が少し強いかな?とも思ったが、後半はそれほど気にならない。メンマには程よく塩っ気が残っていて、どこか懐かしさがある。煮玉子にはスープに呑まれない程度に味が付いており、黄身はなんとか形を保てる程度。チャーシューの変わりに大きな海老が使われていて、プリプリっとした歯応えと共に、口の中に独特の甘味が広がる。ブレそうにない味にも思えるが、680円ならこんなものかな。
▼MENUへ / TOPへ▲
とんこつ醤油らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー、メンマ、煮玉子1/2、ネギなど
2009/09/27 食す。 ★★★☆☆ 680円 評価について
豚骨醤油と言うよりは、魚介系醤油豚骨か。醤油は強くなく、味としては・・・マッタリというのか?おとなしいというのか?ぼやけているというのか・・・メリハリに欠けている。魚介の風味も一口目はともかくとして、それほど強いとは思わない。豚が甘いと感じることはないが、その口当たり感から動物系の旨味で支えているのは判る。塩つけ麺をいただいた際に、慶次つけ麺のつけ汁を少しだけ口にしたが、延長線上で捉えることが出来る。麺は中細のストレート。ツルリとした舌触りに十分な噛み応えは悪くはないが、スープと一体になりきれているのだろうか。チャーシューは片面を炙るようだが、スープのことを思うと味にメリハリがあり、肉の旨味もよく伝わってくるし、メンマも相変わらず素直な味。ネギも邪魔になっていないところをみると、スープは意外に濃いのかもしれない。スープを飲み干した器の底にザラザラっと残ったのは残渣だったのか?インパクトはないが無難にまとまっている。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩つけ麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太・やや縮れ
具 海老、ホタテ、メンマ、煮玉子、水菜、糸唐辛子など
2009/09/02 食す。 ★★★☆☆ 900円 評価について
店名を冠したモノが気になったが、いつも通り塩からいただくことにした。待っている間、つけ汁の器を直に火にかけているのが見えたので覚悟はしていたが、グツグツとつけ汁が沸き上がる状態で出てきた。白濁していて濃さが見てとれるが、トロミも手伝って熱々。エビの香ばしさに強めの塩・・・とは言うものの、そのまま飲むことが出来る。しかし、コクが今ひとつ物足りない。麺は極太のやや縮れ。何やら練り込んであって、何もつけずに口にすれば麺の味がするし香りも判る。冷水で締めっ放しだが、ほどよい噛み応えがあって、つけ汁の持ち上げも良い。ホタテの身はスライスだが、甘味を帯びた旨味が判りやすく、背中を開いた海老も、期待通りの食感と旨味。煮玉子は黄身がしっとり半熟。白身にも良い味が付いている。水菜が少し青臭かったりもしたが、メンマが意外に良くて・・・なつかしい味。シナチクという言葉を思い出す。悪くはない・・・もう少し頑張って欲しい。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー
調査日:2011年8月3日 メニューについて
慶次つけ麺 750円 コーラ 150円
慶次つけ麺 全部のせ 1000円 ビール 500円
塩つけ麺 900円 キリンフリー 250円
ピリ辛つけ麺 900円 ウーロン茶 150円
とんこつ醤油らーめん 680円 雑炊 100円
塩らーめん 680円 ご飯 150円
醤油らーめん 680円 ランチタイムサービス(11:30〜14:30)
各種 麺大盛 100円 ライスまたは雑炊(つけ麺) サービス
メンマ 50円
ネギ 50円
のり(3枚) 50円 夜の部限定
煮玉子 100円 チャーシューまぶし丼 400円
炙りチャーシュー(2枚) 200円 鶏の唐揚げ 400円

メニュー
調査日:2009年9月2日 メニューについて
慶次つけ麺 750円 各種 麺大盛 100円
慶次つけ麺 全部のせ 1000円
塩つけ麺 900円
ピリ辛つけ麺 900円
とんこつ醤油らーめん 680円 雑炊 100円
塩らーめん 680円 ご飯 150円


HOMETOP