めんのぼう せいてん
麺の坊 晴天
メニューへFileNo1374
おすすめ度
サービス度
★について
http://raou.jp/shop/1374.htm
バーコード読み取り機能付携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報をメールに転送する場合はこちら→をクリック
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→

スープの種類について醤油塩味噌辛いラーメン

みよし市三好町原前11-2 地図を表示
営業時間 11:30〜14:00,18:00〜22:00
定 休 日 月曜日(祝日営業・翌日休)
アクセス  
客  席 カウンター:6,テーブル8,小あがり:8
駐 車 場 あり
電話番号 05613-4-2543 電話をかける際の注意
備  考 オープン:2009年9月17日
※営業日・営業時間等の情報は 2009.09.17現在のもの
禁 煙 水・お茶 ファミリー
券売機 おしぼり × カップル
無化調 × 新聞雑誌 - 車椅子 -
自家製麺 × マンガ本 - 店舗詳細データについて
BGM ランチセット ×
2005年オープンの晴レル屋が2009年に立て続けに新しく店を展開。プレオープンで2日様子を見てからオープンしたのは2009年9月17日。黒を基調とした店内にカウンター6席とテーブル8席。



昔ながらのらーめん塩
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太・縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、白髪ネギ、カイワレ、海苔など
2016/03/05 食す。★★★☆☆ 730円 評価について
勘違いとは恐ろしいもので、「昔ながらの〜」と付いただけで、晴レル屋っぽさを拭い去ったクラシカルな新作ラーメンだと思って券売機のボタンを押していた。が、ラーメンをひと目見れば、昔は昔でもこの店の開店当初までしか遡らないことは判る。動物っぽい旨味に魚介の風味を合せ、塩ダレはそれらをまとめる程度の強さ。開店当初に比べて口当たりが軽いと思うのは、気のせいではないハズ。中太の縮れ麺は、長さ23cmほど。熟成っぽい色をしていて、シコシコとした食感がある。チャーシューは意外に味が強め。白髪ネギと呼んでいいのかな?このスープ相手には食感がやかましい。それを思えば、タマネギは火が通っていて、やわらかいし甘味もあるしでスープとは合っていると思う。相変わらず苦手なカイワレも、スープに浸して放置してから口にすれば、辛味と風味が気にならない。悪いラーメンではないけれど、昔はもっと美味しかったような気がする。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
炙りチャーシューの冷やし中華
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・縮れ
具 チャーシュー、煮玉子、刻み海苔、モヤシ、トマト、カイワレ、紅しょうが、茗荷、ラー油など
2015/08/26 食す。★★★☆☆ 850円 評価について
来楽軒さんでいただいた冷やし中華は、想像を超える美味しさだった。この店とのコラボだというので連食することにした。店内でコラボ云々は全くアピールしていなくて、値段も70円高い。見た目の違いは、錦糸玉子、キュウリ、山葵、魚粉がなくなり、代わりに紅しょうが、カイワレ、茗荷が加わって、別の小さな器でラー油が添えられていること。麺を持ち上げれば中細の縮れ麺。無難にシコシコしている。醤油っぽい色をしたタレを持ち上げてくれるが、ただ甘酸っぱいだけで冷やし中華のイメージ。来楽軒さんのサプライズと比較してしまうと陳腐でしかない。軽く炙られたチャーシューはまだあたたか。強い味はついてない。茗荷は残念ながら好きではない。刻み海苔はこんもり盛りつけられていて、多いのにも程がある。ラー油は自家製かな。胡麻の食感が良いが、香りが今ひとつ。チクチクと口に辛味が残るが、食を加速することはない。最後にはマヨネーズですべてが塗り潰されてしまっていた。いろいろと乗せすぎ!足しすぎ!
▼MENUへ / TOPへ▲
つけ麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太・縮れ
具 チャーシュー、メンマ、ネギ、ナルト、刻み海苔、胡麻など
2015/08/06 食す。★★★★☆ 780円 評価について
系列店がリニューアルをしていく中、納得できないことが多くて、食べ直そうと思ったのはつけ麺。この店もオープンから6年近くが経ち、その間に幾度も仕様変更がされているのだろう。メニューには、それぞれのラーメンに濃度が表示されていて、つけ麺は★一つのあっさり。それでも、つけ汁にはそこそこの濃度があって、舌にもたれ掛かってくる感じが良い。酸味があって、甘味があって、辛味あって、魚介の風味があり、そして旨味・・・コクがある。それぞれが、入れ替わり立ち代り舌を攻めてくる感じが良かった。ただ、魚介風味の主張が、私が求めているものとは少し違うような印象を受けた。つやつやとした極太の縮れ麺は、適度な弾力がありながら、噛み応えもある。つけ汁を受け止めるには十分な麺の力をもっている。つけ汁の持ち上げも悪くない。つけ麺は、基本が冷や盛り。つけ汁が徐々に熱を失っていくが、この時期は気にならない。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷製つけ
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太・縮れ
具 チャーシュー、メンマ、ネギ、ナルト、刻み海苔、胡麻など
2015/07/14 食す。★★★★☆ 800円 評価について
辛さが選べるようで、よくある1辛・2辛・・・ではなくて、強・弱。とりあえず弱にしてみたが、これが思っていたより辛い。何味というのだろう?顔面の汗腺が開き、舌や唇がジンジンとするほどの辛さ。少し酸味と甘味とがあって、魚介の気配がある。そのまま口にするには味が強いが、麺とつけていただくのには申し分ない。ありきたりの極太麺ではなくて、中太の縮れ麺で長さは20cmほど。プリプリっとしていて、このつけ汁との組み合わせもアリアリ。チャーシューは脂身がネットリしているが、味らしい味もないのでつけ汁の味でいただく。白髪ネギと小口切りとでネギが使い分けられていて、食感が入り乱れている。刻み海苔が丼ぶりからはみ出て盛り付けられていて、箸で触れただけで落ちそうなほど。結構な量がある。麺を全部いただいても、つけ汁が大量に残る。味が強いので飲む訳にもいかなかった。味の強さを調整したら冷たいラーメンになるかもしれない。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
鶏白湯 汐
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太め・縮れ
具 チャーシュー、メンマ、ネギ、ナルト、カイワレ海苔など
2015/05/31 食す。★★★☆☆ 750円 評価について
他でもない・・・晴レル屋系列のこの店の券売機に、わざわざ「クリーミー」と貼ってあるので、つい期待してしまったが、期待していたのとはまるで違った。スープの表面には脂が目立ち、スープも濃くはないし重たくもない。塩も判る程度なら鶏も判る程度だが、クリーミーとは言い難いし、鶏を前面に押し出している割には物足りなさがある。最近この系列の新しい店で似たようなラーメンに出会ったような気もする。太めの縮れ麺は、長さ20cm余。熟成っぽい色をしていて、適度な弾力があってシコシコ。麺としてはやわらかめだが、スープとは合っている。。チャーシューは5mm近い厚みがある割にやわらか。味はしっかりついている。刻んだタマネギには火が通っていて、やわらかな甘味ある。2009年3月の晴れやか、2009年9月の晴天、2010年4月の晴ればれとオープンしていく中で、当時はそれぞれの店ごとに晴レル屋との違いがあったハズだが、最近はどうなのだろう?悪くはないけれど、脂が目立つ・・・ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
カレーつけ麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー、ネギ、ナルト、海苔など
2015/02/26 食す。★★★★☆ 850円 評価について
普通 を筆頭に1から5まで辛さを選ぶことが出来て、普通は全然辛くないという。適当に3辛を選んでみた。つけ汁のベースは、この店の濃厚な動物系のスープなのだろう。そこへカレーが加わってメリハリのある味。そして、辛さは額が少し汗ばむ程度。その反面、カレーという調味料が強いばかりに、僅かに酸味を感じようが気にならないし、魚介を探しに行こうが細かいところはまるで感じ取ることは出来ない。ひとつ言えるのは、麺をいただくのに十分すぎる味と旨味があるということ。つやつやとした太ストレート麺が、ゆるやかなウエーブを見せている。弾力はあるにはあるが、噛み応えが強い。つけ汁の持ち上げも良く、口元で麺が暴れるのが怖い。紙エプロンは用意されているのかな?聞かれなかったが、あってもつけないか。つけ汁の中に一口サイズのチャーシューがゴロゴロしている。1cmほどの厚さがあって、食べ応えがある。食べさせる力は十分すぎるが、具にひと工夫が欲しいところ。夕方いつもの時間にお腹が空かない。私には多かったようだ。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
甘海老出汁の味噌チーズつけ麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー、ネギ、ナルト、海苔など
2015/02/12 食す。★★★★☆ 850円 評価について
甘海老と味噌とチーズのどれが勝っていて、何が活きてないのか?いただく前からついつい考えてしまう。つけ汁をレンゲで口に含んでみると、甘味に辛味に酸味が代わる代わる舌を包み込む。甘海老が甘くて、味噌ではなくて香辛料か調味料っぽい辛味。判る程度に酸味が効かせてある。味噌が判り難い上にチーズが見当たらない。つけ汁の底の方をさらうように麺を持ち上げてみると、溶けかかったチーズが一緒に付いてくる。チーズの塩気とコクと舌触りは、底の方に隠れていた。長さ35cmほどの太麺は、強い照明の下でツヤツヤとしている。弾力は抑えめで強い噛み応えがあるが、つけ汁とのバランスは悪くない。この麺が少なく感じたということは、美味しかったということだ。つけ汁の中には、一口サイズの厚切りチャーシューがゴロリ。肉そのものの旨味がある。余ったつけ汁の中にチーズが残る。麺への絡みがよくないようだ。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
辛みそらーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、ネギ、ナルト、海苔など
2014/10/08 食す。★★★★☆ 800円 評価について
味噌辛さだけではないのだろうが、ピリピリと舌に辛さが残る。味噌としても十分な強さがあって、少し味にカドが感じられるほどだが、赤味噌と名付けるのならこれ位の主張はあって欲しいところ。魚介の風味が味噌に負けてはいないのも嬉しい。舌にも濃度が感じられ、コクは十分。ただし、こういうスープを調子に乗って飲むと、後から喉が乾くものだ。細ストレート麺は、加水低めで長さは40cmほど。茹で加減は聞かれなかったが、ややカタといったところで、細さ故にスープがよく絡む。おまけに麺が長いので、すするのも熱辛い。チャーシューは2枚。脂身の甘味がスープの味噌辛さと引き立てあっている。ネギ、メンマ、ナルト、海苔と定番の具が脇を固めているが、特に書き立てることもない。後から少しばかりお腹に重たいと感じるのは、歳のせいだろうか?値段相応の満足感がある。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
甘海老らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 チャーシュー×1、穂先メンマ、ネギ、ナルト、海苔など
2014/02/25 食す。★★★★☆ 850円 評価について
冬の限定は、甘海老出汁の味噌らーめん。券売機にボタンがないので、何か食券を購入して、その食券と差額を渡しながら「甘海老」と伝える。イメージとしては、白の麺にダシと脂を加えたような感じ。表層がオレンジ色っぽく見えるので香味油でも使っているのだろうが、海老の香ばしさはない。味噌は香っていないが、ピリッと味噌辛さがあり、口当たりにも重たさはなく飲みやすい。動物系主体の旨味の中から、海老の甘味が見え隠れしているが、期待したほどではない。極太の縮れ麺は、長さ40cmほど。かための噛み応えだが、スープとのバランスは悪くない。チャーシューはやわらか。スープの味に包まれている。十分な美味しさを持っているが、このグループにはより上を求めてしまうこともあり、850円相当の美味しさには今一歩及ばず。海老が味噌に負けてしまって、食べ終わる頃には肝心の海老を見失っていた。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
濃厚
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太縮れ
具 チャーシュー×1、穂先メンマ、ネギ、ナルト、海苔など
2013/07/20 食す。★★★★☆ 600円 評価について
食券がないので塩らーめんを買って濃厚と言って下さい〜と券売機に貼ってある。期間限定50杯らしい。女性店員が隣のお客さんにラーメンが出る順番が前後すること説明してしばらくするとカウンター越しにラーメンが登場。なるほど・・・極細麺だから早いハズだ。スープからは濃度が感じられるが、ドローっというほどでもない。それでも口当たりは重ため。魚介がよく効いているところに動物っぽい旨味というよくある構図。唐辛子がチラチラしているが、タレの味と合わせて下にヒリっと残る。もっと薬味のネギが欲しい・・・と思うということは、やはりスープが濃いということ。極細のストレート麺は低加水で長さにバラつきがあるが、30〜40cmほど。持ち上げた麺をスープがタラタラとつたっていく。茹で加減を聞かれることはなかったが私の中ではカタ。歯切れを楽しむことが出来る。チャーシューは脂身が多めなので甘味がある。軽く焼き色もついていて、どこかしら香ばしさもある。いつまでやっているのだろう?美味しかった!ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
汁なし(しょうゆ)
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太縮れ
具 チャーシュー×2、穂先メンマ、ネギ、ナルト、海苔など
2013/06/19 食す。★★★★☆ 600円 評価について
タレが和えてあって、麺が醤油っぽい色を帯びている。脂でギラギラしているところもあるので、私の中では油そばだ。見たままに醤油ダレが効いているが、ニンニクの気配もあって食べさせる力がある。脂で唇がヌルヌルになる訳ではなく、コッテリではない。少し縮れのはいった極太麺は、もちっとした中にも弾力があり、タレと脂に負けないだけの噛み応えがあるが、約50cmという長さが災いしてか?持ち上げると切れてしまう麺もある。脂身を含んだチャーシューがスライスされているので、何度か麺を持ち上げていると切れ切れになる・・・という点では油そば向き。穂先メンマは、それだけを口に運んだが、ちゃんと味がついている。おろしニンニクと酢が別に用意されているが、仕事の日の昼だったのでニンニクはパス。酢を使うと、口当たり軽くサッパリとなるのはお約束。食べ終わるのを待たずにスープが出てくる。店員は女性ばかり・・・細かな目配りが出来ているようだ。肝心のスープだが、小さな器は熱々。鰹ダシを動物系のスープで割ったような感じでだったけど、喉の脂を洗い流す為のものだった・・・かな?ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太縮れ
具 チャーシュー×1、穂先メンマ、ネギ、タマネギ、ナルト、海苔など
2012/08/21 食す。★★★★☆ 700円 評価について
この店の一番基本となる一杯・・・という位置づけでいいのかな。タレが少し強く感じられたのは、季節柄だろうか?魚介の風味あり、醤油ダレの主張あり、スープの動物系旨味&甘味があり、さらに脂と濃度でほどよい重量感あり・・・と、確かに美味しいけれど、歳を重ねるにつれ、このスープを飲み干すのに躊躇うようになってきた。中太の少し縮れた麺は、スープを受け止めるのに十分な噛み応えを持っているし、スープの持ち上げも良い。2枚のチャーシューには、軽く焼き色がついているが、タレそのものにも香ばしさも感じられる。穂先メンマの歯応えはさておき、醤油っぽい味は店でつけているものだろうか。刻みタマネギも薬味と呼んでいいのだろうか?ネギの小口切りは相変わらずパサパサだけれど、晴レル屋の系列はこれで標準。フレッシュなネギを使うと、どう化けるのだろう?なんだかんだ言って、値段以上の満足感。食べ直しても違いは判らないけど、ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
赤つけ
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 チャーシュー、穂先メンマ、ネギ、唐辛子、ノリ、胡麻、ナルトなど
2012/02/22 食す。★★★★☆ 800円 評価について
グループのどの店で何をいただいたかまで覚えていられる訳もなく、選んだのは赤つけ。全部のせにしたいところだけど、お腹への負担を考えるとそうもいかない。赤つけの「赤」が何の赤か?私は知らないが、力強い辛さが舌に立つ。チラチラと唐辛子らしきものも見られるが、辛さの大半は味噌のもの。その辛さに負けじと魚介も頑張っているが、味噌辛さのお陰でスープ本来の旨味を捉えるのは困難。それでも、生姜などの香味野菜の気配が伝わってくる。ツヤツヤとした極太縮れ麺は、長さ40cmほどと長め。強い噛み応えは、スープの力強さを存分に受け止めている。麺の上には胡麻が散らしてあるけど、風味・食感ともに主張は今ひとつ。今さら語るまでもないことだけど、スープの中にはメンマとチャーシューが潜んでいる。メンマは穂先だったのかな?一本と数えていいのだろうか・・・気が付いたら胃の中だった。チャーシューは大きめのひと口サイズ。ゴロゴロと出てくる。味が強いけど相変わらず美味しい。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 チャーシュー×1、穂先メンマ、ネギ、タマネギ、ナルト、海苔など
2012/01/26 食す。★★★★☆ 800円 評価について
今さらだけど細麺と太麺とがあるので、太麺で頼んでみた。極太の縮れ麺は長さ40cmほど。加水は低めでスープの持ち上げも悪くないけど、ゴワゴワしたような食感。麺も強いがスープも強い。だけど、このスープには細麺の方が合っていると思う。スープを支配しているのは魚介の風味。ベジポタがウリなだけに、豚だの鶏だのと前に出てくることはないが、口当たりには濃度が感じられる。コクからくる甘味の中、ピリピリっと舌に辛味も残り、メリハリのある味に仕上がっている。今さらだから具については・・・とも思ったけど、海苔、ナルト、ネギなどは、完全に脇役に徹している。穂先メンマでさえも、たいした存在感はなかった。タマネギを刻んだものが意外に面白くて、辛味もなく、歯に当たることもなく、スープに食感というアクセントを添えている。ラーメンの花形とも言えるチャーシューには、さすがに存在感があったが強い味や香りはなく、麺とスープを中心に組立てがなされている。ついついスープを飲んでしまうけど、こういうスープは後から胃に重たい。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
夏の涼風冷やしつけ麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太ストレート
具 チャーシュー、穂先メンマ、ネギ、タマネギ、茗荷、ジュレなど
2011/07/12 食す。★★★☆☆ 800円 評価について
麺の上にジュレがのったレンゲが添えてあるが、お楽しみは後回しということで、つけ汁の器ごと口へ。口当たりは軽く、醤油辛さと判りやすい酸味に魚介の風味はあるけれど、味が妙に強い。器の縁に粉末が飛んでいるが、魚粉だったのだろうか。麺は極太のストレートで見ようによっては平打ち。40cmほどの長さがあり、麺を掴んだ場所が悪いと、箸を持つ手が高く上がることになる。当初はゴキゴキと音がしそうな程で、食感はかたすぎ。刻みタマネギは麺と一緒には持ち上がらないが、大葉が麺と一緒に持ち上がり、風味を添えてくれる。つけ汁の中にはチャーシューとメンマが潜んでいるが、麺をつけるのに邪魔なので早めにやっつけたい。チャーシューは細切れでないとしたら切り落とし。つけ汁にジュレを投入してみたが、期待したような変化はない。それどころか、ジュレに添えてあった冥加が少しやかましかった。味が強く、サッパリしているので麺200gも多いとは思わなかった。
▼MENUへ / TOPへ▲
シビ辛ブラック
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 ニンニク、ミンチ、白髪ネギ、糸唐辛子、唐辛子、胡麻など
2011/03/16 食す。★★★★☆ 800円 評価について
攻撃的な辛さを楽しみにしていたが、期待したほどでもないというのが正直なところ。もっとも、旨味の下支えがあったからこそ、辛味が尖っていないのだろう。晴レルヤから綿々と引き継がれた味みたいなものが、辛味の奥に感じられる。黒さは何によるものなのか?単に辛いだけでなく、旨味もしっかり。口当たりには程よい重たさがある。極太の縮れ麺は、つけ汁を持ち上げて黒っぽくも見える。噛み応えはしっかりしている方だが、かたいとは思わない。長さも手伝って、口元で跳ねることもあるが、白髪ネギの方が問題。つけ汁につけてからいただくと、つけ汁が確実に跳ぶことになる。唐辛子やら山椒やら使われているのだろうが、辛味としては汗ばむ程度。しびれるような辛さではなかったが、鷹の爪をかじると状況が一変。舌を刺すような辛さのお陰で、汗がひと筋ふた筋と流れ落ちる。つけ汁の中には一片のニンニク。仕事の日の昼には、口にすることが出来なかった。つけ汁をそのまま飲み干して・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
八丁まぜそば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×1、玉子1/2、肉味噌、白髪ネギ、カイワレ、糸唐辛子、胡麻など
2011/03/10 食す。★★★☆☆ 750円 評価について
アテもなく店に入り、迷わず券売機のボタンを押したが、半年前にいただいていたようだ。真面目にレポート仕上げたけど、少しは違う切り口を見せることが出来るのだろうか。麺は最初から何かと和えてあり、麺の香りに独特なものがあったが、何を使っているのだろう?麺の上にはドロロとした味噌ダレがあり、麺の下にもスープ然としていないまでもタレが見られる。八丁味噌らしい力強さがあり、辛味先行の甘辛さには締まりがある。平打ちの太麺は長さ40cmを超える。最初の内は素直に持ち上がらないので、思わず身を引きたくなる。平打ちながらに厚みがあり、噛み応えもしっかり。味噌ダレを持ち上げるだけでなく、頼みもしないのに玉子の黄身をドロリと持ち上げてくれる。白髪ネギや糸唐辛子、カイワレも麺と一緒に混ぜ混ぜして口にすれば良いだろう。チャーシューはこの切り方では、麺とは別に口にするしかない。味噌に押され気味だけど、良い肉だとは思う。回帰性はないけど、無難にまとまっている。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
八丁まぜそば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×1、玉子1/2、肉味噌、白髪ネギ、カイワレ、糸唐辛子、胡麻など
2010/11/13 食す。★★★☆☆ 750円 評価について
麺の下には少量のタレが見られるが、既に麺にも和えてあるようだ。グルグルっとかきまぜる前に、それぞれを味わってみた。麺は中細のストレートで、長さは20cmほど。おそらくは八丁味噌を使うのだろうが思った程の癖はなく、味噌としては判る程度で、ほんのり甘いかと思えば、ピリピリっと舌に残る辛味もある。中央の肉味噌は、味噌ミソした味がしっかり。カイワレの苦味と辛味は、玉子は黄身がトロトロな上に、白身の一部がかたまっていない状態。白髪ネギは、風味・辛味ともに存在感十分。一通り味わってからグルグルっと麺を混ぜていた。下のスープを持ち上げた分だけ、味が強くなるが、肉味噌の影響は限られている。この肉味噌位の味のインパクトが大勢を占めていると期待していただけに意外性があった。そしてチャーシューは、脂身が多めということもあって、味噌の影響をモノともしない甘味があった。これもあり・・・という味噌仕立てのまぜそば。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩つけ麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太やや縮れ
具 チャーシュー、穂先メンマ、ネギ、ノリ、タマネギ、胡麻など
2010/04/29 食す。★★★★☆ 800円 評価について
たまたま行列がなかったので店内へ。1号店は豚、2号店は鶏、3号店であるこの店は野菜・・・ベジポタがウリだが、動物系の旨味も必要だ。舌触りにザラザラ感はないが、麺に絡みつく濃度がある。ゆかり の影響は皆無ではないが塩は強め。野菜の旨味を甘味として感じることはないが、塩っ気の中にも奥行きが感じられる。少し縮れた極太麺は締められて冷盛り。噛み応えはしっかりしているが、つけ汁を負かすことはない。ただ、もう少し弾力のある麺でも面白いと思う。店内には林製麺と書かれた麺箱を見ることが出来る。つけ汁の中には一口サイズのチャーシューと穂先メンマ。全部入りにすると麺と一緒に盛り付けられるらしい。つけ汁には刻みタマネギが使われているが、量を減らしたのか?気にはならなかった。旨味が化けた甘味が判りやすければ・・・というのは欲張りかもしれないが、言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー、穂先メンマ、ネギ、ノリ、タマネギなど
2009/11/21 食す。★★★★☆ 700円 評価について
プレオープン時に券売機にあったボタンが、オープン後はなかったので気になっていたが、10月の下旬から提供が始まったらしい。動物系の旨味に魚介の風味を添えて、醤油ダレで味を調えるというのは最近では珍しくはない。もちろん脂も見られるが、それ以上にスープの濃度でドッシリ。口当たりにもドロリとしたものがある。力強い動物系の旨味に、ほどよい魚介の風味。旨味が化けた甘味のお陰で醤油にもカドが感じられない。少し縮れた太麺は、噛み応えがしっかりしているし、スープの持ち上げも良い。チャーシューは薄さも手伝ってやわらか。穂先メンマも、噛み切れない時は丸っと口の中に入れるしかない。タマネギは、色から察するに茹でてあるようだが、特に辛味もなく食感を楽しむことが出来る。スープを飲み干した器の底にザラザラとしたものが残る。当初は口当たりの重たさに安心感があったが、やはりお腹に重たいようだ。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
つけ麺 全部入り
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー、穂先メンマ、ネギ、唐辛子、ノリ、煮玉子、胡麻など
2009/11/14 食す。★★★★☆1100円 評価について
全部入りというだけで、つけ麺であることに変わりはないのだが、全部入り仕様では、つけ汁の中にチャーシューを使わないと聞いている。動物系の旨味に判る程度の酸味・・・カウンターの内側のケースには穀物酢のボトルを見ることが出来る。その酸味を追いかけるように甘味が感じられ、口当たりもたいして重くない・・・少なくとも食べている間は。それでも濃度はしっかりしているようで、ネギの辛味との相性が良い。欲を言えば、ネギがみずみずしくあって欲しいものだ。全部入り仕様なので麺の上にチャーシューが3枚並んでいるが、つけ汁の中に小さく切られたチャーシューが少し見られたのは何かの手違いだろうか?この日の煮玉子は、黄身の中央のみがトロリ。白身には軽く味が染みている。極太の縮れ麺も相変わらずで、力強い噛み応えがある。サラリーマンにとって昼食が1000円を超えるの痛いが、この内容なら納得も出来る。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩つけ麺 全部入り
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー、煮玉子×1、穂先メンマ、ネギ、ゆかり、エビ、ノリなど
2009/10/20 食す。★★★★☆1150円 評価について
三つのつけ麺をいただいた結果、塩が一番美味しいと思ったので、全部入りを頼んでみた。つけ汁の中にあったハズのチャーシューとメンマが、麺の上に盛り付けられているのが見た目の違い。気のせいか?ゆかりも少なくなったような気がする。そのまま飲むには塩が強いが、麺をつけていただくのには良い塩梅。ほどよい魚介の風味にコクもしっかりで、塩仕立てながらに奥行きが感じられる。小さく刻んだタマネギが少しだけ使われているが、辛味にしても食感にしても遠慮気味だ。極太の麺は相変わらず噛み応え十分。つけ汁はどうせ余るので、麺は少しずついただきたい。チャーシューはスライスが3枚。軽く炙ってあるようで、ほんのりと香ばしい。丸のまま1個使われている煮玉子は、箸で持っただけで気味がトロトロなのが判る程。つけ汁の器の中で図らずも割れてしまったが、そこへ麺をくぐらせていただくのも悪くはない。ちょっと値が張るが、じっくりと味わっていただきたい。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
赤つけ麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー、穂先メンマ、ネギ、唐辛子、ノリ、胡麻など
2009/09/21 食す。 ★★★★☆ 800円 評価について
先に麺だけ出てきて、小麦の香りというか麺の香りに鼻がくすぐられているところに、つけ汁がお目見え。意外に脂も多いようだが、つけ汁の口当たりには程よい重たさがある。味噌やら魚介やらを感じていたのは最初の内だけ。口の中にピリピリと辛味が残るものの、少し額が汗ばむ程度。ほんのりと酸味が効いているが、でしゃばることはなく、厚み=コクも十分。欲を言えば、もう少し風味に頑張って欲しいところ。極太の縮れ麺は相変わらずかためだが、つけ汁が強くなった分、麺とのバランスの良さが向上。220gもあるので食べ応えがあるが、まったく食べるのが苦にならない。つけ汁の中に、チャーシューと穂先メンマが隠れているのは相変わらず。麺を持ち上げている内にタマネギを刻んだものが一緒に持ち上がるようになるが、食感が気になる程の量でもない。この日初めて目にしたポットのこってりスープが気になったが、私は小食なので雑炊にはしなかった。またまた満足。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
つけ麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー、穂先メンマ、ネギ、唐辛子、ノリ、胡麻など
2009/09/19 食す。 ★★★★☆ 750円 評価について
店名を冠している訳ではないが、この店の味がこの一杯に詰まっているのだろう。魚介の風味がほどよく効いた醤油仕立ての豚骨・・・鶏も使うのかな?晴れやかでは重たいと感じた口当たりも、この店では適度な舌触り。間違いなく晴レル屋のDNAが感じられるが、唐辛子の辛味がどうこうと言う以前に味に締まりがあり、酸味もさりげなく、魚介の風味も必要以上に威張ってはいない。そして甘味として捉えること出来る旨味がある。ゆるやかなウェーブを見せるツヤツヤとした麺は極太の縮れ麺には力強い噛み応えがある。つけ汁とのバランスは許容範囲内だが、少しだけ麺の方が強く感じられる。一口サイズのチャーシューは、脂身はやわらかく甘く、赤身は適度な噛み応えを残す。麺をつけることを考えれば、主立った具が沈んでいるのも理解出来るが、穂先メンマは麺の上でも良かったかな?私のお腹には麺が多い・・・それなのに麺が多いと感じさせない。美味しいつけ麺には罪がある。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩つけ麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー、穂先メンマ、ネギ、ゆかり、小海老、ノリ、胡麻など
2009/09/17 食す。 ★★★★☆ 800円 評価について
カウンター越しに受け取ったのは、小さな木製の盆にのったつけ汁と麺が入った6寸程の器。つけ汁の中を覗いてみれば、ゆかりとエビを揚げたものが目を惹く。麺を持ち上げてみれば、肌がツヤツヤとした極太の縮れ麺で、長さはざっと40cm。つけ汁につけて口にしてみれば噛み応えが強いが、つけ汁の味も旨味も麺に負けていない。やはり塩は強めだがカドを感じることはなく、そのまま飲めないこともない程度。ほどよい魚介の風味を動物系の旨味で支えており、晴レル屋を彷彿とさせながらも晴レル屋、晴れやかよりは口当たりが軽めに感じられ、さりげなく胡椒で味を引き締めている。ゆかりは箸で突くには塩っ気が強いが、つけ汁に散り散りになってしまえば存在自体気にならなくなる。このつけ汁の中に穂先メンマとチャーシューが潜んでいる。穂先メンマはザックリとした歯応え。チャーシューは一口サイズがゴロゴロしており、脂身の甘味がつけ汁と相性が良いように感じられた。注文をつけるとすれば、ゆかりの使い方位だが、言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー
調査日:2016年3月5日 メニューについて
鶏白湯 しょうゆ 全部入り 1100円 甘海老出汁の味噌・・・全部入り 1200円
鶏白湯 しょうゆ 750円 甘海老出汁の味噌チーズつけめん 850円
鶏白湯 汐 全部入り 1100円 汁なし 全部入り 1000円
鶏白湯 汐 750円 汁なし 650円
らーめん しょうゆ 全部入り 1080円 カレーつけめん 850円
らーめん しょうゆ 730円 焼きカレーかけまぜそば 980円
らーめん 塩 全部入り 1080円 焼きエビクリかけまぜそば 980円
らーめん 塩 730円 焼きトマクリかけまぜそば 980円
辛みそラーメン 全部入り 1150円 チャーシュー多し 250円
辛みそラーメン 800円 野菜多し 150円
 甘海老出汁の味噌 全部入り 1200円    メンマ多し 150円
 甘海老出汁の味噌らーめん 850円    半熟味付玉子 110円
 塩台湾らーめん 全部入り 1200円    のり多し 100円
 塩台湾らーめん 850円    チーズ 100円
台湾らーめん 全部入り 1050円 ネギ多し 100円
台湾らーめん 700円 大盛 or 替玉 100円
つけめん 全部入り 1130円 小ライス 小ぞうすい 100円
つけめん 780円 つめ放題 ライス or ぞうすい 150円
塩つけ 全部入り 1180円 チャーシュー丼 マヨ or ゆかり 300円
塩つけ 830円 水餃子 200円
赤つけ 全部入り 850円 アイス 100円
赤つけ     瓶ビール 500円
メニュー
調査日:2015年2月26日 メニューについて
鶏白湯 しょうゆ 全部入り 1100円 甘海老出汁の味噌・・・全部入り 1200円
鶏白湯 しょうゆ 750円 甘海老出汁の味噌チーズつけめん 850円
鶏白湯 汐 全部入り 1100円 汁なし 全部入り 1000円
鶏白湯 汐 750円 汁なし 650円
らーめん しょうゆ 全部入り 1080円 カレーつけめん 850円
らーめん しょうゆ 730円 大盛 or 替玉 110円
らーめん 汐 全部入り 1080円 チャーシュー多し 250円
らーめん 汐 730円 半熟味付玉子 110円
辛みそラーメン 全部入り 1150円 メンマ多し 150円
辛みそラーメン 800円 ネギ多し 100円
甘海老出汁の味噌 全部入り 1200円 のり多し 100円
甘海老出汁の味噌らーめん 850円
つけめん 全部入り 1130円 小ライス 小ぞうすい 100円
つけめん 780円 つめ放題 ライス or ぞうすい 150円
塩つけ 全部入り 1180円 チャーシュー丼 マヨ or ゆかり 300円
塩つけ 830円 水餃子 200円
赤つけ 全部入り 850円 瓶ビール 500円
メニュー
調査日:2014年10月8日 メニューについて
秘伝の醤油 DX鶏白湯ラーメン  880円
つけめん全部入り 1130円 カレーつけめん 850円
つけめん 780円
らーめん全部入り 1080円 大盛 or 替玉 110円
らーめん 780円 木ようよるは大盛デー   大盛 無料
自慢の塩 技ありトッピング類
塩つけ全部入り 1180円 チャーシュー多し 250円
塩つけ 830円 メンマ多し 150円
塩らーめん全部入り 1100円 半熟味付玉子 110円
塩らーめん 750円 ネギ多し 100円
コクの辛味噌 のり多し 100円
赤つけ全部入り 1200円
赤つけ 850円 水餃子 5個 200円
辛みそらーめん全部入り 1150円 水餃子食べ放題 ---円
辛みそらーめん 800円 ライスセット 小ライス餃子3コ 200円
油そば つめ放題 ライス or ぞうすい 150円
汁なし全部入り 1000円 チャーシュー丼 マヨ or しそ 300円
汁なし 650円
甘海老出汁のチーズつけめん全部 1200円 のどごし生 200円
甘海老出汁の味噌チーズつけめん 850円 Asahi スーパードライ 500円
メニュー
調査日:2013年6月2日 メニューについて
秘伝の醤油 技ありトッピング類
つけ麺(全部入り) 1100円 チャーシュー多し 250円
つけ麺 750円 穂先メンマ多し 150円
らーめん(全部入り) 1050円 野菜多し 150円
らーめん 700円 半熟味付玉子 100円
自慢の塩 ネギ多し 100円
塩つけ麺(全部入り) 1150円 のり多し 100円
塩つけ麺 800円  
塩豚骨らーめん(全部入り) 1100円 ライスセット(小・水餃子2個) 150円
塩豚骨らーめん 750円 ランチタイム 水餃子セット 100円
コクの辛味噌
赤つけ麺(全部入り) 1150円 ぞうすい 100円
赤つけ麺 800円 つめ放題ライス 100円
辛味噌らーめん(全部入り) 1150円 小腹にチャーシュー丼 250円
辛味噌らーめん 800円 水餃子  200円
New!!
汁なし(しょうゆ) 600円 1/2日文の食物繊維デザート 350円
汁なし(ブレンドしょうゆ) 650円
濃厚ラーメン(期間限定50杯) 750円    ジュース 100円
大盛 100円    のどごし生 150円
替え玉 らーめんのみ 100円     Asahiスーパードライ  500円
メニュー
調査日:2011年7月6日 メニューについて
つけ麺(全部入り) 1100円 チャーシュー多し 250円
つけ麺 750円 穂先メンマ多し 250円
塩つけ麺(全部入り) 1150円 半熟味付玉子 100円
塩つけ麺 800円 ネギ多し 100円
赤つけ麺(全部入り) 1150円 のり多し 100円
赤つけ麺 800円 炙りやきチャーシュー 300円
夏の涼風冷やしつけ麺(全部入り 1150円 ぞうすい 100円
夏の涼風冷やしつけ麺 800円 つけ麺用ライス 100円
らーめん(全部入り) 1050円 小腹にチャーシュー丼 250円
らーめん 700円
塩らーめん(全部入り) 1150円 肉汁炊餃子 350円
塩らーめん 800円 Asahiノンアルコールビール 300円
  Asahiスーパードライ 500円
大盛 100円 ブランマンジェ(夜限定10名) 100円

メニュー
調査日:2011年3月16日 メニューについて
つけ麺(全部入り) 1100円 チャーシュー多し 250円
つけ麺 750円 穂先メンマ多し 250円
塩つけ麺(全部入り) 1150円 半熟味付玉子 100円
塩つけ麺 800円 ネギ多し 100円
赤つけ麺(全部入り) 1150円 のり多し 100円
赤つけ麺 800円 ぞうすい 100円
らーめん(全部入り) 1050円 つけ麺用ライス 100円
らーめん 700円 チャーシュー丼 250円
八丁まぜそば 750円
シビ辛ブラック 800円 ノンアルコールビール 300円
大盛 100円   スーパードライ 500円

メニュー
調査日:2009年9月17日 メニューについて
つけ麺(全部入り) 1100円 チャーシュー多し 250円
つけ麺 750円 穂先メンマ多し 250円
塩つけ麺(全部入り) 1150円 半熟味付玉子 100円
塩つけ麺 800円 ネギ多し 100円
赤つけ麺(全部入り) 1150円 のり多し 100円
赤つけ麺 800円
まぜそば 750円 ぞうすい 100円
半ライス 100円
ライス 150円
大盛 100円 ビール(小) 400円


HOMETOP