こだわり和風らーめん一凛(こだわりわふうらーめんいちりん)
メニューへFileNo1431
おすすめ度
サービス度
★について
http://raou.jp/shop/1431.htm
バーコード読み取り機能付携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報をメールに転送する場合はこちら→をクリック

スープの種類について味噌塩醤油担々麺白湯豚骨つけ麺冷たい麺

閉店(2012年4月ごろ?)
豊田市衣ヶ原3-12 地図を表示
営業時間 11:00〜15:00,17:30〜23:00
定 休 日 水曜日
アクセス 愛知環状鉄道新豊田駅/名鉄三河線豊田線豊田市駅よりやく2.3km
豊田市駅よりバスで八追山下車約300m
客  席 カウンター:5,テーブル:6
駐 車 場 あり
電話番号 0565-34-2080 電話をかける際の注意
備  考 オープン:2010年2月1日
※営業日・営業時間等の情報は 2010.02.13現在のもの
禁 煙 - 水・お茶 ファミリー
券売機 × おしぼり カップル -
無化調 × 新聞雑誌 - 車椅子 -
自家製麺 × マンガ本 - 店舗詳細データについて
BGM ランチセット
前もラーメン屋が入っていた店舗だが、経営者は違うようだ。数席のカウンターと4人掛けのテーブルが4卓



じゃがバター塩らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細やや縮れ
具 ジャガイモ、バター、豚バラ肉、ネギ、胡麻など
2012/02/26 食す。 ★★★☆☆ 680円 評価について
のせただけ・・・というのを私はあまり好きではない。ただ、ジャガイモとバターとスープの織りなすハーモニーに期待させるような添え書きがあったので、ついつい魔が差してしまった。スープ自体には、鶏っぽい旨味と甘味があるものの、表面に広がる脂の香りが少しばかり気になる。塩とはいうものの、ほんのりと甘いスープに、ジャガイモの上で溶けたバターが少しずつ広がっていく。これ・・・無塩バターなのかな?塩っ気は特に感じられず、妙に洋風っぽい香りがスープに広がっていく。皮付きのジャガイモは丸のまま。箸だけでは割ることが出来ないので、箸とレンゲを使うことになるのだが、スープに落ちたバターは、あっという間に姿を変えてしまった。ジャガイモのホコホコとした食感も悪くはないが、スープとバターとジャガイモとが一体となっても、それ以上のものはなく、スープの持ち味が見えなくなっただけだった。豚バラ肉に味はなく、脂身が少なめなので、意外に噛み応えがある。ネギ、ゴマ共に存在感はなかった。少し縮れたような中細麺は長さ30cmほど。私には少しゆるく感じられた。700円未満で良かったか・・・
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やしブラック坦々麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細やや縮れ
具 ミンチ、クラッシュ・ナッツ、クルトン、ニラ、モヤシなど
2011/08/29 食す。 ★★★☆☆ 730円 評価について
涼しげなガラス製の器に盛りつけられている。麺の下にスープ然としたものが見られるが多くはない。混ぜるべきか迷ったが、下の方から麺を持ち上げて口へ。ただの中細かな・・・少し縮れがあることもあって、スープだけでなくいろいろなものが絡みついてくる。食感としてはかため。クラッシュ・ナッツが使われているが、何種類のナッツが使われているのだろう?それぞれコクがあるし食感がある。クルトンが散らしてあるが、味らしい味もないので、食感のみ。スープに浸ると食感が失われるので、早めにいただきたい。長く使われているニラは生。モヤシもその形状から麺と一緒に持ち上がってくるが、ミンチは素直についてこない。胡椒、唐辛子、山椒などが使われているのか。口の中がチクチクとする程の辛味があるが、汗ばむことはない。胡麻は判るものの、黒胡麻という響きに期待した程の力強さ・太さは感じられなかった。この値段ならこれ位かな・・・という一杯。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷しらーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 茹で豚、メンマ、モヤシ、ネギ、胡麻など
2011/08/25 食す。 ★★★★☆ 650円 評価について
黒い器の中で、ほんのりと黄色みを帯びるスープは冷たすぎず、ひんやりといったところ。油らしい油も見られず口当たりは軽く、塩は判りやすいものの強すぎず、魚介の風味が全体をリード。この味と風味とを支えるだけのコクもある。少し縮れた中細麺は長さ30cmほど。ほどよい締め具合で、シコシコっとした噛み応え。モヤシは一部がまだ温かいところをみると、軽く湯通ししたのだろう。パキパキっとした食感がある。このモヤシの上に魚粉が添えられているが、直接口にしない限りbefore/afterに大きな変わりはない。とも思ったが、食べ進むと麺が何やら巻き上げるようになる。麺の下にも結構な量の魚粉が隠れていた。茹で豚には特に味はなく、あっさり&適度な噛み応え。メンマには仕事がしてあって、良い味が付いている。メニューが賑やかになっていて心配したが、これは冷たいラーメンとしては十分なレベル。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
スーパーざるらーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ちストレート
具 チャーシュー、メンマ、ワンタン、キザミノリ、ネギ、生姜、山葵、胡麻など
2010/09/09 食す。 ★★★☆☆ 680円 評価について
500円の和風ざるらーめんにチャーシュー、メンマ、海老ワンタンがついたもの。冷たいラーメンが出てくるものと思いたいところだが、「ざる」の2文字がついていると「ざる中華」と思って間違いない。ラーメンのスタイルではなくて、大目に見ても冷やしつけ麺・・・といったところ。小さなガラスの器に麺をつけて口にすれば、カツオらしさもなく醤油も強くなく、どこかしら酸味がある為か?めんつゆっぽさはないが、和の趣が見え隠れしている。細麺、太麺、平打ち麺から平打ちをチョイス。平打ちながらに噛み応えがある。ネギ、生姜、ワサビが薬味として用意されているが、つゆへの影響を考え生姜と山葵は箸で突いて口にした。チャーシューはひと口サイズ。味と香ばしさが強く、適度な噛み応えがあるが、つゆにつければ脂が広がりそう。メンマの歯応えはザックリしていて、ほんのり胡麻油が香る。海老ワンタンは海老の風味が活き活き。このワンタンは出色の出来だ。暑い日にもサラサラっといただくことが出来る一杯。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
海老わんたん麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細やや縮れ
具 チャーシュー、ワンタン、メンマ、水菜など
2010/05/27 食す。 ★★★☆☆ 850円 評価について
ワンタンのお陰で、どこからレンゲにスープをとろうか?と考えさせられるが、脂の小さな水玉模様が広がるスープは、ほのかに黄色みを帯びていて、口当たりも軽め。判る程度の塩味を支えているのはおそらくは鶏の旨味。塩ラーメンとしてはシンプルだ。このスープに風味を添えているのが柚子と胡麻。排他的になりがちな柚子も、辛うじて判る程度。すり胡麻の風味もさりげない。中細の少し縮れた麺は、強くなく弱すぎずと言ったところで、このスープに合わせるのなら問題はない。スープの半分ほどを覆っているワンタンは五つ。皮のツルリとした舌触りと喉ごしは申し分ないし、タネも大きいので食感がある。ワンタン麺でこれほど立派なワンタンを目にしたのは久しぶりのことだ。チャーシューには1cm近い厚みがあり、適度な噛み応えの中に、多少の塩っ気と香ばしさがある。ネギと水菜が添えられているが、ワンタンを楽しむには水菜が邪魔に思えた。ラーメン自体は普通に美味しいレベルだが、ワンタンは立派。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
黒胡麻担々麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細やや縮れ
具 ミンチ、ほうれん草、松の実、黒胡麻など
2010/04/15 食す。 ★★★☆☆ 780円 評価について
黒胡麻担々・・・という響きに黒いスープを期待するのは私だけではないだろう。粒の黒胡麻が使われているが、スープとしては味噌。もしかしたらスリ胡麻も使ってあるのかもしれないが、赤味噌メインで味に締まりがあり、舌に喉にジンジンと残って、気が付けば額から汗がジワリ。一般的な担々麺ほどではないが、胡麻も伝わってくる。麺を持ち上げると黒胡麻やら唐辛子が一緒に持ち上がる。麺は中細のやや縮れ。スープと合っていない訳ではないが、他にも選択肢がありそうな気もする。ただ、強い麺でないことは確かだ。この麺の上に、松の実、ミンチ、ほうれん草が盛り付けられている。軽く砕いた松の実には味が付いているようだが、素材そのものの味も十分に活きている。ミンチはいわゆる辛ミンチ。冷たいので、口の中で温度差が生じるのが面白いが、すぐにスープに散り散りになる。ほうれん草には特味はないがやわらかい。黒胡麻味噌ラーメンといったところかな。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
野菜たっぷり味噌らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太ストレート
具 豚バラ肉、椎茸、キャベツ、モヤシ、ニンジン、水菜、胡麻、松の実など
2010/03/06 食す。 ★3.5 750円 評価について
カラカラと鍋の音が響いたかと思ったら、チリチリと油が跳ねる音。野菜を炒めている光景が目に浮かぶ。炒めたキャベツやモヤシなどの上から生の水菜・・・たしかに野菜は多い。味噌だからしょうがないことだが、鶏ガラスープの持ち味はよく伝わってはこない。アッサリでもコッテリでもない口当たりに、ほどよい味噌の主張。野菜炒めの風味と旨味が加わり、口の中にピリっと残るさりげない辛味で味を引き締めたところに、胡麻が食感を添えていて・・・好感を持てる味。平打ちのストレート麺はかための歯応え。スープをしっかりと受け止めている。キャベツは程よい歯応えを残しているが、炒め油の香りはでしゃばっていない。生の水菜はシャキシャキしているが、火が通っているモヤシやニンジンは存在感が今ひとつ。豚バラ肉は意外に量が多いのが嬉しい。松の実には独特の滋味深い味があるが、色付いているのが気に掛かる。メニューのハナを飾るだけのことはある。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
吟醸醤油らーめん
ややあっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、ネギ、水菜
2010/02/13 食す。 ★★★☆☆ 600円 評価について
気持ちよく湯気が立っているスープは、微妙に澄んでいないが、醤油が比較的はっきりしていながらもカドはなく、脂も少しは見られるものの、口当たりとしてはアッサリでない程度。飾りっ気のないガラスープなのだろうが、魚介ではなくて和風っぽい余韻が僅かに感じられる。中細のストレート麺は断面が四角形をしている。ほどよい弾力がありながら、シコシコとした歯応えがあり、スープとのバランスも悪くはない。チャーシューには意外な厚みがあり、両面を炙るらしく軽く焼き色がついている通りに香ばしさがあるが、この香ばしさが少し主張している。メンマはやわらかめだったりザクザクしていたりだが、総じて歯応えはザクザク。水菜もネギも邪魔にはなっていない。メニューには「昔なつかしの味」と書き添えてあるが・・・今時の味でないことは確か。これで600円なら悪くはない。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー
調査日:2010年02月13日 メニューについて
野菜たっぷり系 ご飯類
野菜たっぷり味噌らーめん 750円 白ご飯 100円
野菜たっぷり塩らーめん 750円 ミニ炙り焼豚丼 350円
野菜たっぷりつけ麺(醤油味) 800円 炒飯(蒜有・無) 400円
胡麻系 おつまみ
黒胡麻担々麺(大辛) 780円 肉野菜炒め 400円
白胡麻担々麺(ちょい辛) 780円 炙り焼き焼豚 400円
醤油系 枝豆 200円
吟醸醤油らーめん 600円 飲み物
醤油焼き豚らーめん 900円 オレンジジュース(瓶) 150円
コーラ(瓶) 150円
アルコール
生ビール 450円
トッピング 瓶ビール 450円
麺大盛り 100円 ランチセット(11:00〜15:00)
半熟煮卵 100円 ミニ炙り焼豚丼&らーめん 700円
野菜大盛り 150円 炒飯&らーめんランチ 700円
熟成黒にんにく 150円 炙り焼き焼豚丼 550円
炙り焼豚(2枚) 200円 ランチ白ご飯 50円


HOMETOP