はればれ
晴ればれ
メニューへFileNo1446
おすすめ度
サービス度
★について
http://raou.jp/shop/1446.htm
バーコード読み取り機能付携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報をメールに転送する場合はこちら→をクリック
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→

スープの種類について魚介系豚骨醤油カレー他

豊田市広久手町5-27-4 地図を表示
営業時間 11:30〜14:00,18:00〜22:00
定 休 日 月曜日(祝日は営業・翌日休み))
アクセス  
客  席 カウンター:7,テーブル:8
駐 車 場 あり(本当は4台らしい)
電話番号 0565-33-5570 電話をかける際の注意
備  考 オープン:2010年4月30日
※営業日・営業時間等の情報は 2014.01.15現在のもの
禁 煙 水・お茶 ファミリー
券売機 おしぼり × カップル
無化調 × 新聞雑誌 - 車椅子 ×
自家製麺 × マンガ本 - 店舗詳細データについて
BGM ランチセット ×
晴レル屋(大府)、晴れやか(刈谷)、晴天(みよし)に続いてオープンしたが、予想を裏切らない店名に誰もが納得したハズ。店に入ってすぐ右手に券売機。その奥にテーブルが2卓。左手から奥にかけてがカウンター席。



塩台湾
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太め
具 チャーシュー×1、辛ミンチ、メンマ、もやし、ニラ、ナルトなど
2016/04/12 食す。★★★★☆ 830円 評価について
中央に盛り付けられた辛そうなミンチから、ラー油が滲み出ている。それを避けるようにスープを口にしてみれば、口当たりとしては軽い方。多少の動物っぽさに魚介の風味をほどほどに効いている。塩と言われればそうなのだろうが、塩でも醤油でもいいような味。大きめに刻んだタマネギは、わざわざ食感を残したのだろうが辛味はない。スープに広がるラー油と一味唐辛子のおかげで、味わえる程度の辛さがあるが、気がつけば口の中がジンジンしている。細麺と中太麺から選べるが、今回は中太麺。私の中では太めだが、適度に弾力を残していて無難にシコシコ。チャーシューは巻いたというよりは重ね合わせたような感じ。スープの辛さに慣れた舌では、味がよく判らない。ミンチは大粒。醤油辛いというのとは少し違う辛さだが、おそらくここにニンニクが使ってあったのだろう。ニンニクでございます〜的な見え見えの使い方ではないが、事前に確認されなかったし、券売機にも何も書いてなかった。意外によかった。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩まぜそば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー、メンマ、しめじ、えのき、刻み海苔、ネギなど
2015/01/27 食す。★★★☆☆ 780円 評価について
最初から麺に何やら和えてあるようで、麺がテカテカとしていて見た目は油そばみたい。太縮れ麺は長さ40cmほど。弾力が抑えめで噛み応えも強め。塩ダレは味も香りも強くなく、僅かに甘味が感じられる。やや退屈な味なので卓上の胡椒を手に取ったが、スープに使う訳ではないので罪悪感はない。味も香りも主張が強くないので、刻み海苔は風味が相対的に活きている。刻み海苔とネギは麺と混ぜ合わさるが、チャーシューとメンマは混ぜ合わさることはないし、シメジとエノキもギリギリのところで石付きが残っていてバラけないので、まぜそばとしては一体感に欠ける。一口サイズのチャーシューがゴロゴロしていて食べ応えがあるし、メンマには味が付いていて歯応えもザクザク。シメジは大きめ、エノキの食感はジャキジャキ。魚粉が使ってなかったことは歓迎するが、卵黄のひとつ位は欲しかった。店ごとにある独自のメニューは、レギュラーメニューほどの完成度がないことが多い。
▼MENUへ / TOPへ▲
味噌ラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太め・やや縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、しめじ、モヤシ、海苔、ネギ、コーンなど
2014/04/18 食す。★★★★☆ 800円 評価について
いつまでの期間限定なんだろう?魚介ダシと豚骨のダブルスープ&あっさり がウリらしいので、券売機のボタンを押す指先に、迷いはなかった。このスープ・・・私の中ではあっさりではないけれど、この店の中では軽い方。豚骨の旨味は縁の下の力持ちかな。唐辛子もチラチラ見られるものの、味噌辛さと合わせても強い辛さではないが、味には一応メリハリがある。そのせいか?コーンの甘味が十分には活きていない。少し縮れた太めの麺は、長さ20cm余で無難にシコシコといったところ。シメジは湯通ししただけなのだろうが、小さな変化がちょっと嬉しい。チャーシューは味噌に呑まれてしまったようで、存在感が小さい。スープが減ってくると、器の底に何やら姿を現す。食感は面白いけどニンニクのようだ。スープの味噌とダシのバランスが良かった。味噌もダシも強すぎず、それでいて十分に主張しているし口当たりも重たくない。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩まぜそば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 チャーシュー、メンマ、しめじ、エノキ、刻み海苔、ネギなど
2014/01/29 食す。★★★☆☆ 750円 評価について
どこの店もそうだが、いきなり混ぜ合わせるの至難の業。少し麺を減らしてからでないと、丁寧に混ぜ合わせることは出来ない。麺の下には無色に近い液体が少し見られる。それを麺に絡めていただくと、塩っ気は抑えめ。脂に由来するものなのか?少し甘味がある。散漫にはなっていないが、もう少し味に締まりが欲しいところ。少し唇が脂でぬめるが、私の中では一応まぜそば。40cm弱の極太縮れ麺は、適度な噛み応えの中に弾力を残している。なぜだろう?刻み海苔は風味が今ひとつ。えのき茸とシメジは、ラーメン店で見ることは多くないが、えのきの食感に存在感がある。チャーシューは片面だけ炙ってあって、食欲をそそる香ばしさがある。厚さは2cmから3cmもあり食べ応えは十分だが、麺と混ざり合う大きさではない。ネギは、量が多すぎるんじゃないのかな?少しばかり邪魔に思えた。この店だからこうなりました〜という部分は希薄で、ただ作ってみました的な一杯。晴れやか(刈谷市)のまぜそばより少しはいいと思うけど、満足することは出来ない。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
辛らーめん
こってり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太やや縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、うずらの玉子の水煮×1、ナルト、海苔、ネギ、タマネギ、
2012/09/01 食す。★★★★☆ 750円 評価について
何か冷たいものでやっていないか?と店を訪ねてみたものの、その冷たいものがトマトでは手が出なかった。適当に押したボタンは、辛ラーメン。味噌辛さは強めで、舌にチクチクと残るほど。豚骨、鶏ガラ、魚介を使うというスープも、味噌の力に押されて渾然一体となったコクとしてしか捉えることが出来ないが、ド〜ロドロとした濃度も手伝って確かに美味い。麺は、細麺、中太麺、太麺から選ぶことが出来るが、前回は細麺と太麺から選んだハズ。今回は中太麺。少し縮れていて、かための食感。太さの問題ではなくて、強さの問題なのだろう。スープとの相性も問題ないと思う。どうせなら違う太さの麺を一緒に使ってくれれば、楽しみようもあるけど、茹で時間が異なると難しいのかな?チャーシューは1枚だけだが、意外にスープに負けないだけの味が付いている。スープの濃さは絶対に必要なものではないけれど、美味いものは美味い。ついつい飲みたくなるが、この季節にあまりドロドロしたものをいただきたくはない。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
辛らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、うずらの玉子の水煮×1、ナルト、海苔、ネギ、タマネギ、
2012/02/23 食す。★★★★☆ 750円 評価について
レンゲをスープに押し付けてみれば、ゆっくりとスープが流れ込んでくる。ドロンとした濃度があるものの、コッテリとは少し異なる口当たり。晴レル屋のDNAを感じさせる動物系の旨味に、魚介の風味を十分に効かせてあり、コクも風味もしっかり。味噌っぽさは希薄だが、辛味は結構強い。喉や唇がヒリヒリするほどの辛さで、気が付けば額から汗がタラリタラリ。完全に大人向けの辛さだ。太麺と細麺が選べるということで、私が選んだのは太麺。極太の縮れ麺。40cmと長めなので、麺が跳ねやすい。スープのコクと辛さに負けない為か?麺もかなり強く、ゴワゴワっとした噛み応え。思ったほどスープが持ち上がってこない。チャーシューは半分近くが脂身。味もよく染みていて、周りのスープがタレで滲むほど。うずらの卵は、水煮の状態で仕入れるのだろう。黄身の状態はどこも同じホコホコ。ネギは、このグループらしくパサパサしていた。スープを飲み干すと後が大変そうなので残したけど、満足できる一杯だった。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
みそDEカリー
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太ストレート
具 チャーシュー、ヤングコーン、うずらの玉子×1、クコの実、レモンなど
2012/01/24 食す。★★★★☆ 850円 評価について
途中でレモンの絞り汁を麺にかける・・・という食べ方の説明を聞くのは、今回が初めてではない。味噌にしてもカレーにしても、本来はすべてを塗り潰すだけの力をもっているが、このつけ汁の軸足はカレー。味噌は言われなければ判らないが、カレーにも排他的な力強さはない。魚介がよく効いていて、カレー以外ににも口に残る辛味がある。口当たりにほどよい濃度が感じられるものの、重たいと感じることはない。このつけ汁に刻みタマネギが添えてあるが、少しやばかりかましい。ハーブやら唐辛子があしらわれているが、麺をつければ散り散りとなっていく。極太の少し縮れた麺は40cm近い長さ。よく締めてあって、コシは強め。つけ汁の持ち上げが良い。つけ汁の中には、ひと口サイズのチャーシューがゴロゴロ。とは言っても大きめで脂身がないので食べ応えがある。ヤングコーンはあまり目にすることのない食材だが、独特の食感が面白かった。カレー一色でないところに好感を持つことができる。ついつい完食。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
ブラックカレー
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太ストレート
具 チャーシュー、ヤングコーン、うずらの玉子×1、サヤエンドウ、レモンなど
2011/02/15 食す。★★★★☆ 850円 評価について
カレーの香りは強め。ヤングコーンと唐辛子が、つけ汁に直線を描いていている。ブラックという響きの割にビターな感じはないが、単にカレー粉を使いました的な安直な味と香りではない。少しトロミがあり、魚介が使ってありそうな旨味の重なり方をしている。何度か麺をつける内に、唐辛子が散り散りとなり、全体にチクチクとした辛味が行き渡る。麺は極太のストレートで長さはざっと50cm。長いだけでなくコシも強く、つけ汁の味と香りを受け止めるには十分な力を持っているし、つけ汁の持ち上げも良い。途中で麺にレモンをかけて・・・というのが店の注文だが、実際やってみると、さっぱり感が加わって、最後まで箸の動きが鈍ることがない。つけ汁の中には、一口サイズのチャーシューとヤングコーンとうずらの卵の水煮。チャーシューは一口サイズと言っても大きめ。ヤングコーンは独特の食感が面白い。つけ汁が意外に濃かったようで、後からお腹に重たいけれど、食べさせる力は十分。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太
具 チャーシュー×2、メンマ、うずらの玉子×1、ネギ、海苔、タマネギ、ネギ、ナルト等
2010/08/02 食す。★★★★☆ 700円 評価について
つけめんのオールインワン・タイプと思いきや、水菜が姿を消してネギが使われている。スープを口にしてみれば、まずは魚介の風味。それほど強くはないが全体的に甘味を帯びていてジンワリ。わざわざ脂も使うようだが、口当たりに濃度も感じられ、豚がそれほど威張っている訳もないが、十分なコクがある。甘味で散漫にならない程度に、ギリギリのところで味に締まりを持たせているのは何なのだろうか。大きめに刻まれたタマネギが使われており、辛味はなく自然な甘味があるが、この大きさでは歯に当たってしょうがない。麺は極太で長さ50cmほど。噛み応えがあるのは良いが、ややスープを負かし気味。2枚のチャーシューには結構なボリュームがあり、味は控えめ。太く使われているメンマは、歯応えザックリ。甘味があるのはオープン以来相変わらずだ。美味しい・・・だけど、この店はこの程度ではないハズ。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
赤つけめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太
具 チャーシュー、メンマ、うずらの玉子×1、ネギ、海苔、黒ゴマ、ナルトなど
2010/07/04 食す。★★★★☆ 800円 評価について
つけ汁を左へ、麺を右へ・・・食べやすいように私はいつもこうしているが、つけ汁を汁ものとして扱えば、つけ汁は右が正しい。左手にもったレンゲでつけ汁を口へ。赤味噌メインのブレンドで、味噌の主張もしっかりだが、魚介の風味もしっかり。味噌辛さだけでなく塩辛さもあり、辛味が染みるようなところをみると酸味もあるのだろう。鶏と豚のコクが辛味や風味に負けることなく頑張っている。ただ、味が強いので甘味が判りにくかった。極太麺は相変わらずだが、つけ汁の持ち上げも良いし、味、風味、旨味に負けないだけの噛み応えがある。麺の太さと40cmを超える長さを考えると、一度に口にする麺は2,3本が良い。つけ汁の中にはチャーシュー、メンマ、ナルトなどの具。チャーシューが薄いものと厚いものとでモノが違うようにも見えたが、一口サイズで食べやすいが・・・やはり存在感に欠ける。濃すぎず、重すぎず、それでいて旨味十分。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩つけめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太
具 チャーシュー、メンマ、うずらの玉子×1、ネギ、海苔、黒ゴマ、ナルトなど
2010/05/16 食す。★★★★☆ 800円 評価について
オープンから二週間ほど。塩つけ、赤つけの提供が始まっていたが、店主によればオープン翌日からとのこと。つけ汁の表面には膜が張っているのが見られ、動物系スープの強さが伺えるし、舌触りにも安心感がある。魚介の風味はしっかりしていて、期待したほど甘くなかったのは塩のせいだろうか。海苔は最初の内だけパサっとしたところがあったので乾物だったかもしれない。麺は極太のやや縮れ。噛み応えはしっかりしている。当初あまり塩っ気が気にならなかったのに、何度か麺をつけている内に少し酸味を帯びたような塩辛さが前に出てきてメリハリのある味に。これで麺とのバランスもとれるのだが、その分、魚介が後退。仕様ではなくて、たまたまだったようだ。つけ汁の中には具が潜んでいる。うずらの玉子とメンマはともかくとして、チャーシューは小さくて存在感に欠ける。看板への期待値が大きいのが気の毒だが、満足できる一杯。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
つけめん 全部入り
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太
具 チャーシュー×3、メンマ、うずらの玉子×5、ネギ、水菜、海苔、ナルトなど
2010/04/30 食す。★★★★☆1050円 評価について
つけ汁の表面には脂も見られ、何やらタレみたいなものが落としてある。口当たりに重たさはないが、舌を安心させるだけの濃度はある。でしゃばり過ぎない魚介の風味と共にやさしい甘みが口の中に広がり、思ったほど豚ブタしていなくて飲みやすいが、唐辛子の影響もあって口の中に辛味が余韻として残る。下の方からは、小さく刻まれたタマネギも出てくる。ひや盛りで提供された極太麺は長さ40cm程。強い噛み応えがあるが、つけ汁を負かすことはないし、つけ汁の持ち上げも良い。チャーシューには意外な厚みがあり味は控えめ。メンマはやわらかめで、少し甘みがある。そして、うずらの玉子の水煮は、良い箸休めになっている。ネギの小口切りの下には刻んだ水菜も隠れているが、つけ汁の中で邪魔にはならなかった。食べ終わる頃には魚介の風味を見失いかけていたが、店主の話によると今回の店は魚介の甘みにこだわりがあるとのこと。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー
調査日:2012年1月13日 メニューについて
つけめん(全部入り) 1100円 麺増 100円
つけめん 750円
塩つけ(全部入り) 1150円 チャーシュー多し 250円
塩つけ 800円 メンマ多し 150円
赤つけ(全部入り) 1150円 のり多し 100円
赤つけ 800円 ネギ多し 100円
みそDEカリー(全部入り) 1200円 玉子 100円
みそDEカリー 850円
塩まぜそば(夜限定) 750円 小さいチャー丼 250円
らーめん(全部入り) 1050円 詰め放題ライス 100円
らーめん 700円 詰め放題ぞうすい 100円
塩らーめん(全部入り) 1100円 ライス・ぞうすい(平日ランチ) 無料
塩らーめん 750円
辛らーめん(全部入り) 1100円 ぎょうざ 350円
辛らーめん 750円 ビール 500円

メニュー
調査日:2010年5月16日 メニューについて
つけめん 全部入り 1050円 チャーシュー多し 250円
つけめん 750円 メンマ多し 150円
塩つけめん 全部入り 1150円 のり多し 100円
塩つけめん 800円 ネギ多し 100円
赤つけめん 全部入り 1150円 玉子 100円
赤つけめん 800円
小さいチャー丼 250円
詰め放題ライス 100円
詰め放題ぞうすい 100円
ぎょうざ 350円
大盛 100円 ビール 500円


HOMETOP