らーめんたご
らーめん たご
メニューへFileNo145
おすすめ度
サービス度
★について
http://raou.jp/shop/145.htm
バーコード読み取り機能付携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報をメールに転送する場合はこちら→をクリック
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→

担豚醤塩醤台味つけ

名古屋市中川区新家2-608
営業時間 11:00〜14:00,18:00〜21:00
定 休 日 月曜日・第1・3日曜日
アクセス  
客  席 カウンター:8
駐 車 場 あり
電話番号 052-431-8111
禁煙喫煙 禁煙
備  考 オープン:2010年2月
閉店:2015年3月29日
移転:2015年4月10日
※営業日・営業時間等の情報は 2015.04.23現在のもの
長らく中村区の店舗で営業していたが、少し前に店のすぐ隣の駐車場がなくなって、少し離れたところに駐車場を確保していた。ところが、そこにコンビニが建つこととなって移転を決意したらしい。新しいお店は自宅のすぐ横。カウンター10席にも満たない店はこじんまりとしていて、セルフのご飯を取りに行くにも、通路が狭い。店に入ってすぐのところに券売機があり、席へ案内されたら自分でコップに水を注いで席につく。空の茶碗が出てくるまでは、ご飯をとりに行ってはいけない。そうそう・・・製麺機は自宅の一室にあるそうだ。



にぼし中華そば
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、煮玉子1/2、青菜、玉葱、ネギ、海苔、ナルトなど
2016/08/25 食す。 ★★★★☆ 830円
今年は先に冷やしをいただいてしまっていて、冷たいか温かいかを除けば、第一印象はほぼ同じ。茶濁しているものの、見た目ほどに強いスープではない。煮干しもダシより魚粉に頼るところが大きいが、しっかり効いている。それでいて苦味とかえぐみがないのが店主のセンスと言える。冷やしでは邪魔に思えたネギも、スープの熱が作用したのか?なんの違和感もなく、刻みタマネギも、食感と甘味をスープに添えてくれている。ほうれん草は、クタクタとやわらか。実を言うと、かたいのより好きだったりする。自家製の太縮れ麺は、長さ40cmほど。弾力を残しつつも噛み応えは強め。少しプリっとしたところがあって、小麦粉の良さがが伝わってくるし、煮干しの力強さを存分に受け止めている。この麺とスープが主役で、他はすべて脇役と言ってもいい位に麺とスープが主張していて、仮に具がひとつふたつなくなっても、印象は変わらないと思う。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やしにぼし中華そば
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、煮玉子1/2、青菜、玉葱、ネギ、海苔、ナルトなど
2016/07/10 食す。 ★★★★☆ 850円
お馴染みの丼ぶりにスープを注いだかと思ったら、そのまま冷蔵庫へ。しばらくすると麺やら具が盛り付けられてカウンター越しにその丼ぶりを受け取る。スープが茶濁していることもあって、一瞬重たそうに見えるかもしれないが、口にしてみるとそうでもない。冷たいながらに、これでもか!と言わんばかりに煮干が効いているが、苦味やエグみはなくスッキリ。細かく刻んだタマネギがスープの一角に添えてあって、シャリシャリとした食感とさりげない甘味を楽しむことが出来る。麺を持ち上げてみれば、長さ20cm強の太縮れ。もちっと弾力がありながら、適度に歯を押し返してくれる。冷やしは麺がかたい店が多いので、これだけでも評価できる。その半面、小口切りのネギは少しばかりやかましい。なくてもいいだろう。昨年はロースだったチャーシューも、今年はバラ。脂身が少しだけ気になった。最後には麺と一緒に煮干粉が持ち上がり、スープを飲み干せばジャリジャリとするが、その苦味も含めて美味しかった。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
にぼし中華そば 冷やし
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、煮玉子1/2、青菜、玉葱、ネギ、海苔、ナルトなど
2015/08/01 食す。 ★★★★☆ 830円
にぼし中華そばの食券を購入して、店員に渡す際に「冷やしで」と伝える。10分位かかると言われると、さらに期待が高まってしまう。スープが茶濁しているのは意外だった。煮干しがしっかり効いていながら、えぐさは全くない。氷も見られず、ほどよい冷たさ。旨味の源が何であるかは判らないが、冷たいながらにコクがあって、一層色濃い香味油の辺りだけ、煮干しの風味と苦味が増して良いアクセントになっている。太縮れ麺は、長さ45cmほど。見た目に強そうな麺も、ほどよい弾力を残していてシコシコとしているし、自家製麺らしく小麦粉の良さが伝わってくる。刻んだ玉葱は量があって、邪魔になるかと思いきや食感も味もスープにマッチしている。チャーシューは3枚。店主は冷やしにバラチャーシューを使うのに抵抗があったらしくロースを使うらしい。脂身はなく適度な噛み応えと肉の旨味がある。煮玉子は黄身がドロリと半熟。しっかり色付いた白身には強めの味が付いている。スープを飲み干した丼ぶりの底に煮干し粉が残る。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
台湾ラーメン(塩)
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 辛ミンチ、モヤシ、ネギ、ニラ、粒胡麻、糸唐辛子など
2015/04/23 食す。 ★★★★☆ 830円
味仙の台湾ラーメンを構成するものを、辛ミンチ、ニラ、モヤシ、ニンニク、辛味だとしよう。その辛味にもいろいろな辛さがあるものだが、このラーメンにないのはニンニク位だ。確認もされなかったので、使わない仕様なのだろう。スープ自体は口当たりが軽め。ダシ・・・それも魚介の風味がほどよく効いているところに辛味も効かせてあるが、舌に辛味が残るものの額が汗ばまない程度。塩ダレも辛さに負けない程度の塩梅が絶妙。中央の辛ミンチには軽いながらも奥行きのある辛さがあって、大粒なので食感の面白さがある。モヤシはほどよくクタっとしているが、ザクザクっとした食感。ニラは短く切ってあって、あまり目立たない。太縮れ麺は40cmほどの長さ。かたくなくて、適度な弾力があるし、スープとのバランスも申し分ない。自家製麺らしく、ありきたりの中華麺にはない麺の良さが伝わってくる。スープを飲み干すのに躊躇はなかった。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
 
 
 
移転前
名古屋市中村区本陣通5-88-1
 11:00〜14:00,18:00〜22:00
 定休日:月曜日
 TEL:052-413-0066
 
 
 
 

冷しラーメン(塩)
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 生ハム、エビ、メンマ、モヤシ、キャベツ、ワカメ、ホウレン草、ネギ、ゴマ、糸唐辛子
2014/07/31 食す。 ★★★★☆ 780円
ここ数年、夏にしかこの店を訪ねていない。冷し以外にも的を絞った食べ歩きも必要かもしれない。盛り付けや仕様が多少変わっているのだろうが、今年も相変わらず美味しい。ひんやりとしたスープは、塩がやや強めながらスッキリとした味わい。ほどよく魚介の風味も効いている上に必要かつ十分なコクもある。ほうれん草やワカメ、茹でモヤシにキャベツなど盛り沢山だが、ふと気が付くと口の中に海老の香りがある。干し海老には箸を付けていない・・・スープに広がる油が僅かに赤みを帯びている。海老の香味油が使ってあったのかもしれない。もちろん、干し海老を口にすれば、風味は増すし食感も楽しめる。麺は細めのストレート。断面が長方形をしているが、平打ちとは限らない。ややかためだが、スープの持ち上げがいい。このラーメンの看板食材でもある生ハムは、塩っ気がかなり強め。独特の香りもあるが、今年は一段とクセが強いかもしれない。スープを飲み干した丼ぶりの底に魚粉らしきものが残っていた。今年も言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やし
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 生ハム、エビ、メンマ、モヤシ、キャベツ、ワカメ、ホウレン草、ネギ、ゴマ、糸唐辛子
2013/09/03 食す。 ★★★★☆ 750円
やや小振りな器に、麺が見えないほどの具が盛りつけられている。スッキリとした塩味だが強すぎることはなく、油も少し見られるものの口当たりは軽い。ダシもよく効いていて、魚介の風味が心地よい。どこから麺を持ち上げるか?悩むほどに具沢山。モヤシの一部をやっつけて、真ん中から麺を持ち上げることにした。中細のストレート麺は、長さ35cmほど。しなやかさの中にも適度な噛み応えを残している。スープとも一体感があって、スープの味をよく持ち上げてくれる。モヤシとキャベツは茹でただけかな?よく冷えているので予め仕込んであったのだろう。キャベツの自然な甘味は良いが、モヤシに少し味が欲しいところ。この日は海老と一緒に口にしたが、卓上の辣油を使うか少しだけ考えた。ほうれん草にも味はなく、モヤシ同様に冷たい。特徴的なのが生ハム。独特な風味と強めの塩っ気が良いアクセント。具が減ってくると麺が素直に持ち上がるようになり、スープを味わうことが出来るように成る。躊躇せずスープを飲み干して言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やし塩
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 生ハム、エビ、メンマ、ワカメ、ホウレン草、ネギ、ゴマ、糸唐辛子など
2011/07/15 食す。 ★★★★☆
初めていただいてから、早いもので4年が経つ。少しは仕様が変更されているのだろうが、値段の改定が一番気になるところだ。気持ち小振りな高台丼の中のスープはひんやり。油が広がっているのが見られるが、もちろん植物性なのだろう。この油が香っている可能性は否定できないが、魚介の風位が口の中に広がるのを追いかけるようにエビの香り。塩は判る程度だが、冷たいながらにコクがある。麺は中細とは言わない位の太さだが、長さとしては40cmを少し下回っている。私が歳を重ねたからだろうか?この麺が私には強く感じられる。生ハムは、その塩っ気が特徴的なだけでなく、スープへの味と香りの影響も最小限のもの。桜エビだったかな?を口にすれば、お約束の香ばしい香りが口の中に広がる。キャベツのやわらかい甘味も特徴的。海苔には意外な厚みがある。具が少しばかり賑やかなので、少しだけ引き算が必要かもしれないが、これは完食に値する一杯。もちろん言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
濃厚煮干しつけ麺(週末限定)
こってり
豚骨、魚介
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ、ノリ、鰹粉、唐辛子など
2009/10/10 食す。 ★★★★☆ 840円
つけ麺の食券を手に「煮干し」と一言添えてオーダー。つけ汁がレンゲに流れ込む様子に、つけ汁の濃度が見て取れる。ワイルドな煮干しの風味を力強い豚の旨味で支え、醤油ダレで味を調えているが、判る程度の酸味がちょっとしたアクセントになっており、醤油も煮干しを引き立てる程度。店で使う豚骨スープを6割程に煮詰めて使うそうだが、背脂らしきものも多少見られ、口当たりはドッシリ。ここにカツオ粉と唐辛子が添えられており、麺を付ける際にレンゲを上手に使えば風味や味に変化をつけることが出来る。ゆるやかなウエーブを見せる太麺はこの店ならではの自家製で長さ35cm程。噛み応えには、つけ汁の力強さを受け止めるのに十分な力強さがある。この麺が・・・つけ汁に素直に沈まない。つけ汁の中に隠れている一口サイズのチャーシューは、脂身が少なめで適度な噛み応えがある。ネギの辛味も良いアクセントになっているが、つけ汁の濃さを考えれば、薬味としてもっと欲しいところ。思いっきり魚サカナしているので食べる人を選ぶのだろうが、私は大いに満足。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
よくばりデラ味噌
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太・やや縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、煮玉子1/2、ニンニク・チップ、水菜、モヤシ、コーン、海苔、黒胡麻、唐辛子など
2009/01/03 食す。 ★★★★☆ 980円
この店で冬の定番となっている味噌ラーメンに生姜でアレンジを加えたトッピング豪華版。少しだけカドが感じられたのは生姜のものだろうか?白味噌寄りのブレンドなので味噌辛さは目立たないが、味噌の存在感はしっかり。黒胡麻やら唐辛子、細かな背脂らしきものが見られ、脂もそこそこだがコッテリという程でもない。額から汗が流れ落ちるのは辛さの為ではなくて生姜の効能によるものか。ゆるやかなウエーブを見せる麺は太縮れ。ツルリとした舌触りにコシはしっかり。味噌を存分に受け止めている。具は『よくばり』の名に恥じない豪華さ。片面だけしっかり炙られたチャーシューは、ほどよい香ばしさの中にも肉の旨味がある。コーンを受けるように穴あきレンゲ・・・コーンのみずみずしい甘味がスープとの味噌とは好対象。ニンニクには食欲を刺激する風味だけでなく、多少のニンニク辛さもあるが、サクサクの食感もスープを吸うに従って、しんなりとしてくる。麺にも具も食べ応えがあって、お腹も満足。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
汁なし台湾(カレー)
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太・やや縮れ
具 辛ミンチ、メンマ、キャベツ、モヤシ、ネギ、ニンニクチップ、刻みニンニク、背脂、節などと、別皿のスープ
2008/02/13 食す。 ★★★★☆ 800円
汁なし台湾をカレーでお願いしてみた。油ダレではなくて少量のタレを麺に和えていただくスタイル。グルグルっと麺をかき混ぜて麺を持ち上げてみれば極太のやや縮れ。店主によれば14番の切刃を使うらしい。麺に節がまぶしてあるようで、麺を口にすると力強い魚介の風味が口の中に広がる。前後してカレーの香りも口の中に広がるが、カレーが威張っていないので魚介の風味も活きている。辛さは、喉や舌にはほとんど影響はなく、口の周りが多少ヒリヒリする程度。もう少し辛くても十分味わうことが出来る。キャベツのやわらかさとやさしい甘味が印象的。ニンニクは刻んだものと、揚げたものとが使われているが、風味が支配的になっていないので、魚介やカレーの香りを殺すことはない。白くドロドロっとしたものは背脂。多少重みのある甘味があるが、それだけを口にするものではない。麺の話に戻るが、強すぎず、それでいて十分な噛み応えが、カレーや魚介、ニンニクをしっかりと受け止めている。240gもの麺をついつい完食。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やし塩ら〜めん
あっさり
鶏・豚・・・
↑画像を
クリック
麺 中太やや縮れ
具 生ハム、メンマ、桜エビ、煮玉子1/2、ワカメ、水菜、ニンジン、炒り胡麻など
2007/07/04 食す。 ★★★★☆ 630円
透ける程に薄く使われているモノは生ハムだろうか?これだけでも十分に興味が高まっているのに、水菜に桜エビに煮玉子と、彩りも鮮やかだ。スープは意外に塩がハッキリ。魚介の香りにも心地よいものがある。スープを口にすると油がスーッと唇にのびるが、それでもスープはアッサリ。店主の話によると、鶏豚の清湯スープにエビ油を使うとのこと。冷たさも手伝って、キリっと味と香りが引き締まっているところに、炒り胡麻が風味を添えてくれている。麺は中太のやや縮れ。麺の力強さがヒシヒシと伝わってくる。生ハムは塩が強めだが、薄く使ってあるので塩味もアクセント程度。桜エビを口にすれば、ほんのりと海老の香りが口の中に広がる。食べやすい大きさに切られた水菜の中には細く切られたニンジンもみられる。後半、魚介の香りが弱くなるところも見ると、やはり香りは油のもののようだ。スープを飲み干すと、粗挽きの白胡椒が姿を現した。本当に630円で良いの?これなら800円と言われても不思議ではない。もちろん言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
つけ麺 魚だし豚骨
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー、メンマ、煮玉子、ノリ、鰹粉、もやし、ネギなど
2007/04/18 食す。 ★★★★☆ 800円
見るからに豚骨醤油らしい色をしたスープだが、魚が効いていることは想像に易い・・・海苔の上にのっているのは鰹粉で、少しずつスープを吸い上げているものの、海苔のおかげでスープに散り散りになることはない。スープは期待通りの魚介系豚骨醤油。力強さと十分な厚みがあるところに、魚介の風味もしっかり。唐辛子がピリリと引き締めているが、酸味は前には出て来ていない。麺は太縮れ。流水で締められていることもあって力強いコシがある。ツルリとした舌触りに任せて麺をすすると、口元で麺が暴れる程だ。難を言えばスープの持ち上げが今ひとつだが、おかげで麺を上まで全部つけても、麺を味わうことが出来る。スープには背脂が見られるものの脂は控えめだ。具はつけ汁の中に盛り付けられているが、店主の話によると、具が沈まないよう下にモヤシを敷いて具を見せるようにしているらしい。トローリ煮玉子、ザクザクメンマに一口サイズのチャーシューなどが、食べられるのを待っている。麺にしてもスープにしても力強さが光る一杯。もちろん完食・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
名称未定(麻油)
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー、メンマ、煮玉子、ノリ、もやし、ネギなど
2007/04/18 食す。 ★★★★☆
真っ黒な色をしたスープから麻油の香りが立ち上る。レンゲをスープに泳がせてみると、下のスープは豚骨醤油らしい色をしている。スープを口に含めば、麻油の香ばしさが口の中いっぱいに広がる。苦みこそないが、かなりの力強さだ。麺や具でスープの一角を囲い、中のスープをレンゲに取っていると下のスープが顔を見せる・・・豚骨醤油に魚介の風味とくれば、ここ最近のトレンドだ。麺は太縮れ。力強い麺だが、もう少し麺に力があっても良いと思う程に麻油が強い。先ほどのつけ麺と同じ麺らしいが、締めてあるのとないのとでは、かなり感じ方が違う。麻油を別に出してもらえれば、途中で劇的に味を変化させることが出来るのだろうが、店主によると、スープの黒さにこだわりがあるらしい。それでもスープが減っていくに従い、スープに占める麻油の割合が下がり、魚介の風味が麻油より前に出てくる。こんな変化も良いのかもしれない。アッサリとは無縁のとてもパワフルな一杯。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
台湾ラーメン(醤油)
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太麺・やや縮れ
具 ミンチ、メンマ、モヤシ、ニラ、煮玉子1/2、ネギ、糸唐辛子など
2007/01/07 食す。 ★★★★☆
自家製の太麺を使った台湾ラーメンだが、この日は醤油をチョイス。既にスープには辛味が行き渡っているが、まろやかな醤油の味わいの中に独特の奥行き感を伴った辛さがある。ニンニクも抑え気味で、魚介の風味も、以前いただいた台湾ラーメン(塩)のことを思うとかなり控えめ。まるでスープが違うように感じられた。味わえる程度と思っていた辛さにも、結構底力があるようで、食べ進むにつれて、額から汗が流れ落ちるようになる。麺は店自慢の自家製麺。ゆるやかなウエーブを見せる極太麺は、コシがしっかりしていて、麺を食すという充実感がある。麺の食感を楽しみたいので、モヤシと麺は出来れば別々に口にしたい。ミンチは細かく挽かれており、スープに散り散りになってしまうが、スチール製の穴あきレンゲが添えられているので心配はない。辛さと麺の力とが合わさって、完食に値する一杯に仕上がっている。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
試食してきました
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 やや縮れ
具 煮玉子1/2、メンマ、ワカメ、ナルト、ネギ、カイワレ、糸トウガラシ、胡麻など
2006/12/22 食す。
 ハルユタカ(国産小麦粉)を入手出来たそうで、特別に麺を作ってみたらしい。本来ならもう一晩熟成させるところを・・・無理言っていただいてきました。ゆるやかなウェーブを見せる麺は太く、ところどころに黒い粒々が見られる。つけ汁は急ごしらえのもので、醤油仕立てのモノは、いわゆる麺つゆにネギを添えたもので冷たく、塩仕立てのものは、この店で使っているスープを塩と胡椒と脂とで調製し、胡麻とネギを散らしたもので熱々。どちらが麺の香りを楽しめるかと考えた末に塩から試してみることに。塩辛さと胡椒辛さに脂の風味が加わって、つけ汁の力は十分すぎる程。麺を付けるのも1/3か1/4までだ。ほんのりと香る小麦粉の香りをよそに、十分なコシと弾力で楽しませてくれる。麺つゆは想像通りの味。香りがある分、この麺をつけて食すのは勿体ないかな?と言ったところ。
 続いて塩ラーメン。私の脳裏に感動と共に刻み込まれている和風塩ラーメンのことを思うと、和ダシが控えめだが、脂の量の割にアッサリ。塩は尖りこそないが、ハッキリ塩だと判る程の塩梅。チャーシュー等の代わりに別皿で出て来たのが、軟骨チャーシュー。20cm程の長さで太さもあり、見た目のインパクトは十分。醤油ダレで長時間煮込んだようで、トロットロにやわらかく、ビールが欲しくなる程に醤油辛い。塩ラーメンに入っていたら、途中で醤油ラーメンに化けたかも?と思える程だった。いろいろと企んでいるお店なので、今後が楽しみだ。今回は、ラーメンと言うよりお店のレポートでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
台湾ラーメン(カレー1辛)
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 ミンチ、メンマ、モヤシ、ニラ、煮玉子1/2、ネギ、唐辛子など
2006/07/18 食す。 ★★★★☆
カレーとは言うものの、ご飯にかけるカレーのような濃度・トロミはなく、スープの持ち味が伝わってくる程。カレーは味噌と並ぶ強い調味料だが、排他的な使い方はされていない。気のせいだろうか?カレーの香りの奥に魚介の風味が感じられる。ニンニクは特に感じられないが、モヤシにニラ、ミンチ、そして唐辛子と台湾ラーメンらしさが見られる。1辛ということもあり、汗ばむ程度の辛さだが、だからこそスープの風味を楽しむことが出来る。麺は自家製の太縮れ。コシが強く、勢いよく麺をすすると麺が口元で跳ねそうな程。歯応えはしっかりしている。ミンチは多め、煮玉子も黄身はトロリと半熟。白身には醤油辛い程に味が良く染みていて、スープに負けていない。1辛では少し物足りなさがあるが、店のオススメが2辛というのもうなずける。ほどよい辛さとカレーの香り、麺の力強い食感が後を引いてついつい完食。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
鶏白湯
ややあっさり
鶏ガラ・・・
↑画像を
クリック
麺 やや縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、水菜、ネギ、胡麻など
2006/01/28 食す。 ★★★★☆
試行錯誤が繰り返されている鶏白湯だが、この日は鶏をかなり多く使ったらしい。胡麻が散らされたスープには、鶏油だろうか?ところどころ黄色味を帯びた脂が見られる。スープを口にしてみると、口の中に広がる鶏の旨味と甘み。トロミはなく口当たりは軽め。スープ表面の脂のモノだろうか?トリ臭さもあるが、私の中ではあっさりした鶏白湯だ。タレに多少の魚介を使うらしいが、スガキヤっぽさは感じられない。自家製の麺は太めの縮れ。コシが強く噛み応えがある。スープとの相性が良いのか?小麦粉の味がするような感覚を覚えたが、店主によると、この日の麺は熟成が今ひとつだったらしい。口の中で小気味良い音を立てるメンマは相変わらず。やわらかチャーシューからも肉の味がよく伝わってくる。トリ臭さほどに鶏の旨味が強くなかったのが意外だったが、アッサリした鶏白湯は私も好きだ。完食に値する一杯・・・ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
味噌らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太やや縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、ノリ、ネギなど
2005/12/21 食す。 ★★★☆☆
背脂に混じってチラチラと赤いモノが見られる。一口スープを口にしてみれば、なめらかな味噌の味わい。二種類の味噌をブレンドするらしいが、味噌カドが感じられないのは背脂のおかげだろうか?ベースは豚骨らしいが、スープには野菜の存在感がある。僅かに甘みを感じるものの、トウガラシがさりげなく・・・本当にさりげなくスープを引き締めている。麺は中太のやや縮れ。自慢の自家製麺は、噛み応えがありコシはしっかり。舌触りも喉ごしも良い。一枚だけのるチャーシューはやわらか。メンマはザクザクっと小気味良い音を口の中に響かせてくれる。煮玉子の黄身は流れ出さない程度に火が通り、白身にもよく味が染みている。そしてノリも厚手で、スープに浸して口にすれば、フワァっと口の中に風味が広がる。味噌としては無難・・・3ヶ月程前に食した特選味噌にはおよばないが、『特選』と比べてしまうのは気の毒というものだ。
▼MENUへ / TOPへ▲
木の子と秋の素材のかき揚げ特選味噌
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 やや縮れ極太麺
具 かき揚げ、水菜、モヤシ、白髪ネギ、コーン、煮玉子1/2、黒胡麻
2005/10/01 食す。 ★★★★☆
麺が見えない程に盛り付けられた具の中で、かき揚げが一際大きな存在感を放っている。スープを口にしてみれば、黒胡麻がスープに風味を添えており、十分な味噌の存在感をほどよい辛さが引き締めている。店主の話によると、標準の味噌に更に改良を加え、計4種類の味噌を使うらしい。トッピングの華は何と言ってもかき揚げ。さつま芋やゴボウ、ニンジン等に混じって、しめじや栗など秋の味覚が衣をまとい、オーダー毎に丁寧に揚げられる。さつま芋の甘みも十分。スープを吸った衣の食感と舌触りにも面白みがある。そして、水菜、白髪ネギ等の上にコーンが散らされ、緑、白、黄色と色とりどり。個人的にはコーンだけ別に味と食感を楽しみたいところだが、コーンの瑞々しい甘みはスープの辛さとは好対照だ。麺は、店自慢の太麺。噛み応えを感じる程に強いコシが、スープをしっかりと受け止めている。程よい辛さの身体温まる味噌ラーメン。これが800円なら満足しない訳にいかない。スープまで完食!ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
台湾らーめん(塩)
ややあっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 やや縮れ極太麺
具 ミンチ、針トウガラシ、半熟煮玉子1/2、ニラ、胡麻・・・
2005/04/03 食す。 ★★★★★
スープを口に含めんでみれば程よい魚介の風味が口の中に広がる。辛さと魚介の風味の二本立て。一口二口で完食の予感が走る。魚介の風味を引き立てるためか?塩もニンニクの風味もそれ程強くはない。辛さも味覚を損なわない程度。、それでいて辛さを十分に楽しむことが出来る。スープには背脂も見られ、脂も決して少なくはないがコッテリ感はなく、スープの味わいには十分な厚みがある。麺は、太麺と言うより極太と言うべきか?ゆるやかなウェーブを見せているが、強いていえばストレート。コシが強く、太さも手伝って口元で跳ねそうな感じがあり、『麺を食す』という実感を味わうことができる。180gと量は多めだが、多さを全く感じさせない。トッピングは、器の中央にミンチと針トウガラシ・・・と言うより糸トウガラシ。それを囲むように煮玉子とニラと胡麻。ミンチも食感を楽しむには十分な量がある。完食せずにはいられなかった。言わせていただきます!ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
極太ラーメン(醤油)
ややあっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 やや縮れ極太麺
具 チャーシュー×1、メンマ、半熟煮玉子1/2、ワカメ、カマボコ、ネギ・・・
2005/02/23 食す。 ★★★★☆
スープを口にすれば魚介の風味が口の中に広がり、スープ自体の味わいにも厚みがある。スープには背脂が見られるが、口当たりはややあっさり。醤油も程よい塩梅だが、塩のことを思うと魚介の風味が少し後退した感がある。しかし、風味・旨味・味わいのバランスは絶妙だ。、麺はやや縮れた極太麺。勢いよく麺をすすると口元で麺が跳ねる程だ。十分過ぎる程の食感には食す喜びがある。トッピングは相変わらずだが・・・長めに切って使われている細いネギは風味を楽しむことができる。この日は唐辛子ペーストとおろしニンニクを別皿で出してもらった。6割方食したところで唐辛子ペーストをスープに加えると、深みのある辛さがスープに加わる。『ちょい辛』と言うだけあって辛さは強くはないが、魚介の風味がやや後退。続いてニンニクを加えると完全に魚介は飛んでしまったが、程よい辛さにニンニクの風味が加われば・・・食べさせる力は十分。最後には全く別のラーメンになってしまったが、変化を楽しむことができるのは面白いと思う。スープまで完食。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
極太ラーメン(塩)
ややあっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 やや縮れ極太麺
具 チャーシュー×1、メンマ、半熟煮玉子1/2、ワカメ、カマボコ、胡麻、ネギ・・・
2005/01/28 食す。 ★★★★☆
ベースになっているのは和風塩ラーメンだろうか。麺が太麺から極太に代わり、シコシコの食感もさることながら、以前にも増して『麺を食す』という実感がUP。麺の量も180gと多めながら、全くそれを感じさせない。麺の力が増した分、スープもパワーアップさせたのか?スープには背脂らしきモノが見られ、スープの表面がギラギラしているが、魚介の風味が飛ぶ訳でもなく、スープが重たくなる訳でもない。程よい塩梅の塩、十分過ぎる程の魚介の風味を動物系の旨味が支え、アッサリしていながら味わいのあるスープに仕上がっている。チャーシューは相変わらずの出来。肉の風味を損なわない程度の味が付いており、やわらかさの中に肉の風味が活きている。煮玉子は黄身がトロトロの半熟なのは嬉しいが、やはり味が濃い目。スープとの相性だろうが、スープに合わせて煮玉子を使い分ける訳にもいくまい。気が付けばスープまで完食。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
和風塩ラーメン
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 やや縮れ平打ち太麺
具 チャーシュー×1、メンマ、半熟煮玉子1/2、ワカメ、カマボコ、胡麻、ネギ・・・
2005/01/15 食す。 ★★★★★
20.5cmの高台丼の中央に半熟煮玉子。その周りに綺麗にチャーシューなどの具が盛り付けられている。一口スープを口にして、想像以上の魚介の風味に驚く。塩も必要以上に強くなく、味わいはあっさり。レンゲを持つ左手が、続けて二度三度とスープを口元へ運んだ程だ。この店で、この味は意外だった。平打ちのやや縮れた太麺は、しっかりとした食感。この店らしく、麺を食すという実感がある。チャーシューはタレの染み具合も程々。やわらかさの中に味わいがある。煮玉子は、少々いびつな形をしており、殻を剥くのに苦労した様子が伺える。黄身はトロリと半熟。白身にはタレがよく染みており、私には少し味が濃い目だ。メンマは程よく食感を残しており、ワカメのヘルシー感も私の好むところだ。躊躇することなくスープを飲み干すと、器の底からカツオ節などが姿を現した。満足だった。言わねばなりますまい!ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
カレーらーめん1辛
・・・
豚骨・野菜
↑画像を
クリック
麺 やや太め・縮れ
具 チャーシュー、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、揚げタマネギ、トウガラシ
2004/03/25 食す。 ★★★☆☆
豚骨と野菜でとったスープに、味噌とスパイスと辛みを加えるようだが、味噌の風味は感じられない。一言で言うならマイルドカレー。トロミも申し訳程度で、スパイス類も必要以上に主張することはない。1辛ということもあり程よい辛さ。隅の方に揚げタマネギとトウガラシが添えられており、スープ全体に背脂と思われるものが見え隠れしていれる。しかし揚げタマネギのほのかな甘みと芳ばしさは、このスープの中では充分に生きていない。スープと麺が主役と言って良いだろう。麺はこの店自慢の縮れ麺。プリプリとした食感が心地よい。平たく切られたメンマ、細かくバラしたチャーシューとも歯応えとしては物足りない。特にチャーシューは、このスープの中から探すのは大変だ。煮玉子は白身がほのかに色づき黄身は軟らか。・・・気が付けば額が汗ばんでいた。麺の食感がしっかりしているだけに、もう少しスープに力強さが欲しかったと言うのは欲張りだろうか。辛さで調整すればいいのか・・・まぁ無難という域を超えた一杯だと思う。
▼MENUへ / TOPへ▲
タンタン麺ちょい辛
・・・
豚骨・野菜
↑画像を
クリック
麺 やや太め・縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、半熟煮玉子1/2、ノリ×1、ネギ
2003/12/14 食す。 ★★☆☆☆
ちょい辛・・・辛さを欲する人には中途半端な辛さだった。しかし、これを食した後には額が汗ばんでいた。それなりの辛さだったとの証明だろう。豚骨と野菜でとったスープに三種類の味噌とラー油、豆板醤、芝麻醤を合わせているようだ。しかし、味噌の風味に肝心の芝麻醤が負けてしまっているようだ。ゴマの香りを感じることは出来なかった。麺は自慢の自家製麺。太く縮れた麺で歯応えがある。チャーシューはあっさりとしているが口の中で僅かにバサ付く。前回とは別物かと思った程だ。玉子は黄身がトロトロ。メンマは程々の歯応え。大きく切られたノリも存在感がある。しかし、スープの主張が強いのでメンマもノリも脇役に徹してしまっている。味噌仕立てと言っても味噌の風味を感じる程度の担々麺。ゴマの風味はほとんど感じず、食欲が増す程の辛さもなく中途半端な感は否めない。ちょい辛ではなくピリ辛にした方が良いようだ。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩ラーメン
ややあっさり
豚骨・鶏ガラ・野菜
↑画像を
クリック
麺 やや太め・縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ数本、半熟煮玉子1/2、ノリ、ネギ、ゴマ
2003/06/21 食す。 ★★★☆☆
情報ではタンタン麺が売りで、塩ラーメンはないはずだった。それが券売機をよく見てみると『塩らーめん』の文字。迷わずボタンを押したのは言うまでもない。スープの色は澄んではいない。透明度に欠けるものの塩らーめん!である事を疑いはしなかった。ゴマがただようスープは塩シオする訳でもなく、ダシ香る訳でもない。この味わいだと豚骨ベースなのだろう。味は濃くなく比較的あっさり。これはこれで悪くはない。麺はやや太めの縮れ。スープがよく絡むし、想像以上の歯応え。麺の食感良し!メンマの食感良し!ノリの風味良し!その上、厚切りのチャーシューも脂身が少なめでありながら箸で突くとホロホロと崩れる程に食べ易いし、味の染み具合も控えめ。玉子も現金で追加トッピングができるようだが、この玉子なら追加も検討したい。この店は麺とチャーシューにこだわりがあるようだ。その2大看板が私のストライクゾーンに直球を投げてきた。欲を言えば魚介系の風味が欲しいところだが、素直に『美味しい!』と言うしかなかった。
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー
調査日:2016年7月日
豚骨辛味噌 トッピング
 味噌らーめん 770円 全のせ 350円
 ちょい辛 770円 味付き玉子 100円
 ピリ辛 820円 ねぎ 100円
 黒ちょい辛 880円
 黒ピリ辛 830円 ニンニク
にぼし中華そば 830円 軟骨チャーシュー 280円
冷しにぼし中華 850円 メンマ 100円
にぼジロウ200g 850円 キャベツあんどもやし 100円
にぼジロウ250g 900円 台湾ミンチ 100円
にぼし台湾まぜそば200g250g 850円 コーン 100円
にぼし台湾まぜそば300g 900円 キャベツ又はもやし 100円
にぼし台湾カレーまぜそば 880円  
にぼし台湾カレーまぜそば300g 930円 ご飯 小 100円
濃厚にぼしそば(並盛) 870円 ご飯 中 200円
濃厚にぼし味噌(並盛) 890円 チャーシュー丼 小 300円
濃厚にぼしカレー(並盛) 930円 チャーシュー丼 中 500円
台湾らーめん塩 830円 台湾ミンチ丼 小 300円
台湾らーめんしょうゆ 830円 台湾ミンチ丼 中 500円
台湾らーめんカレー 850円 ねぎめし 小 250円
汁なし台湾塩 880円 ねぎめし 中 400円
汁なし台湾カレー 880円
特撰味噌らーめん 850円 キムチ又はメンマ 150円
野菜魚だしつけ麺200g250g 900円 チャーシュー 300円
野菜魚だしつけ麺300g 950円 軟骨チャーシュー 380円
濃厚にぼしつけ麺200g300g 900円 おつまみセット 400円
濃厚にぼしつけ麺300g
週末限定      ジュース 150円 
たごジロウ200g250g 850円    お酒 400円 
たごジロウ300g 900円   ビール(中瓶)  500円 

メニュー
調査日:2015年4月23日
味噌らーめん 770円 全のせトッピング 350円
ちょい辛 770円 チャーシュートッピング 200円
黒ちょい辛 830円 軟骨チャーシュートッピング 280円
ピリ辛 820円 台湾ミンチトッピング 100円
黒ピリ辛 880円 味付き玉子トッピング 100円
特撰味噌らーめん 850円 のり(4枚)トッピング 100円
野菜魚だしつけ麺 900円 メンマトッピング 100円
野菜魚だしつけ麺300g 950円 コーン(レンゲ2枚)トッピング 100円
特厚にぼしつけ麺 900円 ねぎ(ひとかご)トッピング 100円
特厚にぼしつけ麺300g 950円 ニンニクチップトッピング 100円
たごジロウ(週末限定) 850円 キャベツあんどもやしトッピング 100円
たごジロウ300g(週末限定) 900円 キャベツ又はもやしトッピング 50円
濃厚にぼしそば(並盛) 870円 ご飯 小(ランチタイム無料) 100円
濃厚にぼし味噌(並盛) 890円 ご飯 中(ランチタイム100円) 200円
濃厚にぼしカレー(並盛) 930円 チャーシュー丼 小(ランチ150円) 100円
台湾らーめん塩 830円 チャーシュー丼 中(ランチ350円) 500円
台湾らーめんしょうゆ 830円 台湾ミンチ丼 小(ランチ100円) 300円
汁なし台湾塩 880円 台湾ミンチ丼 中(ランチ350円) 500円
汁なし台湾カレー 880円 ねぎめし 小(ランチタイム100円) 250円
麺大盛(1.5玉) 100円 ねぎめし 中(ランチタイム300円) 400円
おつまみキムチ又はメンマ 150円
      おつまみチャーシュー 300円
      おつまみ軟骨チャーシュー 380円
おつまみセット 400円
ジュース コーラ又はオレンジ 150円
お酒(冷)(ワンカップ) 400円
ビール(中瓶) 500円

メニュー
調査日:2008年2月13日
特選味噌 800円 チャーシュー追加 250円
ちょい辛タンタン麺 700円 麺大盛り(1.5玉) 80円
ピリ辛タンタン麺 740円 味付き玉子追加(半分) 50円
激辛タンタン麺 790円 ねぎ多め 100円
黒たんたん 800円
カレー 750円 唐揚げ(とり・ゲソ) 400円
690円 ぎょうざ(6ヶ) 400円
中華そば 690円 ご飯(小) 100円
味噌 680円 ご飯(中) 200円
台湾らーめん(しょうゆ・塩) 740円 ビール(瓶又は生) 500円
汁なし台湾(塩) 800円
つけ麺 800円 お子様ラーメン 480円
醤油(金・土・日限定) 680円  醤油・味噌・塩・中華そば


HOMETOP