麺屋 三郎(めんやさぶろう)
メニューへFileNo1474
おすすめ度
サービス度
★について
http://raou.jp/shop/1474.htm
バーコード読み取り機能付携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報をメールに転送する場合はこちら→をクリック
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→

スープの種類について醤油塩台湾二郎

一宮市三条字四反田79-5 地図を表示
営業時間 11:30〜14:30,18:30〜23:00
定 休 日 火曜日・第3水曜日
アクセス  
客  席 テーブル:多い
駐 車 場 あり
近くにコインP:なし
電話番号   電話をかける際の注意
禁煙喫煙 禁煙
備  考 オープン:2010年6月10日
移転再オープン:2014年7月20日
※営業日・営業時間等の情報は 2015.07.03現在のもの
中区栄の地下にあったカウンター9席ほどの小さな店だったが、オープンから4年ほどで一宮に移転。一宮と言っても旧の尾西で、愛知県の西の果て。二世帯住宅を改装したような大きなお店で、周りも広々。駐車場は、店の前だけでなく、すぐ東側、少し西側にも用意されている。



ワタリガニの塩らぅめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太・ストレート
具 チャーシュー、殻付きアサリ、蟹、メンマ、水菜など
2015/07/19 食す。 ★★★★☆ 900円 評価について
限定Bの食券を購入して、店員に「ワタリガニ」と伝える。7月限定らしいが、夏期限定の冷やし中華も同じ食券なので注意を要する。券売機付近の蟹の香りのことを思えばスープの香りは強くなかったが、口にしてみれば、蟹の甘味もあれば、渋い旨味もあり。蟹が感じさせるのだろうか・・・磯の塩味がする。中太のストレート麺に練り込んであるのは全粒粉か。強い主張はなく、歯切れ感は抑えめ。スープとも一体感がある。チャーシューはふんわりやわらか。殻付きのアサリが2つ。たまたまか?一つでジャリっと砂を噛んで顎の動きが止まった。やや小さめの蟹が3肩・・・半身が3つのっている。細い脚には期待出来ない。脚の付け根とハサミの身だけほぐしたが、よりスープの味が深まったような気がした。ただ、ラーメンで手を使うのは考えもの。匂いがあるのでフィンガーボウルが欲しかった。蟹の旨味十分な一杯。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
醤油らぅめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細め・ストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、ネギなど
2014/11/20 食す。 ★★★★☆ 730円 評価について
少しだけ脂が目につくけれど、スープの口当たりは軽め。魚介の風味がほどほどに効かせてある。醤油ダレの主張は強くないが、僅かに酸味が感じられるのが意外。この酸味を除けばありがちな味で、わざわざ一宮まで食べに・・・とも思いたくもなる。細めの縮れ麺には、何やら練り込んであって、一般的な中華麺とは異なる風味と食感。チャーシューとメンマが二切れずつ盛りつけられているが、それぞれ何か意図するところがあるのなら、どこかに貼り出して欲しいものだ。メンマは繊維に直交して切られたものと平行に切られたものがあり、食感が違うことが判る。チャーシューはどちらもほんのりピンク色を帯びているが、厚みが違う。厚い方の塩ッ気が強めに感じられた。もちろん一杯のラーメンとしては好きな味だけど、移転する前よりも気楽に作っているのかな?そんな印象を受けた。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩らぅめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細め・ストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、水菜など
2014/09/14 食す。 ★★★★☆ 730円 評価について
塩はやや強めだが、味が尖っている訳ではない。魚介の風味は強めで活き活きとしている。スープの表面に脂が広がっているが、ラーメンというものはこういうものだ。移転前に塩をいただいたのはもう4年も前のことだが、味わい深さが抑えられメリハリが強くなったのかな?材料引き算して判り易い味にした・・・ような印象を受けた。ゆるやかなウエーブを見せる細めの麺は、長さ30cm弱。何やら練り込んであるが、お決まりの全粒粉かな。ありきたりの中華麺より香りが良いし、かたくもなくゆるくもなく、スープとの相性も良いようだ。チャーシューは煮豚とも焼豚とも異なる逸品。脂身が少なめで塩味がやや強め。食べ易い長さに切り揃えられている水菜だが、やはり私は好きになることは出来ない。スープを飲み干した器の底に「Kando raMen 麺屋三郎」の文字が現れる。感動かぁ・・・でも周りのお客さんの手元はまぜそばばかりだ。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲





移転前
 名古屋市中区栄2-5-1
 11:30〜14:00,18:30〜23:30
 定休日:日曜日・祝日
 TEL:






尾道ラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、ネギ、背脂など
2010/08/22 食す。 ★★★★☆ 750円 評価について
背脂は尾道ラーメンの特徴のひとつでもあるが、細かなものもあれば、大きなものも見られる。澄んだスープを口に含んでみれば、醤油ダレの主張は控えめで、脂やら背脂が見られる割に口当たりは軽い方。背脂は大小バラバラだが、舌の上で転がして楽しめる大きさのものはごく僅か。尾道ラーメンの特徴のひとつでもある小魚らしさもあるが、尾道にしてはその小魚の存在感がハッキリしている。ネギの小口切りが大きく使われている割に、邪魔になっていないのが不思議。中細のストレート麺は長さ30cm程。加水が低めの麺を気持ち長めに茹でたような歯応えだが、スープとのバランスは悪くない。チャーシューは厚みがある割にやわらか。醤油辛さがあってスープの味を見失ないそうに味が強いが、このチャーシューを口にした後も、スープを味わうことは出来る。尾道風というのが正直なところかな?嫌いな味ではないが、尾道ラーメンはこんなに高くはないハズ。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩らぅめん
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、水菜、刻みタマネギなど
2010/06/23 食す。 ★★★★☆ 700円 評価について
淡麗系という響きに期待をしながら待っていると、口が約15cm、高さ約9cmと小振りな器が登場。スープから立ち上る香りの中に、ほんのり甘味が感じられる。脂が目に付くが口当たりとしては軽め。どこかしら魚介が香り、塩も旨味を引き立てる程度。味も香りもほんのりと甘味を帯び、スープに奥行きと厚みがある。鶏ガラ、豚肉、魚介に野菜などを使うらしい。麺は中細のストレートで長さ30cm程。最初の内コキコキと音が聞こえてきそうな程で、加水は低め。チャーシューは適度な噛み応えを残しているが、肉の旨味も十分に伝わってくる。メンマは特に主張する味はなかったが、歯応えとしてはザクザク。水菜の食感がシャキシャキなら、刻みタマネギはシャリシャリ。やさしい甘味と共に良いアクセントになっている。淡麗系と二郎系を同時に提供するというので少し心配があったが、、十分に満足のいく一杯。心静かに丁寧にいただきたい。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー 調査日:2014年9月14日 メニューについて
あっさり系 丼もの
塩らぅめん 730円 チャーシュー丼 350円
醤油らぅめん 730円 チャーシュー丼(ランチ) 250円
桜エビの塩らぅめん 890円 まかない丼 250円
大盛(あっさり系) 100円 まかない丼(ランチ) 150円
まぜそば 白ごはん 大 200円
台湾まぜそば 780円 白ごはん 大(ランチ) 100円
大盛(まぜそば系) 100円 白ごはん 小 100円
ガッツリ系 白ごはん 小(ランチ) 無料
三郎二郎 730円 丼もの大盛 100円
スーパー三郎二郎 890円 餃子
煮豚3倍マシ(三郎二郎用) 290円 手づくり餃子 350円
煮豚6倍マシ(三郎二郎用) 580円 魚介スープダシ巻玉子
大盛(300g) 50円 ビール
特盛(400g) 100円 瓶ビール 480円
メガ盛(500g) 150円 限定
ギガ盛(600g) 200円
トッピング
煮たまご 100円
メンマ 100円
真空低温熟成チャーシュー 290円
のり 100円
全部のせ 390円

メニュー 調査日:2010年7月9日 メニューについて
塩らぅめん(淡麗系) 700円 ごはん(セルフサービス) 終日無料
塩らぅめん イリコ 750円 トッピング
塩らぅめん エビ 800円 たまご 100円
煮干し醤油 あっさり味 700円 メンマ 100円
煮干し醤油 強烈味 800円 チャーシュー(2枚) 200円
尾道ラーメン 750円 のり 50円
札幌みそラーメン 750円 全部 290円
ビビンまぜそば 800円 全ハーフ 150円
ジャージャーまぜそば 800円
三郎二郎(無化調) 700円
三郎二郎みそ 800円 ※まぜそば 200g・300g・400g 同料金
グリーンカレーつけ麺 850円 ※超太麺・超極太麺

メニュー 調査日:2010年6月23日 メニューについて
塩らぅめん(淡麗系) 700円 トッピング
三郎二郎(二郎系) 700円 味つけ玉子 100円
メンマ 100円
のり 100円
チャーシュー 250円
全部 350円


HOMETOP