らーめん 嵐が如く(らーめんあらしがごとく)
メニューへFileNo1500
おすすめ度
サービス度
★について
http://raou.jp/shop/1500.htm
バーコード読み取り機能付携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報をメールに転送する場合はこちら→をクリック
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→

スープの種類について醤油辛いラーメン

刈谷市一里山町砂山154 地図を表示
営業時間 11:30〜14:00,18:00〜22:00
定 休 日 月曜日・第2火曜日
アクセス  
客  席 カウンター:13
駐 車 場 あり(共同)
電話番号 0566-35-3988 電話をかける際の注意
備  考 オープン:2010年6月5日
※営業日・営業時間等の情報は 2010.09.04現在のもの
禁 煙 水・お茶 ファミリー ×
券売機 おしぼり × カップル ×
無化調 × 新聞雑誌 - 車椅子 ×
自家製麺 × マンガ本 - 店舗詳細データについて
BGM ランチセット ×
極っ庵(安城市)の2号店だが、ラーメン二郎をコンセプトにしている。店に入ってすぐのところに券売機。壁の白、椅子と床の黒にカウンターの赤色がよく映える。、



女子ラー
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 チャーシュー×1、モヤシ、キャベツ、ニンニクなど 杏仁豆腐付き
2014/01/11 食す。 ★★★☆☆ 680円 評価について
女性限定ではないようだが、「女子ラーでいいですか?」と店員から確認された。モヤシの山には少し移動していただいて、レンゲでスープを口へ。ニンニク辛さや化調辛さも加わっているのだろうが、背脂が多い割に甘味は目立たず、醤油が少し尖って感じられる。スープ自体はそれほど強い旨味は持っていないようだ。平打ちのように見える太麺だが厚みがある。かたくないというだけで、シコシコはしていないが、スープを受け止めるのに十分な噛み応えの強さを持っている。チャーシュー・・・というより肉かな。切り口からの厚みが5cm弱。肉を喰らうという満足感があるが、ところによって臓物っぽい香りがあったのは気のせいだろうか?モヤシは結構な量があったが、麺が少なめということもあって、楽に完食。食べ終わるより少し前に杏仁豆腐が出てくる。容器に入れて冷したままなので、スプーンで切るようにして口へと運ぶ。甘味はあれ位でいいけど、もう少し香りが欲しいところ。身体によさそうな気はしないけど、ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
辛ラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 チャーシュー×1、モヤシ、キャベツ、食べるラー油など
2012/03/28 食す。 ★★★★☆ 780円 評価について
一番上にのっているのは何なんだろう。スープに落ちたそれから赤い油が広がりつつある。サクサクとした食感から察するにネギやタマネギ等を揚げたもの。インターネットに答えを求めたところ、食べるラー油らしい。とにかくモヤシをやっつけないと麺に箸が届かない。茹でモヤシとラー油の辛さの相性が今ひとつ。ラー油の辛さが結構強くて気を抜いていると咽そうにもなるし、額からも汗がタラタラ。ラー油に侵されていないスープを口にしても、一度辛さを触れた舌では十分に味わうことが出来ない。それでも動物っぽい旨味は感じらえれる。極太麺は長さ30cmほど。見ようによっては平打ちだが、強い噛み応えがラー油の辛味を受け止めている。スープの旨味とラー油の辛さとで食が進むが、跳ねやすいので要注意。辛いだけのラーメンは少なくないが、サクサクっとした食感が面白かった。欲を言えばラー油なしの状態を味わってから、ラー油の辛さと格闘したかった。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
ブタゼンブ
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 豚肉、モヤシ、キャベツなど
2012/03/07 食す。 ★★★☆☆ 780円 評価について
ブタゼンブという響きが面白い。豚の頭からしっぽまでを使うらしいが、チャーシューの代わりにこれらの豚肉が使われている。ひと口サイズのブロック状のものもあれば、ペラペラのものもある。どうやら内臓も使われているようで、あの臓物独特の香りと深みのある旨味が支配的。そして、ひと口サイズのものもやわらかい。好きな人はいいけど、そうでない人もいるハズ。背脂が目立つスープだけど、店の前にただよう豚の香りのことを思うと、スープ自体には期待したほどの豚の香りがない。背油の甘味がカドを落とすのか?醤油ダレにはカドこそないものの、やはり味は強め。極太麺と水っぽいモヤシを食べさせるだけの力を持っている。極太の縮れ麺は、食べ応えがあるのは良いけど、跳ねやすいので麺を持ち上げるのにも慎重になる。それでも麺が跳ねてスープが飛ぶ。カウンターの下にあるティッシュの出番だ。嫌いな味ではないけれど、普通のラーメンの方が好き。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
汁なし
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 チャーシュー×1、モヤシ、キャベツ、全卵
2012/02/21 食す。 ★★★★☆ 780円 評価について
モヤシを持ち上げてみれば、醤油っぽい色に染まった極太の縮れ麺・・・220gらしい。さらに麺を持ち上げてみれば、背油ただよう醤油っぽい色をしたタレ。まずは麺。醤油辛さと胡椒辛さとで味はハッキリ。その奥から豚と思しき旨味が伝わってくる。モヤシは湯通ししただけか?特に味もないので、それだけを口にすれば水っぽさが気になってしまうが、麺と一緒に口にすれば気になることはない。それにしても結構なボリュームだ。キャベツは申し訳程度。わざわざ語るまでもない。このモヤシとキャベツの上から唐辛子が散らしてあるが、量の割に辛味はしっかり。生卵はいわゆる全卵。レンゲの中で卵黄を割って麺に絡めれば、タレの味はそのままにコクが増す。麺とモヤシには、卵白を白くするほどの熱がない。卵白を麺に絡めれば、タレの味のカドが取れて、ジュルジュルという舌触りも加わる。チャーシューは厚みがあって、見た目よりも味がしっかり。スープがないんだから手放しで誉めたくはないが、食べさせる力は十分。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
ラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 チャーシュー×1、モヤシ、キャベツ、ニンニク(無料トッピング)など
2010/09/04 食す。 ★★★☆☆ 650円 評価について
無料トッピングが用意されていて、野菜、油、タレの増量とニンニクの追加が可能。この日は仕事ではなかったのでニンニクを頼んでみた。背脂だけでなく脂も見られるスープを口にしてみれば、ほどよく醤油が立っているところに、背脂と豚の甘味が加わり意外に素直なイメージ。極太の縮れ麺は250g。シトっとした中にも噛み応えがある。長さは25cm位かな・・・5cm前後のものが多く見られるのはどうしてだろう?野菜は、モヤシと僅かなキャベツ。ボリュームは期待した程ではない。チャーシューと呼ばず、単に肉と呼んだ方が良いかな。2cm近いところもあるが、全体としてはの厚みは1cm程度。その割に食いちぎる必要もない。スープの影響が皆無だとは言わないが、見た目のことを思うと味が強め。追加トッピングのニンニクは、当初は麺や野菜と一緒に少量を口にしていたが、最後にはスープに馴染んでしまう。ニンニクの辛味と風味のお陰で、スープの持ち味が失われていく。二郎っぽい一杯・・・とは言うものの、破壊力とかワイルドさはなく、この店らしさも判らず終い。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー 調査日:2012年02月09日 メニューについて
辛ラーメン 780円 らーめん・汁なしトッピング
辛ラーメン豚増し 880円 ヤサイ 0円
辛ラーメン豚ダブル 1180円 ニンニク 0円
ラーメン 680円 アブラ 0円
ラーメン豚増し 880円 タレ濃いめ 0円
豚ダブル 1080円
女子ラー 680円 汁無し追加トッピング(どれか一つ)
女子ラー豚増し 880円 マヨネーズ 0円
女子ラーダブル 1080円 チーズ 0円
汁なし 780円 フライドオニオン 0円
汁なし豚増し 980円
汁なし豚ダブル 1180円 生たまご 50円
ガッつけ麺 780円 瓶ビール 500円
麺増し 100円 白めし 100円
ラー油増し 豚めし 350円

メニュー 調査日:2010年09月04日 メニューについて
辛ラーメン 880円 麺増し 100円
辛ラーメン豚増し 980円
辛豚ダブル 1080円 生たまご 50円
ラーメン(250g) 680円
ラーメン豚増し 780円 瓶ビール 500円
豚ダブル 880円
大ラーメン(400g) 780円
大ラーメン豚増し 880円 無料トッピング
大豚ダブル 980円  野菜多め
汁なし 780円  ニンニク有り
汁なし豚増し 880円  脂多め
汁なし豚ダブル 980円  タレ濃いめ


HOMETOP