まるしょうぶんてん
丸正分店
メニューへFileNo1505
おすすめ度
サービス度
★について
http://raou.jp/shop/1505.htm
バーコード読み取り機能付携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報をメールに転送する場合はこちら→をクリック
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→

スープの種類について醤油カレーつけ麺

豊明市前後町三ツ谷1312-1 地図を表示
営業時間 11:00〜14:00,18:00〜23:00(L.O.22:00)
定 休 日 無休
アクセス 名鉄名古屋本線中京競馬場前駅より約500m
客  席 カウンター:17,テーブル:12
駐 車 場 あり
電話番号 0562-92-0929 電話をかける際の注意
備  考 オープン:2010年6月7日
※営業日・営業時間等の情報は 2010.09.15現在のもの
禁 煙 - 水・お茶 ファミリー
券売機 おしぼり - カップル -
無化調 × 新聞雑誌 - 車椅子 -
自家製麺 × マンガ本 - 店舗詳細データについて
BGM - ランチセット -
昭和区の丸正の分店という位置付けのようだが、この系列の店はいくつもあって、どこも同じような味がする。打ちっ放し調のクロスと黒い腰壁、天井も黒。床はCFか長尺シートを剥がした糊の跡が残るコンクリート。



まぜそば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太・縮れ
具 チャーシュー、卵黄、水菜、ネギ、揚げネギ、海苔、魚粉など
2017/02/02 食す。 ★★★☆☆ 880円 評価について
1000円札が食券と120円に変わり果てた時、どうしてこんなに高いんだろう?という思いがふつふつと湧いてきた。ニンニクをどうするか?聞かれたので少しだけお願いしたところ、刻みニンニクがご覧の通り。先日のつけ麺(あつもり)の延長線上で捉えてもいいような味をベースに、ニンニクの風味と辛味、魚粉の風味、刻み海苔の風味、ネギの辛味と風味、揚げネギの風味と食感などで食べさせる仕様かな?店員が男性ばかりだった頃の豪快な仕様とは明らかに異なるが、店員が女性ばかりだからと言って女性受けしそうな仕様でもない。チャーシューが大きめとは言うものの、一応混ぜ合わさるようになっている点は認める。卵黄だけは少量の麺で和えていただいた方が楽しめると思う。それ以外は混ぜ合わせた方が断然に美味しくいただけると思う。以前の仕様の方が面白みがあったが、仕様が変わってつまらない店になった気がする。ただ、腹持ちはとてもいい。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
あつもり
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太・縮れ
具 チャーシュー、メンマ、煮玉子1/2、ナルト、ネギなど
2017/01/26 食す。 ★★★★☆ 780円 評価について
つけ麺のボタンとは別に、あつもりのボタンがある。この店のつけ麺は冷や盛りが標準ということなのだろうか?どちらも同じ780円だ。麺に敬意を表して、最初の一本だけ何もつけずに口へと運ぶ。ん?以前に較べて加水率が高くなった?噛み応えもあるが、以前に比べるとだいぶおとなしくなった印象を受ける。続いてつけ汁を口へ。動物っぽい旨味は判る。味も強めで少し酸味も感じられるが、背脂が使われている割に甘みは特に主張していないし、魚介も明確には伝わってこない。濃度や舌触りも以前に較べると面白みはない。チャーシューには特に味はついていないが、肉の風味があまりよろしくない。煮玉子は黄身がしっとり。強めの味がついている。コストあるいは作り手のスキルを意識した仕様変更かな・・・いつの間にやら店員は女性ばかりだ。食べられるようにまとまっているけど、以前ほどの魅力はない。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
ベジチーズ
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太め・ストレート
具 しめじ、煮玉子1/2、キャベツ、水菜、ヤングコーン、パプリカ、ブロッコリー、チーズ、糸唐辛子など
2016/09/23 食す。 ★★★★☆ 780円 評価について
ベジチーズ・・・野菜とチーズを使ったラーメンであることは想像に易いが、鶏白湯に野菜とチーズをのせただけというのが残念なところ。キャベツ、水菜、ヤングコーン、パプリカ、ブロッコリーなどボリュームがあって彩りもあって、鶏が香るのではなくて、少し酸味を帯びたようなチーズの香りが全体を支配している。チャーシューのっていたのかな?今となっては記憶にないが、しめじの舌触りと食感が意外に面白く、パプリカの切り方が大きいのと量が多いのとで少しやかましかった。煮玉子の黄身にまで味を付けているようだが、スープとのバランスを考えると味が強すぎる。具だけでも結構なボリュームがあるので、麺が力を失っていくのがよく判る。鶏白湯としては、スープの口当たりは軽め。それにもかかわらず鶏らしさがよく伝わってくるが、どういうスープなんだろう?粉チーズの影響もほとんど感じられず、最後まで鶏白湯だった。野菜類を多く摂ることができるのはいいことだが、お値段ほどの満足度はない。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
濃厚鶏白湯
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太め・ストレート
具 チャーシュー、煮玉子1/2、キャベツ、水菜、糸唐辛子、胡椒など
2016/08/19 食す。 ★★★★☆ 780円 評価について
キャベツや水菜、チャーシューなどで麺が覆われている。スープを口にしてみると、塩が強めなところに黒胡椒まで効いているが、鶏もよく伝わってくる。「濃厚」と謳うほど口当たりに重たさはないが、不満に思うことはない。中太・・・と言うよりは太めかな。ストレートの麺には、加水が低めならでは弾力のなさと噛み応えの強さがあるが、これが意外に面白い。チャーシューは鶏の胸肉か。きめ細かな肉質で、しっとりとした食感。スープの塩気を持ち上げている。煮玉子は黄身がジュクジュクっと半熟で、主張し過ぎない程度に味がついている。キャベツは、麺に続いて湯切りして盛り付けられたもの。自然な甘味がある。水菜も結構な量が盛り付けられているが、そのまま口にするとイガイガする。スープに沈めてから口にすれば気になることはない。食べ終わる頃には、丼ぶりの底に黒胡椒が沈んでいるのが見えていた。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
ショッキングブラック
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太ストレート
具 チャーシュー、メンマ、ネギ、胡椒など
2016/03/20 食す。 ★★★★☆ 780円 評価について
見るからに醤油辛そうな真っ黒なスープに、これでもか!と言わんばかりの粗挽き胡椒。これだけで富山ブラックをイメージした人も多いはず。スープの脂が控えめな分、醤油ダレの主張がストレートに伝わってくる。醤油辛さに胡椒辛さが加わって口の中はジンジン。特徴的なのが大きく切られたネギ。ネギもこれだけ大きければ立派な具。醤油と胡椒の辛さのお陰でネギの辛さはまるで気にならず、風味と食感を楽しむことが出来る。極太のストレート麺は、カドがしっかり。麺がスープを持ち上げて黒っぽい。かたすぎず、それでいて噛み応えがあるが、胡椒も持ち上がるものだから熱々。気が付けば汗が流れ落ちていた。チャーシューとメンマは胡椒に埋もれている。メンマは普通にザックリしているが、チャーシューの方は存在感が薄い。グルグル巻いてあるがペラペラで、切って置いてあったような風味が少しある。さてスープをどうするか?飲み干してはいけない。後から喉が乾くのは目に見えている。とは言え、たまにはこういう個性的なラーメンもいい。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
カレーラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 ミンチ、キャベツ、モヤシ、ナルト、ネギ、チーズ、魚粉など
2014/05/27 食す。 ★★★★☆ 780円 評価について
厨房からカレーの香りが漂ってきてしばらくすると、目の前に一杯のラーメン。ただ、カレーの香りよりチーズの香りの方が強い。その横には紙エプロン・・・汁なしタンタンのお客さんには、利用するか確認しているが、このラーメンの場合は最初から利用ありきのようだ。ご飯にかけるにはトロミは控えめ。味わえる程度の辛さだと思っていたら、唇がジーンとして汗がジワジワ噴出してくる。レンゲで口にしている内は辛味先行だったが、丼ごと口に持っていくと甘味があるのが判る。極太の縮れ麺が、キャベツやモヤシに邪魔されて素直に持ち上がらない。噛み応えは強すぎない程度だが、長いので跳ねやすい。ミンチはわざわざ温めて使ってあり、カレーに負けない程度に味が主張している。キャベツやモヤシには結構なボリュームがあり、辛さに疲れた舌を癒してくれる。魚粉が添えてあるが、全体に馴染ませることなく、ひと口ふた口で風味を楽しんだ。沢庵は必要だったのか?私は漬物全般が苦手だ。チーズは後から思えば、存在感が薄い。食べ終わってエプロンを見てみれば、十数ヶ所被弾。エプロンを使って正解だった。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
男の汁なしタンタン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 ミンチ、卵黄、キャベツ、モヤシ、ネギなど
2014/03/18 食す。 ★★★★☆ 880円 評価について
丼をふたつ運んでくるものだから、ひとつは他のお客さんのものかと思っていたが、ふたつとも私の頼んだものだった。モヤシとキャベツがわざわざ別になっている。5辛中の2辛に油断したのか?不覚にも噎せてしまったが、ジンジンと辛さが舌に残り、額から汗が流れ落ちるほどの辛さ。ドロッツドロの胡麻は十分な濃度のハズが、胡麻のコクは辛さに押され気味。極太の縮れ麺は、長さ45cm前後。素直に持ち上がらないので、跳ねた時が怖い。紙エプロンは使うべきだ。それに、辛いものは無理せず噛み切るのも止むを得ない。麺があたたかいこともあって、かたすぎることはないが、食べ応えは十分だし胡麻と辛さを受け止めるだけの力がある。ミンチの辛味は強め。キャベツと一緒に口にすると辛さとの好対照で、キャベツの甘味がありがたいし、モヤシが辛味をやわらげてもくれる。ミルに入った山椒を使うと痺れるような辛さが強くなり、香りも増す。いい汗をかくことができた。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
肉そば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 豚バラ肉、モヤシ、ネギなど
2012/06/10 食す。 ★★★★☆ 780円 評価について
白い小振りな器の中、なにやら茶濁したスープに縮れた極太麺。その上にモヤシ、豚バラ肉、ネギの小口切りが積み上げられている。熱々のスープには脂が小さく点々と広がっているが、口当たりとしては軽め。醤油ダレの主張も控えめで、おそらく豚なのだろうが、骨とか肉の旨味として捉えることは出来ず、やや不鮮明。豚バラ肉に生姜が使ってあるようで、それがモヤシの風味と一緒にスープにうつっているが、私が豚そばという響きに期待しているようなシンプルな旨さはない。極太の縮れ麺は長さ30cmほど。プリプリっと強い噛み応えがあるが、スープとの相性は考える余地があると思う。モヤシは生に近いのかな?パキパキしている。豚バラ肉は薄めのスライスだが結構なボリュームがある。先述の通り、ほんのり甘く、そして生姜が効いているので、ご飯が少しだけ・・・欲しくなる。780円という値段を考えると、満足度は今ひとつ。
▼MENUへ / TOPへ▲
桔梗中華そば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太ストレート
具 チャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ、海苔
2012/04/29 食す。 ★★★☆☆ 650円 評価について
中華そばと聞くと、ついついスープが澄んでいるか、澄んでいそうな醤油仕立てのラーメンを想像してしまうが、醤油豚骨も昔ながらのスタイルのひとつだ。「熱いからお気をつけて・・・」と言われたので、少しは心の準備をしていたが、本当に熱かった。茶濁したスープの表面に脂の水玉が無数に広がっているもんお、スープの口当たりは意外に軽め。タレも強めだが味にカドはなく、昔ながらの醤油豚骨のイメージ。ゆるやかなウエーブを見せる中太麺は、30cmほどの長さ。プリプリとした歯応えがある。チャーシューは一枚のみだが、脂身が多くないこともあってか?噛み応えがある。メンマは醤油っぽい味が強めなので、意外に・・・存在感がある。ネギは細かい小口切り。このスープ相手なら、これ位の切り方で正解だと思う。桔梗〜という名前の由来が気になるところだけど、ごくごく普通の一杯。
▼MENUへ / TOPへ▲
あつもり
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 チャーシュー、メンマ、卵黄、キャベツ、モヤシ、ネギ、海苔、たくあん、魚粉など
2011/08/18 食す。 ★★★★☆ 750円 評価について
あてもなく飛び込んだので自信はなかったが、つけ麺のあつもりは初めてのハズ。本来つけ麺は、麺が冷たいものだから、あつもりを頼むことは稀だが、この店に限っていえば正しい判断だったと思う。つけ汁の舌触りには、ザラザラ〜、ツブツブっとしており、脂っこい重たさはない。でしゃばらない程度に魚介の風味を効かせたところに、ピリっと舌に残る辛味があり、醤油ダレで味を調えたといったところだが、まずまずの出来具合だ。ゆるやかなウエーブを見せる極太麺は200g。無料で300g,400gと増やすことも出来るが、この麺なら200gで十分。粉が詰まったような噛み応えも、あつもりにしたお陰で噛み応えの強さも抑えられているが、この麺が締めた後に温め直されたものかは不明。つけ汁をよく持ち上げてくれるが、40cmの麺をすすりきると跳ねるので、噛み切ることをオススメする。つけ汁が少し残るので、最後にダシで割るのも良い。断然あつもりがオススメ。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
まぜそば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 チャーシュー、メンマ、卵黄、キャベツ、モヤシ、ネギ、海苔、たくあん、魚粉など
2011/03/18 食す。 ★★★★☆ 750円 評価について
よく混ぜてから・・・と簡単に言ってくれるが、キャベツが大きく切られている上に生なのと、麺が太くてかたいので、いきなり全体をかき混ぜるのは不可能に近い。強引に麺を持ち上げてみれば、いかにも醤油っぽい色に染まっている。極太の縮れ麺には、強く太い味がついていて、脂のコクも手伝って後を引くものがあるが、ひと口に言ってしまえばジャンク。チーズかな・・・溶けかかって麺に絡み付いているが、濃厚な旨味が、まるで醤油+バターのような旨味の重なり方をしていて、まぜそばではなくて、油そばかと思った程。卵黄は気が付けば麺に揉まれて行方不明。生のキャベツには、甘味があるものの、麺と一緒に持ち上がるハズもなく、箸休め的な存在。棒切りチャーシューも、混ぜ混ぜしてしまうとタレの味一色。タクアンは必要なのかな?魚粉の風味もアクセント程度。ハバネロが用意されていたが使うことはなかった。最後にタレが残ったが、味が強くて飲めたものではなかった。全体を通して豪快さが伺える一杯。悔しいけれど、嫌いな味ではない。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
つけ麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太ストレート
具 チャーシュー、メンマ、ナルト、海苔など
2010/09/15 食す。 ★★★★☆ 750円 評価について
券売機にラーメンのボタンがなかったので、つけ麺をオーダー。つけ汁の中央に魚粉やら何やらが使われているが、お構いなしに麺をつけた。少し縮れた極太麺は長さ30cmほど。そばを思わせるような黒っぽい色をしているが、味や香りに癖はなく、しっとりとした舌触りの中にも噛み応えがあるし、つけ汁の持ち上げも良い。つけ汁には脂も見られるが、思いの外にコッテリ感はない。醤油ダレも味が強めだが、そのまま飲める程度。魚介の風味は太く強く・・・しっかり。ドロドロ〜ザラザラ〜としており、動物系の力強さではなく、ベジポタを思わせるものがある。拍子切りのメンマは、かための歯応え。つけ汁の中にはチャーシューが潜んでいるが、ひと口サイズというより切り落としに近いし、肉そのものが少ない。海苔をつけ汁に浸して口にすると香りが活きない。刻みノリの方が良いと思う。好きな味だけど、麺200gが多かった。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー 調査日:2016年8月19日 メニューについて
あつもり 750円 チャーシュー 180円
あつもり(全部のせ) 980円 味付け玉子 100円
つけ麺 750円 のり 50円
つけ麺(全部のせ) 980円 ごはん 50円
男の汁なしタンタン 910円 一番搾り中瓶 500円
男の汁なしタンタン大盛り 1020円
鶏白湯らーめん 780円
鶏白湯らーめん大盛 880円
あおさ鶏白湯 850円
あおさ鶏白湯大盛 950円
チャーシュー鶏白湯 900円
チャーシュー鶏白湯大盛 1000円
ベジチーズ鶏白湯 900円
ベジチーズ鶏白湯大盛 1000円
まぜそば 880

メニュー 調査日:2016年3月20日 メニューについて
あつもり 750円 牛ホルまぜそば 950円
あつもり(全部のせ) 980円 牛ホルまぜそば大盛 1050円
つけ麺 750円 まぜそば 880円
つけ麺(全部のせ) 980円 チャーシュー 180円
男の汁なしタンタン 910円 味付け玉子 100円
男の汁なしタンタン大盛り 1020円 のり 50円
ショッキングブラック 780円 ごはん 150円
ショッキングブラック大盛り 880円 ビール 500円

メニュー 調査日:2014年3月18日 メニューについて
肉そば 780円 男の汁なしタンタン 880円
肉そば大盛 880円 男の汁なしタンタン大盛 980円
肉そばつけ麺 880円 本格中華そば桔梗 650円
肉そばつけ麺大盛 980円 本格中華そば桔梗大盛 750円
つけ麺 750円  
つけ麺全部のせ 980円 ごはん  150円
あつもり 750円 チャーシュー 180円
あつもり全部のせ 980円 味付け玉子 100円
まぜそば 850円 のり 50円
カレーラーメン 780円 ビール 500円

メニュー 調査日:2010年9月15日 メニューについて
つけ麺 750円 ごはん 150円
つけ麺全部のせ 980円 チャーシュー 180円
あつもり 750円 味付け玉子 100円
あつもり全部のせ 980円 のり 50円
まぜそば 850円
カレーラーメン 780円 ビール 500円


HOMETOP