はかたらーめんつるかめどう
博多ラーメン 鶴亀堂
メニューへFileNo175
▲日進本店 神の倉店▼
▼杁中店(閉店)
おすすめ度
サービス度
★について
http://raou.jp/shop/175.htm
バーコード読み取り機能付携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報をメールに転送する場合はこちら→をクリック
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→

スープの種類について白湯豚骨辛いラーメン味噌

日進市岩崎町大廻間2-1 地図を表示
営業時間 11:00〜15:00,18:00〜24:00(O.S.23:45)
定 休 日 無休
客  席 カウンター:20
駐 車 場 あり(35台)
電話番号 0561-72-5850 電話をかける際の注意
備  考 オープン:2000年3月 
愛知郡長久手町岩作字下島93 地図を表示
営業時間 11:30〜15:00,18:00〜24:00(O.S.23:45)
定 休 日 無休
アクセス リニモはなみずきどおり駅より約1.1km
客  席 カウンター:18,テーブル:3
駐 車 場 あり(45台)
電話番号 0561-62-2145 電話をかける際の注意
備  考 オープン:2004年10月
名古屋市緑区神の倉4-194 地図を表示
営業時間 11:30〜15:00,18:00〜24:00(O.S.23:45)
定 休 日 無休
客  席 カウンター:10,テーブル:20
駐 車 場 あり(54台)
電話番号 052-877-8082 電話をかける際の注意
備  考 おーぷん:2006年10月  
大府市長草町五ツ屋東130-1 地図を表示
営業時間 11:30〜15:00,18:00〜24:00(O.S.23:45)
定 休 日 無休
客  席 カウンター:10,テーブル:20
駐 車 場 あり(25台)
電話番号 0562-46-9617 電話をかける際の注意
備  考 オープン:2008年12月16日  
杁中店(旧本店) 閉店(2004年)
名古屋市昭和区隼人町7-11
営業時間
電話番号 052-832-9545 電話をかける際の注意
備  考 オープン:1985年1月

※営業日・営業時間等の情報は 2008.12.26現在のもの
禁 煙 水・お茶 ファミリー
券売機 おしぼり - カップル
無化調 × 新聞雑誌 - 車椅子 ×
自家製麺 × マンガ本 - 店舗詳細データについて
BGM - ランチセット
めん家(杁中/閉店済)を経営する会社が日進市に鶴亀堂を出店したのが2000年。その後、めん家を鶴亀に改名したかと思えば権利譲渡。宝フーズと今も付き合いがあるかは定かではないが、コンサルティング会社の協力を得て、長久手に緑区にも出店。



博多とんこつ
こってり
豚骨
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー×2、海苔、ネギなど
2016/03/29 食す。 ★★★★☆ 620円 評価について
今や海外にまでFC展開しているが、日進市岩崎にオープンした2000年頃に今の繁盛ぶりを想像することは出来なかった。博多でラーメンを食べたことがある方ならお判りのように、サラリとしていながら豚がビンビン伝わってくる。それを思えば、この店のスープは博多を謳っているのに、重すぎるし濃すぎる。しかし、この濃さが美味い。ネギの小口切りも量が少ないとは思わないが、薬味としてはスープに負けてしまっている。細ストレート麺は、長さ30cmほど。いつも通りカタでお願いした。パツン、プツン、サクッといった歯切れ感はないが、加水の低さは判る。2枚のチャーシューには結構な厚みがあって、味は付いているものの肉そのものの旨味も頑張っている。スープを飲み干したくなる誘惑に駆られるが、飲み干してはいけない。お腹に重たく、唇がベタつき、喉が乾くのは目に見えている。と思いながら随分と飲んでしまったいた。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
博多塩とんこつ全部のせ
・・・
豚骨
↑画像を
クリック
麺 極細ストレート
具 チャーシュー、キクラゲ、メンマ、煮玉子1/2、海苔、ネギなど
2014/04/06 食す。 ★★★★☆ 730円 評価について
久しぶりなので醤油にしようかと思っていたが、いざ券売機の前に立ってみると、スープが比較的軽い塩のボタンを押していた。美味いものは甘い・・・とも言われているが、豚骨の旨味を甘味として捉えることが出来る。スープは必要以上に濃くはなく、塩ダレも豚の旨味を引き立てる程度。薬味のネギも、スープとは相性が良いようだ。細ストレート麺は、長さ35cmほど。カタで頼んだつもりだが、私の中ではチョイカタ程度。低加水の細麺らしい食感や歯切れ感があるにはあるが、バリカタにした方が良かったかもしれない。茹で時間はカタが20秒でバリが5秒。店としてもバリがオススメらしい。2枚のチャーシューには厚みがあり、肉の味が伝わってくる。コリコリとしたメンマも、どこかなつかしい素直な味。キクラゲは言うまでもなくザックリ。やや小ぶりな玉子は見た目ほど味は強くないが、白身がかためだった。やはり醤油よりは塩。スープが濃すぎないところが良い。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
博多塩とんこつ
・・・
豚骨
↑画像を
クリック
麺 極細ストレート
具 チャーシュー×2、キクラゲ、海苔、ネギなど
2013/04/10 食す。 ★★★★☆ 650円 評価について
「塩とんこつ」のボタンを発見。選択の余地はなかった。タレが醤油から塩に変わっただけにしては、スープの口当たりが軽くなったように感じられる。身構えていたほどの濃度はない。器が熱ければ、スープも熱々。豚臭さはないに等しいが、豚の旨味は伝わってくる。塩ダレを使うだけあって、スープは色白。豚らしさが判る位なので、塩も尖っていない。細ストレート麺は、低加水の長期熟成麺。茹で加減を聞かれたのでカタでオーダー。食感はギリギリでカタかな。低加水の細ストレート麺ならではの歯切れ感はあるが、バリカタでお願いした方がいいかもしれない。チャーシューは、薄いところで5mmほどで、厚いところで1cm近い。ちゃんと肉の旨味も残している。スープを飲み干したが器の底にザラザラしたものは残らなかった。以前はスープを飲み干すことは考えられなかったが、この日は飲み干せる程度の濃度。650円という値段を考えれば、十分に満足できる。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
とんこつ全部のせ
こってり
豚骨
↑画像を
クリック
麺 極細ストレート
具 チャーシュー×2、煮玉子1/2、キクラゲ、メンマ、海苔、ネギなど
2011/08/23 食す。 ★★★★☆ 680円 評価について
わずか80円上乗せするだけで、全部のせになるというのも凄い。2枚のチャーシューを筆頭に、定番のキクラゲ、ネギ、海苔に、メンマと煮玉子半分と、とても80円上乗せしただけとは思えない程に賑やかだ。今さらだが、スープの濃度は愛知県内ではトップレベル。豚臭さはほとんど気にならないものの、豚の旨味には力強いものがある。タレも、豚を味わうのに邪魔にならない程度。ネギの小口切りが薬味として十分な存在感を放っている。極細ストレートの麺はカタで頼んだものの、私の中ではふつう。ばりかたをオススメするPOPが店内に見られるが、正しくその通り。細麺らしくスープの持ち上げもよい。チャーシューは脂身と赤身を重ね合わせたもので、5mmを超える厚みがある。煮玉子は、黄身がネットリと半熟状態。白身が深く色づいている割に味は強くない。この濃度のスープを飲み干すと後が大変なので、飲み干さなかったが、この値段で、この旨さとボリュームなら十分に満足。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
ピリ辛四川ラーメン
こってり
豚骨
↑画像を
クリック
麺 極細ストレート
具 チャーシュー、モヤシ、ニラ、ネギなど
2010/07/24 食す。 ★★★★☆ 700円 評価について
初めていただいた時には、スープの持ち味も判らなかったが、食べ直してみると美味しいのだから、食べ歩きの足を止めることは出来ない。スープの舌触りで濃度を感じるのだから、超濃厚という謳い文句は伊達ではない。少し橙色にも見えるが唐辛子も使うらしく、ヒリヒリと辛味が残る。辛い=四川という安直な図式は好きではない。麻辣・・・痺れるような辛味が欲しいところ。攻撃的な辛さではないが、ジワジワと確実に汗を流させる力があり、辛味の奥から豚の甘味がしっかり主張している。麺はカタで頼んだが、期待していたコキコキ感はない。1cm程の大きさのチャーシューは、良く言えば食べやすいが、悪く言えば、肉を食らう充実感に欠ける。フルフルっと舌に触れる脂身も見られるが、わざわざ背脂を使ったのか?チャーシューの脂身かは不明。モヤシと少量のニラが盛り付けられているが、モヤシが少し水っぽいのが残念。それでもスープの力強さに完敗。スープは残したけど言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
とんこつみそ
こってり
豚骨
↑画像を
クリック
麺 極細ストレート
具 チャーシュー×2、ネギ、ノリ
2010/05/11 食す。 ★★★★☆ 600円 評価について
味噌はご無沙汰・・・と思っていたら、1年半も開いていなかったが、少しは違う切り口のレポートになるのだろうか?まずはスープを口へ。舌にもたれかかるような濃度があって、味噌も赤味噌寄りのブレンドに力強さがあるので、どて味噌を思わせるようなところがある。時期的なものだと思うが、ネギの小口切りが力不足。薬味として、風味・辛味ともにもっと主張して欲しいところだ。このネギが麺と一緒に持ち上がってくる。細ストレートの麺は、いつも通りカタでオーダーしたもの。私の中では、もう少しかたくても良かったが、ネギだけでなくスープもよく持ち上げてくれるで、ドロリとしたスープの舌触りも手伝って熱々だ。2枚のチャーシューからは、このスープの中にあって素直に肉の旨味が伝わってくる。このスープは美味しいけど、こんなに濃いものを全部飲む訳にはいかない・・・勿体ないと思う。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
とんこつ
こってり
豚骨
↑画像を
クリック
麺 極細ストレート
具 チャーシュー×2、ネギ、ノリ
2010/03/02 食す。 ★★★★☆ 600円 評価について
レンゲからスープをすする際に、いつもより少し余計に力がいる。それ程にスープが濃い。スープの温度の低下を防ぐ為にレンゲを変えたらしいが、器が熱々ならスープも熱々。ありがちな豚臭さは抑えめだが、豚の旨味はしっかり。後から脂を加えた様子はなく、スープがしっかり脂を包み込んでいて、口当たりは正直言って重たい。これだけスープが濃くて重たいのなら薬味のネギは入れ放題にして欲しいところ。細ストレートの麺はいつも通りにカタ。スープの濃度も手伝って、スープの持ち上げも良い。2枚のチャーシューには脂身が目に付くが、厚みがある割にやわらか。海苔は博多ではポピュラーなのか?疑問が残るところ。スープが・・・豚が喉に絡みつくような一杯。美味しいけれど超濃厚というだけあって、私にはスープが濃すぎるし、重たすぎる。もったいないけれど、スープは残すべきだ。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
とんこつみそ(神の倉店)
・・・
豚骨
↑画像を
クリック
麺 極細ストレート
具 チャーシュー×2、ネギ、ノリ
2008/11/25 食す。 ★★★★☆ 600円 評価について
味噌に負けないのは豚骨の旨味だけと言う人もいるが、やはり味噌が支配的になっている。スープから立ち上る味噌の香りに期待を寄せながらスープにレンゲを泳がせてみれば、僅かながらトロミが見てとれる。口にしてみれば、特に豚の臭みはなく、気持ち良い程の味噌カド。赤味噌独特の味噌辛さは排他的で、さすがに豚の旨味を甘味として捉えることは出来ないが、豚の旨味が下支えしているから、味噌辛さが舌に絡み付いてくると思いたくもなる。ネギの辛味と風味がまたスープと良く合う・・・16時間もスープを炊くというのも伊達ではない。麺は長さ35cm程の細ストレート。味噌の力強さのおかげで普通に思えてしまうが、カタで頼んだのは間違いない。チャーシューは大きいだけでなく厚みもある。脂身はプルンプルンで甘味もあるし、味もそこそこ付いているが、ちゃんと肉そのものの味もする。確かに赤味噌らしいカドがあるが、じんわりとした奥行きを感じさせてくれる一杯。以前いただいたものとは比較出来ない程の満足度。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
博多とんこつ肉抜き
・・・
豚骨
↑画像を
クリック
麺 極細ストレート
具 ネギ、ノリ
2006/10/30 食す。 ★★★☆☆ 490円 評価について
チャーシューがのっていないことは判りきっていたが、キクラゲも玉子ものっていないと寂しいものがある。スープは熱々で、僅かだがトロミがある。豚骨の臭味はほとんど気にならない程度で、豚の存在感は十分。舌に豚がじゃれついてくるようなイメージがあるが、喉に脂が少し残るのが気になるのは、私が歳をとったからだろうか。ネギの小口切りは、グリーンがスープの色によく映えるが、薬味としては力不足。スープの濃度を考えれば、もっとネギの風味や辛味が欲しいところだ。麺は極細ストレート。スープの持ち上げもよく、低加水らしい歯応えの良さを楽しむことが出来る。茹で加減は四通りらしいが、どう四通りなのかを私は知らない・・・条件反射的にカタでオーダーしたからだ。肉抜きで500円を切るという憎らしい価格設定。食後に唇が少しベタつくが、食べていて安心感のある一杯だ。
▼MENUへ / TOPへ▲
四川ラーメン(杁中店)
・・・
豚骨
↑画像を
クリック
麺 極細ストレート
具 チャーシュー、ネギ、ニラ、モヤシ
2004/03/10 食す。 ★★☆☆☆ 700円 評価について
看板が掛け替わったのを機に店を訪ねてみた。ベースになっているのは『とんこつ』だと思われる。四川という名が示す通りスープは赤みを帯びて適度な辛さがあるが痺れるような辛さではない。辛さと豚骨の旨味が同じ位の強さでバランスは良いが最初の一口だけ僅かに豚骨の臭みを感じた。具は、モヤシ、ニラ、ネギ、チャーシュー等。モヤシはシャキシャキ感は良いがヒゲ根が歯に障る。チャーシューは小さなものと、ほぐしたモノが混在。残念ながら、肉を喰らうような充実感はない。麺は細ストレート。標準でも十分な食感がある。敢て硬麺にする必要はないだろう。さて、スープの話に戻るが、豚骨の旨味が殺されていないと言う意味で『みそ』よりは『四川』の方がバランスが良いと言える。辛さも額が汗ばむ程度で、味わう余裕がある。しかし、私としては『とんこつ』がオススメ。 ついでに・・とんこつも四川もめん家より鶴亀堂の方が好きだ。
▼MENUへ / TOPへ▲
とんこつみそラーメン(日進店)
・・・
豚骨
↑画像を
クリック
麺 極細ストレート
具 チャーシュー×1、ノリ×1、ネギ
2003/08/09 食す。 ★★☆☆☆ 600円 評価について
19:30に店を訪ねると駐車場はほぼ満車。店内にも行列ができていた。待ってまでラーメンを食すのは久しぶりのこと。前回の『とんこつ』が良かったので今回は『みそ』にしてみた。結論から言えば今ひとつ。この日のスープがいけないのか?スープと味噌の相性が悪いのか?スープからは僅かに豚骨の臭味が感じられた。味の方も味噌のコクが加わるものの肝心の豚骨の旨味が抑えられてしまっている。味噌もそれほど濃くないので豚骨の旨味が抑えられただけ評価は下がることになる。この日はチャーシューが一枚しか載っていなかったが、先日は小振りなチャーシューが5枚ほど載っていたことから察するとチャーシューは店員の目分量だろうか?大きければ一枚だけで小さければ必要なだけ載せるのかもしれない。細麺の食感が良いのでそこそこ食べることができるが、『とんこつみそ』よりも『とんこつ』を食すことを強くオススメしたい。
▼MENUへ / TOPへ▲
とんこつラーメン+味玉
・・・
豚骨
↑画像を
クリック
麺 極細ストレート
具 チャーシュー×5、味玉1/2×2、ノリ、ネギ
2003/08/02 食す。 ★★★★☆ 700円 評価について
このラーメンを食すのは3回目だったが、ある意味で『良い出逢い』だったと言うことができる。今まで全く美味しいと思えなかったものを美味しいと感じたのだ。豚骨だけで作られると言うスープは乳化し白濁している。過去二食のスープは何だったのか?今日のスープは美味しい。豚骨の臭味は抑えられておりマイルドなスープからは豚骨のコク・旨味を感じる。そのスープをしっかり受け止めるのが細麺。博多から毎日直送されるという麺にスープがよく絡む。トッピングにチャーシューが5枚と味玉とノリ、ネギ。チャーシューは味がやや濃いめだがスープの味を受け止める為に必要な味付けなのだろう。とても軟らかく美味しい。味玉は半熟ではないが大きな不満はない。欲を言えばプリプリ感が欲しかったところだ。今日の評価を『真の評価』と思って良いのだろうか。ただ、今まで飲み干すことの出来なかったスープを飲むことが出来たのは事実だ。味覚が変わった訳でないことを確かめる為に天白区:破天荒にでも行ってみようか・・・・
▼MENUへ / TOPへ▲
とんこつラーメン
2003/02/17 食す。 ★★☆☆☆ 評価について
オープン初日以来の大冒険だ。評判が良いものだから、あの日の自分の味覚はおかしかったのか?と自問自答をしながらの再食。具はネギ、チャーシュー。ネギの小口切りは細かく私好みだ。チャーシューもバラバラになる点を除けば悪くはない。麺は細麺でゆで加減を指定することも出来る。カタにしてもらったが、私はこの歯応えが好きだ。難を言えば量が少ないことだろう。替え玉をする人が多いのも頷ける。ただ、スープがよくない。出てきた当初からドロドロ感があり、器のフチの方では泡立っている感さえした。かなりの臭みもあり一口二口が精一杯で大半のスープを残してしまった。久々に完食することができず、この店に入ったことを強く後悔した。
同行の同僚も同じラーメンを食したがスープの大半を残していた。麺とトッピングは良かったもののスープは『とても飲めたものでない』とのこと。彼は緑区:コーチン、緑区:あ・うん、天白区:チャイナポート、天白区:仲乃坊などを美味しいとし、緑区:博多一番は不味い、中区:一風堂は『たいしたことない』と評している。
▼MENUへ / TOPへ▲
とんこつラーメン
オープン初日 食す。 ★☆☆☆☆ 評価について
開店を待つ行列の中で、たまたま仕事で付き合いのある協力業者と出くわした。平たく言えば下請業者・・・当時の私は20万円程度の仕事を月に10〜20件程度発注していた。『今日は私がごちそうします!』と社長は後に引く気配がない。結局この日はゴチになってしまった。『美味しかったですねぇ!』を連発する社長からラーメンの感想を聞かれて、私は返答に詰まってしまった・・・私は臭みの強すぎるトンコツは嫌いだ。本場を思わせる細ストレート麺には好感が持てるがスープがよくない・・・それだけで全く評価に値しなかった。
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー
調査日(神の倉):2016年3月29日 メニューについて
博多とんこつ肉抜き 520円 半ちゃん 310円
博多とんこつ 620円 ライス 100円
博多とんこつ全部のせ 690円 味玉トッピング 100円
味噌 690円 ねぎトッピング 100円
四川 690円 チャーシュー2枚トッピング 100円
塩とんこつ 690円 生ビール 500円
替玉 100円 鶴亀餃子5個 280円
平日半ちゃんランチ 200円 鶴亀餃子6個 310円
平日ライスランチ(替玉+ライス) 150円

メニュー
調査日(神の倉):2013年4月10日 メニューについて
博多とんこつ 600円 半ちゃんランチ 200円
濃厚博多とんこつ全部のせ 680円 ライスランチ 150円
濃厚博多とんこつネギバカ 780円 お子様セット 450円
濃厚博多とんこつもやし盛り 780円 半ちゃん 300円
濃厚博多とんこつチャーシュー 850円 ライス 150円
濃厚博多とんこつ肉抜き 490円 小ライス 100円
ちから丼(大) 780円
博多塩とんこつ 650円 ちから丼 680円
博多塩とんこつ全部のせ 730円 鶴亀餃子6コ 280円
博多塩とんこつチャーシュー 900円  
替玉 120円
みそとんこつ 600円 替玉ハーフ 70円
みそとんこつ全部のせ 680円 味玉トッピング 100円
みそとんこつチャーシュー 850円 ネギトッピング 100円
メンマトッピング 100円
ピリカラ四川ラーメン 700円 きくらげトッピング 100円
ピリカラ四川チャーシュー 950円 もやしトッピング 100円
 のりトッピング 50円


メニュー
調査日(神の倉):2008年11月25日 メニューについて
とんこつ 600円 鶴亀ギョーザ 280円
とんこつ 全部のせ 680円 生ビール(一番搾り) 450円
とんこつ ネギバカ 780円 伝説のちから丼 並 480円
とんこつ チャーシュー 850円 伝説のちから丼 小 280円
とんこつ てんこ盛り 980円 伝説のちから丼 大 680円
とんこつ 肉抜き 490円 伝説のちから丼 特 980円
とんこつみそ 600円 ライス 150円
とんこつみそ 全部のせ 680円 小ライス 100円
とんこつみそ チャーシュー 850円
ピリ辛四川ラーメン 700円
ピリ辛四川チャーシュー 950円
替玉 120円 毎日やってる得セット
替玉ハーフ 70円 全部セット 1100円
トッピング  ※とんこつ+ちから丼並+餃子
味玉トッピン具 100円 平日ランチ
温泉玉子トッピン具 100円 伝説のちから丼小 替玉ランチ 280円
博多ネギトッピン具 100円 ライスランチ 150円
キクラゲトッピン具 100円  ※替玉1回無料+ライス
のりトッピン具 50円 伝説のちから丼小餃子ランチ 380円

メニュー
調査日(神の倉):2006年10月30日 メニューについて
とんこつ 600円 替玉 120円
とんこつ 全部のせ 680円 替玉ハーフ 70円
とんこつ ネギバカ 780円
とんこつ チャーシュー 850円
とんこつ てんこ盛り 980円
とんこつ 肉抜き 490円 トッピング
とんこつみそ 600円 味玉トッピング 100円
とんこつみそ 全部のせ 680円 ねぎトッピング 100円
とんこつみそ チャーシュー 850円 きくらげトッピング 100円
四川ラーメン 700円 メンマトッピング 100円
四川ラーメン チャーシュー 950円 のりトッピング 50円

メニュー
調査日:2003年8月9日 メニューについて
とんこつ 600円 四川ラーメン 700円
とんこつチャーシューメン 850円 四川チャーシュー 950円
とんこつみそラーメン 600円 替え玉 120円
味噌チャーシュー 850円 味玉 100円


HOMETOP