ラ王への道 共通Hedder ラーメン店用
ラ王への道 共通Footer ラーメン店用

らーめんとらべえ


らーめん

虎兵衛

閉店(2013年12月17日)
オススメ度ラーメンに対して
サービス度お店に対して
http://raou.jp/shop/1838.htm
バーコード読み取り機能付き携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報を携帯メールやPCメールへ転送する場合は、こちらをクリック!
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→
スープの種類について白湯豚骨味噌

名古屋市天白区一つ山3-4 地図を表示

営業時間 11:00〜15:00,17:00〜20:00
定 休 日 水曜日
アクセス 相生山駅(地下鉄桜通線)より約1.1km
客  席 カウンター:6,テーブル:あり
駐 車 場 あり
近くにコインP:なし
ジャンル ラーメン専門店
電話番号 052-807-1112
禁煙喫煙 詳細不明
備  考 オープン:2012年9月5日
※営業日・営業時間等の情報は 2012.09.12現在のもの
券売機 前払い 無化調 自家製麺 水セルフ おしぼり 新聞雑誌 靴を脱ぐ ファミリー 車椅子
林製麺の麺箱が積み上げられた厨房には、大きな寸胴が2本。魚介と豚と鶏・・・どういう組み合わせなのだろう?
スープ あっさり
麺 細め・縮れ
具 チャーシュー、卵黄×1、メンマ、ネギ、青菜、柚子の皮ど
2013/06/28 食す。 750円
いつも通り漢字一文字のネーミングだが、判りやすく言えば、冷やし柚子塩。スープからほんのりと魚介の風味が香り、塩も判る程度。肉から滲み出たと思われる脂が点々と広がりつつあるが、口当たりはヒンヤリあっさり。柚子の皮を薄く小さく切ったものが添えられていて、周りのスープにほんのりと香りが移っているが、柚子の皮そのものを口にすると柚子の香りが一段と強くなる。細麺からしか選ぶことは出来ないが、それでも白と黄とがある。迷わず白を選んだが、加水低めの細麺を締めると、歯応えはかため。残念ながらスープとの一体感が今ひとつ。チャーシューというより肉?がゴロゴロ使ってあって、いい味がついているが、スープへの影響は無いに等しい。ごはんが最初からセットになっているので、いいおかずになる。ご飯の食べ方だが、漬け玉子を載せるか、スープに入れるというのがお店からの注文。漬け玉子を載せていただいたが、タレの味と香りに深みがあるのがよく判る。期待した以上の満足感。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
スープ ・・・
麺 太縮れ
具 チャーシュー×2、卵黄×1、メンマ、ネギ、青菜、糸唐辛子など
2013/03/18 食す。 750円
幸、海、彩の三種類で始まったが、輝と焔が加わって五種類。それでもスープは二種類らしい。動物っ気が判りやすいので豚を使った方のスープかな?唇がジンジンするほどで、額から汗がじわり・・・辛味もあるし甘味もあるが、スープの持ち味は伝わってくる。ニンニクも少しだけ見られるが、気配を感じることはない。そんなスープを醤油ダレがやさしく包み込んでいて、胡麻やらタマネギなどが食感を添えている。黄玉の太麺を選んだのは、白玉や細麺ではスープを十分に受け止めきれないと考えたから。麺が強いと思わなかったところをみると、これで正解か。20cmほどと、すすりきれる長さ。大きなチャーシューは、味が控えめなので肉そのものの味が生きている。漬け卵は箸で持てるほどのかたさ。しっかり味が染みている。前述のタマネギも半透明になっているので調理してあるのだろうが、必要なのかな。さらにネギやらモヤシにニラ、糸唐辛子などが使ってあるが、賑やか・・・というよりは散らかったイメージ。スープが冷めるほどの量ではないが具が多い。
スープ ・・・
麺 細縮れ
具 チャーシュー×2、卵黄×1、メンマ、ネギ、海苔など
2013/01/21 食す。 680円
白か黄か?だったのが、今では細麺と太麺も選べるから、麺だけでも4つのバリエーションがある。黄の太麺とのバランスが悪かった「海」を、白玉の細麺で食べ直してみることにした。白の細麺は長さ30cmほどの縮れで、食べ始めの内はいい感じでも、後からやや頼りなくなってくる。白の太麺か黄の細麺で食べ直してみたい。スープは軽くなく重くなく、それでいてコクも十分。味としては醤油なのだろうが、主張は控えめ。魚介の風味も十分に効いているが、すべてがスープの風味という訳でもなくて、魚粉も使ってある。2枚のチャーシューは相変わらず大きく、味が控えめということもあって、肉そのものの味と脂の甘味が活きている。メンマは何味?というのも難しいが、少し酸味があるようだ。この店の看板具材とも言える付け玉子は、卵黄をタレに漬け込んだもの。ネットリと舌に絡みつく卵黄には、タレの味が染みている。幸より海なのは間違いないが、どの麺がベスト・チョイスなのだろうか?ごちそうさまでした。
スープ ・・・
麺 太縮れ
具 モツ、メンマ、ネギなど
2012/11/05 食す。 700円
あてもなく店を訪ねてみれば、限定で味噌をやっていた。冬季限定で、しかも一日20杯限定らしい。味も香りもふんわりとした感じだけれど、散漫になることなく味に締まりは残しているし、味と香りを支えるのに十分なコクは感じられる。ただ、無化調にありがちな頼りなさはないけれど、押しの弱さは否めない。スープの表情から察するに清湯ではないようだが、魚介も鶏も使った豚骨らしい。モツが大きく使われているのが特徴で、独特の味わい深さだけでなく、食感も楽しむことが出来る。麺はさすがに太麺しか選ぶことが出来ない。白玉の太麺は、見ようによっては平打ちで長さは20cmほど。このスープの中では、ツルツル・しこしこ・プリプリしているが、スープとの一体感が今ひとつ。おまけに箸から逃げやすい。それでもこのスープの中では麺が細めに見えてしまう。無化調ならでは後味の良さはあるけれど、やはり後からお腹に重たかった。ごちそうさまでした。
スープ ・・・
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×2、卵黄×1、メンマ、ネギ、海苔など
2012/10/26 食す。
オープンしてまだ日が浅いのに、新しいスープがお目見え。100%豚骨らしいが、白湯豚骨とは言い切れない表情をしている。僅かにトロミが感じられ濃度のほどが伺えるが、豚臭さはなく、それでいてコクがある。口当たりにも心地よい重たさがある。豚の甘味が見え隠れしていているが、醤油ダレがそれを相殺して、さりげなく締まりのある味。大きな背油がゴロゴロと見られ、プリプリとした食感と舌触りが特徴的。揚げるのではなく、炙っているらしい。白玉・黄玉共に細麺が選べるようになったので、この日は白玉の細麺。ほぼストレートで、かたすぎいない程度の食感。細さのお陰でスープがよく持ち上がる。これはこれでスープと合っていると思うが、このスープだったら、白も黄も太麺でも細麺でも試してみたくなる。大きなチャーシューは相変わらず。この店自慢の漬け玉子はネトっ&ドロっ。タレの味がよく染みている。この店なかなか面白い。ごちそうさまでした。
スープ ・・・
麺 太縮れ
具 チャーシュー×2、卵黄×1、メンマ、ネギ、海苔など
2012/09/25 食す。 600円
幸→海→彩と順に食べてみて、この彩が一番素直な一杯。鶏ガラ醤油のシンプルさに、ほどよい魚介の風味。うっすらと脂が広がってはいるものの、軽い口当たり。無理にコクを足す必要はないし、魚粉で風味を底上げする必要もない。麺は白玉をチョイス。黄玉はかたすぎるので選択の余地はなかった。もっちりとした中に適度に噛み応えを残しているというのか?適度な噛み応えの中に弾力を残しているとでもいうのか?私はこの色白の麺を嫌いではない。2枚のチャーシューは、脂身が少なめで味も控えめ。肉の味が素直に伝わってくる。メンマにも味はが付いているが、誉めてもいい味には思えない。ネギは小口切りではなくて、青い部分が長く細く使われている。この店自慢の漬け玉子も、この日はドロ〜ではなくてネットリ。日によって食感が違うということは、漬けている時間が一定ではないということかな?毎日使い切っていると信じたい。ごちそうさまでした。
スープ ・・・
麺 太縮れ
具 チャーシュー×2、卵黄×1、メンマ、ネギ、海苔など
2012/09/15 食す。 680円
魚を効かせた和風醤油豚骨らしい。鶏も使っているようだが、豚が別のスープになっているのだろうか?全体的なイメージとしては、先日の幸とほぼ重なるものの、やや魚介が強めに出ていて、どこか甘味があり、味を引き締める何かがあって、癖こそ強くないが和風豚骨の範疇。先日は白だったので黄玉をチョイス。長さが20cm余りなのは先日の白玉と変わりがないが、卵を使うとかで、噛み応えがより強い。先日の幸とスープの強さ自体は変わりがないから、スープに対して麺が力を持て余し気味だが、プリプリとしている訳ではない。チャーシューは脂身が多くなく、味も強くないので、肉そのものの味がする。メンマには醤油っぽいタレの味が染みているが、頼りない食感。楽しみにしていた漬け玉子だが、先日のものよりややかため。毎日使い切っているのか気になるところだ。スープは幸より海。麺は黄玉より白玉と言いたいところだが、スープを飲み干した器の底に魚粉らしきものが残っていた。ごちそうさま。
スープ ・・・
麺 太縮れ
具 チャーシュー×2、卵黄×1、メンマ、ネギ、海苔など
2012/09/12 食す。 680円
魚と鶏と豚骨を使うらしいが、第一印象としては、軽めの豚骨に他のスープを合わせたような感じ。渾然一体となりかけているものの、魚介が僅かに気配を残している。脂も多くはなく、旨味が強い訳でもなく、特別に濃いという程でもない。醤油ダレの主張こそ強くないが、不思議と舌にメリハリ感が残るのは化調のせいだろうか?じんわり・・・とこない程度に味に締まりがある。麺は白玉と黄玉とから選ぶことが出来る。いつも思うのだが、どちらの麺が店のオススメなのだろうか?「つるつる食感の小麦100%」 がウリの白玉は、20cmを超える色白の太縮れ麺。噛み応えはかためだが独特の弾力があり、他の店ではあまり口にしないタイプ。厨房には林製麺の麺箱が積み上げられている。具の中で、一際大きな存在感を放っているのが海苔の上の玉子。タレに漬け込んだ卵黄のようだが、半透明になった部分が僅かにかたくなりかけているものの、中はトロトロなので慎重に口へと運びたい。奇抜さを感じない程度に捻りのある、丁寧に作られた一杯。ごちそうさま。
ラ王への道 共通Footer ラーメン店用

最近のオススメ
かいらす亭 中区
もりひろ 熱田区
時任家 天白区
一八 武豊町
昭和区 十夢
濃厚軍団 豊田市
政次郎 豊橋市
志縁 東海市
New Open
八麺山 日進市
純味軒 東区
飛鶏 春日井市
坊's 北区
好和亭 春日井市
空庵 緑区
もんたな 天白区
粋家 一宮市
菜 日進市
辣風旋 東海市
なりたけ 中区
麺胡房 瑞穂区
凛 天白区
勝来軒 東区
風見鶏 稲沢市
一松家 春日井市
雫 瑞穂区
Gallery