きのかわ軒(きのかわけん)
メニューへデータ転送FileNo191-03
おすすめ度
サービス度
オープン
2002年12月10日

醤油豚骨

名古屋市中村区名駅1-1-4
JR名古屋駅グルメ1
営業時間 11:00〜22:00(L.O.21:30)
定 休 日 無休
アクセス JR/名鉄/近鉄/地下鉄 名古屋駅構内
駐 車 場 なし
カウンター -席
テーブル -席
座 敷 -席
電話番号 052-588-5517
※営業日・営業時間等の情報は 2008.12.26現在のもの
禁 煙 × 水・お茶 ファミリー
券売機 × おしぼり - カップル
無化調 × 新聞雑誌 - 車椅子 -
自家製麺 × マンガ本 -
BGM - ランチセット -
名古屋・驛麺通りオープン時から続く、和歌山ラーメンをコンセプトにしたお店。店内はカウンターとテーブル席。驛麺の中では一,二を争う人気店だ。確かに良い味は出していると思う。



和歌山ラーメンスペシャル
こってり
豚骨
↑画像を
クリック
麺 ストレート
具 チャーシュー、あまから肉、メンマ、ネギ、ナルト、ノリ、生卵など
2003/12/20 食す。 ★★★★☆ 880円
驛麺がOPENしたばかりの頃は昼の11時は店の前ではなく驛麺の入口の前に長々と行列ができていたものだが1年も経つと店の前に10人前後の行列があるのみ。この程度なら並ぶ気にもなる。スペシャルを運んできた店員が言う。『あまから肉は生卵にからめて食べて下さい!』と。見ればチャーシューとは別に肉がのっている。店員に言われるままに肉を生卵にからめて口に運ぶ。バラ肉だろうか?生卵のトロミの奥から甘い味が口の中に広がる。チャーシューの方は、醤油タレだろうか?味がよく染みており、先の『肉』との味のコントラストが面白い。メンマも平たく切られており歯応えが良い。ストレート麺の食感も良い。スープに豚骨の臭味はなく、豚の旨味がよく出ていると思う。スペシャルでは肉とチャーシューの味のコントラストは面白いと思ったが、前回和歌山ラーメンを食した時ほどの感動はなかった。まぁ完食に値する一杯だがオススメは素の和歌山ラーメンだろうか・・・
▼MENUへ / TOPへ▲
和歌山ラーメン+のり卵
こってり
豚骨
↑画像を
クリック
麺 ストレート
具 チャーシュー、あまから肉、メンマ、ネギ、ナルト、ノリ、生卵など
2003/09/04 食す。 ★★★★☆ 800円
運ばれてきたのは豚骨醤油系のラーメン。醤油よりも豚骨が前に出ていて、豚の旨味が良く伝わってくる。スープの口当たりにはマイルド感があるが、ややこってりしたスープは決してしつこくはない。良くできたスープだと思う。麺はストレート。やや硬めの茹で加減は私の好むところだ。トッピングにはチャーシュー、メンマ、ノリ、ネギ、ナルトに玉子。メンマはやや甘めの味付け。このスープの中では、この味付けが必要なのだろう。歯応えはそこそこだ。チャーシューは3枚。とても芳ばしく味わい深い。その上やわらかく非の打ちようがなかった。豚骨醤油にする必要があるのだろうか?豚骨の旨味・コクが前面に出ており純粋に豚骨ラーメンでも良いのでは?とも思えた。こってりしていることもあり毎日は無理だが・・・また食べたいと思わせるラーメンだった。この店の店員・・・なかなかやると思う。私に『のり卵』を勧めた舌の根も乾かない内に他の客に『スペシャル』を勧めてオーダーを受けていた。この日は店員に気持ちよくやられたようだ。
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー
調査日:2003年09月04日
和歌山ラーメン(普通) 650円 のり葱 100円
和歌山ラーメン(大盛) 750円 のり卵 150円
和歌山チャーシュー麺 780円 鳴門のわかめ 150円
和歌山スペシャル 880円 あまから肉 250円
生卵 50円


HOMETOP