ラ王への道 共通Hedder ラーメン店用
ラ王への道 共通Footer ラーメン店用

なごやはちめんざん


名古屋

八麺山

閉店情報表示スペース※CSS内部参照
オススメ度ラーメンに対して
サービス度お店に対して
http://raou.jp/shop/1978.htm
バーコード読み取り機能付き携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報を携帯メールやPCメールへ転送する場合は、こちらをクリック!
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→
スープの種類について白湯豚骨味噌

日進市梅森台1-147 地図を表示

営業時間 11:00〜14:00,18:00〜22:00
定 休 日 水曜日
アクセス  
客  席 カウンター:あり,テーブル:8
駐 車 場 あり
近くにコインP:なし
ジャンル ラーメン専門店
電話番号 052-838-7892
禁煙喫煙 禁煙
備  考 オープン:2013年10月13日
※営業日・営業時間等の情報は 2013.11.02現在のもの
券売機 前払い 無化調 自家製麺 水セルフ おしぼり 新聞雑誌 靴を脱ぐ ファミリー 車椅子
日進市にありながら、看板には「名古屋」の文字。随分前からある住居付き店舗の一階が、綺麗にリフォームされて店となっている。メニューにあるラーメンは、豚骨と味噌のみとは言え、事実上スープは一種類。オープン早々にメニューが賑やかな店より好感を持つことが出来る。
スープ ・・・
麺 細め・縮れ
具 チャーシュー×3、海老、チーズ、トマト、水菜、バジルなど
2017/08/01 食す。 930円
夏限定だが、冷たいラーメンではない。名古屋まろ汐の豚骨魚介汐スープをベースにしてバジルソースを合わせるらしいが、鮮やかな緑色にはなっていない。まだ辛うじて形を残しているバジルの葉が白濁したスープに緑色を添えている程度。それでもバジルの香りが支配的で、豚骨&魚介はスープを支えているだけで前には出てこないし、スープの口当たり重たさもなく飲みやすい。ニンニクも感じられるが、イタリアンと思えば不思議はない。細めの縮れ麺は、全粒粉を練り込んだもの。食感としてはやわらかめだが、頼りなさを感じることはない。肩ロースを使ったチャーシューは、断面が肩ロースらしくないが、肉そのものを味わう仕様。小さな俵みたいな形状のトマトは焼いてあって、かぶりつくと口元で弾けて果汁?が飛ぶ。まるごと口にしたい。種の周りのグジュグジュ感も変な青臭さもなく、トマトらしい酸味と旨味を楽しむことが出来る。海老の下にチーズが隠れていたようだが、終盤に気が付いたら箸で取れない位の状態。早めに口にした方が良さそうだ。イタリアンでもしっかりラーメン。ごちそうさまでした。
スープ ・・・
麺 中太ストレート
具 チャーシュー×2、海老、椎茸、三つ葉など
2017/02/13 食す。 880円
この店のことだから豚骨を使っているに違いないが、見た目には普通に醤油豚骨。それが、三つ葉、椎茸によって和風テイストに仕上がっている。ありがちな魚粉は一切見られず、それでいて魚介の風味はしっかり。煮干しのえぐみは感じられない。やわらかな動物系の旨味の中にも甘味が感じられ、たまりを使う割に味も強くなくまろやか。じわ〜じわ〜と味わい深いものがある。中太のストレート麺は、長さ27cmほど。私の中ではもちもちという程でもなく、もちっという程度。弾力がありながらも適度な噛み応えがあって、加水の高さが伺える。チャーシューには1cmほどの厚みがある。特に主張する味はない。スープに浸かっていたのでスープの味。それが2枚ものっている。椎茸には十字に飾り包丁が入れられているが、旨味はスープに出ているのかな?期待したほどに深いものはなかった。海老は、大きさもさることながら火の通り加減も絶妙で、食感を楽しむことが出来る。逆を言えば、真っ白にかたくなっている店が少なくないということ。期間限定なのが残念。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
スープ ・・・
麺 細ストレート
具 チャーシュー×3、メンマ、ネギ、海苔など
2015/10/01 食す。 680円
この店もオープンから2年近くが経つが、この基本のラーメンの値段は変わらず680円のままだ。臭みがないのに豚らしさが静かに伝わってくるスープで、脂がやや目に付くものの、少し甘味が感じられ、醤油ダレも強くなくまろやか。細ストレート麺は、加水が低めの麺を普通に茹で上げたような食感で、スープに勝ってしまうことはないが、麺が力を失い始めるのが早いのが難。一緒にネギが持ち上がってくる。細いネギが使われていることもあって、麺をすする息にのってネギが喉を直撃することもあるので、あまり勢いよくすすらない方がいい。チャーシューは3枚。オープン直後に比べると、枚数も盛り付け方も違うのが判る。以前にいただいたものより肉の旨味が増しているような気がする。メンマはやわらかめで、ザックリとした食感。海苔については、このラーメンにどうしても必要なものではないと思う。オープン以来マイナーチェンジを繰り返してきているのだろうが、この日も美味しかった。ごちそうさまでした。
スープ ・・・
麺 中細・縮れ
具 チャーシュー×3、海老、肉味噌、錦糸玉子、キュウリ、トマト、刻み海苔など
2015/08/21 食す。 880円
涼しげな器は、見かけの大きさとは裏腹にとても軽い。中央の凹みにコンパクトに盛りつけられている。スープと呼ぶべきか?タレと呼ぶべきか?ほどよく味噌辛さを残しつつ、味噌が強すぎることはなく、胡麻は判る程度。人によっては、胡麻を先に感じるのかもしれない。あたたかい深味噌は、豚骨でありながら味噌に化けていくという楽しみがあったが、冷製の深味噌にはそれがない。平打ちの太めの麺に厚みはなく、しなやかなのどごし。タレの持ち上げも良いし、舌触りに面白みもある。大盛りを強く勧められたが、並で130gほどらしい。チャーシューには、味も香りも特にクセはない。このチャーシューの下に肉味噌が二種。ミンチと細かく刻まれた食材の食感が、さりげなく主張している。キュウリは細く切られていてシャリシャリ。錦糸玉子は薄焼きで、海老はプリプリしていて甘味も活きていた。トマトに罪はないが、いつもの通りごめんなさい。タレがたくさん残るのが勿体ないかな。味噌仕立ての冷し麺は、醤油仕立てのものより好きだ。ごちそうさまでした。
スープ ・・・
麺 中細・縮れ
具 チャーシュー×3、肉団子×2、メンマ、水菜など
2015/03/22 食す。 880円
魚介系の豚骨らしいが、魚介と言っても昆布に干し貝柱に干し海老なので「魚貝」の方がしっくりくる。口当たりはふんわりやわらか。軽くはないが、ほどよく舌にもたれかかってくる。豚骨の主張は抑えめだが、豚骨らしさは残している。魚貝の繊細な旨味は捉えきれないが、カドこそないが紛れもなく塩だと判る味と合せて・・・否定出来ない味。中細の縮れ麺は、全粒粉が多めで風味がしっかりしている。麺の強さもスープとバランスが取れていて、もっと麺が欲しくなるほど。3枚のチャーシューは脂身を含む薄いスライスだが、味が控えめで肉の香りが活きているし、胡椒がさりげなく効いている。このラーメンのもうひとつのウリが地鶏を使った肉団子。地鶏の良さは私にはよく判らないが、味が控えめなので肉そのものの旨味を楽しむことが出来る。水菜も妙なえぐみはなく食感を楽しむことが出来る。おそらくネギだったらスープの持ち味を損なっていただろう。値段を抑えるにはチャーシューか肉団子を減らすしかないのだろうが、残念ながらこのラーメンは限定らしい。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
スープ ・・・
麺 細め・ストレート
具 チャーシュー×3、モヤシ、ひき肉、ニンニク、ネギなど
2014/09/05 食す。 850円
スープの色を表したネーミングのようだ。唐辛子がチラチラっと舞うスープを口にしてみると、ピリピリとした辛さがある。味わえる程度の辛さだが、大人向きの辛さ。それでいて豚の気配も感じとることが出来る。ニンニクも見られるものの、気配や風味はたいしたことはない。舌で押し潰せるか?と思いきや、ほっこり感もなく適度な噛み応えを残している。細めのストレート麺は、サクっとした食感。低加水の細ストレート麺の宿命からか?麺が力を失い始めるのも早い。それよりも、スープとの一体感が今イチなのが気になった。モヤシに何か油が和えてあるのか?いい香りがする。3枚のチャーシューには厚みはなく、半分近くが脂身。味が付いているようだが、辛さに慣れた舌では捉えることは出来ない。食べ進むと、麺が挽肉を持ち上げるようになる。底の方に挽肉とニンニクが沈んでいたが、ニンニクが意外に多い。ギリギリのところでスープの持ち味を残していて、好感を持つことが出来る。ごちそうさまでした。
スープ ・・・
麺 細め・ストレート
具 肉味噌、チャーシュー、ネギ、糸唐辛子など
2014/06/12 食す。 780円
ランチで味噌を頼んだのはいいが、ラーメンがお値打ちになる訳でもなければ、何か一品がついてくる訳でもない。トッピングやライスの値段が安くなるだけだ。半年ぶりの味噌だが、スープの色が少し色付いているように見える。当初はスープに味噌を使ってなかったハズだが、少しだけ味噌を使うようにでもなったのだろうか?味噌ミソしている訳ではないが、豚の甘味が後退してしまっている。それに拍車をかけるのが脂。熱い上に量も多い。いちいち烏龍茶を口に含んでリセットしないと豚を味わうことが出来ない。肉味噌には深い味がついているので、スープに散り散りにさせる訳にはいかない。早めに口にしたい。チャーシューは味が控えめということもあって、ちゃんと肉の味が伝わってくる。細ストレート麺は、低加水らしいサクっとした歯切れ感があるが、ややカタといったところ。マイナーチェンジは歓迎するが、私は以前の味の方が好き。ごちそうさま。
スープ ・・・
麺 細め・ストレート
具 チャーシュー×3、煮玉子×1、ネギなど
2013/11/26 食す。 780円
深味噌での味噌の扱い方から、スープの持ち味を活かそうとしているのが伝わってくるので、改めて味わってみることにした。麺の茹で加減を聞かれることはなかったが、厨房で「バリ」とか「カタ」などと行き交っている。茹で加減は指定できるようだ。スープに豚臭さはないが、豚の旨味・甘味がやさしく語りかけてくるような感じ。醤油ダレの甘味が余韻となって口に残る。すぐにスープ表面に膜が張りかけてくるところを見ると、真面目に炊いたスープだと判る。低加水のストレート麺は、相変わらずサクっとした歯切れ感。茹で加減を指定した訳ではないが、私の中ではカタに近い。4枚だったチャーシューが3枚になったのかな?1枚1枚も大きくなったように見える。玉子は丸のまま1個が使われている。白身が薄っすら色付いていて、味もほんのり判る程度。黄身はしっとりとしている。ただ、私の中では、卵ではなくて玉子。食べ物としてとか、調理されているとかで判断している。豚骨としては、やさしい味。ごちそうさまでした。
スープ ・・・
麺 細め・ストレート
具 肉味噌、チャーシュー×4、ネギ、糸唐辛子など
2013/11/12 食す。 780円
名古屋とつくからには赤味噌を使うものだと思っていたし、豚の旨味を塗り潰す位の強さだと思っていた。ところがスープに味噌っ気はなく、中央に肉味噌が盛りつけられている。持ち手がついた白い器は、巨大なコーヒーカップのようにも見える。スープ自体は、やわらかい豚の旨味を持っていて、醤油ダレも強くはなく、消えそうな程に小さな背脂が無数に見られ、やさしい甘味もある。脂も見られるがコッテリはしていない。おそらく素のラーメン(豚骨)と同じ。4枚のチャーシューを並べた上から、ネギ、肉味噌、糸唐辛子が盛りつけられている。肉味噌も強い味ではないので、スープに溶くものではない。味噌のこの使い方は、スープの持ち味を活かしたい為なのだろう。この肉味噌をいただく為に、レンゲではなくてスプーンが付いているのだろうが、これが扱いがよくない。巨大なコーヒーカップも片手で持ち上がる重さではない。肉味噌をのせるならチャーシュー抜きでもいいから、値段を抑えて欲しいところ。ごちそうさま。
スープ ・・・
麺 細め・ストレート
具 チャーシュー×4、ネギなど
2013/11/02 食す。 680円
ふんわり醤油ダレが香るスープを口にしてみれば、口当たりは豚骨にしては軽め。タレは強くないが醤油であることは判るし、ほんのりと甘味があって豚らしさが静かに伝わってくる。豚臭さは、店内にもスープにもない。細めのストレート麺は、長さ30cmほど。加水は低めだが、パツンパツンというほどの歯切れ感ではない。私の中では、カタとまではいかない。湯で加減を聞かれることはなかったが、これがオススメの茹で加減なのだろう。ネギを中心に、4枚のチャーシューが放射状に盛りつけられている。チャーシューには軽く味がついていて、脂身の甘味が目立たない。薄いので、肉を喰らうという満足感はなく、追加を考えることは出来ない。ネギの小口切りは、かたいところが使われていないこともあって、歯に当たることはなく、辛味も風味も目立たないが、元々スープが強い薬味を必要とはしていない。インパクトこそないが、やさしい豚骨と言える。ごちそうさま。
ラ王への道 共通Footer ラーメン店用

最近のオススメ
かいらす亭 中区
もりひろ 熱田区
時任家 天白区
一八 武豊町
昭和区 十夢
濃厚軍団 豊田市
政次郎 豊橋市
志縁 東海市
New Open
八麺山 日進市
純味軒 東区
飛鶏 春日井市
坊's 北区
好和亭 春日井市
空庵 緑区
もんたな 天白区
粋家 一宮市
菜 日進市
辣風旋 東海市
なりたけ 中区
麺胡房 瑞穂区
凛 天白区
勝来軒 東区
風見鶏 稲沢市
一松家 春日井市
雫 瑞穂区
Gallery