ラ王への道 共通Hedder ラーメン店用
ラ王への道 共通Footer ラーメン店用

くらだしみそいちろく


蔵出し味噌

一六

閉店情報表示スペース※CSS内部参照
オススメ度ラーメンに対して
サービス度お店に対して
http://raou.jp/shop/2126.htm
バーコード読み取り機能付き携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報を携帯メールやPCメールへ転送する場合は、こちらをクリック!
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→
スープの種類について味噌担々麺辛いラーメン

名古屋市緑区鳴海町水広下73-2 地図を表示

営業時間 11:00〜15:00,17:00〜22:00
定 休 日 月曜日
アクセス  
客  席 カウンター:あり,テーブル:あり,
小あがり:あり
駐 車 場 あり
近くにコインP:なし
ジャンル ラーメン専門店
電話番号 052-680-7711
禁煙喫煙 禁煙
備  考 オープン:2014年10月16日
※営業日・営業時間等の情報は 2014.12.22現在のもの
券売機 前払い 無化調 自家製麺 水セルフ おしぼり 新聞雑誌 靴を脱ぐ ファミリー 車椅子
セブン-イレブン閉店後、しばらくしてから給排水工事が始まったので、美容院か飲食かと思っていたらラーメン屋。三本立ての味噌専門とくれば千葉県のトライインターナショナル。オープンの一週間以上前から、まるで営業しているかのように煌々と明かりを点けた店内で店員が動いていた。オープンは店名に掛けたのか2014年10月16日。この系列店では、信州、九州、北海道の三本立てが主流で、豊田市の味噌もんてんが、信州に代わって伊勢。ちょうど一ヶ月早くオープンした北名古屋市の田所商店は定番の三本立てで、この店は、九州に代わって江戸前。九州味噌らーめんがなくても、専用の具だった薩摩揚げがメニューに載っている。
スープ ・・・
麺 太・縮れ
具 ミンチ、モヤシ、ミックス山菜、フライドオニオンなど
2017/02/22 食す。
江戸前味噌を頼んだするつもりだった。誤って信州味噌を頼んだことに気が付いたのは、3分ほど経ってから。間に合ったかもしれないが、いつでも来れる店なので店に負担はかけたくない。ミックス山菜があまり好きではないというだけの理由で、信州味噌を敬遠する傾向にある。ひと口に味噌と言っても、ふくよかな味わい深さがあって、それでいてヒリっと口に残るものがある。そのせいか?この店の北海道味噌が力任せに思えてくる。太縮れ麺は加水が高めで、もちっとした弾力がある。一般的なラーメンの麺に比べると、やわらかめだが、このスープには合っていると思う。ミックス山菜は信州味噌専用の具らしいが、私は山菜全般を好んで食すことはない。ただ、一緒に使われている筆筍だけは食感が好きで、もっと普及して欲しいと常々思っている。フライドオニオンが添えられていて、独特の甘味と旨味・風味が面白いし、サクサクもいいが、スープを吸ってしんなりした食感も良かった。FC店と判っていても、そこそこ満足出来る。ごちそうさまでした。
スープ ・・・
麺 太・縮れ
具 煮玉子1/2、チャーシュー、ネギ、辛味噌、刻み海苔など
2016/09/18 食す。 972円
いつから仙台の味噌を使うようになったのだろう?とは言っても期間限定だ。ひと目見て、つけ汁の少なさに驚く。途中でなくなるんじゃないかと心配になったほどだ。適度な味噌辛さがあってスッキリとした印象。口当たりも重たくない。太縮れ麺は、少しプリっとしている。もちっと弾力を残しつつも、ほどよく歯を押し返してくれるが、辛味噌が麺の端について勝手に持ち上がって、意図せずにつけ汁の味が変わっていく。チャーシューの下から麺を持ち上げると、麺がチャーシューの香ばしさを帯びているのが判る。チャーシューも大きくて、ほんのりと香ばしさがある。刻み海苔は、味噌と辛味噌を相手に存在感が薄く、玉子も味が付いていたのだろうが、味噌に飲み込まれてしまっている。辛味噌をつけ汁に投入すると、奥行きのある辛さが加わって食が進む。やはり辛いものには食わせる力がある。相変わらずいい値段だけど、この店もハズレがない。ごちそうさまでした。
スープ ・・・
麺 太・縮れ
具 煮玉子×1、ミンチ、モヤシ、揚げタマネギ、海苔など
2016/02/14 食す。 874円
この店のイチオシは、江戸前ラーメンだ。愛知県内の同じFC系列店は、信州、九州、北海道の三本立てが主流で、江戸前を提供している店は少ない。スープが見た目に少しザラついているのが気になるところだが、味自体はふくよか。少し甘目で、それでいてヒリヒリっと口に残るが、味噌ラーメンとしては他の店にはない味。太麺は、これ程度では平打ちとは言わない方がいいか。北海道味噌に対しては少し物足りなさがあったが、江戸前味噌とは妙に合っているような気がする。味が付いたミンチと揚げ玉ねぎが添えられている。共にスープに散り散りになる前にいただきたいものだが、揚げ玉ねぎは、時間の経過と共に食感がしんなりして、スープに風味と甘味をさりげなく添えてくれる。味噌漬けにしたらしい煮玉子は、黄身がしっとり。味は正直よく判らなかったが、皮を剥くのに苦労したことが白身の形状から見てとれる。特徴的なのが大きな海苔。全型が1枚そのまま使われていて、スープにくぐらせてからいただくと、ご飯が欲しくなる。相変わらず割高感があるが、確かに美味しい。ごちそうさまでした。
スープ ・・・
麺 極太・縮れ
具 粉チーズ、ミンチ、ポテトフライ、モヤシ、揚げタマネギなど
2016/02/14 食す。 902円
ベースになっているのは、信州や江戸前ではなくて北海道味噌。きっと何か理由があるのだろう。チーズを避けるようにしてスープを口にしてみれば、口当たりはやや重ためで、味噌が強い。ニンニクを思わせるような気配があり、甘味も少しあり辛味もありで、総じて味噌辛く強い味。しかし、スープの持ち味はまるで見えてこない。スープでなくてお湯で作っても変わりないんじゃないだろうか?と思いたくなるが、そういう味噌ダレかもしれない。そこにチーズのコクと塩味が加わっていく。チーズを麺に絡めていただきたかったのに、チーズの下にはモヤシとミンチ。のせただけで、何の工夫も見られないが、FCだと足すことしか出来ないのかも。麺自体もいつもの太縮れで、多加水熟成麺っぽくしているつもりだろうが、シコシコ感が今ひとつだし、スープに対しても麺が弱め。ミンチには何やら味がついていたハズだが、チーズと一体になってしまうと影が薄い。840円だと思っていたものが、消費税込みで902円・・・高すぎる。後からやけに喉が乾くラーメンだった。
スープ ・・・
麺 極太・縮れ
具 ミンチ、、白髪ネギ、チンゲン菜など
2015/12/11 食す。 831円
オーダーを取る時も出てくる時も「タンメン」と言われると、少しだけ違和感がある。信州味噌をベースにするのには何か理由があるのだろうが、気のせいか?信州味噌より口当たりが軽めに感じられ、胡麻を最後まで見失うことはない。ラー油の辛さで汗が流れ始め、唇がジンジンと疼きだすが、それでも味噌や胡麻を味わえる程度の辛さ。極太の縮れ麺は、長さ25cmほど。太いなりにシコシコとした食感は強めで、はじめの内こそ舌触りや喉越しに面白みがあったが、麺が力を失い始めると、もう少しいい麺を使って欲しいと思うようになる。白髪ネギは切り方が太い。何か計算があるのだろうが、食感にしても辛味にしても邪魔に思えてならない。このネギの下にミンチが隠れている。いわゆる肉味噌のように味や香りに存在感はないので、スープに散り散りになっても惜しいとは思わない。チンゲン菜は大きなものが使われていて、噛み切るのを嫌って口に放り込むと、口の中はいっぱいになる。中華ではなくラーメン屋のタンタン麺で、この値段だと割高感がある。
スープ ・・・
麺 太縮れ
具 肉味噌、白髪ネギ、キュウリ、トマトなど
2015/08/19 食す。 810円
珍しく待ちが少なかったので店に入ってみた。黒い器は、口縁の直径が25cmほどと大きめだが浅めなので、丼ぶりと呼ぶのに躊躇いがある。信州味噌+濃厚胡麻ダレにピリ辛ラー油がウリらしいが、信州味噌独特の奥行きのある辛味にラー油の辛さが加わってメリハリのある味で、舌にチクチクと残るほど。胡麻は判る程度で、タンタン麺だと言われなければ冷たい味噌ラーメンで通用する。ただ、胡麻が使ってあって辛いからタンタン麺だと言われると面白くない。大きな氷が2つ使ってあるが、全体としては冷え過ぎずにヒンヤリしている。ミンチが添えてあって、ほんのりあたたか。味は付いているが、スープの辛味の方が味が強い。そして、このミンチよりレンゲの方が温かかった。太縮れ麺は、弾力を残してはいるものの、私が理想とするところより噛み応えが強め。白髪ネギは、明らかに食感がやかましく、その陰に隠れるキュウリの千切りは、食感を楽しむには量が少ない。トマトはグジュグジュしていて、このトマトに触れているものも残したい気持ち。わざわざトマトを使う理由を知りたい。それでも、冷たい味噌ラーメンとしては面白いと思う。ごちそうさま。
スープ ・・・
麺 太縮れ
具 ハム、煮玉子1/2、キュウリ、刻み海苔、トマトなど
2015/05/19 食す。 800円以上
厨房には、「ひやごま」でオーダーが通っている。盛り付け方は綺麗だが、トマトを使う必要があったのだろうか?刻んで使ってあるので、散らばらないように慎重に扱う必要がある。麦味噌に練り胡麻や擂り胡麻などを合わせたのだろうか?唐辛子もチラチラと見られる、味噌自体の甘味も手伝って全体としてはスッキリとしている。胡麻のコクは強くはないが、胡麻の風味は味噌に負けてない。30cmに少し満たない太縮れ麺は、弾力があるにはあるが、噛み応えが強い。ハムは、スライスされたものを束で短冊に切って盛り付けてある。重なり方からくる食感の面白さもあるが、ハム自体の塩っ気に存在感がある。キュウリは切り方が太いのでシャリシャリ感は全くない。このまま味噌ダレにでも付けていただきたい。煮玉子の黄身はドローリ半熟。味は付いているが味噌に負けてしまっている。トマトさえなければ、これでありかと思うけど、値段が立派。ごちそうさま。
スープ ・・・
麺 太縮れ
具 ミンチ、モヤシ、揚げタマネギ、海苔など
2015/04/12 食す。 734円
期間限定のようだが、この店では期間限定というだけであって、同じFCの他の店では通年で提供されている。長期間熟成した豆味噌を使うらしいが、判りやすく言えば赤味噌かな?メリハリのある味噌辛さがあって、舌触りにも濃度が感じられる。逆を言えば、味噌一色でスープの持ち味など微塵も伝わってこないが、店で炊いているスープはどんなスープなんだろう?海苔の乾物が、これでもか!という位に大量に添えられているが、風味が味噌に抑えられている。太縮れ麺は、長さ30cmほど。スープの味が強いこともあって、麺が頼りなく感じてしまう。スープによって麺を変えて欲しいものだ。チャーシューの代わりにミンチが使われているが、個人的にはチャーシューの方がいいと思う。揚げタマネギの甘味と風味も、味噌に遠慮しながら伝わってくる。バランスに少し難があるが、味が強いだけに食べさせる力は十分。お値段なりに満足。ごちそうさまでした。
スープ ・・・
麺 太縮れ
具 チャーシュー×1、ミンチ、モヤシ、揚げタマネギ、糸唐辛子など
2014/12/10 食す。 971円
辛味噌が北海道味噌にだけ設定があるのは、他の味噌と合わせると味噌の良いところを殺してしまうからだろう。北海道味噌に比べやや赤みのあるスープには、唐辛子と思しき赤いものがチラチラとしている。スープを口にすると、味噌の辛さと香辛料の辛さとで、すぐに汗がじわりじわりと額から落ち始める。濃すぎることなく重過ぎることはないが、スープの持ち味は完全に味噌に呑まれてしまっている。揚げタマネギの甘味がスープの辛さと好対照。これも北海道味噌だけだが、北海道味噌に使われているポテトフライは、辛味噌には使われていない。1cm近い厚みがあるチャーシューは、炙りという割りに焼き色はついていない。脂身は多くないが、食べやすいかたさ。長さ30cmほどの太縮れ麺は、噛み応えが強すぎない点は買うが、ややスープに負け気味。もう少し良い麺を使って欲しいものだ。とは言え、どのラーメンも卒なくまとまっている。ごちそうさまでした。
スープ ・・・
麺 太縮れ
具 ミンチ、ポテトフライ、モヤシ、揚げタマネギなど
2014/11/29 食す。 734円
炙りチャーシューを1枚頼んだが見当たらない。店員に声をかけると、すぐに持ってくると言うが、別皿で出されたものを私が盛りつけても本来あるべき姿にはならないので断ってしまった。江戸前や信州に比べると、スープの口当たりがやや重ため。メニューに「濃口」と表記されているのも肯ける。味噌の辛さ・力強さも手伝って、スープが力強く感じられる。そのスープに合わせるのは、揚げニンニクではなくて揚げタマネギ。タマネギの甘味がスープの辛さと引き立てあっており、食感も合わせて面白みがある。そんなスープを口にしていると、身体が温まるのか?知らず知らずの内に額が汗ばんでくる。ポテトフライは、北海道味噌専用の具。江戸前や信州で使われることはないし、単品でメニューにものっていない。その代わりでもないが、九州味噌専用の具であるさつま揚げが単品でメニューにのっている。しかし、この店には九州味噌はない。モヤシが少し水っぽかったが、スープが強いせいか?気にはならなかった。値段相応の美味しさに、ごちそうさまでした。
スープ ・・・
麺 太縮れ
具 ミンチ、キャベツ、モヤシ、タマネギ、ニンジン、ネギ、山菜、フライドガーリックなど
2014/10/22 食す。 810円
すっぴんの信州味噌も北海道味噌も既に他の店でいただいているので、あえて野菜をのせることにした。上にのっているニンニクを揚げたものの風味が味噌の香りを抑えこんでしまい、スープから立ち上る香りは先日の江戸前と大差はない。肝心の味はと言うと、江戸前に比べ甘味が抑えられた分だけ味噌辛さが前に出気味。太縮れ麺は長さ25cm前後。一応シコシコとしていて、スープを受け止めるだけの噛み応えもある。ミンチの味は強めだが、スープに散り散りになる前にいただきたい。山菜が添えられているが、これは野菜トッピングとは別の信州トッピング。業務用のミックス山菜だろう。キクラゲも使われているが、細い竹の食感が僅かに自己主張している。野菜トッピングの方は、キャベツ、モヤシ、タマネギ、ニンジン、ネギなど。キャベツは炒め油の香りをまとっていたが、他は半調理品を湯通ししただけかな?いつもなら「野菜を摂れて満足」と結ぶところだが、この日はそういう気持ちになれなかった。
スープ ・・・
麺 太縮れ
具 アサリのむき身、ミンチ、モヤシ、ネギ、海苔、フライドガーリックなど
2014/10/17 食す。 756円
この系列の店では、信州、九州、北海道の組み合わせが多かったが、この店では、九州に代わって江戸前。東京湾で獲れた魚を使った魚貝を使うから江戸前と呼ぶハズだったが、味噌にもその魚が使ってあるのだろうか?そんな疑問はさておき、味噌としては白っぽい色をしたスープ、味噌の割りに甘め。たいした濃さでもないが、スープの持ち味が前に出てくるはずもない。香味野菜というよりニンニクか!何やら揚げたものが添えてあって、その風味が支配的。この風味が強いので、どこの店でどのラーメン食べても同じような印象を受けてしまう。その横のミンチにも味が付いているが、相対的に印象が薄い。平打ちにも見える太縮れ麺は、長さ25cmほど。スープとのバランスをとる為か?ゆるくはないが少しだけ頼りない食感。特徴的なのが海苔。全形が1枚そのまま使ってあるのは、他の店で見ることはまずない。スープに浸していただくと、少しだけご飯が欲しくなる。卓上には、唐辛子ペーストやら辣油、七味などが並ぶが、この日は試さなかった。ちょっとだけ個性が光る一杯。ごちそうさまでした。
ラ王への道 共通Footer ラーメン店用

最近のオススメ
かいらす亭 中区
もりひろ 熱田区
時任家 天白区
一八 武豊町
昭和区 十夢
濃厚軍団 豊田市
政次郎 豊橋市
志縁 東海市
New Open
八麺山 日進市
純味軒 東区
飛鶏 春日井市
坊's 北区
好和亭 春日井市
空庵 緑区
もんたな 天白区
粋家 一宮市
菜 日進市
辣風旋 東海市
なりたけ 中区
麺胡房 瑞穂区
凛 天白区
勝来軒 東区
風見鶏 稲沢市
一松家 春日井市
雫 瑞穂区
Gallery