らー麺専家 (らーめんせんかさい)
メニューへデータ転送FileNo258
おすすめ度 ★について
サービス度

スープの種類について醤油味噌担々麺塩

閉店(2004年12月頃)
半田市出口町1-216-2 地図を表示
営業時間
(木日祝)
11:30〜14:00,18:00〜21:00
11:30〜14:00
定 休 日 木日祝の夜
アクセス 住吉町駅より約350m
駐 車 場 あり
カウンター 8席
テーブル 10席
座 敷 -席
電話番号 0569-23-2455 電話をかける際の注意
※営業日・営業時間等の情報は 2003.11.23現在のもの
禁 煙 × 水・お茶 ファミリー
券売機 × おしぼり - カップル
無化調 × 新聞雑誌 - 車椅子 ×
自家製麺 マンガ本 - 店舗詳細データについて
BGM ランチセット ×
菜、尾州、香竹などの店は元を辿ると昭和区:笹善と瑞穂区:比那屋に行き着く。笹善と比那屋を比べれば私としては笹善を推すが、無難なのは比那屋の方だろうか。さてさて話を元に戻すが、店内にはカウンター席とテーブル席があるがテーブル席も小さく、またカウンター席も8席のみとこぢんまりとした店だ。BGM代わりのラジオが流れる中で店主が一人で仕事をしている。



梅らー麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平太縮れ
具 梅、煮玉子、キヌサヤ、ワカメ、ネギ
2004/02/29 食す。 ★★☆☆☆ 評価について
結論から言ってしまえば、再食はない。ラーメンを運んできた店主が口を開く。『味がついていませんので梅を絡ませてお召し上がり下さい』と。梅しそ?の影響を受けていない部分のスープを口に含んでみると、魚介の風味がほのかに感じられる。あっさりとしたやさしい味。これはこれで悪くはないが、この店自慢の手打ち平太縮麺を受け止めるには素のスープだけではやや力不足だ。しかし、そのお陰でキヌサヤの甘味が活き活きと口の中に広がる。煮玉子も杓子で口に運ぶのが困る程に黄身がトロトロだ。ワカメの風味・食感も良いのだが、梅しそ?をスープに馴染ませると状況は一変する。少しづつ麺に絡ませて口にすると程よい酸味が口の中に広がるのだが、食べ進むに連れてスープは減り酸味が強くなり爽快感を通り越した酸味が前に出てくる。過ぎたるは及ばざるが如し。スープの風味を殺さない程度の酸味に抑えて欲しいものだ。
▼MENUへ / TOPへ▲
醤油らー麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平太縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、モヤシ、ワカメ、ネギなど
2003/11/23 食す。 ★★★☆☆ 500円 評価について
ひと目スープの色を見ると、いかにも醤油が効いていそうな印象を受けるが、思った程の醤油臭さ・味の強さはない。和風ダシの醤油仕立て・・・この味は比那屋系かな。比那屋より若干味が濃い感じがする。麺は太縮れ。何か練り込まれているようだ。スープの味をしっかりと受け止めており歯応えも良い。モヤシにワカメ、メンマにチャーシュー、ネギなどが彩りよく配置されている。メンマは一般的な出来。モヤシはヒゲが取られていない点が好き嫌い別れるところだろう。そして特徴的なのがチャーシューだ。チャーシューはバラ肉だろうか。軟らかく独特の風味がある。店主に聞いたところ八角を使っているそうだ。中華でよく使われる香辛料で肉の臭みを消す効果もあると言うがラーメンに使うと味のバランスを取るのが難しいのではないだろうか。このラーメンだけを捉えれば比那屋の方が美味しいと思うが、メニューには面白そうな名前のラーメンが並んでいる。次の一杯に期待したい。
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー
調査日:2004年02月29日 メニューについて
サンキューらー麺 390円 梅菜麺 850円
醤油らー麺 500円 大盛 150円
醤油野菜麺 700円
醤油ちゃーしゅう麺 800円 トッピング
醤油道楽麺 1100円 煮玉子 100円
みそらー麺 550円 コーン
みそ野菜麺 750円 バター 100円
みそちゃーしゅう麺 850円 メンマ 200円
みそ道楽麺 1250円 温野菜 400円
担々麺 650円 生玉子 50円
坦々菜麺 900円 わかめ 100円
坦々ちゃーしゅう麺 1000円 水餃子 150円
梅らー麺 650円 水餃子 150円


HOMETOP