らーめん 臺 大(らーめんだいだい)
メニューへFileNo266
おすすめ度
サービス度
★について
http://raou.jp/shop/266.htm
バーコード読み取り機能付携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報をメールに転送する場合はこちら→をクリック
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→

醤塩担味台つ冷

名古屋市西区中小田井3-390
営業時間 11:00〜14:00,17:30〜21:00
定 休 日 月曜日・火曜日
アクセス 地下鉄鶴舞線上小田井駅より約1.1km
名鉄犬山線中小田井駅より約600m
客  席 カウンター:7,テーブル:8
駐 車 場 あり(9台)
電話番号 090-8078-1125
備  考 オープン:2000年
移転:2005年7月7日
※営業日・営業時間等の情報は 2008.12.26現在のもの
禁 煙 水・お茶 ファミリー
券売機 おしぼり × カップル
無化調 × 新聞雑誌 × 車椅子
自家製麺 × マンガ本 ×
BGM - ランチセット
2005年7月7日に移転オープン。カウンター5席のみだった小さな店が、カウンター7席、テーブル8席と今までの三倍。カウンター席に座りさえすれば、店主との距離感は今まで通りだ。



冷やし塩くもたま
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太め・縮れ
具 チャーシュー、メンマ、カイワレ、大葉、トマトなど
2015/06/07 食す。 ★★★★☆ 850円
氷が入ってないのでキンキンでなくてヒンヤリ。ヒンヤリと言っても口当たりがやさしい上に、お腹にもやさしい。てっきり作り置きのスープかと思っていたら、オーダーが入ってからチリチリ玉子の濃いスープを作って氷で冷やすというから驚きだ。後から入ったお客さんのオーダーが先に出てくるのも不思議ではない。玉子を使ったスープには、黒胡椒がよく合う。塩くもたまのイメージに、大葉が清々しさを、カイワレが辛味を添えているが、冷たいスープにカイワレを沈めても辛味が和らぐことはない。太めの縮れ麺は、長さ30cmほど。締めすぎることなく弾力を残しているもが、プリプリっとかための食感。麺の茹で加減を聞かれたが、店主にお任せしたので店主オススメの茹で加減なのだろう。プチトマトの赤色は彩りとしては申し分ないが、箸で触れるのも躊躇う男がここに一人いる。相変わらず手作り感あふれる店主のヒトガラが感じられる一杯。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
台湾くもたま麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太め・縮れ
具 辛ミンチ、ニラ、白髪ネギ、糸唐辛子など
2014/12/31 食す。 ★★★★☆ 850円
今やこの店の看板ラーメンとなったくもたま麺の台湾バージョン。スープ全体に胡椒などのスパイスが散らしてあって、香りが食欲をそそる。辛そうなミンチが中央に鎮座していて、そこから徐々にスープに辛さが広がっていくものと思ったら、既にスープ全体に辛味がある。汗ばむほどの辛さだが、強すぎることはない。ただ、スッピンや塩のくもたまに比べると、スープの持ち味を楽しむ余地は少ない。太めの縮れ麺は長さ30cmほど。決して強い麺ではないが、ほどよい弾力の中にもスープを受け止めるだけの噛み応えを残している。ミンチは鶏かな?辛ければ台湾という訳でもないが、辛味はスープにうつってしまって、肉そのものを味わうことが出来た。ニラは生。食感と風味を楽しむ。白髪ネギもそのまま口にすれば辛味があったのだろうが、しばらくスープに沈めておけば辛味は気にならなくなるものだ。玉子はスープに散り散りになっているが、一部がまだかたまりきっていない。スープが気持ちぬるめなのは、これを狙ってのことだろうか?スープを飲み干して、ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やし塩くもたま豆鼓山椒
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 太め・縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、大葉、水菜、プチトマトなど
2013/06/29 食す。 ★★★★☆ 850円
看板メニューを冷製仕立てにした一杯。他の店にも見習って欲しいものだ。浅めの器に卵がヒラヒラと舞っている。ほどほどに冷たいスープは、塩こそ強くないものの、胡椒が散らされていて卵のマイルドさを少し抑えているが、看板メニュー くもたま麺のイメージを残している。店主から麺の茹で加減を尋ねられたので、普通でオーダー。よく締めてくれる店が多いが、この店ではそれを計算に入れて茹で上げてくれる。太めの縮れ麺は噛み応えもほどよく、スープとのバランスも申し分ない。麺を持ち上げていると大葉が一緒についてくる。冷たさと相まって、風味が涼しげで清々しくもある。チャーシューは、見た目より味が強めなので存在感がある。以前は、この店のウィークポイントだと捉えていたが、今では何の遜色もない。豆鼓と山椒を使った調味料を使うと、ピリーっとした辛味が加わる。豆鼓のコクが独特だが、使いすぎには注意したい。氷水で冷やしながら丁寧にスープを調えるのを見ていたので、スープを残すことが出来なかった。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
ミソ魚香麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太ストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、モヤシ、ネギ、ノリなど
2008/12/31 食す。 ★★★★☆ 830円
この年末年始限定の魚香麺は味噌仕立て。味噌の香りが控えめということもあって、スープを口にすれば味噌は判る程度。どこかしら甘味があって味噌辛さはないものの、香辛料でさりげなく味を締めている。魚介の風味は味噌に負けない程度で、脂はアッサリでない程度か。ここで魚香についておさらいするが、新鮮な魚が手に入り難かった中国奥地で魚料理もどきを楽しむ為、泡辣椒という調味料を使う四川の料理法。しかし、魚を使っているのなら漢字の意味のままに捉えるべきだ。麺は中太のやや縮れ。茹で加減を聞かれたが、店主にお任せした。プリリとした舌触りとシコシコの噛み応えが、スープを十分受け止めている。チャーシューは薄スライス。以前より良くなっていると思うが脇役か?1年に1度程度では偉そうなことも言えない。モヤシに水っぽさはなく、メンマは適度に歯応えを残しているといったところ。魚介の風味を活かした味噌ラーメンということで・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
担豆麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太ストレート
具 ミンチ、大豆、水菜、糸唐辛子など
2008/05/04 食す。 ★★★★☆ 850円
豆乳と豆が使われているというスープを口にしてみれば、口当たりフンワリ。それでいて胡麻もしっかりしていて、やさしくマイルドな担々麺に仕上がっている。そこに糸唐辛子がピリリと辛味を添えている。ミンチは味が控えめということもあって、素直に肉の味がするのだが、麺を何度か持ち上げている内にスープに散り散りになってしまうのが残念。このミンチのすぐ横に添えられているのが大豆。よく炒ってあって、サクっという食感が最後まで持続し、大豆らしいやさしい甘味もよく伝わってくる。麺は中太のストレートで長さは40cm弱。ツルリとした舌触りと、もっちりとした噛み応えの中にも、熟成ぶりを思わせるシコシコ感があって、スープともよく合っている。茹で加減は店主にお任せ・・・間違いがない。彩りと食感を添える水菜には、ありがちなほろ苦さはなかった。また完食してしまった。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩くもたま麺
ややあっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太やや縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、大葉など
2008/01/03 食す。 ★★★★☆ 760円
券売機に見慣れぬボタンを見つけ、躊躇うことなく押してしまった。仕上げに胡椒が使ってあるので、まずは胡椒の香り。チリヂリ、ふわふわ、とろとろ・・・玉子のおかげで、スープの口当たりはマイルド。動物系を主としたスープの旨味に判る程度の塩。店のウリでもある薬膳っぽさは後退しているが、玉子と胡椒の相性は抜群。欲を言えば、玉子にもう少しボリュームが欲しいところ。麺は中太のやや縮れ。コシは強めで、噛み応えはしっかり。スープと玉子が絡みついてくる。オーダーの際に麺の茹で加減を確認されたが、このスープに合わせるなら普通で十分だろう。この麺と一緒に大葉が口に入ると、口の中に清々しい香りが広がる。大葉も立派なハーブだ。チャーシューには適度に噛み応えがある。味は控えめということもあって肉そのものの味がするが、以前に比べてチャーシューは良くなってきている・・・特に移転前のチャーシューは、この店で唯一の死角と言ってもよかった。760円と多少値が張るが十分に満足。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やし臺大
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太ストレート
具 揚げ海老、メンマ、玉子1/2、ネギ、キザミノリなど
2007/07/15 食す。 ★★★★☆ 790円
香ばしい海老の香りが鼻をくすぐる。スープを口に含んでみれば、ここち良い魚介の風味。スープにはトロミに通ずるような舌触りのなめらかさがあって、冷たいながらに奥行き感があるし、コクもある。そして醤油もまろやかで、薬膳臭さは感じられない。脂は抜いてありますよ という店主の言葉通りにアッサリしている。香ばしいエビの香りは、中央の揚げた海老のもの。美味しいモノを後回しにする傾向が強い私が我慢出来なかった・・・カリっという音とともに、口の中いっぱいにエビの香りが広がる。麺は太ストレート・・・極太というべきかもしれない。店主のオススメ茹で時間は6分・・・お任せすることにした。いつも通りに麺をすすったが、噛むのが追いつかずに、口の中は麺でいっぱい。少し遠慮気味に麺を持ち上げた方が良いようだ。スープを負かしそうに力強い麺だが、不思議とスープと一体感がある。玉子は黄身がトロ〜リ。白身に味はついていないようだ。最後に試したのは和風ダシ・・・魚粉が目立つ。たしかに魚介の風味は増すが、私はスッピンのスープで十分に満足。言わせていただきます。ごちそうさまでした。 
▼MENUへ / TOPへ▲
極盛 臺黒麺・特魚冬
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太ストレート
具 チャーシュー×1、煮込軟骨焼豚×1、オクラ、油揚げ、大葉、モヤシ、ネギ、トロロ昆布、蜜柑、海苔など
2007/01/02 食す。 ★★★★☆ 980円
歯を弾き返すような力強さがある麺は極太。僅かに黒みを帯びており、長さは40cm程。勢いよく麺をすすれば、口元で麺が暴れる程にコシはしっかりしている。この日の茹で時間は6分半だったそうだが、私のオススメは6分以内だ。つけ汁には、魚粉やら干し海老やらが、多く使われており舌触りがザラつく程。この店の持ち味でもある薬膳豚骨らしさは感じられないが、麺を受け止める為に醤油が立っている割に、麺を下から上までつけても、まだまだ麺を楽しむことが出来る。別皿に盛り付けられた具は10品。目新しいのは煮込軟骨焼豚。醤油しっかりだが、軟骨のコリコリ感と、軟骨の周りの肉の食感とのコンビネーションが絶妙。面白いのはオクラ。ネバっ、コリっと二通りの食感を一度に楽しむことが出来る。大葉を口にすると、清々しい風味が口の中に広がるが、蜜柑は絞って使うべきだったか・・・でも、280gの麺を多いとは思わなかった。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
台湾らーめん
ややあっさり
丸鶏・豚骨・野菜・生薬・・・
↑画像を
クリック
麺 太め・縮れ
具 辛ミンチ、ニラなど
2006/07/09 食す。 ★★★★☆ 730円
一口に言ってしまえば、台湾アレンジの薬膳ラーメン。店主自らが言うように辛さは抑え気味。麺をすする度に辛ミンチから滲み出た赤い油がスープを染め上げていくが、この店独自の薬膳スープの持ち味を覆い隠すことはないし、ニンニクの風味も出しゃばっていないので、スープを味わうことが出来る。とは言うものの、発汗作用はなかなかのもので、気が付けば額が汗ばんでいる程だ。麺は太めの縮れ。軽くほぐしてから茹でられた麺は、プリプリっツルツルっとした舌触りがあり、スープを受け止めるのに十分な食感がある。ミンチは煮込んであるように見えて、実は炒めてあるようだ。生のニラは妙なエグミもなく、噛んだ時に香りがよく立つ。辛さもニンニクの風味も控えめなのは、スープを味わって欲しいという店主の気持ちの表れだろうか?薬膳台湾・・・この店ならでは台湾ラーメンだ。ついついスープまで完食。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
極盛 臺黒麺・特魚
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太ストレート
具 チャーシュー×1、オクラ、油揚げ、大葉、トマト、ニンニクの茎、モヤシ、ネギ、トロロ昆布など
2006/06/11 食す。 ★★★★☆ 980円
濃いめのつけ汁は、干海老やら魚粉やらで舌触りが若干ザラ付いているが、魚介の風味は十分過ぎるほど。ストレートの極太麺は、僅かに黒みを帯びて、まるで蕎麦のような趣。茹で時間は6分・・・これが店主オススメのかたさだ。勢いつけて麺をすすると口元で麺が跳ねるほどで、コシもしっかりしており、麺を食しているという充実感がある。つけ汁の絡みもよく280gもの麺が、全く多く感じられない。具は10品。その内、油アゲ、オクラ、プチトマト、ニンニクの茎、トロロ昆布の5品は一般的ではない。大葉の爽やかな風味は、強い魚介風味の中に一陣の風が吹くようなイメージ。トロロは、微妙につけ汁の舌触りが変化し、オクラも、ネバっ、トロっと独特の舌触りで楽しませてくれる。後半、単調になってしまうつけ麺は少なくないが、圧倒的な麺の食感と、10品の具の様々な食感・舌触り・風味とで、最後まで全く飽きさせない。もちろん完食。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
全粒粉弾鶏涼麺
・・・あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 太麺・やや縮れ
具 鶏チャーシュー、トマト、キュウリ、大葉、白髪ネギなど
2005/07/08 食す。 ★★★★☆ 980円
径15.5cm程の器に麺と具。それとは別に径6cm程の器につゆ。『かけて食べて下さいね』と奥さんに言われるままにかけてみたが・・・つゆをかける前に麺を食すべきだった。麺だけを味わうことが出来ない。麺を味わう為に別々になっていると知ったのは後のことだ。つゆには黒酢と黒砂糖が使われているそうだが、やわらかい甘酸っぱさがあり、時折、大葉の風味が爽快感を伴って口の中を駆け抜ける。麺は全粒粉で打った太麺。コシと弾力が素晴らしいが、麺の味はつゆに押され気味だ。具は乱切りにされたキュウリとトマトに、白髪ねぎ。それに鶏肉。白髪ネギは程よく辛味が出ているが、やはり歯に障る。キュウリは、シャキシャキとした食感と瑞々しさに清涼感がある。鶏はコーチンを使うらしいが、塩っ気がやや強めで、唐辛子の辛さは強くはないが、辛さの刺激が口の中に残る。トマトはともかくとして、やわらかい酸味と冷たさとで十分に食べさせる力を持っている。冷やし中華の延長線上でとらえるべきだが、麺だけを味わいたい方は、お気を付けを・・・
▼MENUへ / TOPへ▲
つけ麺(冷)
ややあっさり
丸鶏・豚骨・野菜・生薬・・・
↑画像を
クリック
麺 太麺・やや縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、ワカメ、ネギ
2005/06/04 食す。 ★★★☆☆
4.5寸丼(しごすんどん)だろうか?黒い器が二つ・・・麺とスープが別々に出て来た。スープは、つけ麺とは言え、つけダレと言うよりスープといった趣。この店自慢の薬膳豚骨スープに酸味を効かせて、さっぱり感を演出しているが、素のスープの味わいがかなり後退してしまっているのが少し残念。酸味が強すぎる訳ではないが、酸味がやや支配的になりかけている。麺は温かくも冷たくもしてもらえるが、この日は流水で締めてもらったこともあり、コシがかなり強め。やや縮れた太麺は長さ25cm程と食べ易さがある。コシの強さも手伝ってボリューム感がある。メンマは程よく食感を残すといった程度。この日のチャーシューは巻いてあったようだが、やはり存在感が薄い。つけ麺をあまり食していない私としては、あまり掘り下げたくはないが、十分に食べさせてくれる一杯。相変わらず、店主と言葉を交わしていると時間のあっという間に過ぎていく。
▼MENUへ / TOPへ▲
仮)魚塩らーめん
ややあっさり・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細麺概ねストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、ワカメ、ネギ
2005/02/23 食す。 ★★★★☆
『塩を少し変えてみました』と店主が言う。久しぶりに塩を食すことにしてみた。見た目大きく変わりはないがスープをよく見てみると、かなりの魚粉が使われている。スープを口にしてみると塩はかなりマイルド。スープ自体にはなめらかさがあるが、魚粉のおかげで口当たりがザラ付いている。かなり魚介の風味が前に出た感があり、薬膳豚骨スープの良いところが少し抑えられた感がある。元々が薬膳っぽさを感じさせないスープだが、味わいには奥行きを感じる。麺は細麺をチョイス。概ねストレートの細麺の食感は少々ゆるめだがスープとのバランスは悪くない。おそらく太麺より相性は良いだろう。チャーシューは程よい噛み応えだが、味の方はスープに遠慮気味。店主によると魚香麺とは配合を変えサバやらニボシやらイロイロと使っているそうだが、この塩らーめんのウリはやはり魚介の風味。完食せずにはいられない。スープを飲み干した器の底に魚粉が残る。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
魚香麺
ややあっさり・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細概ねストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、ワカメ、ネギ、煮玉子1/2
2004/12/07 食す。 ★★★★☆
魚香麺と書いて『ユイシャンメン』と読むらしいが、大半のお客さんが音読みして『ギョコウメン』と読むとのこと・・・店主の嘆き節が聞こえてくる。さて、肝心のラーメンの方はと言うと、ベースの豚骨醤油のスープにイワシ・カツオなどの魚粉を加えたもの。スープの舌触りがややザラ付くものの、鮮烈な魚介の風味が、最後のスープ一滴まで持続する。魚介の風味を求める方には堪らない一杯だが、素のスープの味わい・風味を包み込んでしまう程の魚介の風味が、ラーメン全体を包み込んでいる。麺は概ねストレートの中細麺。ツルっとした舌触りが面白い。ほどよく噛み応えのあるチャーシュー、ほどよく食感を残したメンマも相変わらずの出来。玉子も黄身はトロリと半熟で、やさしい味わいだ。ネギの辛味も良いアクセントになっている。身体に悪いと知りつつスープまで完食。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
     
くもたま麺+薬膳玉子
ややあっさり・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 概ねストレート?やや縮れ?
具 チャーシュー×1、メンマ、グリーンピース、溶き卵など
2004/11/23 食す。 ★★★★☆
新メニューの噂を聞きつけ店を訪ねてみた。径16cm程の小ぶりな黒い高台丼にスープの色がよく映える。スープには玉子がチリヂリになって漂っているが、素のスープの味わいと風味を残しつつ、マイルドな味わい。挽きたての黒胡椒の風味が食を加速させる。店主の話によると、醤油(らーめん)をベースに、マイルドになりすぎないように少し手を加えたとのこと。聞いても教えてくれまい・・・私も必要以上に聞きはしない。麺は、やや縮れか概ねストレートか微妙なところ。麺の断面を見る限りでは、平打ちっぽいが、シコシコとした食感が、このスープとよく合っている。トッピングは、中央にグリーンピース。その脇をチャーシューとメンマが固める。チャーシューは、相変わらずアッサリやわらか。メンマもほどよい食感を残す程度。そう言えば、作っている間に店主が『グリーンピースはお嫌いですか?』と声をかけてきてくれた。店主の心遣いが嬉しかった。この日は、薬膳煮玉子もオーダーしてみたが、ほんのりと白身が色付いている玉子が、ラーメンとは別の器で出てきた。何の変哲もない玉子かと思われたが、黄身はトロリと半熟。そして薬膳の名に恥じぬ独特の風味と味わい。スープの中に入れてしまうとスープの味に影響を及ぼしそうだ。別の器で出て来たのも店主の気遣いだったようだ。・・・気が付けば黒い器に両手を添えてスープを飲み干していた。嗚呼、満足。言わねばなりますまい・・・ごちそうさまでした!
▼MENUへ / TOPへ▲
ピリ辛らーめん
ややあっさり・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太めやや縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、ワカメ、ネギ、豆板醤
2004/09/11 食す。 ★★★★☆
らーめんに豆板醤が添えられたものだが、当初は豆板醤がスープに馴染んでいないので、味わいの変化を楽しむことができる。丸鶏や根菜類を使った豚骨ベースのスープには生薬も加えられ、僅かに感じる甘さと独特の味わいには深いものがある。そこへ豆板醤を馴染ませると、味わい深い辛さと風味が加わり、素のスープの味わいを適度に残しつつ味わいが劇的に変化する。豆板醤は自家製とのことなので、何を使っているのか?例によって店主に尋ねてみたが、軽くかわされてしまった。麺はやや太めの熟成縮れ麺。ダイイチ食品さんらしいが、プリプリでもちっとした食感だ。チャーシューは、モモ肉。やわらかく、あっさりとしている。ワカメの味わいと食感が、なぜか?この手のスープとは相性が良い。毎度のことだが、店主と言葉を交わしながら食すうちに、気が付けばスープまで完食。言わせていただきます!ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
味噌らーめん
・・・
豚骨・丸鶏・野菜・生薬・・・
↑画像を
クリック
麺 太めやや縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、モヤシ、ネギ
2004/06/17 食す。 ★★★☆☆
新メニューの噂を聞きつけ訪ねてみたが、店主によれば、冷やし中華とのこと。業務用のタレなどは一切使わないとのことだが、この日は味噌にしてみた。小振りなレンゲでスープを口に含めば、味噌辛さはほとんど感じられず、ほのかな甘み。味噌の濃厚さは感じられないがスープに浮く少量のトウガラシがさりげなく味を引き締めている。麺は相変わらずの太縮れ麺。モヤシも麺とは別のテボで湯通しされたものだ。メンマ、チャーシューともに相変わらずだとは思うが、僅かな甘みを感じるメンマは適度な食感を残しており、チャーシューはロースだろうか?脂身はほとんど含まれないが薄めに切られていることもあり口の中でバサ付くこともないか・・・。キラっと光るものはないが無難にまとまった感がある。気さくな店主と言葉を交わしながら、気が付けば、この日も完食。さて、次は何にしようか?
▼MENUへ / TOPへ▲
担々麺
・・・
豚骨・丸鶏・野菜・生薬・・・
↑画像を
クリック
麺 太めやや縮れ
具 チャーシュー×1(おまけ)、挽肉、メンマ、ワカメ、ネギ
2004/05/28 食す。 ★★★★★
オーダーを通すと、店主が『うちのは辛くないですよぉ〜』と言う。私の好むところだ。一口スープを口にしてみると・・・胡麻の豊かな風味と節度ある辛さの中に、この店の素のスープの味わいを僅かに残している。器の中央に辛ミンチとワカメ、その傍らにチャーシューが添えられている。チャーシューは頼んでのせて貰ったものだ。脂身の多い少ないをチョイスさせてくれたので脂身多めにしてもらったが、脂身多めと言ってもトロトロという訳ではなく適度な歯応え、あっさり感がある。辛ミンチの辛さに独特の風味を感じたので、店主に水を向けてみた。自家製ラー油を使うらしいが、何を使っているの?と尋ねると、『中華やっていたもので何とでも・・・』と濁されてしまった。節度ある辛さ・・・面白い味わいだと思う。麺は縮れ。オーダー時に茹で加減を確認されたが、標準で充分だろう。充分にコシのある麺だ。スープの味わいを残した節度ある辛さの担々麺。もちろんスープまで残さず完食。続けて味噌・・・とも思ったが、次の楽しみにとっておくことにした。美味しかった。ごちそうさまでした!
▼MENUへ / TOPへ▲
塩らーめん
ややあっさり
丸鶏・豚骨・野菜・生薬・・・
↑画像を
クリック
麺 太めやや縮れ
具 チャーシュー×1+おまけ1枚、メンマ、ワカメ、ネギ
2004/03/20 食す。 ★★★★☆
この店を訪れるのは二度目だが店主は私の事を覚えていた。店主が言うには、一度でお客さんの顔を覚えようと努力しているとのこと。さて、迷わず塩ラーメンをオーダー。この店独自の薬膳豚骨は、見た目は豚骨っぽさがあるが味はややあっさり。塩は比較的しっかりしているがマイルドで味わい深く薬膳っぽさは感じられない。ライト薬膳塩豚骨?としておこうか。麺は前と違うのか?太めの縮れ麺。とても噛み応えがあり食感派の私としては好むところだ。器の中央で存在感を主張するのは白髪ネギ。食感はともかくとして辛味がないのが嬉しい。チャーシューはあっさり軟らか。この日はサービスで一枚追加してくれた。人柄も気前も良い店主だ。ワカメは欲を言えばもう少し歯応えが欲しいところだが、スープとの相性も良く不満はない。翌月に控えた健康診断の心配をしながら、サラサラっと完食。同じ店でもう一杯いくか少し考えたが、この日は大人しく帰ることにした。ごちそうさまでした!
▼MENUへ / TOPへ▲
らーめん
ややあっさり
丸鶏・豚骨・野菜・生薬・・・
↑画像を
クリック
麺 ストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、ワカメ、ネギ
2003/12/06 食す。 ★★★★☆
塩があったことに後から気が付いた。しょうがない・・・オーダーの変更はしなかった。スープの味は一言で言ってしまえば西区:万楽似。この店は薬膳系ラーメンとして括られることの多いが万楽や前田屋には少し手が届かないか?と言うのが率直なところだ。スープは見た目とは裏腹に、あっさりとしており店主のラーメン作りに好感が持てる。『ダシはどうしてるの?』と店主に尋ねると気持ちよく教えてくれた。豚骨・丸鶏・野菜などの他に数種類の生薬を使うらしい。モモ肉を使うというチャーシューは割と軟らか。メンマも良い味が付いている。麺はツルっとした食感のストレート。茹で加減も良く食が進む。気が付けばスープまで完食。感動能わずとも完食の価値あり!後味の良い一杯だった。メニューを見れば、塩の他にも味噌やら担々麺などと結構に賑やかだ。次は塩ラーメンに挑戦したい。
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー
調査日:2014年12月31日
らーめん 680円 大盛 100円
チャーシュー麺 880円 二玉 200円
くもたま麺 730円  
くもたまチャーシュー麺 930円 トッピング
塩らーめん 720円 デラックス 350円
塩チャーシュー麺 920円 味付玉子 100円
塩くもたま麺 780円 メンマ 150円
塩くもたまチャーシュー麺 980円 ネギ 100円
塩魚香麺 790円 にんにく 100円
塩魚香チャーシュー麺 990円 のり 50円
魚香麺 760円 もやし 60円
魚香チャーシュー麺 960円 豆板醤 50円
味噌魚香麺 880円 焼豚(2枚) 100円
味噌魚香チャーシュー麺 1080円 コーン 80円
ミソらーめん 790円 わかめ 80円
ミソチャーシュー麺 990円  
担々麺 830円 飯・一品
担々チャーシュー麺 1030円 ギョーザ 330円
台湾らーめん 780円 《ランチ》 海苔チャーシュー丼 200円
ピリ辛らーめん 730円 海苔チャーシュー丼 250円
台湾くもたま麺 850円 《ランチ》 ライス 100円
台湾くもたまチャーシュー麺 1050円  ライス 150円
極盛臺黒麺特魚 1030円
極盛臺黒麺特魚(2玉) 1400円 飲物
つけ麺(225g) 800円 瓶ビール 570円
つけ麺大盛(300g) 890円 瓶ジュース 210円
つけ麺特盛(375g) 990円 ノンアルコールビール 390円

メニュー
調査日:2013年6月29日
らーめん 650円 大盛 100円
チャーシュー麺 850円 二玉 200円
くもたま麺 690円  
くもたまチャーシュー麺 890円 トッピング
塩らーめん 690円 デラックス 350円
塩チャーシュー麺 890円 仙寿卵の味付玉子 100円
塩くもたま麺 760円 メンマ 130円
塩くもたまチャーシュー麺 960円 ネギ 100円
塩魚香麺 770円 にんにく 100円
塩魚香チャーシュー麺 970円 のり 50円
魚香麺 730円 もやし 60円
魚香チャーシュー麺 930円 豆板醤 50円
味噌魚香麺 850円 焼豚(2枚) 100円
味噌魚香チャーシュー麺 1050円 コーン 80円
ミソらーめん 740円 わかめ 80円
ミソチャーシュー麺 940円  
担々麺 780円 飯・一品
担々チャーシュー麺 980円 ギョーザ 320円
台湾らーめん 750円 《ランチ》 海苔チャーシュー丼 200円
ピリ辛らーめん 700円 海苔チャーシュー丼 250円
極盛臺黒麺特魚(280g) 1000円 《ランチ》 ライス 100円
極盛臺黒麺特魚【2玉】(560g) 1390円  ライス 150円
つけ麺(225g) 780円
つけ麺大盛(300g) 880円
つけ麺特盛(375g) 980円
冷やし塩くもたま豆鼓山椒 850円 飲物
 〃 チャーシュー 1000円 瓶ビール 550円
冷やし塩くもたま豆鼓山椒大盛り 950円 瓶ジュース 200円
 〃 チャーシュー 1100円 ノンアルコールビール 350円


メニュー
調査日:2008年1月3日
らーめん 630円 トッピング
チャーシュー麺 830円 のり(2枚) 50円
くもたま麺 680円 もやし 60円
くもたまチャーシュー麺 880円 豆板醤 60円
ピリ辛らーめん 680円 コーン 80円
塩らーめん 690円 わかめ 80円
塩チャーシュー麺 890円 にんにく 100円
台湾らーめん 仙寿卵の味付煮玉子 100円
魚香麺(ユイシャンメン) 720円 仙寿卵の薬膳煮玉子 150円
塩魚香麺 760円 ネギ 100円
坦々麺 750円 焼豚(2枚) 100円
坦々チャーシュー麺 950円 メンマ 130円
ミソらーめん 950円
ミソチャーシュー麺 950円 ライス 150円
ミソコーンらーめん 海苔チャーシュー丼 250円
極盛 臺黒麺・特魚 1000円 ギョーザ 290円
つけ麺(1.5玉) 770円 生ビール 500円
塩くもたま麺 760円 瓶ビール 500円
大盛 100円 グラスビール 380円
二玉 200円 ジュース 200円


HOMETOP