ラ王への道 共通Hedder ラーメン店用
ラ王への道 共通Footer ラーメン店用

ときとうや


時任家

閉店(詳細不明 2014年末?)
オススメ度ラーメンに対して
サービス度お店に対して
http://raou.jp/shop/267.htm
バーコード読み取り機能付き携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報を携帯メールやPCメールへ転送する場合は、こちらをクリック!
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→
スープの種類について担々麺辛いラーメン醤油冷麺

名古屋市天白区植田3-1701 地図を表示

営業時間 11:00〜15:00,18:00〜22:00(L.O.22:00)
定 休 日 月曜日
アクセス 植田駅(地下鉄鶴舞線)より約100m
客  席 カウンター:11
駐 車 場 あり
近くにコインP:あり
ジャンル ラーメン専門店
電話番号 052-808-8998
禁煙喫煙 詳細不明
備  考 創業:不明(中区)
閉店:2008年1月20日
移転オープン:2010年4月18日
閉店:2012年7月10日
移転オープン:2012年10月27日
※営業日・営業時間等の情報は 2013.05.05現在のもの
券売機 前払い 無化調 自家製麺 水セルフ おしぼり 新聞雑誌 靴を脱ぐ ファミリー 車椅子
2004年頃のこの店は、栄の路地裏にあって、思わず靴を脱ぎたくなるような店だった。2008年に閉店して同じ中区栄に同じ屋号で再オープンしたのは2010年4月。カウンターとテーブルとで8席ほどの小さな店だった。2年ほどしてまたも閉店。今度は天白区に時任家が出現。今度はカウンターのみ11席。券売機が出迎えてくれる?壁には、移転する前の色紙が飾られている。店名は、店主の苗字に由来するのだろうか?天白での営業許可は、2012年10月27日からのものだった。
スープ ・・・
麺 太め・やや縮れ
具 チャーシュー、煮玉子1/2、ネギなど
2013/10/15 食す。 680円
胡椒かな?ピリピリと口に残り、どこに使ってあったのか?ニンニクの気配もあって、少しだけ食後の息が心配にもなる。担々麺に使ってあったミンチ状の練り胡麻が少しだけ使ってあって、それだけを口にすれば胡麻のコクを楽しむことが出来る。スープ自体は茶濁しているが豚ブタしてはいないし、表面にただよう脂のお陰で、口当たりはアッサリでない程度。タレが強いとは思わないが、メリハリがある。ゆるやかなウエーブを見せる太麺は、適度な弾力があって、スープとのバランスも悪くはない。このネギの切り方は何切りというのだろう?ネギ辛さは強くはない。このネギの下にチャーシューが数枚・・・おそらく4,5枚だったと思うが、小さいので存在感は今ひとつ。煮玉子が切り口を上にして盛りつけられているが、スープに沈みかけているのが残念。火の通り加減は、辛うじて黄身がモコモコしない程度。味がついているようだが、スープの味に呑まれてしまっている。他の店にない味なので好感を持っているが、この店はやはり担々麺がオススメ。ごちそうさま。
スープ ・・・
麺 太め・縮れ
具 ミンチ、メンマ、ネギなど
2013/07/03 食す。 700円
3年振りだが、器は違えど見た目に大きな違いはない。黄色っぽい中太の縮れ麺は、長さ30cmほど。流水で締められていてコシは強め。胡麻ダレがよく持ち上がる。練り胡麻を少しのばしたようなタレは、ドロ〜とはしていないが、胡麻のコクを持っており、判る程度の酸味も加わり口当たりに重たさはない。券売機のボタンに選択肢はなかったのに食券は「中辛」。それでも辛さを選べて、お願いしたのは中辛。少し汗ばむものの、舌にジーンと残るものがある。肉味噌は、味がしっかり。ただ、胡麻にしても味噌にしても、冷たくすると香りが弱い。チャーシューは脂身が目に付くので、流用したのだろう。冷たく使うのなら、ひと工夫が欲しいところ。煮玉子は、黄身がモコモコ。白身にはタレの色がよく染みているが、ラー油に慣れた舌では味がよく判らない。カイワレの苦味を帯びたような辛味も、胡麻に打ち消されて気にもならない。タマネギのスライスには新タマネギが使ってあったそうだが、まったく辛味はなかった。これで700円なら文句なし。ごちそうさまでした。
スープ ・・・
麺 太め・縮れ
具 ミンチ、メンマ、ネギなど
2013/05/05 食す。 700円
中辛・小辛・激辛の並びになっているので、中辛が店主のオススメなのだろう。胡麻の使い方が特徴的で、微妙に澄んでいないスープの表面にミンチ状?の練り胡麻が辣油と共に広がっている。口にしてみれば十分な胡麻のコク。辛さで唇がジーンとするものの、汗ばむこともなく味わえる程度。すぐ下のスープがちゃんと胡麻のコクと辣油の辛さを支えているのが判る。何味とも言えないが、胡椒も使ってあったのかな?中華のタンタンメンというよりは、ラーメン屋のタンタンメンだ。太めの縮れ麺は、もっちりとした弾力の中にも適度な噛み応えを残しており、20cmという短さもあって確実にすすりきることが出来る。麺を何度か持ち上げているとミンチが散り散りになっていく。しっかりと味が付いている肉味噌なので、スープに没する前にいただきたい。卓上には穴あきレンゲが用意されているが、私には必要ない。なぜなら、スープを飲み干してしまうからだ。中辛で正解!言わせていただきます。ごちそうさまでした。
 
 
 

  
移転前
 名古屋市中区栄3-20-13
 11:00〜15:00,17:00〜22:00
 定休日:
 TEL:052-251-5531
 
 
 
 

スープ ・・・
麺 中太・ストレート
具 チャーシュー、メンマ、煮玉子1/2、タマネギ、カイワレなど
2010/07/15 食す。 850円
どこかに書いてある訳ではないが、小辛、中辛、激辛の三段階の辛さが用意されている。下の方にスープ然とした胡麻ダレが見えたので、レンゲにも活躍の場はある。レンゲと箸とで麺と具を持ち上げ持ち上げ混ぜ合わせた。小辛で頼んだこともあって、まずは甘味、続いて酸味。冷たいこともあり胡麻の香りは強くはないが、胡麻のコクは舌に十分伝わってくる。すり胡麻と練り胡麻を使うようだが、ドロっという程でもなく、少しザラついている。そして辛味が来るのだが、汗ばむことはないものの舌にヒリヒリと訴えかけてくる。ゆるやかなウェーブを見せる麺は中太の・・・ストレートかな。ほどよい締め具合で、噛み応えは胡麻のコクと辛味を受け止めるのには十分。チャーシュー、メンマ、タマネギ、カイワレなどが細く薄く使ってあるので麺と一緒に持ち上がってくる。そして、表面がしっかり色付いた煮玉子は黄身がホッコリ。アクセントに山椒でも欲しいところだが、温かいのよりは好きな味。ごちそうさまでした。
スープ ・・・
麺 太め・縮れ
具 ミンチ、メンマ、ネギなど
2010/06/04 食す。 700円
担々麺の中では軽い方だとは思うが、お腹には結構重たい。クリーミータイプではなく、澄みかかったスープにすり胡麻・練り胡麻と辣油がただよう。すり胡麻が少しザラついてはいるものの、スープの口当たりはサラリと軽い。少しは練り胡麻を使うらしく、フワフワしているところもあるが、香りはすり胡麻のもの。鶏が少し前に出ているのかな?コクもしっかりしているので、辛味と胡麻のコクにスープが負けることはない。中辛とは言え、ひと口目には刺すような辛さ。汗がジワジワと滲み出てくるが、それでもスープをスッキリと味わうことが出来る。麺は太めのやや縮れ。プリプリ&シコシコっとしていて、適度な噛み応えがある。チャーシューの類は見られず、時折こまかな挽肉が麺についてくる程度。メンマの歯応えはやわらかめ。ネギについては特に思うところはない。もう少しフワ・ドロ感が欲しいところだが、これはこれで無難にまとまっている。ごちそうさまでした。
 
 
 

  
閉店&移転前
 名古屋市中区栄3-25-27
 11:00〜15:00,17:30〜21:30
 定休日:火曜日
 TEL:052-262-8005
 
 
 
 

スープ ・・・
麺 縮れ
具 チャーシュー、煮玉子1/2、カイワレ、タマネギなど
2004/07/01 食す。 850円
その昔、調理器具も材料も器も全て担いで売り歩いたという担々麺。スープを担いで売り歩くことも出来ず、まぜそばのようなスタイルだったらしい。この冷し担々麺は、そのスタイルに近い。胡麻ダレのようなものに胡麻ペーストとラー油が加わったものが麺に和えてあり、それらが器の底に沈む。その少量のタレ?にラー油が赤い水玉模様を描き・・・視覚的に美しい。冷たくすると胡麻の風味を引き立たせるのは難しいのだろうか?胡麻の風味はそこそこにラー油の辛さが舌の上に立つ。縮れた麺もよく締めてあり食感が増している。タレ?がよく絡むこともあって、あれよあれよと麺が減っていく。麺の上に盛り付けられているのは、スライスされたタマネギとカイワレ、キザミチャーシューと煮玉子が半分。カイワレのみが辛味を主張するが、他はタレ?の味に呑まれた感がある。大半のカイワレを残し完食。美味しかったとは思うが850円はないだろう!と言うのが正直なところだ。それでも一応・・・ごちそうさまでした。
スープ ・・・
麺 やや縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、ネギ、胡麻、煮玉子1/2など
2004/04/26 食す。 680円
色もそうだが、味噌の香りもそれほど強くはなく、本当に味噌?と言うのが見た目の第一印象。胡麻らしきものと味噌に含まれていただろう穀類がところどころに浮き沈みしている。一口スープを口に含めば、味噌の控えめな主張と甘さに少 し時間差をつけて辛さが口の中に広がる。スープには脂が多く見られるものの、こってりとした感はなく、味噌のパンチも控えめだが、大人しい辛さが良いアクセントになっ ている。縮れ麺のプリプリとした食感が嬉しい。メンマは大きく平たく切られて おり歯応えが良い。煮玉子は白身が茶色に色付き黄身は バサ付かない程度の食感。チャーシューは脂身を程ほどに含み、薄く切られている事 もあり軟らか。味も付いているのだろうがスープの味には勝てないようだ。スープが 悪くなくて麺が良ければ・・・一応は及第点か。豚骨醤油、坦々、味噌と一通り食したが 一度もハズレを引くことはなかった。イチオシは坦々麺だろうか・・・
スープ 鶏ガラ・豚骨・野菜・・・
麺 やや縮れ
具 チャーシュー×3、ネギ、胡麻、煮玉子1/2など
2004/03/21 食す。 680円
名前を知らなければ豚骨醤油だとは思わないだろう。強いて言うなら辛豚骨醤油。スープにはゴマと細かい背脂が漂うが豚の臭みはない。ネギかニンニクか?この風味は香油のものだと思われる。スープの表面には多めの脂が浮いている。スープは節度ある辛さ。舌先で味わう薄っぺらい辛さではなく、口全体でじんわりと味わう辛さだ。気が付けば額から汗が流れていた。辛さと油の風味に遮られてスープの味の本質に触れることは出来ないが、豚ブタしておらず、コッテリでもない。麺は太めの縮れ麺。しっかりとした歯応え。チャーシューは小振りで薄く、このスープの中では存在感の薄さは否めない。煮玉子はしっかり火が通っているが、黄身は不思議とバサ付かなかった。最近流行の油の風味を効かした一杯だ。誉める程でもないが再食は十分にあり得る一杯だった。※画像は2003.12.1撮影のもの。煮玉子とチャーシューは、この日のものと違うようだ。
スープ 鶏ガラ・豚骨・野菜・・・
麺 やや縮れ
具 挽肉、メンマ、ネギなど
2003/12/01 食す。 600円
気持ち赤みを帯びたスープの下には縮れ麺。器の中央にメンマ、挽肉、ネギなどが盛りつけられている。スープからは胡麻の良い香りが立ち上る。芝麻醤は4時間もかけて作られる自家製らしい。おそらく辣油も自家製なのだろう。スープの辛さは見かけほどではなく、ほどよいと言うか優しい辛さ。芝麻醤の風味が加わって味わい深いスープに仕上がっている。そして縮れ麺が胡麻の香りとスープの辛さをしっかりと受け止めている。麺の茹で加減も上々、食感も良い。私の好むところだ。薄く使われているメンマはザクザクとした歯応えを楽しむことができる。挽肉はスープに遠慮したのか?控えめな味付けで存在感が薄い。スープにバラける前に食した方が良さそうだ。まぁ期待をしていなかっただけに意外に美味しい担々麺に出逢うことが出来て嬉しく思う。闇雲に辛いだけではいけないということか・・・美味しかった。言わせていただきます。ごちそうさまでした!


ラ王への道 共通Footer ラーメン店用

最近のオススメ
かいらす亭 中区
もりひろ 熱田区
時任家 天白区
一八 武豊町
昭和区 十夢
濃厚軍団 豊田市
政次郎 豊橋市
志縁 東海市
New Open
八麺山 日進市
純味軒 東区
飛鶏 春日井市
坊's 北区
好和亭 春日井市
空庵 緑区
もんたな 天白区
粋家 一宮市
菜 日進市
辣風旋 東海市
なりたけ 中区
麺胡房 瑞穂区
凛 天白区
勝来軒 東区
風見鶏 稲沢市
一松家 春日井市
雫 瑞穂区
Gallery