じゅんちゃん
じゅんちゃん
メニューへFileNo283
おすすめ度
サービス度
★について
http://raou.jp/shop/283.htm
バーコード読み取り機能付携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報をメールに転送する場合はこちら→をクリック
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→

醤油味噌辛いラーメン

豊田市東梅坪町2-6-1
営業時間 11:30〜14:00,18:00〜23:00
定 休 日 無休
アクセス 愛知環状鉄道愛環梅坪駅より約350m
名鉄豊田線梅坪駅より約800m
客  席 カウンター:4、テーブル:12,小あがり:12
駐 車 場 あり(12台)
電話番号 0565-33-5633
備  考 オープン:1996年
※営業日・営業時間等の情報は 2008.12.26現在のもの
禁 煙 水・お茶 ファミリー
券売機 × おしぼり カップル
無化調 × 新聞雑誌 車椅子 ×
自家製麺 × マンガ本 -
BGM ランチセット
豊田市内ではちょっと評判の店。店内は木がふんだんに使われており軟らかい?雰囲気。テーブル席がメインで一部がカウンター席と座敷席となっている。店の片隅にテレビがあるが特にBGMはない。この店は卓上メニューがないのか。壁を見上げるのは好きではない



純ラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、、ナルト、ネギ、ノリなど
2016/12/29 食す。 ★★★★☆ 620円
ランチ難民になりかけたので店に入り、適当に頼んだのは看板メニュー純ラーメン。後々気が付いたことだが、この2年の間に20円値上げされていた。スープは、味噌と見紛う表情を見せている。味としては醤油なのだろうが、味噌だと念じれば、そう思えなくもない。たまり醤油の起源が味噌にあるというのも肯ける。力強い味の中にもこの見せ独特の味わい深さと風味。後を惹くものがある。黄色みを帯びている太縮れ麺は、プリプリと強い噛み応えがある。舌触りと喉越しに面白みがある。20cmほどなので、すすりきるのも容易だ。チャーシューは見た目ほどの存在感はないが、メンマに味と香りが付いていて、スープに呑まれることなく存在を主張している。ネギは三種類かな?一緒くたに盛り付けられているので、違いがよく判らない上に食感が雑然としている。とは言うものの、スープと麺の力強さは相変わらずで、これが620円でいただけるというのは素晴らしいことだたお思う。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
純ラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、、ナルト、ネギ、ノリなど
2014/06/27 食す。 ★★★★☆ 600円
醤油豚骨で括ってもいいのかな。醤油とはいうものの味噌を思わせるようなスープの色。清湯とは言い難い・・・白湯の表情だ。動物っぽい旨味プラス野菜の旨味。醤油ダレの主張が太く、香味野菜の気配が感じられる。表層の脂が多いようで、湯気も立っていないが、麺を持ち上げると湯気が立ち上る。太縮れ麺は熟成っぽい色をしていて、プリプリ&しこしこ。長さ20cmほどと、確実にすすりきることが出来る長さだ。チャーシューは一応3枚なのかな?大きさがバラバラだ。脂身はほとんどないが、スープの味の方が強くてよく判らない。メンマはやわらかめ。ネギの小口切りは切り方が細いので、薬味としては存在感に欠ける。このラーメンが2007年頃には500円だったが、2008年になってから600円に値上げされ、その後6年も据え置かれている。いついただいても堅実な美味しさがある。値段以上の満足感に、ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
油そば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、コーン、ナルト、ネギなど
2012/05/25 食す。 ★★★★☆ 800円
具の盛り方に、麺を覆い隠そうとする意思が感じられる。麺の下には油ダレ。味としては塩かな?そういう色をしている。麺を喰わせるのに十分な味だが、この店独特の香味野菜の辛味を帯びたような香りがある。麺は太縮れだが、断面が長方形をしているので、見ようによっては平打ち。ややかためで、舌触りの面白さもある。油をまとって麺がテカテカするが、脂ぎっている訳ではないので、必要以上の重たくない。具は、ラーメン用のものを流用しているのだろうが、食材の管理を考えればやむを得ないか?コーンにはみずみずしい甘味がある。せっかくの穴あきレンゲなので、混ぜる前にいただきたい。メンマは味が強め。チャーシューは脂身が半分近くを占めており、やわらかさと脂身の甘味で喰わせるタイプ。ネギがせっかく二通りに使ってあるが、混ぜる前に彩りを楽しみたい。スープがないものを手放しで誉めることは出来ないが、この店らしさがあって悪くはない。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
極塩ラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、コーン、ナルト、ネギ、バターなど
2009/09/04 食す。 ★★★☆☆ 800円
壁のメニューを白い紙で隠したり書き足したりで、何がなくなって何が増えたのかが判り難いが、確かに塩ラーメンをやっていた。第一印象は塩の強さ。塩はハッキリとしていて尖りを感じる程だが、タレが醤油から塩になっただけで、この店らしい趣・・・・奥行き感というか厚みが感じられる。脂が目に付く割に口当たりは重たくない程度。バターがスープの一角に落としてあり既に溶けきっていたが、塩っ気の強いスープの一角だけコクが増している。麺はお馴染みの太縮れ。シコシコとした歯応えの中にもシットリとしたものが感じられ、噛み応えは十分。スープとの相性も申し分ない。3枚のチャーシューは脂身が多めで、脂身の甘味が判りやすい。メンマの歯応えは・・・一応ザクザクしているけど今ひとつかな。コーンのみずみずしい甘味はスープの塩っ気とは好対照で、穴あきレンゲを使ってでも食べたくなる。800円ねぇ〜というのが正直なところだけど、まぁ悪くはない。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やし中華
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 鶏肉、海老、キュウリ、ネギ、など
2009/06/16 食す。 ★★★☆☆ 850円
多くの店では、スープにお金もかからないのに良い値段がする。この店でも850円もするが、鶏肉と海老がふんだんに使ってあって、値段的には納得。麺は太縮れ。長さ20cm程と短めなので、ひとすすりに出来る。他のラーメン同様に西山製麺の麺を使うのだろうが、ただでさえしっかりしている麺を冷たく締めれば、噛み締めるような食感となって噛み応えは十分。下のタレとは別に上からもタレが使われているようで、多少ニンニクっぽい香りもある。ドロリとした濃度はなく、どこか胡麻っぽさも感じられるが、既成の冷やし中華っぽさはない。さりげなない辛味で味にも締まりがある。鶏肉は蒸したものだろうか?味らしい味がついていないこともあって素直に鶏の味がするし、脂身もないのであっさり。海老は直径3cmというのも大袈裟だが期待以上の大きさ。プリプリとした食感と海老独特の甘味を楽しむことが出来る。細く切ったキュウリが使ってあって、食感はシャリシャリだが、どうせならもう少し長く使って欲しかった。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
コーンラーメン
・・・
豚骨・もみじ・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、ナルト、ネギ、ノリ、コーンなど
2009/01/06 食す。 ★★★★☆ 750円
スープの一角にバターが落としてあるので、レンゲの扱いも慎重になる・・・というのは、バターがスープ全体に馴染むのに少しでも時間を稼ぎたい為だ。醤油豚骨のような色合いのスープは豚骨など動物系の旨味を醤油がふんわりと包み込んでいて奥行きが感じられる。脂もそこそこ見られるが口当たりは重たくない程度。バターがスープに馴染むにしたがい、多少の塩気と共にスープのコクが深まっていくし、ネギの辺りに添えられた胡椒も、ピリリとさりげなくスープを引き締めてくれる。コーンの甘味が活き活きとしているのはスープとの相性の良さからだろうか?特に辛味はないが、身体があたたまるスープで、額がジワリと汗ばんでくる。麺は北海道直送の太縮れで、長さは20cm程。プリプリとした舌触りもさることながら、噛み応えもしっかりしているし、スープとの相性も申し分なし。チャーシューはスープに呑まれ気味で、メンマの歯応えが頼りないともなると、具には多少の物足りなさもあるが、スープと麺とコーンだけでも十分に満足。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
黒胡麻みそラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー×5、メンマ、ナルト、ネギ、ノリ、コーンなど
2008/04/18 食す。 ★★★★☆ 800円
黒い高台丼に黒いスープ・・・ここまで黒いとは想像していなかった。実は黒いのはスープの表面だけなのだが、黒胡麻を擂ったものが大量に使われていて、胡麻の存在感はしっかりしているし、味噌に負けない香りもある。すぐ下のスープは見るからに味噌の色。程よく味噌カドが立っていて、スープそのものも濃い目ということもあって、口当たりに程よい重たさがあるし、胡麻と味噌を支えるだけのコクもある。どこかしらニンニクが感じられるのは、何か他の香味野菜のモノなのだろうか。異様に黒光りする海苔は八切。たいした風味もないが、コーンの甘味にはみずみずしいモノがある。この日のチャーシューは5枚。味は控えめ・・・と言うかスープに遠慮気味。そして麺・・・おなじみの太縮れ麺には、スープを存分に受け止めるだけの力強さがあり、一緒に胡麻が持ち上がるものだから、僅かに黒みを帯びている。胡麻の主張はしっかりしていながら、味は味噌。スープそのものにも力強さがあって、好感を持てる。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
ヤングラーメン
やや・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、ナルト、ネギ、ノリ、バター、ニンニクなど
2008/04/11 食す。 ★★★☆☆ 700円
壁を見上げてみれば見慣れぬ文字・・・知らず知らずの内にオーダーしていた。店としては醤油らしいが、透明感のなさとスープのコクには、野菜らしい旨味も感じられ、どこかしら味噌をイメージするものがある。蜃気楼のようにニンニクが見え隠れしていて、タレもよく効いているが、相変わらず味には太さがある。そこへバターが溶けることによって、多少の塩っ気と、香りとコクが加わるのだが、このスープにはバターが良く合う。そのバターの傍らにはおろしたニンニク。麺を持ち上げる毎に、スープ全体のニンニクが鮮明になっていく。熟成を思わせる色をした麺は太縮れ。無骨なイメージが湧くほどにスープを受け止めるのに十分な噛み応えがある。厚く切られたチャーシューには、肉の弾力があるものの、味の方はスープに呑まれ気味。仕事の日の昼に食べてはいけなかった・・・ブレスケアが追いつかない。それでも・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
純みそラーメン
やや・・・
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、ナルト、ネギ、ノリなど
2008/01/25 食す。 ★★★☆☆ 600円
約4年前、酒飲んだ後に食べたきりでは比較のしようもないが、やさしい味噌に店の持ち味がジンワリと奥行きを加え、脂も多めだがしつこさはない。唐辛子などの辛味は特に感じられなかったが、味噌と店の持ち味とが互いに遠慮し合っているようにも感じられる。もっと味噌に力強さが欲しかったし、この店らしさも前に押し出して欲しいところ。それでもスープが熱を失い始めると、味が深さがよく伝わってくるようにはなる。麺はおなじみの太縮れ。熟成ならでは、そして太縮れならではの噛み応えがあり、麺を食すという充実感がある。3枚のチャーシューはやわらかく味は控えめだが、やはりスープに飲み込まれてしまっているようで、残念ながら追加したいとは思わない。メンマも、麺を口にした後では歯応えが今ひとつに感じられる。悪くはないんだけど、ニンニクかバターでものせたくなる。オススメは、純みそよりも純ラーメン。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲

純ラーメン
やや・・・
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、、ナルト、ネギ、ノリなど
2007/11/06 食す。 ★★★★☆ 500円
醤油のつもりで待っていれば、スープの色はまるで味噌。スープを口にしてみても、本当に醤油?というのが正直なところで、味噌かな?と思ったのは一度や二度ではない。醤油辛さはないが、スープのイメージは極太。おかげで、僅かに見られる唐辛子も辛さが判らない程。脂も目に付くがコッテリの一歩手前。この店の他のラーメンと同じ十分な厚みと力強さがあって、スープの香りも正にじゅんちゃん・・・まるで香味野菜の香りだが、見事なまでに店の持ち味を前面に押し出している。 麺は太縮れ。スープの力強さを受け止めてなお余りある力強さは、さすが西山製麺。熟成太麺ならでは噛み応えに、麺が少なく思えてならない。チャーシューは3枚。味付けが控えめということもあって、スープに呑まれ気味だが、脂身の甘味が伝わってはくる。これだけの出来で500円というのは驚き。スープを飲み干さずにはいられない。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
辛みそラーメン
こってり
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、、ナルト、ネギ、ノリなど
2007/10/09 食す。 ★★★★☆ 680円
白い高台丼から立ち上る香りの中に僅かに甘味を感じたのは気のせいだったのか?スープに漂う脂も多少は赤みを帯びているが、細かく挽かれた唐辛子でスープは真っ赤。スープを口にしてみると、まずは辛味。一口目には、油断していると咽せそうになる程の力強さだったが、慣れれば後を引く。味噌に香味野菜のものと思われる香り・旨味が加わって、さらに動物系の旨味でしっかりと下支え・・・辛いだけでなく、味噌ながらに奥行きが感じられるし、スープが濃いようで、口当たりに程よい重量感がある。麺は太縮れ。熟成を思わせるシットリとしたシコシコ感が、味噌にも辛さにも負けていない。麺を持ち上げれば、当然のように唐辛子を持ち上げてくれるのだが、それはメンマも〃こと。チャーシューは3枚。半分ほどが脂身ということもあるが、脂身の甘味が、このスープの中では良いアクセントになっている。この値段でこの出来なら満足。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
純みそラーメン+半熟煮玉子
2004/03/15 食す。 酒気帯びレポート
生中・生大・生大・・・それに日本酒を少しばかり飲んでから締めの為にこの店を訪ねた。ついつい東区じゅんの蔵の純みそラーメンと比較してしまうが・・・こってり度・スープのコクなどはじゅんの蔵の方が強いようだ。たいしたメモも取らなかったのと酒の影響もあってか記憶に残るは、じゅんの蔵との相対的な味の比較のみ。本来ならレポートをUPしないところだが、西三河ラーメン博物館のオフ会での一杯だったので、『記念』という意味でUPさせていただきました!
▼MENUへ / TOPへ▲
のりラーメン+半熟煮玉子
こってり
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、ノリ×14、煮玉子1/2×2、ナルト、ネギ
2004/01/12 食す。
スープを一目見た印象は『ん?豚骨醤油?』。レンゲでスープを口にしてみると、東区の某店の味が脳裏を過ぎる。香味野菜の風味を感じる豚&鶏ベースの醤油。スープには多めの脂が見られる。コクもあれば、ほどよいコッテリ感もあり、スープが太く感じられる。麺は太縮れ。食感は悪くはなく、無骨な印象を受ける。器を取り囲むノリは14枚。油でも塗られているのか?テカテカとしている。この演出も東区:じゅんの蔵を思わせる。メンマの味は控えめで、そこそこ歯応えを残している程度。チャーシューも味は控えめで軟らか。追加トッピングの半熟煮玉子も味は控えめで軟らか。トッピング全般に控えめな味付けでスープを引き立てているのか。こってり醤油は私の苦手とするところ。評価は若い方々にお任せしたいと思う。店名とメニューの構成とラーメンの作り、器の『純』の文字に東区の某店を思わせる要素が幾つも見られた。後で知ったが東区の某店の店主は、この店の出らしい。
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー
調査日:2008年4月11日
しょうゆ みそ
純ラーメン 600円 純みそラーメン 650円
のりラーメン 700円 ねぎみそラーメン 800円
ヤングラーメン 700円 辛みそラーメン 700円
ねぎラーメン 750円 辛みそねぎラーメン 830円
コーンラーメン 750円 辛みそのりラーメン 800円
チャーシューラーメン 900円 みそコーンラーメン 800円
こってりラーメン 900円 みそニンニクバターラーメン 750円
辛みそニンニクバターラーメン 800円
ライス 180円 トッピング
めん大盛り 100円 のり 100円
ねぎ 150円
おつまみ チャーシュー 300円
鳥の手羽先 400円 お飲み物
盛り合わせ 450円 ビンビール(中) 450円
とりやっこ 400円 ウーロン茶/オレンジジュース 200円

メニュー
調査日:2004年1月12日
しょうゆ みそ
純ラーメン 500円 純みそラーメン 600円
のりラーメン 600円 ねぎみそラーメン 750円
ねぎラーメン 650円 辛みそラーメン 680円
コーンラーメン 650円 辛みそねぎラーメン 780円
チャーシューラーメン 800円 辛みそのりラーメン 750円
こってりラーメン 800円 みそコーンラーメン 750円
トッピング みそニンニクバターラーメン 700円
半熟煮玉子 100円 辛みそニンニクバターラーメン 750円


HOMETOP