てうちらーめんびしゅう
手打らーめん 尾州
メニューへFileNo294
おすすめ度
サービス度
★について
http://raou.maxs.jp/shop/294.htm
バーコード読み取り機能付携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報をメールに転送する場合はこちら→をクリック
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→

スープについて醤油味噌塩台湾

半田市瑞穂町7-1-7 地図を見る
営業時間 11:00〜14:00,17:00〜21:00
定 休 日 月曜日
アクセス  
客  席 カウンター:あり,テーブル:あり
駐 車 場 あり(共同10台)
電話番号 0569-23-6420 電話をかける時には
備  考 オープン:1986年
※営業日・営業時間等の情報は 2008.12.26現在のもの
禁 煙 × 水・お茶 ファミリー
券売機 × おしぼり カップル
無化調 × 新聞雑誌 車椅子 ×
自家製麺 - マンガ本 - 詳細データについて
BGM ランチセット -
昭和区:笹善、瑞穂区:比那屋の流れを汲む店だ。自家製の平打ち麺や木製の杓子、ダシの風味などに特徴が見て取れる。カウンターとテーブルとで席数は多くはないが窮屈でもない。卓上メニューがないのでオーダーの際には壁を見上げることになるのだが、『この』系列の中ではメニューがシンプルだ。



唐揚らーめん
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー×1、唐揚げ×3、メンマ、ワカメ、ネギなど
2016/10/07 食す。 ★★★☆☆ 950円 評価について
もう4年も前に閉店した笹善の盛合せラーメンを思い出した。水餃子と小さめの唐揚げが2個ずつのって700円。笹善の流れを汲むこの店ならば・・・と唐揚げラーメンを頼んだが、この4年の間に150円も値上げされていてビックリ。下のラーメンは、しょうゆラーメンなのだろう。魚介を前に押し出してないだけで、一応は和風の趣き。醤油が判りやすいが強い味ではない。脂らしい脂も見られず口当たりは軽めだが、唐揚げから少しずつ脂が広がっていく。太めの縮れ麺は、適度な弾力と適度な噛み応えがあるが、練り込み麺ではない。唐揚げは鶏のモモで、オーダーが入ってから揚げたもの。大きくて食べ応えがあるが、笹善のようなスパイスの使い方をしてないので、ごく普通の唐揚げ。3個もあれば凄いボリュームで、チャーシューのせなければいいのに・・・と思うほどだ。のせるだけ足すだけで、引くことをしないから満腹感過多。過ぎたるは及ばざるが如し。お値段も立派すぎる。
▼MENUへ / TOPへ▲
コーンらーめん
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、ワカメ、コーン、ネギなど
2012/10/03 食す。 ★★★☆☆ 700円 評価について
この店も6年振り。笹善と同じ系譜に店名が挙がってくる店の中で、香竹(刈谷)、菜(半田)は閉店済み。比那屋(瑞穂区)は代替わり後に不愉快な思いをしたので行きたくない。となると残るは、来助、宝島とこの店くらいだ。この日は醤油ダレの主張がやや強め。そのせいか?なんとなく和風という程度にしか魚介が感じられなかったが、脂らしい脂も見られず口当たりは軽め。具をかき分けて麺を持ち上げてみれば、長さ30cmほどの太縮れ。きっと自家製なのだろうが、何か練りこんである様子もなく、色も香りもクセはない。プリプリとした舌触りと噛み応えが特徴的。チャーシューは脂身と赤身を重ね合わせたタイプ。脂身の甘味と肉そのものの味が素直に伝わってくる。ワカメには結構な量があって、ワカメラーメンか!と思うほど。だからコーンの量も半端ではない。レンゲに集めて何回口に運んだことか。みずみずしい甘味は期待通りのものだったが、量は期待をはるかに超えていた。この店には盛り合せラーメンがないので、次にいただくとしたら唐揚げラーメンかな。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
しょうゆらーめん
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、ワカメ、ネギ
2006/10/06 食す。 ★★★☆☆ 630円 評価について
澄んだスープには、脂がほとんど見られないこともあって、口当たりアッサリ。醤油の主張も控えめで判る程度ながらに奥行きがあって、ホッとするような味わい深さがある。動物だの魚介だのと、旨味が舌の上で具体的に像を結ぶことはないが、渾然一体となった旨味の中に和の趣がある。麺は太縮れ。太さが不揃いなところに手打ちらしさ・・・自家製らしさが見て取れる。意外に強いコシがあり、舌触りもツルリ。喉ごしも良い。ワカメの量は、一般的なワカメラーメン並だ。厚みがあって、しっかりしたワカメだが、この日は風味が少し出しゃばり気味。チャーシューは一枚だけ。適度に噛み応えがあり、味が控えめなので、ちゃんと肉の味が伝わってくる。メンマのほんのり甘みを帯びた味は相変わらずだ。悪くない一杯だが、イチオシはやはり台湾らーめん。しかし、この系列も寂しくなったものだ・・・
▼MENUへ / TOPへ▲
しおちゃんこらーめん
麺 平打ち太縮れ麺 ↑画像を
クリック
具 豚肉、挽肉、モヤシ、玉葱、白菜、人参、ニラ、木耳、筍、玉子など
2005/10/09 食す。 ★★☆☆☆ 900円 評価について
ちゃんこを食したことのない私に言わせると五目ラーメン風。煮込料理というイメージはなく、『ちゃんこ』と聞くと聞こえは良いが、言い捨ててしまえば雑多煮。全体として味のベクトルは同じ方向を向いているようで、とっちらかった印象はない。モヤシ、タマネギ、ニンジンまでは良いとして、ピーマンはいただけない。気のせいか?周囲のスープにピーマンを感じる。更に白菜、ワカメ、豚肉、木耳に筍、そしてフワフワの溶き卵。別々に食感を楽しみたいものも少なくない。素のスープの旨味や風味はあまり目立たないし、スープも塩とは言うモノの、それと判らないようなやさしい味だが、野菜類の旨味と渾然一体となった味には侮れないものがある。麺は平打ちの太縮れ。コシの強い麺ではないが、スープのやさしい味が麺の食感を引き立てるのか?麺の舌触りにも面白いモノがある。嫌いな味ではない・・・ただ、900円払うだけの満足感はない。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷しらーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太縮れ麺
具 チャーシュー、カニカマ、錦糸玉子、キュウリ、ワカメ、紅生姜など
2005/09/17 食す。 ★★★☆☆ 評価について
『冷しらーめん』には幾度となく騙されてきたが、この日もそうだった。限りなく冷やし中華に近い・・・と言うか冷やし中華そのものだ。高さ6cmと浅めの器に、タレと麺、その上から色とりどりの具が盛り付けられている。タレには、やわらかい甘さとおとなしい酸味。醤油も強くはなく、全体としてはやさしい味・・・この店らしい味だ。麺はお馴染みの平打ちの太縮れ。締めたことにより多少はコシが増しているのだろうが、シコシコとした食感がより強調され、麺の舌触りと合わせて面白みがある。具は見ての通りだが、ワカメも食感はしっかりしており、ヘルシー感を演出。チャーシューは味が控えめでアッサリ。蟹の身らしきものはフェイクだろうか?カマボコのようにも見えるが、それらしい風味はしっかり。毒々しい赤色が目を惹く紅生姜は、私に言わせれば食べ物ではない、胸焼けの心配のないやさしい味わいのタレと、麺の食感が特徴だが、普通に食べさせてくれるだけの『冷し中華』だった。
▼MENUへ / TOPへ▲
みそらーめん
やや・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太縮れ麺
具 チャーシュー×1、モヤシ、ニラ、ニンジン、ワカメ、ネギなど
2004/12/25 食す。 ★★★☆☆ 680円 評価について
21cm程の高台丼は浅めとはいえ大きく見える。モヤシ炒めなどがドッサリ盛り付けられていることもありボリューム感がある。スープを口に含んでみれば口当たりはサラリ。素直と言うか、やさしいと言うか・・・味噌ダレは強くはないが、ダシが香る訳でもない。味噌辛さはなく、味噌の主張は控えめ。味としては比較的ストレートだ。麺は平打ちの太縮れ麺。この店ならではの面白い食感で、スープとのバランスも良い。その麺の上には大量のモヤシ炒め。他にチャーシュー、ワカメ、コーンなどが盛り付けられているが、やわらかチャーシューは、このスープの中では存在感が薄い。コーンも、スープに味噌辛さがない為に、甘さを楽しむことができない。モヤシ炒めが多い割には、それ程スープは影響を受けておらず、素直、やさしい・・・と言ってしまえる程に好感が持てる一杯。麺の食感が主役と思えば、全てが丸く収まる。無難な一杯ということで。
▼MENUへ / TOPへ▲
台湾らーめん
ややあっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太縮れ麺
具 挽肉、モヤシ、ニラ、ワカメ、ネギ、鷹の爪など
2004/03/28 食す。 ★★★★☆ 780円 評価について
味噌を食すつもりで店に入ったが、オススメの文字を見つけて台湾にしてみた。台湾と聞くと小振りな器に攻撃的な辛さを思い浮かべてしまうが、この店の台湾は違う。7寸丼だろうか?器の口は20cmを超えている。ベースはしょうゆらーめんだろうか?そこに挽肉、モヤシ、ニラ、鷹の爪、ネギなどがのる。モヤシはヒゲ根が残っているので、もう一仕事して欲しいところ。特徴的なのはワカメだろうか。好きな食材なのでもっと多くても良いと思う。スープは節度ある辛さ・・・行儀の良い辛さと言った方がいいか。スープの持つ和風ダシの風味も活きており、ただ辛いだけでない味わいのある一杯に仕上がっている。麺は自家製の平打ち太縮れ麺。卵が多めに使われているそうだ。勢いよく麺をすすると口の中で麺が跳ねるような感じを受けるほど食感が良い。この食感だけを楽しみたくてモヤシを避け麺だけ口にした程だ。結局、スープを飲み干してしまった。器の底に見慣れない小片、穀類を見ることができる。店主に聞くしかないか・・・後味の良い台湾ラーメンだ。ごちそうさまでした!
▼MENUへ / TOPへ▲
わかめらーめん
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太縮れ麺
具 チャーシュー×1、メンマ、ネギ、ワカメ
2004/02/01 食す。 ★★★☆☆ 680円 評価について
メニューには塩はなかったが、『ワカメなら塩かも知れない』という期待があった。果たして・・・スープは醤油仕立てだった。器の口の径は20cmほど。熱々なスープから湯気が立ち上る。スープも麺も全く見えない程に多くのワカメが盛りつけられているが妙な磯臭さはない。木製の杓子でスープを口に運ぶ・・・スープはややあっさり。口の中に懐かしい味が広がる。やわらかチャーシューもあっさりとしておりスープの味を引き立てている。メンマはほんのり甘味が付いており、じんわりと味わい深い。シャクシャクとした歯応えにも好感が持てる。そして店自慢の手打ち麺だが、平打ちされた太縮れ麺。笹善のようにノリなどは練り込まれていないが、舌触り・食感とも申し分ない。麺・トッピング・スープ・・・すべてに不満無し。満足だった。完食をもって店主に気持ちを伝える・・・ごちそうさまでした!と。
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー
調査日:2016年8月21日 メニューについて
しょうゆらーめん 650円 チャーハン 600円
みそらーめん 700円 チャーハン(大盛) 800円
わかめらーめん 700円 ごはん大 250円
みそわかめらーめん 750円 ごはん中 200円
コーンらーめん 700円 ごはん小 170円
みそコーンらーめん 750円
台湾らーめん 750円 生ビール中ジョッキ 550円
餃子らーめん 800円 お酒一合 450円
みそ餃子らーめん 850円 冷酒300ml 780円
唐揚らーめん 950円 焼酎 450円
みそ唐揚らーめん 1000円 ジュース 250円
しおちゃんこらーめん 950円
みそちゃんこらーめん 950円 焼餃子 350円
ちゃーしゅーらーめん 950円 磯揚げ餃子 450円
みそちゃーしゅーらーめん 1000円 野菜炒メ 650円
焼豚 900円
麺大盛 150円増 鶏唐揚 780円
麺小盛 50円引 酢豚 1000円

メニュー
調査日:2012年10月3日 メニューについて
しょうゆらーめん 600円 チャーハン 600円
みそらーめん 650円 チャーハン(大盛) 800円
わかめらーめん 650円 ごはん大 250円
みそわかめらーめん 700円 ごはん中 200円
コーンらーめん 700円 ごはん小 170円
みそコーンらーめん 750円
台湾らーめん 700円 生ビール中ジョッキ 550円
餃子らーめん 750円 お酒一合 420円
唐揚らーめん 800円 生酒 冷 730円
みそ唐揚らーめん 850円 酎はい亭 420円
しおちゃんこらーめん 900円  レモン・ウメ
みそちゃんこらーめん 900円 ジュース 250円
ちゃーしゅーらーめん 900円  オレンジ・コーラ・ウーロン茶
みそちゃーしゅーらーめん 950円 ラムネ 180円
麺大盛 150円増
麺小盛 50円引 焼餃子 320円
おひるのサービスセット(日曜日除く) 磯揚げ餃子 420円
らーめんランチ +150円 野菜炒め 600円
チャーハンセット 400円 焼豚 850円
フルーツ付 大盛 +600円 鳥唐揚 750円
フルーツ付 小盛 +350円 酢豚 950円

メニュー
調査日:2004年2月1日 メニューについて
しょうゆらーめん 630円 しおちゃんこらーめん 900円
みそらーめん 680円 みそちゃんこらーめん 900円
わかめらーめん 680円 ちゃーしゅーめん 900円
みそわかめらーめん 730円 みそちゃーしゅーめん 950円
コーンらーめん 730円
みそコーンらーめん 780円 大盛 150円
台湾らーめん 780円 小盛 -50円


HOMETOP