麺家 烈(めんやれつ)
メニューへデータ転送FileNo300

 
おすすめ度
サービス度

担塩醤味豚骨冷つけ

安城美園店
安城市美園町1-26-18
営業時間
(日曜日)
11:00〜14:30,17:00〜23:30
11:00〜21:30
定 休 日 不定休
アクセス JR東海道本線東刈谷駅より約650m
駐 車 場 あり(3台)
カウンター -席
テーブル -席
座 敷 -席
電話番号 0566-72-0859
備  考 オープン:2003年

安城市東栄町横根畑59-91
アクセス 名鉄名古屋本線新安城駅より約1.1km
岡崎市昭和町下川田10-2
宝飯郡音羽町字御園186
詳しくはオフィシャルサイトをご参照下さい。
※営業日・営業時間等の情報は 2007.01.05現在のもの
禁 煙 × 水・お茶 ファミリー
券売機 × おしぼり カップル
無化調 × 新聞雑誌 - 車椅子 ×
自家製麺 × マンガ本 -
BGM ランチセット -
赤担々麺と黒担々麺・・・響きが面白い。しかも1辛から5辛まで辛さを選ぶことができる。担々麺が売りの店のようだ。国道1号線沿いの店は、一時期『とんこつ麒麟』として営業していたが、気が付いたら元の烈になっていた。



四国ラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細やや縮れ
具 チャーシュー×3、モヤシ、ネギなど
2009/01/21 食す。 ★★☆☆☆ 895円
四国ラーメンと聞いてもピンとこないが、運ばれてきたのは分厚い豚バラチャーシューが三切れのっているだけの白湯?豚骨。スープから立ち上る脂の香りは、ラーメンオイルと言い直したい程の安っぽさ。スープ表面には脂の大きな水玉模様が広がっているが、コッテリというほどでもない。豚の臭みは期待通り?になく、豚の甘味もないともなると、ただ白濁しているだけとしか思えない。タレは醤油と思われるが判る程度。後付の旨味が妙に判りやすい。麺は中細のやや縮れ。食感としてはかためで、つるつるシコシコとしている。モヤシのシャキシャキ感は悪くないがネギは存在感が薄い。そして看板具材のチャーシュー・・・長辺が10cm近い長方形で厚さは1cm程。脂身と赤身が交互に層を成していて、見た目が食欲をそそる。やわらかさの中にも適度に噛み応えを残しているのは厚さの為。脂身の舌触りはプルプルとしている。甘辛い醤油味が付いているがスープへの影響を心配する程でもなく、肉そのものの甘味も判らないでもない。でも、どこが四国なのかは判らなかった。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷し豚骨らーめん
あっさり
豚骨・・・
※とんこつ麒麟 ↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー、煮玉子1/2、レタス、水菜、トマトなど
2006/08/14 食す。 ★★☆☆☆ 850円
冷たいスープは香りが弱くなるものだが、豚の代わりにトマトの香りが立っている。30×20cm程の楕円形をした器が乳白色のスープをたたえている。黒い油を避けるようにレンゲでスープを口にしてみれば、豚臭さはないが豚らしさも感じられない。それどころか僅かに魚を感じる。黒い油は何を使っているのだろう?コクとさりげない香ばしさをスープ添えており、口当たりが軽いだけでなく、一応は厚みらしきものが感じられる。麺は中細ストレート。締められたことによりコシが増し、ツルリとした舌触りとシコシコの食感。チャーシューと呼ぶべきか?単に肉と呼ぶべきか・・・皮がパリっとしていて噛み応えがある。煮玉子は黄身がしっとり半熟で、見たままに味がよく染みている。ここにレタス、水菜、トマトが盛り付けられ、ヘルシー感を演出しているが、トマトだけは何歳になっても好きになれない。冷たい豚骨は難しいのか・・・豚らしさが物足りない。冷たいラーメンなら無難とするところだ。
▼MENUへ / TOPへ▲
とんこつらー麺
・・・
・・・
※とんこつ麒麟 ↑画像を
クリック
麺 極細ストレート
具 チャーシュー×1、キクラゲ、モヤシ、ネギ、背脂など
2006/05/13 食す。 ★★★☆☆ 700円
径18cm程の歪な形をした黒い器に白湯スープがよく映える。僅かに背脂が見え隠れするスープだが、特に豚の臭みは感じられない。タレがでしゃばることもなく、適度に『豚』が舌にまとわりつく・・・どこか甘みのあるスープだ。脂は少なくはないが、しつこさを伴ったコッテリ感はないし、後で口が渇く程の濃度でもない。麺は豚骨ラーメンにありがちな極細ストレート。低加水なりの食感と歯切れ、細麺なりの舌触りと喉越しは悪くない。この日は、店員から聞かれもしなかったが、茹で加減は標準で十分だ。チャーシューはロースだろうか?脂身はほとんど見られず、適度に肉の弾力を楽しむことが出来る。そして、キクラゲはザクザクっと、モヤシはシャキシャキっと小気味良い音を口の中に響かせてくれる。これが650円以下だったなら『バランスよくまとまっている』と言うところだが、少し割高感がある。まぁ普通に食べさせてくれる一杯だ。
▼MENUへ / TOPへ▲
黒坦々麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細概ねストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、チンゲンサイ、白髪ネギ、黒胡麻
2006/01/11 食す。 ★★★☆☆ 750円
その名の通り真っ黒なスープを口にすれば、胡麻の味わいは程ほどに酸味と辛さが伝わってくる。鷹の爪も見られるが、1辛ということもあり大した辛さではない。ほどよい酸味のおかげでスープには飲みやすさがあるが、黒胡麻と言うからには、もっと濃厚な胡麻の味わいを期待していた。中央に盛り付けられた白髪ネギは、かなりのボリューム。水にさらしてあったのか?辛味もそれほど強くなくアクセント程度。この白髪ネギの下からミンチが姿を現す。ほんのりとした甘みがあるが、スープに散り散りになってしまう前に味わいたいものだ。麺は中細の概ねストレート。麺が黒色を帯びる程にスープがよく絡み、スープとの一体感がある。担々麺としては悪くはないと思う。ただ、胡麻+酸味+辛さという組み立てながら、胡麻が今ひとつ力不足で面白みのない一杯。不思議なもので前回食した冷やしの黒坦々麺の方が、胡麻を強く感じた程だ。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やしざる黒坦々麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細概ねストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、チンゲンサイ、白髪ネギ、黒胡麻
2005/08/17 食す。 ★★★☆☆ 780円
大きなお盆に器が3つ。22.5cm四方の器に麺。10.5cm四方の器に具。径12.5cmの器に胡麻ダレ。麺が左にあると食べ辛いものがある。多くの黒胡麻が漂うダレの色は真っ黒。濃厚な胡麻の味わいに程よい酸味とピリリとした辛さが加わり、少しだけ胡麻の味わいを抑えてしまっているが、十分な胡麻のコクと、さっぱり感がある。麺は長さ30cm程の中細ストレート。流水で締められ適度にコシが増した麺に、つけダレが絡んで黒色を帯び、つけダレの味と風味が麺を食すのを加速させる。軽く湯通しされた青梗菜も野菜不足の私には有り難い。メンマは程良いコリコリ感で、チャーシューは厚みがあり意外にボリュームがあるが、脂身の風味が僅かに気になる。本来は熱々のスープで使うモノなのだろう。玉子は黄身しっとり。白から茶へのグラデーションを見せる白身にも味がよく染みている。この胡麻ダレ、大した辛さでもないが口の中にピリピリと残るが、食べさせる力は十分。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
新宿らー麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 縮れ
具 チャーシュー×1、煮玉子×1、チンゲンサイ、ネギ、ノリ×1
2004/10/03 食す。 ★★☆☆☆ 800円
一言で言ってしまえば味が濃い。魚介でダシをとるらしいが、特に魚介の風味はないし、ダシとスープが弱いのか?それとも醤油ダレが強いと言ったら良いのだろうか。ほのかな甘味を醤油の味わいが包み込み、味わいに厚みを感じさせるが、同時に胸焼けの予感が走る。スープを味わうというより醤油ダレを味わうような感がある。麺は縮れ。しっかりとした食感は、スープの味わいとバランスが取れている。器は径17cm程の玉丼。小さめな器をトッピングが埋め尽くしている。チャーシューは程々にタレが染みており、やわらか。煮玉子は丸々一個盛り付けられているが、切り口を見せた方が視覚的に『美味しい』のでは。白身の色が示すように、しっかりタレの染みた半熟煮玉子だった。食べさせるだけの力はあるが、こういうラーメンを食しても、私は少しも嬉しいとは思わない。800円という値段を見なかったら、無難な一杯としたかもしれない。
▼MENUへ / TOPへ▲
チーズ担々麺
麺 ストレート麺 ↑画像を
クリック
具 挽肉,ネギ,青梗菜,胡麻,チーズ
2004/06/29 食す。 ★★★☆☆ 780円
新宿らー麺を食すつもりが、ついつい邪道な香りに惹かれてしまった。スライスチーズが添えられている他は赤担々麺と大きな違いはない。ほのかな酸味に続いて程々の胡麻らしさとラー油の辛さ。それらをチーズが包み込みマイルド感を演出している。ネギもわざわざ辛味が出る切り方をしてあるのだろうが、辛さは全く苦にならない。ただし、食感が私好みではない。麺はストレート。食感としての面白みはないが、チーズが麺に絡むのが意外に良かった。全体としての辛さも1辛にしては、節度あるとは言えソコソコの辛さだ。ラーメンを食べ疲れて、『ラーメンにしてラーメンに非ず』のような一杯に期待をしていたが、良い意味で裏切られた。あまりチーズが前に出すぎることもなく、マイルド感のある担々麺。辛さも程々で、全く邪道ではなかった。
▼MENUへ / TOPへ▲
赤担々麺
ややあっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 ストレート麺
具 挽肉、ネギ、チンゲン菜、胡麻
2004/03/14 食す。 ★★★☆☆ 700円
赤く色付くスープには白ゴマが浮いている。自家製のラー油を使うらしいが、この赤いのがそうなのだろう。炒り胡麻だろうか?芳ばしい風味が口の中に広がる。辛さは5辛まで選べるが、この日は1辛をオーダー。店員によると『標準』らしいが、私には程よい辛さだ。その辛さの奥から胡麻のコクとほのかな酸味が私に語りかけてくる。額が汗ばむ程度の辛さだが、サービスで『1辛分の調味料』が別にあっても良いか・・・麺はストレート。私にはやや軟らかめだが担々麺なら許容範囲内だ。トッピングとして挽肉。その上からネギ、そしてチンゲンサイが盛り付けられている。ネギは少し乱暴な斜め切りだが、ネギの辛さが良く出ている。歯に障る切り方なので好きではないが、スープが辛いなら良しとすべきか。胡麻の風味、辛さともに度をわきまえている。担々麺としては後味も良く、無難以上の出来の一杯と言うことができる。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
しおらー麺
ややあっさり
鶏ガラ・豚骨・魚介・・・
↑画像を
クリック
麺 ストレート麺
具 チャーシュー、メンマ、味玉子、ノリ、ネギ
2004/02/15 食す。 ★★★☆☆ 580円
一目見て驚く。スープが思いのほかに澄んでいる。期待を胸にレンゲでスープを口に含んでみる。塩は私好みの塩梅。鶏ガラ豚骨系のスープだと思われるが動物系の風味は強くなく塩ダレに使ったとされる干し貝柱とモンゴル天然塩が微妙な旨味となり、ややあっさりとしたスープに仕上がっている。麺はストレート。食感に不満はない。メンマは細く切られている割には程よい食感。煮玉子は黄身が橙色に色付き軟らか。味も悪くない。チャーシューはロースだろうか。これは煮豚ではなく焼豚と言って良いだろう。ほのかな芳ばしさがある。脂身がほとんどないが、バサ付かず、やわらかなチャーシューだ。全体的に見てバランスのとれた一杯・・・メニューにあるような『さわやかさ』は感じなかったが私としてはプチ満足。大葉を添えてみるのも面白そうだ。美味しかった。ごちそうさまでした!
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー
調査日:2009年01月21日
赤タンタン麺 760円 セット(平日夜のみ)
黒タンタン麺 840円 Aセット(餃子・サラダ・ライス) +500円
チーズタンタン麺 890円 Bセット(角煮・サラダ・ライス) +650円
しおラーメン 650円 Cセット(炒飯) +450円
しょうゆラーメン 650円  ※ABCはラーメンと
くまもとラーメン 720円 Dセット(唐揚げ・生中) 780円
旭川みそラーメン 950円 Eセット(餃子・生中) 780円
四国ラーメン 895円 サイドメニュー
新宿叉焼ラーメン 990円 ギョウザ 360円
お子様ラーメン(塩・醤油) 350円 チャーシュー丼 300円
黒担々つけ麺 890円 ジャン丼 300円
冷やし中華(5月〜9月) 840円 並ライス 100円
旭川みそ叉焼ラーメン 1250円 大ライス 200円
から揚げ 420円
麺の替え玉 150円 生ビール 525円
麺の大盛り 105円 トッピング
叉焼3枚 250円
煮玉子 105円
青ネギ 105円
チーズ2枚 130円
メンマ 105円
ランチサービス(月〜金 11:00〜14:30) コーン 105円
ご飯・漬物 サービス モヤシ 105円

メニュー
調査日:2004年06月29日
赤担々麺 700円 新宿らー麺 800円
黒担々麺 750円 冷やしざるつけ麺 710円
チーズ担々麺 780円 冷やしざる黒坦々麺 780円
しおらー麺 580円 チャーシュー3枚 200円
しおバターらー麺 650円 白ねぎ 200円
烈らー麺 580円 煮玉子 100円
ねぎらー麺 750円 メンマ 100円
焼豚らー麺 780円 コーン 50円
みそらー麺 820円 バター 50円


HOMETOP