まるぎんしょうてん
まるぎん商店
メニューへFileNo310
おすすめ度
サービス度
★について
http://raou.jp/shop/310.htm
バーコード読み取り機能付携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報をメールに転送する場合はこちら→をクリック
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→

醤油塩台湾担々麺冷麺

岡崎市寿町13-20
営業時間 11:30〜14:00,18:00〜22:00
定 休 日 水曜日
アクセス  
客  席 カウンター:6,テーブル:8
駐 車 場 あり(共同10台)
電話番号 0564-25-8578
備  考 オープン: 2000年
移転:2007年11月17日
※営業日・営業時間等の情報は 2010.05.25現在のもの
禁 煙 水・お茶 ファミリー
券売機 おしぼり × カップル
無化調 - 新聞雑誌 - 車椅子 ×
自家製麺 × マンガ本 ×
BGM ランチセット
店内は、ステンレスのシルバーに白と黒とでシックな装い。店主の嗜好も年相応にシフトしてきているようで、移転を機に味をガラリと変えて勝負する・・・ハズだったが、以前の味を望むお客さんの声が多く、結局は移転前同様に豚骨に軸足を置いている。



冷製塩セレブ
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー、メンマ、茄子、ネギ、タマネギなど
2016/08/26 食す。 ★★★☆☆ 730円
淡麗系らしくスープ表面の油は多め。おそらく香味油だろう。最初のひと口ふた口は、唇に滑りを感じたほど。スープ自体は、おそらく鶏かな?ほどよくヒンヤリ&スッキリとしていて、魚介の風味もそよそよ〜といったところだが、私にとってはど真ん中のストライクではなくて、外角高めギリギリ・・・少しだけ物足りなさがある。ナスの使い方が特徴的で、黒というか濃い紫と渋い緑色の対比が面白い。が、私はナスが苦手だ。刻んだタマネギも添えられている。辛味はなくて、シャリシャリとした食感のみ。要らないとまでは言わないが、少しばかり邪魔。チャーシューは鶏。メンマは細く使ってあって、共に主張は控えめ。細ストレート麺は、しなやかな喉越し。スープを持ち上げるついでに、油もよく持ち上げてくれる。730円と冷たいラーメンとしてはお値打ち感があるが、ナスに申し訳ないので、この夏に食べ直す機会はないと思う。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
あごそば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー、メンマ、煮玉子1/2、キャベツ、タマネギ、ネギなど
2015/06/27 食す。 ★★★☆☆ 900円
900円だよ!券売機のボタンを押す時に少し躊躇があったが、最初から狙いはこれだった。細麺太麺から選ぶことが出来るようだが、どっちがオススメなんだろう?太麺細麺から〜と聞かれていたら太麺にしていたかもしれない。澄んだスープを想像していたが、茶濁してドロリとしていて、背脂まで見られる。スープの口当たりは重ためで、魚介の風味もドッシリ。見ためより味は強くないが、やや鈍重な印象を受ける。中細のストレート麺は、長さ35cmほど。歯切れ感があるのも始めの内だが、スープの持ち上げがいいので麺まで熱々。ひと口サイズのチャーシューが3つ。大きいので食べ応えがある。生のキャベツが千切りで使ってあるのが珍しい。スープに沈めて時間を置けば青臭さは抑えられるが、どういう計算でキャベツを使っているのだろう?刻みタマネギも生か・・・火が通っていて甘い方が好きだ。煮玉子は黄身がドロリと半熟。白身にはしっかり色が染みているが、味はスープの方が強い。悪いラーメンじゃないんだけど、900円というのが考えもの。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
家康らぁめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー、メンマ、モヤシ、タマネギ、味噌ダレ、海苔など
2015/05/12 食す。 ★★★★☆ 900円
スープと麺とは別に、主だった具と味噌ダレが小さな丼ぶりで提供される。好きなタイミングで具を合せて味を変化させる作りのようだが、この小さな丼ぶりも具も、ちゃんと温めてあるのが憎い。スープには大量のアオサ海苔が使われていて、風味も良いが甘味もある。この店のことだからスープ自体は豚骨なのだろうが、濃度は中庸で豚臭さはなく、わずかに酸味が感じられ、表層の油は熱々。太縮れ麺は、長さ20cmを少し超えている。平打ちにも見える形状をしているが、弾力に乏しく噛み応えはかため。具と味噌ダレを投入すると、味噌ダレの色がスープの色を替え、期待通りに味が変化していく。甘辛い味噌味で、海苔の風味や甘味は完全に後退してしまう。少量でもスープを塗り潰してしまうので、あまり早くから使わない方がいいと思う。チャーシューは大きく切られていて、肉の旨味や脂の甘味が活きていた。途中で味を変化させる作りは好きだけど、家康を持ってきた理由が不明だし、値段も立派。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩台湾らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 ミンチ、ニラ、ネギ、海苔、糸唐辛子など
2011/01/25 食す。 ★★★★☆ 780円
信じられないことだが、塩台湾を移転後にいただいていなかった。白い器の中は真っ赤・・・と言っても、辛そうなのは表層だけだが、スープの赤に、ニラの緑とネギの白とがよく映えている。スープをレンゲにとってみれば、下のスープは軽く白濁しているのが判る。辛さとしては大人向きだが、ニンニクの風味がお上品に効いて、おそらく軽い豚骨だろう口当たりの軽いスープには後を引くものがある。細ストレートの麺は長さ35cm程。しなやかさの中にもスープを受け止めるだけの力を持っている。ニラは中かな・・・切り方が細かいので食感を楽しむことは出来ないが、このスープ相手ならこの使い方で良いと思う。ミンチには相変わらず存在感があって、特に味は付いていないのだろうが、大粒なのと多いのとでミンチながらに食べ応えがある。穴あきレンゲが欲しいほどだ。スープを飲み干すと姿を現すのが、小さく刻まれたニンニクと胡椒などのスパイス。そして粗挽きのミンチ。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
海老セレブ
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー、メンマ、海老団子×1、干し海老、刻みタマネギ、水菜など
2010/05/25 食す。 ★★★★☆ 880円
澄んだスープの表面を脂が覆っていて、まるで水鏡のような表情を見せている。海老を使った香味油なのだろう・・・海老独特の甘味を帯びた香ばしさがあり、赤色と言うのかオレンジ色と言うのか?色には海老をイメージさせるものがある。下のスープだけを味わいたかったので、具を堤防のようにして内側のスープをとっていく。下のスープにはやさしい甘味と十分なコクがあることが判る。細ストレート麺を持ち上げると湯気が立つ。一緒に香味油を持ち上げてくれるので、麺までも海老の味と香り一色。店主が意図したものなのか?麺としてはやわらかめだが、スープとも合っている。チャーシューは食べやすい大きさに切られているが、1cm近い厚みがあるので食べ応え十分。肉の旨味もしっかりしている。海老団子には海老のすり身が使われているのだろうが、海老の身も使われている。ゴクリ・・・ゴクリと味わいながらスープを飲み干して、言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やしまぜまぜ担々麺09
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太ストレート
具 ミンチ、クルトン、キュウリ、ネギ、糸唐辛子、クラッシュアーモンドなど
2009/08/03 食す。 ★★★★☆880円
8月25日迄の限定で提供されているが昨年とは仕様が違うようだ。大きなお皿に盛り付けられ、フォークが添えてあることもあって見た目はイタリアン。幅広の麺はパスタを思わせるものがある。胡麻に期待していたのにピーナッツのストレートなコクが感じられ、意外に甘味が強いので一口目はガドガドに使うソースのイメージ。ドロリとした舌触りの中、チクチクと口の中に辣油の辛味が残り、酸味は判る程度。粉山椒が使われているものの、麺を混ぜる前でないと香りを楽しむことは難しい。大粒ミンチは温めてあり、温度差と食感が舌の上で面白いだけでなく、肉の旨味も十分。サイコロ状に着られたキュウリは歯応えコリコリ。クルトンは言うまでもないか・・・サクサクしている。一通り味わってから混ぜてみたが、フォークでは食べ辛いので箸をことにした。クラッシュしたアーモンドやネギ、クルトンが麺と一緒に持ち上がる。胡麻ダレを吸ったクルトンがしんなりしてくるが麺の歯応えに様々な食感が加わる。平打ちの極太麺のしっかりとした噛み応えが、胡麻ダレの力強さと様々な具材の食感を受け止めている。ただ、私としては甘味の強さを手放しで誉めることが出来ない。それでも言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
海老セレブ
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子×1、干し海老、刻みタマネギ、海苔など
2009/04/25 食す。 ★★★★☆850円
香味油も使うのだろう・・・海老の香ばしさがスープから立ち上っている。期待を胸にスープを口にしてみれば、海老の香りは勿論のことだが旨味も十分で、甘味を感じる程。塩ラーメンであることに疑いようがない程に味の輪郭もハッキリしている。刻みタマネギが海老の風味を損なうことなく、スープに食感を添えてくれているし、干し海老の食感もさることながら風味は十分。味にしても旨味にしても、風味にしても、それぞれが良く頑張っている。麺は細ストレート。長さ30cm余と程よい長さで、スープを受け止めるだけの歯応えがある。太く使われているメンマは、相変わらずで歯応えザックリ。煮玉子を割ってみれば黄身はシットリ。スープの持ち味を損なわない程度に味が付いている。圧巻はチャーシュー。厚いところで3cm近いは厚みがあって、適度な噛み応えの中にも、肉にかぶりつくという充実感がある。嗚呼、スープを残すことが出来ない。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
台湾みそ
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 ミンチ、ニラ、刻みタマネギ
2009/04/16 食す。 ★★★★☆780円
白味噌に比重を置いたブレンドのようだが、ラー油の影響を受けてスープがオレンジ色に見える。味噌としてはふくよか・・・豚の旨味に支えられてコクも十分。辛さは味わえる程度とは言うものの、ふと気が付けば唇はビリビリしているし、頭のてっぺんからも汗が流れ落ちている。大粒のミンチは、相変わらず食感を楽しむことが出来るし、肉そのものの旨味もしっかり。生で使われているニラは長さ6cm程。風味と食感が活きているのは生ならではだ。細ストレートの麺は長さ30cmほどで、すすりきるには丁度良い長さ。スープの持ち上げも良いし、スープを受け止めるだけの噛み応えもある。スープを飲み干すと、最後に胡椒の刺激が舌に残ったのと・・・器の底に細かく刻まれたニンニクが残っていた。食べている間は気にならなかったのに、食後は息が気になってしょうがない。それでも後悔はしない。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
PS冬物語
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太ストレート
具 ミンチ、煮玉子×1、刻みタマネギ、青菜、生クリーム、スパイスなど
2009/03/12 食す。 ★★★★☆900円
大粒のミンチがゴロゴロとしているスープの上に、青菜を台に生クリームがあしらわれていて、見た目からして斬新。まずはスープを口にしてみれば、気持ち良い程に味噌が主張しているところに、魚介の風味もよく効いている。豚骨の旨味で支えられたスープはコクも十分。味噌辛さとは別に辛味があって、気が付けば額に汗が流れる。大粒のミンチはこの店の看板具材。ミンチながらに食感を堪能することが出来る。その反面、刻みタマネギはミンチのおかげで存在感が薄い。平打ちの太麺はストレート。スープの力強さを受け止めるのに十分な噛み応えがある。麺が減ると生クリームがスープに滲むように溶け始める。スープ全体を変化させる程の量ではない。レンゲの中でスープに溶けば、味わいはマイルドに、香りはふくよかに。別皿のスパイスは、辛味こそ強くないが柑橘系のさわやかな風味がある。ただ、このスープ相手では風味が力不足か。スープを飲み干さずにはいられない。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
マゼギン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 チャーシュー、キャベツ、モヤシ、クラッシュ・ピーナッツなど
2008/12/30 食す。 ★★★★☆750円
店主自ら厨房から運んできくれた一杯には、スープらしきモノがない。油そば、和えそば、まぜそば・・・線引きが難しいところだが、名前通りならまぜそば。グルグルっとかき混ぜようとすると、ステンレスのお盆ごと回るので手を添えるのだが、力強い醤油も脂の甘味でカドが落ち、太い味ながらに豚の旨味も十分。ニンニクも必要以上に威張っていないので、ジャンクという程でもなく、脂もコテコテという程でもない。麺は極太の縮れで、見た目以上に噛み応えはしっかり。最初からタレが和えてあるようだが、タレと一緒に大粒の背脂を持ち上げてくれるし、クラッシュされたピーナッツも付いてくるので、食感や舌触りなどを楽しむことが出来る。1cm近い厚みがあるチャーシューからは、肉の甘味がヒシヒシと伝わってくるし、茹でキャベツのやさしい甘味は、タレの力強さとは好対照。麺をすべて平らげると、まだタレが余っていたが、ナッツやら大粒の背脂も見られたので残すことが出来なかった。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
つけ麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー、ミンチ、メンマ、煮玉子1/2、キザミノリ、ネギなど
2008/09/01 食す。 ★★★★☆750円
麺が変わったと聞いて食べ直してみることにした。つけ汁を口に含んでみれば、舌にザラつく程の魚粉。豚の甘味に醤油ダレのコク、魚介の風味とが一つとなって、力強さの中にも奥行きが感じられるが、括りとしては魚介系醤油豚骨。脂もそこそこ見られるものの、コッテリという程でもない。麺は極太のやや縮れ。噛み応えはしっかりしているが、つけ汁の持ち上げは今ひとつ。おかげで、麺の・・・小麦の味を楽しむことも出来るのだろうが、私はつけ汁を口に含み直す。あつもりで頼んだおかげで、つけ汁が急激に冷めることはないが、これだけ麺が強ければ十分だろう。つけ汁の中に具が潜んでいる。まずはチャーシュー。5cm角程の大きさだが、適度な噛み応えの中から肉そのものの旨味が伝わってくる。これとは別に大粒のミンチ。大きさのおかげで、ミンチながらに存在感がある。つけ汁、麺、具・・・どれも満足することが出来るが、欲を言えば、つけ汁と麺との一体感をより一層と言ったところ。試食の時より大きな満足感。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やしまぜまぜ担々麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 ミンチ、カシューナッツ、クルトン、キュウリ、ネギなど
2008/08/29 食す。 ★★★★★ 880円
ざっと27cmと大きな皿の中央14cm程がくぼんでいて、そこに麺も胡麻ダレも具も納まっている。まずは麺を持ち上げてみれば極太の縮れ。店主の話によれば麺は200g。噛み応えはしっかりで、冷やしだからと言ってキンキンに冷えている訳でもなくヒンヤリ。当たり前のように胡麻ダレをよく持ち上げてくれる。胡麻ダレを一口に言うなら濃厚。ザラドロとした口当たりだが、それだけを口にすればほんのり酸味と甘味を帯びていて口当たりに重たさはなく、辛味もさりげなく舌に残る程度。大粒のミンチは食感しっかり。香味野菜を思わせる香りが少しだけ感じられるが、味わい深いものがあるし、小さく使われているキュウリも、シャキシャキとした食感が何やら涼しげ。独特のサクサク感があるクルトンも、ラーメン店では珍しくなくなったが、食感が面白いことに変わりはない。一通り食感と味を楽しんでからグルグルとまぜまぜしてみたが、私はかき混ぜる前の味の方が好きだ。ついつい完食。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
豚骨醤油ら〜麺
ややこってり
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 細縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、煮玉子1/2、ネギなど
2008/08/02 食す。 ★★★★☆ 680円
白い器からスープを口にしてみれば、まろやかな甘味の中から豚の存在感。ゲンコツやモミジを使うというスープには、消えそうな程に小さくなった背油も見られるが、口当たりには僅かだがトロミがあって、豚の旨味が舌にまとわりつくようなイメージ。ほどよい口当たりの重たさがある。醤油はカドこそないが味は強め。豚の旨味の中に魚介らしき奥行きが見え隠れしている。麺は長さ40cm程の細縮れ。スープの持ち上げも良く、スープを受け止めるだけの歯応えがあるが、もう少し麺に力があっても悪くはないと思う。チャーシュー、メンマ、煮玉子にネギと具はお馴染みの顔ぶれ。チャーシューは、やわらかさの中に適度に噛み応えを残しており、メンマの歯応えはザクザク。煮玉子にはスープと一体感のある味が染みていて、黄身はシットリしている。唇が少しベタつく程のスープも、少し冷めた方が魚がより判りやすくなるようだ。ついつい完食。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
担々麺
こってり
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 ミンチ、煮玉子1/2、ネギなど
2008/07/04 食す。 ★★★★☆ 800円
動物系の旨味に支えられたスープに十分過ぎる程の胡麻のコク。脂も多いのだろうが胡麻にも濃度があるので、口当たりに程よい重たさがある。ミンチが熱いのか?ラー油が熱辛いのか?赤みを帯びたスープは熱々。口の中全体で感じるような辛さだが、スープの持ち味を損なうこともないし、攻撃的な辛さでもない・・・しかし、額が汗ばむのは事実だ。荒く挽かれたミンチは、食感に存在感があるだけでなく、スープに負けないだけの深い味が付いている。麺は45cm近い長さの細ストレート。私の受けた印象では、加水はやや低めながら、しなやかな舌触りがあって、それでいてスープを受け止めるのに十分な噛み応え・・・当たり前のようにスープをよく持ち上げてくれる。スープを飲み干すと、器の底から細かく刻まれたニンニクが姿を現した。スーツを着たサラリーマンが昼に食すものではなかったようだ。完食せずにはいられない。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩セレブ ver.3
ややあっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細麺・概ねストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、ネギ、揚げタマネギ?など
2008/06/12 食す。 ★★★★☆ 780円
これでVer3となる潮セレブだが、いつのまにやら『潮』から『塩』になっている。黄金色に美しく澄んだスープの表面に、意外に脂が多く見られる。スープを口にするまでもないが、魚介の風味はしっかり。どの旨味が甘味に化けるのか?まろやかな塩に甘味が加わって更にまろやか。魚介の旨味も十分で、シンプルながらにコクがある。脂が目に付くこともあり、魚介の旨味と共にスープが舌にじゃれてくるようなところもあるが、口当たりは軽め。薬味ネギの風味もスープの香りを殺すことはなく、揚げネギの風味と甘味もさりげない。麺は細ストレート。長さは50cm前後と長めで、すする楽しみも十分。スープを受け止めるだけの歯応えがある。チャーシューには1cm程の厚みがあって、適度に肉の弾力を楽しむことが出来る。太く使われているメンマは相変わらずで、ザクザク&コリコリとした歯応えには頼もしいものがある。スープ一口で幸せになれる・・・言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩・豚骨ら〜麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー×3、メンマ、ネギ、ノリなど
2008/03/09 食す。 ★★★★☆ 680円
移転直後、また豚骨をスープに使うようになったのは記憶に新しいが、さすがに移転前とは少し味を変えているようだ。ネギが使い分けられており、見た目の美しさの中に丁寧な仕事ぶりがうかがえる。旨味は紛れもなく豚で、口当たりにやさしいまろやかさがある。脂も少なくはないが、スープの濃度も比較的しっかり。塩にはカドこそないものの、一口で塩だと判るだけの強さはある。移転前は魚介が気持ちよく効いていたが、このスープにはそれが感じられない。麺は細ストレート。シコシコとした歯応えがスープをしっかり受け止めているし、スープの持ち上げも良い。チャーシューには肉の味がわかる程度に味が染みていて、やわらかさの中に適度に肉の弾力を残している。太く使われているメンマの歯応えは言うまでもなくコリコリ。隣のお客さんの耳が心配になる程だが、このメンマにも何やらやわらかな味がついているようだ。個人的には以前の味の方が好きだが、この一杯も十分に食べさせる力を持っている。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
潮・セレブ
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細麺・やや縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、ネギ、揚げタマネギ?など
2008/02/23 食す。 ★★★★★ 780円
魚介の風味に期待を寄せてカウンター席に陣取った。ほんのり甘い香りを楽しみつつ、スープを口に含んでみれば、塩はスープの甘味・旨味を引き立てる程度。旨味と表裏一体となった甘味に、魚介の風味が加わって優雅さがある。そこへ揚げネギ&タマネギ?の甘味と香りが加わって、1年前とは比べもののにならない程にバランス良くまとまっている。店主の話によれば、昆布などを増やしたらしい。麺は極細のやや縮れ。食べ始めこそ程よいシコシコ感と思っていたものの、食べ進むにつれて麺が力を失っていく。欲を言えば、もう少し麺に力が欲しい。具の中で一際大きな存在感を放っているのが1cm近い厚みのチャーシュー。味は控えめなこともあって、肉の味はちゃんとする。メンマは太く使われていることもあってザックリとした歯応え。ほんのりと甘味がある。ネギなども魚介の風味を殺すなんって野暮なことはしない。1年前とはスープの厚みが段違い。飲み干さずにはいられなかった。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
博多豚骨らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極細ストレート
具 チャーシュー×1、キクラゲ、ネギ、炒り胡麻など
2008/01/19 食す。 ★★★☆☆ 600円
豚骨でとったスープが復活したのは、移転オープンしてすぐのことだったらしい。色白スープを口にしてみれば、塩豚骨かと思える程にニンニクが効いていて、豚の甘味がよく判らないのが残念だが、スープには十分な厚みがある。脂が多少目に付く割にしつこさはなく、それなりの濃度もあるようで、舌にスープがまとわりついてくる。また、炒り胡麻の風味とパリパリっとした食感もさりげなくスープにアクセントを添えている。麺は低加水の極細ストレート。茹で加減は聞かれなかったが、歯切れの良さではなくて、噛み締めて味わうような麺で、言うまでもないがスープの持ち上げも良い。チャーシューは、5mm程の厚みも手伝って適度に噛み応えがあり、スープに負けないだけの味もついているが、肉そのものの旨味も伝わってくる。白湯豚骨には薬味のネギが欠かせない・・・と思えるのも、豚がよく出ているからだ。別の器で高菜が出てくるが、試すことなくスープを飲み干していた。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
名前はまだない
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太め・やや縮れ
具 チャーシュー、ミンチ、煮玉子1/2、ネギ、ノリなど
2008/01/19 食す。 ★★★☆☆
こんなボタンは券売機にはない。つけ汁が右で麺が左・・・一般的な配置だが食べにくいので、お盆ごと向きを変えて麺を右に持ってきた。ほどよく魚介の風味がったつけ汁に油はやや多め。動物系の旨味をベースに醤油もゴクゴク飲める程度の強さ。おかげで旨味が化けた甘味も判りやすい。そして辛味も抑えめで、酸味も判る程度だから、麺を味わうことが出来る作りだ。だが麺と合わせるとインパクト不足。程よいシコシコ感がある太めのやや縮れた麺を、茹で時間とオペレーションを考えて使っているそうだが、もう少し麺に主張が欲しいところ。ただ、つけ麺=太麺という決まりがある訳でもない。つけ汁につけずにいただいたチャーシューは意外に味がしっかりだが、肉の甘味も負けていない。四切の海苔は、厚みがあって風味もしっかり。つけ汁にはミンチやらネギがただよう。このミンチ・・・大きく挽かれているので食感を楽しむことが出来る。さらに作り込まれて券売機にボタンがお目見えする日を楽しみにしつつ・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
しおら〜麺+半熟煮玉子
ややあっさり・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×3、メンマ、白髪ネギ、ノリ、ユズの皮など
2007/11/18 食す。 ★★★★☆ 780円
微妙な濁りが見られるスープは移転前より脂は控えめでアッサリ。塩は意外にハッキリしているがトゲトゲしい程でもなく、魚介の風味にも力強いものがあってイメージとしてはスッキリ。味や香りだけでなく、スープ自体にも厚みが感じられる。麺は中細ストレート。割り箸ではないので、ツルリとした麺が時に素直に持ち上がらないが、モッチリとした食感ながら気持ちゆるめ・・・欲を言えば、もう少し麺に力が欲しい。やわらかチャーシューからは肉の味が素直に伝わってくる。メンマもやわらかめだが、太く使われているので歯応えはザックリ。そして、白髪ネギのねぎ辛さと柚子の皮のさわやかさが、スープの持ち味を殺すことなく良いアクセントになっている。煮玉子は黄身がシットリ&トロリ。白身にもやさしい味が染みている。別の器で出てきて、その中に玉子が漬かっていたタレが少し残っていたが、スープの味が変わる程でもなかった。私好みのアッサリ魚介系。スープを飲み干して、言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
 
 
 
 
移転前
 岡崎市井田町3-23
 18:00〜24:00
 定休日:火曜日・第3水曜日
 TEL:0564-25-8578
 
 
 
 
 

塩チャーシューメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細め・やや縮れ
具 チャーシュー×7、メンマ、ネギ、ノリ×3
2007/09/02 食す。 ★★★★★ 890円
塩をいただくのは3年ぶり。当時はかなり脂が多く、舌に重たかったものだが、この日のスープは舌に重たくはなかった。マイナーチェンジを繰り返していたようで、塩はややハッキリしているものの、ほどよい魚介の風味に動物系の厚みが加わり、絶妙なバランスでまとまっているし、名古屋人の魂に触れるようなところも少しだけ感じられる。麺は細めのやや縮れ。主張し過ぎない歯応えと言うか、ほどよいシコシコ感・・・スープとの相性も良い。7枚のチャーシューが麺を覆い隠している。意外に厚みがあって、やわらかさと適度な噛み応えが共存。脂の甘みも肉の味も活きている。この味をフルモデルチェンジするというのも勿体ない話だ。器の大きさ程にスープが多くないのと、口をつけてゴクゴクとスープを飲むには不向きな器だが、美味しくてレンゲでチマチマとスープを飲んでいられない。もちろん言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
醤油+味玉
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細め・概ねストレート
具 チャーシュー×3、メンマ、ネギ、煮玉子1/2、煮玉子×1
2007/09/01 食す。 ★★★★☆
醤油仕立てのこのラーメンが、この店の原点らしい。スープが脂を包み込んでいるようで、見た目よりもスープがドッシリとしており、動物系の旨味にも力強さが感じられる。その旨味が甘味に化けるのだろうが、醤油がやや強めながらもカドはなく、醤油辛いのでなくて、スープそのものに太さが感じられ・・・少し前に和歌山で食べたラーメンのイメージとダブるところがある。ゆるやなかウエーブを描く麺は細めの概ねストレート。スープの持ち上げもよく、スープを受け止めるだけの歯応えもある。メンマはかためで、太く使われていることもあって、歯応え十分だが、隣のお客さんの耳を気にしてなんかいられない。煮玉子を頼んでみると別皿で丸1個が出てきた。黄身の中央の部分だけがトロリとしているが周りはシットリ。白身にも程よく味がついているので、煮玉子を口にしても舌が味を見失うことはない。ついついスープを飲み干してしまったが、やはり私は塩の方が好きだ。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
担々麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細め・やや縮れ
具 ミンチ、煮玉子、ネギなど
2007/08/26 食す。 ★★★★☆ 730円
ミンチからにじみ出た脂がスープを赤く染めつつある。まだ赤い脂に侵されていないネギの辺りのスープを口にしてみれば、胡麻はまろやかなで、スープの厚みも感じられる。赤い脂とスープを一緒に口にすると、スープの温度がまるで違うように感じるから不思議だ。辛さはスープの持ち味が判る程度だが、気が付いてみれば唇がジンジンと疼いている。そして、悔しいけれど脂が旨い。ミンチは一粒一粒が大きいこともあって、食感がとても面白く、後を引くモノがある。麺は細めのやや縮れ。ほどよいシコシコ感があってスープとのバランスもよく、脂が多めのスープをよく持ち上げてくれる。キザミネギも意外に面白くて、風味はでしゃばらずに食感を楽しむことができる。口が25cm近くある大きな器だが、器の形状もあってかスープは少なめ。気が付けば器の底に描かれた『銀』の文字を拝んでいた。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
潮セレブ
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 ワンタン×5、タマネギなど
2007/02/17 食す。 ★★☆☆☆ 780円
レンゲに流れ込むスープの様子を見るまでもなく、脂は多め。そのままレンゲを口へと運べば、魚介の風味と競い合うかのように鶏の旨味が口の中に広がる。判る程度の塩が、鶏の甘みを引き立てていて、脂が多めの割に全体的なイメージとしてはアッサリ。そのスープにタマネギがシャリシャリと食感を添えているが、僅かに残っている辛味とシャリシャリ感が、このスープの中では、少しばかりうるさく感じられる。具はワンタンが五つ。ツルリとした舌触りと喉ごしは期待以上のもの。タネの食感にも独特の面白みがあるが、このワンタンの他に具らしい具も見当たらないのに、780円もしたのでは、正直おもしろくない。麺は極細ストレートで、長さは40cmほど。シコシコとした食感も最初の内だけ。食べ終わるのを待たずに麺が力を失っていく。鶏の旨味に魚介の風味、そして脂の厚み・・・嫌いな味じゃないけれど、なぜか心が満たされない。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩台湾
ややこってり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細縮れ
具 ミンチ、ニラ、ノリなど
2006/07/06 食す。 ★★★★☆ 730円
台湾味噌の食券を差し出しながら『塩台湾』とオーダーする・・・裏メニューでもなんでもない。店内の貼紙にそう書いてある。豚骨ベースの白濁したスープを脂が赤く染めていく。スープを口にすれば、脂の甘みと香辛料の辛味に少し遅れて魚介の風味が口の中に広がる。辛さに注文は付けなかったが、辛さの刺激が舌先に多少残り、額が少し汗ばむ程度。攻撃的な辛さではない。魚介の風味も存在感を示しながら、でしゃばることはなく、脂も量こそ多いが必要以上に重たくはない。粗挽きミンチは、一粒一粒が大きく、食感を楽しむことが出来るし、意外に量があるのも嬉しい。麺は細縮れ。縮れ麺なりの舌触りと喉ごしがあるが、もう少し食感に力強さが欲しいところ。それでも、スープと合っているから不思議だ。魚介の風味ただよう白湯スープがベースの新しい台湾ラーメン。スープを飲み干さずにはいられなかった。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
味噌台湾
ややこってり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細縮れ
具 ミンチ、ニラなど
2006/07/01 食す。 ★★★★☆ 730円
径24.5cm程と口の大きな器も内容量は普通の器より少ないかもしれない。スープを口に含んでみれば、脂が多いこともありスープが舌にまとわりついてくる。ほどよく味噌が立ったところに唐辛子の辛さ。それらを脂の甘みが包み込んでいる。十分に味噌を味わえる程度の控えめな辛さだが、気が付けば額が汗ばんでいる。脂のおかげでスープの口当たりにはマッタリと程よい重量感がある。麺は細めの縮れ。この麺が意外によくスープの力強さを受け止めている。厨房の中には岩瀬製麺の麺箱を見ることが出来る。ミンチは大きめに挽かれた豚肉・・・だと思う。見た目以上のボリュームがあり食感を楽しむことが出来るし、ニンニクも辛さを感じる程ではなく、時折ニンニクの存在を感じさせる程度。台湾ラーメンの源流から外れた新しいタイプの台湾ラーメン。脂が少し喉に残るのが難だが、完食せずにはいられなかった。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
つけ麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太麺やや縮れ
具 帆立貝柱×2、煮玉子×1、糸トウガラシ、ミンチ、ネギなど
2005/10/17 食す。 ★★☆☆☆ 850円
つけ汁の器は径13.5cm程と一般的だが、麺の器は、ざっと30cm程と大きい。麺は平打ちと細麺から平打ちをチョイス。麺を流水で締めてから、再度熱湯に通してから器に盛りつけるようだ。40cm近い長さも手伝って麺がダマになり、無理に持ち上げようとすると麺が切れてしまう程だが、一度つけ汁につければ、平打ちの太麺なりの舌触りと食感、喉ごしを楽しむことができる。つけダレは私にとっては濃厚ではない。動物系の旨味に程よい辛さが加わり、時折ユズの風味が顔を覗かせるが、魚介の風味は感じられない。つけダレには、粗挽きのミンチに混じって、形のしっかりした背脂らしきものも見られ、ネギがさりげなく食感と風味を添えている。ホタテはバター焼きにしたもの。バターの風味一色に塗り潰され、素材の風味は前に出てこない。煮玉子はやさしい味が染みており、黄身もトロリ&しっとり。つけ汁にしろ麺にしろ期待した程でもなかったが、それなりに食べさせてはくれる。
▼MENUへ / TOPへ▲
ラーメン
・・・
鶏ガラ・豚骨・魚介・野菜・・・
↑画像を
クリック
麺 やや細め・概ねストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、ネギ、味玉子1/2など
2004/04/17 食す。 ★★★★☆ 630円
一目見てスープに浮く脂の量に驚く。まるでスープが二層三層になっているように見える。コッテリか・・・と思いきやコッテリではない。豚骨臭さはなく、ほのかな魚介の風味が漂う。醤油も強くはなくマイルドな味わいだ。麺はやや細目。ゆるやかなウェーブを見せているが概ねストレート。スープがよく絡み食感も良い。中央に味玉子、その周りにチャーシューとメンマ、ネギが盛り付けられている。白身がほのかに色付く味玉子は白身やわらか黄身トロトロ。太く切られたメンマの歯応えも良い。この店のチャーシューは麦豚と呼ばれる豚を使うらしい。麦類・イモ類だけで飼育された豚をらしいが、脂身を程々に含み肉の旨味が活きている。やわらかく、それでいて一噛み一噛み味わい深い。このラーメン、一応は豚骨醤油に分類されるのだろう。脂が多い割にコッテリ感がない味わい豚骨と言っておこうか。行列が出来るのもうなずける。塩の方がより美味しいと思うが・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩ラーメン
・・・
鶏ガラ・豚骨・魚介・野菜・・・
↑画像を
クリック
麺 やや細め・概ねストレート
具 チャーシュー×2、ノリ×3、メンマ、ネギ、ゴマなど
2004/03/04 食す。 ★★★★☆ 630円
パッと見た目はスープに浮く脂も多い為にコッテリな印象を受けるが、一口スープを口に含むと魚介の風味に感嘆の声が漏れる。確かに脂は多いが、くどくはなく、ややトロミのあるマイルドな舌触りのスープからは鶏豚魚介系らしい名古屋人に愛される風味が伝わってくる。麺はやや細目の概ねストレート。私には少々軟らかめだがスープがよく絡み、麺をすする度にスープの風味が口の中に広がる。メンマには控えめながらも味が付いている。太く切られており歯応えも食感も申し分ない。チャーシューはバラ肉だろうか。スープに負けない程度の塩味だ。万能ネギの小口切りが私好みだ。歯に障らず、良い薬味になっている。三枚添えられたノリもスープに充分に浸して口にすると良い箸休めになる。一言で言ってしまえばマイルド塩豚骨・・・想像していたよりもコッテリ感はない。魚介の風味が好きな方にオススメしたい。昼につづき夜もスープまで完食。美味しかった。ごちそうさまでした!
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー
調査日:2016年7月 日
豚骨醤油 710円 全部のせ 300円
あごそば 900円 チャーシュー 280円
塩セレブなラーメン 780円 メンマ 100円
塩とんこつラーメン 710円 あじ玉 100円
担々麺 880円 ヤサイ 100円
台湾味噌 800円
塩台湾 800円 ごはん 100円
家康らぁめん 880円 ごはん大 200円
家康らぁめん百雷 1830円 玉子かけごはん 250円
家康担々麺 900円 オリジナルカップ 500円
台湾まぜぎん 850円 バジルからあげ持ち帰り
台湾まぜぎん大 950円
汁なし 850円 ジュース 150円
汁なし大盛 950円 ビール 480円
ニラそば 830円 Tシャツ 2500円
ニラそば大盛 930円
替え玉 130円 チャーシューカレーライス 250円
冷製塩セレブ 730円 Aセット バジから 300円
冷し家康 730円 Bセット 台湾飯 250円
  茄子トッピング 180円   Cセット メンマ飯 150円
バジル風味からあげ 480円
ゴロニク 300円

メニュー
調査日:2015年2月13日
豚骨醤油ラーメン 710円 全部盛 300円
あごそば 900円 あじ玉 100円
塩セレブなラーメン 780円 チャーシュー×3 280円
塩とんこつラーメン 710円 メンマ増し 180円
担々麺 880円 替玉 130円
台湾味噌 800円 バジから 750円
塩台湾 800円 ごはん 100円
家康らぁめん 900円 ごはん大 200円
博多とんこつラーメン 620円 スープ茶漬け用ごはん 180円
台湾まぜぎん 850円 玉子かけごはん 250円
台湾まぜぎん大 950円 ニラそば 800円
八丁味噌100%まぜそば 850円 ジュース 150円
八丁味噌100%まぜそば大盛 950円 ビール 480円


メニュー
調査日:2010年5月25日
豚骨醤油 680円 きざみ飯 330円
塩*豚骨 680円 台湾飯 330円
塩セレブ 780円 名古屋コーチンたまごかけご飯 250円
塩台湾 780円 ご飯 150円
台湾みそ 780円 スープde茶漬け 180円
つけ麺 780円
つけ麺大盛 960円 あじ玉 100円
担々麺 800円 メンマ 200円
博多豚骨 600円 チャーシュー 250円
台湾まぜぎん 880円 全部のせ! 350円
海老セレブ 880円 替え玉 120円
ランチ
きざみ飯 250円
台湾飯 250円 ビール 450円
名古屋コーチンたまごかけご飯 200円 ジュース 150円

メニュー
調査日:2008年6月9日
豚骨醤油らーめん 680円 替え玉 120円
塩・豚骨らーめん 680円 大盛り券(つけ麺200g) 180円
塩*台湾らーめん 780円 あじ玉 100円
台湾味噌らーめん 780円 メンマ 200円
潮セレブ 780円 チャーシュー 250円
博多豚骨らーめん 600円 全部盛り 350円
坦々麺 800円 HC 150円
つけ麺 750円 麺100g増し 100円
マゼギン 780円 野菜増し 100円
肉増し 250円
ランチサービス きざみ飯 330円
きざみ飯 250円 台湾飯 330円
台湾飯 250円 タコライス 330円
タコライス 250円 ごはん 150円
スープDE茶漬け 180円
ビール 450円
ドリンク 780円

メニュー
調査日:2007年11月18日
ら〜麺 680円 美人de台湾 780円
しおら〜麺 680円 担々麺 800円
塩美人ら〜麺 730円 ※移転直後のメニューの抜粋

メニュー
調査日(移転前):2007年8月9日
ラーメン 650円 つけ麺 850円
ラーメン大盛り 750円 潮・セレブ 780円
チャーシューメン 890円 味玉 しょうゆ味の方 50円
チャーシューメン大盛り 1000円 味玉 100円
塩ラーメン 650円 メンマ 150円
塩ラーメン大盛り 750円 かえ玉 100円
塩チャーシューメン 890円 ご飯
塩チャーシューメン大盛り 1000円  小盛 100円
台湾みそラーメン 730円  並盛 150円
台湾みそラーメン大盛り 840円  大盛 200円
担々麺 730円 ジュース 200円
担々麺大盛り 840円 ビール 500円


HOMETOP