龍 神(りゅうじん)
メニューへデータ転送FileNo314
おすすめ度 評価について
サービス度
オフィシャル・サイトを開く

スープについて醤油塩味噌担々麺台湾冷麺他

閉店(2008年8月)
刈谷市半城土中町3-25-9 地図を見る
営業時間 11:00〜23:00(L.O.22:45)
定 休 日 無休
アクセス
駐 車 場 あり(20台)
カウンター あり
テーブル 多い
座 敷 -席
電話番号 0566-28-3770 電話をかける時には
※営業日・営業時間等の情報は 2007.01.05現在のもの
禁 煙 × 水・お茶 ファミリー
券売機 × おしぼり カップル
無化調 × 新聞雑誌 - 車椅子 ×
自家製麺 × マンガ本 - 詳細データについて
BGM - ランチセット -
康和食産鰍ェ手がける珍珍珍ラーメンのフリーネーム方式によるFC店。



龍神塩ラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー、メンマ、キクラゲ、ネギなど
2008/05/31 食す。 ★★★☆☆ 730円 評価について
豚骨ベースと鶏ガラベース・・・この店のスープはこの二本立てだったが、店名を冠して豚骨+鶏ガラのスープが登場したのは、この3月のことだったらしい。軽く白濁したスープを口にしてみれば、一口目には塩が強めに感じられたものの、気が付けば慣れてしまっている。豚でもなく鶏でもなく独特な香りがあって、想像していたよりも厚みがある。脂もそこそこに見られるものの、口当たりは見たままに軽め。豚だ鶏だと主張し合うのではなくて、渾然一体となった旨味がスープを支えている。麺は中太とまではいかないが、やや縮れ。ほどほどにシコシコ。チャーシューには5mmを超える厚みがあり、やわらかさの中にも適度に肉の弾力を残しているし、味もよく染みている。細く使われているキクラゲの歯応えは、ザックリというよりはジョリジョリ。メンマの歯応えはザクザクだが、出来れば掘り下げたくはない。無難にまとまった一杯ということで・・・
▼MENUへ / TOPへ▲
豚極カレーラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー、じゃがいも、ニンジン、豚肉、ネギなど
2007/02/13 食す。 ★★★★☆ 780円 評価について
カレーらしさが色にはは全く見られないし、カレーの香りも強くはないのに、スープを口にすると・・・たしかにカレーだ。トロミは控えめながら、ポタージュスープを思わせるようななめらかな舌触り。まろやかな味わいの中からカレーらしさが伝わってきて、ラーメンらしからぬスパイスが、さりげなくスープを引き締めている。じゃがいもやニンジンが小さく使われているが、ニンジンのやわらかさが印象的。舌で押し潰せる程だ。チャーシューは、箸で持ち上げようとすると割ける程にやわらか。味はよく染みているが、専用のチャーシューでないからか?スープとの一体感がない。このチャーシューとは別に、スープには細かな肉片が見られる。ネギの小口切りは必要だったのだろうか?それに、彩りも兼ねてグリーンが欲しいところだ。麺は中細のストレート。シコシコとした歯応えがあって、スープの持ち上げも申し分ない。やさしいカレーラーメンだけど、見た目とのギャップが面白い。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やしラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 鶏チャーシュー、メンマ、キクラゲ、煮玉子、ネギ、鶏油、トマトなど
2006/08/24 食す。 ★★★☆☆ 750円 評価について
微妙に透明感のないスープは、江戸焚き醤油のスープをベースにしたものらしいが、スープのイメージがだいぶ違う。ほんのりと甘みと酸味があり、特に風味はないが、さりげなく香辛料の刺激が舌の上に残る。鶏チャーシューの傍らに添えられた脂?が面白い。店主の話によると鶏油を冷やして固めたものらしいが、フニュっとした食感があり、舌の上でスーっと溶けていく。麺は緑色をした細ストレート。おそらく太陽食品のクロレラ麺なのだろうが、赤と緑は補色の関係にあるからか?麺の緑色にトマトの赤色がよく映える。しっかり締められた麺はコシも増して、食感はしっかり。冷たさも手伝って喉ごしが気持ちいい。チャーシューは鶏。味らしい味もついていないので、素材の味を前面に、とてもあっさり。自家製の煮玉子は丸っと一個盛り付けられているが、黄身はネットリと絶妙。控えめながら白身にも味が染みている。暑さで食欲不振の時でも、アッサリさっぱりと食べさせてくれる。
▼MENUへ / TOPへ▲
四川担々麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー、メンマ、キクラゲ、ネギなど
2005/07/04 食す。 ★★★☆☆ 680円 評価について
スープをレンゲにとってみると胡麻ペーストの下はサラっとしている。そのままレンゲを口へと運べば、控えめな酸味に続いて辛さ・・・そして胡麻のコク。辛さと胡麻の二本立ての担々麺が多いなか、酸味が加わって三層的でサッパリ感がある。辛さも、舌や唇に僅かに刺激が残る程だが、酸味も手伝って一度は噎せそうなった程。胡麻の香りは程ほどに、胡麻の味わいは辛さに負けてはいない。胡麻ペーストの下はこの味わいだと江戸炊きのスープだろうか。麺は中細ストレート。辛いラーメンだと食感はこんなものかな・・・と言ったところ。スープに沈みかけたトッピングは、チャーシュー、メンマ、キクラゲなど、この店の他のラーメンと大きな違いはない。やわらかチャーシューはスープの強さに呑まれそうでいて、かろうじて味わいを残している。メンマは気のせいか?先日食した時より食感に存在感を感じた。ドロドロしたような濃厚さはないが、酸味を効かせて無難にまとめあげた担々麺だ。
▼MENUへ / TOPへ▲
とんこく醤油ラーメン
麺 細め・ストレート ↑画像を
クリック
具 チャーシュー×2、メンマ、キクラゲ、ネギ
2005/07/03 食す。 ★★★☆☆ 580円 評価について
一言で言ってしまうなら豚骨醤油だが、かなりおとなしい・・・マイルド豚骨醤油?だ。細かな背脂が僅かに漂うスープには豚臭さはなく、脂が多くないこともありパンチはかなり抑え気味。醤油も強くはないが豚の甘みを感じさせない位に醤油の存在感があるが、コクを感じさせる程ではない。麺は中細のストレート。スープとのバランスとしては、可もなく不可もなくと言ったところ。メンマはやや甘めの味付け。食感には若干のバラツキがあるが、総じてやわらかめ。チャーシューは相変わらずやわらかだが、タレがよく染みており、このスープが相手では、少しばかり味が濃く感じられる。他にキクラゲ、ネギなどがのるが、レポートは割愛。これはごく普通のラーメンだ。この店の大半のラーメンを食してきたが、江戸焚きの方が私との相性が良いようだ。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷しタンタン麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細め・ストレート
具 鶏チャーシュー、キクラゲ、メンマ、ザーサイ、茹で玉子1/2、ネギ、トマトなど
2005/06/17 食す。 ★★★☆☆ 800円 評価について
23cm前後の平皿はキンキンに冷えている。麺が見えない程に盛り付けられた具の上からスリ胡麻主体の辛胡麻のペーストが回しかけられている。胡麻ダレ感はなく舌触りが多少ざらついているが、胡麻の味わいと風味は辛さに押され気味。その辛さも汗ばむ程ではないが、舌先や口の中に刺激が残る程の辛さがある。スタイルとしては和えそば・・・担々麺の原点に近いモノだが、多少は掻き混ぜないと麺に味が十分に馴染まない。キクラゲは十分な食感だが、ザーサイはそれを上回るコリコリ感。それとは対照的にメンマの食感には今ひとつ。鶏チャーシューは意外にボリュームがあり、あっさりした味わいにピリ辛胡麻ペーストがよく合う。玉子は黄身が辛うじてバサつかない程度。白身には、ほんのりと甘い味が染みている。これらの具の下から現れるのが緑色をした細麺。太陽食品のクロレラ入りの麺でコシはしっかり。冷たさと辛さ・・・十分に食べさせる力をもった一杯だが、やはり冷製にしてしまうと風味が弱くなってしまうようだ。
▼MENUへ / TOPへ▲
豚極台湾らーめん
・・・
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 概ねストレート?やや縮れ?
具 肉味噌、ニラ、ネギ
2005/01/14 食す。 ★★★☆☆ 630円 評価について
真っ赤なスープを目にすれば辛さへの警戒感が高まるが、スープを口にしてみれば、心配した程の辛さではなく、味わえる程度。まだ赤みを帯びていない部分のスープを口にすれば、控えめながら豚の存在感が感じられ、辛さを馴染ませたスープを口にすれば、豚が、スープになめらかさを加え、味を深めていることが判る。肉味噌は味わいのある控えめな辛さ。ニンニクの小片が見られるが、口臭が気になる程でもない。麺は、やや縮れか概ねストレートか迷うところ。スープの辛さに触発されて敏感になった舌には麺までも熱々に感じる。そして、丸々一本の炒った唐辛子。前回の事もあるので少しだけ囓ってみたが、僅かな時間差をおいて痛さを伴った辛さが舌先を襲う。この唐辛子を口にするしないで二段階の辛さを楽しむことができるが、ニンニクの風味を主体に捉えれば、ライト台湾と言った位置づけか。鶏ガラの台湾より味わい深く、マイルド感が感じられたが、甲乙つけ難い。この日もスープまで完食・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
江戸炊き台湾らーめん
・・・
鶏ガラ・・・
↑画像を
クリック
麺 概ねストレート
具 肉味噌、ニラ、ネギ
2005/01/07 食す。 ★★★☆☆ 630円 評価について
径15cm程、高さ7.5cm程の高台丼は小振りだが、店の方の話によると、通常の器と同じ内容量があるらしい。澄んだスープに肉味噌から染み出た辛さが、赤い水玉模様を描いている。台湾としてはスッキリとした味わい。まだ赤く染まっていない部分のスープを口にすれば、鶏を味わうこともできる。攻撃的な辛さはなく額が汗ばむ程度だが、丸っと一本添えられている炒った唐辛子には、刺すような辛さがあり、額から流れる汗も半端ではない。肉味噌を口にすれば、程よい辛さの中に控えめなニンニクの風味。よく見てみれば肉味噌の中に細かく刻んだニンニクが見られる。ニンニクの風味を抑えたのも店の狙いのようだ。概ねストレートの麺をすする度に肉味噌がスープに馴染んでいく。レンゲでとれる内に肉味噌を食したい。悪戯にニンニクを効かせた台湾ラーメンが多い中で、ニンニクを抑えたのが特色。スッキリした台湾は私の好むところ。スープまで完食・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
豚極味噌らーめん
・・・
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 やや縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、キクラゲ、ネギ
2004/06/16 食す。 ★★★☆☆ 600円 評価について
僅かにトロミがあるスープを口に含めば、充分すぎる程の味噌の存在感。スープに漂う脂は多めで、かなり濃厚な味わいだが、味噌辛いわけではない。江戸焚きに比べ濃厚な印象を受けるのは、やはりダシの影響だろうか。この濃厚さ・・・私は嫌いではない。麺は縮れ。スープが熱々な為、麺も熱々。最後まですする事が出来ず、何度か噛み切った程だ。平たく切られたメンマは適度な歯応え、チャーシューは脂身トロトロ、全体としてやわらか。噛む毎に芳ばしい風味が口の中に広がる。この力強いスープの中にあっても、味わいとして負けはしない。大きめに切られたキクラゲの食感・舌触りも相変わらずだ。木製の杓子が扱いづらいこともあり最後は器を両手で口に運んだ。スープを飲み干した器の底には大豆の小片が残っていた。味噌だけは、こってりが好きな私としては、江戸焚き味噌より豚極味噌の方が美味しいと感じた。しかし、他は江戸焚きだろうか?・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
江戸炊き味噌らーめん
・・・
鶏ガラ・・・・
↑画像を
クリック
麺 中太概ねストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、キクラゲ、ネギ
2004/05/10 食す。 ★★★☆☆ 600円 評価について
スープの色を見た限りでは、味噌の主張は抑え気味かとも思えたが、そんなことはない。少々扱いづらい木製の杓子で一口スープを口に含めば、ほのかに味噌の風味が口の中に広がる。あちこちに穀類の小片を見ることができ、濃すぎず、それでいて味噌のコクを感じる。辛さで味を引き締めている訳でもなく、味噌を前面に出している感がある。メンマはやや軟らかめながら適度な歯応えを残している。キクラゲも大きく切られており、舌触りと歯応えを楽しむことができる。チャーシューは、このスープの中にあっても主張が感じられる。芳ばしい風味のやわらかチャーシューだ。麺は中太の概ねストレートだろうか。私には少しだけゆるく感じられた。スープが熱々な為か?食べ終わる頃には額に汗していた。全体的にとても良くまとまった印象を受ける。さすが珍珍珍のフリーネーム加盟店と言ったところか。スープまで完食。器の底には穀類?の小片が残るのみ・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
豚極しおらーめん
やや・・・
豚骨・・・・
↑画像を
クリック
麺 細目概ねストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、キクラゲ、ネギ
2004/04/13 食す。 ★★☆☆☆ 評価について
白く濁ったスープには多くの脂が浮いており、豚骨から出たコラーゲンだろうか?器の縁の方ではところどころに膜が形成されつつある。扱いづらい木製杓子でスープを口に含んでみれば軟らかい塩味・・・かなり豚の風味が前に出ている感がある。豚骨の臭みはないが豚骨の旨味を感じることができる。もっと豚骨度を上げれば、このまま豚骨ラーメンになるかもしれない。麺も含めてトッピングも江戸焚と大差はないようだ。脂身トロトロのチャーシューも芳ばしい風味と軟らかさが嬉しい。メンマもやや軟らかめながら適度な歯応えが残っている。キクラゲも大きく切ってあり食感・舌触りともに心地よい。胡麻は炒ってあるようだ。風味も食感も良い。一言で言ってしまえば無難な塩豚骨。ライト豚骨が多い塩豚骨の中では、かなり豚骨が前に出ている感はある。その辺りが『豚極』と言われる所以なのだろうが、『江戸焚にすれば良かった』と言うのが正直なところだ。ランチに付いてくるライスは、私にはどう見ても大盛りに見えてならなかった。結局、ライスもラーメンも少しずつ残して席を立った。
▼MENUへ / TOPへ▲
江戸焚きしょうゆらーめん
ややあっさり・・・
鶏ガラ・・・・
↑画像を
クリック
麺 細目概ねストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、キクラゲ、ネギ
2004/03/18 食す。 ★★★☆☆ 580円 評価について
木製の杓子でスープを口に含めば熱々。醤油辛くなく、ほのかにダシの風味も香る。スープには多くの脂が浮いているが強いて言えば『ややあっさり』。麺は中太のややちぢれ麺。食感に特に不満はない。トッピングの主役は何と言ってもチャーシューだろう。脂身の部分はトロトロの舌触り。タレの味も程よい軟らかチャーシューだ。追加しても後悔することはないだろう。メンマはやや軟らかめで、このスープの中では特に味の主張を感じないが意外にほどよい歯応え。キクラゲが醤油ラーメンに入っているのも珍しい。ザクザクと大きく切られているのが特徴的だが、舌触りと歯応えを両立させている。もしかしたら細く切ってあるより良いかもしれない。会社の健康診断を翌月に控えスープを出来る限り飲まないでおこうと思いつつ、大半のスープを飲んでしまった。江戸焚き塩に及ばないもののスープの味の主張が強くなった分、トッピング類との味のバランスが良くなった感がる。無難以上の出来の一杯。また次の一杯へタスキが渡された。
▼MENUへ / TOPへ▲
江戸焚きしおらーめん煮玉子
ややあっさり・・・
鶏ガラ・・・・
↑画像を
クリック
麺 細目ストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、キクラゲ、煮玉子1/2×2、ネギ、ゴマなど
2004/03/12 食す。 ★★★☆☆ 680円 評価について
木製の杓子で一口スープを口に運ぶ。スープには多くの脂とゴマが浮いているが、鶏の旨味も程ほどに存在感を主張。塩は、私には少しばかりハッキリしすぎか。塩辛い程ではないがやや濃いめだ。木製の杓子はちょっと扱いつらいがスープをすくって近くで見てみると、遠目には透明感があるように見えたスープも、細かい浮遊物が浮いているのが見える。仕事のしてあるスープのようだ。麺は縮れ麺。食感に不満なし。メンマはやや軟らか目だが適度な歯応えがある。割とハッキリとした味がついている。チャーシューはバラ肉だろうか?脂身がトロトロで醤油タレもしっかり染みており味は濃い目。なかなか味わいのあるチャーシューだ。煮玉子もチャーシュータレに漬けたのだろうか?白身の味付きが濃い目だ。黄身はトロトロではなく『軟らか』仕上げ。キクラゲが切らずに盛りつけられており、舌触りとコリコリとした食感を楽しむことができる。スープと主立ったトッピング類が総じて濃い目の味付け。あっさり塩が好きな私としては手放しで誉める事はできないが、無難以上の出来。
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー
調査日:2008年05月31日 メニューについて
オリジナル龍神スープ 冷やし坦々麺 900円
龍神醤油ラーメン 730円 冷やし中華 900円
龍神塩ラーメン 730円 四川坦々つけ麺 800円
龍神味噌ラーメン 780円 800円 850円
龍神八丁味噌ラーメン 830円
龍神台湾ラーメン 780円 お子様プレート 500円
ちびっ子ラーメン(半ラーメン) 450円
豚骨ベースの豚極スープ ちびっ子ラーメンセット 580円
豚極醤油ラーメン 680円
豚極塩ラーメン 680円 チャーシュー 250円
豚極味噌ラーメン 730円 半熟味付煮玉子 100円
豚極八丁味噌ラーメン 780円 ネギ 50円
豚極カレーラーメン 830円 コーン 50円
豚極台湾ラーメン 730円 メンマ 50円
モヤシ
鶏ガラベースの江戸焚きスープ 生玉子 50円
江戸焚き醤油ラーメン  630円 ゆでキャベツ 50円
江戸焚き塩ラーメン 630円 バター 50円
江戸焚き味噌ラーメン 680円
江戸焚き八丁味噌ラーメン 730円 麺半分 30円引
四川坦々麺 730円 麺大盛 100円
江戸焚き台湾ラーメン 630円 麺特盛 200円


HOMETOP