いやし屋(いやしや)
メニューへFileNo319
おすすめ度
サービス度
★について
http://raou.jp/shop/319.htm
バーコード読み取り機能付携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報をメールに転送する場合はこちら→をクリック
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→

つけ麺醤油味噌辛いラーメン塩カレー他

閉店(2011年3月19日)
豊田市泉町2-6-3
営業時間
(日曜日)
11:30〜14:00,18:00〜21:00
11:30〜16:00
定 休 日 木曜日
アクセス  
客  席 カウンター:あり,小あがり:あり
駐 車 場 あり(16台)
電話番号 0565-80-6882
備  考 オープン:2003年12月21日 
※営業日・営業時間等の情報は 2009.02.01現在のもの
禁 煙 水・お茶 ファミリー
券売機 × おしぼり カップル
無化調 × 新聞雑誌 車椅子
自家製麺 マンガ本 -
BGM ランチセット -
茨城県内の大勝軒での修行を経て2003年にオープン。千種区や岐阜の大勝軒のように『大勝軒』を名乗らないのは、何故だろうか?豊田市の東部に駐車場を完備した店舗。店内はカウンター席とテーブル席、座敷席。家族連れも問題はなさそう。



ヒーハー
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー、メンマ、カマボコ、ゆで玉子1/2、カイワレ、ネギ、揚げ麺、シリアル等
2010/08/21 食す。 ★★★★☆ 800円
いかにも辛そうなネーミングの冷やし辛味噌つけ麺。八丁味噌、オタフクソース、ラー油などを使うらしい。つけ汁の器、麺の器の双方に何やら添えてあるが、ここ最近この店は、つまみや菓子を使うことが多い。つけ汁の方はベビースターかチキンラーメンで、麺の方はシリアルかな。つけ汁を口にしてみれば、味噌ミソしていないものの味はしっかりしていて、酸味は判る程度。ラー油の辛味が口に残り、ヒリヒリするものの、ヒーハーという程でもなく、少し汗ばむ程度。味が強いので旨味がよく判らないが、味を支えるだけのコクはある。揚げ麺を砕いたものと、小さな丸いアラレには期待通りの食感がある。つけ汁には他に、玉子、メンマ、カイワレ、カマボコ、トマトネギなどが使われている。シリアルには自然な甘味とコクがあり、つけ汁との相性も申し分ない。麺は相変わらずで、プリプリの舌触りに強い噛み応えがある。「ヒー」、「ハー」と発する程の辛さではないけれど、最後まで食べさせる力があるということで、ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
まかないつけ麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー、メンマ、カマボコ、ゆで玉子1/2、カイワレ、ネギ、キザミノリ、柿ピー
2010/02/17 食す。 ★★★★☆ 800円
ツナとしょうがのスタイリッシュな味・・・と書き添えられているが、生姜はどう使ってあるのか?生姜の香りはつけ汁から立ち上っているが、目に見える生姜はない。爽快と言っていいだろう。生姜の香りには力強さがあり、つけ汁らしく醤油も強めで味は太め。この味と香りの中でもつけ汁の厚みは十分に伝わってくる。麺はおなじみの太ストレート。強い弾力とコシがあり噛み応えは十分。この麺と一緒に柿の種が持ち上がってくる。つけ汁を吸うまでは辛味が良いアクセントになっていて、ある程度スープを吸っても食感が面白い。チャーシューには厚みがあり、メンマの歯応えもザックリ。玉子を口にすると口の中から味が引いていくが、味を見失うことはない。器の底の方からツナがザクザク出てくるが、魚サカナしている訳ではないし、つけ汁の味に飲み込まれているので、オイルの方に用があったのかなと思いたくもなる。いつものことながら完食。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
いやし屋つけ麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー、メンマ、カマボコ、ゆで玉子1/2、カイワレ、ネギ、キザミノリなど
2010/01/30 食す。 ★★★★☆ 750円
同じ店で同じメニューを頼むことは稀なことだが、この店に限って言えば、レポートしていないモノも多い・・・つまり同じモノを何度もいただいていることになる。いやし屋つけ麺は、店名を冠しているだけあって、この店の基本の味と言っても過言ではない。つけ麺というだけあって、さすがに味は強く、熱々なのを差し引いても一口目には魚介の風味が前に出ていた。動物系の旨味で支えられていてコクも十分だ。大きく切られているチャーシューも、つけ汁に負けることなく脂身の甘味がしっかり。その反面、メンマには物足りなさがある。柚子が一角に添えてあり、時に爽やかな風味が口の中を駆け抜け、ほどよい酸味がつけ汁の口当たりを少し軽いものにしている。太ストレートの麺は相変わらずで、強い弾力と強いコシがある。ただ、キザミノリの風味を楽しみたいのなら、つけ汁につけるのは少しだけにした方が良い。いつものように完食。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
カカロット 辛い王拳
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー、メンマ、カマボコ、ゆで玉子1/2、チーズ、カイワレ、ネギ、キザミノリ、唐辛子など
※辛さは三段階あって、 辛い王拳 は中辛?
2009/11/07 食す。 ★★★★☆ 800円
辛味噌つけ麺らしいが、意外なことに味噌より胡麻の香りの方が強い。つけ汁の表面にあしらわれた唐辛子の色は深紅。いかにも辛そうなつけ汁には、少しトロミがある。味噌も十分判るし、黒胡麻のコクもしっかり。酸味は判る程度とは言うものの、辛味はなかなかのもの。ひと口目には、パッと毛穴が開いたような感覚があった程で、途中から汗がタラリタラリ。麺はお馴染みの太ストレート。舌触りはプリプリ、コシはしっかり。加水率45%以上といえば多加水麺。つけ汁の力強さを受け止めには十分な噛み応えがあるし、キザミノリの風味も意外に頑張っている。つけ汁の中に具が潜んでいる。チャーシューは脂身が多めということもあって、脂身の甘味が舌を癒してくれる。煮玉子は黄身がホッコリ。メンマは相変わらずだが、直径1.5cmほどの白いボール状のモノがサプライズ。飴のように包んである様が想像できそうな形と大きさだが・・・チーズだ。脂身ほどではないが舌を癒してくれる。食後に口の中がジンジンと痛いところを見ると、私には少し辛かったようだ。800円という値段以上に満足出来る一杯。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
味遊
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー、メンマ、カマボコ、ゆで玉子1/2、カイワレ、ネギ、キザミノリ、唐辛子、ゆかり、魚粉など
2009/09/15 食す。 ★★★★☆ 800円
味噌仕立ての脂つけ麺は限定の一品。大きな背脂が見られるつけ汁には、唐辛子と魚粉、ゆかりと思しきものが三カ所に分かれ添えられており、別皿にマヨネーズと柚子胡椒。早速、麺をつけていただくのだが、香辛料の辛味も少しはあるのだろうが味噌辛さは十分。そして味噌ミソしているところに背脂の甘味が加わり、厚みもしっかりしているが、不思議と口当たりは重たくない。唐辛子、魚粉、ゆかりも箸で突いている内は味わうことが出来るが、麺を無造作につけてしまえば、すぐに散り散りとなり、味噌に飲み込まれてしまう。麺を持ち上げている内に小魚とアーモンドが一緒に持ち上がるようになる。酒のアテにもなるアーモンド小魚でも使うようだが悪くはない。別皿のマヨネーズと柚子胡椒は、つけ汁には入れずに箸で突いたが、口当たりと味の変化には劇的なものがある。力強い味噌が全てを飲み込むので、何をもってきてもまとまっているし、麺のコシにも力強さがあるので、つけ汁に負けることもないしバランスも良いが、少し引き算が必要かな?それでも十分に満足。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷汁辛みそつけ麺
あっさり・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー、メンマ、カマボコ、ゆで玉子1/2、カイワレ、揚げ玉、キザミノリ、プチトマトなど
2009/08/07 食す。 ★★★★☆ 800円
つけ汁を口に含んでみれば、まずは旨辛さ。唐味噌つけ麺のイメージを踏襲していながら、冷たさのお陰でキリキリっとしている。豆板醤の旨味と香りも手伝って、ただ辛いだけでない旨辛さがある。麺をつけようとすると素直に麺が沈まない。つけ汁の表面には揚げ玉が見られ、すぐ下には玉子。麺をつける場所を空けておいて欲しいものだ。この店自慢の太ストレート麺に唐辛子や胡麻が絡みつき、つけ汁の持ち上げも良いおかげで麺まで旨辛いのだが、この麺には辛味を受け止めるだけの歯応えがある。揚げ玉は最初からしなしなとしているが、その舌触りがまた面白い。ニラは生で使われていることもあって食感が良い。クラッシュしたトマトも稀に一緒に持ち上がってくるが、特に酸味が気になることはなかった。他にカイワレやらメンマ、ミンチにカマボコ等がつけ汁の中から姿を表すが、相変わらずメンマが弱い。麺の上に盛り付けられた大きなチャーシューは、味が控え目ということもあって、脂身の甘味と肉そのものの旨味が静かに舌の上に広がる。冷たくて、旨辛くて、キリキリ。熱い日にもツルツルっと食べさせる力がある。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
ふつうに冷汁しおつけ麺
あっさり・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー、海老、メンマ、カマボコ、ゆで玉子1/2、カイワレ、揚げ玉、キザミノリ、プチトマト、梅ペーストなど
2009/08/01 食す。 ★★★★☆ 800円
冷たいつけ麺ということで、つけ汁はほどよくヒンヤリ。ついつい海老に目がいってしまうので、海老の風味に気がとられがちだが、海老だけでなく魚介の風味も効いている。さすがに塩は強め。冷たさも手伝ってキリキリっとしたイメージ。どこかしら甘味もあるのものの塩辛さはかなりのもの。お馴染みの太ストレート麺には力強い弾力とコシがあって、つけ汁の持ち上げも良い。キリリとした塩を存分に受け止めているし、揚げ玉を一緒に持ち上げてくれる。サクサクっとしているのも最初の内だけ。つけ汁を吸うとしんなりとしてくる。つけ汁の中には玉子とメンマ、カマボコとカイワレも使われている。玉子は麺をつけるのに邪魔なので真っ先にやっつけたい。苦手食材のカイワレも、つけ汁の味が強いせいか?特に気にならず、カマボコは薄いものが1枚・・・さすがに影が薄い。麺の上に梅ペーストが添えてある。つけ汁に入れると味が変わってしまい元に戻らないので、麺を口にした後に箸で突いていたが、量を誤ればのけぞるような酸味・・・何事も程ほどが良い。つけ汁が冷たいこともあって冷める心配もない。ツルツルっと完食。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
まったり黄色
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー、メンマ、ゆで玉子1/2、ネギ、カイワレ、トロロ、クルトン、キザミノリ、トマトなど
2009/07/11 食す。 ★★★★☆ 800円
夏限定の冷たいつけ麺が、赤色、黄色、黒色とで三種類。黄色を頼んでみた。つけ汁が黄色をしていると思いきや、どうやらカレーをイメージしているだけ。味噌カレーとのことだが、味噌は言われなければ判らない・・・と言うより、言われても判らない程度。ピリッとした辛味で味にも締まりがある。ここにクルトンとトロロが添えてあって、舌触りと食感の変化を楽しむことが出来る。太ストレートの麺はお馴染みの自家製麺。強いコシが、カレーの強い味を存分に受け止めてくれるが、つけ汁の持ち上がりが今ひとつか。つけ汁の中から玉子、カイワレ、メンマ、カマボコなどと一緒にクラッシュしたトマトが姿を現す。玉子に味はついていなくても、味はカレー一色。メンマの歯応えの物足りなさは相変わらず。トマト嫌いの私でも完全にクラッシュしてあれば、カレーの味の強さも手伝って、口にするのに躊躇いはなかった。チャーシューは、せっかくなので何もつけずに口にしたが、味が控えめということもあって、肉の旨味と脂身の甘味がよく判る。迷わず完食。お腹は満腹。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー、メンマ、ゆで玉子1/2、ネギ、カイワレ、トロロ、キザミノリ、梅ペースト、ねり山葵など
2009/05/10 食す。 ★★★★☆ 800円
つけ麺に和をイメージ出来るものを、あれやこれやと付け足したというのが私の見方。醤油は強めだが、味が尖っている訳でもなく、酸味も判る程度。旨味がしっかりしているので、甘味も感じられる。そこへトロロが使われているのだが、味はプレーンながら上から粉山椒が使われていて風味を楽しむことが出来る。梅と山葵のペーストが用意されているが、つけ汁に使うと味が変わってしまうので、麺を口にした直後に箸で突いてみる。梅はサッパリ感があるものの酸味が強め。山葵は意外に刺激が抑えめ。これ位ならアクセントとして悪くない。かつお節を使うと風味がパワーアップ。劇的な変化だが、かつお節とトロロがつけ汁に行き渡ると、つけ汁にトロミを感じるようになる。つけ汁の中には、チャーシュー、メンマ、玉子などの具。チャーシューは肉の旨味も判って、最近では中トロよりこちらが好きな程。メンマの歯応えは今ひとつで、ゆで玉子は黄身がモコモコ。そしてツルリとした舌触りの麺は、強い弾力と強いコシがあって、噛み応え十分だ。的が絞りきれず、梅も山葵もトロロも山椒も十分に楽しむことが出来なかったのが残念。それでも言わせていただきます。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
しょうゆラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー、メンマ、ゆで玉子1/2、ネギ、カイワレ、カマボコなど
2009/03/09 食す。 ★★★★☆
いやし屋ラーメンとの違いは、柚子の有無だけだろうか?そう思いたいのはやまやまだが、一口目には醤油が強く感じられたのは事実。動物系の旨味に支えられた醤油仕立てのスープだが魚介の風味は強くなく、様々な旨味が渾然一体となった感がある。それでいて、スープには太麺を受け止めるだけのコクがあるのだが、何かこう・・・主役みたいな存在が欲しいところ。チャーシューは適度な噛み応えの中に脂身の甘味があり、赤身にも肉の旨味があるのが判るのも、味付けが控えめな為。ほんのり甘味が付いているメンマも、この日に限って言えば、歯応えがやや物足りない。玉子はやはり茹でただけのようで、欲張って口にすればモコモコとしてしまう。意外な点としては、カイワレがあまり主張していないのと、ペラペラながらカマボコに甘味が感じられたことか。麺は相変わらずのボリュームで、いつもお腹が空く時間になっても空腹感がない。それが良いことか悪いことかは別として、好感を持てる一杯ということで、ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
いやし屋ラーメン(ゆず入り)
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー、メンマ、ゆで玉子1/2、ネギ、カイワレ、柚子、カマボコなど
2009/02/06 食す。 ★★★★☆ 750円
醤油も強くはなく、動物系の旨味を甘味として捉えることが出来る。油はそこそこだが、この店のつけ麺のことを思えば口当たりは軽め。どこかしら魚介の風味が感じられるが、いわゆる魚介豚骨醤油という程でもなく、本当にほんのりとした風味だ。麺は40cm近い長さの太ストレート。噛み応えはしっかりとしているが、コシはつけ麺に比べると抑えめだし、舌触りに関しては、つけ麺とは麺が違うようにも思える。チャーシューは大きめ。適度な噛み応えの中から、肉の旨味が訴えかけてくる。メンマはザクザクという程でもないが、歯応えはほどほど。玉子はタレには付けていないのだろうが、強いて言うならスープの味・・・黄身がバサつくのでスープと一緒に口にしたい。柚子は細かく刻まれた皮が一つまみ。私は一口にしてしまったが、スープ全体に風味を付けるのも悪くはない。スープが熱を失うと魚介の風味が前に出てくる。それでも魚介はほんのりだった。つけ汁のことを思うとおとなしいが堅実な美味しさがある。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
暴クンサーレつけ麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー、メンマ、小海老、ゆで玉子1/2、クルトン、粉チーズ、ネギ、カマボコ、キザミノリ、ウエハースなど
2009/01/24 食す。 ★★★★☆
どこで切って良いのか判らないが、オーダーは「サーレつけ麺」で通る。真っ赤な色をしたつけ汁も、味としては塩仕立て。ナンプラーを使うらしいが、魚醤らしい癖は強くなく、たまに思い出す程度。唇や舌がジンジンと疼く程の辛さだが、辛いだけでなく奥行きがある。ただ、塩仕立てであることは、言われなければ判らない程に辛さが強い。気が付けば、汗がタラリタラリと頬を伝う。クルトンがカリカリっとした食感を添えているが、その周りは粉チーズだろうか?同じ辛さでもコクが違う。ツヤツヤとした色白の麺は太ストレート。タピオカを使うらしいが、もちもちとした弾力の中にも噛み応えがあって、コシには力強いものがある。つけ汁をくぐらせると、唐辛子やら小さな海老を持ち上がってくる。海老の香ばしさは強くはないが、おかげで辛味一色の単調さはない。チャーシューの脂の甘味は、つけ汁の辛味とは好対照。ゆで玉子は黄身がモコモコ。つけ汁を飲み干してから最後のお楽しみのウエハース。サクサクとした食感と共に控えめな甘味が口の中に広がり、舌を癒してくれる。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
唐みそラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー、メンマ、ゆで玉子1/2、カマボコ、ニラ、カイワレ、ネギなど
2008/12/01 食す。 ★★★★☆ 800円
よく見れば、味噌らしい色をしているが、唐辛子やらラー油が目立つものだからスープが赤く見える。期待通りに強い辛味があるもののコクもしっかりしているので、いわゆる旨辛。味噌の主張は辛味の陰に隠れてしまい、時折思い出す程度。胡麻やら唐辛子やらミンチなどがスープに食感を添えている。麺は太ストレート。粗挽きの唐辛子やリング状の唐辛子、胡麻などが麺と一緒に持ち上がってくる。つけ麺と違って麺の肌が荒れ気味だが、麺そのものには噛み応えがある。ただ、この強い旨辛さがあるスープ相手だと、もう少し麺に力が欲しいところ。約40cmと長さがあるが、すすり切るのを信条としている私は、噛み切ることを良しとしない。茹でただけの玉子も唐辛子をまぶしたような状態。それでも口にすれば、舌にとっては癒しのひと時。チャーシューの脂身の甘味も舌にやさしい。味噌ラーメンというよりは辛いラーメンだが、旨辛さと麺の食べ応えに十分満足。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
唐みそつけ麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー、メンマ、ゆで玉子1/2、カマボコ、ニラ、カイワレ、ネギ、ノリなど
2008/11/29 食す。 ★★★★☆ 800円
味噌とは言うものの、つけ汁は赤みを帯びていて、いかにも辛そうに見える。熱々の器を手にすることも出来ず、麺をつけて口にすれば辛味は期待以上。旨辛さが先行気味だが、味噌らしさは判らないでもないし、酸味も辛うじて判る程度で不思議なサッパリ感がある。唐辛子やら胡麻やらミンチが麺と一緒に持ち上がるが、もっちりと舌触りの麺には弾力があって、強いコシも手伝って噛み応えも十分。喉越しにはしなやかさがある。麺には刻みノリが添えられているが、風味を楽しみたいのならつけ汁をつけずに口にしたい。チャーシューには適度に噛み応えがあるが、つけ汁の辛さの中からも肉の旨味が主張してくる。ニラも使われているが、火が通っていることもあって食感が目立つことはない。カイワレの辛味もつけ汁の辛味の前では全く気にならなかった。味噌よりも唐辛子の辛味の方が前に出ていて、気持ちよく汗をかくことが出来る。つけ汁を飲み干して代謝向上。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
ふつうのしおつけ麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー、海老、メンマ、ゆで玉子1/2、ネギ、カイワレ、カマボコ、ノリなど
2008/10/26 食す。 ★★★★☆ 750円
つけ汁の中央が赤く色づいているものだから、辛味があるかと思いきや、赤いのは海老の色。つけ汁に魚介を感じたのはこの海老のものだったのだろう。香ばしい海老の香りが良いアクセントになっている。肝心のつけ汁は、豚と鶏とで旨味は十分。ミンチやら背脂が使われている分、豚がリードしているようにも感じるのだろうが、十分なコクがある。太ストレートの麺には、大袈裟に言えば歯を弾き返す程の弾力があって、噛み応えもしっかり。つけ汁に麺を上までつけてもまだ、麺の味や香りといった持ち味が伝わってくる。当初は熱くて持てなかったつけ汁の器も、食べ進むに連れて熱を失っていく。麺をつけている内は強く感じなかった塩も、つけ汁だけを口にしてみれば、結構な塩辛さ。十分な旨味で下支えされているので、そのまま飲めないこともない。チャーシューはほどよい塩味。肉の旨味も活きている。250gもの麺をペロリと完食。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
カカロット(火火ロ痛唐)1辛
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー、メンマ、ゆで玉子1/2、揚げ玉、キザミノリ、枝豆、ネギなど
2008/07/25 食す。 ★★★★☆ 750円
ドラゴンボールかぶれのネーミングはさておき、冷やしの辛味噌つけ麺・・・もちろん期間限定。いかにも辛そうな色をしたつけ汁を口にしてみれば、意外に味噌ミソしていないが、1辛ということもあって味わえる程度。チクチクと舌を刺すような強さがありながら辛さに奥行きがあって、どこかしら酸味も感じられる。長さ40cm程の太ストレート麺は、歯を弾き返すというのも大袈裟だが力強さがあるだけでなく、麺にも香りがあるので、つけ汁を存分に受け止めている。つけ汁の中にはメンマと玉子にネギ。そして上から揚げ玉が添えられている。適度に歯応えを残すメンマに、黄身シットリの茹で玉子。揚げ玉を口にすれば、サクサクとした食感。麺の器には、チャーシューとキザミノリに、鞘つきの枝豆。チャーシューはやわらかさの中に適度な噛み応えがあって、味が控えめということもあって、素直に肉の味が伝わってくる。冷たいのに汗が出る・・・辛さには意外な力強さがある。ついつい完食。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
まったりカレーつけめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 トロロ、煮玉子1/2、ミンチ、ネギ、カイワレ、キザミノリなど
2007/10/29 食す。 ★★★★☆ 750円
つけ汁を一目見るなり白いモノに興味津々。レンゲがないので箸で突いてみればトロロ。カレーとトロロの組み合わせは、私の中では初めてだ。つけ汁自体はトロミ云々ではなくてドロドロ。『あんな物、こんな物、どんな物』とメニューに書き添えられているが、ミンチも多少見られるし、判る程度の酸味もある。カレーの辛味は大人の入門レベル。カレーのおかげで素のスープの持ち味は判り難いが、コクはしっかり。カレーの香りと辛さとで、つけ汁がまとまっているし、締まっている。麺は太ストレート。つけ汁の持ち上げも抜群だし、ツルリした舌触りと力強い噛み応えも好印象。トロロを絡ませれば舌触りを変化させることも出来るが、つけ汁が強すぎて麺を味わうことは出来ない。つけ汁の中に隠れている煮玉子は、味が付いているのだろうがカレーに飲まれてしまっている。ネギは申し訳程度でカイワレは彩りだけか?そう言えばカマボコもあったような気がする。ついつい完食・・・ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
がっつり脂つけめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー×1、ミンチ、煮玉子1/2、ネギ、キザミノリ、カマボコ、胡麻など
2007/10/16 食す。 ★★★★☆ 750円
この日は、麺を左に、つけ汁を右に・・・特に決まりはないようだ。つけ汁の中には大きな背脂がゴロゴロ。1cm角というのも大袈裟かもしれないが、舌触り・食感を楽しむことが出来るし、背脂の甘みが喉に軌跡を描いていくのが判る。ネーミングの割に脂ギトギトでもなく、口当たりとしては程よい重たさ。おそらく醤油だとは思うが、節度ある酸味と紳士的な辛味に背脂の甘味、さらに脂の厚みとつけ汁そのもののコクとで、バランスよくまとまっている。麺は相変わらずの太ストレート。麺に力があるので、十分な噛み応えの中に、舌触りと喉越しを楽しむことが出来る。つけ汁の中には大きなチャーシューが一切れ。このチャーシューとは別に、切り落としも見られるし、細かなミンチも多く見られる。つけ汁の中の八切相当の海苔は風味を楽しむまでもなかったが、キザミノリは風味を楽しむことが出来る。麺の量は250gというから一般的なラーメンの倍。それを気持ちよく完食・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
唐つけめん(正油)
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー×1、ミンチ、煮玉子1/2、ネギ、キザミノリ、胡麻など
2007/10/02 食す。 ★★★★☆ 800円
お盆にのせて運んできた店員が、つけ汁を左に麺を右に・・・それぞれの器を配してくれる。見るからに辛そうな色をしたつけ汁に麺をくぐらせれば、唐辛子を持ち上げて麺が真っ赤。中太のストレート麺は正にツルツルの舌触り。モッチリした中にしっかりとコシがあり、つけ汁の辛さに一歩も引けを取っていない。つけ汁自体は、味わえる程度の辛味にツンツンしない程度の酸味。脂も見られるがコッテリ感はなく、辛さの奥に何処かしら甘味が感じられるのは、つけ汁そのものの旨味・コクが辛さを支えてくれている御蔭か。つけ汁の中には、チャーシューと煮玉子、ニラなどが見られる。チャーシューは5×10cm程の大きさ。良い肉を使っているのだろう・・・脂身の甘味がつけ汁の辛さに負けていない。煮玉子は黄身がバサ付き気味。味も付いているのだろうが、さすがに辛さに呑まれている。ニラは食感を楽しむことは出来なかったが、風味はしっかり。食後にブレスケアを口にしたくもなる。気が付けば、後頭部から汗が流れ落ちていたが、食べていて安心感がある。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
しおつけめん
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー×1、煮玉子、カイワレ、菜の花の蕾、ネギ、削り節、キザミノリ、ワサビ
2006/03/28 食す。 ★★★☆☆ 800円
レンゲがないので左手で器を持とうとしたら・・・熱々。火傷しそうな程に器が熱い。透明感があるつけ汁からは魚介の風味が漂う。鶏ガラと魚介を使うらしいが、さらに削り節で風味を立たせている。つけ汁に麺をつけて口まで運べば、魚介の風味とともに柚子の香りが口の中に広がる。柚子の香りは強めだが、スープの持つ旨味や風味を殺してはいない。塩も強めだが、麺をつけるならこの程度の塩カドは必要だろう。つけ汁自体しっかりしており、麺を介しても旨味とコクが伝わってくる。麺は太めのストレート。ツルリとした舌触りに、モチっと強いコシがある。つけ汁には、菜の花の蕾があしらわれ、チャーシューと玉子が『沈』している。チャーシューはとてもやわらか。肉の旨味を残しつつ味もよく染みているが、玉子の方は茹でただで黄身もバサ付かない程度。その黄身が中まで熱々だったのには驚いた。やはり主役は麺か・・・悪くはないが、何かもうひと押しが欲しい。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
中トロチャーシューつけめん
味噌
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー×1、特製チャーシュー×5、メンマ、ネギ、カイワレ、煮玉子1/2、キザミノリ、ゴマなど
2005/03/21 食す。★★★★☆1000円
麺を主食、つけ汁を椀もの、チャーシューを主菜とすれば、この膳の配置が正しいのだろうが、どうもしっくりこない。さて、冷たい麺を熱々のつけ汁でいただくお馴染みのスタイル。つけ汁は濃厚タイプだが味噌自体が強いと言う訳ではない。ほどよい酸味とさりげない辛さで引き締まっている。味噌も後半には存在を忘れてしまう程で、期待した程に味噌ミソしていない。味噌と辛さと酸味のおかげで、素のスープの旨味・風味はコク・深みに化けてしまいダイレクトに感じることはないが、このつけ汁は面白いと思う。麺はお馴染みの太ストレート。しっかりとした食感につけ汁がよく絡み、ボリュームを忘れてサラサラと食すことができる。この日の玉子は黄身がバサ付かない程度。メンマもコリコリと言うよりシャクシャクと言った程度。標準チャーシューは置いておいて、特製チャーシューは相変わらずのトロけるようなやわらかさ。特製醤油ダレの味わいもなかなかだが、つけ汁につけても悪くはない。ついつい完食してお腹いっぱい。確かに1000円のボリュームはある。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
カレーつけめん
味噌
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、ネギ、カイワレ、煮玉子1/2、じゃがいも、キザミノリ、胡麻
2005/01/17 食す。★★★☆☆ 800円
熱々のカレーつけダレで、流水で締めた冷たい麺を食すスタイル。つけダレだけを試しに口に含んでみるとパッと汗腺が開くような感覚を覚えた。攻撃的ではないものの思っていたより辛さは強い。カレーの風味は充分。カレーの味わいにも深いモノがあるが、意外にトロミは強くない。つけダレには多くの胡麻や唐辛子や香辛料などが見られ、食べ進むにつれ額が汗ばむ。つけダレの中にチャーシューとメンマ、煮玉子とジャガイモ。中トロを味わってしまうと、この標準チャーシューにはコメントのしようがない。ジャガイモは煮玉子1/2とほぼ同じ大きさだが、嬉しいサプライズだった。中太のストレート麺にカレーつけダレが程よく絡み食が進むが、この麺の持つ力には驚かされる。カレーの強さに負けていない。食していて嬉しくなるような麺だ。さすがにタレを飲み干しはしなかったが、残ったタレの中に挽肉、玉ねぎ、唐辛子などの姿が見られた。欲を言えば、もう少しタレにトロミが欲しいところだが、充分に満足・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
中トロチャーシューつけめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー×1、特製チャーシュー×5、メンマ、ネギ、カイワレ、煮玉子1/2、キザミノリ、ゴマなど
2005/01/10 食す。★★★★☆1000円
熱々のつけ汁で冷たい麺を食すタイプ。つけ汁自体は豚ベースのようだが、濃すぎず程よい酸味の奥から魚介の風味。力強いとでも言うのか・・・旨味も充分に伝わってくる。麺は中太の太レート麺。ツルっとした舌触り、コシがあると言ったらいいのだろうか?冷水でしっかりと締められているだけに、しっかりとした食感だ。つけ汁とのバランスもよく、麺を食すだけのことに・・・心躍るものがある。つけダレの中にメンマと煮玉子とチャーシュー。コリコリとしたメンマ、煮玉子は黄身トロリとまではいかないが半熟に仕上げられている。チャーシューは悪くはないが、別皿の中トロチャーシューと比較してしまうと存在が薄い・・・不要だろう。その中トロチャーシューは、驚くほどのやわらかさ。値段に目をつむってでもチャーシューは中トロにすることをオススメする。さすがにつけダレを飲み干したりはしなかったが、つけダレには挽肉が入っているようだ。満足だった・・・連食など考えもしない。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
中トロチャーシューメン味噌
やや?・・・
豚骨・野菜・・・?
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 中トロチャーシュー×5、チャーシュー×1、メンマ、ネギ、カイワレ、ゆで玉子1/2
2004/04/04 食す。★★★★☆1000円
ラーメンと中トロが別々に出て来た。別皿の中トロは5枚。中央にネギが盛り付けられ上からゴマが散らされている。味噌の香りはそれほど立っていないがスープを口にすると、優しい味噌と言うのか?コッテリ濃厚なパンチはないものの味噌の存在感はしっかり。更に少量のトウガラシがスープをピリっと引き締めている。特製ラーメン(醤油)で気になった挽肉も、このスープの中では全く気にならず、食感の面で楽しませてくれる。麺は太ストレート。モチモチとした食感は相変わらずだ。中トロチャーシュー・・これはいけない。他のチャーシューが食べられなくなる。鹿児島産の豚の頬肉を特製醤油タレに漬け込んだものらしいが、恐ろしい位に軟らか。タレの味も濃すぎず絶妙な仕上がりだ。標準のチャーシューも1枚のっているが、もはや肉片にしか思えなかった。メンマの味付けは甘めで、歯応えは程々。とても安心感のある店で、確実にお腹一杯になることが出来る。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
特製ラーメン
やや?・・・
豚骨・野菜・・・?
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、ネギ、カイワレ、ゆで玉子1/2
2004/03/27 食す。★★★★☆ 650円
見た目は普通の醤油ラーメンだ。おそらく自家製だと思われる太ストレート麺も千種区の大勝軒とは違い、量に遠慮がある。モチモチとしっかりした食感が豚野菜系と思われる醤油仕立てのスープをしっかりと受け止めている。スープも丸い味わい・・・とでも言っておこうか。醤油はしっかりだが味にカドがない。ただし、スープに浮く挽肉は賛否が分れるところ。私には邪魔に思えた。もう一点、邪魔なのがカイワレ。ネギと一緒に少量が盛り付けられている。まぁスープに影響を与える程ではないので箸で避けて良しとした。メンマは、やや甘めの味がしっかり。食感も程々。玉子は味付玉子らしいが、見た目も食べた感じも茹で玉子だ。2枚のるチャーシューもあっさりだ。やはり基本的なラーメン作りは千種区の大勝軒と同等のようだ。ならば、味わってみて『普通』と感じたものも後々に他店で醤油を食した時に、出来の違いを痛感するのだろう。次は味噌の中トロチャーシューに挑戦したい。
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー
調査日:2009年01月26日
いやし屋ラーメン(ゆず入り) 750円 いやし屋つけ麺(ゆず入り) 750円
しょうゆラーメン 750円 しょうゆつけ麺 750円
みそラーメン 750円 みそつけ麺 750円
唐みそラーメン 800円 塩つけ麺 750円
チャーシューメン 950円 唐つけ麺 800円
みそチャーシューメン 950円 唐みそつけ麺 800円
中トロラーメン 1000円 チャーシューつけ麺 950円
中トロみそラーメン 1000円 チャーシューみそつけ麺 950円
大盛り 150円 中トロつけ麺 1000円
中トロみそつけ麺 1000円
脂つけ麺 750円
いやし屋ギョーザ 400円 ※温かい麺も出来ます。(あつもり)
単品中トロチャーシュー 500円
味付け玉子 100円 ビンビール 550円
ごはん(中のみ) 150円 オレンジ 200円
ミニチャーシューごはん 200円 コーラ 200円

メニュー
調査日:2007年10月02日
いやし屋つけ麺(ゆず入り) 650円 いやし屋ギョーザ 350円
特製つけ麺(正油・みそ) 650円 刺身風中トロチャーシュー 500円
チャーシューつけ麺( 〃 ) 900円 味付け玉子(限定数) 100円
中トロチャーシューつけ麺( 〃 ) 1000円 銀しゃり 150円
唐つけ麺( 〃 ) 800円 チャーシューごはん(限定数) 250円
いやし屋ラーメン(ゆず入り) 650円
特製ラーメン(ゆず入り) 650円 アルコール
チャーシューメン(正油・みそ) 900円 生ビール(中) 550円
中トロチャーシューメン( 〃 ) 1000円 ビンビール(アサヒ・キリン) 550円
唐みそラーメン 800円 ソフトドリンク
大盛り 150円 オレンジ 200円
※つけメンは温かいメンもできます。 コーラ 200円


HOMETOP