幸楽苑(こうらくえん)
メニューへFileNo321
おすすめ度
サービス度
★について
http://raou.jp/shop/321.htm
バーコード読み取り機能付携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報をメールに転送する場合はこちら→をクリック
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→

醤味塩担豚つけ冷

オフィシャルサイトをご参照下さい。
営業時間 11:00〜翌22:00
定 休 日 無休
アクセス  
客  席 カウンター:多い,テーブル:多い
駐 車 場 あり
電話番号  
備  考 オープン:昭和29年
※営業日・営業時間等の情報は ----.--.--現在のもの
禁 煙 - 水・お茶 ファミリー
券売機 × おしぼり - カップル
無化調 × 新聞雑誌 - 車椅子 -
自家製麺 - マンガ本 -
BGM - ランチセット -
昭和29年創業・・・福島県に本部を置くラーメン店。駐車場を備えた店舗に、カウンター席にテーブル席とで席数は多い。白と黒を基調とした店内に店員の声が響く。



夏中華そば
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太縮れ
具 鶏肉、煮玉子1/2×2、とろろ、花カツオ、青菜、コーン、ネギなど
2014/07/06 食す。 ★★★☆☆ 637円
夏中華・・・響きがいい。ネーミングはとても大事だ。冷やし中華でもなければ、冷麺でもない。れっきとした冷たいラーメンだ。ひんやりとしたスープは、味としては醤油だが強い味ではない。油の風味が少し効かせてあり、魚介がどうこうではなくて、どことなく和のイメージ。鰹節が添えてあるので、一緒に口にすれば風味がアップする。平打ちの縮れ麺は、長さ30cmほど。熟成麺なのだろうが、締めてしまえばこんなもの。一応は弾力を残してはいるが、食感はかため。とろろが添えてあるので、麺に絡めてすすると、ズルズル〜という音もより大きくなるが、味はプレーン。鶏肉には少し焼き色がついていて、ほんのり香ばしく味は控えめ。青菜の軸が使ってあるが、少し苦味がある。玉子は1個を縦半分に切って盛り付けてある。黄身はドロリ。白身には少し味がついているが、ややかたい。コーンは穴あきレンゲがないので、散り散りになる前にレンゲにとって口にしたい。みずみずしい甘味を楽しむことが出来る。期待していなかっただけに意外に好印象。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷し担担麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太縮れ
具 キュウリ、レタス、白髪ネギ、ザーサイなど
2013/07/18 食す。 ★★★☆☆ 619円
毎年、少しずつ仕様が変わるようだが、劇的に美味しくなるものでもない。30cmほどのガラス製の平皿に盛り付けられているが、白髪ネギの上からかけらえた辣油が香っている。麺を持ち上げると胡麻ダレが何の抵抗もなくポタポタと流れ落ちる。平打ちの太縮れ麺は、締められたことによってシコシコさはなりを潜めて食感がかため。胡麻は判る程度・・・でもないか。シャビシャビというのも大袈裟だが、まるで濃度はなく香りも弱い。麺の上に・・・肉味噌かと思ったら、ペーストだかタレかな。トマトの酸味が強めのケチャップみたいな感じで味は強め。麺の周りから下にかけて、包丁で大きめに切られたレタス。一応はシャキシャキとした食感がある。ザーサイの食感は、言うまでもなくコリコリ。キュウリは輪切りにされていて、わざわざ切り口を見せているのだろうが、この切り方ではシャリシャリとした食感を楽しむことはできない。辣油の辛さがピリピリと口に残るが汗ばむこともなく、胡麻のコクは控えめ。トマトの気配だけが印象に残った。
▼MENUへ / TOPへ▲
酸辣湯麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太縮れ
具 キクラゲ、タケノコ、椎茸、豆腐、ニンジン、青菜、ネギなど
2013/04/22 食す。 ★★★☆☆ 514円
サンラーなんとか下さぁい・・・パートのおばさんに読めないフリをする必要もなかったが、私の中ではよくあることだ。いつも通り餃子を勧められたが、その勧め方が断られ慣れている。肝心のラーメンの方は、醤油仕立てっぽいラーメンの上に、ビニールかレトルトの具を載せただけ。胡麻油の香りはラー油のものかな?辛味・酸味とも期待したほどではなく、わざわざ酢が別に出てくる位だから、元々がファミリー向けの仕様だ。キクラゲ、タケノコ、しいたけ、ニンジンに崩れたような豆腐などなど、それぞれの食感が活きているハズもないし、僅かに気になる風味がある。これらの具に少しトロミが付いていたようだが、やがてスープと一体となる。青菜は茎の部分のみ。正直って嬉しくない。平打の太縮れ麺は、おなじみの多加水熟成麺。シコシコとした歯応えは、急激な店舗展開をしていた頃と比べ物にはならないが、スープとのバランスは悪くはない。619円なら悪くはない。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
八重風すき焼きらーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太縮れ
具 豚肉、青菜、ナルト、ネギ、海苔など
2013/02/12 食す。 ★★★☆☆ 514円
「幕末のジャンヌダルク」と呼ばれた新島八重という女性のことを私は知らない。その女性がすき焼きをよく食べたことから八重風としているらしい。簡単に言ってしまえば、のせただけ。牛肉を煮込んだものがのっているが、ビニール袋かレトルトに入っていたものを煮汁ごと使ったのは想像に難くない。スキヤキ風かと思いきや、期待したほどでもない。牛肉のやさしい甘味と風味に包まれて、野菜の旨味と唐辛子の辛味。取ってつけたような甘味もあるが、甘さの中にも辛味が見え隠れしている。しかし、スキヤキ風というよりは牛肉の煮物をのせただけという感じ。玉子を入れたとしても、すき焼きのイメージは強くない。平打ちの太縮れ麺は相変わらず・・・だと思いたいが、この日は食感に全く関心が向かなかった。単にスープとの相性なのか?熟成の進み具合によるものかは判らない。牛肉がのっているのは当たり前だが、タマネギとコンニャクが一緒に使われているのが意外。タマネギは噛む必要がないほどにやわらか。コンニャクには適度な弾力とかたさがあった。すき焼きをイメージしたとはいえ、徳島ラーメンとはまるで趣が違う一杯。NHKの大河ドラマにあやかっただけ。
▼MENUへ / TOPへ▲
コチジャンみそらーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太縮れ
具 チャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ、海苔など
2013/02/07 食す。 ★★★☆☆ 514円
味噌っぽい色をしたスープの表面に赤色の脂が広がっている。唐辛子の香りかな?発酵しかかったような香りではないが、韓国をイメージできるような辛そうな香り。汗がにじみ出てくるし、口の中にピリピリと残るものの、下のスープが味噌だということは判る。その辛さのお陰で味噌自体の辛さは目立っていないが、どういう味噌なのだろう?味噌の原材料と思しき白く細かなものが無数に見られるが、ビニール袋ごと温めて、口を切って器に注いでいるのを見ることができる。他のラーメンも同じような作りなのだろう。多加水の太縮れ麺は長さ30cmほど。スープを受け止めるのに十分な噛み応えがあるが、この麺もたまにいただくと舌触りと噛み応えが面白い。期待通りにキムチがのっているが、ありきたりの白菜キムチ。大根キムチよりはマシだが、キャベツキムチでも使って欲しいところ。チャーシューは2枚だが、メニューの写真には3枚。相変わらず、味らしい味はついていない。514円だから、こんなものかな?ごちそうそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
みそらーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太縮れ
具 チャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ、海苔など
2012/11/11 食す。 ★★★☆☆ 409円
味噌らしい色をしたスープに脂の水玉が多めに漂い、唐辛子もチラチラと見られる。味噌辛いというほどでもないが、身体があたたまる位の味の強さがあって、気が付けば額が汗ばんでいる。そんなスープにすり胡麻がさりげなく食感を添えている。麺は、この店自慢の多加水熟成麺。加水の高さや熟成麺ならではの噛み応えを楽しむことが出来たが、それもはじめの内だけ。慣れたのか?麺が力を失ったのか?は定かではないが、この店が勢いよく数を増やしていたころは、もっといい麺を使っていたように思えてならない。チャーシューは何枚だったのだろう?薄いの3枚だったのか?4枚だったのかも。薄いのに、何回も噛まなければならないのは、脂身が控えめだからだが、味も控えめ。メンマもノリもナルトも、ハナから脇役に徹しているが、主役を引き立てている訳でもない。409円の一杯だが、昼飯には少し物足りない。餃子でなくて、ミニチャーハンでもなくて、何か一品が欲しい。
▼MENUへ / TOPへ▲
濃厚魚介つけ麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太縮れ
具 チャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ、刻み海苔など
2012/10/17 食す。 ★★★☆☆ 514円
つけ汁が茶濁しているので、どうせ魚介系醤油豚骨だろうと思って口にしたが、甘味が意外だった。醤油ダレ自体は確かに強いが、魚介の風味はわざとらしいと思う程。脂も目立つし、大きめの背脂もゴロゴロと漂っているが、コッテリという程ではない。ただ、つけ汁が少し重たいのは事実。濃いというよりは重たいという印象だが、「濃厚」と謳っているからには・・・濃いのだろう。太縮れ麺は、見ようによっては厚みのある平打ち麺。シコシコとした食感は、多加水の熟成麺ならではのもの。この麺と一緒に刻みノリを持ち上がるので、少しは風味の変化を楽しむことが出来る。つけ汁の器の中には、チャーシューとメンマ。そして、ナルトとネギなど。チャーシューは悲しくなるほどに薄く、つけ汁の味一色だった。504円という値段を考えれば、無難としか言いようがないが、後から意外にお腹に重たかった。つけ汁を飲み干していたら大変なことになっていたかもしれない。一応ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷し担担麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太・平打ちストレート
具 レタス、青菜の茎、白髪ネギ、ミンチなど
2012/07/09 食す。 ★★★☆☆ 619円
御一緒に餃子は如何ですか?と必ず聞かれるが、この店で一度も餃子を頼んだことはない。昨年に続いて2回目だけど、少し仕様が異なるようだ。胡麻ダレの上にレタスを並べ麺を盛り付け、タレをかけて白髪ネギと青菜の茎。最後に辣油・・・かな。胡麻ダレにはたいした濃度はなく、胡麻が判る程度。ほんのり甘く、酸味はあるかないか。何度か麺を持ち上げている内に、タレやら辣油が無数の小さな水玉となって胡麻ダレに広がっていく。たいした辛さでもないが、舌にヒリヒリと辛味が残り、僅かに額が汗ばむ。タレに味噌が使ってあったのかな?挽肉だけでなく細かく刻んだトマトやらナスやらが使われている。実は、ナスもトマトも好きではないけれど、この使い方なら抵抗はないし、青菜の茎にもクセらしいクセはない。麺もほどよい締め具合で、あたたかく使ってあるより断然食感が良い。胡麻の風味豊な〜という謳い文句ほどに、胡麻は香っていないけど、値段的にこんなものかな。
▼MENUへ / TOPへ▲
春味 塩つけめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太・平打ちストレート
具 チャーシュー、小海老、青菜、白髪ネギ、ナルト、刻み海苔など
2012/05/28 食す。 ★★★☆☆ 619円
どこが春なのか?私にはよく判らなかったけど、おそらく春に採れるものを使っているのだろう。麺が左、つけ汁が右という一般的な配膳とはいえ、食べにくいので左右を逆にしてしまう。つけ汁らしく味は強め。塩が判りやすいものの、油の甘味が先行。そして、この油の香りが少しばかり主張している。麺は中太の平打ちで、シコシコとした歯応えがある。大々的に全国展開し始めた頃に比べて、麺の質を落としてきているという印象が強かったが、この麺はつけ麺に合っているようで、久々に店への関心が高まった。つけ汁の中には、小さな海老と青菜、白髪ネギ・・・そして底の方に刻みチャーシュー。海老にはサクっとした食感があり、独特の風味もある。白髪ネギも辛味が主張することはなく、青菜はやわらかく、味はない。最後につけ汁をダシで割ってみたが、軽く魚介の風味が効く程度。元もとが飲める程度の味の強さだ。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
豚バラ中華そば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太・平打ちストレート
具 チャーシュー×5、メンマ、海苔、ネギなど
2011/11/11 食す。 ★★★☆☆ 651円
アテもなく店を訪ねたまでは良いが、メニューを見ていて心が躍らないのは何故だろう?いかにも醤油という色をしたスープに、脂が大きな水たまり?を作っている。香ばしい程に醤油ダレが香っているが、素直な味と言うのか?懐かしさを覚えるような味。どこか甘味もあるが、味には締まりがある。脂の中に細かな魚粉が見られるが、魚介の風味は判る程度のもの。しかし、謳い文句にある「さっぱりした中華そば」というイメージではない。平打ちの太麺は長さ30cmほど。一応シコシコとしているが、この店が展開し始めた頃は、もっと良い麺だったと思う。ウリのチャーシューは5枚。脂身と赤身とを重ね合わせたものだが、味付けが控えめ。脂が多めだが、脂が甘いというのではなくて・・・脂身の味がするだけ。謳い文句にある「濃厚なチャーシュー」の意味が判らない。チャーシュー5枚もいらなかった。500円を越えていなければ割り切りようもある。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷し担担麺
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太・平打ちストレート
具 肉味噌、レタス、オクラ、ザーサイ、白髪ネギなど
2011/07/14 食す。 ★★★☆☆ 619円
麺の下に胡麻ダレがあるのも、麺の上に肉味噌っぽいミンチがのっているのも想定の範囲内だったが、食べ方には想定外の楽しみようがあった。胡麻ダレ自体はありきたりで、たいした濃度ではないものの、そこそこ胡麻のコクが伝わってくる。判る程度に酸味が効いていることもあって、冷たさも手伝って口当たりは軽め。白髪ネギの上からかけてあるラー油が胡麻ダレに広がり、唇がチクチクするような辛味を帯びていく。中太の平打ちストレート麺は、ほどよい締め具合。意外に胡麻ダレの持ち上げは悪くない。この麺の上に盛り付けられた肉味噌がまだ温かく、舌触りもドロリ。麺に絡めるようにしていただくと、ジャージャー麺のようにも思えた。レタスは使い方が大きめなので、麺とは別にいただくしかない。輪切りのオクラにしてもザーサイにしても散らしてあるので、食感を楽しむには力不足かな。お昼にいただくには気持ちボリューム不足だけど、冷やしジャージャー坦々麺の可能性が見えたような気になって・・・ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
五目野菜らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太め縮れ
具 豚バラ肉、海老、イカ、キクラゲ、しいたけ、キャベツ、モヤシ、ニンジンなど
2011/02/28 食す。 ★★★☆☆ 619円
野菜炒めの上から餡をかけたようだ。餡の影響を受けていないスープを・・・と縁の方からレンゲでスープをとったが、既に野菜の甘味がスープ全体に影響を及ぼしている。おそらく野菜類はビニール袋に小分けされていただろうから、汁ごと使ったのか。餡の味も強くなく、おとなしい醤油ラーメンがやや散漫な味になっているので、胡椒を使いたくもなる。キャベツは小さめのザク切りで、ニンジンは薄めのいちょう切り。イカは大きく使われているが、網の目に包丁が入っていてやわらか。キクラゲはプニプニしていて、エビは殻が全部取ってあり、太いところで直径1cmほど。プリプリしていないけど旨味はある。麺は中太のやや縮れで長さ35cmほど。この店は麺だけは値段以上に良かったと思っていたが、この日は可もなく不可もなくと言ったところ。野菜類に少し時間を取られたせいだと思いたい。野菜を摂ることができたので、ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
担担麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 肉味噌、ネギ、ザーサイ、海苔など
2010/09/06 食す。 ★★★☆☆ 619円
オフィシャルサイトでは醤油ラーメンに分類されていて、「芝麻醤を贅沢に使い山椒の香りも豊かな本格的な」と紹介されている。ラー油・・・と珍しくカタカナを使ってみるが、香りはしっかり。胡麻の香りは期待した程でもなく、山椒は知らなければ香りを探そうとしないレベル。汗ばむほどの辛味ながら味わえる程度のもの。唇の周りがヒリヒリとするが、痺れるような辛さはない。練り胡麻だかすり胡麻だかが申し訳程度に使われていて、スープの表層にそれが見られる。クリーミーであるハズもなく、ザラつくほどでもなく、かといってサラサラしている訳でもない。甘めの肉味噌は深い味。トロミがついていてスープに馴染む様子がない。コリコリとしているのはザーサイかな。海苔はなくても構わないと思う。断面が長方形をしたストレート麺は長さ40cm程。ツルツルの舌触りに、プリプリ、シコシコの食感はさすが幸楽苑といったところだ。ラーメン屋の担々麺と割り切ったとしても、もう少し胡麻に頑張って欲しいところ。4年前にいただいていたのを後から知ったが・・・おそらく退化している。
▼MENUへ / TOPへ▲
とんこつ塩らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー、メンマ、煮玉子1/2、ナルト、海苔、ネギなど
2010/04/11 食す。 ★★★☆☆ 514円
お腹が空いている時にたまたまこの店が目に入っただけで、お目当てのラーメンがあった訳ではない。それでも地域限定の麺を見つけてしまったので頼んでみた。箸を付ける前にはチープな香りがあったのに、スープを口にしてみると弱いながらも魚介の風味がある。脂の中に魚粉らしきものが見られるので、魚粉入りのラーメンオイルといったところか?豚が香るハズもなく、上から下まで均一で口当たりは軽め。これでもメニューには濃厚みたいなことが書いてある。そして、塩も強くはない。平打ちにも見える太めの縮れ麺はプリプリ&シコシコの歯応え・・・この店は麺が命だ。チャーシューには脂身が見られず、適度な噛み応えがある。メンマの香りには甘味が感じられたが、味は特に癖がない。玉子にはスープに呑まれない程度の味が付いていて、ネギの小口切りは存在感に欠ける。無難にまとまっているとは思うが、誉める気にはなれない。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷し中華
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー、メンマ、煮玉子スライス、レタス、キザミノリなど
2009/06/15 食す。 ★★★☆☆ 514円
冷し中華と言えば普通に800円前後するものだが、この店だと500円そこそこなので頼みやすい。キザミノリの下に毒々しい色をした紅生姜。慎重に取り出してからスープを口へ・・・甘酸っぱいとは言うもののツンツンしない程度。甘味も強くはなく、マヨネーズと辛子も器の縁に添えてあるだけなので、好きな時に味を変えることが出来る。麺は中太のやや縮れ。締められたことによりコシが増し、歯応えはシコシコ。冷たく甘酸っぱいスープが一緒に持ち上がり、口当たりはサッパリ。輪切りのキュウリとレタスはシャキシャキの食感。マヨネーズを付けるとまた食が進む。メンマの歯応えは今ひとつ。チャーシューは極薄スライスなので、何枚あったかは定かではないが、脂身もなくアッサリ。煮玉子のスライスは2枚だったか3枚だったか。スライスされているので黄身がモコモコとはしないし、甘酸っぱいスープに呑まれない程度に味の主張がある。値段のことを思えば十分満足。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩野菜らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 キャベツ、モヤシ、ニンジン、豚肉、キクラゲなど
2009/03/21 食す。 ★★★☆☆ 514円
厨房を眺めていると、味噌のような色をした液体が入ったビニール袋が見えてしまったが、塩のスープも同じなのだろうか?野菜の旨味がよく出た・・・というより、茹で野菜の影響を受けたと言ってしまうが、塩とは言うものの甘味があって、野菜の旨味と脂のコクとでそれなりの厚みがある。麺は言わずとしれた多加水熟成太縮れ麺なので、今回はレポートを割愛するが、野菜が少しばかり面白くない。と言うのも、キャベツの切り方が大きかったり小さかったり、根本近くのかたいところがあったり、妙に生気がないように見えたりで、単にキャベツとは言うものの食感バラバラ。どのキャベツを残すか選ってしまう程だ。イチョウ切りのニンジンにモヤシ、申し訳程度のバラ肉とキクラゲ・・・一通り揃っているが、具を炒めた鍋で一緒にスープを作ったと言うより、ボイル野菜をスープと一緒に加熱したといった感じ。514円で、これだけ野菜を摂ることが出来るのだから文句を言ってはいけないか・・・
▼MENUへ / TOPへ▲
極旨醤油らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー、メンマ、ネギ、ノリなど
2009/02/26 食す。 ★★★☆☆ 409円
『はい どうぞぉ〜』と案内されてカウンター席へ。大小の脂の水玉模様が広がるスープを口にしてみれば、醤油の味にカドはなく自然な甘味と共に野菜の旨味みたいなものが感じられる。強いて言えばアッサリで、まろやか・・・と言いたいところだが、タレの味と脂の香りとでまとめあげた印象は否めない。麺は言わずとしれた太縮れの多加水熟成麺。ほどよい弾力の中にシコシコとした歯応えがウリだが、賞味期限が一週間もあると聞くと、熟成させ過ぎない工夫を聞いてみたくもなる。チャーシューはペラペラのスライスが3枚ほど。脂身が見られないこともあって薄さの割に噛み応えがあるが、味は控えめな割に肉そのもの旨味がよく伝わってこない。スープが熱を失ってくると、甘味がさらに前に出てくるが、旨味が化けた甘味ばかりでもないようだ。値段のことを思えば良く出来た一杯。500円も600円もして罪なラーメンはいくらでもある。
▼MENUへ / TOPへ▲
ざるらーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太麺・やや縮れ
具 チャーシュー、メンマ、ネギ、キザミノリなど
2008/01/29 食す。 ★★☆☆☆ 409円
平たく言えば・・・つけ麺。麺は温かくない程度で、つけ汁は熱々でない程度。ほんのり甘く、醤油も控えめ。判る程度の酸味に、喉の奥に余韻が残る程度の辛味。その気になればゴクゴク飲むことも出来るが、どの旨味が頑張っているかはよく判らない。大きめの背脂らしきものも見られる。この中にネギの小口切りとメンマ、そしてチャーシューが潜んでいるが、メンマの歯応えは程ほど。良くないのはチャーシューで、切り落としと呼ぶのもはばかられる程で、私にはチャーシューの破片にしか見えなかった。縮れの見られる平打ちの太麺は、お馴染みの自家製多加水熟成麺。ツルリとした舌触りに、シコシコの歯応え。意外につけ汁の持ち上げが良いし、キザミノリの風味もまた悪くはない。409円なら文句を言えないのだろうが、これ単品では物足りなさがある。食べ放題の茹で玉子のサービスが継続中だったが、殻は取れても薄皮が取れない・・・ハズレくじにでも引いたような気分だ。
▼MENUへ / TOPへ▲
和風中華そば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太麺・やや縮れ
具 チャーシュー、メンマ、ナルト、ネギなど
2007/11/11 食す。 ★★★☆☆ 409円
和風という響きに魚介の風味を期待して待つこと数分。チラチラと魚粉も見られるが、期待通りにスープから立ち上る香りに魚を感じることが出来る。ほどよい醤油感ながら、味にカドはなく、魚介の風味も私に言わせれば、強すぎない程度。脂だけをレンゲにとって口にしてみたが、脂には特に魚は感じられなかった。麺はおなじみの熟成多加水太麺で、やや縮れ。多加水ならではのツルリとした舌触りと喉ごしに、熟成麺ならではのシコシコとした噛み応え。同じシコシコでも熟成させてない麺とは噛み応えが違う。チャーシューは薄く使われていて、3枚あったのか4枚あったのか定かではないが、特に味もついていなくて、肉の旨味も今ひとつ。メンマも定番の具とは言え、歯応えが物足りない。値段のことを考えれば、具のことは忘れた方が良い。この値段で、この麺とスープを出すことが幸楽苑の良いところだ。多店舗展開するような店と知りつつも、なぜか満足してしまう。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
とんこつらーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太麺・やや縮れ
具 チャーシュー、メンマ、キクラゲ、紅生姜、煮玉子1/2、ナルト、ネギなど
2007/06/07 食す。 ★★☆☆☆ 619円
ビジュアルは醤油豚骨。豚は香らないけどタレが香っている。甘そうな香りだったが、口にしてみると思ったほど甘くはなく、辛くない程度に味は濃い目。脂が目に付くがコッテリという程でもない。受け皿にタレが飛んでいるから、スープとタレを分けて捉えるが・・・タレが前に出ている。麺はおなじみの加水高めの熟成太ちぢれ。この麺があるから他店との差別化が出来たのだろうが、シコシコ感、舌触り、のど越しともに申し分ない。チャーシューは、大きさが不ぞろいだが4枚。味はスープに飲まれてしまっているが、肉の味は判る。キクラゲはジョリジョリ、メンマはコリコリ、紅しょうがの色に毒々しさを感じなかったが、だからといって口にする訳ではない・・・嫌いなものは嫌いだ。玉子には完全に火が通っているが、スライスされているのでバサつかない。口の中で、舌が味を見失わない程度に味がついている。もっともっと豚らしさが欲しいところだが、こんなものかな・・・と言ったところ。
▼MENUへ / TOPへ▲
海老ワンタンめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太麺・やや縮れ
具 チャーシュー、白髪ネギ、ネギ、メンマ、ザーサイ、ノリ
2007/03/19 食す。 ★★★☆☆ 619円
『レンゲで踊る。お口で踊る』・・・キャッチフレーズが奮っている。ワンタンは六つ。タネは大きすぎず小さすぎずで、一口サイズ。ヒラヒラたなびく皮も、ツルリとした舌触りを楽しむには十分。タネに胡麻油でも使ってあるのだろうか?海老の風味よりも油の香りの方が頑張っている。海老の甘みも伝わってくるが、プリプリ感は今ひとつ。スープも多少は改良が進んでいるのだろうが、カドのない醤油に脂もそこそこで、ほんのりと甘みがある。何がどうというのではなく渾然一体となった奥行き感が・・・ある。麺は平打ちの太縮れ。店によれば15番の中太縮れらしい。熟成が進んでいて、シコシコとした歯応えがあり、舌触りや弾力も楽しむことが出来る。チャーシューは一応3枚。薄い上に味も控えめ。旨味も特に感じられず、ご飯のおかずにもならない。チャーシュー抜きでも構わないとさえ思う程だ。キャッチフレーズは、少しばかり頑張りすぎ。
▼MENUへ / TOPへ▲
こってりらーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太麺・やや縮れ
具 チャーシュー、白髪ネギ、ネギ、メンマ、ザーサイ、ノリ
2007/01/07 食す。 ★★★☆☆ 409円
まるで透明感のないスープには、多めの脂が目につくがコッテリという程でもない。一応は醤油なのだろうが、味にカドはなく、旨味からくる甘みも感じられて、値段のことを考えれば厚みがある方。麺は平打ちの太縮れ。長さ30cmほどの熟成麺は、シコシコとした歯応えと独特の噛み応えがあり、舌触りと喉ごしにも縮れ麺なりの面白さがある。値段のことを考えれば、麺もよく頑張っているとしか言いようがない。いただけないのはチャーシュー。枚数で盛りつけるのか?グラムで盛りつけるのか?3,4枚はあるようだが、あまりにペラペラ且つ切れ切れ。味が控えめな為に脂身の甘みはよく伝わってくるが、肉そのものの風味は・・・言葉を選んでも今ひとつ。まぁ値段のことを考えれば、仕方のないことと割り切るしかない。どうせなら、もっとコッテコテにした方が特色が出て面白いとは思うが、値段なりの満足感・・・これはこれで悪くはない。
▼MENUへ / TOPへ▲
韓流らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太麺・やや縮れ
具 チャーシュー、白髪ネギ、ネギ、メンマ、ザーサイ、ノリ
2006/12/23 食す。 ★★★☆☆ 514円
赤い色をしたスープだが、少しはラー油を使ってありそうに見えて、それらしき香りがない。辛さには喉にくるものがあるが、トゲトゲしい辛さではなく、辛さの奥に多少の甘みが感じられるものの、旨辛いという程でもない。辛味は、細かく挽かれた唐辛子のものと思われるが、発汗作用はなかなかのものだ。麺は太めのやや縮れ。熟成がすすんでいるようで、シコシコとした歯応えと食感には独特の面白みがある。チャーシューはペラペラ・スカスカ。値段のことを考えれば無理もないのだろうが、肉の旨味が感じられない。味も控えめで、肉の香りがよく伝わってくるが、それが嬉しくない時もある。メンマの歯応えは一応ザクザク・・・とは言うものの、どうでもいい存在。そのメンマのおかげで、ザーサイのコリコリとした歯応えがより引き立っている。辛いものには食べさせる力がある・・・が、辛さの中に期待したほどの奥行きが感じられなかった。
▼MENUへ / TOPへ▲
担々麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太麺・やや縮れ
具 チャーシュー、白髪ネギ、ネギ、メンマ、ザーサイ、ノリ
2006/03/09 食す。 ★★★☆☆ 619円
喉を刺すような攻撃的な辛さがあり、唇がジンジンと疼く程だが、意外なことにゴマの味わいはしっかり。ベースのスープのものだろうか?単に辛さと胡麻の味わいだけではない奥行きを感じる。白髪ネギの上からラー油がかけられており、スープに少しずつ赤い水玉模様が広がっていく。白髪ネギの辛さも、やや濃厚なこのスープの中で良いアクセントになっている。麺は平打ちのやや縮れた太麺。熟成麺らしく程よくシコシコとした食感がある。スープと張り合う程でもないが、やはり辛いラーメンでは麺が少し遠慮していることが多い。スープに沈みかけているメンマとザーサイは、それぞれコリコリと食感で楽しませてくれる。チャーシューは、あまりに薄っぺらいので何枚あるのか数えることも出来ないが、味は控えめであっさりしているし、束ねるように食せば、極薄とは言え食感にそれなりの面白みもある。普通に食べさせてくれる一杯だ。
▼MENUへ / TOPへ▲
海鮮みそらーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太麺・やや縮れ
具 白髪ネギ、ネギ、岩のり、小海老、むき海老、タコ、イカなど
2006/02/11 食す。 ★★★☆☆ 619円
海鮮とは言うモノの、魚介の旨味よりも魚介類の食感で色を付けた印象が強い。スープの香りは、甘めの味噌を思わせていたが、口にしてみれば、味噌辛さこそないが唐辛子の辛さでピリリと引き締まっている。味噌の存在感は程々に脂も少なくはないが、口当たりにも適度な重たさがある。平打ちの太麺は、やや縮れており、シコシコとした食感と平打ちの縮れ麺なりの舌触りとで面白さもあるが、スープが味噌ともなると、もう少し麺に力が欲しいところだ。具は華やかの一言に尽きる。乾物の岩のりには、味噌に負けないだけの磯の風味がある。意外に大きなタコ、そして肉厚なイカも、弾力のある食感で楽しませてくれる。揚げた小エビも、カリッ、サクッとした食感。むきエビも、プリっとした食感と、ほんのりと甘みを伴った風味が、味噌一色に塗り潰されがちなスープの中でよく頑張っている。下手な店で800円近い味噌ラーメンを食すことを思えば、この619円に大きな不満はない。
▼MENUへ / TOPへ▲
あっさりコクだし醤油
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、ナルト、ネギ
2005/08/21 食す。 ★★☆☆☆ 298円
『あっさりコクだし』という名前とは裏腹にアッサリ感はない。豚と鶏のガラスープに野菜を合わせたような味だが、魚介の風味は特に感じられず、醤油も中華そば同様に強くない。中華そばとの違いをアピールする為に、意図的に動物系の旨味・味わいを前に押し出したのだろうか?いやらしさのない甘みが強めだが、旨味が化けた甘みばかりではないようだ。麺は平打ちの太縮れ。この店自慢の多加水熟成麺だ。長さは30cmを超えており、シコシコとした食感と喉越しには値段以上のモノを感じる。チャーシューとメンマ、ネギ、ナルト等が盛り付けられているが、チャーシューは極薄。その割にやわらかさはなく、口の中でバサバサするほど。肉の旨味は感じられない。メンマは程ほどに食感を残しているが、正直に言ってしまえば物足りない。このスープ・・・コクはともかくアッサリ感はなく名前倒れ。食していて心躍らず、麺が多少は頑張っているものの、この値段なら許せるといった程度。
▼MENUへ / TOPへ▲
和風つけめん
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太縮れ
具 キザミノリ、天かす、生姜おろし、ネギ
2005/06/18 食す。 ★★☆☆☆ 298円
径24.5cm程の高台丼に麺、小皿に薬味、径14.5cm程の器につけダレ・・・めんつゆと言った方がよさそうだ。魚介がよく利いており、やや濃いめながら飲めないことはない。もちろん油など浮いていないので味わいアッサリだが、薬味で変化を付けながら食すことにした。麺はこの店の自慢の一つ。平打ちの太麺でやや縮れ。この日は、締まり具合も程よく、シコシコとした食感を楽しむことができる。刻みノリと麺を一緒に食せば、口の中に海苔の風味が広がるのは当然のことだが、天かすがすごい。魚介の風味が後退するのは致し方ないとして、小さくてカリカリとした食感が、つゆに入れて少々時間が経っても食感は変わらずカリカリ。油が広がるのも最小限で、フニャフニャになる一般的な天かすとは別物と言っても良い。生姜は、つゆの味わいが変わりすぎるのを恐れるあまり最後の方にしか試せなかったが、清涼感とでも言うのだろうか?つゆがキリっと引き締まる。具らしい具がないこともあり、薬味のネギがもう少し欲しいところだ。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷たい中華そば
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、ナルト、ネギ、ノリなど
2005/05/18 食す。 ★★★☆☆ 514円
冷たい・・・と言うだけあって、器も冷たければ、麺も具もスープも冷たい。麺にヒタヒタのスープを口にしてみれば、控えめな甘さと魚介の風味・・・脂は使われておらず味わいあっさり。濃すぎないので胸焼けはしないが、言ってしまえばメンつゆのようなモノ・・・悔しいが嫌いな味ではない。メンマは適度にコリコリと食感を残しているが、冷たく使うことによって少しは食感が増すものだろうか?チャーシューは相変わらずの極薄スライス。残念ながら味わうべきものはない。特徴的なのが麺の食感だろう。この店自慢の太縮れ麺も、流水で締めることによりコシが強くなりすぎるようで、食感は『十分過ぎる』という域を超えている。さらに多加水ということもありスープとの一体感がまるで感じられない。麺を締めるのは結構なことだが、ゆで時間でも多少は調整して欲しいものだ。とは言うものの嫌いな味ではない。暑い時期には欠かせない一杯。ついついスープまで完食・・・一応ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
港味しおらーめん
ややあっさり
豚骨・鶏ガラ・魚介・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太縮れ
具 チャーシュー、メンマ、ナルト、白髪ネギ、青ノリ、ノリ
2005/05/11 食す。 ★★★☆☆ 514円
港味・・・ネーミングは大事だとは聞くが、今回は完全にやられた形だ。甘さにも似た青ノリの香りが漂っているが、スープは塩と判る程度でトガリはなく、ややあっさり。動物系+野菜+魚介のトリプルスープを謳ってはいるが、私の中では動物系の旨味+野菜のほのかな甘み+魚粉の風味。脂は多めだが重たさはなく、魚介の風味が私の心をくすぐる。スープには小エビがあしらわれており、風味と食感とで楽しませてくれる。麺は太縮れ。熟成多加水麺らしいシコシコとした食感は値段以上の面白みがある。しかし、チャーシューは極薄。やわらかいだけで特に旨味や味がある訳ではない。メンマも、程よく食感を残すと言えば格好は良いが、平たく言えば、物足りない。白髪ネギの周りだけスープの魚介風味が弱いが、よく見てみるとスープの底に魚粉が沈んでおり、掻き混ぜるとスープの色が濃くなり魚介の風味が増す。店としては計算外だろうが、これも変化と言うことはできる。この一杯が514円なら私としては満足。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
節系中華そば
ややあっさり
豚骨・鶏ガラ・魚介・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太縮れ
具 チャーシュー、メンマ、ナルト、白髪ネギ、青ノリ、ノリ
2005/04/14 食す。 ★★☆☆☆ 514円
白髪ネギの上から散らされた青ノリが、風味と彩りを添えている。スープを口に含めば、魚介の風味に続いて、ほんのりとした甘さ。節系を謳い文句にしているが、頑張っているのは魚粉。スープには鶏・豚、鰹、煮干し等を使うそうだが、魚介と言うより魚粉の風味と言った方が良さそうだ。醤油もそれほど強くはなく、あっさりと言う程でもないが、それなりにまとまっている。目を引くのがノリの使い方。縦に半切にしたものを折り返して2枚に見えるように使っている。チャーシューと思しき肉片は、薄くスライスされており、やわらかアッサリだが、何枚あるか数えるのも気が引ける程。麺は見るからに熟成っぽい麺。平打ちのやや縮れた太麺の食感はシコシコしており面白みがある。白髪ネギも辛さは感じられず、青ノリの風味も手伝って食感を楽しむことが出来る。この店なりに魚介の風味を利かせた一杯だが、私の求めるモノとは少し違うようだ。まぁ390円なりの満足感があるし麺の食感には面白みもあると言うことで・・・ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
中華そば+味付玉子
やや?・・・
鶏ガラ・豚骨・野菜
↑画像を
クリック
麺 縮れ麺
具 チャーシュー、メンマ、ネギ、味付玉子、ノリ×1
2004/04/09 食す。 ★★☆☆☆
不満はないが満足には遠い・・・そんな一杯。脂が漂うスープは鶏魚系だろうか?魚介の風味の奥からほのかな甘みを感じる。醤油もたいして強くはないが、チャーシューに僅かに肉臭が残っているようで、最初だけスープから獣臭さを感じた。チャーシューをすぐにやっつけたのは言うまでもない。麺はやや太めの縮れ麺。多加水熟成麺らしいが先日の事を思えば食感に不満はない。チャーシューはロースだろうか?薄く切られているので口の中でバサ付くことはない。控えめな味付けだ。メンマは私にはやや軟らかめながらシャクシャクとした歯応えは残っている。ある意味で不思議なメンマだ。別皿で出てきた味付玉子は少しばかり黄身がバサ付く。昭和29年創業の味と言うのは、このラーメンのことらしいが、私は満足できなかった。値段が\390円だからいいものの、これが\600円なら大半を残しているだろう。化調もそれなりで、スープを飲み干そうなどとは考えることはできなかった。
▼MENUへ / TOPへ▲
しおらーめん+半熟玉子
やや?・・・
鶏ガラ・豚骨・野菜
↑画像を
クリック
麺 縮れ麺
具 チャーシュー、メンマ、ネギ、半熟玉子、ノリ×1
2004/03/30 食す。 ★★★☆☆
黄金色のスープには多くの脂が浮いている。スープから立ち上る香りは調味油のものだろうか。鶏ガラ系だと思われるやや塩が強いスープを、良い香りが包み込んでいる。麺はやや平たい感のある縮れ麺。やや軟らかいかなと思ったが、意外に適度な食感がある。面白い麺だ。多加水熟成麺であることは後で知ったことだ。メンマも私にはやや軟らかい。それでいてシャクシャクとした歯応えがある。薄切りにされたチャーシューはロースだろうか。あっさりしている。大きさが不揃いなところをみると重さで盛りつけるか。特筆すべきは半熟煮玉子だ。別の器に盛られて出てきたが見た目は温泉玉子と言ってよいだろう。白身も黄身もプルプルトロトロだ。食後、舌先に違和感が残るのが難だが、さすがに勢いのあるチェーン店らしく値段以上の味わいを感じた。調味油の香りに依存した感は拭いきれないが、それなりにバランスの取れた一杯だと思う。
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー
調査日:2006年12月23日
中華そば 304円 トッピング
みそらーめん 409円 千切りねぎ 105円
しおらーめん 409円 メンマ 105円
こってりら−めん 409円 コーン 105円
韓流らーめん 514円 バター 105円
野菜らーめん(みそ味) 514円 味付玉子 105円
野菜らーめん(しお味) 514円 ザーサイ 105円
ざるらーめん 409円 炒り子 105円
ワンタン中華そば 514円 チャーシュー 210円
みそねぎらーめん 514円 辛しトッピング(1辛〜5辛) 1辛31円
担々麺 619円
旨とろチャーシューめん 724円
旨とろみそチャーシューめん 724円
海鮮野菜らーめん(しお味) 724円
海鮮野菜らーめん(みそ味) 724円 麺大盛り 105円


HOMETOP