めんさいかんらくや
麺菜館 楽屋
メニューへデータ転送FileNo360
おすすめ度
サービス度

醤油塩味噌担々麺辛冷麺他

岡崎市六名南1-5-3
営業時間
(日・祝)
11:00〜15:00,18:00〜24:00
11:00〜15:00,17:00〜22:30
定 休 日 水曜日
アクセス 愛知環状鉄道六名駅より約300m
名鉄名古屋本線岡崎公園前より約1.9km
JR東海道本線岡崎駅より約2.3km
駐 車 場 あり
カウンター -席
テーブル -席
座 敷 -席
電話番号 0564-71-4559
※営業日・営業時間等の情報は 2007.07.10現在のもの
禁 煙 × 水・お茶 ファミリー
券売機 × おしぼり カップル
無化調 × 新聞雑誌 車椅子
自家製麺 × マンガ本 -
BGM - ランチセット -
敷地内に今は使われてない看板が立っており、この店の歴史を静かに物語っている。店内は、カウンター席とテーブル席。テーブル席がメインの店だ。落ち着いた雰囲気の店だ。    



も潮そば
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー、メンマ、ネギ、生のり、梅干しなど
2007/11/25 食す。 ★★☆☆☆ 790円
梅干しが別皿に出てきたが、こんな立派な梅が必要だったのだろうか?ネギと生のりをかき分けてスープを口にしてみれば、塩はなんとか判る程度で、言いようによってはヘルシー。とてもアッサリしているが、厚み不足・・・もう少しコクが欲しい。ネギには特に辛味はなく、彩りと食感をスープに添えているが、生のりは多く使われている割に甘味も香りも期待した程ではない。このネギと海苔の下には、チャーシューなどが隠れている。あえて焼豚と呼ぶが、厚みも手伝って適度に噛み応えがあり、味もそこそこに染みているが、ちゃんと肉の味もする。玉子は白身に味ほんのり、黄身はしっとりと悪くはないが、メンマは私と合わないようで、歯応えは悪くないものの、甘味が少々気になる。細ストレートの麺は加水が低めで、歯切れの良さがある。最後に梅だが、スープに入れて少し突いただけで、あるかないか判らないようなスープの持ち味が全て飛んでしまった。やわらかい酸味で後口サッパリだが、満足することは出来なかった。
▼MENUへ / TOPへ▲
担々麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 肉味噌、ネギ、チンゲンサイ、ピーナッツ
2007/09/23 食す。 ★★★☆☆ 790円
クラッシュしたピーナッツだけでなく、粉末に近いモノまで使われていて、好奇心がフツフツと湧いてくる。サラっとしたスープの表面に胡麻の層が広がっている。胡麻の力強さは今ひとつだが、それでも胡麻の存在感は十分。辛さも汗ばむ程度で、酸味も強すぎず、口当たりはサッパリ。四川の担々麺のような香りはないが、ピーナッツがスープに食感とコクを添えているのが面白い。ミンチは味噌をベースにした甘めの味。いわゆる肉味噌だが、味に深いものがある。ただ、麺を何度か持ち上げている内にスープに散り散りになってしまう。ネギの上に肉味噌を盛り付けた方が良かったか?麺は細めのストレート。加水は低めで、シコシコとした歯応えが意外にスープとも合っている。ついついスープを飲み干してしまったが、器の底に残ったミンチとピーナッツをかき集めるようにして口へ運ぶ。多少値が張るが満足できる一杯。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷し中華
あっさり・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー、トマト、玉子焼き、キュウリ、菜、水菜など
2007/07/10 食す。 ★★☆☆☆ 880円
3年前の記録では『冷やしそば(892円)』となってはいたが、この年は堂々と『冷し中華』と貼り出されているので、冷たいラーメンであるはずがない。麺の下には醤油ダレ。そして上からは胡麻ダレ。最近増えてきたスタイルだが、麺の長さによっては、それぞれのタレの味を楽しむことは難しい。結局、口の中で二つの味が合わさってしまう。醤油ダレは、甘さは特に感じられなかったが、ツンツンくるような酸味がある。胡麻ダレは、すり胡麻も使われているようで、濃厚というのではなく、胡麻の味わいに太さが感じられるし、胡麻油の香りも感じられる。別皿のキュウリ、玉子焼き、トマトなどは、白い器に映えて彩りの美しさがあるが、キュウリの食感にみずみずしさがないのが残念。チャーシューも含めて同じ長さに切られていて、丁寧な仕事振りがうかがえるが、別々にしなければならないような理由を、私は思いつかなかった。あっさりサッパリと食べることが出来るが、割高感は否めない。
▼MENUへ / TOPへ▲
支那そば
ややあっさり・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 やや縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、ノリ、揚げ玉葱
2004/09/26 食す。 ★★☆☆☆ 609円
いびつな形をした器に盛り付けられたラーメンとは別に、もう一皿・・・揚げ玉葱だろうか?別になっているからには、何か狙いがあるのだろう。一口スープを口にしてから揚げ玉葱を入れてみた。スープは豚骨鶏ガラ系だろうか?味わいはマイルド。じんわりとした甘さの奥から・・・それなりの深みのある味わい。揚げ玉葱などと一緒にスープを口に含むと、更に甘味が深まり、芳ばしい風味が加わる。が、別にしなければならない程の繊細さや、風味は感じられない。麺はやや細めで概ねストレート。食感は申し分ない。チャーシューはタレがよくしみており、一噛み一噛み味わい深い。ネギは、白ネギを斜め切りにしたものと刻んだものが盛り付けられている。煮玉子ハーフは白身やわらか黄身トロリと半熟。メンマも歯応えがしっかり。全体として特に大きな不満はないのに・・・なぜか心が 満たされない。悪くない・・・無難な一杯と言ったところだ。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩魚汁五目そば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 やや縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、キャベツ、白菜、ニンジン、シメジ、キクラゲ、アサリ、エビ、筍、シメジ、鶉、ノリなど
2004/06/13 食す。 ★☆☆☆☆ 819円
『塩』の文字を見つけて条件反射的にオーダーしてしまった。ハクサイ、キャベツ、ニンジン、シメジ、キクラゲ、アサリ、筍、エビ・・・麺が見えない程の具で覆い尽くされている。スープを口にしてみれば、やや生臭い魚の風味と塩っ辛さ。塩魚汁(しょっつる)を使うらしい。魚醤の一種でナンプラーやニョクマムと同種とされるものだが、魚介の風味を重んずる私でも・・・好みの風味ではない。野菜などの甘味がスープにうつった為か?塩っ辛さは最初だけだったが、私の理解を超えた味わいだった。麺はやや細めの縮れ麺。食感は良いのだが、スープが麺に絡むのは、ある意味で悲しい現実だった。五目の具に混じってチャーシューとメンマ。チャーシューは脂身少なく、やや硬めの歯応えだが不思議とバサ付かない。平たく切られたメンマは味付けにゴマ油でも使ったのだろうか?食感はともかくとして味わいは良かった。塩汁の個性が強すぎて、最後まで食べることが出来ない・・・ごめんなさい。

メニュー
調査日:2007年07月10日
支那そば 610円 陶板焼チャーハン/ネギベーコン 920円
ちゃーしゅーめん 830円 陶板焼チャーハン/肉味噌かけ 920円
も塩そば 790円 陶板焼チャーハン/鮭マヨチーズ 970円
五目そば 830円 陶板焼チャーハン/麻婆豆腐 970円
五目かた焼そば 830円 チャーハン 610円
楽屋めん 830円 ライス 200円
味噌楽屋めん 900円 1/2ライス 120円
焼きぶた楽屋めん 950円 大盛り(チャーハン) 100円
からあげ楽屋めん 950円 大盛り(陶板焼きチャーハン) 150円
担々麺 790円 大盛り(麺類) 50円
酸味と辛味の楽屋めん 900円 サクサクポテトの特製サラダ 510円
  〃  (とき卵入) 950円 アイスクリームの揚げ春巻 520円
冷し中華 880円 杏仁豆腐 280円


HOMETOP