らーめんどころつるぞう
らーめん処 鶴三
メニューへFileNo368
おすすめ度
サービス度
★について
http://raou.jp/shop/368.htm
バーコード読み取り機能付携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報をメールに転送する場合はこちら→をクリック
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→

スープの種類について醤油塩味噌

閉店(2006年5月29日)
三重県四日市市生桑町163-1 地図を表示
営業時間
(土日祝)
11:30〜16:00,17:00〜22:00
11:30〜22:00
定 休 日 火曜日(祝日の場合は営業)
アクセス  
客  席 カウンター:あり,テーブル:あり
駐 車 場 あり
電話番号 0577-32-0299 電話をかける際の注意
備  考  
※営業日・営業時間等の情報は 2006.05.20現在のもの
禁 煙 - 水・お茶 ファミリー ×
券売機 × おしぼり - カップル -
無化調 × 新聞雑誌 - 車椅子 -
自家製麺 × マンガ本 - 店舗詳細データについて
BGM - ランチセット -
東京での2年におよぶ修行の末、2002年11月頃この地に開店・・・東京がんこの味を守る店だ。店内はカウンター席のみ。落ち着いた色調の木材がふんだんに使われている店内には清潔感がある。この店は一度に四杯しか作らないそうだが、さて・・・



出会い
2018/--/-- 評価について
webサイトの運営が軌道に乗り出したのは、ある情報誌に取り上げていただいてからだった。私の職場に営業に来た結婚情報誌の担当者にラーメンのことを話したのがきっかけで、この担当者が私のことを紹介してくれたのがきっかけだった。その情報誌が発売されてからアクセスが急増し、先輩のラーメン・フリークからメールが来て、三重までラーメン食べに連れて行ってもらった。当時は愛知県外を視野に入れてなかったのでレポートをUPしなかったが、すぐに方針が変更された理由のひとつは、この先輩フリークの「食べるラーメンがなくなって県外に食べに行くようになる」という言葉だった。残念ながら、この先輩フリークとの親交は長くは続かなかったが、今では立派な作り手となっているらしい。
▼MENUへ / TOPへ▲
梅しそ塩
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細めのやや縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、大葉、梅ペースト、海苔など
2006/05/20 食す。 ★★★★★ 700円 評価について
一口スープを口に含めば、アッサリとした味わいの中にスッキリとした辛さ。その塩っ辛さの奥からスープの厚みがしっかり伝わってくる。この店はなんと言っても塩だ。中央に盛り付けられているのは梅のペーストと細く切られた大葉。麺は細めの縮れ。スープの力強さを受け止めるだけの食感がある。大葉と一緒に麺を口にすれば、口の中に清々しい風味が広がり、梅ペーストと一緒に麺を口にすれば、スッキリとした酸味が加わる。麺を数度すすると梅ペーストがスープに馴染み、スープを赤く染めていき、スープ全体が程よい酸味に包まれる。チャーシューは脂身もなくあっさり。しっかりと肉の味が伝わってくる。メンマの食感は私には少しばかり物足りないが、素直な味に好感が持てる。大葉に梅と二度の変化を楽しむことが出来きて、最後まで退屈しない一杯。スープを綺麗に飲み干して、言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
味噌
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細めのやや縮れ
具 チャーシュー×1、ネギ、のり、コーン、背脂など
2005/11/20 食す。 ★★★☆☆ 700円 評価について
味噌もしょっぱいかも?という先入観があったが、そうでもなかった。味噌は『中間』ということもあって、スープの表面には適量?の背脂が見られる。その背脂に混じって唐辛子の赤色がチラホラと見られる。スッキリとした味噌辛さに、背脂がコクと僅かな甘みを加え、唐辛子がピリっとアクセントを添えている。味噌辛さとコーンやさやエンドウ?の甘みとが好対照。さやエンドウ?の中身は限りなくグリーンピースに近い状態で食感にも面白みがあるし、背脂を使っている割には口当たりが軽めだ。斜め切りにされたネギも、ほどよいネギ辛さをスープに添え、チャーシューはロースだろうか?やわらかさの中にも適度な噛み応えがある。麺は細めのやや縮れ。ほどよくコシがあり舌触りと喉ごしが印象的だ。もっとキリキリっとした味噌辛さを想像していたが、味噌としてはスッキリしていて悪くない。完食に値する一杯ということで、ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
醤油あっさり
あっさり・・・
豚足・モミジ・魚介・・・
↑画像を
クリック
麺 細めのやや縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、ノリ×1、ネギ
2005/04/10 食す。 ★★★☆☆ 評価について
麺にひたひたのスープをレンゲで口に含んでみれば何より先に塩っ辛さ・・・醤油自体は大して強くはない。あっさり醤油で脂がほとんと見あたらないこともあり口当たりが軽く、スッキリした感がある。醤油中間のことを思うと背脂がないだけに塩っ辛さがストレート。多少は脂の甘みがあった方が味わいに深みが生まれるようだ。麺は細縮れ。固めに茹で上げられており食感には不満はないし、スープの持ち上げも良く麺を食していても塩っ辛さを感じる程だ。メンマは程よく食感を残し、チャーシューは控えめな味わいが肉の風味を前に押し出しているが、やや力不足か。スープの旨味はかなり控えめだが塩っ辛さでキリっとまとめ上げた一杯。スッキリした味わいだが、スープを飲み干すのは、脂とは別の観点で身体に悪そうだ。単調になりかねないので、背脂で多少味わいを深めて、大葉などで風味を補強しておくのが無難か・・・ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
醤油中間
あっさり・・・
豚足・モミジ・魚介・・・
↑画像を
クリック
麺 細めのやや縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、ノリ×1、ネギ
2004/11/22 食す。 ★★★★☆ 評価について
18.5cm程の白い器は、高台も含めて高さ7cm程と浅めで小振りだ。スープを口にした第一印象としてはアッサリ・・・そしてスッキリといったところ。醤油辛さはないが、塩っ辛さがあるが、『塩』ほどではない。塩は『タレの量を間違えたでしょ!』と言う人がいてもおかしくない程だ。スープには細かな背脂が浮くが、『こってり』を頼むと背脂が多くなるらしい。多少はスープのコクを深めているのだろうが、次は『あっさり』を頼みたい。麺は細縮れ。かために茹で上げるらしいが、スープの絡みもよく、スープとのバランスも取れており、食が進む。チャーシューは、相変わらずのやわらかさ。ホロホロと崩れるのが難だが、味も控えめでスープの味わいを損なうことはない。斜め切りにされたネギが少々歯に障る。煮玉子は黄身しっとりと一般的な出来具合だ。迷うことなくスープまで完食。後味も良い。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
しそ塩
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細めのやや縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、ノリ×1、大葉、ネギなど
2004/06/27 食す。 ★★★★★ 評価について
一度いただいた事があったが、同じものを頼んでしまった。スープの色は驚く程に澄んでいる。豚足、モミジと魚介などでとったスープに、強めの塩。一歩間違えばトゲを感じるところだろうが、ギリギリの塩梅で、あっさり、すっきりとしたスープをキリリと引き締めている。そのスープの味わいに爽快感を加えるのが器の中央に盛り付けられた大葉。ネギの風味も良く食が進むこと間違いなしだ。キリっとしたスープを受け止めるのが関東から取り寄せると言う細めのやや縮れた麺。しっかりとした食感は私好みだ。チャーシューは箸で持ち上げようとするとホロホロと崩れるほどのやわらかさ。肉の風味を活かした味わいが心憎い。前回はあまり気にならなかったが、この日はスープの塩っ辛さが印象に残った。店主の話によると、薄めのオーダーが多いそうだが、それもうなずける。この日、3杯目のラーメンだったが・・・スープまで残さず完食。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー
調査日:2006年05月20日 メニューについて
醤油あっさり 600円 麺の大盛り 100円
醤油中間 600円 味付け煮玉子 100円
醤油こってり 600円
600円 みそ(中間) 700円
しそ塩 700円  チーズ 100円
梅しそ塩 700円  コーン 100円


HOMETOP