はないち
華壱
メニューへFileNo403
おすすめ度
サービス度
★について
http://raou.jp/shop/403.htm
バーコード読み取り機能付携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報をメールに転送する場合はこちら→をクリック
醤塩味辛い冷つけ麺他
豊明市西川町長田1-18
営業時間 11:30〜14:00,18:00〜22:00(L.O.21:45)
定 休 日 火曜日・第2・4月曜日
アクセス 名鉄名古屋本線前後駅より名鉄バス祐福寺線。『中央公園亭』より約400m
客  席 カウンター:10席
駐 車 場 あり(11台)
電話番号 0562-95-1331
備  考 オープン:2004年8月
※営業日・営業時間等の情報は 2008.12.26現在のもの
禁 煙 水・お茶 ファミリー
券売機 × おしぼり - カップル
無化調 新聞雑誌 - 車椅子 ×
自家製麺 × マンガ本
BGM - ランチセット -
店主は、三吉が萱場にある頃から厨房に立っていたというから、修行期間は一年以上・・・三吉系の中では長い方だ。厨房を囲むようにL字型に配されたカウンターが10席ほど。店内は明るく広々としている。



あごと片口の冷やしそば
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、刻み海苔、胡麻など
2017/08/28 食す。 ★★★★☆ 800円
私が初めてこのラーメンをいただいたのは今年5月31日だが、その後も継続して提供されているようだ。ラーメン3杯とまぜそば1杯の計4杯のオーダーに追い抜かれたが、冷製は手間がかかるのでしょうがない・・・と思う。短期間に食べ直したのは、まだまだ私自身が納得出来てないからだが、やはり感じ方はほぼ同じ。魚介が鋭くて、口の中に魚介の風味と旨味がジーンと残るほど。魚介が突出しているので、甘味、塩味、酸味、苦味などが捉えきれていないが、前回いただいたものより、甘味を捉えることが出来たような気がした。多少の苦味や渋味などは魚介の風味と一体となっている可能性もあるが、バランスの麺で、調整の余地は残っているのかもしれない。これだけ主張するスープなのに、麺と一緒に持ち上がらないのか?麺をすすった後に、レンゲでスープを口に含まずにいられない。等々と文句を言っているように聞こえるかもしれないが、この店は何をいただいても美味しい。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷しそば醤油
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、刻み海苔、胡麻など
2017/08/02 食す。 ★★★★☆ 800円
今年は、塩、白醤油、醤油の順にレギュラーの冷やしをいただいたが、今年のイチオシは醤油かな?店主を除くメンバーが入れ替わり、オペレーションや盛り付けが昨年までのものと変わり、チャーシューの炙り方も申し訳程度になって温もりを感じることもない。その中でも、5月にいただいた塩のスープが一番トロンとしていて良かったが、この日いただいた醤油は、キリキリっとスッキリしていて良かった。冷たいながらにコクもあって、炒り胡麻の食感もいい。冷やし専用の赤みを帯びたチャーシューは、炙り時間1,2秒。脂身が少し溶けかかればいいのだろうが、昨年までのもののようにチャーシューが温もりを帯びることはなく、丼ぶりが出てきた直後でも口の中に温度差が生じることはない。それでも肉そのもののがいいので、冷たいながらに肉の旨味が伝わってくる。と、細かいところを掘り下げてみたが、美味しいことに変わりはない。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷しそば白醤油
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、刻み海苔、胡麻など
2017/07/03 食す。 ★★★★☆ 800円
冷しそばは表向き、醤油、白醤油、塩の三種類があって、スープの色を醤油っぽい色合いから、徐々に淡くなっていく。その中間に位置する白醤油は、スープの色が淡くなった分だけ表層の香味油みたいなもののが判りやすい。見た目のスープの色よりは、味がハッキリしているものの、強すぎる訳ではない。魚介の風味ビシっと伝わってきて、素直に美味しいと思わざるを得ない。日によってスープのトロミ加減が違うのだろうか?この日は麺があまりスープを持ち上げてくれないので、麺を追うようにレンゲでスープを少しずつ口へ含んだ。中細の少し縮れたような麺は、締めてあるとは言え、グキグキするようなことはない。冷し専用のチャーシューも、味や香りが主張しない代わりに、冷たいながらに肉そのものの旨味が判りやすい。店員さん達も慣れてきたのか?店主がピリピリすることもなく、美味しくラーメンをいただくことが出来た。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
あごと片口の冷やしそば
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、刻み海苔、胡麻など
2017/06/10 食す。 ★★★★☆ 800円
本日限定とは言うものの、仕様を変更しながら単発的に提供されると信じている。店員二人への店主の怒りがビシビシと伝わってくるのは、食べるのに適した環境ではないが、一時的なものだと思いたい。レギュラーの冷やしそばと違い、スープが茶濁している。味としては塩だが、かなり判りやすい。トビウオと片口イワシかな?魚介の効き方がいつもより鋭いので、ややバランスを欠いたような印象を受ける。どこかしら香ばしさを伴った魚介の風味は、軽快と言えば聞こえはいいが、レーダーチャートの一角が欠如したかのように、何か甘味だか旨味が足りないように感じる。美味しくないと言っている訳ではない。これが他の店で出てきたら、手放しで褒めていると思う。この店だからこそ、もっと美味しいハズと思ってしまう。チャーシューは丼ぶりに盛り付けた後に、1,2秒炙るのみ。昨年までのものと違い、チャーシューにまったく温もりはない。店員が育つのを待つしかないか。とは言え800円に見合った美味しさ。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やしそば 塩
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、刻み海苔、胡麻など
2017/05/31 食す。 ★★★★☆ 800円
今年も冷やしそばの提供が始まった。醤油、白醤油、塩のどれをいただいても美味しいのは判っているので、何も考えずに塩を頼んでみた。丼ぶりの向きにこだわりがないのか?チャーシューが手前だったり奥だったりするが、見た目は例年のものと変わりない。トロミが強くなったかな?と思うのは気のせいだろうか。塩も判りやすく、魚介もしっかり効いているし、見た目以上にコクもある。中細の縮れ麺が、スープをよく持ち上げてくれる。チャーシューはまだ温もりを残していると思ったら、それが感じられない。店員の顔ぶれが様変わりしているのと関係があるのだろうか?それでも肉そのものに変わりはない。旨味はしっかり伝わってくる。玉子は、こんなに味が強かったのかな?見た目を通りと言えばそれまでだが、この丼ぶりの中では主張し過ぎているように思えた。多少の感じ方の違いはあったとしても、美味しいことに変わりはない。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
春塩はまぐりそば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・縮れ
具 はまぐり、タケノコ、春菊、煮玉子1/2、ネギなど
2017/04/19 食す。 ★★★★☆ 830円
はまぐりを使った中華そばは、毎年この時期だけ提供される。ぱっと見た目、昨年と大きく仕様は変わらないようだが、「少し味が強く感じられる」と店主に話を振ると、「和ダシを強くした分、はまぐりが強く・・・」と返ってきたので、昨年よりは和ダシが効いているのだろう。中華そばの塩や醤油より、重厚感があるが重たくはない。茶濁していて見た目以上にコクがある。塩も判りやすいが、はまぐりの旨味もジーンと舌に来る。殻付きのはまぐりは、4つだったかな。身がプリっとしていて旨味も強いが、貝柱が取りにくい。ラーメンなので手は使いたくない。箸で取り切れないのがもどかしい。春菊は、子供の頃ならトマトに匹敵するほどの拒絶反応を見せたのだろうが、大人になった今では嫌いというだけで口にすることは出来る。タケノコは穂先のやわらかい部分が使われていて、ザックリとした食感と独特の香りを楽しむことが出来る。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
海老のまぜそば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太・縮れ
具 チャーシュー、メンマ、卵黄、海老餡、モヤシ、キャベツなど
2017/02/24 食す。 ★★★★☆ 850円
生クリーム仕立て〜と書き添えられている割に、生クリームが目立っていない。それでも、店主に話によれば、まろやかに仕上がっているらしい。極太の縮れ麺の下にあるタレを口にしてみても、期待したほどに海老エビしていない。海老の主力・・・本隊は、麺の上に盛り付けられて海老を使った餡だ。海老の身がふんだんに使われていて食感と風味を楽しむことが出来る。かき混ぜる前にモヤシも味わって欲しい。ほんのり辣油が効いていて香りがいい。で、全体を混ぜ混ぜする訳だが、断然に混ぜ合わせた方が美味しい。卵黄を混ぜ合わせるかは好みの問題だが、私は卵黄を割っても混ぜ合わせることはしない。麺を絡めていただくようにしている。極太の縮れ麺は、弾力があるが噛み応えもしっかり。長さ20cmほどだが、それでも跳ねるのが怖い。食べ終わった丼ぶりに大粒の背脂が残る。どこに使ってあったのだろう。私にはやや重たいけど、海老を楽しむことが出来て満足。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
中華そば 醤油
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、海苔など
2017/02/18 食す。 ★★★★☆ 730円
一瞬、魚醤にしようか?と迷ったが、頼んだのは醤油。ひと言で言うなら・・・美味い!久しぶりということもあって、ひと口目に醤油が強めに感じられたが、スープは見た目よりも全然厚みがありながらも重たさはなく、魚介の風味にも芯が通ったような力強さがある。中太の縮れ麺は長さ20cmほど。少しプリっとしているが、スープとも合っている。一時期、麺の強さが気になっていた頃があったが、ここ2年ほどはそう感じたことはない。チャーシューは、グルグルっと絵に描いたように巻いてある。5mmほどの厚みがあって、肉の旨味も十分。仕入先は、変わってなければミートアカイのハズだ。どうしえ板海苔をこの大きさで使うのだろう?今さらになって疑問が湧いてきた。もっと大きくてもいいし、刻み海苔でもいい。どういう意図があるのか興味があるが、最近は店主と言葉を交わす機会はない。この美味しさで730円というのは衝撃的。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
中華そば 白醤油
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、胡麻など
2016/11/23 食す。 ★★★★☆ 750円
名東店のことを店主に聞きたくて店を訪ねただけなので、頼むものは何でもよかった。 ところが、私の思惑を察したのか?店主が近寄ってこない。私も敢えて声もかけることはしなかった。そして中華そば白醤油。塩や醤油より20円高いことに、今さら気が付いた。しかし、いつものことながら相変わらず美味しい。そして、スープの香りがふくよか。安易に魚粉を使う店が増殖する中で、魚粉に頼らずに魚介の風味の輪郭がはっきりしている。微妙に澄んではいないが、醤油としては味は強くない。それもいいところのひとつ。私の中ではもう中細とは言わないくらいの太さの麺は、スープに対して強めに感じていた時期もあったが、この日は食べ始めから食べ終わりまで気になることはなかった。それは粒胡麻も同じで、使わなくてもいいんじゃないかな?と密かに思っていたが、この日は邪魔に思うことはなかった。何はともあれ美味しい一杯。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やしそば 魚醤
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、刻み海苔、胡麻など
2016/07/15 食す。 ★★★★☆ 830円
メニューにのってないものでも、無理がない限り頼めば作ってくれる。昨年に続いて冷やしそば魚醤。昨年いただいた時には山葵は添えられてなかったし、ネギの使い方も異なる。メニューにのってないだけに、細かな仕様まで決まっているかも定かではない。魚介の風味・旨味がグイグイ押してくるような印象を受けたのは、最初のひと口ふた口。ああ、やっぱり美味しい・・・と思ってしまうと、冷やしの醤油と並べておいて食べ比べないと違いなんて判らないよ・・・となってしまう。当然のことながら、味としては醤油。それも強め。あたたかい魚醤と違い、魚介を使った餡は見えるところには使われてない。中細の縮れ麺も、いつもと同じようにかためなのだろうが、スープが強くなったのか?気になることはなかった。食べ終わった丼ぶりの底に、少リュの節らしいものが残っていた。さて、冷やしのレモンにいくべきか?迷うところだが、まずは言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やしそば 醤油
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、刻み海苔、胡麻など
2016/07/02 食す。 ★★★★☆ 830円
周囲に「美味しいラーメンばかり食ってないで、美味しくないものも食わなかんよ」と言っておきながら、ついつい食べに行ってしまう華壱。実はレポートにしてないものも多い。そんな中で今年二杯目の冷やしそば醤油・・・やっぱり美味い。店主が言うには、メニューにない冷やしレモンや冷やし魚醤を、普通にオーダーする人がいるらしく、ピーク時でも提供できるとのこと。冷やし台湾はどうか?店主に尋ねたところ、台湾ミンチが温かいらしく、スープがぬるくなるのを気にしていたが、温度差を楽しむのも食べ方のひとつと話していたので提供は可能なのだろう。まぜそばを冷やしで頼むとどうなるのだろう?麺が冷や盛りになって、冷やし用のチャーシューを使う位かな?ただ、冷やしの味噌は頼まない方がいい。確かに以前は提供されていたかもしれないが、現在提供中のラーメンの為に用意されている食材からは、まるで完成形が見えてこない。さて、今日も美味しくいただきました。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やしそば 白醤油
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、刻み海苔、胡麻など
2016/06/10 食す。 ★★★★★ 830円
醤油と塩に続いて白醤油。3杯並べておいて食べ比べでもしないと「美味しい」のひと言で終わってしまうと言い続けておきながら、今年はこの白醤油が一番美味しかったかもしれない。醤油に比べて白醤油の方が醤油辛さの強さが抑えられ、少しだけ塩っ気が増したような印象を受けたが、味わい深さには、より深いものが感じられる。醤油と白醤油とでは、大豆と小麦粉の分量に違いがあると聞くが、白醤油の方が味の主張が抑えめのようだ。醤油よりも塩の方が味としては好みだったが、なぜか麺との一体感に欠けているよう感じられた。それが、この白醤油ではスープそのものとタレとのバランス、スープと麺とのバランスも申し分ない。不思議なもので、醤油よりも塩よりもスープのトロンとした感じが強かったような気がするし、チャーシューも肉ニクしさの中に塩っ気が感じられた。と言うことで、今年のイチオシは白醤油。スープを飲み干して言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やしそば 塩
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、刻み海苔、胡麻など
2016/06/09 食す。 ★★★★☆ 830円
2006年頃から800円だった冷やしも、今年から830円。まぁ800円でも830円でも、お値段以上の満足感があることに違いはない。醤油に続いて塩・・・毎年言っていることだが、醤油、塩、白醤油と三杯並べておいて食べ比べないと違いなんて判らないだろう。なぜなら「嗚呼、やっぱり今年も美味しい」の一言で終わってしまうからだ。とは言え、やっぱり少しは受ける印象は異なるもので、麺のスープの持ち上げが醤油に比べると少し弱いのかな?単に私が何度も麺を咀嚼するものだから、味が欲しくなってスープを口に含み直してしまうだけかもしれない。チャーシューも冷やし専用のものが3枚。脂身の舌触りも良いが、味が控えめということもあって意外に肉ニクしさがある。粒胡麻はあった方がいいのかな?たいして主張していない。冷たいスープはお腹に酷だと判っていても、飲み干さずにはいられなかった。嗚呼、やっぱり夏は華壱!言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やしそば 醤油
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、刻み海苔、胡麻など
2016/06/08 食す。 ★★★★☆ 830円
5月のいつ頃から冷やしが始まったのだろう?いずれにしても今年も冷やしの季節がやってきた。今年は醤油からいただくことにしたが、下品に言えば「んめぇ〜」、お上品に言えば「美味しい」。その一言で終わってしまってもいいところだが、苦言を呈するとすれば、店員が濡れた手でお代を受け取って、濡れた手でお釣りを返したこと位か。たかがお金を受け取るだけなのに腕がゾクゾクとした。さてさて、醤油としては味が強めだが強すぎることはなくて、キレのある味。魚介の風味がしっかりと効いていて、日本人なら唸らずにはいられないだろう。スープも冷たすぎず、それでいて十分に冷たく、全体としてはスッキリとした印象。刻み海苔は、一度持ち上げた麺で挟み込むようにして口へ運んで。2,3回で風味を楽しみたい。玉子の黄身は、しっとり&ジュクジュク。スープに影響しない程度の味が付いている。嗚呼、今年もやっぱり美味しい。言わせていただきます。ごちそうさまででした。
▼MENUへ / TOPへ▲
春塩はまぐりそば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・縮れ
具 はまぐり、タケノコ、春菊、煮玉子1/2、ネギなど
2016/04/17 食す。 ★★★★☆ 830円
毎春恒例のはまぐりそば。春菊、タケノコ、はまぐり と春らしい食材が使われている。 今年は一段とスープの香りが増したようなところがあって、いつもの中華そばより香り高いように感じられたのは気のせいではないハズ。いつもの和ダシ感よりジーンとくるものがあって、奥行きがあってふくよか。一応中細というのかな?私にはもう少し太めに見える。弾力がやや抑えめで食感もかためだ。このラーメンの主役はなんといっても蛤。チャーシューをのせないことを潔く思えるのは私だけだろうか?ぷっくりとした大きな身は、独特の旨味と食感を楽しむのには十分だが、貝柱を取りきれないことに罪悪感を覚えてしまう。メンマがグレードアップ?してタケノコ。大きめに切られていてザックリとした食感。僅かに酸味が感じられる。春菊は、私の苦手食材のひとつ。香りが強い菜類はどうも苦手だ。しばらくスープに沈めておいてから口に運んだ。スープと麺と具の内で、スープが減るのが圧倒的に早い。今年も美味しかった。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
まぜそば4
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太・縮れ
具 チャーシュー、メンマ、卵黄、辛ミンチ、モヤシ、キャベツなど
2016/04/09 食す。 ★★★★☆ 850円
仕事の日のお昼だったのでニンニクは断ったが、フライドガーリックが少し使ってある。たいした量でもなかったが、一度口にしたら気持ちを割り切るしかない。ただ、心配するほどではない。麺の下には辛そうな色をしたラー油やらタレ。店主が言うには、朝鮮の唐辛子を使うらしい。攻撃的な辛さではなく味わえる辛さ。辛さの根底に旨味・甘味があるのも判るが、発汗作用が強く、後で鏡を見ると少し紅潮しているのが判るほど。極太の縮れ麺は、かたすぎず適度な弾力と食べ応えがある。卵黄はレンゲの中で割って麺に絡めたが、コクや舌触りだけでなく温度差を楽しむことも出来る。そう、卵黄は冷たい。モヤシもピリ辛で、たかがモヤシも存在感がある。それを思えば、ミンチは台湾ラーメンにありがちな醤油辛さはないが、食感と共に主張するだけの味がある。おろしニンニクを使って初めて完全体となるか。それでも食わせる力は十分。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
まぜそば1
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー、メンマ、卵黄、魚介餡、モヤシ、キャベツ、など
2016/03/03 食す。 ★★★★☆ 780円
まぜそばをいただくのは何年ぶりだろう?この店は何をいただいても美味しいのは判っているが、やはりスープがないものを手放しで褒めたくないという思いから、いただく機会は多くない。麺をかき分けて丼ぶりの底を覗いてみれば、背脂混じりの茶濁した液体。魚介の風味を帯びて、和の趣きがある武骨な力強い味。太縮れ麺を食わせるのに十分な味と風味の強さがある。麺には強い噛み応えがある。この麺に卵黄を絡めたり、魚介の餡を絡めたりして、風味や舌触りの違いを楽しむことが出来る。だから、闇雲にかき混ぜるのはお勧めできない。モヤシには胡麻ラー油かな?いい香りがついていて、ヒリヒリっとした辛さに箸も進む。このモヤシが少なめなのがいい。代わりに多いのが茹でキャベツ。やさしい甘味がある。この店の中華そばに職人をイメージするとしたら、まぜそばには武芸者のイメージがある。私にはちょっと量が多いけど、言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
つけそば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、粒胡麻、柚子の皮、海苔など
2016/01/24 食す。 ★★★★☆ 780円
私がつけそばを頼むのが久しぶりであることを、店主も知っていたようだ。最後にいただいてから10年が経つが、名東店でいただいたばかりであることを店主は知らない。つけ汁の味は確かに強めだが、甘味あり辛味ありで味わい深いものがあるし、味の強さに押されながらも魚介の風味も伝わってくる。牛脂の量が多くても、つけ汁にコッテリ感はない。つけ汁の器に潜むチャーシューは、名東店に比べると小さめで形も崩れ気味。柚子の皮を干したものが小さく刻んで使ってあるが、風味は本当にさりげない。太ストレート麺は、もっちりとした弾力の中にも適度な噛み応えがある。つけ麺らしく量は多めだが、多いと感じないから不思議だ。割りダシは軽く節が効いていて、名東ともほぼ同じ印象。酢橘汁は提供の仕方が異なるが、容器に入っていれば使い切る必要も破棄する必要もない。白髪ネギは、風味と辛味がちょっとしたアクセントになっていたが、刻み海苔は、つけ汁に広がるのを避けようとすると、どうすればいいのだろう。味が強いハズの煮玉子も、つけ汁の味に慣れた舌には、強い味には感じられなかった。どうしてだろう?名東店より断然こちらの方が美味しい。味が強めなのに、味わい深いものがある。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
中華そば 醤油
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 やや縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、海苔など
2016/01/05 食す。 ★★★★★ 730円
いつもより味が強く感じられたのは、私の体調のせいかもしれない。それにしても美味しいラーメンだ。ダシからくる魚介の風味は強すぎず、それでいて確実に和の趣き。見た目以上のコク=旨味もある。続け様にレンゲでスープを口に運んでしまい、麺が顕(あらわ)になってしまった。縮れ麺は、中細と呼ぶにはやや太めか?プリっとややかための食感も、このスープとは合っている。チャーシュー、メンマ、煮玉子、ネギ、海苔・・・具はいつも通り。では、レポートにならないので、ひとつふたつ掘り下げてみるが、煮玉子は白身が深く色付いている割に味は強すぎず、黄身は見て判るようにトロトロ。ネギは細い小口切りなので邪魔にならないし、スープの持ち味を殺すことはない。と言うか、スープがしっかりしているのかもしれない。よく目配りの出来る若い男性店員の姿が厨房にない。名東区牧の原に同じ「華壱」の屋号で店を出したらしい。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
醤油すだちそば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太・やや縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、煮玉子1/2、すだち、ネギ、海苔など
2015/11/26 食す。 ★★★☆☆ 800円
遠目に見れば、いつもと変わらぬ中華そばの醤油。よく見れば、すだちのスライスがざっと20枚。おそらく1個分を使っているのだろう。「食べられるように薄く切ってある 。」と店主が言うので、試しに何枚か口にしてみたが、少しだけ苦味を伴ったさわやかな酸味が口に広がる。だからと言って、すぐにスープから取り出す必要はない。既にスープ全体にすだちの影響がある。下はおそらく中華そばの醤油。ダシの風味はすだちに負けていないし、スープの持ち味も失われていないが、雑味が気になるようなら、用意された器に取り出すか、丼ぶりに描かれた雷文の辺りにでも張り付ければいい。すだちの影響があっても、この店ならではの美味しさがある。基本的にこの店で出てくるものはすべて美味しい。この中華そばもそういう意味では間違いのない一杯。だけど、この店にはもっと美味しいものがある。麺も具も相変わらずのクオリティー。あとは好みの問題。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
宗田がつおの旨味
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太・やや縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、海苔など
2015/11/26 食す。 ★★★★☆ 830円
美しく澄み切ったスープを想像していたら、一応澄んではいるものの魚粉やら油やらで少しだけ黒っぽく見える。スープ自体にも鰹を効かせているのだろうが、香味油やら魚粉も加わって、十分過ぎるほどの鰹風味。味としては醤油なのだろうが強くはなく、節が持つ酸味が前面に出てきて塩気を感じるほど。ネギが薬味として使われているものの、この程度のネギでは魚介の風味を抑えることは出来ない。それほどに鰹が効いている。中太の少し縮れたような麺は、プリプリっとかための食感。スープの鰹が強いので、これ位の麺でも受け止めることが出来る。チャーシューには5mmほどの厚みがあって、味は付いているものの肉そのものの旨味が頑張っているのが判りやすい。他の具もいつも通りだが、ひと口に言ってしまえば、ひとつひとつクオリティーが高い。スープを飲み干さずにいられなかった。箸とレンゲを丼ぶりの6時の位置に揃えて言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
まぜそばハロウィン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・やや縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、卵黄、キャベツ、モヤシ、おろしニンニクなど
2015/10/30 食す。 ★★★★☆ 850円
夜限定なだけでなく期間も限定のハズ。夜と血とカボチャをイメージしたと店主は言う。黒っぽく色付く麺と卵黄が月夜だとすれば、トマトケチャップは血。そしてカボチャひと切れとカボチャのペースト。店主はこれを混ぜないでくれとも言った。ひとつひとつを味わって欲しいようだ。麺に和えてあるのはイカ墨。ほんのりとビターだが、強い味ではない。極太の縮れ麺は適度に弾力を残している。ここにトマトケチャップを絡ませれば、食欲をそそる酸味が加わり、カボチャのペーストを絡ませれば、ふんわり包み込むような甘味が加わる。卵黄を割って麺に絡めればコクが増す。キャベツは茹でてあってやさしい甘味があるが、麻油がかけてある。麻油といっても、かなり弱いので香ばしさはないしニンニクに気が付かない人もいるかもしれない。モヤシに和えてあるのは辣油か。ピリ辛なのと香りがいいので存在感がある。この店だから美味しくないハズがないが、美味しさよりも店主の遊び心が伝わってくる一杯。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やし海老そば
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・やや縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、刻み海苔など
2015/09/17 食す。 ★★★★☆ 850円
冷やしの海老とカレーがある〜という噂を聞きつけて店を訪ねてみたら、冷やしのレモンまでレギュラーメニュー化されていて驚いた。迷わず頼んだのは海老。他の冷やしのスープと同様に、少しドロンとしたような濃度がある。海老の香ばしさとか甘味は十分に伝わってくるし、冷たいながらにコクもある。スープだけを捉えれば美味しい・・・が、麺と合せて捉えると少し思うところがある。麺を口にしてしばらくすると、口の中から海老がいなくなる。持ち上げが悪いのかと思って、レンゲでスープを口に含み直しても、すぐに海老がいなくなる。麺とスープとの一体感の問題かもしれないし、期待の裏返しなのかもしれない。3枚のチャーシューは、薄い割に海老に負けない肉ニクしさがある。玉子はドロンと半熟状態で味が強め。刻み海苔は海老を立てたいなら要らないと思う。麺と具が姿を消したところで、丼ぶりから直接スープを口にすると、海老を堪能することができた。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やしそば醤油
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・やや縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、刻み海苔、胡麻など
2015/09/07 食す。 ★★★★☆ 800円
毎年、ひと通りの冷やしそばをいただくようにしているが、美味しくなかったことは一度もない。味を比較するより先に美味しいと感じてしまうものだから、細かいことを気にしているような暇がない。ただ、この日はいつもよりもスープの舌触りがドロンとしていたし、そのドロンとした中にも微妙に不均一な舌触りがあって面白かった。冷やしということもあってか、醤油ダレはやや強め。冷たいながらにコクは十分。魚介の風味がしっかりと効いていて、心を鷲づかみにされてしまう。冷やし専用のチャーシューには、意外に厚みがある。盛り付ける前に炙ることもあって、溶けかかった脂が肉の旨味を増大させている。海苔を薬味として捉えると、刻んだものががひとまとめに添えてあるのは正解。私は風味を楽しみたいので、麺に絡めてひと口ふた口でやっつけるようにしている。ただ、海苔が苦手な人は、板海苔の方が避けやすくて好まれるのかな。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やしそば魚醤
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・やや縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、刻み海苔、胡麻など
2015/07/25 食す。 ★★★★☆ 800円
メニューにのってなくても言えば作ってくれる・・・とネットで一人歩きしているが、店主に言わせると、「言われたものは作る。味見はするけど自分で食べたことはない」とのこと。冷やしのレモンとか冷やしの生姜もありなのだろうか?中華そばに麻油という注文もあったらしい。冷やしの魚醤は、以前コラボした店との思い出の一杯らしい。トロンとしたスープの表面で、油が薄っすらと幾何学模様を描いている。醤油としては強めの味。魚介の風味豊かでコクも十分。冷やし醤油との違いは二杯並べていただかない語れないのだろうが、魚介の風味の余韻が違う・・・ような気がする。深く追求する必要もないだろう・・・美味しいのだから。中細の縮れ麺を持ち上げると、スープがツツツと伝って落ちていく。スープの持ち上げも良いが、スープの主張に負けない噛み応えもある。煮玉子は相変わらず味が強め。存在感があるのは間違いないが、もう少しおとなしい味の方がいいと思う。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やしそば塩
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・やや縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、刻み海苔、胡麻など
2015/06/28 食す。 ★★★★★ 800円
氷を使う店もあるが、この店では使ってない。冷えすぎてないのが嬉しい。少しトロンとしたスープは、見ため以上にコクがあり、塩も強すぎず、それでいてキリっとしている。魚介の風味も冷たいながらによく効いているが、胡麻には存在感がない。チャーシューには軽く焼き色が付いていて、よく冷えたスープの上にあって、ほんのりと温かみがある。よく噛んでいると塩っ気が口に広がる。中細の少し縮れた麺は、長さ25cmに少し満たない。例年ではかたく感じることが多かったが、今年はそう思わなかった。スープを受け止めるのに十分な噛み応えがあるが、この日は身体が塩分を欲していたのか?麺を追うようにスープを口に含んでいた。刻み海苔を麺で絡め取るように口へ運べば、風味を楽しむことが出来る。煮玉子は黄身がグジュグジュっと半熟。この丼ぶりの中では味の強さが際立っていた。スープを飲み干さずにいられない。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
辛味噌まぜそば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太・縮れ
具 チャーシュー×1、スジ味噌、メンマ、卵黄、キャベツ、モヤシ、タルタルソースなど
2015/06/10 食す。 ★★★★★ 830円
辛子ニンニクをどうしますか?と尋ねられたが、仕事の日の昼だとニンニクは避けたいところ。ところが、辛子ニンニクとは別にニンニクが使ってあったようで、こういう時は割り切っていただくしかない。コンニャクを使ったスジ味噌みたいなものが麺の上にのっているが、麺の下には辛そうな色をした液体。味わえる程度の辛さとは言え、気が付けば額から汗がタラリ。赤味噌らしい力強い味噌辛さは、辛いだけでなく味わい深いものがあり、コンニャクなどが食感を添えている。どこにニンニクが使ってあったのか?食が加速するこの風味と辛味にはかなわない。極太の縮れ麺は長さ20cmほど。適度な弾力の中にも?み応えがあって、味噌の力強さを受け止めるのに十分な強さを持っている。チャーシューは厚いのはいいけど、冷たい脂身が口の中で溶ける?のが・・・あまり好きでない。別添えのタルタルソースを使うと味噌の辛さが少しマイルドになるが、キャベツやモヤシにもよく合う。もちろんタルタルは冷たいが、口の中に生じる温度差が嬉しかったりする。卵黄を割って麺に絡めていただく。背油も使ってあったようだが、腹持ちもいい。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
中華そば 魚醤
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細、縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、ネギなど
2015/05/29 食す。 ★★★★★ 830円
何か限定でもやってないかと店を訪ねたが、なかったので魚醤にした。これいただくの何回目かな?スープひと口で、「美味しい!」と思ってしまうので、細かいことなどどうでもよくなってしまう。魚介の風味の強さもあるので一概には言えないけど、醤油に比べると少しは味が強いのかな。スープもサラサラとは言わないが、口当たりは軽くあっさり。無理して探さなくても、旨味が舌に訴えかけてくる。中細の少し縮れた麺は、長さ20cm余。以前はもう少し麺が強かったような気がするが、私の気のせいかもしれない。チャーシューは味が控えめ。肉そのものの味と風味を楽しむことが出来る。この中華そばの最大の特徴は魚介を使った餡。乱暴に扱わない限りスープに馴染むことはないが、スープに溶かずに麺に絡めていただいた。魚介が苦手な方はエグいと感じるかも?でもこれがいいんだな。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
生姜煮干しソバ
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細、縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、生姜など
2015/03/19 食す。 ★★★★☆ 780円
生姜と煮干しを一緒に使うのなら、スープがドロドロしていて煮干しがえぐくても、飲みやすいんだろうなぁ〜と想像していたら、生姜は別になっていて、ドロドロしてないし煮干しもえぐくない。ほどよく煮干しが効いていて、口当たりも軽め。店主が言うには、動物系のものをほとんど使っていなくて、まだ寒い日もあるから身体が温まるように生姜を使った・・・そうなので、提供期間も限られている。その生姜を残す程度の小ささだが、そのまま口にすると生姜独特の辛さと風味が口の中に広がり、舌に刺激が残るほど。スープが負けるかと思いきや、一緒にしてみると煮干しも生姜も活きている。動物系をほとんど使ってないという割に、スープには厚みがあって頼りなさは皆無。他はいつもの通りだとは思うが、玉子は黄身がドロリ、白身が味が強め。海苔は放置してもスープに溶けることはなく、チャーシューも肉の持ち味を活かす為だとは思うが味付けが控えめ。やはりこの店は何を頂いても美味しい。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
中華そば 白醤油
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細、縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、海苔など
2014/10/31 食す。 ★★★★☆ 750円
この店のラーメンをいただくと、他の店の800円も900円もするラーメンが罪なものに思えてくる。オープンから10年の間にこの店でいただいたラーメンは80杯以上。レポートにしていないものもある。オープン当初から仕様変更を重ね、スープが強くなった分、麺も強くなり、修行先の味とは異なるものになっている。こうして振り返って見てみると大きな違いに思えるが、マイナーチェンジの際には小さな違いは判りにくいものだ。この日もいつも通り美味い。今さら細かなことを書き立てる必要はないが、醤油と白醤油を2杯並べておいて、店主の話でも聞きながら食べ比べてみたいものだ。最近では店主が厨房に立たず、よく気が利く男性店員が厨房を任されている日が増えてきた。彼がこの店にいつまでもいるのだろう?彼はいつ独立するのだろう?そんなことを思いながらスープを飲み干していた。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
味噌台湾まぜそば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 肉味噌、チャーシュー、メンマ、卵黄、キャベツ、モヤシ、タルタルソースなど
2014/10/04 食す。 ★★★★☆ 880円
おろしニンニクをどうするか?仕事の日の昼では、尋ねられても選択の余地はなかった。極太の麺の下には、味噌っぽい色をしたスープやらラー油っぽいものが見られる。麺に絡めるように口にすると、味噌として十分な味の強さがありながらも、どこか甘味も感じられる。やはり美味いものは甘い。極太の縮れ麺には噛み応えがあり、気をつけていないと麺が跳ねて味噌が飛ぶ。身を引くように麺を持ち上げていた。肉味噌には、牛蒡やら蓮根が使われていて、食感がある。味噌も強ければ辛味も強く、どっしりと太い味。キャベツのザク切りは湯通しされていて、やさしい甘味が味噌辛さが残る舌を癒してくれる。せっかくのタルタルソースなのでキャベツに使ったが、麺に絡める人もいるのかもしれない。卵黄も、ひとつでは足りないけど、コレステロールが気になってしまう。味が強いながらに旨味あり。ボリュームあり!食べ応えあり!言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷しそば 白醤油
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・やや縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、刻み海苔、炒り胡麻など
2014/08/30 食す。 ★★★★☆ 800円
塩と醤油と白醤油とがあるが、塩はともかくとして醤油と白醤油とを舌だけで言い当てることが出来る人は少ないと思う。毎シーズン何杯もいただくなら話は別だが、1シーズンにそれぞれ1杯しかいただかない私はいろいろと考えるより先に、「うん、美味い!」と心の中で言ったら、ひたすら食すのみ。塩と醤油と白醤油の3杯を並べておいて食べ比べれば違いが判るのだろうが、どれも美味しいのだから面倒なことをする必要はない。しかし、この店もオープン時から変わったものだ。オープン時は修行先の味が色濃く反映されていたが、気がつけばそれを昇華してしまって、今では修行先の店名を口に出すのも憚られるほどだ。この冷やしそばも、先日の醤油と同様にキリっとした印象を受けるが味が強すぎることはなく、魚介の風味もスープの厚みをよく伝わってくる。散らしてある胡麻は炒ってあるようだが、食感と風味が今ひとつ・・・ケチをつけるのはこの一点のみ。夏は華壱!言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
ブラマヨヒーハー
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太め・ストレート
具 チャーシュー、辛ミンチ、メンマ、煮玉子1/2、キャベツなど
2014/07/07 食す。 ★★★★☆ 820円
冷やしまぜそば と言うだけあって、すべてが冷たい。麺に白胡麻主体の辛味を帯びた練り胡麻が和えてあり、その上から黒胡麻主体の練り胡麻が使ってある。太めのストレート麺は、長さ25cmほど。ややかための歯応えが、胡麻の力強さを存分に受け止めている。胡麻とひと口に言っても、いい練り胡麻を使うようで、胡麻のコクが真っ直ぐに伝わってきて、一般的な担々麺とは少し違う印象を受ける。白胡麻の方に少し辛味があるが、チクチクと口に残る程度で、叫ぶほどの辛さではない。黒胡麻の方がより胡麻のコクがより力強い。チャーシューと呼ぶのは失礼かもしれないが、きめ細かな肉質の鶏肉は、厚みがあるのにやわらか。胡麻に押されながらも肉そのものの味がする。湯でキャベツを刻んだものが舌を少し癒してくれるが、少しだけ気になる風味がある。玉子は黄身がドロリ。白身に味が付いているのは判るが、辛さに慣れた舌ではよく判らない。麺が多かったのか?
▼MENUへ / TOPへ▲
冷しそば 醤油
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・やや縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、刻み海苔、炒り胡麻など
2014/07/04 食す。 ★★★★★ 800円
スープのベースとチャーシューを少しだけ変えたんです・・・と店主が言う。たしかにチャーシューは枚数も増えているし食感も少し違う。でもスープの違いは判らない。美味かろう!という先入観を持って口にしたらやっぱり美味しくて、例年とほぼ同じ印象を受けるからだ。スープ不出来で営業してない店で無理無理ラーメンいただいたら、食べ手には違いが判らなかったという話もある位だから、店主の言う「少し」は食べ手にはなかなか伝わらないものなのだろう。相変わらず少しトロンとしたようなスープは、冷たいながらにコクがあって、なによりも魚介の風味が活き活きとしている。それだけを口にするには少し味が強め。麺がよくスープを持ち上げてくれて、口の中ではいい塩梅。冷たさも手伝ってキリっとした印象を受ける。チャーシューは冷しそば専用なのだろう。軽く炙られていてほんのりと温かいので、1枚だけでも早めに口にしたい。しっとりとした食感に仕上がっている。毎年いただいているけど、今年もやっぱり美味しい。またまたスープを飲み干してしまった。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷しそば 塩
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・やや縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、刻み海苔、炒り胡麻など
2014/06/21 食す。 ★★★★★ 800円
今年も冷やしの季節がやってきた。塩にするか醤油にするか?迷うことなく塩をチョイス。毎年のようにいただいていて、毎年まったく同じでもないはずだが、今年も相変わらず美味い。少しだけど舌触りがトロンとしかかっていて、気持ち良いほどに魚介の風味が効いている。塩も判りやすくてメリハリのある味だが、それでも味が強すぎる訳ではない。少しだけ油が見られるが、植物性のものなのだろう。冷たいながらに十分なコクが伝わってくる。中細の少し縮れたような麺は、グキグキっと言いそうなほどの食感。スープの持ち上げもよく、いっしょに炒り胡麻が持ち上がってきて食感を添えてくれる。チャーシューは軽く炙ってあって、最初の内はほんのりあたたかいほど。味は控えめだが、冷たいながらに肉の味がよく伝わってくる。ネギの食感はシャリシャリ。玉子は黄身がドロリ。白身にほんのり甘い味が染みている。冷やしは華壱!言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
春塩はまぐりそば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太・やや縮れ
具 殻付き蛤、筆筍、煮玉子1/2、春菊、ネギなど
2014/04/05 食す。 ★★★★☆ 800円
毎年春に期間限定で提供されるラーメンに、「レア物」と心くすぐられる言葉が添えられている。本当に塩?と思うほどの色をしたスープには、脂らしい脂も見られずに口当たりも軽めで、塩と言われれば塩・・・という程度。ダシの風味にしても蛤の旨味にしても節度があって、全体としてはややおとなしめ。そのせいか?少し縮れた中太麺が、やや力を持て余しているようにも思えるし、スープと麺との一体感も今ひとつ。チャーシューの姿はないが、殻付きの蛤が5,6個添えられている。プックリ&ジューシーなので、貝柱も残さずにいただきたいものだ。春菊には思ったほどのクセはなかったが、40歳を過ぎても好きになることが出来ない私には量が多い。筆筍も春らしい食材のひとつ。コリコりっとした食感もイタズラに強くはない。さらに煮玉子が半分・・・白身の色の割に強い味はついてないが、黄身はドロンとしている。この値段でこの内容なら不満はない。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
まぜそば1塩
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太・縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、卵黄、魚介餡、キャベツ、モヤシ、レモンなど
2014/01/30 食す。 ★★★★★ 750円
本来は醤油仕立てだが、塩仕立てが提供されているという噂を聞きつけて、店を訪ねてみた。魚介香味油を使うらしく麺自体に魚介の風味があり、麺を食わせるだけの塩味は付いているが、それが強すぎることはない。フルフル感が舌に判るほどの背脂も使われているが重たさはなく、味と風味を支える旨味も十分。麺自体は極太の縮れ麺。強めの噛み応えがあるが、最後まで退屈せない為の役者が揃っている。魚介の餡を麺に絡めていただけば、ぶっとい魚介の風味と旨味が加わり、卵黄を麺に絡めていただけば、コクと舌触りを楽しむことが出来る。レモンを絞れば、さっぱり感が加わるのは言うまでもないが、ご丁寧に絞ったレモンの為の器も予め用意されている。メンマのコリコリとした食感と、モヤシのジョリジョリっとした食感や、茹でキャベツのやわらかい甘味も、ちょっとした箸休めにもなる。おろしニンニクが用意されているが、仕事の日の昼ともなると断るしかなかった。混ぜるのが勿体無い・・・最後まで混ぜずに、ひとつひとつの具を楽しむようにいただいた。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
中華そば 塩
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太・やや縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、すり胡麻、海苔など
2014/01/20 食す。 ★★★★☆ 700円
2004年頃と比べると、スープの表情が少し違う。すり胡麻も増え、海苔は小さくなり、メンマは増え、ネギは使い方が大きくなっている。そして、製麺屋も変わって麺もひと回り太くなっている。当然、スープの仕様も変更になっているのだろう。今となっては各種メディアでも修行先の店名が紹介されることは稀だ。修行先で学んだことがラーメン作りに活かされているのは間違いないが、これはこの店・・・華壱の味だ。澄み切った印象こそないものの、塩も強くなく、ダシの風味も魚候ではなく強くはない。そして、それらを支えるのに必要なだけのコクがある。胡麻が少しやかましくもあるが、脂はほとんど見られずあっさり。中太の縮れ麺は、長さ25cmほど。小麦が香るほどではなく、スープを負かさない程度の歯応えがある。メンマはいつからこんなに多くなったのだろう。ちょっとした箸休めになる。スープを飲み干すと胡椒が残る。さりげなく味を引き締めているようだ。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
まぜそば4
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 チャーシュー×1、辛ミンチ、メンマ、卵黄モヤシ、キャベツ、ニラなど
2013/12/13 食す。 ★★★★☆ 830円
おろしニンニクをどうするか?を確認してくれるのが嬉しい。昼から人と会う仕事はなかったが、事務所で肩身の狭い思いはしたくない。麺が見えないほどの具が盛りつけられているが、麺の下には辛そうな色をしたタレだかスープがある。極太の縮れ麺は、長さ20cm余。いたずらに強い麺ではなく、ほどよい弾力を残している。が、当たり前のようにこの麺が辛い。気を抜いていると咽そうなほどの辛さで、口の中はジンジンするし、額からも汗がジワリジワリ。舌で潰せるほどの背脂も一緒に持ち上がってきて、甘味あり辛味あり、旨味ありで、食べさせる力は十分。モヤシは冷たいけれど、油の香りが良い。キャベツは温かく、やさしい甘味がある。辛ミンチにレンコンが使われているのが独創的で、独特の触感が面白い。ニラも細かく使われていて、ニンニクがなくても十分に台湾をイメージすることが出来る。卵は全卵ではなくて卵黄のみ。レンゲの中で割って、麺に絡めるようにいただくと、コクと舌触りを楽しむことが出来る。美味しいものをいただくと、幸せな気持ちになることが出来る。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷しそば 白醤油
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 チャーシュー、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、刻み海苔など
2013/09/05 食す。 ★★★★★ 830円
この店の冷やしを毎年のようにいただいているが、美味しくなかったことは一度もない。毎年劇的な変化はなく、少し具が変わったとしても概ね同じ仕様だと思っているが、店主は、前の年と同じか気にしたり、今日はダシが・・・とか微妙な違いをアピールしてくる。そんな小さなことが食べ手に判るハズもなく、今年も美味しい・・・のひと言で終わってしまう。塩と醤油と白醤油とがあるが、ダシの香り・魚介の風味とスッキリ感とのバランスが少し変わる程度。三杯並べて食べ比べるか?三日続けて食べるかしないと、違いは判らないだろう。スープがどうとか、麺がどうとか、具がどうとか、言ってみたところで、多少言い回しが変わるだけで毎年同じことを言っている・・・そんな気がしてならない。この日は厨房の顔ぶれが少し違ったからか?盛り付けた具が器の店名に被っている。こういうことは2004年のオープン以来、数回しかない。味とは関係ないことだが、この店名が正面に来るように提供されると少しだけ嬉しかったりする。夏は華壱。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
つけそばHard濃厚焼きアゴ
こってり
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 チャーシュー、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、刻み海苔など
2013/08/25 食す。 ★★★★★ 830円
店主直々に「食べないで下さい」と言われれば、逆に食べたくなるのが人の常。てっきりアゴが強いと思っていたら、強いのはブタ。ケモノというよりは、けだもの?というのも大袈裟だが、強烈な豚らしさがある。箸で持てるほどの背油もゴロゴロしているが、つけ汁そのものにかなりの濃度があり、力強い豚の旨味が舌にまとわりついてくる。醤油ダレも、極太の縮れ麺をいただくのに十分な味の強さがあるが、アゴの方は身構えていたほどに強くはない。極太の縮れ麺は長さ20cmほど。確実にすすりきることのできる長さだが、強い噛み応えがある。それが気にならないほどに、つけ汁に力がある。つけ汁を割るためのダシが用意されているが、使うとつけ汁の持ち上げが悪くなって、麺の強さが独り歩きするようになるのでオススメはしない。つけ汁の中には棒切りのチャーシュー。麺の上には綺麗に切りそろえられた白髪ネギ。つけ汁が強烈なだけに、薬味はもっと欲しかった。夜限定とは言え、夜にこれをいただくと・・・太るかもしれない。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷しそば 塩
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、刻み海苔、胡麻など
2013/07/12 食す。 ★★★★★ 800円
第一印象は、断然に醤油より塩。相変わらず少しトロンとしたスープは、魚介を中心にしたダシの風味が活き活き。塩はハッキリしているが決して尖っている訳ではなく、冷たさも手伝って食が進む。ヒンヤリあっさり、そしてコクも十分。どうしてこんなに美味しいんだろう。まだほんのり温かいチャーシューは、脂身も多くなく、味も控えめ。ほんのりと香ばしさもある。メンマにも、スープと調和の取れたいい味がついている。刻み海苔はチャーシューの上。少量の麺を取って海苔を絡めて口にすれば、風味を存分に楽しむことが出来る。少し縮れた細めの麺も、ややかため。スープの持ち上げの良さもいつも通り。煮玉子も、スープを負かさない程度の味がついていて、スープも麺も具も、そしてバランスも素晴らしい。やっぱり夏は華壱。毎年いただいているが、今年は塩がオススメ。スープを飲み干して言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷しそば 醤油
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、刻み海苔、胡麻など
2013/06/30 食す。 ★★★★★ 800円
今年も冷やしの季節がやってきた。塩か醤油か迷ったが、きっと醤油の方が美味しい・・・そんな予感がした。スープは相変わらず少しトロンとしている。醤油ダレの味の輪郭がハッキリしているが、それに負けないだけの魚介の風味とダシの旨味がある。ほどよい冷たさも手伝って、シャープな印象を受ける。店主の話によると、この日はダシのひとつが違うとのことだが、そんな細かいことは私には判らない。ひと言・・・美味しい!で片付いてしまう。チャーシューが大きすぎて、1枚はやっつけないと麺を持ち上げることは出来ない。このチャーシュー・・・ほんのりと温かく、肉そのものの味というか美味しさがある。中細の少し縮れた麺は、多少なりとも締めるので、かための歯応え。スープの持ち上げも良い。海苔はレンゲに取ってから麺に絡めるようにしていただいたが、しっかりと風味を楽しむことが出来た。嗚呼、またスープを飲み干してしまった。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
中華そば 魚醤
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、海苔など
2013/02/06 食す。 ★★★★★ 700円
二日酔いが残った日には、美味しいラーメンをいただきたい・・・それもあっさりしたラーメンを。中華そばの中でも魚醤は3年ぶり。スープを口に含むと、口の中いっぱいに広がる魚介の風味。スープが胃に落ちると、スープが染み渡る思いだ。中華そば醤油と食べ比べた訳ではないが、醤油が強めに感じられたのは気のせいだろうか?魚介の風味にも力強さがあり、薬味のネギに風味が抑え込まれることもない。魚介の餡がスープに落としてあって、ドロドロしているので勝手にスープに馴染む様子もない。えぐみを覚えるほどの風味・・・大袈裟に言えば苦味を覚える程だが、スープに溶けば風味がパワーアップ。麺に絡めていただくのも面白い。中細の縮れ麺は、長さ25cmほど。食感はかためで、スープの味と風味を受け止めるには十分。チャーシューにはいい肉を使っているのだろう。少しは味がついているのだろうが、肉の味がヒシヒシと伝わってくる。スープを飲み干さずにはいられない。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
中華そば 醤油
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、海苔など
2013/01/21 食す。 ★★★★★ 700円
美味しいラーメンは、自分への御褒美。たまに美味しいものをいただくから、普通に美味しいものにも感謝することが出来るというものだ。和風を全面に押し出した中華そばも、マイナーチェンジを繰り返した今、オープン時の味とはまるで違う・・・ハズ。一本スジが通ったような魚介の風味が一直線に伝わってくる。ほどよく醤油が立ったスープも脂が控え目で口当たりは軽め。何もせずにスープから湯気が立つのは素晴らしいことだ。和風とは言うものの輪郭がハッキリ。キレがあって、十分なコクもある。中細の縮れ麺は長さ25cmほど。かための食感だが、スープとのバランスは悪くない。この店がオープンした当初は、やわい麺だったのがまるで嘘のようだ。グルリと巻かれたチャーシューは、味付けが控えめということもあって、脂の甘味もあれば、肉そのものの味もする。ネギにもみずみずしさがある。オープン当初の繊細な中華そばとは違うけど、この店はいつ何をいただいても美味しい。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
レモンそば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、海苔、レモンスライスなど
2012/12/28 食す。 ★★★★☆ 780円
レモンそば・・・聞いたことのない響きだ。丼からはレモンの香り。見れば、スライスが7枚ほど円を描くようにあしらわれている。スープを口にしてみると柑橘系の酸味に続いて、魚介の風味。レモンの絞り汁が使ってあるかと思いきや、店主によると「のせただけ」。下は中華そばの白醤油らしい。元々、醤油っ気が強くないこともあるが、レモンの酸味が加わって塩かと思うほど。レモンの酸味で少しずつ味が変わっていくのを楽しんで、丁度良いところでレモンを取り出して欲しい・・・というのが店主の注文だが、レモンを絞ってしまったので、僅かな苦味までもがスープに加わってレモンが支配的となり、魚介の風味を抑えこんでしまった。レモンは絞る必要はないし、すぐに取り出しても良いかもしれない。スープに酸味と風味が加わったからか?麺のかたさも気にならなかった。他の具は相変わらずだし、レモンと合わせて捉えても感じ方が変わることはなかった。酢橘そばをイメージしたという一杯は、意外に面白かった。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
中華そば 味噌
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、海苔など
2012/11/14 食す。 ★★★★★ 830円
この店の味噌ラーメンは凄い・・・スープの持ち味が味噌に力強さに負けずに主張している。味噌が静かに香るスープからは、湯気は立っていない。ほどよい味噌辛さで喉と舌がピリピリとするが、魚介の風味・存在感もヒシヒシと伝わってくる。よく見てみれば、スープには半透明の白く細かいものが無数に舞っている。背脂かと思いきや、舌触りを楽しめる程の大きさでもない。店主によると牛脂。寒い日・・・というか、寒い時にしか使わないらしいが、この日のスープは熱々だった。そんなスープに胡麻が食感を添え、胡椒がさりげなく味を引き締めている。太めの縮れ麺は短めだが、それでも勢いよくすすれば麺が跳ねる。食感はかため。スープの味噌を存分に受け止めている。チャーシューには結構な厚みがある。脂身も使われており、箸で持ち上げると赤身と脂身の境に沿ってホロリと崩れる。脂身にも良い悪いがあるようで、ほどよい甘味で後味も良い。この店は何をいただいても美味しい。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やしそば 塩
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、刻み海苔、胡麻など
2012/06/30 食す。 ★★★★☆ 800円
塩を一番最後にしたのは、他のどれより期待が大きかったから。先にいただいた醤油、白醤油と比べてどうだったかというと、期待が大きすぎたかな?というのが正直なところ。具も麺も変わりはないから、スープの表情が少し違うのとバランスの問題。塩は判りやすいけれど、尖っている訳ではない。魚介の風味はやや抑えめ。わずかにトロンとした舌触りの中にコクがある。中細の縮れ麺の噛み応えは、白醤油をいただいた時と同じくらいのかたさ。麺の茹で加減は変わらないだろうから、スープとのバランスがそう感じさせているのだろう。メンマと玉子の味が強めに感じられたのは、バランスの問題ではなくて仕込みの問題かな?このラーメンを待っている間にも、私の鼻先をチャーシューを炙った香りが通り過ぎていったが、チャーシューだけは変わらずで、肉の持ち味が活きていた。味のメリハリ、魚介の風味の強さ、麺の食感、ひとつひとつの具の存在感・・・どれをとっても醤油がイチオシ。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やしそば 白醤油
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、刻み海苔、胡麻など
2012/06/29 食す。 ★★★★☆ 800円
醤油に続いて白醤油。間を空けずいただかないと比較は難しい。一般的な醤油に比べて味と風味が強いとされる白醤油だが、このスープは特に味が強いと思うことはなかった。むしろ醤油に比べて味は控えめで、どこかふんわりとした印象がある。不思議なもので、魚介の風味も若干控えめのように感じられた。麺をいただくのに邪魔になるのでチャーシューを口へ。軽く炙られていて、まだほんのり温かい。脂身も使われているものの味付が控えめなので、肉そのものの味を楽しむことが出来る。麺は中細の縮れで長さ20cm余り。塩、醤油、白醤油とで同じ麺を同じように使うのだろうが、よく締まっていて噛み応えもかため。醤油をいただいた時より麺の食感が強く感じられたのはバランスの問題だろうか?私の歳のせいだろうか?やわ で頼むのもありかもしれない。玉子は黄身がしっとりとしているが、意外に味は強めだった。夏は華壱。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やしそば 醤油
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、刻み海苔、胡麻など
2012/06/28 食す。 ★★★★★ 800円
今年も塩と醤油と白醤油とから選ぶことが出来る。塩から試したいところを醤油から。パッと見た目は、ここ数年の仕様と大きな変わりはない。意外に醤油カドが立っているものの、尖っている訳ではなくてメリハリのある味。魚介の風味も判りやすい。ごく僅かにトロンとしているスープは、氷を使うことなく適度にひんやり。冷たいながらにコクがある。中細の縮れ麺は、かための食感。この麺に刻み海苔を絡めるようにしていただくと風味を楽しむことが出来るが、私はこれを2回でやっつけた。薬味が必要なスープでもないけど、白ネギの小口切りが添えられている。強い辛味もなく、スープの風味を抑えるようなこともなかった。メンマにも深い味が付いていて、このメリハリのあるスープの中でも存在感がある。スープを飲み干すと、器の底に粗挽きの黒胡椒が姿を現した。やはり今年も美味しい。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
豊明カレーラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー×1、もつ、煮玉子1/2、揚げなど
2012/05/31 食す。 ★★★★☆ 780円
冷あつ というスタイルで提供されるが、カレーはあたたかく、麺は冷たい。ご飯にかけても違和感がないほどにドロリ。辛味がヒリヒリと口に残るものの、汗ばむほどの辛さでもない。そこへ和ダシを使ったのかな?カレー味一色になることなく、味わい深いものがある。太ストレートの麺は長さ20cmほど。短めとはいえ、紙エプロンも用意されている。そして、カレーの味に負けないだけの噛み応えがある。カレーに使われているモツが特徴的で、臓物の香りと味わい深さがある。これとは別にチャーシューが1枚。ハンドバーナーで炙られて脂が溶けかかっている。特徴的な具が油揚げ。カレーだけ使って、具はそのままという店のなんと多いことか!この油揚げだけでだいぶ印象が変わってくる。最後にレモンを麺の上で絞っていただく。たったこれだけで、サッパリとして口当たりも軽くなる。「豊明」が「カレー」にかかっているのか?「カレーラーメン」にかかっているのかは判らないけれど、値段以上の満足感がある。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
まぜそば7
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 チャーシュー×1、味噌そぼろ、メンマ、卵黄、キャベツ、モヤシ、揚げニンニク、おろしニンニクなど
2012/03/18 食す。 ★★★★☆ 800円
三河八丁仕立てというからには、味噌仕立て。極太の縮れ麺には既に何やら和えてあり、味もしっかりなら、噛み応えも強い。すぐ下にはスープ然としたもの。味噌辛さの中にも甘味が少し。魚介の風味がよく効いている。鯖の味噌煮をイメージしたということは、生姜も使うのだろうか?店主が言うには、赤味噌を使うらしい。麺の上にあるミンチを、店主は「鳥そぼろ」と呼ぶ。八丁味噌と牛肉を使うらしいが、少しえぐみのある味噌辛さは、八丁味噌ならではのもの。野菜が細かく使われていて、強い味の中にも食感がある。麺に絡めていただいたのは言うまでもない。キャベツの上にニンニクを刻んで揚げたもの。このまぜそばにはニンニクがよく合う・・・と店主が言う。おろしニンニクも別皿で用意されている。モヤシには何やら和えてあって、少し辛味がある。中央に落としてあるのは卵黄。卵白まで使ってあれば味噌が薄まるところだけど、卵黄のみなので、舌触りとコクを楽しむことが出来る。結構なボリュームがあって、お腹もいっぱい。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
味噌濃厚
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、キャベツ、モヤシ、牡蠣ペースト、焼きおにぎり、ネギ、胡麻など
2011/12/30 食す。 ★★★★★ 880円
冬季限定、夜限定、数量限定と限定づくしの一杯。まずは具をかきわけながらスープを口へ。味噌辛さは強くはないが、味としては全体を支配する力を持っている。豚か・・・味噌の奥からスープの持ち味が伝わってくる。それもかなりの力強さ・・・口当たりにも心地よい重たさがある。ピリリっとした辛味も手伝って、味にも締まりがある。麺を持ち上げてみれば、極太ストレート。この食感だと加水は低め。かための食感が、スープの力を存分に受け止めている。約20cmという長さも絶妙で、この太さながらに食べやすい。みずみずしいネギの小口切りには辛味があるものの、スープの力強さに負けることなく頑張っている。小さな焼きおにぎりには、ひと仕事してあるらしく、口の中でホロホロっとご飯粒が解けていくし、スープの味噌とも相性が良い。そして、牡蠣のペースト。一気にスープに投入したが、溶かなければスープに馴染むことはない。牡蠣の身も細かく使われていて、旨味も十分なら風味もあり、そして食感もある。麺にしても、スープにしても、牡蠣にしても、スープの味噌に負けることなく自らを主張。焼きおにぎりも面白い。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
まぜそば6
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、卵黄、キャベツ、モヤシ、海老ペースト、ニンニクなど
2011/12/21 食す。 ★★★★☆ 780円
この12月限定のまぜそばは、海老の旨味に満ちている。太陽食品の極太縮れ麺は、具の間からでも何かが和えてあるのが判るほど。麺の下に何やらタレやら油やらが見えるので、わざわざ下の方から麺を持ち上げて口へ。力強い噛み応えと共に口の中に広がる海老の旨味と風味。そして、どことなく甘味がある。卵黄を割って麺に絡めれば、舌触りも変わればコクも増す。海老のペースト状のものには海老の濃厚な旨味があり、麺に絡めて口にすれば、口の中は海老いっぱい。海老が麺の力に負けていないのが凄い。モヤシには何やら和えてあり、さりげなくピリ辛。キャベツにはほんのりと甘味がある。チャーシューは脂身と赤身とをグルリと巻いてある。脂身が多いのがいただけないのと、この使い方だと麺と一緒に持ち上げる訳にもいかない。標準では、ニンニクチップとすり下ろしニンニクが別皿で付いてくるけど、このまぜそばにニンニクを使うなんて勿体ないにも程がある。いろいろ載せすぎている店が多いが、これ位で良い。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷しそば醤油
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細やや縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、煮玉子1/2、刻み海苔、ネギ、胡麻など
2011/07/31 食す。 ★★★★★ 800円
この店に限って言えば、待っている間のドキドキ感はない。何を頼んでも美味しいに決まっている。醤油ということで、塩や白醤油に比べてタレの主張に力強さがあって、味も強め。塩っ気も感じられるが、これが暑い日には堪らない。僅かにトロンとしたような感じもあるがコクも十分。魚介の風味よく効いていて、白醤油よりも塩よりもキリキリっとした印象を受ける。少し縮れた中細麺は長さ30cm程。気持ちかためだが、スープの持ち上げは抜群。この麺を覆い隠すように盛りつけられたチャーシューは、ハンドバーナーで加熱され、まだ温かい。表面の脂が溶けかかるのが店主の狙いなのだろうか?スープの持ち味を損なうことなく、肉を食らうことが出来る。メンマにもわざわざ味が付けてあるようだが、椎茸の気配を感じたのは気のせいだろうか?海苔もネギも薬味としては定番。それぞれ三口ほどで味わったが、薬味として分を弁えている。美味しいラーメンばかり食べ続ける訳にもいかない。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷しそば塩
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細やや縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、煮玉子1/2、刻み海苔、ネギ、胡麻など
2011/07/18 食す。 ★★★★★ 800円
ハンドバーナーで軽く温められたチャーシューはまだあたたかく、ふた切れあるので1枚はすぐにいただきたい。ふんわり&やわらか・・・ラーメン用とは別のチャーシューなのだろう。スープには、相変わらずトロンとした舌触りがあり、冷たいながらに魚介の風味が活き活き。塩に尖りを感じなかったものの、味としてはハッキリした方で、胡麻がさりげなく食感を添えている。先日いただいた白醤油よりも、よりスッキリとした印象を受ける。具は冷し白醤油と同じものだが、軽く書き綴ってみると・・・キザミ海苔は風味を楽しみたかったので、麺に絡めるようにして三回に分けて口へ。期待通りの風味が麺に加わる。ネギもまとめて口にすれば、風味と僅かな辛味を楽しむことが出来る。玉子は黄身がドロリと半熟。白身に味がしっかりついているものの、スープの持ち味を損なうことはない。夏は華壱!言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷しそば白醤油
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細やや縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、煮玉子1/2、刻み海苔、ネギ、胡麻など
2011/07/09 食す。 ★★★★★ 800円
この店の冷しそばは、毎年いただくようにしているが、今年はこの6月から提供が始まったようだ。スープの色も見るからに醤油。レンゲで口にしてみれば、口当たりはトロン。キンキンに冷たい訳ではなく、ここちよい冷たさ。意外に味がハッキリしているが、尖っている訳ではない。魚介の風味も強すぎず、スープそのものにも十分な厚みがある。そこへ炒り胡麻が食感を添えている。中細の縮れ麺は長さ30cm程。スープとのバランスを考えると、少しかためかな・・・最初の内はグキグキと音がしそうな噛み応えがあるが、しっかりとスープを持ち上げてくれる。チャーシューは麺を覆い隠す程の大きさ。おそらく冷やし専用なのだろう。ふんわり・やわらか。煮玉子は、白身が深く色づき、黄身はしっとり。ネギの小口切りも邪魔になっていないし、刻み海苔も2、3回で麺と一緒に持ち上げると、風味を楽しむことが出きる。嗚呼、今年もやっぱり美味しかった。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
春塩はまぐりそば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細やや縮れ
具 殻付き蛤×6、筆竹の子×1、煮玉子1/2、三つ葉、柚子の皮、ネギなど
2011/04/03 食す。 ★★★★★ 800円
本来なら春菊を使うところ、三つ葉が使われているのは、東北地方の震災の影響らしいが、春菊を好きになれない私は今年の仕様が好きだ。スープは澄んでいないが、厚みは十分。この店らしいダシの主張に、はまぐりの滋味が加わり、塩も私の中では強くはない。脂が控えめでありながら、味わい深いものがある。殻付きの蛤は6つ。ぷっくりとした身はやわらかく、独特の旨味がある。貝柱ものこさずいただきたい。麺は中細のやや縮れ。一時期は麺が強すぎたものだが、この日は適度な噛み応えといったところ。柚子の皮を細く切ったものが添えられており、時折、口の中に柚子のさわやかさが広がるが、スープの旨味を殺してしまう程のものでもなく、良いアクセントになっている。メンマの代わりに添えられているのは筆竹の子かな。コリコリとした食感が面白い。ついついスープを飲み干してしまうが、美味しいラーメンは身体には良くない。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やしそば白醤油
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太ストレート
具 チャーシュー、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、刻み海苔など
2011/02/18 食す。 ★★★★☆ 750円
結構な人気メニューのようだが、麺を茹でるのに時間がかかるようだ。茶濁したつけ汁は、見た目ほど重たさはない。つけ汁らしく醤油が立っていて、背脂が見られることもあって、どこかしら甘味がある。たまにジャリジャリっとした舌触りもあるが、魚介の風味が威張り散らしている訳ではない。つけ汁の中にはチャーシューが潜んでいるが、小さいので噛み応えや脂身の甘味をどうこうと考える暇もない。太ストレートの麺は長さ20cm程度。小麦粉が香るようなところがあって、コシもしっかり。茹で時間も長いだろう・・・後のお客さんのオーダーが先に出てくるのもうなずける。海苔も刻んであるので、つけ汁につけるのも麺と一緒なら、口にするのも麺と一緒。素直に風味を楽しむことが出来る。白髪ネギは細く短く切られていて、シャリシャリとした食感とネギ本来の辛味を味わうことが出来る。煮玉子は黄身がトロンと半熟。白身にも味が付いていたのだろうが、つけ汁の味の方が強いようだ。他の店ならともかく、この店のメニューの中では後回しにしても良いのかな。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
中華そば醤油
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細やや縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、海苔など
2011/01/19 食す。 ★★★★☆ 700円
スープの色が濃いめということもあって、澄んで見えないが、魚介の風味はヒシヒシと伝わってくる。魚粉全盛の昨今にあって、魚粉が見られないのは賞賛に値する。脂も少し使うようだが、口当たりは軽い方。味にもカドはなく、それでいて十分な厚みもある。ただ、オープン当初のような三吉そのままの澄み切ったイメージはない。麺は中細の縮れでややかため。縮れ具合からくる舌触りが面白い。グルリと赤身と脂身が巻かれたチャーシューには5mm程の厚みがあり、味が控えめということもあって、脂身の甘味が舌を包み込む。煮玉子の黄身はトロリと半熟。白身にも味が染みているが、スープを味わうのに邪魔にならない。みずみずしいネギの小口切りは、シャリシャリとした食感は良いものの、魚介の風味を殺してしまうので速攻でやっつけたい。何度いただいても美味しいものは美味しい。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やしそば塩
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細やや縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、刻み海苔、胡麻など
2010/07/21 食す。 ★★★★★ 800円
夏は華壱。どんなに暑い日もこの店の冷やしそばは、幸せをもたらしてくれる。炒り胡麻ただようスープを口にすれば、塩は強めだが汗をかいた後の身体にスープが染みるように美味しい。冷たさも手伝って魚介の風味には清々しいものがあり、油も少し見られるものの、口当たりは軽い。ごく僅かに感じられるトロミは動物系のものらしいが、風味と味に負けないだけのコクがありながら、アッサリとしている。中細の少し縮れた麺は長さ30cmほど。麺だけを捉えればかためだが、スープの味の強さを受け止めるには十分。玉子は黄身がトロ〜リと半熟。グラデーションしながら深く色付く白身は、やわらかな味。大きなチャーシューには脂身が見られるものの、スープにはたいした影響もなく、やわらかさの中にも肉そのものの味がする。ネギの小口切りは細く使われていて、シャリシャリとした涼しげな食感。どうしてこんなに美味しいのだろう?ゆっくりと味わいながらスープを飲み干した。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やしそば白醤油
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細やや縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、刻み海苔、胡麻など
2010/07/04 食す。 ★★★★★ 800円
白醤油とは言うものの立派な醤油。スープの色にもそれが見て取れる。スープを口にしてみれば、まずは魚介の風味。冷たいにもかかわらず風味は豊かで、スープを口にする度に幸せな気持ちになることが出来る。強くはないがトロンとした舌触りがあるので、店主に尋ねたところ、動物性のコラーゲンとのこと。冷たいながらに厚み十分なのもうなずける。味としては強めだが、冷たさも手伝ってキリリとしていて、風味も旨味もしっかりしている。やや縮れた麺は、締め具合に加えて、麺の力もあって噛み応えは十分。スープをしっかりと受け止めているし、またスープをよく持ち上げてくれるので、味も香りもついてくる。大きなチャーシューは脂身少なめ。軽く炙ってあるが、香ばしさがでしゃばることはない。そして、刻み海苔にしてもネギにしても、良いアクセントになっている。やっぱり 夏は華壱。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
中華そば味噌
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太め・ストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、胡麻など
2010/06/25 食す。 ★★★★☆ 830円
初めて中華そば味噌をいただいたのは2004年9月。塩や醤油は何度も食べ直しているのに味噌だけはこの日が2回目となる。味噌は久しぶりですねぇ〜と声をかけてくる店主の話によれば、この味噌も仕様が変わっているらしいが、赤味噌メインのブレンドで、唐辛子に頼らなくても十分に味に締まりがある。脂も見られるものの、口当たりに重たさはないので飲みやすい。魚介の風味が味噌に負けていないところが凄い。味噌は強い調味料なのでスープの持ち味が判りにくいものだが、香りも活きているしコクもしっかりしている。太めのストレート麺は長さ20cm強。ちょっと麺が強いのかな?塩や醤油に使う麺の方が良いような気がする。炒り胡麻には、パチパチっと弾けそうな食感があり、ネギの小口切りも風味と辛味が良いアクセントになっている。素直に美味しいと思ったので、スープを飲み干した。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
中華そば魚醤
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、ネギなど
2010/05/22 食す。 ★★★★☆
美味しいものを食べたかった・・・それだけの理由でこの店を訪ねた。中華そば醤油に比べると魚介の風味は鮮明。醤油も強くはなく、風味に負けないだけのコクがある。節の餡がスープに落としてあるが、ドロリとしているのでスープに馴染む様子がない。そのまま口にすればエグミを感じる程に魚介の風味が強く、麺に絡めるのも面白い。その麺は中太のやや縮れ。いつの頃からか太陽食品の麺に変わり、かための食感。もう少し力がない麺でも良さそうな気もする。具は相変わらずだが、チャーシューには厚みがあって脂の甘味も肉の旨味も十分。煮玉子は黄身がトロリと半熟で、メンマの歯応えはザクザク。どれもなかなかのモノだ。ある程度食べ進んでから餡をスープに溶けば、スープ全体の風味が力を増す。やはり中華そば醤油よりこちらの方が好きだ。餡が舌に残ったのか?舌が旨味の飽和攻撃を受けたみたいな状態だったが、言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
味噌濃厚つけそばスタイル
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 チャーシュー、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、海苔など
2010/04/03 食す。 ★★★★☆
レンゲを使わずに器ごと口へ・・・背油が大きめということもあって、舌触りにドロリとしたモノがある。味噌は十分に伝わってくるものの、麺をつけていただくにはやや力不足。回しかけられている辣油も、麺をつければすぐにつけ汁との境界が見えなくなる。汗も出ない程度の辛味だが、味に締りがある。口当たりにほどよい重たさがあり、豚の旨味で支えているのだろうが、豚ブタしている訳ではない。麺は極太の縮れで、舌触りがツルリとしている。弾力の中に強い噛み応えがあるので、欲張って口に入れるものではない。最初の内は良いが、食べ進むと、麺と一緒につけ汁を口にしたくなる。割りダシを使うと魚介の風味が増すが、使う必要はないかな。つけ汁の中には1cmほどに切られたチャーシュー。キザミ海苔は、このつけ汁相手に風味は活きていなかった。味噌が主役なのか?濃さが主役なのか?私の中では答えが出ないが、とにかくドッシリとお腹に重たい一杯。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
中華そば醤油
あっさり
魚介・・・
↑画像を
クリック
麺 縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、海苔など
2010/03/21 食す。 ★★★★☆ 700円
やはり中華そばの塩より醤油の方が美味しい・・・醤油の持つ旨味も侮れないし、メニューの先頭にあって「おすすめ」と書き添えてあるのも判る。ほどよい魚介の風味に醤油の主張も強すぎることなく、スープの持つコクも十分。脂も少し見られるものの口当たりに重たさはない。この脂・・・鶏油らしい。少し縮れた麺は、私の中では中細の域ではないが、噛み応えはしっかり。スープとのバランスに違和感はないが、当初のおか田の麺も今思えば捨てがたいものがある。具は相変わらず・・・の一言で済ましたいところだが、あえてネギを取り上げてみると、オープンから今日まで、その時々のスープに合わせて切り方にもネギにも違いがあるが、この日のネギを口にすると魚介の風味が抑えられるのは確か。それでも、スープにはネギを受け止める力がある。スープを飲み干さずにはいられない。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
中華そば塩
あっさり
魚介・・・
↑画像を
クリック
麺 縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、海苔など
2010/02/10 食す。 ★★★★☆ 700円
オープン直後は足繁く通ったものだが、それも最近では一年に一度程度。中華そばの塩をいただいたのは1年以上前のことだ。当時はカツオ主体で真っ直ぐ力強いものがあった魚介の風味も、今ではカツオの他に数種類を使うということで、ガツンとくるようなストレートさが抑えられているものの、魚介の風味はしっかり。アッサリしていながらコクもある。粒胡麻とすり胡麻が使われているが、少しやかましく感じられた。おそらく太陽食品のものと思われる麺は、中細とはいえない太さの縮れ麺。噛み応えはしっかりしていて、麺だけ捉えれば私好みだが、このスープに合わせるには麺が少し強いように感じられる。チャーシューは脂身を多く含んでいるのでやわらかいのは当然だが、肉の旨味もしっかり。メンマ、煮玉子などは相変わらずだが、海苔が小さくなっていて・・・この大きさだと全形から16枚は取れそうだ。値段そのままにコスト削減が見てとれる。いつものようにスープを飲み干して、言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
こってり醤油
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、ノリ、フライド・ガーリックなど
2009/11/21 食す。 ★★★★☆
魚メン2狙いだったが夜限定。店を出るのも何だったので、こってりを頼んでみた。スープを覆う背脂とは別に結構な量の脂も見られるが、名前ほどにコッテリしていない。この店に限って、イタズラに脂でコテコテにするハズがない。下のスープが中華そばの醤油と同じかは、私の知るところではないが、魚介の風味は活き活きしているし、醤油も脂の甘味・コクと魚介の風味とをまとめるのに十分な強さ。麺は中細のやや縮れ。縮れならではの舌触りの面白さもさることながら、噛み応えにもスープの力強さを受け止めるだけのものがある。オープン当初使っていたおか田のメンとはまるで違うものだ。5mm厚のチャーシューは肉の旨味十分。玉子にはやわらかな味が染みている。ニンニクチップも、それだけを口にすれば香りが排他的だが、スープに馴染ませてしまえば、香りも良いアクセント。脂とニンニクを使いながらも、店の持ち味が活きている。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
Type-Hard SHRIMP
こってり
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 極太縮れ
具 チャーシュー、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、キザミノリ、炒り胡麻など
2009/07/18 食す。 ★★★★☆ 850円
海老を使ったものを夜だけ出すという話は以前より店主から聞いていたが、夜だけともなると思うように食べにいくことが出来なかった。つけ汁の器から立ち上る海老の香りに期待は頂点へ。まずはレンゲでつけ汁を口に含んでみれば、海老の香りは十分で、豚骨の旨味もしっかり。醤油ダレにも海老を使うそうだが、味は強めだが、そのまま飲めなくもない。炒り胡麻やフルフルの背脂も見られ、旨味も風味も味にも力強さが感じられる。そして麺・・・極太の縮れ麺は冷たく締められているが、適度に歯を弾き返してくれる中にも力強い噛み応えがある。つけ汁の中には一口サイズのチャーシューがゴロゴロ。味もしっかり付いていて、つけ汁の力強さに飲まれることはない。割りスープが最初から用意されているので最後の最後に試してみたが、魚介の風味がUPした分、海老が少し後退するが、つけ汁の口当たりも軽くなって飲みやすくなる。唇がベタベタするだけの濃度があるが、迷わず完食。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やしそば塩
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、煮玉子1/2ネギ、キザミノリ、胡麻など
2009/07/03 食す。 ★★★★☆
一度いただいたものは余程のことがない限り食べ直すことはないが、この店の冷やしは毎年いただくようにしている。塩ながらにスープの色は濃いめ。油の小さな水玉が茶色に見えるが、香味油でも使っているのだろうか?一口目には、塩がかなり強く感じられ、やがて慣れるとは言うもののキリキリっとした味。魚介の風味は清々しく真っ直ぐなイメージがあって、冷たいながらに十分な厚みがあるものだから、スープを飲み干す決断をするのに何秒もの時間を要しない。ゆるやかなウエーブを見せる中細麺は、噛み応えがかためということもあり、味がハッキリしているスープとの相性は申し分ない。チャーシューはロースを使うのか・・・やわらかく味付けは控えめ。素直に肉の持つ旨味が伝わってくる。煮玉子は黄身がしっとり。白身には良い味がついていおり、メンマ、ネギ、キザミノリが食感と風味を添えてくれているが、胡麻は炒ってある割に香りが強くない。お腹を冷やすと代謝が悪くなる・・・なんてことは気にせずにスープを飲み干して、言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
まぜそば3(サード)
ややこってり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細め・縮れ
具 チャーシュー、メンマ、卵黄、キャベツ、モヤシ、揚げニンニク、ニンニクおろし、タルタルソースなど
2009/05/02 食す。 ★★★★☆
2(セカンド)狙いだったが、仕込んでも数が出ずに捨てるばかりとかでメニュー落ち。この「捨てる」というところに店主の真面目さが伺える。キャベツに麻油がうっすらと広がる様を見てしまうと、麻油に力強さを求めたりはしないが、意外にニンニクらしさが伝わってくる。極太の縮れ麺には、十分過ぎる程の噛み応えがある。麻油も苦味はないものの、ほどよい香ばしさがある。麺を持ち上げるようにかきまぜて口にすれば、麺が魚介の風味を帯びている。麺の下には醤油で味を調えたような脂ダレ・・・店主によれば、牛脂を使うようだが、脂の甘味が良い感じだ。チャーシューは脂身多めで、厚みがある割にやわらか。肉そのものの旨味も十分。卵黄を割って麺に絡めれば、舌触りネットリで変化が面白い。モヤシはさりげなくピリ辛で、キャベツには麻油に負けないだけの甘味がある。別皿のおろしニンニクには気持ち良い程のニンニク辛さがあり、タルタルソールを口にすると爽やか・・・全体への影響を嫌い麺をつけたいところを、キャベツの上で麺に絡めていたが、店主によればレモンを使うらしい。心地よいジャンクさに思わず完食。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
春塩はまぐりそば
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細め・縮れ
具 殻付き蛤、メンマ、煮玉子1/2、春菊、ネギ、柚子の皮など
2009/03/28 食す。 ★★★★☆ 800円
今日のイチオシは?と店主に尋ねたら、はまぐりそばとの答え。お目当ては他にあったが、聞いた手前頼まない訳にはいかない。スープを口に含んでみれば、蛤の滋味深い旨味が口の中に広がる。和ダシの香りを押しのけるかのように、蛤の風味が活き活き。スープの塩もほどよい塩梅で、ふくよかで奥行きのあるスープに仕上がっている。殻付きの蛤が4つ5つ・・・身がまるまると大きくプリプリ。旨味も十分で、殻に残った貝柱も忘れることは出来ない。箸で突けばホロリと簡単に取ることが出来る。春菊は思ったほど香りの癖が強くはなかったが、やはり好きにはなれない。スープへの影響を嫌い、早めにやっつけた。柚子の皮を細く切ったものが添えてある。麺と一緒に、スープと一緒に口にすれば、口の中を爽やかな風が吹き抜ける。最後は器に両手を添えて口へ・・・スープを飲み干した後にも、口の中で余韻を楽しむ事が出来る。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
こってり醤油
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細め・縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、ノリなど
2009/03/19 食す。 ★★★★☆ 750円
この店の中華そばに似つかわしくない大小の背脂と脂の水玉模様が、スープの表面に広がっている。一口目には、魚介の風味に力強さを、醤油にはキレが感じられたが、脂の甘味に舌が慣れてしまうと、コクのある醤油仕立ての中華そば。店主の中ではコッテリなのかもしれないが、私の中ではコッテリでもアッサリでもないと言った程度。店主の話によると上質な背脂を使うらしいが、大きなものは舌で押し潰せる程。しつこさは全くなく、見た目とネーミングを思えば少しギャップがある。麺は細めの縮れ。箸で持ち上げれば当たり前のように背脂を持ち上げてくれるのだが、見た目の細さを思えば噛み応えはしっかり。縮れならではの舌触りの面白さもある。チャーシューも良い肉を使うようで、脂身の甘味はなかなかのもの。メンマの歯応えが少し物足りないが、煮玉子は黄身がドローリ半熟。白身も深く色付いており味はやや強め。スープを飲み干した舌の上に胡椒の辛さが僅かに残る。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
まぜそば1(ファースト)
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、卵黄、キャベツ、ニンニクなど
2009/02/13 食す。 ★★★★☆ 750円
既に麺にはタレが和えてあるようだが、その麺の下にもタレやらフルフルの脂が見られる。軽くかき混ぜてから麺を持ち上げてみれば太縮れ。ドロドロとしたタレがよく持ち上がる。魚介の風味は自然な甘味を帯びていて、醤油も強くはなくコクは十分。麺も強すぎず、それでいて十分な噛み応えがあるので、タレと麺とのバランスは申し分ない。単調になりがちなまぜそばだが、卵黄、餡、ニンニクと用意されているので、最後まで退屈することはない。まずは卵黄。ネットリと麺に絡みつき舌触りが激変。餡はドロリとした中にもジャリジャリとした舌触りがあるが、魚介の風味には野太いものがある。そして別皿のニンニク・・・程よいニンニクの辛味と食欲をそそる香りとが加わると、もう箸が止まらない。やさしい甘味の茹でキャベツの上からも、揚げたニンニクが使われているが、風味は断然おろしニンニクの方が強い。チャーシューも肉の旨味がしっかりしている。中華そばに見られるような繊細さはないが、程よいジャンクさが気持ち良い一杯。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やしそば 味噌
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、炒り大豆、アイスクリーム、胡麻など
2008/08/01 食す。 ★★★★★ 850円
夜限定の冷やしそばは味噌仕立て。ほどよく味噌が立ったスープに多少の油も見られるがヒンヤリあっさり。味噌の存在感も十分なら、冷たいながらに厚みも十分。炒り胡麻もさることながら、カリッカリに炒られた大豆の食感が面白い。まるでバターのように見えるのはアイスクリーム。ラーメンの中で見るのは初めてだが、スープが冷たいので放っておいて溶けることはない。レンゲに取ってスープに溶けば、甘味とともにコクをスープに加えてくれる。麺は細めのやや縮れ。かために茹でているのだろうが、締めてあるものだから歯応えしっかり。2枚のチャーシューは、やわらかさの中から肉の味が伝わってくる。煮玉子は黄身が流れ出さない程度。白身の色から察するに味はついているのだろうが、スープの味噌に遠慮気味。メンマの歯応えは程ほどと言ったところだが、この器の中に不要なものは何もない。スープを飲み干さずにはいられない。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やしそば 正油
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、キザミノリ、ゴマなど
2008/06/06 食す。 ★★★★☆ 800円
スープには判る程度のトロミがあって、舌をやさしく包み込んでくれる。醤油は意外にハッキリしていて、一口目にはキレを感じた程。昆布やら椎茸みたいな旨味が感じられたのも最初の内だけだったが、冷製ながらに十分な旨味が感じられる。醤油の旨味も侮れないものだが、このスープに限って言えば、醤油が少し魚介を抑えてしまっているようだ。他は数日前にいただいた塩と同じなのだろうが、スープが変わると感じ方も変わるのだろうか?ネギの風味・辛味はスープが塩の時より活きていない。3枚だったハズのチャーシューがこの日は2枚。軽く炙られて脂身が少し溶けかかったいるが、適度な噛み応えがありながら、味も控えめで肉そのものの味も素直。この日の煮玉子は、黄身がネットリだったが、白身には相変わらず深い味が付いている。スープを飲み干すと、器の底に胡椒が残った。昨年もそうだったが今年も、醤油よりは塩。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やしそば 塩
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、キザミノリ、ゴマなど
2008/06/04 食す。 ★★★★★ 800円
レンゲの中のスープの表面張力を見れば、トロミがあるのは一目瞭然。スープを口に含んでみれば、癒してくれるような・・・判る程度のやさしいトロミの中にも十分な厚みがあり、スープの冷たさも手伝って、静かなコクと言ってみたくもなる。冷たいと香りが立ち難いものだが、魚介の風味もしっかり。塩は舌で感じるより強いのだろうが、キリッと良い塩梅。ネギの辛味や風味も、良いアクセントになっている。やや縮れた細麺は食感としてはかため。縮れと細さとでスープをよく持ち上げてくれる。オーダー毎に炙られたチャーシューには、ほのかな香ばしさの中、適度に噛み応えがあるし、メンマの歯応えもザクザクっと存在感がある。煮玉子は黄身がトロ〜リ。白身には深い味が染みている。店主の話によれば、昨年とはかなり組み立てを変えたらしいが、満足度は昨年同等。スープを飲み干さずにはいられない。今年もやはり・・・夏は華壱。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
中華そば魚醤
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギなど
2008/05/03 食す。 ★★★★★ 800円
一般に言うところの醤油を使わずに、3種類の魚醤を使うというスープに、ありがちな臭みや癖はなく、醤油を思わせる味もふくよか。脂も控えめでアッサリとしているが、十分な厚みがある。魚介の風味にも心地良いものがあって、一口スープを口にしただけで、スープを飲み干すことを確信することが出来る。スープの一角にある餡らしきものを、スープに散り散りにならないように、慎重にレンゲで口へと運べば、ほどよいトロミの中から力強い魚介の香りが口中に広がる。私のような魚好きには堪らないが、そうでない人には厳しいかもしれない。麺は中細の縮れ。魚が香る餡に気を遣いながら持ち上げるのだが、スープとのバランスも申し分ない。チャーシューは半分近くが脂身だったが、この脂身には自然な甘味があって、赤身の部分にも肉そのものの旨味があるし、メンマの歯応えもザクザク。煮玉子は黄身がトロリと半熟状態。白身にも、ふくよかな味が染みている。嗚呼、丼一杯の幸せ。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
中華そば白醤油
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、半熟煮玉子1/2、キザミネギ、ノリ、胡麻など
2008/01/13 食す。 ★★★★☆ 700円
小麦粉から作られる淡い色をした醤油が、愛知県の特産だということを知らなかったが、その白醤油を使ったというスープを口にしてみれば、レンゲを持つ手が止まらない。3度4度とレンゲがスープを口へと運ぶ。魚介の風味がジーンと胸に響くような、そして胃に染みこむような味わい深さがある。塩でもありかな?という一面もあれば、ふわりと香るような醤油らしさがあったり。そして、脂はかなり控えめであっさりしていながら、スープを支えるコクもしっかり。炒り胡麻とキザミノリ、ネギも、薬味としてさりげなくスープに風味を添えている。麺は細めの縮れ。縮れ麺ならではの舌触りと喉ごしの良さだけでなく、何より麺の食感とスープとのバランスの良さが光る。チャーシューの厚さは5mmほど。言うまでもなくやわらかだが、味がよく染みている割に、脂の甘味・肉の味は損なわれていない。煮玉子は黄身がドロリと半熟。白身の染みる味も比較的はっきりしているものの、スープに影響を与える程でもない惜しむかのようにスープを飲み干して、言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
中華そば塩
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、ノリ、胡麻など
2007/10/04 食す。 ★★★★☆ 700円
早いものでオープンから3年。この店で初めて口にしたラーメンは塩だった。魚介の風味が、颯爽と口の中を駆け抜ける・・・そんなイメージを抱いてスープを口にしたが、魚介の風味はやさしく、塩もカドを感じさせずまろやか。脂も控えめでアッサリしていていながら、ジンワリとスープに奥行きが感じられる。ごく僅かにトウガラシも見られるが、ピリピリっと舌に残る辛味は、胡椒のモノだろうか?スープの持ち味を殺すことなく、さりげなくスープを引き締めている。麺は細めの縮れ。けっして強い麺ではないが、このやさしいスープを受け止めるには十分。今回は敢えてネギにスポットライトを当ててみるが、シャキシャキとした食感には、みずみずしさがあり、風味も良いアクセントになっている。太く切られたメンマはザックリ。煮玉子は黄身シットリ。白身にもやさしい味が染みている。そしてチャーシュー・・・厚みがあるのにやわらか。肉そのものの旨味もしっかりしている。スープを残すことが出来ない。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やしそば(醤油)
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、キザミノリ、胡麻など
2007/07/01 食す。 ★★★★★ 800円
塩も旨いが醤油も旨い!スープを口にした瞬間に口の中に広がる風味。魚介の香りが、口の中を駆け抜ける。僅かに油も見られるがスープの口当たりはアッサリ。醤油は多少ハッキリしているが、冷たさも手伝ってスッキリ。そして、あっさりスッキリしているだけでなく、ちゃんとコクもある。麺は細縮れ。冷たく締められたことによって、細麺ながらに歯応えはしっかり。この歯応えの良さが、スープのスッキリ感をより引き立てている。ネギは、塩では白髪ネギだったものが小口切り。そして、大葉が見当たらないが、スープが変われば具も変わる・・・たしかに大葉は合わないだろうし、ネギは小口切りの方が私好みだ。他は相変わらずだとは思うが、それではレポートにならないので・・・チャーシューはやはり肉そのものの味が判るのがポイント。メンマも、コリコリと歯応えはしっかりしていて、隣のお客さんの耳を気にしたくもなる。甲乙付け難いが醤油よりも塩。迷うことなくスープを飲み干して、言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やしそば(塩)
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、大葉、キザミノリ、胡麻など
2007/06/11 食す。 ★★★★★ 800円
夏は華壱・・・と言い切るには早すぎるかもしれないが、心が躍るのだからしょうがない。炒り胡麻が散らされたスープを口にしてみれば、突き抜けるような力強い魚介の風味・・・和ダシの香りというべきか。あっさりしていながら、コクが感じられるし、スープの冷たさも手伝ってか?スッキリと塩が効いていて、胡椒がさりげなくスープを引き締めている。麺は細縮れ。締められたことによってコシが増し歯応えは十分。それでも、あっさりスッキリしたスープが、この麺をしっかりと受け止めているし、大葉を麺と一緒に口にすれば、清々しい香りが口の中に広がる。軽く炙られたチャーシューは、溶けかかった脂で僅かにギラついて見える。肉の味が判る程度に味がついていて、肉の旨味が十分に伝わってくる。太く使われているメンマは、歯応えコリコリ。煮玉子は黄身がスープに流れ出さない程度に半熟で、スープを味わうのに邪魔にならない程度に味が染みている。スープ一滴残すことが出来ない。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
えびそば
あっさり&こってり
魚介&豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 細め・やや縮れ
具 チャーシュー、メンマ、半熟煮玉子1/2、温玉、ネギ、海老、海老餡、胡麻など
期間限定(6/17まで) 夜のみ10食
※超らーめんナビ 会員限定メニュー
2007/06/03 食す。 ★★★★★
干し海老でダシをとったというスープは、海老の旨味が十分なだけでなく、海老の香りもしっかり。アッサリしていながらコクがある。そのスープの一角に海老の餡・・・口にしてみれば濃厚な海老の旨味。目が覚めるような思いとともに、本当にこの値段で良いの?と心配したくもなる。麺は細めのやや縮れ。もう少し麺が強くても良いのだろうが、おかげで、気持ちよい程に海老らしさが強調されている。つけ汁は、豚骨の濃厚な旨味に海老油がさらに厚みを加えている。味はやや強めで、ところどころマクが張っている中に、プリプリとした海老の身がいくつも見られる。カルボナーラを引き合いに出す店主が言う通り、つけ汁にはトロミがあって、このトロミと共に濃厚な豚の旨味が舌に残るのが堪らない。問題は、どのタイミングでラーメンからつけ麺にスイッチするか?アッサリからコッテリは劇的な変化だが、逆にすると味が判らなくなってしまう。ラーメンだけでも感動モノなのだから・・・つけ麺まで楽しむには、麺が少なすぎる。生きていて良かった!言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
つけそば Type-Hard
こってり
豚骨・魚介・・・
↑画像を
クリック
麺 極太・概ねストレート
具 一口チャーシュー、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、キザミノリ、胡麻など
2007/02/16 食す。 ★★★★☆
ヤマト1号麺使用と壁に張り出されていて、多少黒みを帯びている麺が気になるが、まずはつけ汁を口に含んでみる。十分な動物系の旨味・コクに、魚介は風味よりも旨味が先行。濃厚タイプだが、重すぎることはなく、そのまま飲めてしまう程度。醤油もまろやかで、ほんのりと甘みがある。そこへ、唐辛子がさりげなくピリっとアクセントを添えている。魚粉も見られるが、店主の話によると、濃厚味噌用の豚骨スープをベースに、少量の和ダシなど使うらしい。極太麺がゆるやかなウェーブを見せている。加水がやや低めで噛み応えは十分。つけ汁の力強さをものともせず、麺をどっぷりとつけ汁につけても、まだ麺が活き活きとしている。つけ汁の中には一口サイズのチャーシューがゴロゴロ。つけ汁の力強さに押されながらも、肉の旨味が伝わってくる。スープ割も悪くはないが、つけ汁ではなく、ダシ汁の風味が前に出てくるので、素のままの方が私は好きだ。250gの麺を多いとは感じなかった。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
濃厚味噌
こってり
豚骨・魚介・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち・中太・ストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、アオサ、ナッツ、胡麻など
2006/12/04 食す。 ★★★★☆ 850円
味噌と言ってもただの味噌ではない。豚骨を長時間炊いたスープがベースになっていて、この店のアッサリ基調のラーメンとは路線が異なる。スープを口に含むと、やわらかな味噌の味わいが舌に程よくまとわりついてくる。味噌が豚らしさを包み込んているのか、期待したほど豚ブタしていないが、スープの厚みは十分。味が濃いのではなくてスープが濃いようで、唇がベタつく程の濃度と、程よい重量感がある。そのスープにピーナッツを炒ったものや胡麻が散らされ、食感や風味をスープに添えている。麺は平打ちの中太ストレート。平打ちならではの舌触りの面白さと、スープを受け止めるに足る歯応えの良さがある。ネギを取り囲むように盛り付けられた具の数々。チャーシュー、メンマ、煮玉子は相変わらずだが、アオサ海苔の風味が鮮烈だ。スープの力強さをものともせずに、磯の香りが口の中に広がっていく。店主のチャレンジ精神が伝わってくる一杯・・・完食に値する。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
中華そば正油
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、ノリなど
2006/11/27 食す。 ★★★★☆ 700円
お目当てのラーメンがなかったので、この春先に軽く裏切られた正油を頼んでみた。スープを口にしてみれば、お約束の和ダシの香り。力強い魚介の風味に負けじと、スープの厚みも舌に訴えかけてくる。それでいて脂は少なめでアッサリ。一口スープを口にしただけで、思わず笑みがこぼれる。麺は細めのやや縮れ。コシは強くないものの、舌触りには面白みがあるし、スープとの相性も良い。トッピングは相変わらずだと思うが・・・チャーシューは厚みがある割にやわらか。味は比較的しっかりしているが、ちゃんと肉の味も伝わってくる。太く切られたメンマも、歯応えはザクザク。煮玉子は黄身がトロ〜リと半熟で、しっかり色付いた白身も、味はしっかりだが、スープを味わうのに邪魔にはならない。バランスよくまとまっていて値段を超えた満足感がある。スープ一滴残すことができない。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
中華そば白
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、キザミノリ、胡麻など
2006/08/31 食す。 ★★★☆☆ 700円
中華そばに比べるとスープの色が淡い。タレには白醤油を使うらしい。普通の醤油に比べ糖度が高めでありながら濃口醤油並の塩分があると言われる白醤油だが、私の中では、スープの風味・旨味よりタレが少し前に出気味。それでも、あっさりとした味わいは相変わらずで、この店らしい仕上がり。ただ、風味や旨味にはもう少し頑張って欲しいところだ。トッピングの中で光っているのがチャーシュー。脂身の部分などはトロけそうな舌触り。味も程よく染みているが、肉の味もちゃんと残している。中央に盛り付けられたネギの小口切りも、ネギ辛さがさりげなく舌の上に刺激を残し、キザミノリを口にすれば、ふわぁっと口の中に磯の風味が広がる。麺は細縮れ。縮れ麺なりの舌触りと喉ごしの良さはスープとの相性も良いようだ。看板への期待しすぎていたのかな?感動には至らなかったものの、十分に満足出来る一杯。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷しそば正油 2006
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、キザミノリ、胡麻など
2006/07/06 食す。 ★★★★☆ 800円
キリっと醤油カドが立ったところに、冷たさも手伝ってスッキリとした味わい。心地よい魚介の風味に、さらに炒り胡麻が風味を添えているが、スープには冷たさの中に厚みが感じられる。油がやや多めで、スープに僅かだがトロミを感じる程だが、軽い口当たり。このスープを受け止めるのが、歯応えのしっかりした細縮れ麺。おか田の麺とは違って、力強さがある。それを締めれば尚更だ。チャーシューは、脂身がほとんど見られず赤身が中心。肉の弾力を楽しむことが出来る。また、太く切られたメンマも、ザクザクっと小気味良い音を口の中に響かせてくれる。煮玉子も黄身がトロリと半熟だが、絶妙な茹で加減で黄身がスープに流れ出すことはなく、白身にも味がよく染みているが、この日は味がやや強めだったようだ。ネギの風味も良い意味でアクセントになっている。丼一杯の幸せを胸に、言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷しそば塩 2006
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、キザミノリ、胡麻など
2006/06/07 食す。 ★★★★☆ 800円
塩はやや強めだが、冷たくすると、味にしても風味にしても思うように立たないもの。これ位がちょうど良いかもしれない。やわらかな魚介の風味のアッサリすっきりした一杯。あっさり感の中にも厚みが感じられる。スープ表面の油がやや多めだが、炙りチャーシューから滲み出た脂かと思いきや、わざわざ油を足すらしい。店主の話を総合すると、魚香味油というより和だし油?とでも呼んだ方が的を射ているかもしれない。植物性の油のようで、冷たいスープの表面を見苦しくすることもない。麺は細縮れ。締め方も十分でコシはしっかり。スープをしっかり受けとめている。チャーシューは、ロースが3枚。オーダーが入る度にハンドバーナーで炙る手の入れよう。やや噛み応えがあるが、味も控えめであっさりしている。太く切られたメンマは、コリコリと十分すぎる食感。隣のお客さんの耳が気になる程だ。スープを飲み干さずにはいられなかった。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
つけそば
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、白髪ネギ、キザミノリ、胡麻、大葉など
2006/05/27 食す。 ★★★★☆ 700円
店主曰く『クレームの多いつけそば』らしい。濃厚なつけ汁から漂う十分な魚介の風味。動物系の旨味に牛脂の甘みが加わり、醤油辛い程でもないが適度に醤油カドが立ったところに、香辛料の辛さが効いているものだから、つけ汁全体としては甘辛さがある。気のせいだろうか?ごく僅かに爽やかな酸味も感じられる。平打ちの太麺は太陽食品らしいが、もっちりとした食感がつけ汁の力強さをしっかりと受け止め、180gが少なく感じる程だ。つけ汁の中には一口サイズのチャーシューがゴロゴロ。濃厚なつけ汁に負けない肉の甘みを楽しむことが出来る。スダチを使わなくなったのは、単にスダチの入手が難しくなった為らしいが、代わりにスダチの果汁に浸した大葉が別皿で添えられている。大葉の清々しい風味とスダチの爽快な風味が、つけ汁の口当たりを軽くしてくれる。つけ汁の旨味と風味、力強さのバランスが光る一杯。もっと麺が欲しい・・・言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
中華そば正油
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 細縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、ノリなど
2006/04/22 食す。 ★★★★☆ 700円
丼一杯の幸せ・・・食べる前から書き出しを決めていた程に期待していたが、スープを見ればいつもと違うことは一目瞭然。私の脳裏にあるイメージでは、スープは澄んでいた筈だ。僅かに濁ったスープを口に含んでみると、旨味もありコクもあり、そして魚介の風味もありの華壱らしいスープ。醤油も強くなく、スープの旨味を引き立てているが、魚介の風味の方は、私が思っていたほど鮮明ではない。麺は細縮れ。いつもの麺より食感はしっかりしているが、決して強すぎるということはないし、縮れ麺なりの舌触りと喉ごしの面白さがある。おか田の麺よりは好みだ。店主の話によると、麺を太陽に変えて、それに合わせてスープを強くしようとしているところらしいが、それでスープに濁りが出て、スッキリ感が後退したようだ。トッピングは相変わらずなのでレポートは割愛。私の持つイメージとは少しだけ違ったが、スープを残すことは出来なかった。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
華壱流 寿
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細やや縮れ
具 チャーシュー×1、タラバの足×2、メンマ、半熟煮玉子1/2×2、ネギ、白髪ネギ、大葉、糸トウガラシ、胡麻、ノリなど
2006/01/04 食す。 ★★★★☆ 1200円
この日10食限定の一品。ベースは塩。アッサリ感と魚介の風味は相変わらずだが、そこへ魚介の旨みがコクを加え、十分な奥行き感がある。スープをレンゲでさらうと、白い細かなモノがスープにただよう。スープにも随分と蟹を使うようだが、変に蟹カニはしていないところにも好感が持てる。トッピングの華は何と言ってもタラバの足が二本。ハンドバーナーで炙られた身は、やわらかく、そして甘みがある。それに、この贅沢感が堪らない。チャーシューは厚さ5mm程だろうか?驚くほどにやわらく、そして肉の旨みを味わうことが出来る。中央に盛り付けられているネギの小口切りと白髪ネギの上に大葉と糸トウガラシ。白髪ネギのさりげないネギ辛さ、糸トウガラシの邪魔にならない辛さ。そして大葉の清々しい風味がスープにアクセントを添えている。アッサリ感の中に十分な風味とコクがあり、1200円に値する満足感がある。スープまで完食。言わねばなりますまい!ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
鶏コク味噌
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太・平打ち
具 チャーシュー×3、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、白髪ネギなど
2005/11/03 食す。 ★★★★☆ 850円
味噌辛さはなく、ほのかな甘みの奥に鶏の旨味を感じる。僅かにトロミを感じるスープには、胡麻に混じって味噌の原料と思われる穀類の小片を見ることができ、スープの表面、縁の方ではコラーゲンだろうか?既に膜が張りかけている。味噌はそれほど強くはなく、マイルドな味わい。それでいて、ごく僅かに舌の上に刺激が残る。味噌一色でないのが、この店らしい。麺は中太の平打ち。ツルリとした舌触りで、少しゆるめだが、これもモチっシコっとした食感の内か。トッピングの華は鶏チャーシュー。3枚のチャーシューは、やわらかさの中にさりげない香ばしさと鶏肉特有のアッサリ感がある。煮玉子は黄身がトロリと半熟。スープに黄身が流れ出すこともないが、さすがに白身に染みる味は味噌に飲まれたようだ。味噌仕立てのスープの中、鶏の旨味を楽しませてくれる。スープも重たくないので十分に飲み干すことが出来る。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
アラ炊きそば鯛塩
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、揚げネギ、糸トウガラシ、ノリ×1、スダチなど
2005/10/05 食す。 ★★★★☆ 850円
鯛のアラを炊いたというスープは、透明感はないものの塩も強くなく味わいアッサリ。臭みも気にならず、魚介も風味というより旨味が主体。動物系のスープをほとんど使わないそうだが、信じられない程に厚みがある。ネギの小口切りの傍らに揚げられた細いネギ。ほのかな香ばしさと甘みが心地よい。半月切りにされたスダチが三切れ・・・レンゲの中で箸の先で絞るようにして口にすると、柑橘系のさりげない酸味がスープに加わり、変化を楽しむことが出来る。具は相変わらずの完成度。厚みのあるチャーシューはやわらか。肉の旨味が十分に伝わってくる。太く切られたメンマは、コリコリとしっかりした食感。隣のお客さんの耳が気になる程だ。煮玉子も黄身はトロリと半熟。それでいてスープに黄身が流れ出すこともない。麺は細めの縮れ。おか田の麺は私には少しゆるめだが、スープとのバランスは絶妙の域。麺も具もスープも全て満足。言わせていただきます。ごちそうさまでした!
▼MENUへ / TOPへ▲
冷しそば いしる改
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、キザミノリ、山葵など
2005/08/17 食す。 ★★★★★
早々と仕様を変えたらしい。スープを口に含めば鮮烈な魚介の風味。当初のことを思うと、いしるの癖も抑えられ、塩もカドが目立たなくなり、塩と判る程度の塩梅。塩か醤油か迷う辺りは変わってはいないが、塩も使って魚醤も使っているのだから当然と言えば当然。冷たさも手伝ってスッキリあっさり。それでいて旨味もしっかりしている。麺は細縮れ。程よく締められておりコシは十分。途中、ノリやらネギやらを麺と一緒に口にして、風味や食感を楽しんだ。チャーシュー、メンマ、煮玉子など、トッピングは相変わらずだが、メンマはコリコリと十分な食感。煮玉子の黄身もトロリ。白身の断面が、茶色から白色へとグラデーションを見せているが、やさしい味がよく染みている。チャーシューもやわらかく、味わいあっさり。スープのスッキリ感・あっさり感を損なうことはないが、このチャーシューの差で、巨泉さんのいしる冷やしを推したい。完食まで一直線!言わせていただきます。ごちそうさまでした!
▼MENUへ / TOPへ▲
冷しそば 塩
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、キザミノリ、胡麻など
2005/07/18 食す。 ★★★★★
昨年食すことが出来ずに悔しい思いをした一杯。店主によると、数度のマイナーチェンジを経て、タレを少し強くしたらしい。スープを舌の上で転がしてみれば、口の中一杯に魚介の風味が広がり、スープの冷たさの裏に、旨味・味わいがあり、塩もスッキリ感を覚える程に絶妙な塩梅。麺はお馴染みの(有)おか田。細めのやや縮れた麺だが、程よいコシ・食感が食を加速させ、キザミノリと麺とを一緒に口にすれば、麺が海苔の風味を身にまとう。炒り胡麻の方は、特に主張はないようだが、太く切られたメンマはコリコリ、玉子は黄身トロリ。やわらかい味が白身によく染みている。チャーシューは盛り付けた後でハンドバーナーで軽く炙っている。とてもアッサリ・・・脂が染み出てスープが持ち味を失うこともない。冷やしの「いしる」より癖がなくスッキリしているが、その「いしる」も早くもタレを改良したとのこと。この店も、食べても食べても追いつかない。もちろん完食!ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷しそば いしる
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、キザミノリ、山葵など
2005/06/25 食す。 ★★★★★
いしる・・・魚醤の一種で、魚の内臓を使ったものらしい。さて、冷たいスープを口にしてみれば魚介の風味が口の中に広がるが、少しだけ癖を感じた。ただ、その癖も持続せず最初の内だけだが、塩が強め。スープの色も塩か醤油か迷うところだが、魚醤を使うからには醤油の範疇だろうか?店主の話では、塩も醤油も使った上に干貝柱で旨味を厚くしているようだが、やや強めの塩梅の中、アッサリ感と味わいがある。麺は長さ35cm程の細縮れ。おか田の麺は締めると私には丁度良い食感。刻みノリも麺の風味を加えるのに欠かすことはできない。メンマはコリコリ、チャーシューはやわらかアッサリ。玉子もやわらかな味がよく染みている。器の縁にワサビが添えられているが、『ワサビは無化調ではありません』と店主がわざわざ言うからには他は化調は使っていないのだろうか?後味の良いアッサリ感が心地よい一杯。躊躇うことなく完食。言わせていただきます!ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷しそば 梅しそ
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、鶏のササミ、半熟煮玉子1/2、ネギ、キザミノリ、大葉、梅肉、炒り胡麻など
2005/06/09 食す。 ★★★★☆
魚介の風味しっかりの、あっさりスッキリしたスープ。一口で完食の予感が走る。店主によると、塩ダレに岩塩や梅酢などを使うらしいが、塩はたいして強く感じないが十分に味わうことが出来る。麺は中細の縮れ麺。締まり過ぎることなく程よくコシが増している。キザミノリと一緒に麺を口にすれば豊かな風味、大葉と一緒に麺を口にすれば爽快な風味が口の中に広がる。梅肉の影響を受けたスープが、程よい酸味を帯びスッキリ感を演出している。チャーシューは冷やし専用か?ロースの薄スライスだが、かなり大きく、アッサリやわらか。鶏のササミは、独特の噛み応えと淡泊な味わい。煮玉子も黄身はトロリとシットリの中庸か?私の好むところだ。白身にもやわらかい味がよく染みている。梅肉を少しだけ口にしてみれば、かなり酸味が強い。何も考えずにスープに溶くとスープの持ち味を損ないかねない。最後にスープに溶いて変化を楽しむようにしたい。迷うことなくスープまで完食。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
鶏そば
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細縮れ
具 鶏チャーシュー×3、穂先メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、白髪ネギなど
2005/04/06 食す。 ★★★★☆
鶏を使った白湯スープはサラっとした口当たり。意外に鶏トリした感がある。甘さにも似た鶏の旨味がしっかり。タレは塩らしいが、やわらかな味わいには深みを感じる。動物系の旨味を下支えするのは昆布などで引いた和風ダシ。最近食した鶏白湯の中では、旨味もストレートであっさりした口だ。トッピングの主役は、やはり鶏チャーシュー。やわらかさの中に香ばしさにも似た風味があり3枚でも物足りないほど。スープに添えられた刻みネギとは別にチャーシューの上に白髪ネギ。特に辛味も感じられないが、店主に言わせれば鶏チャーシューと一緒に口にして欲しいらしい。穂先メンマは、やわらかさの中に独特の食感があり、コリコリばかりがメンマでないことを教えてくれる。煮玉子は相変わらずの黄身トロリ。麺はやや縮れたお馴染みの麺。おか田と聞くと、ゆっくりと食す訳にもいかないが、スープのやさしい旨味・味わいとの相性は良い。バランスよくまとまった一杯。スープまで完食。言わせていただきます。ごちそうさまでした!
▼MENUへ / TOPへ▲
春塩はまぐりそば
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 やや縮れ
具 殻付き蛤×4、穂先メンマ、半熟煮玉子1/2、大葉、柚子、ネギなど
2005/03/07 食す。 ★★★★☆
この日お披露目の春塩はまぐりそば・・・殻付きの蛤が四つも盛り付けられ、その上から柚子の皮が添えられている。蛤を避けるようにレンゲでスープをとって口に運ぶ・・・控えめな塩、蛤の旨味が素のスープの風味を抑えてはいるが、蛤の旨味とほのかなダシの風味、あっさりとしたスープに仕上がっている。麺はお馴染みの(有)おか田のやや縮れ。麺の食感とスープとのバランスも良く、ズズズと麺をすすると柚子の爽快な風味が口の中に広がる。細く切られた大葉も盛り付けられており、様々な風味を楽しむことができる。蛤はツルっとした舌触りの中に独特の旨味と味わい。メンマも穂先メンマが使われており、やわらかさの中に食感の面白さがある。煮玉子も相変わらずで黄身はトロリと半熟。白身にもやさしい味がよく染みている。後半は、やはり柚子の風味が支配的になってしまったが、イロイロと風味・味わいを楽しむことができる一杯。スープを飲み干さずにはいられなかった。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
つけそば
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち縮れ
具 チャーシュー、三つ葉、メンマ、半熟煮玉子1/2、白髪ネギ、キザミネギ、スダチ、青海苔など
2004/12/22 食す。 ★★★★☆
流水で締めた冷たい麺を温かいつけ汁で食すスタイル。つけダレは濃厚タイプ。かなり魚介系を強くしてあるようで、イノシン酸の飽和攻撃にも近いものがある。店主によると、牛脂を使いタレにコクと力を加えたらしい。よくある酸味を利かせたタイプではないが、味わい深いものがある。つけ汁にはチャーシューの切り落としと三つ葉が添えられており、風味と旨味をつけ汁に加えている。平打ちの縮れ麺も、かたすぎず、ゆるすぎず、タレの絡みもよい。7割方食したところで、スダチをつけダレに搾り入れ、青海苔を麺に振りかけてみた。つけ汁が濃厚な為か、爽快感とまではいかないが、柑橘系の風味と酸味が心地よい。麺の方も青海苔のおかげで風味が増している。つけ汁が濃厚だと味わいが一本調子になり易いが、風味の変化を楽しむことができ面白い。最後にお約束のスープ割。つけダレをダシ汁で割ることにより、魚介の風味をより楽しむことができる。また完食・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
中華そば塩
麺 ややち縮れ ↑画像を
クリック
具 チャーシュー、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、ノリなど
2004/12/18 食す。 ★★★★☆
つけそばを食すつもりだったが、平日のランチ限定10食とのこと。横車を押したくはない・・・マイナーチェンジを繰り返したという塩を食すことにした。見た目には、ネギの使い方の他に、大きな違いは感じられない。レンゲでスープを口に含んでみると、あっさり・・・そして程よい塩梅の塩。ダシの風味が以前より少し強くなった感じを受けるが、私が求めている程の、節系の魚介風味は感じられない。渾然一体となった和風ダシの風味とでも言うのか。他は大きく変わりはないと思うが、やわらかチャーシューは、肉の旨味・風味を楽しむことができ、太く切られたメンマは、コリコリとした食感が心地よい。煮玉子は、黄身がトロリと半熟で、味わいもやわらか。高いレベルでバランスが取れている。後味も良く、安心して食すことが出来る一杯。スープを飲み干したのは言うまでもない。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
裏メニュー塩
ややあっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 やや縮れ
具 チャーシュー×4、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、ノリなど
2004/09/30 食す。 ★★★★☆
裏メニューとは言え、壁に堂々と『裏メニュー』と貼ってあるので、こういう名前のラーメンだと捉えた方が良いかもしれない。その点、裏メニューの塩は、本当に『裏』なのかもしれない。店主の話によると、これが出るのは三杯目とのことだ。塩を食すのは1ヶ月ぶりのことだが、前回よりも魚介の風味がよく出ており、味わいも厚さを増した感がある。確実にマイナーチェンジが繰り返されている様子が伺える。やや小振りな特製チャーシューも表面がガスバーナーで炙ってあるので、スープへの脂の影響は最小限。芳ばしさと、トロけるような食感が堪らない逸品だ。標準チャーシューも頑張っており、アッサリやわらか。肉の風味を楽しむことができる。太く切られたメンマの歯応え、半熟煮玉子の食感も相変わらず。最期には、器に両手を添えて口まで運び、ゆっくり味わいながらスープを飲み干す。言わせていただきます!ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
裏メニュー
ややあっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 やや縮れ
具 チャーシュー×5、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、ノリなど
2004/09/13 食す。 ★★★★☆
裏メニュー・・・魅惑的な響きだ。見てしまったからには頼まない訳にはいかない。店主が言う『チャーシューが重たいですよ』と。チャーシューは5枚。標準のものが2枚と小振りなものが3枚。小振りなものは盛り付ける前にガスバーナーで炙ったものだ。一言で言うなら『とろけるような食感』。バラ肉のロールだが、店主によれば、『トントロ』『トンカルビ』と呼ばれる部位とのこと。食感と香ばしさが堪らない逸品だ。対する標準チャーシューは、やわらかく、タレの染み具合も程々と言ったところ。チャーシューが増えた分だけ相対的に動物系が強くなる。醤油ベースのスープは、魚介の風味が程よく漂い、ややあっさり。少しだけ味わいが濃く、そして僅かに重たく感じられたが、店主によれば少しだけダシを多めにしたとのこと。気が付けばスープまで完食。もちろん、ごちそうさまでした!・・・ただ、やはりチャーシュー5枚は、私には重たいようだ。
▼MENUへ / TOPへ▲
華壱流辛しそば
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 やや縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、赤ピーマン、辛ミンチなど
2004/09/10 食す。 ★★★★☆
ベースは正油のようだが、スープ全体が僅かに赤みを帯びて見える。器の中央に辛ミンチが盛り付けられ、その周りを赤ピーマン、メンマ、チャーシュー、煮玉子、ネギなどが固めている。辛ミンチの味付けは店主の話を聞く限りだと、ラー油と言うより辛油。唐辛子などで辛さと風味を加えたゴマ油で味付けされているようだが、最初からスープに馴染んでしまっているので味わいの変化を楽しむ作りではない。ただ、お行儀の良い辛さなので、スープの持つ味わいや風味を楽しむことができる。赤ピーマンは彩りの為かと思いきや店主によると、辛さに舌が慣れたら赤ピーマンを口にして欲しいとのこと。確かに少しだけリセットされたような気がする。煮玉子はやさしい味わいで黄身もトロトロの半熟。メンマもシャクシャクとした食感が心地よい。適度な辛さに食が進み、あっと言う間にスープまで完食。言わせていただきます。ごちそうさまでした!
▼MENUへ / TOPへ▲
中華そば味噌
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 やや縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、ノリなど
2004/09/06 食す。 ★★★☆☆
スープには少量の胡麻が浮き、僅かに唐辛子も見られる。一口スープを口に含む・・・それほど味噌ダレが強いようには思えないが充分に味噌の存在感を感じる。スッキリという域ではないが、ややあっさり。ごくごく僅かな辛さがスープの味を引き締めている。麺は太縮れ麺。店主によると他と同じ(有)おか田製で、麺自体も少し長め。茹で時間も少しだけ長めにするらしいが、私としては、この食感には不完全燃焼気味。ただし、このスープに力強い麺を持ってくる必要はないだろう。メンマは太く切られており食感を楽しむことができる。チャーシューはロールタイプでやわらか。脂身に風味というか味わいがある。煮玉子も相変わらずの出来で、黄身トロトロの半熟だ。気が付けばスープまで完食。器の底には味噌の原材料と思われる小片が残っていた。一応ごちそうさま!だが、味噌の味わいをどう表現したら良いか?と課題の一杯だった。
▼MENUへ / TOPへ▲
中華そば正油
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 やや縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、半熟煮玉子1/2、ネギ、ノリなど
2004/09/03 食す。 ★★★★☆
オーダーが入ってからチャーシューと煮玉子を切る。酸化を防ぐ為だろうが、丁寧な仕事ぶりに好感が持てる。あっさり正油のスープからは程よく魚介の風味が漂う。先日の中華そば塩に比べると格段にバランスがとれている。店主の話によると、この店を開店してから真っ先に改良したのが中華そば正油だそうで、今は塩ダレに腐心しているという。そのスープと、やや縮れた麺との相性はなかなかだ。チャーシューは三河の方の豚を使うらしいが、意外な厚さのあるチャーシューは、とてもやわらか。控えめな味付けの為か肉の旨味を堪能することができる。煮玉子も相変わらず黄身がトロけるような半熟具合。太く切られたメンマの食感も良い。この日はノリが少し寂しかったが、麺とスープ、トッピングの内どれか一つが突出する訳ではなく、バランス良くまとまった感がある。完食まで一直線!今日も言わせていただきます。ごちそうさまでした!
▼MENUへ / TOPへ▲
冷しそば正油
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 やや縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、キザミノリ、半熟煮玉子1/2、ネギなど
2004/09/02 食す。 ★★★★☆
チャーシューを盛り付けた後、店主がチャーシューをガスバーナーで炙っているのが特徴か・・・それを除けば、三吉とほぼ同じと言っても良いだろう。少量の胡麻が浮く冷えたスープは、カツオなどの魚介の風味が香るアッサリ醤油。思わず二口三口とレンゲを持つ左手がスープを口へと運ぶ。麺は縮れ。氷水で軽く締めただけに見えたが、おか田の麺は、なぜか良く締まる。チャーシューは三枚。気のせいか三吉より少し厚く切られているように見えた。程よい噛み応えで、あっさり・・・店主によると、バーナーで軽く炙るのは、肉を温めてやわらかさを引き出す為とのことだ。キザミノリの風味も良し。メンマの食感も良し。煮玉子もトロトロの半熟具合だ。スープも麺も、トッピングも満足。そして、無化調ならではの後味の良さ。迷わずスープまで完食。言わせていただきます!ごちそうさまでした!
▼MENUへ / TOPへ▲
中華そば塩
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 やや縮れ
具 チャーシュー×3、メンマ、キザミノリ、半熟煮玉子1/2、ネギなど
2004/08/30 食す。 ★★★★☆
どうしても修業先である三吉と比較しながら食してしまうが・・・少量のスリ胡麻が浮くスープは、三吉に比べ透明感に欠ける。一口スープを口に含んでみると、あっさり・・・和風ダシの風味が心地よいが、魚介が薫るという域ではない。少し三吉より味が濃いかなぁと店主に話を向けると、三吉より動物系を多めにして、その分、チャーシューをあっさり仕上げているとのことだ。そのチャーシューは、適度に厚みがあり、脂身も程々でやわらか。味付けも控えめで、肉の旨味を堪能することができる。太く切られたメンマの歯応えも私を満足させてくれる。やさしい味わいの煮玉子は、白身が茶色に色付き、黄身は半熟トロトロだ。やや縮れた麺は(有)おか田。スープとの相性がいいようだが、早めに食した方がいい。欲を言えば鰹をもう少し強めにして欲しいところだが・・・迷うことなくスープまで完食。言わねばなりますまい!ごちそうさまでした。

メニュー
調査日:2010年7月4日
麺類 ご飯類
中華そば 醤油 700円 チャーシューまぶし丼 250円
中華そば 塩 700円  ライチタイムセット(日祝除く) 200円
中華そば 白醤油 730円 豚そぼろご飯 250円
華壱流 台湾そば 780円  ランチタイムセット(日祝除く) 200円
中華そば 魚醤 800円 ごはん 150円
つけそば(昼限定) 750円  平日ランチタイム 無料
つけそばのType Hard(夜限定) 850円
まぜそば 1(ファースト) 750円 一品口取り
まぜそば 3(サード) 800円 手作り餃子 350円
冷やしそば(醤油・塩・白醤油) 800円  ランチタイムセット(日祝除く) 300円
大盛 100円 口取り玉子 150円
チャーシューめん 200円 口取りメンマ 200円
トッピング 炙りチャーシュー 500円
半玉トッピング 50円
チャーシュートッピング 100円 酒類
めんまトッピング 100円 生ビール(中) 500円
のりトッピング 100円 生ビール(小) 350円
チーズトッピング(まぜそば用) 50円 レモンチュウハイ 350円
キャベツ大盛り(まぜそば用) 30円

メニュー
調査日:2008年7月23日
麺類 トッピング
中華そば 醤油 700円 半玉トッピング 50円
中華そば 塩 700円 チャーシュートッピング 100円
中華そば 白醤油 730円 あおさのりトッピング 100円
華壱流 辛しそば 780円 メンマトッピング 100円
中華そば 味噌 830円 のりトッピング 100円
つけそば(平日昼限定) 750円 辛しミンチトッピング 100円
中華そば魚醤 800円 ご飯類
冷やしそば(醤油or塩) 800円 チャーシューまぶし丼 250円
冷やしそば味噌(夜限定) 850円 豚そぼろごはん 250円
大盛 +100円 ごはん 150円
チャーシューめん +200円 一品口取り
酒類 手作り餃子 350円
生ビール(中) 500円 口取り玉子 150円
生ビール(小) 350円 口取りメンマ 200円
レモンチュウハイ 400円 炙りチャーシュー 500円

メニュー
調査日:2008年5月3日
中華そば 正油 700円 トッピング
中華そば 塩 700円 半玉トッピング 50円
中華そば 白醤油 730円 チャーシュートッピング 100円
中華そば 味噌 830円 辛しミンチトッピング 100円
つけそば 750円 メンマトッピング 100円
華壱流 辛しそば 780円 のりトッピング 100円
中華そば魚醤 800円
麺大盛 +100円 ごはん 150円
チャーシューまぶし丼 250円
手作り餃子 350円 豚そぼろごはん 250円


HOMETOP