登別らーめん 蘭月(のぼりべつらーめんらんげつ)
メニューへFileNo426
おすすめ度
サービス度
★について
http://raou.jp/shop/426.htm
バーコード読み取り機能付携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報をメールに転送する場合はこちら→をクリック
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→

スープについて醤油味噌塩担々麺カレー

閉店(詳細不明)
豊田市山之手8-92 地図を見る
営業時間 10:00〜21:00
定 休 日 無休
アクセス 愛知環状鉄道三河豊田駅より約750m
客  席 テーブル:あり
駐 車 場 あり(メグリア)
電話番号 0565-27-6287 電話をかける時には
ジャンル  
備  考  
※営業日・営業時間等の情報は 2007.01.05現在のもの
禁 煙 - 水・お茶 ファミリー -
券売機 × おしぼり × カップル -
無化調 - 新聞雑誌 × 車椅子 -
自家製麺 マンガ本 × 詳細データについて
BGM - ランチセット ×
メグリア・・・幼い頃には豊田生協と呼んでいたものだ。本店の他、志賀店と若園店にも店を構えているらしい。ネットを検索していると北海道登別市の(株)望月製麺所に行き着く。どうやら製麺所とつながりがあるようだ。先に食券を買い、番号を呼ばれると自らラーメンを取りに行き、食べ終わったら返却口へ返す・・・水もセルフ。



醤油ラーメン+煮玉子
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太・縮れ
具 チャーシュー×1、煮玉子1/2×2、メンマ、ネギ、昆布、海苔、揚げネギなど
2009/02/15 食す。 ★★★☆☆ 680円 評価について
レンゲでスープを口に含んでみれば、色ほどに醤油にカドはないが味自体は強め。多少の甘味もあるので醤油の強さと相まって、割り下にも通ずるようなイメージがある。どの旨味が突出することもない渾然一体となった旨味に、揚げネギだか揚げタマネギが風味と甘味を添えている。麺は太めのやや縮れ。プリプリ・シコシコとしているのも最初の内だけ。少し麺が弱くなったようにも感じられたが、2004年から値上げしていないことと関係あるのだろうか。いつから煮玉子があるのか知らないが、黄身はトロリと半熟で白身はやわらか。鰹と昆布に特製ダレ云々と謳っているが、味がスープに飲まれ気味なのか?魚介らしさは期待した程でもない。チャーシューは脂身がない割にやわらか。味は控えめで肉の味がするものの、もう1枚欲しいとは思わない。さすがに厨房を眺めていても、望月製麺所の半加工品を使っている様子はうかがえないが、ありがた味はないけれど、味はまとまっている。
▼MENUへ / TOPへ▲
担々麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太・縮れ
具 チャーシュー、メンマ、ミンチ、白髪ネギ、糸唐辛子、胡麻など
2008/03/06 食す。 ★★★☆☆ 720円 評価について
特筆すべきはスープの多さ。レンゲで10回以上スープを口に運んでも、まだ普通には見えない。鼻に抜ける様な辛さがあって、喉の奥がジンジンとする程だが、それでも不思議ななめらかさがある。脂はやや多めだが、口当たりは重たくない程度で、胡麻のコクもしっかり。ミンチの冷たさも考えようによっては面白かったりもするものだが、肉味噌ではなく辛味も強くはない。このミンチの上から胡麻が散らしてあるので、パリパリとした食感を楽しむことも出来る。チャーシューやメンマがスープの下に隠れている。チャーシューは厚みがある割にやわらか。肉そのものの味が活きているし、メンマの歯応えはザックザク。白髪ネギや糸唐辛子はスープの辛味の飲まれ気味だ。麺は中太の縮れ。プリリとした舌触りとシコシコの歯応えは、さすが望月製麺所といったところで、麺を食しているという実感がある。スープを多くするなら、もっと濃くして欲しいというのが正直なところだが、ラーメン屋さんの担々麺としては悪くはない。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
牛乳ラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 縮れ
具 チーズ、メンマ、コーン、バター、ネギなど
2004/12/04 食す。 ★★☆☆☆ 820円 評価について
油のものだろうか?乳白色のスープの表面が、ほのかに赤みを帯びている。そのスープを口にしてみると、牛乳臭さはなく、味わいはマイルド。スープの色が全てを覆い隠し、中央のチーズ以外に何が盛り付けられているか視認することはできない。トロリと溶けかかったチーズの下にはネギとコーン。その上からバターが落としてあるようだ。バターは無塩か・・・特に味わいの変化は感じられない。コーンとスープ、そしてチーズを一緒に口にするとコーンスープを薄くのばしたような味わいが口の中に広がる。チーズが粉でなくスライスなので、全体に味が馴染まないようだ。麺はシコシコの縮れ麺。このスープに合うのか?と心配もしたが、意外に悪くはないようだ。ふーん、牛乳ラーメンって、こんな味なんだって感じ。600円以下なら無難か凡庸とするところだが、チャーシューなしで820円は、立派すぎる。完食の必要性は、全く感じられなかった。
▼MENUへ / TOPへ▲
カレーラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、ネギ、昆布、バターなど
2004/11/07 食す。 ★★★☆☆ 720円 評価について
カレーの香りが食を誘う。無塩バターだろうか?スープの表面でバターが溶けかかっている。レンゲをスープに泳がせてみると意外にトロミがないことに気付く。口に含んでみると口当たりはサラっ。程よい辛さが味を引き締め、カレーの香りは充分。無化調であるかは定かではないが、少しはトロミが欲しいと言うのが正直なところだ。麺は北海道から取り寄せているという縮れ麺。シコシコとした食感は好きだが、このスープとの相性を考えるとバランスを欠くように思われた。半ばスープに沈むようにチャーシュー、昆布、コーン、メンマ、バターなどが盛り付けられている。昆布を細く切ったものを、スープのダシガラと見てしまうのは、麺喰いの悲しい性だろうか。コーンの甘味がスープの味を引き立てている。チャーシューはやわらか。ただ肉の風味を楽しむにはスープが強すぎたか。無難な一杯だが、私が探し求めるカレーラーメンとは少し違うようだ。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩ラーメン
ややあっさり・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、ネギ、ノリ、揚げネギ、梅など
2004/10/09 食す。 ★★★☆☆ 580円 評価について
落ち着いた色調の高台丼は径19cm程だが端反を差し引くと18cmを下回る。器の中央で自然な色をした梅が存在感を放っている。その周りには揚げネギ。スープを口に含むと何よりも先に揚げネギの香ばしい風味が口の中を駆け抜ける。塩はそれほど強くはなく、控えめな魚介の風味が余韻として口の中に残る。麺は縮れ。加水が高めのようで、ややプリっと、そしてシコシコとした食感は、この店ならではのもの。面白い麺だと思う。トッピングで異彩を放っているのが昆布を細く切ったもの。独特の食感だが、登別と言えば昆布が名産。スープにも昆布が使われているのかもしれない。メンマは歯応えよし。チャーシューはロースだろうか?やわらかく、そして肉の風味を殺さない程度にタレがしみている。全体として期待していた以上のものがある。最期に梅を潰して味わいの変化を楽しむのを忘れたのが痛恨だが、次の機会に試してみたい。
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー
調査日:2004年10月09日 メニューについて
醤油ラーメン 580円 カレーラーメン 720円
醤油チャーシュー麺 720円 担々麺 720円
味噌ラーメン 580円 牛乳ラーメン 820円
味噌チャーシュー麺 720円 ミニラーメン 370円
塩ラーメン 580円 大盛 100円
塩チャーシュー麺 720円
ねぎラーメン 720円
ねぎチャーシュー麺 820円


HOMETOP