はれるや
晴レル屋
メニューへFileNo518
▲2015年  ▼2005年
おすすめ度
サービス度
★について
http://raou.jp/shop/518.htm
バーコード読み取り機能付携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報をメールに転送する場合はこちら→をクリック
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→

豚骨醤油味噌塩カレー辛いラーメンつけ麺

大府市月見町1-297
営業時間 11:30〜14:00,18:30〜22:00
定 休 日 月曜日・第2火曜日(祝日の場合は翌日)
アクセス JR東海道本線/武豊線
大府駅より約500m
客  席 カウンター:10
駐 車 場 あり(29台)
電話番号 0562-47-5432
 禁煙喫煙 禁煙
備  考 オープン:2005年1月4日 
※営業日・営業時間等の情報は 2017.--.--現在のもの
愛知県につけ麺を広めたパイオニア的お店。引き戸を開けて店に入ると、正面が厨房でカウンター席がL字型に囲んでいる。そして、左を向けば券売機。



らーめん
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太・ストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、ネギ、ナルト、タマネギ、海苔など
2017/10/21 食す。 ★★★★☆ 730円
この店が出来たばかりの頃、あまり間を空けずに何度もいただいたほどに美味しかったのを覚えている。それが、オープンから15年ほどが経った今では、スープから違う。醤油は判り易くて、酸味も見え隠れしている。下のスープ自体がオープン当初より弱くなったのだろうか?甘味は抑えめで、魚介の風味が効いているが、スープの舌触りがザラ付いている。おそらく魚粉を使っているのだろう。ネギが多めだが、スープ自体が昔ほどに強くないので、食感にしても風味にしても邪魔に思えてしまう。ゆるやかなウエーブを見せる中太のストレート麺は、長さ23cmほど。弾力を残しているが、少しプリプリとしていて、食感としてはかため。チャーシューは、バラと肩ロースが1枚ずつ。個人的にはバラだけでいいと思う。ちゃんと食べられるように仕上がっているが、オープン当初ほどのありがた味はない。もう久しくオーナーの姿を見ていないが、どこにいるのだろう?ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩ラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、ネギ、ナルト、タマネギ、海苔など
2015/09/18 食す。 ★★★★☆ 780円
50円安いただのラーメンにすれば良かったと後から悔やんだが、いつかいただく機会があるだろう。ただ、券売機に白の麺はなかったし、私がこの店を訪ねたのは3年半振りだ。ほどよく魚介が効いていて、それを動物っぽい旨味で支えているという印象。動物っ気は強くなく、記憶に残る濃度にはほど遠い。塩も風味と旨味をまとめるのに必要なだけの味で・・・強い味ではない。他の系列店でもそうだが、スープの濃度を抑えようとしているのが伺える。刻みタマネギは、かたくはないけど大きいので邪魔。無料トッピングとして卓上にあれば十分。太縮れ麺は、長さ20cm余。熟成麺のような表情を見せているが、加水が高めのようでシコシコと言うよりプリプリとしていて、スープに対して麺がやけに強い印象を受ける。脂身を含むチャーシューは、味らしい味もついてないが肉の旨味が弱くて存在感に欠ける。この店ももう7年か・・・次に進むべき道を模索しているのかな?ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
白の麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、ネギ、タマネギ、海苔など
2012/01/31 食す。 ★★★★☆ 700円
この店でラーメンをいただくのは実に3年振り。それも白の麺をいただくのは6年半振りのことだ。白=塩というイメージを持っている方も多いかと思うが、このラーメンは醤油仕立て。このグループ発祥の店ということで、スープを支える旨味は豚。脂も目に付くものの、口当たりにはほどよい重たさがあって、旨味にも力強さがある。それでいて、全体を牽引しているのは魚介の風味。そして、醤油ダレがスープの旨味と魚介の風味をひとつにしていると言ったところ。これも薬味のひとつなのだろうか?刻みタマネギが使われている。辛味はないものの、少しばかり歯に当たるのがやかましい。中細麺は概ねストレート。加水は低めで、食感はかため。歯切れ感は今ひとつだったが、茹で加減を確認されることはなかった。チャーシューは気が付けば胃の中。メンマは私にはやわらかめ。ネギは相変わらずパサパサ。以前ほどにありがたみはないけれど、堅実な美味しさがある。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
t×八三○まぜそば
麺 極太・縮れ ↑画像を
クリック
具 鶏肉、ミンチ、カマボコ、油揚げ、焼きネギ、ネギ、刻みタマネギ、温玉、海苔
2009/01/06 食す。 ★★★★☆ 830円
黒い器の中、味噌ダレで和えた極太麺の上から鶏肉、カマボコ、油揚げ、ネギ、温玉などの具が綺麗に並べられていて、味噌煮込みうどんのようにも見える。八丁味噌を謳う為に他の味噌を合わせてはいけない・・・という縛りの中でコラボ参加の各店が工夫を凝らしているのだが、この店ではミンチと細く切ったゴボウが味噌ダレに使ってある。味噌辛さこそ抑えめだが、脂や甘味は控えめで素直に味噌が伝わってくる。八丁味噌独特のエグミが少しだけ残っているところに、ゴボウの旨味とふんわりとした香りが加わり、味噌一色になりがちなところに想像を超えた奥行きが感じられる。極太の縮れ麺もコシは十分。八丁味噌の強さを存分に受け止めている。具にもひと手間かけてある。じっくり炙ってあるので、ネギだけでなくカマボコでさえ甘味を楽しむことが出来るし、油揚げや鶏肉も軽い塩味と共に素材の味・旨味を堪能することが出来る。ネギの風味・辛味とも、さりげないアクセントになっている。ひとつだけ気になるのが海苔。スープがないだけに、板海苔は食べるのに困る。キザミノリの方が良かったかもしれない。半分も食べ進んだところで温玉を崩して麺に絡めれば、プルンとした白身の舌触りも良いし、麺にネットリ絡みつく黄身の舌触りも面白い。麺と具を食べ終えると、味噌ダレも綺麗になくなっていた。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
画像下は試食時。この日はネギの焼き色だけが目立ったが、若干の仕様変更もあったかも?
▼MENUへ / TOPへ▲
まぜそば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 極太・縮れ
具 ミンチ、ネギ、刻みタマネギ、卵黄、辛味噌など
2008/02/16 食す。 ★★★★☆ 700円
油ダレを絡めた麺の上からネギの小口切りと刻みタマネギ。その上にミンチを盛りつけ、生卵が落としてある。グルグルっとかき混ぜて麺を持ち上げてみれば極太の縮れ。油ダレでテカテカしているところに節でザラザラして見える。麺には十分な噛み応えがあって、コシもしっかり。細かく挽かれたミンチは意外にボリュームしっかり。ネギの風味にタマネギのシャリシャリ感とで、多少は油の口当たりも軽くなるのだろう。油ダレの味は強くはないが、口当たりにも必要以上の重たさはなく、これ自体が香味油なのかもしれないが、節の力を借りて魚介の風味がある。半分ほど食したところで別皿の唐辛子ペーストを試してみると、旨味を伴った辛さがキチっと味を引き締めてくれる。卵黄を割って、麺に絡めて口にすれば、辛さがマイルドになる。最後に黒酢をグルグルと一週半・・・ツンツンしない程度の酸味でさっぱりと最後の麺をいただくことが出来たが、スープがないだけに3枚の海苔が少しばかり邪魔に思えた。十分に満足。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
赤の麺(太麺)
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太麺・概ねストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、ネギ、ノリ
2007/11/29 食す。 ★★★★★
赤の麺をいただくのは2年ぶりになるが、まるでスープが舌にまとわりついてくるかのようで、前にいただいた時よりスープの濃度が増しているのが判る。スープの口当たりにトロミを感じる程で、辛味噌という割には味噌ミソしていないが、辛さも十分に味わえる程度。魚介の風味に力強さがあるだけでなく、動物系の旨味も十分。スープの厚み・・・コクがしっかりしていて、スープが程よく・・・舌に重たい。麺は太縮れ。極太と言っても良いほどだが、30cm程の長さの麺は噛み応えしっかり。スープをよく持ち上げてくれるので、ハネには気をつけたい。具は海苔に隠されてしまっているが、一枚のチャーシューとメンマ、そしてネギ。チャーシューはやわらかく、このスープの中にあっても脂身の甘味がよく伝わってくるし、メンマも太く使われていて、歯応えはザックザク。そしてノリ自体も厚みがしっかりしている。ついついスープを飲み干してしまった。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩ラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 平打ち太麺・概ねストレート
具 ワンタン×3、岩海苔、トロロ昆布、糸トウガラシ、白髪ネギ、小松菜など
2007/01/08 食す。 ★★★★☆ 700円
券売機に見知らぬボタンが一つ・・・押さずにはいられなかった。塩ラーメンとはいうものの海老ラーメン。スープを口にするまでもなく、海老の香りが鼻をくすぐる。動物系の旨味をベースにエビの香りと旨味がしっかり。海老が前に出た分、魚介の風味は後退気味で、塩は言われなければ判らない程度だが、スープには十分なコクがある。このスープに合わせるのが平打ちの太麺。麺が長めなので、すすり切るのも大変だが、スープを受け止めるのに十分な歯応えと、平打ちならではの舌触りの面白さがある。具も賑やかだ。岩海苔の風味が口の中にフワぁと広がったかと思えば、糸トウガラシの辛味と、白髪ネギの風味とネギ辛さも良いアクセントになっている。ワンタンはツルリとした舌触りと喉ごし。トロロ昆布を口にすれば、旨味を伴った海の香りが口の中に広がる。スープを飲み干すと器の底に干し海老の姿。もちろん全ていただきました。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
味噌DEカレー
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太麺・概ねストレート
具 豚肉、挽肉、唐辛子、糸唐辛子、パセリ、レモンなど
2006/10/05 食す。 ★★★★☆ 850円
しばらく来ないうちに仕様が変わったらしい。見た目の違いは、カレーからキヌサヤとホイップが姿を消し、その代わりに糸唐辛子。麺の方は、豆苗の代わりに糸唐辛子。早速カレーを口にしてみると、カレーが少し強くなり、味噌は感じられないが、香りがやわらかい。ご飯にかけるカレーのイメージはなく、どこか洋食のカレー料理のような趣。唐辛子を使っただけ辛さは増しているが十分に味わえる程度で、麺をしっかりと受け止めている。麺は相変わらずの太さ。コシの強さに、麺を締める際に見た店主の腕の太さが脳裏をよぎる。強い弾力だけでなく、60cmほどと長さもあり、麺を持ち上げる箸が高く上がる。カレーの中には大きな豚バラ肉がいくつも入っている。味はカレー一色だが、やわらかさと大きさが堪らない。レモンを絞って麺にかけると、カレーにサッパリ感が加わるから不思議だ。気が付けば200gもの麺を完食。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
白の麺
・・・
豚骨・鶏ガラ・魚介・・・
↑画像を
クリック
麺 太麺・縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、ネギ、ノリ×1など
2006/07/05 食す。 ★★★★☆ 650円
食券を店主に渡すと、麺をどうするかを尋ねられた。最近のオススメは太麺らしい。お任せすることにした。スープの力強さは期待以上。動物系の旨味も十分過ぎる程なら、魚介の風味も十分すぎる程。旨味にしても風味にしても、舌にじゃれ付いてくるような感がある。麺は太縮れ。うどんのような太さがあり、モチっとした食感は悪くないが、長さが50cmを超えており、素直に麺が持ち上がらないのが玉に瑕。しかし、スープの力強さを受け止めるだけの食感が麺にはある。太く切られたメンマは、程よく食感を残しており、スープに負けないだけの味も付いている。チャーシューは、脂身が舌の上でトロけそうな程。味もよく染みているが、厨房では、このチャーシューを炙っている様子が伺える。ネギの小口切りは鮮やかな緑色が目を惹くが、風味は今ひとつ。薬味としては少しだけ物足りなさがある。とは言うモノのスープを飲み干さずにはいられない。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
味噌DEカリー
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 太麺・概ねストレート
具 豚肉、挽肉、きぬさや、豆苗、パセリ、レモンなど
2006/01/17 食す。 ★★★☆☆ 850円
カレーの辛さも香りも想像していたより抑え気味で、味噌も隠し味程度。僅かに酸味を感じられるのは、レモン汁を使っている為らしい。白く幾何学模様を描いているホイップも、さりげないサッパリ感を伴ってマイルド感を演出してくれる。カレーとしてはやわらかな味わいだ。麺はゆるやかなウェーブを見せる太麺。上からパセリが散らされ、豆苗が添えられている。コシがしっかりとしており、噛み応えも十分。カレーのトロミが強くない割に、つけ汁をよく持ち上げてくれる。麺の傍らにレモンが添えられている。麺にレモン汁をかけて、つけ汁につけて食してみると、サッパリ感が増して面白い。つけ汁の中に10cm×5cm程の豚肉が3枚。下の方には少量の挽肉が沈んでいる。豚肉の味付けは、つけ汁の支配に任せてしまっているようだが、やわらかくアッサリしている。サッパリ感が印象に残るカレーつけ麺。ついつい完食。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
つけめん 甘酢バージョン
・・・
豚骨・鶏ガラ・魚介・・・
↑画像を
クリック
麺 太麺やや縮れ
具 チャーシュー、メンマ、ネギ、キザミノリ
2005/10/28 食す。 ★★★☆☆ 700円
甘酢を使うようになったらしいが、旨味の影響を受けた為だろうか?酢の甘み自体は全く気にならない。やわらかな酸味と言うべきか?さりげない酸味とでも言うべきか?酸味が加わったことにより、全体的に少し滑らかになった感があるが、インパクトという観点では少しだけ後退。どこかピリリと引き締める辛さもあるが、丸い酸味の中で魚介の風味もよく頑張っている。麺は、ゆるやかなウェーブがかかった太麺。ほとんどストレートと言ってもいい位だが、しっかりとした食感が、つけ汁の旨味をガッチリと受け止めている。メンマは初期の頃のことを思うと、食感がかなり後退。それでもザクザクっと心地よい食感がある。チャーシューは相変わらずで、肉の甘み・旨味がしっかりと伝わってくる。この地方にあっては、酸味の付加は避けて通れないのだろうか? 酸味がなかったらどんな味になるのだろうか?興味が湧いてきた。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
赤の麺+半熟煮玉子
・・・
豚骨・鶏ガラ・魚介・・・
↑画像を
クリック
麺 太麺やや縮れ
具 チャーシュー×1、半熟煮玉子×1、メンマ、ネギ、ノリ×1
2005/09/07 食す。 ★★★★☆
チャーシューの巻き方が変わったという噂を耳にして訪れてみた。さてさて、店主オススメの太麺をチョイス。この日は煮玉子で変化をつけてみた。スープの味の組み立ては大きく変わっていないのだろうが、動物系の旨味も魚介の風味も以前のことを思うと僅かに後退気味。その分、辛さが幅を利かせている。味噌の存在感もほとんど感じられないが、これもブレの内だろうか。緩やかなウェーブを見せる太麺も、噛み応えのあるしっかりとした食感が、スープをしっかりと受け止めている。赤の麺には、やはり太麺がよく合う。チャーシューはグルグル巻きではないだけ。やわらかさは相変わらずに、このスープの中にあって肉の旨味を楽しませてくれる。半熟味付煮玉子は、箸で持っただけで黄身がトロトロだと判るほど。スープの中で玉子を割ると、スープに影響をおよぼすのは必至。白身にはやわらかい味が染みている。スープを飲み進むと挽肉が目立つようになり、スープを飲み干すと・・・ほとんど骨粉が残っていない。少しずつマイナーチェンジが進んでいるようだ。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
白の麺 全部のせ
・・・
豚骨・鶏ガラ・魚介・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー、半熟煮玉子、メンマ、ネギ、ノリ×1
2005/07/16 食す。 ★★★★☆
好物を後回しにする傾向が強い私だが、何も気にせずに食すことができるのは良いことだ。スープは相変わらずで、十分な動物系の厚みに醤油ダレのコクと味わい。そこに魚介の風味が加わることによりバランスよくまとまっている。ただ、極細ストレート麺とスープとの一体感に今までとは違うモノが感じられた。店主から『判ります?』と聞かれ『ごめんねぇ 麺が弱いよぉ』と即答してしまったが、どうやら麺を変えたらしい。そう言えば麺の太さを選択してもいない。具はてんこ盛り。玉子は箸で持とうとしただけで黄身がトロトロと判る程。やわらかい味が白身によく染みている。チャーシューは軽く炙られており、焼き目が食欲をそそる。ほのかに香ばしさがあり、このスープの中にあって、肉の旨味・甘みを堪能することが出来る。スープだけ残った器を傾けると、底に茶色いペースト状のものが見られる。魚粉とは似て非なるものらしいが、掻き混ぜてスープを口にすれば、スープの厚みが格段に増しているのが判る。私の望むマイナーチェンジばかりでもないようだが・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
つけ麺 全部のせ
・・・
豚骨・鶏ガラ・魚介・・・
↑画像を
クリック
麺 太麺やや縮れ
具 チャーシュー、半熟煮玉子、メンマ、ネギ、ノリ×1
2005/06/03 食す。 ★★★★☆
券売機復活は二ヶ月近く前のことだが、メニューを説明する女性店員の声が聞かれないのが寂しい。つけダレと言うよりスープ。濃厚とはいえ飲めてしまう程だが、動物系の旨味にタレがコクを加え、魚介の風味を効かせることによって程よくパンチの効いた厚みのある味わい。麺は概ねストレートの25cm程の太麺。モチっとした食感はスープとの相性もよく、200g以上ある麺も多さを全く感じさせない。つけダレの中のチャーシューは1cm幅に切られ、程よく温められてやわらか。麺の器に盛り付けられたチャーシューは炙ってあるようで香ばしさの奥に肉の旨みが感じられる。メンマは程よく食感を残す・・・といったところだが、ネギが意外に面白い。動物系の旨味にも十分な厚みがあるからか、ネギとの相性が良い。無意識にネギに箸がのびる。玉子は黄身トロトロ。ほんのりと色付く白身には、やさしい味が染みている。全部のせということもあり値段は張るが、十分なボリュームがある。好きなモノを最後に食す習性がある私は、最後にチャーシューを味わうように食した。もちろん完食。言わせていただきます。ごちそうさまでした!
▼MENUへ / TOPへ▲
赤つけふじお 全部のせ
・・・
豚骨・鶏ガラ・魚介・・・
↑画像を
クリック
麺 極太やや縮れ
具 チャーシュー、半熟煮玉子、メンマ、ネギ、ノリ×1
2005/04/12 食す。 ★★★★☆
中京TVの番組中で高田純次が名付けたというが少し可哀想な気もする。赤の麺のつけ麺バージョンだが、麺の上にチャーシュー、煮玉子、メンマ、ネギ、ノリ。好きなものを後に食す私だが、後先考える必要がない。つけダレは、この地方にありがちな酸味を利かせたモノではなく、赤の麺のスープのことを思うとやや濃厚だが、そのまま飲めない程でもない。口の中に辛さが残る程だが味わえる程度。辛さと魚介の風味を下支えする動物系の旨味・・・店主に修行経験がないとは思えない程の厚みがある。そのつけダレを、やや縮れた太麺がしっかりと受け止める。見た目多そうに見える麺も食してみると量を感じさせない。肉の旨味を堪能できるチャーシュー、小気味良い音を響かせるメンマ等トッピングも盛り沢山。煮玉子も黄身はトロトロ。このタレが相手では控えめに感じてしまうが、白身にも味が染みている。ただ、トッピング類が冷たいだけに、つけダレの熱が奪われるのが早いのが難。無理に解決するなら石焼き位しか思いつかない。この日も完食。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
赤の麺(細麺)
・・・
豚骨・鶏ガラ・魚介・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、ネギ、ノリ×1
2005/03/22 食す。 ★★★★☆
『麺はどうしましょう』と訊かれ『オススメでない方』と返す私も意地悪か?さて細麺の赤だが、やはり最初に感じるのは味噌で続いて魚。ただし魚はそれほど強いとは思わない。店主の話によれば、麺によって辛味を調整するそうで、細麺を使う時は辛味を少し控えるそうだが、それほど大きな違いは感じられない。唇で感じる程の辛さに攻撃性はなく、魚介の風味を楽しむことが出来る。味噌の味わいも辛さの陰に隠れてしまいがちだが、やはり魚介風味の辛いラーメンといった位置付けだ。麺は極細のストレート。スープがよく絡むし、辛さに触発されたのか熱々。仕様が変更されたのか?モヤシの代わりにノリが添えられている。メンマも極太ではなく、平たく切られており歯応えはシャクシャクと言った程度。チャーシューからは、この辛さの中にあっても肉の味が伝わってくる。十分に食べさせる力を持った一杯。白は太麺・細麺甲乙付け難がったが、赤に限って言えば太麺がオススメだ。
▼MENUへ / TOPへ▲
白の麺(太麺)
・・・
豚骨・鶏ガラ・魚介・・・
↑画像を
クリック
麺 太麺やや縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、モヤシ、ネギ
2005/02/27 食す。 ★★★★☆
店主からラーメンを受け取れば器は熱々。スープを口に含めば勿論スープも熱々。相変わらずの魚介の風味が口の中に広がる。味はやや濃いめだが、鶏だ!豚だ!と主張し合い過ぎることもなく、バランスが取れている。コクと言うのか厚みと言うのか・・・味わいには深いものがある。やや縮れた太麺はコシが強く、しっかりとした食感。何の気なしに食してしまえば『細麺も太麺も両方とも美味しい』としてしまうところだが、店主の話によると、太麺にする時にはタレと脂を少し増やすとのこと。麺とのバランスを調整するためにスープを少し強くする・・・気が付かなかったが、麺をチョイスできる店ならではの気遣いだ。具は相変わらずだが、チャーシューがなかなかで、とてもやわらか。脂身の部分には口の中でトロけるような感があり、タレの染み具合も絶妙で、肉の旨味を残しながら味わいがある。コリコリとしたメンマ、シャキシャキとしたモヤシも相変わらずだ。気が付けばスープまで完食。言わせていただきます!ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
黒の麺(細麺)
・・・
豚骨・鶏ガラ・魚介・・・
↑画像を
クリック
麺 細麺概ねストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、モヤシ、ネギ
2005/02/20 食す。 ★★★★☆
案の定、麺をどうするか訊かれたが、逆に『オススメは?』と問い返すと店主自身も答えを持っていない様子・・・この日は細麺にしてみた。思いの他に黒みを帯びたスープを口にすれば、ニンニクの風味。ニンニクは見られないが十分過ぎる程のニンニクの存在感がある。おかげで魚介の風味がかなり抑えられてしまっている。白よりもスープの味わいに深いものを感じるのは気のせいだろうか?店主の話によるとスープにはイカスミを使っているらしい。麺は概ねストレートの細麺。スープがよく絡む。チャーシューは相変わらずやわらかく、肉の風味もよく残している。他も相変わらずだが、やはりニンニクを使っただけ食べさせる力がある。現時点で、この店で一番やんちゃな一杯。魚介の風味が少しばかり勿体ないような気がするが、ついついスープまで飲み干してしまった。おろしニンニクが割と多く使われているので、私も含め客先へ行かれる方は要注意・・・ブレスケアも役には立たない。言い忘れるところだった・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
赤の麺(太麺)
・・・
豚骨・鶏ガラ・魚介・・・
↑画像を
クリック
麺 太麺概ねストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、モヤシ、ネギ
2005/02/15 食す。 ★★★★☆
赤をオーダーすると『麺はどうしましょう?』と店主が言う。オススメは太麺とのこと。お任せすることにした。スープを口にすれば、まず味噌を感じ、続いて魚介。基本のスープは一種類のみだから辛味噌仕立てと言ったところだが、辛さに攻撃性はないものの、額から汗が流れ落ちる程の辛さ。味噌もかなり控えめで、気が付けば辛さの陰に隠れている。魚介の風味も辛さに負けじと頑張ってはいるが最後までは持続しない。魚介風味の辛いラーメンといった位置付けだ。麺はやや縮れた太麺。しっかりとした食感がスープをガッチリと受け止めている。160gとやや多めだが、それを全く感じさせない。メンマはコリコリ、モヤシはシャキシャキと食感は相変わらずだが、モヤシにヒゲが付いていない事に気が付いた。細かな気配りが嬉しい。やわらかチャーシューも、このスープの中にあって肉の味わいを残している。名のある豚だろうか?適度な辛さも手伝って十分に食べさせる力をもった一杯に仕上がっている。そこへ魚介の風味が加われば・・・もちろんスープまで完食。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
つけめん
・・・
豚骨・鶏ガラ・魚介・・・
↑画像を
クリック
麺 太麺概ねストレート
具 チャーシュー、メンマ、ネギ、キザミノリ、胡麻・・・
2005/02/12 食す。 ★★★★☆
丁寧にメニューを説明してくれる女性店員の前に・・・何をオーダーするか決めていても最後まで聞いてしまう私がいた。冷たい麺を熱々のつけダレでいただくスタイル。茶濁したつけダレは濃厚タイプだが、そのまま飲めないこともない。店主によれば豚骨鶏ガラと魚介を使うらしいが、魚介の風味を主軸にしているのか?やはり豚の主張は強くはなく、酸味もこの地方にあってはかなり控えめ。少量の唐辛子が見られ、程よい辛さがピリっと引き締めている。麺は概ねストレートの中太。流水で締められた麺には十分なコシがあり、200gと多めだが多さは感じさせない。径14cm程のつけダレの器の中にはメンマと1cm程の幅に切られたチャーシューが入っている。このタレの中にあってチャーシューは程よく肉の風味を残し、メンマもコリコリをした食感が堪らない。最後に雑炊にしてもらった。ダシ汁で割ったところにご飯を入れただけだが、より魚介の風味が強くなっている。雑炊?も残さず完食。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
白の麺+半熟煮玉子
・・・
豚骨・鶏ガラ・魚介・・・
↑画像を
クリック
麺 極細ストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、モヤシ、ネギ、半熟煮玉子
2005/02/11 食す。 ★★★★☆
店内に漂う香りに期待が高まる中、出てきたラーメンを見てみれば、白の麺という割にスープは茶色で透明感はない。スープを口にしてみれば魚介の風味が口の中に広がる。醤油か・・・強いとは思わないが味はやや濃いめ。それほど豚ブタしてはいないが、豚骨のスープに魚介系のスープを合わせて魚粉でも入れたか・・・ところどころに節も見られる。麺は極細と中太から極細麺をチョイス。いわゆる博多豚骨で使われるような極細ストレート麺だ。具はネギを中心にメンマ、チャーシュー、モヤシと煮玉子。メンマは極太でコリコリと十分過ぎる程の食感。モヤシの食感もシャキシャキと心地よい。チャーシューはバラ肉のロール。5mm程の厚さがあり、肉の味を殺さない程度に味が染みており、とてもやわらか。煮玉子は黄身がトロリと半熟。白身にはやさしい味が染みている。評判通りの一杯・・・満足だった。気が付けばスープまで完食。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー
調査日:2015年9月18日
つけめん(全部入り) 1130円 玉子(半熟味玉) 110円
つけめん 780円 のり多し 100円
赤つけ(全部入り) 1180円 ネギ多し 100円
赤つけ 830円 メンマ多し 150円
特製みそDEカリー 1230円 チャーシュー多し 250円
みそDEカリー 880円 豚の炙りしょうが焼き 250円
らーめん(全部入り) 1080円 半ライス 100円
らーめん 730円 ライス 150円
赤の麺(全部入り) 1130円 ぞうすい(つけめんのみ) 100円
赤の麺 780円 生ビール(中) 400円
塩らーめん(全部入り) 1130円 生ビール(小) 250円
塩らーめん 780円 餃子セット 500円
大盛(つけめんのみ) 110円 餃子 350円
替玉(らーめんのみ) 110円 つまみチャーシュー 350円
ぞうすい(つけめんのみ) 100円 黒ウーロン茶 200円

メニュー
調査日:2012年1月14日
つけめん(全部入り) 1100円 半熟味付玉 100円
つけめん 750円 のり多し 100円
赤つけ(全部入り) 1150円 ネギ多し 100円
赤つけ 800円 メンマ多し 150円
名古屋つけめん 850円 チャーシュー多し 250円
たまり醤油つけ麺 850円 豚の炙りしょうが焼き 250円
冷やし塩まぜそば 梅しそ風味 650円
お疲れ茶漬け 700円 ぞうすい(つけめんのみ) 100円
白の麺(全部入り) 1050円 半ライス 100円
白の麺 700円 ライス 150円
赤の麺(全部入り) 1100円
赤の麺 750円 生ビール(中) 400円
生ビール(小) 250円
餃子セット 500円
大盛(つけめんのみ) 100円 餃子 350円
替玉 100円 つまみチャーシュー 350円

メニュー
調査日:2007年1月8日
つけめん らーめん
 つけめん(全部入り) 1050円 白の麺(全部入り) 1000円
 つけめん 700円 白の麺 650円
 赤つけ(全部入り) 1150円 赤の麺(全部入り) 1050円
 赤つけ 800円 赤の麺 700円
 大盛り 100円 黒の麺(全部入り) 1100円
 てんこ盛り 200円 黒の麺 750円
 ぞうすい 100円
とっぴんぐ 替え玉 100円
 半熟味付煮玉子 100円
 ねぎ多し 100円 塩ラーメン 700円
 メンマ多し 150円
 チャーシュー多し 250円


HOMETOP