らうめんこうぼうしょうわてい
らうめん考房 昭和呈
メニューへFileNo553

▲現在の店舗外観  ▼2008年
おすすめ度
サービス度
★について
http://raou.jp/shop/553.htm
バーコード読み取り機能付携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報をメールに転送する場合はこちら→をクリック
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→

醤塩塩

常滑市苅屋字柳田136
営業時間
(土日祝)
11:00〜15:00
10:30〜17:00
定 休 日 月曜日(祝日の場合は営業)
アクセス 名鉄常滑線/空港線常滑駅より知多バス常滑南部線。古場亭より徒歩約700m
客  席 カウンター:17
駐 車 場 あり(4台)
ジャンル ラーメン専門店
電話番号 0569-34-4408
備  考 オープン:2003年
※営業日・営業時間等の情報は 2016.12.27現在のもの
禁 煙 水・お茶 ファミリー ×
券売機 おしぼり × カップル
無化調 - 新聞雑誌 × 車椅子 ×
自家製麺 × マンガ本 ×
BGM ランチセット -
外観こそ店舗然としているが、店内は屋台の周りに板壁を立てたようなイメージ。玉砂利を敷いて長机を並べて丸椅子を据えた・・・悪く言えば掘っ立て小屋だが、白黒テレビなど店作りは古き良き昭和をイメージしているようだ。開店以来、昭和亭として営業を続けてきたが、しばらくの休業の後、2006年12月13日 昭和呈として営業再開。そして2009年1月に『支那そば昭和呈』から『らうめん考房昭和呈』に看板が掛け変わったが、店内に大きな変化はなかった。2011年になって、短期間であるが一時休業。リニューアル後は外が黒く塗られ、看板も地が赤いものに変わった。店内も玉砂利に変わって石板が敷き詰められ、奥行きのあるカウンターに15席と、お馴染みのリヤカー前に2席。券売機が導入された。2011年暮れの店内告知によれば、2012年2月6日より、昭和呈の定休日に「ぶっちゃー屋」として店を開け始め、しばらくしたら、ぶっちゃー屋は月曜日のみで、火曜日に一文という塩ラーメンの店を始めたが、いつしか定休日なしの昭和呈のみの営業となっていた。



新まぶし海老クリーム
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、ナルト、海老、アラレなど
2017/02/17 食す。★★★★☆1160円
「新」と付いているので疑いもせずにボタンを押したが、以前に同じものをいただいていたことに後で気が付いた。見た目には、チャーシューの肉の巻き方が変わった位で、丼ぶりも同じなら値段も変わりはない。海老のクリームはすべてが麺に絡み付いている状態。香ばしい海老の風味が口いっぱいに広がり、ネットリとする訳でもなく重たくもないが、これでもか!と言わんばかりに海老を堪能することが出来る。細ストレート麺は、20cmほどの長さ。なぜか全く温かみが感じられないが、低加水の細麺らしい歯切れ感がある。麺の一角にネギやらアラレやらが添えられていて、その辺りから麺を持ち上げると頼まなくても一緒に持ち上がってくるが、やはり海老の風味が後退する。とは言っても殺されてしまう訳ではない。麺をすべていただいた後には、丼ぶりの底にクリームが残っていなかった。前回いただいたものより海老クリームの量が減ったような?気がするが、気のせいだろうか?言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
しじみ塩仕立て
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー×1、殻付き蜆、メンマ、ナルト、水菜、粒麻など
2016/12/21 食す。★★★★☆990円
券売機の結構いいところにある何も書いてないボタンを押すと、食券が出てくる。それが今回のラーメン。うっすらと霞がかったように澄んだスープには、多少の油が見られるものの、ラーメンとしては少ない方で、口当たりはもちろん軽め。ジンジンという程でもないが、しじみらしい滋味がジーンと伝わって来て、塩もしじみの旨味を支える程度。続けて二度三度とスープを口にしたいのに、丼ぶりが小さくても麺の量に変わりはないのでスープが少ないのが残念。細ストレート麺は、長さ20cm程度。加水が低めの麺をやわらかめに茹でたような食感で、スープとも一体感がある。殻付きのしじみは、殻から取り出したものを3,4個ずつ口へ運び、渋みを伴ったような旨味を堪能したい。麺も具もなくなったら、お楽しみの時間が到来。丼ぶりごと口へ運び、スープをごくごくと飲む。永谷園のしじみスープと昆布茶を使ってラーメン作ってみようか!と思っていただけに、こんなラーメンを待っていた。食後もしばらく舌にジーンとしじみが残っていた。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
究極海老花麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー、メンマ、ナルト、水菜、粒胡麻など
2016/08/21 食す。★★★★★1220円
1120円の海老花麺は、強烈に美味しかった。それだけに100円UPの究極には大きな期待をしていたが期待が大きすぎたようで、2杯並べて店主の話でも聞きながらいただかないと、究極たる所以を理解することができないだろう。しかし、店主が店に立っている姿を最近見たことがない。スープ自体にも海老が使われているのだろうが、スープ表面のオレンジ色っぽく見えるのは海老の香味油。海老の旨味と風味がしっかりと伝わってきて 、ヒリヒリっと軽い辛味が口に残る。早々にスープを飲み干す決心をしたが、やはり海老花麺を褒め過ぎたようで、100円UPに相応しい褒め言葉が出てこない。細ストレート麺は、加水低めの麺を普通に茹で上げたような食感で、麺が力を失い始めるのも早い。麺はさっといただいておいて、スープをじわりじわりと味わいたい。チャーシューやメンマなどの具も相変わらずのクオリティーだ。美味しいだけど、究極じゃなくても十分すぎるほど美味しいのが問題。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
海老花麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー、メンマ、ナルト、水菜、粒胡麻など
2016/07/23 食す。★★★★★1120円
ひと口スープを口にしただけで、口の中で海老が飛び跳ねるような感じ。海老の香ばしさが活き活きとしていて、塩も判りやすいが強い訳ではない。旨味も大半が海老のものだろうが、風味、旨味、味どれもが申し分ない。スープを飲み込む度に、食道は海老の大洪水・・・なんて言い表すと、100円高い究極海老花麺への褒め言葉がなくなってしまうかもしれないが、これは確かに旨い。そんなスープの一角に、炒り胡麻が添えられているが、ひと頃のことを思うとパチパチ感は抑えめだ。細ストレート麺は、辛うじて歯切れ感を残している。加水低めの自家製麺で、スープの持ち上げも良いし一体感もある。チャーシューはありがちな煮豚ではなくて焼豚。香りがいいので、食べ応えよりも香り重視。薄く使ってあるのも当然だと思う。(メンマは太く使ってあって、歯応えザックリ。水菜・糸唐辛子共に変に主張することもないので)スープを味わっていただくことが出来るが、スープの減りのなんと早いことか!高くて勿体ないからではなく、美味しいからスープを飲み干さずにはいられない。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
魚介塩ノ麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー、メンマ、ナルト、水菜、粒胡麻など
2016/02/19 食す。★★★★☆ 880円
昭和呈ラーメンの塩がお目当てだったが、券売機にボタンがない。店主の方に目をやると、名前が変わって魚介塩ノ麺になり、柚子の扱いを少し変えたと教えてくれた。お馴染みの歪な丼ぶりではなく、口縁が18cmもないような小振りな丼ぶりが、淡い黄色みを帯びたスープを湛えている。鶏の旨味が主体なのかな?ダシに独特のふくよかな奥行きが感じられ、塩とは言ってもまろやか。やさしい味ながらに十分な旨味がある。そんなスープの一角に炒り胡麻。サクサクっとした食感がいい。細ストレート麺は、長さ23cmほど。サクっとした歯切れ感が長続きしないが、変に持続力のある麺より好感を持てる。さりげない柚子の風味が、麺をすする息にのってくる。以前は皮を使っていたようだが、おろして使うようにしたらしい。排他的になりがちな柚子が、ふっと余韻に感じる程度に使ってある。嗚呼、スープを飲み干さずにはいられない。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
四万十川のピリ辛まぶし塩麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー、メンマ、青のり、ネギ、ナルト、水菜、糸唐辛子、胡麻など
2016/01/17 食す。★★★★☆ 990円
強引に1000円未満に抑えこんだ感のある値段設定だが、この店は高いなりに他店にはない美味しさがある。大きなお皿の中央にコンパクトに盛りつけられていて、麺には大量の海苔が絡みついている。麺をすすると口の中にあふれる海苔の香り。レンゲで麺を受けることなく、直接すすり切った方がより香りが強い。唐辛子が少しまぶしてあって、海苔の甘味を引き立てるかのようにチクチクと舌を刺す。そして、麺自体が魚介の旨味・風味をまとっている。店主によると、麺に和えてあるタレにアジやらウルメやらを使っているらしい。細ストレート麺は長さ20cmほどで、かための食感。チャーシューはベーコンのように香り高い。太く使われているメンマは、冷たいのが難。粒胡麻が一箇所に盛りつけられているので、自分の好きなタイミングで麺に絡めていただくことが出来る。スープがないものを手放しで褒めたくないが、確かに美味しい。ただ食後に、歯に海苔がついていないか注意したい。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
肉みそまぶし
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 肉味噌、メンマ、ネギ、ナルト、糸唐辛子、胡麻など
2015/10/20 食す。★★★★☆ 880円
麺には既に何やら和えてあって、赤いものがチラチラとしている。麺の上にのっている肉味噌には、ほんのりと生姜が効いていて、味噌も辛さも生姜に少し遠慮気味。ミンチが大粒なので食感を楽しむことが出来る。麺は長さ25cmほどの細ストレート。加水が低めで食感もかためだが、意外だったのが魚の気配があること。店のすぐ前にある製麺室で作った自家製麺であることに疑いはないが、果たして練りこんであったのか、まとわせてあったのか。肉味噌には麺全体に行き渡るだけのボリュームがあるが、一緒に混ぜ合せてしまうのが勿体なくて、麺を口にして風味を楽しんでから、肉味噌を口にして味と食感を楽しむようにいただいた。ネギと胡麻と糸唐辛子が添えられているが、残念ながら 胡麻の存在感は全く無い。糸唐辛子も彩りでしかないことを考えると、使う必要が低い食材だと言える。スープがないと思って少し舐めていたが、麺が多かったようで後から意外にお腹が重い。いつも通り言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
海老ザルそば
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、ネギ、胡麻、糸唐辛子、アラレなど
2015/07/31 食す。★★★★☆ 980円
相変わらずオススメの売り込みに余念がない。勧められるままに980円のボタンを押していた。つけ汁の色を、オレンジ色と言い現したのでは申し訳ないか。webで検索したところ、蜂蜜色、砥粉色、薄香色が近い。つけ汁の舌触りが衝撃的だが、どう言い表そう・・・ドロッ?トロン?フワッ?プルン?実はどれもあって、よく見ると大粒の白く半透明な背脂みたいなものも見られる。ほどよく海老の香ばしさが主張していて、塩はやや強め。ピリピリっと辛味があるが、汗ばまない程度。三種類の海老を練り込んだという麺は、期待したほどにクセはない。もっと繊細なスープに合わせた時に良さが光るのだろう。細ストレート麺は加水が低めだが、サクっとはしてない。この麺が、つけ汁をおそろしくよく持ち上げてくれる。チャーシューはまだほんのりあたたか。強い味はついてないが、香りがいい。後半がやや単調だったのと、つけ汁がひと口分も残らなかったのが残念。 とは言え衝撃の一杯。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
担々麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細め・ストレート
具 ミンチ、干し海老、青菜など
2015/07/20 食す。★★★★☆ 880円
店主が担々麺を食べ歩き、試行錯誤を重ねたそうだが、シナモンの量では家族で意見が別れたらしい。桂皮、肉桂、ニッキなど様々な呼び方があるが、少し使った位では私には判らない。練り胡麻はスープ全体に行き渡っていてラーメン屋の担々麺の様相を見せているが、辛さや香りの奥行き感は中華の担々麺に通ずるものがある。胡麻は濃すぎないながらも十分に胡麻のコクを味わうことが出来る。味わえる程度の辛さとは言え、唇や舌がジンジンとして額が汗ばんでくるほど。山椒・・・花椒か?が僅かに見え隠れしているが、他は突出することなく互いに引き立て合っている。甘めの肉味噌はミンチが大粒なので、食感を楽しむことが出来る。このミンチの上にある干海老が個性的だが、この担々麺の中では風味が活きていない。細めのストレート麺は、長さ30cm半ば。ややかためなので、すすりきる人は麺を少しずつ持ち上げた方がいい。青菜は軸の部分も含めてやわらかかった。ラーメン屋でありながら、担々麺は中華仕様。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
サバの塩仕立て
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細め・ストレート
具 チャーシュー、メンマ、ナルト、水菜、炒り胡麻など
2015/01/03 食す。★★★★☆ 980円
券売機の前に立つ私に店員が声をかけてくる。メニューの入れ替わりが多い店でお薦めを教えてくれる気遣いが嬉しかった。カツオに比べると、魚介の風味・旨味が強いが、エグいほどでもない。塩は判る程度で、少しだけ脂が気になるところだが、ひと口スープを口にしただけで、スープの飲み干す光景が脳裏に浮かんだ。そんなスープに炒り胡麻が食感を添えてくれている。細めの麺は、長さ35cm前後のストレート。博多豚骨に例えるなら、ややカタといったところ。スープを適度に持ち上げてくれる。駐車場に一角に製麺室が完成しつつある。今後が益々楽しみになってきた。チャーシューは煮豚ではなくて、炭火で焼いた焼豚。ほどよい香ばしさがあるが、スープを味わう邪魔にはならない。厚みがある訳ではないが、意外に存在感がある。メンマはやわらかめで、歯応えザックリ。水菜とナルトは完全に脇役に徹している。値段は立派だが、値段に見合っただけの美味しさがある。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
昭和呈ラーメン しょうゆ
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細め・ストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、ナルト、
ネギなど
2014/11/12 食す。★★★★☆ 880円
この店で何杯ラーメンをいただたいたことだろう?ラーメンが被らないようにしているが、似たようなものもあったハズだ。スープには、ところどころ膜が張りつつある。いわゆる醤油辛さはなくて、澄んではいないものの茶濁している訳ではない。脂も控えめで口当たりは軽め。魚介の風味には太さと香ばしさが感じられるが、表層だけスープの口当たりが僅かにザラついている。細ストレート麺は、長さ30cmほど。歯切れの感じが良いのと、かたさ食感もスープとバランスが取れている。太く使われているメンマは、歯応えザックリ。チャーシューは、この店のことだから煮豚ではなくて焼豚。昔ほどの癖はないものの、ほんのりと香りがあって肉の旨味も伝わってくる。いい値段がするが、高級食材を使って値段に見合った美味しさがある。逆を言うと、高いだけの店や、食材を活かせていない店は多い。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
新まぶし麺 海老クリーム
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細め・ストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、ナルト、
ネギ、あられ、糸唐辛子など
2014/08/03 食す。★★★★★1160円
強いて言うなら、和えそば。大きなお皿にコンパクトに盛りつけられた麺には、既に何やら和えてある。長さ30cmほどの細めのストレート麺は、海老のクリームが重たいのか?素直に持ち上がらないほどだが、麺が切れてしまうようなことはない。弾力が抑えめのややかための麺で、冷しと言ってもいい位に熱が取られており、麺の一本一本が濃厚なクリームをまとっている。口にすれば、強烈な海老の香りが口の中に広がり、濃厚な海老の旨味が舌を包み込む。2枚のチャーシューにはほんのりと香ばしさがあり、肉そのものの旨味も伝わってくる。お茶漬け用・・・と言い切っても良いのかな?あられを麺に絡めるように口にすれば、カリカリっとした食感が加わり、ネギも同様に口にすれば少し風味が変化する。スープがないとは言え、それに代わる手間暇がかかっているのが判る。この一皿には、1160円払うだけの満足感と幸せがある。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
魚介塩ミルク
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・ストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、ナルト、
水菜、あられ、炒り胡麻など
2014/05/21 食す。★★★★★ 980円
ネーミングが先入観となり、スープを見る目が白さを探してしまうのだが、スープ表層はご覧のとおりの言い表し難い色。レンゲを泳がせてみると、すぐ下は白っぽい。牛乳や豆乳を使ったような過度なマイルド感はなく、乳製品の気配を感じる程度で口当たりも軽め。魚介の風味がよく効いているが、塩は強くない。柚子胡椒かな?ヒリっと口に残る辛味がある。店主の話によると、スープにはクリームを使うというから、おそらく生クリームなのだろう。このスープに合わせる薬味は、ネギではなくて水菜。これも店主の計算なのだろうが、ネギでなくて正解だと思う。細ストレート麺は、食べ始めこそ僅かにサクっとした歯切れ感もあるが、すぐに麺が力を失っていき、しなやかなが目立つようになる。それでもスープとは合っている。チャーシューは、タレの味が香ばしくて、もう1枚欲しいと思うほど。炒り胡麻と薬味が添えられているが、ともに食感が良い。スープを飲み干すと、ザラザラっと魚粉のようなものが残る。食べ進むほどに魚介の風味が増すのも納得。これは美味しい!言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
ごく普通のラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・ストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、ナルト、
ネギ、海苔など
2014/04/25 食す。★★★☆☆ 780円
店主の話によると、よほどネーミングが悪かったのか?あまりに出ないので近々にも「昭和39年の中華そば」に名前を変えるらしい。どうやら店主は昭和39年に生まれたらしい。胡椒と一緒に出てくるあたりが既に古めかしくもあるが、生姜がふんわりと効いた古いタイプの醤油豚骨・・・かな?スープの縁で油が表面張力で持ち上がっている。スープ自体に濃度や強いコクはなくて口当たりも軽めだが、脂のコクで底上げしているという印象を受けた。中細のストレート麺は、長さ30cm余。サクッとしているのも始めの内だけだが、このラーメンの為だけに麺を用意することはしなかったようだ。チャーシューは以前に比べれば燻した香りはないに等しいが、肉の旨味はしっかりとしている。せっかく胡椒が用意されているので使ってみたが、たしかにこのラーメンには胡椒がよく合う。780円はこの店では安い方だが、ちょっと割高感があるかな。完食には値するが、この店の他のラーメンに比べれば満足度では劣る。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
淡麗一号
あっさり
魚介・・・
↑画像を
クリック
麺 細め・ストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、ナルト、水菜、煎り胡麻など
2014/01/05 食す。★★★★☆ 980円
軽く炙られたチャーシューから広がるのか?半濁したようなスープに少しだけ脂が見られる。豚だとか鶏だとか強い主張はないけれど、軽い動物系の旨味に、ほどよい魚介の風味。強い味ではないけれど強いて言えば塩味ともなると、スガキヤのイメージがかすかに脳裏をよぎるが、魚介の旨味がしっかりしているだけのスープの厚みがまるで違う。細めのストレート麺は、長さ35cm程度。加水中庸で、しっとりしなやか。2枚のチャーシューは、軽く炙ってあるようだが、香ばしさを出す為ではなくて、脂を軽く溶かす為かな?脂の甘味と肉の味がとても素直に伝わってくる。炒り胡麻は、食感も香りも以前はかなり主張していたはずだが、ここ最近はスープに遠慮気味で、その分だけスープを味わうことが出来るというもの。薬味に水菜が使われているのも、ネギだとスープの持ち味を抑えかねないという計算からだと思いたい。美味しい・・・けど値段が高い。この店だからこの値段で出せるだろう。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
南海サンマの醤油仕立て
あっさり
魚介・・・
↑画像を
クリック
麺 中細・ストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、ナルト、水菜、煎り胡麻など
2013/11/14 食す。★★★★★ 980円
11月30日まで1日20食の秋限定麺。手作りの器から立ち上るサンマ独特の甘味を帯びた香りに、期待は最高潮へ。スープを口にしてみれば、やわらかい甘味があり、口の中いっぱいにサンマ独特の風味が広がる。醤油も強くはなく、脂が目に付く割に口当たりは軽め。熱々のスープを、二度三度と続けて口に運びたくなるほどの旨味がある。このスープの一角に、煎り胡麻が添えてある。よく炒ってあるが風味がでしゃばることはなく、パチパチとした食感をスープに添えている。中細のトレート麺は、長さ40cmほど。プツンという歯切れの感じも良いが、スープともよく合っている。極太のメンマは、ザックリやわらか。チャーシューは、やはり以前に比べると癖が抑えられているが、脂身の甘味が活き活きと伝わってくる。スープを飲み干すと、大量の節が底に姿を現した。他の店では決して味わうことの出来ない味。980円を払う価値がある。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
純粋ラーメン
あっさり
魚介・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、ナルトなど
2013/10/20 食す。★★★★☆ 790円
オフィシャルブログによると、「本物の魚介塩ラーメンを、味わって頂くため作りました」という一杯。お店で店主に「オススメは?」と尋ねると、「純粋ラーメン」と即答。券売機の一番左上にボタンがある。やさしそうな表情を見せるスープの色そのままに、魚介のやさしい旨味と風味。そこに生姜かな?香味野菜の気配が見え隠れしている。多少の魚臭さは覚悟していたが、全くそれはない。味としては塩かな。スープの持ち味を活かす為だと思うが、控えめな味。脂が点々とスープの表面に広がっているが、たいした量でもなく口当たりは軽め。麺を持ち上げてみれば、細めのストレート。ややかための食感だが、スープとのバランスは悪くない。チャーシューは、以前に比べるとクセが弱くなったような気がする。極太メンマは、ザックリやわらか。ほんのり味と香りがあって、主張がさりげない。定番の具であるネギが見当たらない。薬味がスープの持ち味を殺してしまうのを嫌ってのことだと思う。さすが昭和呈・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷製しお
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、ナルト、水菜、アラレ、胡麻など
2012/08/05 食す。★★★★★ 990円
澄んだスープを想像していたが、見事に裏切られた。レンゲに流れ込むスープの動きをみれば、僅かにトロミがあるのが判る。そのまま口にしてみれば海老の旨味と香ばしさが口いっぱいに広がる。塩は判る程度。少しだけ柚子胡椒を使って、さりげなく味を引き締めている。そのスープの一角に、アラレと胡麻が使ってあって、カリカリっとした食感をスープに添えている。中細のストレート麺は、かための食感でスープの持ち上げも良い。2枚のチャーシューは、軽く炙ってある。ほんのりとあたたかいので、1枚だけでも早めにいただきたい。味といい香りといい、この店のチャーシューは絶品だ。冷たさとしては、他の店に比べると抑えめで、ほどほどにヒンヤリといったところ。だからこそ、冷たくてもスープの香りが活きているのだろう。990円という値段も、味わってみれば納得。むしろ、本当はもっと高くしたいのを、無理に1000円未満に抑えたのでは?と思いたくもなる。生きていて良かったぁ! 言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
海老と帆立の醤油ノ麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、ナルト、水菜、糸唐辛子、胡麻など
2012/03/25 食す。★★★★☆1080円
海老は判りやすいけど、帆立は判りにくいもの。そしてタレは醤油。そこへ少し前にいただいた究極海老そばのイメージを引きずってしまうと、今ひとつだった。究極海老そばが、海老の風味と旨味でいっぱいだったことを思うと、このスープは海老の甘味が目立つ。醤油カドもなく、スープの表面には脂も見られ、口当たりにはほどよい安心感がある。そこへ炒り胡麻が心地よい食感を添えているが、やはり日によって胡麻の食感は異なるようだ。かための中細ストレート麺は、長さ30cm強。スープとのバランスも悪くはない。チャーシューは、脂身と赤身とを重ね合わせたもの。脂身が多めということもあって、やわらかいのは良いが、以前ほどに燻したような香りはない。水菜と糸唐辛子が薬味みたいな顔をしているが、ネギでなくて良かったと思う。帆立は最初から探すつもりなかったけど、海老なら究極海老そばの方が断然オススメ。美味しいけれど、この値段は考えもの。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
究極海老そば醤油仕立て
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、ナルト、水菜、アラレ、糸唐辛子、胡麻など
2011/12/28 食す。★★★★☆1180円
半年ぶりに店を訪ねてみれば店の奥に席が増え、食券と引き替えに番号札を貰い、番号を呼ばれて、番号札と引き替えにラーメンを受け取るシステムになっていた。「究極」という響きに釣られて頼んだ海老そばは、海老の風味と旨味に満ちていて、究極という名に恥じない仕上がり。白湯っぽい色合いをしたスープの表面に赤みを帯びた油が広がっているが、海老の旨味も十分なら、海老の香ばしさもしっかり。赤いのは海老の色だけではなくて辛味も少しあるようだが、少し汗ばむ程度のもの。下のスープにも海老を支えるのに十分な旨味がある。麺は中細のストレート。かたくなく、ゆるくなく、存分に海老を受け止めている。2枚のチャーシューは脂身が多め。以前は良い意味で香りにクセがあったけど、海老に呑まれたのか?普通のチャーシューに思えてしまう。胡麻も以前は、口の中でパチパチと音がしそうな炒り胡麻だったけど、よくある炒り胡麻だった。値段に見合った満足感がある。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷製スープ汐の麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、ナルト、水菜、アラレ、胡麻など
2011/07/29 食す。★★★★★ 980円
8月9月限定麺の提供が始まったのは7月下旬のこと。汐の麺・・・としながらも塩と醤油から選ぶことが出来るが、迷わず塩をお願いした。白濁したスープには油がうっすらと広がっている。一般的な冷やしに比べれば冷たさは抑えめだが、スープの持ち味を引き出す為の計算なのだろうか?トロンというのか?クリーミーというのか?予想外の舌触りのスープからは、ふんわりと海老が香り、余韻にピリピリっと辛味が残る。油も見られるものの濃度もそこそこのようで、十分な厚みを持っている。中細のストレート麺は長さ30cmほどで、気持ちかため。スープをよく持ち上げてくれるし、炒り胡麻やらアラレも一緒に持ち上がるので、風味や食感を楽しむことも出来る。チャーシューは、味にしろ香りにしろ絶品。メンマも、ゴリゴリっとしそうな歯応えで存在感がある。最初は980円という値段に懐疑的だったが、その思いが一瞬で吹き飛ぶような衝撃的な一杯。スープを残すことが出来なかった。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
 
 
 
リニューアル前
 常滑市苅屋字柳田136
 11:30〜14:00,18:00〜20:45
 定休日:月曜日・火曜日
 TEL:0569-34-4408
 
 
 
 

昭和呈流中華蕎麦
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×3、メンマ、ナルトなど
2011/02/04 食す。★★★★☆ 780円
中華そばと聞けば、何味と断ってなければ醤油と相場決まっている。スープの表面に脂が広がっているものの、口当たりとしては、あっさりでない程度。醤油も強くはなく、どことなく甘味があって、魚介の風味と旨味とで味わいじんわり。中細のストレート麺は長さ35cm程。歯応えから察するに加水はやや低め。スープを受け止めるのに十分な力を持っているし、スープとも一体感がある。3枚のチャーシューは薄く使われているものの、脂身の甘味に肉の旨味、ほんのりとした香ばしさとがあり、味は控えめだが、スープの持ち味を損なうことはない。太い拍子切りのメンマは歯応えザックリ。ネギが見られなかったのは、気のせいだろうか?中華蕎麦と言えば、必然的に枕詞は「昔ながらの」となるが、私は幼い頃にこんな美味しいラーメンをいただいた記憶がない。スープを残すことが出来ない。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
魚介の柚子汐仕立て
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×3、メンマ、ナルト、水菜、炒り胡麻など
2010/11/04 食す。★★★★★ 850円
開店前にダイイチ食品の車が出て行ったが、今までどこの麺を使っていたのだろう。そんなことを考えながらスープを口へ。魚介の風味も十分ならコクも十分。脂が見られるもののアッサリでもコッテリでもなく、青唐辛子の辛味がヒリヒリっと舌に残るので、味にも締まりがある。そこへ炒り胡麻が食感と風味を添えている。小さく切られた柚子の皮がいくつか見られるが、風味の主張はさりげない。逆を言えば、柚子の香りがスープを台無しにしている店は多い。中細のストレート麺は長さ約35cm。かたすぎない程度の歯応えがあり、スープの持ち上げもよく一体感がある。チャーシューは相変わらず薫り高いので、3枚あっても1枚1枚を丁寧にいただきたい。ナルトには食感を楽しめるだけの厚みがあり、拍子切りのメンマは歯応えザックリ。水菜は・・・多いと邪魔になるのだろうが、気が付いたら姿を消していた。値段に見合った満足感がある。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
深海 魚の塩麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×3、メンマ、ナルト、水菜、炒り胡麻など
2010/10/15 食す。★★★★☆ 990円
この8月28日から塩ラーメン専門店としてリニューアルし、メニューも一新。「深海」という響きに釣られてオーダーした一杯は、ひと口に言うなら昭和呈の味。湯気も立たない程に脂が多めだが、口当たりは、こってりでない程度。最初だけ少し塩にカドが立っていたが、すぐに気にならなくなり、魚介の風味もあれば、魚介の旨味もあって、厚みも奥行きも十分。スープのあちこちに魚の身のようなものも見られる。炒り胡麻は相変わらずで、香りも良ければパチパチっとした食感も心地よい。中細のストレート麺には、スープを受け止めるのに十分な噛み応えがある。3枚のチャーシューには、いい味が付いているし、燻したような香りもあるので、一枚一枚を丁寧に食べたくもなる。切り方の問題なのか?量の問題なのか?水菜の存在感が今ひとつだった。スープを飲み干した器の底に残った見慣れぬ細かなものが気になった。990円は考え物だけど、言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
四万十川のピリ辛まぶし麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×1、煮玉子1/2、メンマ、糸唐辛子、水菜、炒り胡麻など
2009/12/10 食す。★★★★☆ 980円
冬の限定メニューとして新たにお目見えしたのは、四万十川のアオサ海苔をふんだんに使用したもの。まぶし麺と言うだけあって、スープらしいものはなく、あらかじめタレ?が麺に和えてあるので、いきなり麺を口へ。中細のストレート麺は冷たく、かための歯応え。生クリームに魚介のスープを合わせて海苔と一味唐辛子と和えるらしく、アオサ海苔の風味が口いっぱいに広がり、唐辛子辛味で口の中がピリピリとする。塩とは言うものの、言われなければ判らないほど。生クリームも変にでしゃばることはなくコクを舌に残し、海苔の風味を存分に楽しむことができる。この麺の一角に炒り胡麻が添えてあり、麺に絡めるように口にすれば、また別の食感と風味を味わうことが出来る。チャーシューは相変わらずの丁寧な作りで、適度な噛み応えの中にも肉の旨味と香りがある。煮玉子は黄身が辛うじてかたまった状態で、メンマはコリコリの歯応え以上に素直な味に好感を持つことが出来る。少し値が張るが、それだけの価値がある一杯。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
夏の冷製スープ汐の麺
あっさり・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×1、煮玉子1/2、メンマ、水菜、糸唐辛子、炒り胡麻など
2009/07/25 食す。★★★★★ 980円
白濁したスープの表面には、オレンジ色の油がうっすらと広がっている。スープはキンキンに冷えている訳ではなく、ほどよくヒンヤリ。海老の香りが口の中にふんわり広がって、塩も判る程度でスッキリ。スープには少しトロミがあって、海老の香りが舌にまとわりつくよう。麺は中細のストレートで、食感としてはかため。ゴキゴキっと音がしそうな位だから、もう少し麺が弱くても良さそうだが、バランス的には申し分ない。いつも思うことだが、炒り胡麻の香ばしさは特筆もの。店主に話を伺ったところ、毎日ゴマを炒るらしい。チャーシューは、器に盛り付けてからハンドバーナーで炙ったもの。5mm近い厚みも手伝って適度な噛み応えがあり、いつもながら肉そのものの旨味も十分。メンマを戻す水には、シーガルフォーで浄化した水を使うというこだわりよう。コリコリとした食感も良いが、良い味が付いている。これはスープを飲み干さない訳にいかない。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
華春桜ノ潮麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×1、煮玉子1/2、メンマ、水菜、炒り胡麻など
2009/07/02 食す。★★★★☆ 900円
一時期スープの口当たりに少し重たさがあったが、ここ最近は脂も控え目。やわらかな魚介の風味に塩は判る程度。海老がふんわり香っていてコクはしっかり。店主の話によれば、魚介塩のスープに海老を少し効かせたとのこと。ふくよかなスープに仕上がっている。そこへ風味を添えているのが炒り胡麻。この店の炒り胡麻は、日を問わず時間帯を問わずいつも香ばしい。中細のストレート麺は、とてもしなやか。もう少し強くても良いと思うが、スープとのバランス的には許容範囲内。具はいつも通り・・・では申し訳ないが、どれも満足度は高い。特製のタレに4日も漬け込んでから備長炭を使い石窯で焼いたというチャーシューは、ほんのり香ばしく、どこかスモークの香りがあり、肉そのものの旨味も十分。スープを飲み干さずにはいられないし、器を下げに行く際にテーブルを拭かずにはいられない。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
まぶし塩麺海老クリーム
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×1、煮玉子1/2、メンマ、糸唐辛子、ネギ、炒り胡麻など
2009/06/20 食す。★★★★★1120円
細かな粉末状のものが使われてるが、店主の話によれば海老のヒゲ粉とのこと。麺の下にはクリーム状のものがあるが、海老が使われていない筈がない。中細ストレート麺を口にしてみれば歯応えはかため。判る程度の塩で味を調えていて、海老の香りは活き活きとしている。チャーシューには、ほんのり香ばしさがあって良い味がよく染みているし、肉そのものの旨味も十分。メンマも何やら仕事がしてあるようで、味わい深いものがある。ひと通り味わってから、麺の下のクリームを持ち上げるようにかきまぜると、ネギも胡麻も麺全体に行きわたる。北海道の生クリームを使うそうだが、海老のミンチまで麺と一緒に持ち上がり、口の中は海老エビ状態。ネギの小口切りは、ほどよい辛味が海老の香りにアクセントを添えてくれるが、切り方が大きめということもあって、麺と一緒に持ち上がり難い。残ったネギを箸で集めて口へ。これは美味しい。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
魚介塩ミルク仕立て
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×1、煮玉子1/2、メンマ、水菜、炒り胡麻など
2009/06/14 食す。★★★★☆ 980円
店主にお任せしたので、名前も知らず値段も判らず・・・一片の先入観もない。スープから立ち上る魚介の風味。そして、ここ最近のこの店のラーメンのことを思うと脂は控えめ。スープを口にしてみれば、まずはお約束の魚介の風味。塩は判る程度だが、どこかバターのような乳製品っぽさがある。魚はそれほど威張っていなくて、ふくよかな味わい。そして口当たりは軽め。スープの余韻にヒリっと辛味が感じられ、味にも締まりがある。中細のストレート麺はかためで、スープとの相性も申し分ない。炒り胡麻が麺と一緒に持ち上がり、香りと食感とを添えてくれる。圧巻なのはメンマ。太く、厚く、やわらか。ザックリとした歯応えは良い箸休めになっている。メンマの歯応えにこだわったと言うのは店主の弁だが、こだわりは十分に伝わってくる。スープの話に戻るが、店主によれば、魚介塩スープに生クリームを使い、アジアン香辛料でアクセントを加えたとのことだが、辛味に癖は感じられなかった。どこか女性的な印象の一杯。少し高いけど言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
新・飛び魚塩麺
やや・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー×1、煮玉子1/2、メンマ、水菜、炒り胡麻など
2009/03/04 食す。★★★★☆
らうめん考房 昭和呈・・・支那そば昭和呈から店名が変わったのは2009年1月のことだったらしい。さてさて・・・私も歳をとったものだ。一口目にはスープの口当たりがやや重く感じてしまった。塩は判る程度で、脂が多めとは言えコッテリではない程度。スープの中に黒い細かな粒々が見られるのは何なのだろうか?飛び魚ならではの力強い魚介の風味も、ほんのりと甘味を帯びている。そして炒り胡麻は相変わらずで、スープにパチパチっと食感を添えてくれている。細ストレートの麺はスープの持ち上げも良く、かためということもあって噛み応えはしっかり。チャーシューは相変わらずの逸品。控えめ味ながら、どこかしら燻したような香りがあり、肉の旨味も十分。煮玉子は黄身がドロリと半熟。スープに流れ出さないまでも、麺に絡みつく状態。メニューに続々と『新』の一文字が加わっていくが、その一文字で脂が増えるのだろうか?魚介の風味を心ゆくまで楽しんで・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
ずわい蟹の濃厚まぶし潮麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー×1、蟹ミソ、蟹の身、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、ミンチ、炒り胡麻
2008/11/02 食す。★★★★★1180円
何を頼んで良いのか判らない時は究極のオーダー・・・『お任せします』と言うしかない。油そばと呼ぶべきか?和えそばと呼ぶべきか?麺には蟹ミソが和えてあるようで、見た目にネットリ。麺を持ち上げて口にしてみれば、濃厚な蟹の旨味が舌に絡みついてくるかのようでコクは十分すぎる程。店主によれば、蟹二杯分のミソを使っているらしいが、油そばとのこと。30秒ほど茹でられた細ストレートの麺も、蟹の旨味に負けないだけの食感がある。チャーシューは相変わらずで、ほんのりと燻したような香りがあって、肉そのものの旨味もしっかり。煮玉子とメンマはさておき、ネギとミンチと胡麻を麺と一緒にかきまぜれば、胡麻の香ばしさ、ミンチの食感、ネギの風味と食感が、麺の食感に変化を添えてくれるが、それでも蟹の濃厚な旨味が全体をリードしている。さすがに蟹の甲羅は演出で添えてあるだけだが、蟹の旨味を堪能したからにはもう言うしかありません・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
華春 桜ノ潮麺
2008/11/02 同行者が食す。900円
私は余程のことがない限り、同じ店で二杯喰いをしない。スープを二口三口だけいただいたが、ふくよかな旨味にエビがふんわり香っていて、塩もまろやか。おそらく完食していたでしょう。
▼MENUへ / TOPへ▲
磯の香り潮麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、アオサ、ノリ、胡麻、糸唐辛子など
2008/09/14 食す。★★★★☆
名前の通りで、この歪な形をした器の中は磯の香りに満ちている。板海苔とは別にかなりの量のアオサ海苔が使われていて、アオサではなくてスープを口にしただけでも、甘味を帯びたような磯の香りがふんわり・・・口の中いっぱいに広がる。塩にもカドはなく、コクも十分。そこへ炒り胡麻が使われていて、口の中でパチパチと音がしそうな程の食感が心地よい。麺は細ストレート。もっちりシコシコと程よい噛み応えがあって、スープを存分に受け止めているし、胡麻やら海苔やらしっかりと持ち上げてくれる。大きく巻かれたチャーシューには、程よい香ばしさと、何やら燻したような香りがあって、肉そのものの旨味も十分伝わってくるし、煮玉子はにはやわらかい味がよく染みていて、メンマは歯応えがザクザクとしていて存在感は十分。糸唐辛子は辛味が控えめで物足りないが、最近の糸唐辛子はこんなものか。またスープを飲み干してしまった。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
まぶし潮麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー×1、ミンチ、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、ノリ、胡麻など
2008/07/06 食す。★★★★☆
メニューにはのっていない油そば。25cm前後の浅い器に油ダレと麺。上から具が盛り付けられている。グルグルっとかき混ぜると麺に油ダレが絡みついてくるが、どうやら塩ダレのようだ。麺は細ストレート。かための歯応えだが、麺も油ダレも冷たいのが面白い。魚香味油を使っているようで、力強いというか太いというべきか?魚介の風味はしっかりしているし、油自体にも口当たりの重たさはなく、タレ自体の塩も強すぎない。ここへ華を添えるのがチャーシュー、メンマ、煮玉子。提供直前に炙られたチャーシューは、脂身が溶けかかっていて、肉そのものの旨味がしっかり。メンマの歯応えはザクザク、煮玉子は黄身シットリそして白身には程よい味が付いている。食感と風味を添えているのが、ネギと挽肉と胡麻。店主の勧めに従ってラー油を使ってみたが、量にもよるが魚介が後退して辛味で味を引き締まる・・・これも変化と言えば変化だが、私は素の味の方が好きだ。魚香る油そば・・・言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
海老と帆立 潮の麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細やや縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、ノリ、糸トウガラシ、胡麻など
2008/04/24 食す。★★★★★1030円
お目当ては他にあったのに、ついつい以前にも食したモノを頼んでしまっていた。フードプロセッサーが低く短く唸ってから数分後・・・運ばれてきたラーメンのスープは海老色?というのも語弊があるが、ラー油と見間違う程に赤い色をしている、香ばしい程の海老の香りと魚介の旨味に充ち満ちていて、旨味が甘味として感じれる程。脂も多少目に付くが、それ以上に十分なコクがあって、一口スープを口にしただけで、間違いなくスープを飲み干すだろうことが判る。細麺がスープをよく持ち上げてくれる。強すぎず弱すぎず、それでいてスープの香りとコクを立てている。チャーシューは3mmほどの厚みがあって、適度に肉の弾力を残している。どこかしら燻したような香りが感じられ、肉そのものの旨味も十分に味わうことが出来る。炒り胡麻の食感と香りも申し分ない。思っていた通りスープを残すことが出来なかった。50円の値上げは痛いけど、言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
新 正油麺
あっさり・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細やや縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、、ノリ、炒り胡麻など
2007/11/21 食す。 ★★★★☆ 750円
一口目には気持ち醤油が強く感じられたスープも、気が付けば味はまろやか。どこかしら甘味があって魚介の風味も程よく、じんわり奥深いものがある。それに脂も多くはない。そこへ風味と食感を添えているのが炒り胡麻。香ばしさもさりげなく、パチパチと音がしそうな食感。麺を持ち上げると当然のように胡麻もついてくるのだが、麺は細縮れで、歯応え・食感としては、スープに気持ち遠慮気味。グルグルっと巻かれたチャーシューは厚さ5mmほど。適度に噛み応えがあって、さりげない香りの良さがあるし、肉そのものの味もよく判る。メンマは固めで、細く使われている割にコリコリとした食感。ついつい箸を休めたくもなる。煮玉子は黄身がトロリと半熟。やわらかな味はスープを味わうのに邪魔になることはない。そしてネギ・・・みずみずしさがある。とても真面目な作りの一杯で、一点だけキラキラ光ることもなく、全体的にレベルが高い。ついついスープを飲み干して・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
新・潮そば
あっさり・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細やや縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、、ノリ、胡麻、柚子の皮など
2007/09/30 食す。 ★★★★★ 800円
レンゲをスープに泳がせてみると、意外に脂は多め。そのままレンゲを口へと運べば、力強い魚介の風味と旨味。脂が目につく割に、口当たりに重たさはない。青トウガラシの清々しい辛味がスープをまとめ上げていて、塩もスッキリ。以前の塩そばに比べると、洗練された感がある。麺は中細のやや縮れ。加水はやや低めで、噛み応えも中細ながらにしっかりしている。炒り胡麻をレンゲにとって口にすると、パチパチと音がしそうな程の食感と共に、胡麻の香ばしさを楽しむことが出来るし、この胡麻の中に柚子の皮が潜んでいるようで、時折、さりげなく爽やかな風味が感じられる。チャーシューはハンドバーナーで軽く炙るようになったようだが、適度に肉の弾力があり、肉そのものの甘味もよく伝わってくる。メンマの歯応えはザックザク。煮玉子はトロリ。白身にもジンワリほんのり味が染みている。わざわざ常滑まで食べに行く価値がある。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
海老と帆立 潮ノ麺
あっさり・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細やや縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、ノリ、糸トウガラシ、胡麻など
2007/08/02 食す。 ★★★★☆ 980円
スープが赤みを帯びているので、ラー油かとも思ったが、スープを口にしてみると全く辛味はない。店主の話によれば、由比の海老を使ったことによって、スープに色が出たらしい。香ばしい程の海老の香りと、コクを通り越した海老の甘み。一口スープを口にしただけで、完食の予感が走る。潮と言うからには塩なのだろうが、海老の甘みを引き立てる程度で、帆立は隠し味に徹している。麺は細めのやや縮れ。強すぎず弱すぎず、スープを受け止めるには十分。チャーシューは薫り高く、やわらか。煮玉子は、黄身が流れださない程度に半熟。ほんのり色付く白身にも、ほどよく味が付いている。スープが減るに従って、麺が細かな海老の身を持ち上げるようになる。フードプロセッサーでも使ったのだろうか?器の底にかなりの量が隠れていて、口にする度に魚介の風味と旨味が口の中に広がる。少しばかり値が張るが十分に満足出来る。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
飛び魚正油麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細やや縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、ノリ、胡麻など
2007/04/22 食す。 ★★★★☆ 900円
隠岐の島の飛び魚と、境港の鯛などを使うというスープには、十分すぎる程に魚が効いていて、魚介の風味は『強い』というより『太い』イメージ。支那そば・塩そばに比べ脂も多め。そこへ醤油が厚みを加え、アッサリでもなくコッテリでもなく、本当に無化調?と思いたくなる程にスープにコクが感じられるし、炒り胡麻が口の中でハジけるのも、密かに嬉しかったりする。麺は細縮れ、店主によると北海道産小麦とモンゴル天然かんすいを使った麺を熟成させて使うらしい。加水はやや低めで、スープを受け止めるだけの十分な力があるのは勿論だが、細縮れならではの舌触りの面白さがある。自家製石釜で焼き上げたというチャーシューには、適度に噛み応えがあって、肉の旨味もしっかり。メンマも、ザクザクっと適度に歯応えがあって、麺とスープ・具のバランスの良さ光る一杯。知多半島では屈指のレベル。スープ一滴残すことが出来ない。言わせていたただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
飛び魚塩麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細やや縮れ
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、ノリ、胡麻など
2007/04/06 食す。 ★★★★☆ 900円
飛び魚と言うだけあって、力強い魚介の風味。魚粉も使われているようで、多少ザラつくところがある。炒り胡麻がパチッパチッと口の中で弾け、香ばしい香りが広がる。舌に重たいと言うのも大袈裟だが、スープの濃度は意外に高め。ところどころに膜が張っているのも見られる。塩?というのが正直なところだが、味にカドはなく、十分な厚みが感じられる。チャーシューは、やわらかさの中に適度に弾力を残しており、肉そのものの味も伝わってくるが、燻したような香りも多少感じられる。煮玉子の黄身は深く色付き、白身にもスープを邪魔しない程度に味が染みている。メンマは薄く使われているが、ザクザクっと歯応えは十分。中細のやや縮れた麺はスープを受け止めることが出来る程度の食感だ。食後も自分では全く気にしていなかったが、周りから口臭を指摘する声が・・・もしかしたらニンニクが使われていたかもしれない。少しばかり値段が張るが十分に満足。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
特選塩そば
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細やや縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、ノリ、胡麻など
2006/12/13 食す。 ★★★★☆ 700円
しばらく店を閉めていたようだが、店名を一文字改めて店を開けたのがこの日だ。微妙に透明感に欠けるスープを口してみれば、でしゃばり過ぎない魚介の風味が口の中に広がる。脂らしい脂も見られず口当たりは軽く、アッサリしている中に奥行きが感じられる。どこか素朴な感じの滋味深さを、青トウガラシの清々しい辛味がピシっと引き締めている。中細の縮れ麺は約20cmと短めで、シコシコとした歯応えはあるが、麺だけを捉えれば気持ちゆるめ。それでも、スープとの相性は良い。チャーシューには適度に噛み応えがあり、味が強くないこともあり、肉の持ち味が素直に伝わってくる。メンマの歯応えは、ザクザクっとしっかり。玉子も、黄身が流れ出さない程度に半熟で、白身にもやさしい味が染みている。このスープ・・・アッサリしていながら味わい深いものがある。もちろんスープまで完食。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
 ※手ぶれ画像修正限界・・・ゴメンなさい。
▼MENUへ / TOPへ▲

 
 
〜昭和亭〜
 
 

特選塩そば
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細やや縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、ノリ、胡麻など
2006/05/06 食す。 ★★★★☆ 700円
アッサリした中に程よいコクがあり、魚介の風味のでしゃばり過ぎない主張の仕方が絶妙。青唐辛子の辛さも支配的にならず、スープの旨味・風味を引き立てながら、スッキリした辛さが食欲を刺激する。1年前は、ここに僅かな雑味みたいなモノがあって、それが素朴な味わいを醸し出していたが、この日はそれがない。柚子の皮がスープに使われているが、爽やかな風味も遠慮気味で、アクセントに徹している。チャーシューは薄いのが難だが、僅かに焼き色がついて、ほのかな香ばしさがあり、肉の味もちゃんと伝わってくる。玉子にも良い味が染みており、黄身は流れ出さない程度に半熟。メンマも細く使われている割に食感はしっかりしている。麺は中細のやや縮れ。コシが強い訳ではないがスープを受け止めるだけの力が、スープとの一体感もある。食べ直してみてイメージより良くなっていると、ついつい嬉しくなる。スープまで完食。言わせていただきます。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
昭和亭黒豚そば
ややあっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太?概ねストレート
具 チャーシュー×20?、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、ノリなど
2005/04/27 食す。★★★☆☆1300円
器がチャーシューで埋め尽くされている為に肉をどけないと麺がすすれない。4cm角程で厚さ2mm位のチャーシューが約20枚・・・タレがよく染みており、程よい噛み応えがあるが、私としては標準のモノの方が好きだ。スープは、チャーシューの量の割に動物らしさが目立って強くなる訳でもなく、やわらかい醤油の味の奥に、ほのかな甘みとじんわりとした旨味と風味がある。気持ち動物系の旨味が補強され、スープの厚みが増したような感がある。煮玉子も支那そばでは半分だけだったものが二つ。相変わらず黄身しっとりで、白身には控えめな味が染みている。ノリもよく見てみれば四切と倍の大きさだ。箸休めにチャーシューを口にして器を見てみれば・・・大きいことに気づく。径20.5cm高さ8.5cm程か?トッピングが豪華になったのに合わせて二回りほど大きくしたようだ。さすがに1300円の一杯。支那そばより腹持ちが良い・・・というより少し重たい。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
支那そば
ややあっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太?概ねストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、ノリなど
2005/04/20 食す。 ★★★★☆ 650円
スープを一言で言うなら『じんわり』。魚介の風味こそ強くはないが、様々な旨味が渾然一体となった味わい深さがあり、無化調の割にはよく頑張っている。醤油もスープの旨味を損なわない程度で味わいにカドがない。トッピングの華は何と言ってもチャーシュー。お馴染みのロールタイプで、やわらかさの中に肉の弾力がある。香ばしく味わい深さも絶妙で、二枚もあるのが嬉しい。煮玉子は黄身しっとり、白身にもやさしい味が染みているが、やはりメンマの食感には少し物足りなさがある。麺は中・・・中太の概ねストレート。不思議と麺の食感が記憶に残らなかったが、スープとのバランスが悪くなかったからだろうか。6割方食してから卓上のにがり酢をスープに加えてみた。酸味は思ったほど強くなく、スープの風味・味わいを残しつつサッパリ感が加わり、ついついスープを飲んでしまう。やはり、もう少し魚介の風味が欲しい。それに、脂が少ないこともあり腹持ちが悪いのも難か。私としては、支那そばより塩そばがオススメ。今後が楽しみな店ということで・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
特選塩そば
ややあっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 概ねストレート
具 チャーシュー×2、メンマ、煮玉子1/2、ネギ、ノリ、炒り胡麻など
2005/04/16 食す。 ★★★★☆ 700円
『青トウガラシを使っていますので胡椒は合いません』と店員が言うが、私は余程のことがない限り胡椒を使うつもりはない。径18.5cmの切立丼は高さ6.5cm程と浅め。僅かに濁った感のあるスープを口に含めば控えめな魚介の風味。スープには鰹、昆布、椎茸、鯛などを使うそうだが旨味も魚介が主体。塩もそれと判る程度でカドはなく、無化調の割には味に厚みがあるが、青トウガラシでスープを引き締めたのは、醤油の旨味に頼れなかったからか?スープには炒り胡麻と細かく刻まれた柑橘類の果実の皮が添えられており、時折口の中に爽快な風味が広がる。麺の食感はややゆるめだが、スープとのバランスを考えれば許容範囲内。大きなチャーシューには、香ばしさと味わい、肉の旨味があり、とてもやわらか。それでいてスープの持ち味を損なうこともない。煮玉子は黄身しっとり、白身にも程よく味が染みている。魚介風味のアッサリとくれば完食するしかない。もう少し頑張って欲しいところだが・・・ごちそうさまでした!
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー  ※月火限定メニュー
調査日:2015年10月20日
淡麗塩麺 合鴨チャーシュー 880円 生ビール 550円
淡麗醤油麺合鴨チャーシュー 880円 缶ビール 400円
淡麗煮干し 合鴨チャーシュー 880円 サントリーALL-FREE 380円
淡麗海老 合鴨チャーシュー 880円 ホーピー 380円
本格タンタン麺 880円 特製黒豚餃子 350円
坦々つけ麺 880円 生ビール餃子セット 850円
魚介まぶし麺合鴨チャーシュー 880円 缶ビール餃子セット 730円
肉みそまぶし 880円 ノンアルコール餃子セット 700円
メンマトッピング 180円 お持ち帰り
増しチャーシュー(合鴨スモーク) 200円 自家燻製炭火チャーシュー 800円
おもり帰り特製ギョーザ 350円
ランチ煮干しチャーハン 100円
肉みそ丼 390円
ご飯 50円
坦々麺のシメご飯 無料
合鴨丼 330円 麺大盛り 200円

メニュー
調査日:2015年7月31日
昭和呈ラーメン(塩・醤油) 880円 ごはん 130円
昭和呈ラーメン(かけ) 780円 ミニ焼豚丼 400円
飛魚正麺(塩・醤油) 980円 体が喜ぶピリ辛魚の丼ぶり 400円
海老花麺(塩・醤油) 1120円 海老丼 400円
究極海老花麺(塩・醤油) 1220円 (ランチ)煮干しチャーハン 100円
昭和三十九年の中華そば 790円 肉みそ丼 390円
淡麗一号 880円 トッピング増しメンマ 200円
潮 香麺 890円 トッピング増し焼き豚 200円
会員様限定裏メニュー 990円 生ビール 550円
四万十川のピリ辛まぶし潮麺 990円 缶ビール 400円
新まぶし麺海老クリーム 1160円 サントリーALL-FREE 380円
まぶし麺2倍盛り 360円 ホッピー 380円
ずわい蟹の濃厚まぶし潮麺 1320円 特製黒豚餃子 350円
ずわい蟹2倍盛り 470円 生ビール餃子セット 850円
季節限定麺 980円 感ビール餃子セット 730円
ラーメン大盛り 210円 ノンアルコール餃子セット 700円
お持ち帰り自家燻製炭火チャーシュー 800円
※月曜・火曜限定メニュー除く お持ち帰り特製ギョーザ 350円

メニュー
調査日:2013年10月20日
純粋ラーメン 780円 ランチチャーハン 100円
元祖ラーメン 850円  
飛魚正麺 980円 うずら玉子(4個) 50円
海老花麺 1080円 うずら玉子(8個) 100円
究極海老花麺 1180円 増し焼き豚 190円
淡麗清麺 880円 増しメンマ 190円
潮 香麺 980円  
ラーメン大盛り 200円 ごはん 150円
  ミニ焼豚丼 390円
四万十川のピリ辛まぶし潮麺 980円 体が喜ぶピリ辛魚の丼ぶり 390円
新まぶし麺海老クリーム 1120円 店主のオススメ海老丼 390円
ずわい蟹の濃厚まぶし潮麺 1180円 チャーハン 290円
まぶし麺2倍盛り 350円 魚介チャーハン 290円
   
会員様限定裏メニュー 980円 缶ビール 390円
夏の冷製塩麺 990円 ノンアルコールビール 270円
魚介恋し細つけ麺の夏 980円  

メニュー
調査日:2011年12月28日
魚介ノ柚子汐仕立て 850円 ごはん 150円
深海 魚の塩麺 980円 ミニ焼豚丼 390円
海老と帆立の潮ノ麺 1080円 体が喜ぶピリ辛魚の丼ぶり 390円
中華そば 780円 北の牧場豚玉丼極め 490円
飛魚 醤油麺 980円 イタリアンミルキー茶漬 490円
海老と帆立の正油ノ麺 1080円 トッピング
究極海老そば醤油仕立て 1180円 増しメンマ 290円
豚まぶし麺海老クリーム 1120円 増し焼き豚 490円
四万十川のピリ辛まぶし塩麺 980円 缶ビール 390円
ずわい蟹の濃厚まぶし潮麺 1180円 つまみ焼豚 490円
毎月限定麺 980円
ラーメン大盛 200円
まぶし麺2倍盛り 350円
限定麺大盛り 200円
 
平成24年2月スタート 月火限定
ぶっしゃーそば 690円 肉増しA(牛皮ホルモン) 230円
ぶっちゃー煮豚ソバ 690円 肉増しB(煮豚) 230円
海老花麺 880円 メンマのせ 90円
四万十花麺 850円
魚介ガーリックのクリーム花麺 850円 ご飯 150円
麺大盛 150円 豚とろ玉子丼 490円
花麺2倍盛り 300円 ビール(スーパードライ) 390円

メニュー
調査日:2011年7月29日
魚介ノ柚子汐仕立て 850円 ごはん 150円
深海 魚の塩麺 980円 ミニ焼豚丼 390円
海老と帆立の潮ノ麺 1080円 体が喜ぶピリ辛魚の丼ぶり 390円
中華そば 780円 北の牧場豚玉丼極め 490円
飛魚 醤油麺 980円 イタリアンミルキー茶漬 490円
海老と帆立の正油ノ麺 1080円 魚介の醤油バター黒ペッパー丼 250円
新まぶし麺海老クリーム 1120円 魚介醤油バターの黒ペッパー丼 350円
四万十川のピリ辛まぶし塩麺 980円 魚介黒ペッパースペシャル 450円
ずわい蟹の濃厚まぶし潮麺 1180円 トッピング 増しメンマ 290円
毎月限定麺 980円 トッピング増し焼き豚 490円
缶ビール 390円
ラーメン大盛 200円 つまみ焼豚 490円
まぶし麺2倍盛り 350円  
限定麺大盛り 肉そば 690円
肉そばマックス 890円
肉そば大盛り 80円
  
ごはん 150円
ピリトロたまごかけご飯 250円

メニュー
調査日:2011年01月04日
塩ラーメンの部 ごはん・どんぶり
魚介ノ柚子汐仕立て 850円 ごはん 150円
深海 魚の汐麺 980円 ミニ焼豚丼 390円
海老と帆立潮ノ麺 1080円 体が喜ぶピリ辛魚の丼ぶり 390円
醤油ラーメンの部 北の牧場豚玉丼極め 490円
飛魚 醤油麺 980円
海老と帆立正油ノ麺 1080円 缶ビール 390円
まぶし麺の部 つまみ焼豚 490円
まぶし塩麺海老クリーム 1120円
四万十川のピリ辛まぶし塩麺 980円
ずわい蟹の濃厚まぶし潮麺 1180円 ラーメン大盛り価格
北海昆布まぶし汐麺(限定) 980円 ラーメン全品大盛り 200円増
中華そばの部
昭和呈流中華蕎麦 780円 まぶし麺2倍盛り価格
トッピング まぶし(ずわい) 350円
増し焼き豚 490円 まぶし(海老クリーム) 350円
増しメンマ 290円 四万十川のピリ辛マブシ塩麺 300円

メニュー
調査日:2010年10月15日
魚介ノ柚子汐仕立て 850円 増し焼き豚 490円
深海 魚の塩麺 990円 増しメンマ 290円
飛魚 醤油麺 980円 ごはん 150円
海老と帆立潮ノ麺 1080円 ミニ焼豚丼 390円
まぶし塩麺海老クリーム 1120円 つまみ焼豚 490円
四万十川のピリ辛まぶし塩麺 980円
ラーメン大盛り 200円増 缶ビール 390円
まぶし(ずわい蟹)2倍盛り 350円増
まぶし(海老クリーム)2倍盛り 350円増 体が喜ぶピリ辛魚の丼 390円
四万十川のピリ辛〜2倍盛り 300円 北の牧場豚玉丼極め 490円
夏の冷製スープ汐の麺 990円

メニュー
調査日:2008年11月2日
新 正油麺 800円 ごはん 150円
新・塩ノ麺 850円 田舎おにぎり大 280円
磯の香り潮麺 900円 ミニ焼豚丼 380円
飛び魚潮麺 950円 つまみ焼豚 450円
飛び魚正油麺 950円 ピリ辛そぼろん丼 450円
華春 桜ノ潮麺 900円 缶ビール(スーパードライ) 380円
海老と帆立 潮ノ麺 1030円
海老と帆立 正油ノ麺 1030円 増し焼豚(トッピング)
黒豚正油ノ麺/春・秋季節限定 1150円 白豚(4枚〜5枚) 550円
黒豚潮ノ麺/春・秋季節限定 1250円 鹿児島産放牧黒豚 800円
大盛り 200円 イベリコ豚 1800円
裏メニュー
海老潮 青辛麺 980円 ▼スタンプ15個以上
海老正油 辛辛麺 980円
昭和呈 黄金ノ麺 980円
まぶし潮麺 900円 ▼昭和呈クラブ会員限定
まぶし麺 海老醤油味 980円 ※まぶし麺の2倍盛り 250円増
昭和呈流 塩麺 850円
昭和呈流 塩麺その弐 850円
冷製昆布ノ塩麺 800円
昭和呈流 正油麺 800円
昭和呈 屋台蕎麦 850円

メニュー
調査日:2007年11月
正油麺 650円 増し焼豚(白豚) 500円
新 正油麺 750円 増し焼豚(黒豚) 750円
塩ノ麺 700円 増し焼豚(イベリコ豚) 1800円
新 塩ノ麺 800円 白豚(3枚〜4枚) 300円
磯の香り潮麺 850円 鹿児島産放牧黒豚(3枚〜4枚) 400円
飛び魚塩麺 900円 ごはん(こしひかり) 150円
飛び魚正油麺 900円 田舎おにぎり大 250円
海老と帆立 潮ノ麺 980円 ミニ焼豚丼 350円
海老と帆立 正油ノ麺 980円 つまみ焼豚 380円
黒豚麺(醤油) 950円 青島ハーガオ 550円
黒豚麺(塩) 1000円 クリームシャーベット 280円
大盛り 200円 缶ビール(スーパードライ) 380円


HOMETOP