本丸亭(ほんまるてい)
メニューへFileNo649

▲大府  ▼安城
おすすめ度
サービス度
★について
http://raou.jp/shop/649.htm
バーコード読み取り機能付携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報をメールに転送する場合はこちら→をクリック
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→

スープの種類について白湯豚骨辛いラーメン

大府市吉川町1-36 地図を表示
営業時間 11:00〜14:30,17:30〜23:30
定 休 日 無休
アクセス  
客  席 カウンター:あり,テーブル:あり
駐 車 場 あり(20台)
電話番号 0562-44-4351 電話をかける際の注意
備  考 オープン:2005年9月22日  
※営業日・営業時間等の情報は 2008.12.26現在のもの

刈谷市池田町4-637 地図を表示
営業時間 11:00〜15:00,17:00〜24:00
定 休 日 無休
客  席 カウンター:あり,テーブル:あり
駐 車 場 あり
電話番号 0566-91-2180 電話をかける際の注意
※営業日・営業時間等の情報は 2010.07.26現在のもの

安城市尾崎町追池52-5
名古屋市港区小賀須3-208
蟹江町蟹江新田字道西139-2 地図を表示
海部郡飛島村梅之郷西梅9
禁 煙 水・お茶 ファミリー
券売機 × おしぼり - カップル
無化調 × 新聞雑誌 - 車椅子 -
自家製麺 × マンガ本 - 店舗詳細データについて
BGM - ランチセット -
麺を上げる度に『よいっしょぉ〜』と厨房に声が響く。まるで稲沢市のマルシンを思わせるものがある。テーブル席とカウンター席とがあり、その上から裸電球。店内には、木がふんだんに使われている。オープンは2005年9月22日。オープンを祝う花輪の中に『マルシン』の文字があり、当初は厨房に如水オーナーの犬塚氏の姿があった。時は流れて2013年。本丸亭だけでも愛知県内に6店舗。つけ麺本丸、天風、有頂天 の屋号でも店舗を増やしつつある。



豚骨担々麺(カタ)
・・・
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー×1、ネギ、ノリ、すり胡麻など
2013/02/04 食す。 ★★★★☆ 650円 評価について
辛そうな色をしているのは、スープの表面だけで、すぐ下は白湯豚骨っぽい色をしている。辣油とすり胡麻が使ってあるようだが、店内に豚臭さがあるのに、辣油の香りが勝ってしまっている。辛さも結構なもので、口の中はスープの熱さに敏感になるし、気が付けば額から汗がタラリタリ。すり胡麻も結構な量が使われいて、スープの舌触りが面白い。下のスープにはたいした濃度はないようで、豚の甘味は捉えきれないが、大府でいただいた辛いラーメンも、こんな感じだったと思う。低加水の細ストレート麺は、長さがざっと30cm。カタで頼んだので歯切れの感じも良い。チャーシューは1枚のみ。脂身が多めで、おそらく味はついていない。海苔をスープに浸して口へと運べば辣油まみれ。板海苔なので風味は今ひとつだ。のせないという選択肢もあるが、この担々麺に必要なものなのだろうか?値段以上の満足感。久しぶりに博多ラーメンでもいただこうかな?ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
博多味噌ラーメン(カタ)
・・・
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー×2、ネギ、ノリなど
2010/07/26 食す。 ★★★★☆ 550円 評価について
3年半振りか・・・でも刈谷店は初めて。メニューに味噌を見つけたので頼んでみた。24時間炊いたというスープからは、豚骨ラーメンの店だから安心出来るだけの豚臭さがあったが、口にしてみると意外に豚が威張っていない。味噌が強めということもあって味噌カドが立っているが、食べ始めに塩っ気を感じたのは豚骨ならではのことかもしれない。スープの一部に膜が張りかけていて、脂もわざわざ使うようだが、豚の旨味も味噌の主張の間から見え隠れしている。麺は低加水の細ストレート。いつも通りカタで頼んだが、クキクキしないながらも歯切れの感じが良いし、スープの持ち上げも良い。スープには胡麻の他に細かなものも見られ、麺と一緒に持ち上がってくる。2枚のチャーシューは大きくてやわらか。海苔はスープを一緒に持ち上げてくれたので、味噌辛さと塩っ気があった。ネギの小口切りも、薬味としてはこんなものかな。唇が少しベタベタすることからも、スープの濃度が伺えるが、濃すぎることはない。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
のりラーメン(カタ)
・・・
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー×2、ネギ、ノリ×6
2006/11/03 食す。 ★★★★☆ 700円 評価について
右手に箸を待ち、左手に持ったレンゲでスープを口へと運ぶ。両手食いは行儀が悪いが、ラーメンではそうも言っていられない。豚の旨味は甘みを感じる程にしっかり。ほどよい重量感と豚の存在感のある力強いスープだ。ノリは6枚。大きく切られているが、四切より一回り小さく見える。条件反射的にスープに浸して口へと運べば厚みも風味もしっかり。風味を楽しんでいると良い箸休めになる。力強いスープなので勿体ない気もするが、『博多流』を楽しんでみた。まずは摺り胡麻。舌触りがザラつく程に入れてみたが、スープに食感と風味が加わる。つづいて唐辛子味噌。スープが赤く染まり、攻撃的な辛さがスープに加わるが豚の旨味も負けてはいない。目が覚めるような辛さだが、味噌が味に奥行き感を加えている。カプサイシンの脂肪燃焼効果に期待しつつ完食。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
辛いラーメン(ハリガネ)
・・・
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー×2、ネギ、ノリ×1
2006/01/31 食す。 ★★★★☆ 700円 評価について
カタは茹で上がるのに20秒かかるが、ハリガネだと5秒で茹で上がる。ひとり前のオーダーがカタだったのでハリガネで頼むとラーメンが出てくる順番が逆転するか?と試してみたが・・・やはりオーダーの順番通りに出てきた。余談はさておき、赤く染まったスープを口にすると、パッと汗腺が開くような辛さ。トロミを感じる程に表面を多めの脂が覆っている。辛さと胡麻の味わいの奥から豚の旨味が顔を覗かせ、全体として奥行きを感じさせてくれる。脂は旨い・・・しかし、体脂肪を気にしだすと、スープを飲み干すことが出来なくなる。適度に噛み応えを残すチャーシューは、味も控えめで存在感が薄い。ハリガネでオーダーした麺も、かえってバリカタの方が、噛み切る実感のようなモノがあって良かったような気がするが、満足に値する一杯。食後の喉の渇きには目をつむって・・・ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
ねぎラーメン
・・・
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー×2、ネギ、ノリ×1
2005/12/02 食す。 ★★★★☆ 650円 評価について
ネギが山盛り・・・それだけのことだが、スープとタレの方はマイナーチェンジを繰り返しているらしい。豚骨の臭みは気にならない程度。舌にまとわりつくような感があるスープには、豚の旨味と存在感を引き立てるような甘みが感じられ、その甘みの中、スープが引き締まっている印象を受ける程にタレが強め。スープの色からタレは塩かと思っていたが、お店の方の話によるとそうでもないらしい。シャキシャキのネギが良い薬味になっているばかりでなく、スープと一緒に、麺と一緒に口にすることで、食感を楽しむことも出来る。麺はバリカタでオーダー。他店ではカタで頼むことが多いが、この店ではバリカタが私の好みだ。チャーシューはバラのロールが2枚。オープン以来、チャーシューに大きな変化はないようで、やわらかさは相変わらずだが、この日は存在感が薄かった。食後に口が渇くのが難だが、完食に値する一杯。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
辛いラーメン
・・・
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー×2、ネギ、炒り胡麻、ノリ×1
2005/10/05 食す。 ★★★★☆ 評価について
スープを赤く染める赤い脂・・・あえて辛油と呼ぼうか。味わえる程度の辛さで、ベースになっている白湯スープの旨味も十分に伝わってくる。炒り胡麻だけでなくスリ胡麻もかなりの量が使われており、辛さと白湯スープの旨味と、胡麻の風味・味わいの3つを同時に楽しむことが出来る。麺は、先日の『カタ』が私には普通だったので、バリカタでオーダーしてみた。プツンプツンと噛み切るような低加水の極細ストレート特有の食感。スープの持ち上げもよく、胡麻を絡めたりネギを絡めたりと食感と風味を楽しむことができる。チャーシューのやわらかさは相変わらず。スープの辛さに負けないだけの味がよく染みている。甘辛く味付けされたミンチでものっていれば担々麺風といったところだが、旨味も胡麻の風味・味わいも十分。気がつけば額から汗が流れ落ちている。気持ちよい辛さだったが、意外に強かったようだ。ついついスープまで完食。言わせていただきます。ごちそうさまでした!
▼MENUへ / TOPへ▲
ラーメン
・・・
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 細ストレート
具 チャーシュー×1、ネギ、炒り胡麻、ノリ×1
2005/09/30 食す。 ★★★★☆ 評価について
黒い高台丼は径20.5cm程だろうか・・・スープの表面に脂の水玉模様が無数に広がっている。スープを舌の上で転がしてみると、脂の影響もあって僅かにトロミを感じる。豚の臭みは気にならない程度。炒り胡麻がスープに風味と食感を添えている。豚骨もしっかりと炊いてあるようで、スープ表面のあちこちに膜が張りかけている。タレが強めでカドを感じる程だが、塩豚骨といったところだろうか。脂がやや多めだが、重量感はない。麺の茹で加減がチョイス出来るが、この日はカタでオーダー。低加水の極細ストレートということもありスープの持ち上げは抜群。麺の長さは35cm程だろうか?すする楽しみはあるが、食感が今ひとつ。具は、1枚のチャーシューとノリにネギとシンプル。チャーシューはやわらか。箸で持ち上げようとすると、巻いてある肉の層に沿ってホロリと崩れるそうな程だ。この豚骨ラーメンが550円なら不満はない。店主には、スープを飲み干して答えるしかなかった。
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー
調査日(刈谷):2010年07月26日 メニューについて
博多ラーメン 550円 焼ぎょうざ(五個) 280円
博多味噌ラーメン 550円 とんこつ茶漬け 220円
ごはん 180円
チャーシューメン 800円 ごはん(小) 120円
ねぎラーメン 650円 ビール生中 400円
のりラーメン 650円 ウーロンハイ 180円
辛いラーメン 650円 ウーロン茶 100円
のりチャーシュー 850円 オレンジジュース
ねぎチャーシュー 850円 麺の茹で加減
 ハリガネ 5秒
 バリカタ 10秒
 カタ 20秒
とろとろ温玉 50円  並 25秒
替え玉 100円  やわ 1分

メニュー
調査日(大府):2005年09月30日 メニューについて
ラーメン 550円 ねぎラーメン 650円
チャーシューメン 800円 のりチャーシュー 850円
辛いラーメン 700円 ねぎチャーシュー 850円
のりラーメン 650円 替玉 100円


HOMETOP