北京本店(ぺきんほんてん)
メニューへデータ転送FileNo701
おすすめ度 評価について
サービス度

スープについて醤油味噌台湾冷麺他

安城市箕輪町新芳畔96-1 地図を見る
営業時間 11:00〜14:00,17:00〜21:00
定 休 日 月曜日
アクセス JR東海道本線南安城駅より約400m
駐 車 場 あり
カウンター -席
テーブル あり
座 敷 あり
電話番号 0566-75-0230 電話をかける時には
※営業日・営業時間等の情報は 2005.12.13現在のもの
禁 煙 × 水・お茶 ファミリー
券売機 × おしぼり カップル
無化調 × 新聞雑誌 車椅子 ×
自家製麺 × マンガ本 - 詳細データについて
BGM ランチセット -
中華料理屋だが、スッピンのラーメンが350円ととてもリーズナブル。駐車場も完備、店内はテーブル席と座敷席とで席数も多く、家族連れでも問題はないだろう。



新台湾麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 概ねストレート
具 挽肉、ニンニク、ニラ、トウガラシなど
2005/12/13 食す。 ★★★☆☆ 600円 評価について
径14.5cm高さ9cmほどと小ぶりな器だが、同じ器を名東区の月楼でも見たことがある。器だけでなく中身も月楼の台湾麺を彷彿とさせるものがあるのは、ここの店主が月楼の閉店直前にスポット修行をしたからだ。やや濁ったスープは醤油ベースのようだが、醤油の主張もでしゃばっておらず、辛さの中に程よくコクを演出。味わえる程度の辛さの奥から、やわらかい甘みと旨味が伝わってくる。ニンニク&辛さというジャンクっぽさの中に、不思議と奥行きを感じる。挽肉がスープに食感を、ニラと唐辛子がスープに彩りを添えている。ニンニクの食感はホクホク。このニンニクを楽しむことが出来るのも仕事帰りだからこそ。麺は概ねストレート。他の麺類と比べ食感が違うところをみると製麺所が違うのだろうか?スープの力強さを受け止めるには十分。当初は味わえる程度と思っていた辛さも、気が付けば額に汗がにじみ、唇と舌先がジンジンと疼いている。それでもスープまで完食。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー
調査日:2005年12月13日 メニューについて
ラーメン 350円 ワンタン麺 550円
チャーシュー麺 550円 チャンポン麺 550円
天津麺 500円 台湾ラーメン 550円
味噌ラーメン 550円 台湾チャーシューメン 700円
味噌チャーシューメン 700円 新台湾麺 550円
ピリ辛味噌ラーメン 650円 もやし炒めラーメン 550円
五目そば 550円 冷中華そば(夏期のみ) 600円


HOMETOP