中央亭(ちゅうおうてい)
メニューへデータ転送FileNo782
おすすめ度
サービス度

塩担豚醤味

大府市中央町1-28
営業時間 11:00〜14:00,18:00〜23:00
定 休 日 無休
アクセス JR東海道本線大府駅より約1km
駐 車 場 あり
カウンター あり
テーブル あり
座 敷 -席
電話番号
※営業日・営業時間等の情報は 2006.06.01現在のもの
禁 煙 × 水・お茶 ファミリー
券売機 × おしぼり - カップル
無化調 × 新聞雑誌 - 車椅子 ×
自家製麺 × マンガ本 -
BGM - ランチセット -
味音痴の方はご遠慮下さい・・・看板に書かれている文言が挑戦的だ。カウンターとテーブル席とで20席には少し満たないが、店内は比較的広々としている。



正油らーめん
麺 中太やや縮れ ↑画像を
クリック
具 チャーシュー×2、メンマ、チンゲンサイ、煮玉子1/2、ネギ、ノリなど
2007/04/04 食す。 ★★★☆☆ 550円
大きな黒い器は高さ7.5cmと浅め。もし器が白かったら、スープがより澄んで見えたかもしれない。スープを口に含んでみれば、口当たりも軽くアッサリ。正油の主張も遠慮気味で、かすかに和のテイストが感じられるが、魚介の風味がある訳でもない。麺は中太のやや縮れ。コシが強い麺ではないが、加水が高めなのか?プリっとした舌触りとシコシコとした歯応えがあり、スープとの相性も悪くはない。煮玉子を中心にチャーシュー、メンマ、チンゲンサイ、ネギ等が盛り付けられている。玉子は黄身がトロリ。白身にも、スープを邪魔しない程度の味が染みている。チャーシューは相変わらずのやわらかさ。味も強くなく、脂身らしい脂身もなくアッサリ。箸で持ち上げようとすると、肉が巻いてあるままに、バラバラになるのが難。それでも、これで550円なら無難にまとまっているとしか言いようがない。
▼MENUへ / TOPへ▲
梅しそ塩らーめん
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太やや縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、チンゲンサイ、煮玉子1/2、ネギ、ノリ、大葉、梅など
2006/09/30 食す。 ★★★☆☆ 650円
中華鍋から器にスープが注がれてしばらくすると、私の前にラーメンが運ばれてきた。ベースは塩ラーメンと大差ないと思うが、気のせいか脂が少なめで、甘みが感じられない。判る程度の塩味に、大葉がさりげなく風味を添えてアッサリ。中華鍋の味?も気にはならない。チャーシューがなかかだ。舌で押し潰せそうなやわらかさが印象的で、箸をとめて、ゆっくりと味わいたくもなる。チンゲンサイも、これ位の大きさだと食べやすい。この程度の野菜でも、私にとっては、ラーメンを食べ続けることへの免罪符のような存在だ。麺は中太のやや縮れ。ゆるくはないし、スープとの相性も悪くはないのだが、何かが足りない。梅を割ってみると中から大きなタネが姿を現し、果肉の部分はほんの僅かだが、スープにさりげなく酸味が加わって、スープが飲みやすくなる。酸味にしても大葉の風味にしても、さりげなさが光る一杯。意外に悪くなかった。
▼MENUへ / TOPへ▲
塩らーめん
あっさり
・・・
↑画像を
クリック
麺 中太やや縮れ
具 チャーシュー×2、メンマ、青菜、煮玉子1/2、ネギ、ノリなど
2006/06/01 食す。 ★★☆☆☆ 550円
器が大きい・・・この黒い高台丼は、口がざっと25cmはある。何かを炒めるというのではなく、スープだけを中華鍋で作っているように見えたのは私の気のせいだろうか?透明感のあるスープの表面に油が薄く層を作っている。スープにはさりげない甘みがあるが、取って付けたような甘みではない。脂の甘みのようだが、風味も脂のモノだから、脂あってのスープだ。コッテリした感じはないが、ありがた味もない。麺は中から中太のやや縮れ。食感に特に思うところはないが、厨房には東生食品の麺箱を見ることが出来る。メンマはそこそこに食感を残しているが、ほんのり甘いのが私には気になる。煮玉子も黄身はしっとり。白身にも何やら味が付いているようだ。チャーシューは悪くない。トロけるようなやわらかさがあり、味もよく染みていて、これだったらチャーシューメンもありかもしれないが、おそらく実際にオーダーする機会はないと思う。
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー
調査日:2006年06月01日
梅しそらーめん 650円 正油らーめん 550円
タンタンめん 600円 味噌らーめん 550円
とんこつらーめん 600円 塩らーめん 550円
野菜らーめん 550円 チャーシューメン 700円


HOMETOP