らーめん史(らーめんふみ)
メニューへFileNo864
おすすめ度
サービス度
 
2006年8月頃〜2007年1月8日

担味塩

閉店(2007年1月8日)
豊橋市高田町字高田69-5
営業時間 11:30〜14:00,17:30〜20:30
定 休 日 水曜日、第2第4火曜日
駐 車 場 あり
カウンター 6席
テーブル 4席
座 敷 8席
電話番号 0532-26-3351
※営業日・営業時間等の情報は 2006.10.03現在のもの
禁 煙 - 水・お茶 ファミリー
券売機 × おしぼり カップル
無化調 - 新聞雑誌 - 車椅子
自家製麺 × マンガ本 ×
BGM - ランチセット -
店を訪ねてみれば『ビール・餃子・つまみはありません』と外に貼り出されている。大衆迎合的に居酒屋状態になるラーメン店は少なくないが、ラーメンにかける店主の意気込みを見たような気がした。窮屈ではないが、こぢんまりとした店だ。



願いは叶った?
2018/--/--
子供たちにラーメンを食べさせたい・・・そんなメールを店主からいただいて、コソっと食べに行ってはレポートをUPするとまたメールがくる。決して高い評価ではなくても、店主はいつも私に心を開いてくれていた。勉強熱心で一生懸命頑張っているのが伝わってくるラーメンだったが、殻を破ることが出来ていない・・・今だからこそそんなことが言えるのだろう。やがて、メールから悲痛な叫びが聞こえてくるようになる。資金繰りからか?カウントダウンに入っているようだった。そして、最後の一杯。これは美味しかった。店主は、子供たちにラーメンを食べさせることが出来て満足していた。とても短命なラーメン店だったが、記憶にはしっかりと残っている。

和風潮味
あっさり
丸鶏・鶏ガラ・豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 やや縮れ
具 チャーシュー×1、茶碗蒸し、梅ペースト、キクラゲ、煮玉子1/2、ネギ
2006/12/21 食す。 ★★★★☆ 700円
魚粉が使われていて、煮干しと鰹の風味には力強いものがある。鶏や香味野菜などでスープを取るようだが、塩は判る程度で脂も控えめ。口当たりの軽いアッサリとしたスープだ。ところ狭しと盛り付けられた具の中で、中央の白いモノは、味が控えめの具がない茶碗蒸し。舌の上でスーっと溶けるようやわらか。ほんのりとダシの風味が広がりスープともよく合う。その上に添えられた梅ペーストは、茶碗蒸しと合わせてもスープと合わせても、やわらかな酸味が良いアクセントになる。キクラゲは歯応えザックリ。ネギは、辛味と食感とで存在感を放ち、チャーシューはやわらかく、味が控えめなこともあって、ちゃんと肉の味がするし、ほんのりと香ばしさもある。麺はやや縮れ。歯応えがしっかりして私は好きだが、スープに対しては力を持て余し気味だ。茶碗蒸しの存在が光る一杯。ついつい完食。言わせていただきます・・・ごちそうさまでした。

黒胡麻にぼし味噌
・・・
丸鶏・鶏ガラ・豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 太め・ストレート
具 チャーシュー×1、煮玉子1/2、ネギ
2006/10/08 食す。 ★★★☆☆ 750円
径18cm程の歪な形の器にいかにも味噌らしい色をしたスープ。黒胡麻と煮干しと味噌・・・三本立てなのは名前から想像出来るが、味噌の香りも味もほとんど感じられない。煮干しの魚粉と黒胡麻とでスープの口当たりはかなりザラ付いている。魚介の風味は十分過ぎる程だし、胡麻もよく伝わってくる。多少の脂も見られるがスープに重量感はなく、ニンニクも使ってあるようだが、風味が支配的になることはない。辛さでスープを引き締めてはいるが汗ばむ程の辛さでもない。味噌がスープの持ち味を抑え、さらに胡麻と魚粉とニンニクとで味噌を抑えてしまう辺りが・・・面白い。そのスープを、低加水っぽい食感の太麺がしっかりと受け止めている。麺が胡麻やら魚粉を持ち上げて黒く見える程だ。焼き目のついたチャーシュー、黄身トロリの煮玉子ともに、スープの強さに呑まれずに頑張っている。面白い一杯・・・ついつい完食。ごちそうさま。

坦タン麺
あっさり
丸鶏・鶏ガラ・豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 太め・ストレート
具 チャーシュー×1、煮玉子1/2、ネギ
2006/10/03 食す。 ★★★☆☆ 700円
レンゲをスープに泳がせてみれば、透明感のあるスープの表面だけが色付いているのが判る。すり胡麻は意外に多く舌触りがザラつく程。辛さも味わえる程度だが、気が付けば額が汗ばんでいる。その胡麻辛さを丸鶏とガラでとったというスープが下支えしており、脂が少なめということもあり、あっさり仕上がっている。麺は太めのストレート。加水が低めなのか?コシがどうこうではなく噛み応えしっかり。スープの胡麻辛さをしっかりと受け止めている。焼き色がついたチャーシューには、ほんのりと香ばしさがあり、肉の味が判る程度に味が染みている。煮玉子は黄身がトロリと半熟。白身にもやわらかい味がよく染みている。これも白髪ネギと言うのだろうか?太くて歯に障るのとスープが跳ねやすいのが難。担々麺としてはあっさりとしているが好感が持てる一杯。片道50km超の距離を忘れて、次の一杯に期待したくもなる。ごちそうさま。

メニュー
調査日:2006年12月21日
和風潮味(塩) 700円 ぶた飯 300円
海愛のめぐみ(塩) 650円 めし 100円
黒胡麻煮干しボンバイエ(味噌) 750円
坦タン麺 700円


HOMETOP