中華麺食房三宝亭東海市店(ちゅうかめんしょくぼうさんぽうていとうかいしてん)
メニューへFileNo923
おすすめ度
サービス度
★について
http://raou.maxs.jp/shop/923.htm
バーコード読み取り機能付携帯電話から右のQRコードを読み取って下さい。指先ポンポンで簡単アクセス!
データ転送店舗情報をメールに転送する場合はこちら→をクリック
オフィシャル・サイト、オフィシャル・ブログ等へはこちら→

醤豚味担他

東海市高横須賀町切通77-1
営業時間 11:00〜23:00
定 休 日 無休
アクセス 名鉄河和線高横須賀駅より約350m
客  席 カウンター:9,テーブル:36,小あがり:18
駐 車 場 あり(40台)
電話番号 0562-39-2580
備  考 オープン:2006年12月22日
※営業日・営業時間等の情報は 2007.01.05現在のもの
新潟県の且O宝が展開する飲食店の一業態。1967年創業の三宝飯店が前身。東海市店は2006年12月22日オープン。テーブル席、座敷席、カウンター席にBOX席まで備え席数は60を超えている。



煮干し醤油ラーメン
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、青菜、ネギなど
2017/09/01 食す。 ★★★☆☆ 680円
5年振りに店を訪ねてみたら、ラーメンの顔ぶれが大きく様変わりしていた。それでも適当にオーダーしてしまったが、澄んだスープは表層の油も含めて熱々・・・すぎる。少し甘味を帯びたような魚介の風味も強すぎではない。舌触りがザラザラしていないが、スープに無数の細かなモノが漂っている。ネギの小口切りは申し訳程度にしか使われていないこともあって、まったく邪魔になっていない。中細のストレート麺は、40cm近い長さがあって、ツルリとした舌触りに、しなやかな喉越し。適度な噛み応え・・・と思っていたのも始めの内だけ。チャーシューは1枚だけ。見えるか見えないか程度に焼き色が付いていて、特に味や香りが主張することもなく、単にやわらかなだけ。この青菜は小松菜かな・・・正直あまり好きじゃない。レジ付近の掲示物からも、この店がFC店であることが判る。FCなりに頑張っているのだろうが、FCには越えられない壁もあって、悪くはないけど、誉めるところもないというのが正直なところ。ごちそうさまでした。
▼MENUへ / TOPへ▲
冷やし坦々麺
・・・
・・・
↑画像を
クリック
麺 中細
具 肉味噌、アーモンドスライス、キャベツ、キュウリ、白髪ネギ、胡麻など
2012/07/05 食す。 ★★★☆☆ 735円
この店を訪ねるのは5年振り。何でもよかったけど、冷やしがあったので頼んでみた。胡麻ダレを和えるというスタイルではなくて、冷たいスープに浸っている。胡麻はなんとか判る程度で、たいした濃度はない。どこか甘味も感じられたが、辛味がそれを上回っている。ラー油の赤色が広がっているものの、口の中にチクチク・ヒリヒリ残る程度で、汗ばむことはない。冷やし坦々麺も、スープオフという捉え方で良いのかな?旨味がどうこうではなくて、味だけでまとまっているイメージ。粒胡麻も使われているが、存在感はない。中細麺は長さ30cmほど。ほどよい締め具合で、かたすぎることはないが、スープの胡麻が強くないので、スープを口に含み直したくもなる。白髪ネギには特に辛味はなかったが、その下の肉味噌は味がしっかり。ネギに絡めたりキャベツに絡めたりしたくもなる。茹でキャベツのやさしい甘味が活きているのは、ラー油の辛さと引き立て合っているからだろうか?目新しいものはないけど、無難な一杯ということで。
▼MENUへ / TOPへ▲
特濃塩とんこつらーめん
・・・
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、ネギ、ノリ、紅生姜など
2007/02/11 食す。 ★★☆☆☆ 714円
わざわざ塩豚骨だと言われなければ、これで普通の豚骨だと思える程だが、醤油の旨味はバカには出来ないようで、特濃とんこつよりコクがないように感じられる。豚の臭味がないのは相変わらずだが、豚の存在感はよく伝わってきて、塩も豚の甘みを引き立てる程度。タレひとつで印象が変わるのか?スープの濃度も期待した程でもなかった。麺は、中細ストレート。博多豚骨とは趣が違うが、適度なシコシコ感とツルリとした舌触りは悪くはない。具の類は変わりはないと思うので、レポートは省略。卓上のアゲネギを試したのは、スープが物足りなくて変化を狙ったから。ネギは完全には揚がってないので苦みはないし、まだ青いところも残っている程。風味とコクが増して、悪くはないのだが、やはりスープの持ち味は後退していく。それに、当然のように揚げたてではない。酸化したものは胸焼けを誘う・・・食べ終わるのを待たずに、胃から上がってくる息の中に、その兆候が現れていた。
▼MENUへ / TOPへ▲
特濃とんこつらーめん
・・・
豚骨・・・
↑画像を
クリック
麺 中細ストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、ネギ、ノリ、紅生姜など
2007/01/06 食す。 ★★★☆☆ 714円
黒い器は口が大きいのとは対照的に7.5cm程とかなり浅い。脂を包み込んだスープを口してみると、ほどよい重量感があり、スープが舌にまとわりついてくる。あちらこちらでスープに膜が張っているのも見られることからも判るように、確かにスープは濃い。豚骨の臭味は特になく、豚の旨味が化けたような甘みがある。醤油ダレもカドがなく、スープの味わいにコクを加えている。麺は中細ストレート。博多豚骨にありがちな低加水麺ではなく、ツルリとした舌触りと程よい歯応えがあり、意外にスープとも相性が良い。やわらかチャーシューには、スープに負けない程度に味がついており、メンマは適度に歯応えを残している。ネギは彩りだけ・・・紅ショウガの赤色には毒々しさはなかったが、私は紅生姜を好きではない。食後、唇が多少ベタついたが、まだまだ他に濃厚な豚骨はある。それでも意外に好感が持てる一杯。舌に多少の違和感が残ったが、豚骨は皆こんなものだ。ごちそうさま。
▼MENUへ / TOPへ▲
和風しょうゆラーメン
ややあっさり?
・・・
↑画像を
クリック
麺 やや太め・概ねストレート
具 チャーシュー×1、メンマ、煮玉子1/2×2、ネギ、ノリ、背脂など
2006/12/25 食す。 ★★★☆☆ 661円
口が大きく開いた器は径23cm程。器が白ければスープがより澄んで見えたかもしれない。スープを口に含んでみると魚介の風味はしっかり。ただし、生き生きとはしていない。香味油と魚粉に頼るところが大きく、和ダシの存在感は希薄。魚粉のおかげでスープの舌触りがザラついている。下のスープはアッサリしているのだろうが、脂が多いものだから素直にアッサリとは言いたくはない。醤油はたいして強くはなく、甘みを帯びた魚介の旨味とでも言うのか?多少の背脂が見られるが、背脂以外の甘みも感じられる。ゆるやかなウェーブを見せる麺は熟成麺らしい弾力とシコシコとした歯応えがあり、スープとの相性も良い。一枚だけのるチャーシューは5×10cm近い大きさ。メンマはザクザクっと歯応えを残しており、煮玉子の黄身はしっとりと半熟。白身にも何やら味が染みているようだ。麺と具は悪くはない。値段なりに満足することが出来る。
▼MENUへ / TOPへ▲
メニュー
調査日:2007年1月6日
和風しょうゆラーメン 661円 トッピング
岩のりしょうゆらーめん 756円 ネギ又はネギ辛 105円
特濃とんこつらーめん 714円 チャーシュー3枚 210円
特濃塩とんこつらーめん 714円 味付け半熟玉子1ヶ 84円
こってり特濃とんこつらーめん 766円 メンマ 105円
ごまだれらーめん 840円 コーン 105円
野菜たっぷりネギ辛味噌らーめん 840円 バター 63円
野菜たっぷり味噌らーめん 735円
担々めん 735円
ごちそう豪華らーめん 945円 麺大盛 105円


HOMETOP