Our Trusted. 24 x 7 hours free delivery!

通貨取引に適した通貨

市場が著しく動くとき、デイトレードはそれのいくらかをつかむためにマージンを取っています。このため、取引可能な通貨の中で比較的ボラティリティの高い通貨を取引しています。ボラティリティという用語は、外国為替市場の動きの強さを説明するために使用されます。デイトレードに推奨される通貨は非常に変動性の高い通貨です。ボラティリティを比較する場合、為替レートの特定の時点での為替レートと、パーセンテージを変更した後の数値を表すと便利です。 2007年の米ドル/円を例にとると、外国為替市場の価格変動は17円です。円安が一番大きかったときは124円、円高だったときは107円でした。一方、ポンドの価格変動は32円で、1ポンドあたりの最高値でした。ポンドは251円、最低は219円でした。ボラティリティを考慮すると、米ドルはポンドよりもボラティリティが低く、ボラティリティが低い通貨です。揮発性の高いポンドは、デイトレードに適しています。外国為替デイトレードをしている人の多くは、価格変動の大きい通貨であるポンド/円やポンド/ドルを売買しているようです。スワップポイントは外国為替の特徴であり、2国間の金利差によって決定されます。デイトレードで外貨を持っている時間が短いので、スワップポイントを獲得することはめったにありません。デイトレードに適した通貨を選択する際には、市場の動きがわかりやすく読みやすいこと、価格の動きが大きいことが重要です。エクスチェンジポイントについて考える必要はありません。

コメントを残す

Your email address will not be published. Required fields are marked *.

*
*
You may use these <abbr title="HyperText Markup Language">HTML</abbr> tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


error: Content is protected !!